最終更新日:
Salesforceエンジニア向け案件があるおすすめのフリーランスエージェント
【第1位】レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/)
とにかく案件数が豊富。業界最高水準の案件単価!独立するならまず登録を!
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモート可能な案件や週2〜3日常駐の案件が豊富です!
【第3位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランス独立に不安を抱えているなら、まずは相談を。
男性A
Salesforceエンジニアでもフリーランスになれるの
女性A
フリーランスになった場合、どんな案件があるか知りたい

Salesforceエンジニアとして働いている人のなかには、フリーランスとして独立したいと考える人も多いのではないでしょうか。

DAI
しかし、実際にどんな案件に参画できるのかや、案件を探す方法がわからないと不安ですよね。この記事ではSalesforceエンジニアがフリーランスになる方法について、わかりやすく解説します!

この記事を読んでわかることは以下です。

  • Salesforceのフリーランス向け案件例
  • 案件の単価・報酬相場
  • リモート・在宅案件数
  • フリーランス案件を探す3つの方法
  • おすすめのエージェント3選
  • 将来性や身につけておきたいスキル
DAI
フリーランスのSalesforceエンジニアとして活躍したい方は、ぜひ最後までご覧ください!

Salesforceのフリーランス向け案件例

Salesforceエンジニアのフリーランス向け案件には、以下の3種類があります。

  • Salesforceの構築
  • Salesforceの保守運用
  • Salesforceのカスタマイズ

実際の案件例とあわせて、1つずつ見ていきましょう。

Salesforceの構築

業務内容 現場内で使用しているSalesforceシステムの開発に携わっていただきます。
必要なスキル ・Salesforceを用いた開発実務経験2年以上
【歓迎スキル】
・Salesforce 認定資格を保有
– 認定上級Platformデベロッパー もしくは認定Platformデベロッパー
・リードエンジニアとしての業務経験
単価 75万円/月
稼働時間 140時間~180時間

引用:レバテックフリーランスの案件情報より。※2022年4月時点の案件です(現在は案件募集が終了している場合があります)。

クライアントの業務における課題や要望を把握したうえで、解決できるようなシステム開発を行います。

クライアント企業の業務フローだけでなく、必要であれば業界の基礎知識も身に付けておくことも重要です。

DAI
上記案件のように「Salesforce 認定資格」を併せ持っていると、採用される可能性が高まります。

Salesforceの保守運用

業務内容 ・Salesforceを使用した開発・運用をおこないます。
・コミュニケーションをとりながら開発をおこなっていきます。
必要なスキル ・Salesforceの開発経験
・Webシステム開発経験
・周囲とコミュニケーション取りながら案件を進めた経験
【歓迎スキル】
・Apex開発経験
・PHPの開発経験
単価 80万円/月
稼働時間 150時間~190時間

引用:レバテックフリーランスの案件情報より。※2022年4月時点の案件です(現在は案件募集が終了している場合があります)。

Salesforceでは利便性の高いアプリをいくつも取り込むことが可能ですが、取り込みすぎるとデータを圧迫してしまいます。

その結果、処理速度が落ちてしまったりエラーが生じたりする原因にもなるのです。

メンテナンスが必要になるため、Salesforceにとって保守運用業務は欠かせません。

Salesforceのカスタマイズ

業務内容 ・大手製造メーカーのSalesforce開発に携わっていただきます。
・force.comシステムの開発になります。
・基本設計~実装~テストまでをご担当頂きます。
・場合により、Salesforceの各種設定もお願いします。
必要なスキル ・Salesforce開発経験
※Visualforce/Apex開発経験
(VF/Apex経験が浅くても、Java、C#の経験があれば可)
・JavaScript開発経験
単価 70万円/月
稼働時間 140時間~180時間

引用:レバテックフリーランスの案件情報より。※2022年4月時点の案件です(現在は案件募集が終了している場合があります)。

Salesforceでは営業支援や顧客管理などの機能をメインとしたカスタマイズも行います。

DAI
たとえば顧客からの問い合わせ状況の視覚化や、従業員の勤怠管理のカスタマイズなどです。

業務効率の向上には欠かせない分野のため、担当できるエンジニアは重宝されやすいです。

Salesforceのフリーランス案件の単価・報酬相場

IT業界に転職する前に知っておきたいことを徹底解説

フリーランスエージェントのレバテックフリーランスによると、フリーランスSalesforceエンジニアの案件単価は平均単価80万円であることがわかりました。

DAI
最高単価は105万円で、高報酬の案件もありました!

