最終更新日:2021/04/15
DAI
本記事では、「目的別に本当におすすめできるプログラミングスクール」について解説します。

この記事を読んでわかること

  • 目的別失敗しないプログラミングスクール選びのコツ
  • ちゃんと実力もつき、誠実で信頼できるプログラミングスクール
  • 行くべきではないプログラミングスクール

「プログラミングスクールに通いたいけど、どんなスクールに通うのがいいか分からない。おすすめのプログラミングスクールを知りたい。」

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

DAI
本記事では、実際にプログラミングスクール業界でマーケティングを担当していた筆者が、10以上のスクールや複数のサービスを受講、もしくは取材してきた経験をもとにおすすめのプログラミングスクールについて徹底解説していきます。

実はプログラミングスクールって失敗談が多すぎるんですよね~。

  • 入学したのに全くエンジニアから連絡がこない…
  • 転職できる!フリーランスになれる!と書いてあったのに、なれなかった…
  • 転職できなかったら全額返金!と書いてあったから入学したのに、後だしで条件を出されて全然返金されない…

みたいな、笑えるくらいヤバイスクール、実は結構あったりするんですよ。

そこで、実際にスクールの卒業生にインタビューするためにこんな投稿しました。

DAI
直接DMが来たので、実際にスクール卒業生にインタビューしてみました!

その中で、少なくとも卒業生のうち数人は、

  • 値段に対する質が微妙すぎる…
  • 対応が不誠実…

という感想を伝えてくださいました。

でも、その一方で、

  • 対応も真摯で、コスパがよかったし、エンジニアにも無事転職できた!
  • 本当に教育の質が高いスクールだった!なんなら現場よりもスクールの方が厳しくて成長できた!
  • 気づいたら1年でフリーランスエンジニアになれるくらいの力ついてた!

という、肯定的な評判のスクールもありました。

DAI
そこで、この記事では筆者が責任を持って、おすすめのプログラミングスクールについてご紹介します。結論から言うと、おすすめのスクールは以下の通りです。

\ 価格が安いおすすめプログラミングスクール/

  • TechAcademy(公式ページ:https://techacademy.jp/
    4週間プラン174,000円から受講可能。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
  • CodeCamp(公式ページ:https://codecamp.jp/
    2ヶ月プラン165,000円+入学金33,000円から受講可能。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

\ 将来年収800万円以上を目指して自社開発企業に行きたい方向けおすすめプログラミングスクール/

  • ポテパンキャンプ(公式ページ:https://camp.potepan.com/
    自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
  • RUNTEQ(公式ページ:https://runteq.jp/
    30代未経験から本気でWebエンジニアになりたいという人であれば、RUNTEQ以上におすすめのスクールはありません。
  • DIVE INTO CODE(公式ページ:https://diveintocode.jp/
    多数の企業への転職実績あり。webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方必見。

\ インフラエンジニア向けおすすめプログラミングスクール/

  • RaiseTech(公式ページ:https://raise-tech.net/
    講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。
  • UZUZカレッジ(公式ページ:https://uzuz-college.jp/
    未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる。業界最高の定着率。
DAI
詳しいスクールの内容やスクール選びのコツを含めた本編は、3分ほどで読むことができますので、ぜひ最後までお付き合いください!

就職・転職におすすめのプログラミングスクールは?

男性A
プログラミングスクールに通いたいんだけど、おすすめのスクールってどこだろう?
DAI
自分に合うプログラミングスクールが選べるロードマップを作ってみたのでこちらをやってみるのがおすすめです!下の画像をご覧ください。

※Web系自社開発企業とは、自社のWebサービスを持っている企業のことです。開発は大体自社で完結しています。有名なところだとメルカリやDeNAあたりですね。

DAI
自分に合うプログラミングスクールはありましたでしょうか?ここから各プログラミングスクールについて詳しく解説していきますね。
  • 価格が安いプログラミングスクール:求人の質は気にしないから、お手頃なスクールに行きたい⇒ TechAcademy, Code Camp
  • 自社開発企業のWeb系エンジニア向けスクール:良質な求人あり、将来年収800万円以上を目指せるレベルの実務的なプログラミングスキルが身につくスクールに行きたい⇒ポテパンキャンプ,RUNTEQ,DIVE INTO CODE
  • インフラエンジニア向けスクール:堅実に入社しやすくて実務経験つみやすいSESになりたい⇒RaiseTech,UZUZカレッジ
DAI
ここからは、プログラミングスクールに通って、転職することを前提にしている方向けに目的別におすすめできる、プログラミングスクールを紹介します。

