最終更新日:
Swiftのフリーランスエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント
【第1位】レバテックフリーランス(公式サイト:https://freelance.levtech.jp/)
案件数が豊富&高単価なフリーランスエージェント
【第2位】ITプロパートナーズ(公式サイト:https://itpropartners.com/)
週2、3日勤務の案件が豊富。副業をしたい人におすすめ
【第3位】Midworks(公式サイト:https://mid-works.com/)
保証が正社員並みに手厚いフリーランスエージェント
【第4位】ギークスジョブ(公式サイト:https://geechs-job.com/)
コンサルタントによるサポートが手厚いフリーランスエージェント
男性A
Swiftを使ってフリーランスになることは可能?
男性A
将来性は大丈夫?何か身につけた方がいいスキルってある?

この記事を訪れたあなたは、本業で身につけたSwiftの知識を使って独立したいと考えているのではないでしょうか。

しかし安定的に給料をもらえる会社を辞めて、ゼロから個人で活動していくことに不安を感じている人も多いでしょう。

そこで本記事ではSwiftエンジニアとしてフリーランスになる方法や、案件の探し方、将来性などについて幅広く解説していきます。

DAI
Swiftエンジニアは、フリーランスとして独立しやすいですよ。

Swiftのフリーランス案件を探す基準

Swiftのフリーランス案件を探す場合、それぞれのサービスで以下の観点で探してみるとよいでしょう。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. フルリモート案件があるか
  3. 高単価な案件が多いか

①クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

DAI
クラウドワークスやランサーズのような単価の低いクラウドソーシングよりも、単価が高い副業エージェントを利用したほうがメリットが大きいです。

前提として、副業案件で業務委託を受ける場合、大きく分けて準委任契約請負契約になります。

男性A
準委任?請負契約?

簡略化した説明にはなりますが、以下のような感じです。

  • 請負契約:成果物に応じて対価をもらう。納品型。
  • 準委任契約:時間に対して対価をいただく。時給型。

「音楽SNSアプリ開発を作成して納品してください!」みたいなアプリを作って納品型の案件が請負契約です。

クラウドソーシングだと請負契約の案件が多いのですが、

例えば、

  • どう考えても想定工数が100時間以上かかる仕様なのに、単価が5万円(=時給換算500円)
  • クライアントが何度も納品前に仕様拡張を依頼してきたり、そもそもの要件が曖昧だと稼働時間がずるずる伸びる

みたいなことがよく起こります。

請負契約だと、働いた時間がどんなに長くても、その分は支払われませんし、成果物が納品されるまではお金をもらえません。

DAI
筆者も苦い経験がありますが、納品型案件で目標にしていた工数を大きく超えると、本業のリソースまで圧迫してくるので、つらいです。

一方で、「1時間働いたら5,000円」のように、稼働時間に対して対価がもらえるのが準委任契約です。

しかし、クラウドソーシングの準委任契約の案件は、あることにはあるのですが、単価が相場よりも低くなりがちです。

DAI
同じスキル感の案件が、エージェントなら2倍以上のケースもあります。なので、なるべく準委任契約の案件を副業案件の多いエージェントから受託するのがオススメです。
DAI
他にも案件獲得まで、細かな営業が一切いらないのも副業エージェントの魅力。条件面などの交渉も面倒なので、コードを書くことに集中したいのであれば個人的には副業エージェントを使うのがよいと思っています。