参考:レバテックフリーランス「単価相場

レバテックフリーランスによるとエンジニア職の平均単価は、以下の通りです。

インフラエンジニア 66万円
プログラマー(PG) 68万円
SE (システムエンジニア) 71万円
フロントエンドエンジニア 72万円
ネットワークエンジニア 68万円
テストエンジニア 58万円
AWS 76万円

引用:レバテックフリーランス「単価相場」(2022年5月時点の情報です)

Salesforceはコストの削減や営業活動の効率化などができることから、導入する企業が増えてきています。

しかし、Salesforceの需要がある一方で、Apexという特殊な言語を用いて開発しなければなりません。

SalesforceエンジニアはApexを扱えるため、希少な存在として他の職種よりも平均単価が高いといえます。

Salesforceのフリーランス案件にリモート・在宅案件は少ない

Salesforceエンジニアの案件数自体が他のエンジニア職よりも少ない分、リモートや在宅の案件もそこまで数が多くありません。

レバテックフリーランスSalesforceのリモート・在宅案件を調査した結果、以下になりました。

トータル案件数 427件
一部リモート案件 90件
フルリモート案件 64件

引用:レバテックフリーランス(2022年5月時点)

上記の通り、全体の3〜4割ほどがリモートや在宅勤務の案件です。

リモートや在宅勤務を希望するのであれば、求人サイトだけでなく、さまざまな方法を駆使して案件を探すことをおすすめします。

案件を探す方法については後述しますので、ぜひあわせてご覧ください。

Salesforceのフリーランス案件を探す方法

Salesforceエンジニアのフリーランス案件を探す方法は、下記の3パターンあります。

  • エージェントで探す
  • クラウドソーシングで探す
  • ビジネスSNSで探す

1つずつご紹介します。

エージェントで探す

会社員時代の頃から人脈があり、フリーランスになった後も仕事の依頼が定期的に来るのであれば問題ありません。

しかし、多くの人は一から案件を探す必要があります。

フリーランスになったばかりの頃は実績などもまったくないので、案件探しに苦戦する人がほとんどです。

そんな時におすすめなのがフリーランス向けエージェントサービス。

フリーランス向けエージェントサービスでは、アドバイザーが自分に合った仕事を紹介してくれます。

DAI
求人サイトには掲載されない、高単価の非公開案件もあります!

単価交渉や勤務条件などもアドバイザーを通して交渉することが可能です。

またエージェントによっては、キャリアプランの相談や福利厚生なども適用してもらうことができます。

まさにフリーランスにとって非常に心強い味方といえます。

DAI
おすすめのエージェントは後述していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングで案件を探す方法もあります。

クラウドソーシングとは仕事を依頼したい企業や個人と、仕事を探している利用者をマッチングさせるサービスのこと。

代表的なサービスには、ランサーズクラウドワークスがあります。

DAI
案件数も多いため、自分の実力に見合った案件に応募することが可能です!

しかし、最近では副業を始める人が増えてきた影響で、案件の競争率も高くなってきています。

またクラウドソーシングでは報酬から約20%ほど手数料が引かれることがほとんどなので、始めたての頃は厳しいかもしれません。

ビジネスSNSで探す

LinkedinやWantedlyなどのビジネスSNSでも案件を探せます。

Linkedinを利用しているユーザーは全世界で8億人で、日本ユーザーもすでに200万人を突破しています。

またWantedlyは仕事のやりがいや職場環境などをアピールすることで、企業と求職者がマッチングできるビジネスSNS。

Web面談を通して気軽に採用担当者と会話できるので、案件を獲得するまでのハードルが低いのがメリットです。

DAI
「まずは自分で案件を探してみたい!」という方は、アカウントを作成して積極的に探してみましょう。

フリーランスSalesforceエンジニアにおすすめのエージェント

前述した通り、フリーランスのSalesforceエンジニアが案件を探すなら、エージェントの利用がおすすめです。

複数の求人サイトで案件を探す手間が省けるため、「なかなか希望にマッチするプロジェクトが見つからない……」のような精神的負担もかかりません

また確定申告セミナーへの参加や、マネープランの相談といった福利厚生が充実しているサイトも多いので、フリーランスとして働きやすい環境が作れます。

フリーランスSalesforceエンジニアにおすすめのエージェントを3つ紹介します。

  • レバテックフリーランス
  •  ITプロパートナーズ
  • ミッドワークス

順番に見ていきましょう。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 35,935件
最低稼働日数 週3日~
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

※2022年3月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

DAI
利用者の平均年収862万円と、非常に高くなっています。(※2022年3月時点)

また公式HPでは、職種ごとに案件の平均単価も見ることができます。

※2022年5月時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2022年3月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が比較的多めになっています。

エンジニア 10,763件
プログラマー 7,769件
インフラエンジニア 5,703件
プロジェクトマネージャー 2,032件
PMO 1,080件
ネットワークエンジニア 1,312件
フロントエンドエンジニア 1,133件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

 ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,036件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年4月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数
  3. 利用企業は2,000社以上

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
実際に調査したところ、4,997件あるうち2,742件は週2〜週3で稼働できる案件でした(2022年5月時点)。つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントといえるでしょう。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

利用企業は2,000社以上

ITプロパートナーズを利用している企業は2,000社以上。

ベンチャー企業から大手企業などさまざまです。

保守運用やカスタマイズなど、Salesforceエンジニア向けの業務内容も多くあります。

DAI
「保守運用に注力したい」など、自分の希望に合わせて案件を選びやすいのがメリット。得意分野で活き活きと働きたいSalesforceエンジニアは、ぜひ利用を検討してみてください!