【できるだけ価格を抑えたい方向け】価格が安いおすすめプログラミングスクール

まず、価格が安いプログラミングスクールについてご紹介します。

  • プログラミングスクールに通いたいけど、できるだけ値段は押さえたい
  • 自分にプログラミングが向いているのか知りたい

という方に特におすすめです。

DAI
コスパ良く効率的にプログラミングを学びたい方に向いているスクールだと思います。

メリット

価格が安いプログラミングスクールに通うメリットは、以下の通りです。

  • 価格が安い
  • 手軽にプログラミングスクールに通うことができる
DAI
やはり、価格の安さと手軽さは圧倒的ですね。

デメリット

価格が安いプログラミングスクールに通うデメリットは、以下の通りです。

  • 求人の質が低い(コードが書けない仕事などが紹介される)
  • 身につく技術レベルがそこまで高くない
DAI
気軽にプログラミングを学ぶことが出来る反面、入社難易度の高い企業に転職できるレベルのスキルを身につけるのは難しいかもしれません。

価格を抑えてプログラミングスクールに通いたい場合

プログラミングスクールは、スクールやカリキュラムの期間によって、17万~50万ほど、受講価格が変わります。

どうしても自社開発に行きたい!とかそういう希望がない場合なら、

  • 17-20万くらいのおてごろな価格で、8週間~でがっつりと短期集中でプログラミング学習をする
  • その後1カ月くらいでオリジナルのポートフォリオを作成する
  • 転職先の紹介はスクールに任せず、あくまで自分で転職先を見つける覚悟で頑張る

という転職活動がおすすめです。

その場合におすすめなスクールは、以下のスクールです。

  • TechAcademy(公式ページ:https://techacademy.jp/
    4週間プラン174,000円から受講可能。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
  • CodeCamp(公式ページ:https://codecamp.jp/
    2ヶ月プラン165,000円+入学金33,000円から受講可能。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

具体的な料金の説明や、TechAcademyとCodeCampとの違いを説明します。

TechAcademy「Webアプリケーションコース」の料金

CodeCamp「Webマスターコース」の料金

TechAcademyとCodeCamp、どっちのほうが安いの?

このように思われると思うので、結論を言うと、以下の通りです。

  • 短期集中で学びたい場合→TechAcademyの方が安い
  • じっくり時間をかけて学びたい場合→CodeCampの方が安い

TechAcademyでは最短で4週間から受講可能ですが、CodeCampでは最短2ヶ月(8週間)から受講が可能です。

そのため、「スクールに短期集中で安く通いたい!」という場合は、TechAcademyの4週間プランがおすすめになります。

ただ、2ヶ月以上受講するとなると、CodeCampのほうが若干安くなります。

  • TechAcademy(2ヶ月受講した場合)→229,900円
  • CodeCamp(2ヶ月受講した場合)→165,000円+33,000円(合計198,000円)

4ヶ月以上学ぶ場合でも、同様にCodeCampのほうが若干安くなります。

DAI
TechAcademyにするか、CodeCampにするかは、あなたが短期集中で学びたいか・時間をかけてじっくり学びたいかで選ぶのが良いでしょう。

価格重視でおすすめのプログラミングスクール①TechAcademy(テックアカデミー)

公式サイト:https://techacademy.jp/

DAI
TechAcademyは、お手頃な価格かつ短期集中で、プログラミングスキルを身に着けたい方におすすめです!
【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github,Bootstrap,SQL,Heroku
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~
現役エンジニア講師
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
・回数無制限の課題レビュー
料金 Webアプリケーションコース
¥174,900~ (学割¥163,900~)
おすすめな人 ・安い値段でプログラミングスクールに通いたい方
・短期間でプログラミングスキルを身につけたい方
・現役エンジニアから学びたい方
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、とにかく他のプログラミングスクールと比較しても安いのが魅力的な点です。

TechAcademyは、オンラインのプログラミングスクール。

特に、お手頃な価格で、Web系プログラミングを学びたい人にはまさにおすすめです!