②フルリモート案件があるか

副業するとなると、毎日忙しい本業とともに仕事を行うことになるので、できるだけ通勤時間などは削減したいところ。

そうなるとフルリモート案件を選ぶ必要があります。

DAI
幸いコロナ禍の中で、どの副業サイトも案件が増えてきていますが、フルリモート案件はとにかく人気のためすぐに案件が埋まりやすいです。

今回特におすすめしているITプロパートナーズレバテックフリーランスでもフルリモート案件を確認することができました。

③高単価な案件が多いか

どの副業サイトの求人の特性上、単価の差があります。

フレキシブルな環境で働けるスタートアップやベンチャーの場合、企業側が高い報酬を支払うことが難しいため、単価は低くなる傾向があります。

逆に大手企業やメガベンチャーなどの求人が多い副業サイトでは、採用への投資が盛んなため、平均単価は上がりやすい傾向にあります。

DAI
高単価な上場企業やメガベンチャーでの開発経験を、週2-3案件で稼働してみたい!という方には、レバテックフリーランスがおすすめです。

フリーランスのSwiftエンジニアにおすすめのエージェント

フリーランスエージェントの種類はたくさんあり、「どれを選べばいいかわからない」と迷ってしまう人もいるでしょう。

DAI
エージェントによって強みは異なるので、自分に合ったサービスを選ぶことが大事です。

そこでここからは、フリーランスSwiftエンジニアにおすすめのエージェントを4つ紹介していきます。

DAI
自分の理想の働き方と照らし合わせながらチェックしてみてください!

Swiftのフリーランスエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント
【第1位】レバテックフリーランス(公式サイト:https://freelance.levtech.jp/)
案件数が豊富&高単価なフリーランスエージェント
【第2位】ITプロパートナーズ(公式サイト:https://itpropartners.com/)
週2、3日勤務の案件が豊富。副業をしたい人におすすめ
【第3位】Midworks(公式サイト:https://mid-works.com/)
保証が正社員並みに手厚いフリーランスエージェント
【第4位】ギークスジョブ(公式サイト:https://geechs-job.com/)
コンサルタントによるサポートが手厚いフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 40,615件
Swiftの公開求人数 1,386件
最低稼働日数 週3日~
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

※2022年8月18日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

引用:https://freelance.levtech.jp/※2022年8月現在

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズのノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2022年8月18日現在の求人数は、トータルで40,615件。

エンジニアの案件が比較的多めです。

DAI
特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,131件
Swiftの公開求人数 212件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年8月18日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

2022年8月現在は公開を終了している案件ですが、具体的には以下のような案件がありました。

引用:https://itpropartners.com/

公開案件には募集中の案件こそ少ないですが、公式サイトで公開されている案件はほんの一部です。

DAI
「他にも案件を見てみたい」「自分にあった案件を紹介してもらいたい」という人は、まずはITプロパートナーズに登録してみましょう。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多くあるという点があります。

他のフリーランスエージェントの多くは、以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

一方のITプロパートナーズは、週1~2日から稼働OKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントです。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

Midworks

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2022年8月18日現在の求人数ですが、7,791件と十分な案件があります。

Swiftの案件数は107件でした。

※公式サイト(https://mid-works.com/)より算出

具体的なSwift案件については、以下のようなものがありました。

引用:https://mid-works.com/※2022年8月現在の案件です。

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、Midworksには以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%ですが、Midworksのマージン率は10~15%です。

DAI
そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

登録&相談は無料です。

DAI
とりあえず登録しておいて、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

Midworksに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

ギークスジョブ

公式サイト:https://geechs-job.com/

DAI
『ギークスジョブ』は、駆け出しフリーランスの人におすすめです!
運営会社 ギークス株式会社
公開求人数 2,598件
Swiftの公開求人数 180件
平均単価 70.5万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・大阪・愛知・福岡
働き方 週3~、リモート案件少ない

公式ページ:https://geechs-job.com/
※2022年8月18日時点・公式ページより引用/算出

ギークスジョブ』は、15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェントです。

ギークスジョブの大きな特徴は、1人のワーカーに対して3人のコンサルタントが就く点。

  • 案件紹介のコンサルタント
  • 企業と交渉することに長けたコンサルタント
  • アフターサービスのコンサルタント

それぞれのシーンで専門のコンサルタントがサポートしてくれるので、駆け出しの方でも安心してフリーランスの働き方に慣れることができます。

またギークスジョブでは、勉強会・懇親会を定期的に開催しています。

「フリーランスは孤独になりやすい」とよく言われますが、エージェントがこの様な横のつながりが作れる機会を提供してくれるのはありがたいですね。

ちなみにSwiftに関しては、以下のような案件がありました。

引用:https://geechs-job.com/※2022年8月現在の案件です。

【ギークスジョブ】駆け出しフリーランスの方におすすめ
15年以上のフリーランス支援実績をもつ大手フリーランスエージェント

Swift向けフリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントを選ぶときは、以下のポイントに注目しましょう。