ミッドワークス

公式サイト:https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の2点。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証

特徴①:豊富な案件数

2022年3月時点の求人数ですが、エンジニアの案件が多めです。

エンジニア 884
アナリスト 14件
Webディレクター 88件
UI/UXデザイナー 54件

※公式サイト(https://mid-works.com/)より算出

DAI
保有する案件の80%以上が非公開案件なので、無料登録してさらに多くの案件から選びましょう!

高単価の案件が豊富にあるので、「フリーランスになって少しでも多く稼ぎたい」という方におすすめのエージェントです。

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」ですよね?
DAI
Midworksなら仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれますよ(審査あり)。

Midworksの登録方法

登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであればまず登録しておきましょう

DAI
とりあえず登録しておいて、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

フリーランスSalesforceエンジニアが身につけておきたいスキル

フリーランスSalesforceエンジニアとして身につけておきたいスキルは、下記3つあります。

  • Apexのスキル
  • マネジメント・コミュニケーションスキル
  • マーケティングスキル

順番に解説します。

Apexのスキル

Salesforceエンジニアにとって、Apexのスキルは欠かせません。

ApexとはSalesforceの機能を拡張する際などに使われる、プログラミング言語のことを指します。

Salesforceではコードを書かなくてもある程度カスタマイズできますが、標準機能だけでは限界があります。

Apexを用いることで高度なカスタマイズが可能になるため、クライアントのニーズにより応えられるようになるのです

実際の求人情報でも、求めるスキルに「Apexを用いた開発の実務経験」を挙げているケースが見受けられました。

DAI
独学で学習するのは難しいので、会社員として働いているうちに習得するのがおすすめです。

マネジメント・コミュニケーションスキル

フリーランスのSalesforceエンジニアには、マネジメントスキルも重要になります。

特に「上流工程に携わりたい」「プロジェクトを管理するポジションを経験したい」と考えているなら、今のうちからチームをまとめ上げる力を養っておくと良いです。

DAI
チームメンバーのモチベーションを上げたり、業務を進めやすいように環境を整えたりするなどです。

またSalesforceエンジニアは機能の追加や修正など、クライアントからの要望をヒアリングする機会が多くあります。

クライアントの課題を正確に引き出し、より良い提案をするためには、コミュニケーションスキルも欠かせません。

マーケティングスキル

Salesforceは営業や顧客管理、コールセンターなど多様な領域で活用されています。

そのため案件によっては、開発経験スキルに加えてマーケティングスキルも求められることがあるのです。

市場の動きを正確に捉えるための情報収集力や、仮説を立ててデータ分析を行う力があれば、クライアントに寄り添った課題解決ができるようになります。

DAI
マーケティングスキルがあれば他のSalesforceエンジニアと差をつけることができ、請けられる案件の幅も広がります。ぜひ身につけておきましょう!

フリーランスSalesforceエンジニアの将来性

結論からいうと、下記の理由によりフリーランスSalesforceエンジニアの将来性は高いです。

  • Salesforce導入企業が増えている
  • Salesforceエンジニアはスポット採用の需要が高い

順番に解説します。

Salesforce導入企業が増えている

Salesforceは営業活動の効率化やコストカットなど、さまざまなメリットがあります。

DAI
Salesforceは今や世界中で注目されているSaaSです。

実際に世界で15万社以上の企業が導入しており、日本でも5,000社以上の企業が活用しています(2022年5月時点)。

導入企業が続々と増えてきているので、Salesforceエンジニアの需要は今後も高まっていくと考えられます。

Salesforceエンジニアはスポット採用の需要が高い

Salesforceエンジニアは、スポット採用としての需要も高くなっています。

「Salesforceを導入したものの、カスタマイズがうまくできない」という企業も少なくないからです。

Salesforceの設計や開発、導入、運用など複数の領域を担当できるようになれば、より企業に重宝される人材になります。

スポット採用で参画した後も、仕事を継続してもらえる可能性が高まります。

DAI
このようにフリーランスのSalesforceエンジニアの将来性は高いです。会社員で居続けることに迷っている方は、ぜひ独立を検討してみてください!

まとめ

今回はSalesforceのフリーランス向け案件例やおすすめのエージェント、将来性などについて解説しました。

Salesforceを導入する企業は増えているため、Salesforceエンジニアの需要は今度も高まると考えられます。

フリーランスでも十分に活躍しやすい状況なので、気になった案件には積極的に挑戦してみましょう。

案件を探すときは、時間のかかる営業活動を代行してくれるエージェントを活用するのがおすすめです。

DAI
今回ご紹介したエージェントは下記の通り。1分ほどで簡単に登録できるので、ぜひチェックしてみてください!

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。