主な特徴としては、以下の通りですね。

  • 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • オリジナルアプリ作成までの、サポートが手厚い

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

TechAcademyの場合は、講師が完全にマンツーマンで、以下ようなサポートもしてくれます。

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

Webアプリケーションコースでは、最終的には簡単な通販サイトを作っていきます。

最初にWebサイト作成からスタートして、最後にWebアプリを作っていきます。

エラーが出て、困ったらSlackというチャットツールで、質問すると、15時から23時の間なら、数分でメンターの方が答えてくれます。

DAI
躓いている時間ってすごくモヤモヤするのですが、レスポンスが早いとかなりサクサク進められて心地よいです。

また、未経験の時って、「何を質問していいか分からない」「どこからわかってないかすら分からない」って状態で、なかなかテキストで質問しにくいと思うんです。

TechAcademyなら、週に2回もオンラインメンタリングができるので、躓いて学習が止まってしまうことはほぼないでしょう。

カウンセリング後も、ちゃんと一人ひとりにコメントをくれます。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、一人で挫折しやすいプログラミング学習も、オンラインでも挫折せず進められると評判です。

②オリジナルアプリ作成のサポートが手厚い

TechAcademyのカリキュラム、実はオリジナルアプリ作成のサポートまでやっています。

ここで実際にオリジナルアプリを作っていきます。ここで作ったアプリは、そのままポートフォリオとして転職活動に活かせますね。

実際にTechAcademyの受講生が作成したポートフォリオの中には、こんなアプリがあります。

特に転職活動のためのポートフォリオは超重要で、これがないと転職活動ができないといっても過言です。

DAI
そのポートフォリオに、プロのエンジニアからフィードバックをもらい放題なのは、かなり魅力的ですね。

ということで、TechAcademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechAcademyがおすすめです。

「TechAcademyいいかも!」と思ったら

TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

※更新情報 2020年5月 TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。 Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,00円〜60,000円もお得になるようです。

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

TechAcademy無料体験はこちら

価格重視でおすすめのプログラミングスクール②Code Camp

公式サイト:https://codecamp.jp/

DAI
CodeCampは、お手頃価格で、手厚いサポートを受けながら学習を進めたいプログラミング完全初心者の方におすすめです!
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
学習言語 PHP , HTML5/CSS3, jQuery, MySQL,JavaScript
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~
現役エンジニア講師
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥165,000~
+ ¥33,000(入学金)
おすすめな人 ・マンツーマンでサポートを受けたい方
・朝早くから夜遅くまで、時間を気にせず質問したい方
・PHPでWebエンジニアの転職を検討している方
全額返金保証 なし
転職紹介 なし

CodeCampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービスです

テレビCMでも有名なITベンダーFuture Architectの子会社でもあり、さらに東証一部上場企業にもCodeCampのコースが研修に利用されていることから、非常に教育の質が高いです。

サービスの特徴としては、以下の通りです。

  • 完全オンラインで学習可能
  • 東証一部上場企業の厳選された現役エンジニアが学習をオンラインレッスンでサポート
  • フロントエンド、バックエンド、ネイティブアプリ開発まで対応したコース
  • 365日:朝7時~24時まで、現役エンジニアにテレビ電話で授業を提供

転職を目的にするなら、Webマスターコースがおすすめです。

私もCodeCampのWebマスターコースを受講して、とても良かったです。

ただ1つ悪かった点をあげるとすると、サーバーサイドエンジニアとしての転職としてはコース的にはちょっと微妙な感じでした。

CodeCampの他のコースも見てみましたが、コードレビューも現場レベルでできるわけではなさそうなので、もしサーバーサイドエンジニアとして転職を検討されているのであれば、『ポテパンキャンプ』や『RUNTEQ』の方がおすすめですね。

DAI
CodeCampの良かった点をあげるとしたら、以下2点ですね。
  • 現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる
  • オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

こちらのスクールは実際に僕自身が受講したうえで、解説しますね!