  1. 自分のスキル/職種にマッチした案件数が多い
  2. 単価が高い
  3. マージン(手数料)の割合
  4. 福利厚生サポートの充実度
  5. リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか
DAI
それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

自分のスキル/職種にマッチした案件数が多い

フリーランスエージェントを選ぶ時は、まず自分のスキル・職種に合う案件を多く保有しているかをチェックしましょう。

案件数が多ければ、それだけ色々なプロジェクトを比較してより良い仕事を選ぶ余裕ができます

DAI
稼働時間数や報酬だけでなく、「その案件を通じてどんなスキルが身につくか」も重要です。案件を通じて経験・スキルを積めば、より良い条件の仕事も選べるようになっていきます。

また、取り扱っている案件数が多いということは、「1つの案件が終了しても、次の案件を紹介してもらえる」ということです。

継続して案件を受け続けるためにも、案件数の多さは重要です。

DAI
複数のエージェントに登録しておけば、より多くの案件から希望に合ったものを選べます。登録は基本的に無料なので、気になったエージェントはとりあえず登録しておきましょう!

単価が高い

仕事の単価を決める要素は複数ありますが、主なものは次の4点です。

  1. クライアント企業の資金規模(大企業・メガベンチャーは資金が豊富なため、単価が高い傾向)
  2. 発注元からの直請案件か(間に2次請け、3次請けを挟む案件は手取りが少ない傾向にある)
  3. 求められる役割・担当工程(企画や要件定義などを行う上流工程の案件は報酬は高め)
  4. マージン(手数料)の比率が低い(手数料の割合が低いほど手取りは高くなる)
DAI
似たような仕事内容・稼働日数の案件でも、案件を仲介するフリーランスエージェントによって報酬単価が異なる場合があります。案件を比較するためにも、複数登録は必須です!

高単価案件の多いおすすめエージェント

公式サイト 単価目安
・最高単価
特徴
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ 目安60万〜80万 直請案件が多く、高単価な案件が多い。
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 目安 60万~80万円 個人では参画が難しい大企業の案件実績多数。
直請案件も豊富!

(単価目安:各社の公開案件数(2022年8月18日時点)のうち、募集の多かった単価帯を抽出/DAINOTE編集部調べ。)

マージン(手数料)の割合

フリーランスエージェント経由で受注する案件は、報酬からマージン(手数料)が差し引かれています。

マージンの割合が低いほど、フリーランスの手取り報酬額は多くなります。

多くのエージェントではマージン率は非公開となっていますが、フリーランスエージェントの案件で表示されている単価はマージンを引いた後の金額です。

案件に表示されている単価から下がるわけではないので、気にしなくても良いでしょう。

DAI
「損していないか、どうしても気になる……」という人は、マージン率が公開されているエージェントを使いましょう。

福利厚生サポートの充実度

フリーランスエージェントでは案件の紹介以外に、書類作成の代行や保険の紹介・確定申告サポートなどのサービスを実施してくれるところがあります

面倒な契約まわりの手続きや確定申告も、プロのサポートがあれば大幅に時間を短縮できます。

結果として自由な時間が増えるので、スキルアップや本業により力を入れて取り組めるでしょう。

DAI
税務・契約手続きに不安を感じているフリーランスにとって強い味方になってくれます!保険など万一の備えができるのも、不安定なフリーランスにはありがたいです。

福利厚生サービスが充実しているおすすめエージェント

公式サイト 福利厚生サービスの内容
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 会員価格での確定申告代行
・人間ドック・スポーツジムの優待
・交流会・オンライン学習サービス
・ライフイベントお祝い
・娯楽・レジャー優待
クラウドテック https://crowdtech.jp/ ・ベビーシッターサービス
・家事代行サービス
・健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

(サービス内容は2022年8月18日時点の各社公式サイトより引用。)
サービス利用には各種条件が設定されていることがあります。詳しくは各社にご確認ください。)

リモート勤務・週3稼働など希望する働き方ができるか

フリーランスエージェントによって、「週5稼働の案件をメインで扱っている」「リモート案件が多い」などの特徴があります。

「在宅で働きたい」「週3日など、短い稼働日数の案件がいい」といった希望がある場合は、条件に合う内容の仕事を多く保有しているエージェントを利用しましょう。

最近はどこのエージェントでもリモート可能案件を多く保有していますが、週3日以内の案件はまだまだ希少です。

DAI
「時間や場所に縛られたくない」「他の案件と掛け持ちしたい」など、短い稼働日数で働きたい人は上記のエージェントを複数チェックしておきましょう!

エージェントによって掲載案件のエリアも異なるので、常駐案件を探している場合は事前にエージェントごとの特徴を確認することが大切です。

DAI
たとえば、都内なら渋谷・新宿・五反田あたりの案件数を見ておきましょう。

Swiftフリーランスの仕事内容

次にSwiftフリーランスの仕事内容について説明します。

  • モバイルアプリ開発
  • システム開発
  • ゲーム開発

モバイルアプリ開発

Swiftには、モバイルアプリケーションの開発の案件が多いです。

理由としては、Appleのモバイル端末のシェアが高く、日本だけでなく世界中の様々な地域で利用されています。

またiOSとの相性や開発効率も良く、短期間・高品質の開発ができます。

Apple製品のシェアが高まると、それに伴ってアプリ開発のニーズも高まるため、モバイルアプリ開発分野は今後も堅調なニーズがあるでしょう。

システム開発

Swiftはコードを理解しやすく、保守性にも優れており、システム開発などに利用されます。

Swiftはコンパイル型の言語です。

そのため、コードを一度コンパイルする必要がありますが、動作は高速になります。

DAI
多くのデータを処理する必要があるシステムや、高速なレスポンスが求められるような状況で力を発揮します。

ゲーム開発

モバイルゲームのシェアが高まっており、iOSとの相性も良いため、Swiftはゲーム開発分野で高いニーズがあります。

DAI
ゲーム開発の案件携わりたい人はSwiftを学んでおきましょう。

フリーランスのSwift案件例

DAI
実際のフリーランスSwift案件を見てみましょう。

モバイルアプリ開発

レバテックフリーランスで実際に募集されているモバイルアプリ開発案件は、以下の通りです。

単価 〜800,000円/月
稼働 週3日〜
働き方 フルリモート
業務内容 ・Swiftを用いたB to Cのスマホアプリ開発
・開発言語は、Objective-C/Swift、Java/Kotlin
必要スキル ・下記に携わった経験
 -iOS、またはAndroidアプリ開発の実務経験
 -開発言語:Objective-C/Swift、または Java/Kotlinを用いたアプリ開発の実務経験
 -アプリ公開まで一連のプロセスの実務経験
歓迎スキル ・下記に携わった経験
 -カメラや生体認証などのデバイス機能を使った開発の実務経験
 -宣言的UI (SwiftUI / Jetpack Compose) の開発の実務経験
 -アプリのバックエンド(サーバサイド)開発の実務経験
 - CI やテスト自動化の実務経験
 -MBaaS(Firebase, AWS Amplify など)の利用経験
 -カスタマーエンゲージメントツール(Reproなど)の利用経験

引用 レバテックフリーランス※この案件は2022年8月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

システム開発

レバテックフリーランスで実際に募集されているシステム開発案件は、以下の通りです。

単価 〜900,000円/月
稼働 週5日
働き方 常駐、一部リモート
業務内容 ・静止画広告及び動画広告配信システムの開発における下記の作業
 -ブラウザ及びネイティブアプリ向け静止画及び
  動画の広告フォーマットの開発、保守
 -既存システムのビルド構成の見直し及びリファクタリング
必要スキル ・iOS(Swift、Objective-C)を用いた開発経験
・Android(Kotlin、Java)を用いた開発経験
・WebAPIの開発経験
・Githubの使用経験
  ・iOS、Androidアプリの広告SDK導入の開発または導入経験
・JVM系言語を用いたサーバーサイドの開発経験
・Linuxでの動作、運用を前提としたシステムの開発経験
・k8s環境での開発経験
・RedisなどのKVSを使用した経験
・AWS、GCP を利用した開発経験

引用 レバテックフリーランス※この案件は2022年8月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

ゲーム開発

レバテックフリーランスで実際に募集されているゲーム開発案件は以下の通りです。

単価 〜750,000円/月
稼働 週5日
働き方 フルリモート
業務内容 ・モバイルゲーム開発
・リードエンジニアとして設計からテストまでを担当
必要スキル ・Unityを用いた開発実務経験5年以上
・1人称で機能設計可能な方
・パフォーマンス改善の実績がある方
歓迎スキル

・負荷軽減経験

引用 レバテックフリーランス※この案件は2022年8月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

フリーランスSwiftエンジニアの年収・単価相場

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

ここでは、Swiftの平均単価と実務経験年数に応じた年収についてご紹介します。

案件の平均単価

フリーランススタートによると、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、約50万円から70万円程度です。

DAI
Swift案件の平均単価は73.4万円、中央値単価は70万円、最高単価は160万円、最低単価は24万円となっています。

※2022年8月時点(フリーランススタート調べ)
公式:https://freelance-start.com/jobs/skill-10

単価は、案件の内容・作業時間によって異なりますが、実務経験年数によって左右される場合があります。

Swift案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。

単価相場
経験1年未満 35万円
経験1年~2年 42万円
経験2年~3年 60万円
経験3年~5年 70万円
経験5年以上 84万円

※2022年8月時点(フリーランススタート調べ)
公式:https://freelance-start.com/jobs/skill-10

平均年収

Swift案件の実務経験年数に応じた年収の相場は以下の通りです。

年収(平均単価×12カ月)
経験1年未満 420万円
経験1年~2年 504万円
経験2年~3年 714万円
経験3年~5年 840万円
経験5年以上 1008万円

※2022年8月(フリーランススタート調べ)
公式:https://freelance-start.com/jobs/skill-326

DAI
あなたの実務経験と照らし合わせてどれくらいの年収になるのか確認してみましょう。

Swiftのフリーランスになるメリット

Swiftのフリーランスになるメリットについて解説します。

  • 案件数が多い
  • 時間の有効活用ができる
  • 好きな条件で案件を選ぶことができる
DAI
以下から詳しく説明します。

1.案件数が多い

フリーランスになると、案件単価が上がり、正社員の頃よりも収入がアップします。

そのため、生活が豊かになり、収入面の心配が無くなります、

2.時間の有効活用ができる

フリーランスは働く時間の自由度が高いため、時間の有効活用がしやすいというメリットがあります。

フリーランスであれば、平日の昼間に空き時間を作ることや働く日にちを変えることができるので、空いた時間をうまく活用できます。

3.好きな条件で案件を選ぶことができる

数ある求人の中から、自分にあった案件を選んで提案ができます。

そのため、以下のような方におすすめできます。

  • 相性のいい人と働きたい
  • リモートで好きな場所で働きたい
  • 自分の強みを活かしたい
  • 複数の案件に参画したい
DAI
結果的に、会社員では、人間関係や仕事が選べないといったことでストレスを感じる場面もありますが、フリーランスの場合、上記の理由に関するストレスは少なくなります。

Swiftのフリーランスになるデメリット

Swiftのフリーランスになるデメリットについて解説します。

  • 生活リズムが乱れる
  • 福利厚生が手薄い
DAI
以下から詳しく説明します。

生活リズムが乱れる

自分のペースで案件を取れるため、案件を取りすぎるとキャパオーバーになるケースがあります。

そのため、案件の管理をしっかり行う必要があります。

DAI
ある程度スケジュールに余裕を持って臨むことがおすすめです。

福利厚生が手薄い

フリーランスになると厚生年金から国民年金になり、貰える金額が減ってしまいます。

正社員の時は、企業側が保険料を負担します。しかしフリーランスの場合は全て自己負担になり、健康保険料が上がります。

また、傷病手当金や出産手当金がなくなってしまいます。

フリーランスのSwiftエンジニアになるのに求められるスキル

Swiftの知識を深めるだけで、フリーランスとして十分な収入が期待できるようになるでしょう。

ただ、これからSwiftの需要が変化する可能性もあるので、他のスキルを身につけておくことも大切です。

DAI
ここから、フリーランスSwiftエンジニアが磨くべきスキルを紹介していきます。

Swiftの周辺言語の知識

前提として、Swiftの知識を深めておくことは欠かせません。

加えてSwiftとセットで使われることの多い言語やスキルを習得すると、対応できる案件の幅が広がるでしょう。

  • Java
  • SQL操作
  • Kotlin
  • Android開発
  • C#
  • Go
  • JavaScript

DAI
特にJavaを身につければ、対応できる案件がかなり増えます。

また以下のようなフレームワークについても触れておくことがおすすめです。

  • perfect
  • Kitura
  • Vapor
  • Express
  • Swifton
  • React Native
  • SwiftUI

サーバー・クラウドの知識

Swiftはサーバーやクラウド開発にも使用されることがあります

DAI
実務でサーバー環境開発に関わる機会があれば、積極的に触るようにしましょう。

高単価を目指すなら:上流工程の経験

Swiftで単価の高い案件は「基本設計〜実装まで一貫して携わった経験」など、ネイティブアプリ開発の全行程に関する知識・経験が求められることが多いです。

また、チーム開発の経験や非エンジニアとの折衝なども案件によってはアピール要因になるため、上流工程で経験を積むのは、メリットが大きいです。

未経験でもフリーランスSwiftエンジニアになれる?

「未経験からフリーランスのSwiftエンジニアになりたい!」と考えている人もいるはず。

DAI
結論、未経験の状態でフリーランスSwiftエンジニアになることは不可能です

数年の実務経験が必須

ほとんどの案件の応募条件に「Swiftを使った開発経験◯年以上」と書かれています。

DAI
つまり、未経験者はそもそも選択できる案件がないのです。

フリーランスとして仕事を取るには、即戦力であることが前提です。

会社外の人間であるフリーランスに、教育コストをかけてくれる企業は滅多にありません。

DAI
フリーランスとして活動したいなら、正社員のSwiftエンジニアとして2〜3年の実務経験を積みましょう!

Swiftエンジニアとして転職すること自体は、そこまで難しいものではないので、ぜひ挑戦してみてください。

Swiftはリモートワーク案件も豊富

SwiftはリモートワークOKの案件もたくさんあります。

DAI
アプリ開発はリモートワークとの相性が良いので、この傾向はこれからも続くでしょう。

ただリモートワークは高いスキルを保有していることが前提なので、最初は常駐案件から初めて適正をテストするのがおすすめですよ。

リモートワークをしたい場合は、技術的な面だけでなく、テキストコミュニケーションなどのビジネススキルも学んでおくことが大切です。

Swiftフリーランスの将来性

数多くのプログラミング言語がある中で、Swiftが生き残るのか不安に感じている人もいるかもしれません。

DAI
Swiftは需要も将来性も高い言語なので、今後仕事がなくなることは考えにくいです!

Swiftの将来性が高い理由は以下です。

  1. Apple社が開発した言語なので需要が安定している
  2. マルチデバイス対応で汎用性が高い
DAI
詳しく解説していきます。

Apple社が開発した言語なので需要が安定している

Swiftは2014年6月、Apple社によってリリースされたアプリケーション開発専門のプログラミング言語で、主にiOSアプリやMacOS向けのアプリ開発に用いられる言語として認知されています。

DAI
それまでは、アプリ開発言語としては「Objective-C」が一般的でした。

しかしObjective-Cは問題点や弱点が多かったため、その後継言語としてSwiftが開発されたのです。

SwiftはApple製品開発に使われる言語なので、Appleの需要が安定している限りは仕事がなくなることはないでしょう

カンター・ジャパンの調査によると、日本におけるスマートフォンのOS別シェアでは、iOSのシェア率が69.1%だったそうです。

引用:https://hikakaku.com/blog/all-category/mobile-phone/iphone/3/

DAI
今後iOSを超えるOSが参入してくることは考えづらいので、Swiftの需要を心配する必要はありません。

マルチデバイス対応で汎用性が高い

元々Apple製品に特化した言語として開発されたSwift。

しかし最近では、Webアプリケーションやサーバーの開発にも使われるようになっています

DAI
Swiftはコードが書きやすいので、他の開発領域にも使いやすい言語です。

今後さらに対応領域が拡大すれば、同時に需要も高まるでしょう。

SwiftとObjective-Cの違い

SwiftはObjective-Cの機能面における弱点を補完した言語だといえるでしょう。

  • コードの書きやすさ・わかりやすさ
  • 処理速度
  • 学習難易度
  • 将来性

どの点をとってもSwiftの方が優秀なので、今からObjective-Cを選ぶ必要はありません。

DAI
Apple社が提供するアプリ開発ツール「Xcode」も、現在Swiftへの最適化が進められています。

またSwiftは2014年リリースの若い言語なので、専門で使いこなせる人材はまだまだ少ないです。

DAI
人材が少ない上に需要が高いので、収入も上がりやすいですよ!

Swift以外でおすすめのプログラミング言語

未経験からプログラミング言語を勉強するなら、Swiftにこだわる必要は全くありません。

DAI
Swift言語以外でおすすめのプログラミング言語を紹介します。

Webアプリ開発をしたいなら「Ruby」「PHP」

Webブラウザ上で動作するアプリケーションを開発したいなら「Ruby」「PHP」がおすすめ。

DAI
「どちらがおすすめ?」と聞かれることが多いですが、正直どちらでも大丈夫ですよ!

片方を勉強すれば、もう片方も簡単に理解できるからです。

また合わせてフレームワークである「Ruby on Rails」「Laravel」も習得すると良いでしょう。

機械学習に特化したいなら「Python」

  • 機械学習に特化したい人
  • 大学で数学・統計学を勉強していた人
  • AIに興味がある人

機械学習エンジニアになりたい人におすすめなのが「Python」です。

現在多くの企業がAIの導入を進めており、需要が伸びている分野です。

DAI
難易度はかなり高めなので、すでに一定の知見がある人が挑戦するようにしましょう。

Swiftのフリーランスに関するよくある質問

Swiftのフリーランスについてよくある質問をまとめました。

DAI
すでに他の見出しで言及している内容もありますが、確認しておきましょう。

Swift未経験でもフリーランスになれる?

DAI
ほとんどの案件が「実務経験2〜3年以上」を条件としています。

Swift未経験の場合は必要な知識を身につけたうえで企業に入社し、実務経験を積みましょう。

Swift案件の単価は?

Swift案件の平均単価は79万円です!

他の言語やフレームワークと比較したい方は、以下の表を参照してください。

平均単価
Python 76万円
Java 68万円
PHP 72万円
Ruby 80万円
Swift 79万円
JavaScript 71万円
C++ 70万円
Kotlin 81万円
Go 81万円
VBA 59万円
COBOL 60万円

引用:レバテックフリーランス(2022年9月4日時点の情報です)

フレームワーク別の単価は以下です。

フレームワーク 平均単価
React 77万円
Laravel 72万円
Django 80万円

引用:レバテックフリーランス(2022年9月4日時点の情報です)

クラウド 平均単価
AWS 76万円
Salesforce 80万円

引用:レバテックフリーランス(2022年9月4日時点の情報です)

まとめ

ここまで、フリーランスのSwiftエンジニアになる方法や案件の取り方、将来性などについて解説してきました。

本記事で紹介したエージェントを使って、収入アップを目指してみてください!

DAI
みなさんがフリーランスとして活躍できることを祈っています!

Swiftのフリーランスエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント
【第1位】レバテックフリーランス(公式サイト:https://freelance.levtech.jp/)
案件数が豊富&高単価なフリーランスエージェント
【第2位】ITプロパートナーズ(公式サイト:https://itpropartners.com/)
週2、3日勤務の案件が豊富。副業をしたい人におすすめ
【第3位】Midoworks(公式サイト:https://mid-works.com/)
保証が正社員並みに手厚いフリーランスエージェント
【第4位】ギークスジョブ(公式サイト:https://geechs-job.com/)
コンサルタントによるサポートが手厚いフリーランスエージェント

関連記事

アプリ開発の副業事情!週1-3案件の探し方とおすすめの求人サイトを紹介
【2022年】フリーランスエージェントおすすめ18社徹底比較!評判の良いフリーランスエージェントを厳選
プログラマーのフリーランス案件事情!求人の特徴や単価相場・スキルなどを解説
iOSエンジニアのフリーランス案件事情!求人の特徴や単価相場・スキルなどを解説