DAI
2カ月で148,000円と非常に安く、とにかくお手頃なスクールで、かつ質がいい!というスクールを探している方にはCodecampがいいと思います。

①現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる

プログラミングスクールって、結構サポート時間が限定されてしまうんですよね。

なので、朝の忙しい時間帯にしか時間がとれなかったり、夜の仕事終わりに聞きたい!というときになかなか質問できません。

CodeCampの場合は、朝7時~24時まで質問することができるので、悩んでもすぐ解決できるのが大きなメリットです。

②オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

なかなかスクールのカリキュラムだけ利用してても、オリジナルアプリ開発まではうまくいかないんです。

でも、実際CodeCampのコースを受けていて、ざっくりとこのホームページをゼロから作るレベルには到達できたかと思います。

DAI
もともとWordPressやWebデザインがわからなかったので、受講したのですが、結果的にこのブログ(DAINOTE)をゼロから作れるぐらいまでのレベルにいったので、よかったです

ということで、評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
PHPでWebエンジニアへの転職を検討しているならCodeCamp、RubyならTechAcademyを選んでみるといいと思います。

「CodeCampいいかも!」と思ったら

CodeCampも、無料体験をすることができます。CodeCampのことが気になったら、まずは無料体験を受けてみてから、実際に通うかどうか決めるのが良いかと思います。

※更新情報(2021年4月時点)
CodeCampの無料体験レッスンを受講することで、10,000円の割引クーポンが今なら貰えます。
キャンペーンの締め切りが書いていないので、いつ終了か分かりません。迷っている方はお早めに!

無料体験でできることとしては、以下のとおりです。

  • 講師の方とマンツーマンでビデオチャット(40分)ができる
  • CodeCampの受講内容を聞くだけでなく、エンジニア転職などのキャリア相談もできる
  • HTML、CSS、JavaScriptの授業を体験
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

スクールを検討している方であれば、「マンツーマンで教えてくれるってどんな感じなんだろう?」と疑問に思うかもしれません。

具体的には以下のようなことが気になると思います。

  • 講師との相性
  • レッスンの進め方はどんな感じか
  • オンラインのスクールは自分に合うのか

CodeCampの無料体験は、40分間だけではありますが、実際にマンツーマンで学習する様子を体験することができます。

DAI
マンツーマン授業の様子を知るためにも、CodeCampの無料体験はぜひ利用してみてください。

無料体験レッスンは朝の7:00から夜の23:00まで対応してくれているので、日中は忙しいという人でも受けられるかと思います。

\ 無料体験で1万円割引!40分間のマンツーマンの体験レッスン/

CodeCamp無料体験はこちら

【自社開発企業でWeb系エンジニアを目指す】おすすめプログラミングスクール

次に、自社開発企業でWeb系エンジニアを目指したい方向けのおすすめプログラミングスクールについてご紹介します。

  • 良質な求人で転職したい
  • 将来に投資できるような実務レベルのプログラミングスキルが身につくスクールに行きたい

という方に特におすすめです。

メリット

自社開発企業でWeb系エンジニアを目指したい方向けのプログラミングスクールに通うメリットは、以下の通りです。

  • 求人の質が高い
  • 身につく技術のレベルが高い
  • 将来的に年収800万円以上になれる可能性が高まる
DAI
何より実践的なプログラミングスキルが身につくので、良質な求人に出会えることも多く、更に将来的にも年収があがる可能性が高まるので、エンジニアとして稼ぎたい方には良いことばかりなスクールだと思います。

デメリット

自社開発企業でWeb系エンジニアを目指したい方向けのプログラミングスクールに通うデメリットは、以下の通りです。

  • 価格が高い
  • 比較的長期間受講して学習する必要がある
DAI
メリットが多い分、価格が高かったり、長期間学習が必要だったりするので、気軽にプログラミングを学びたい方には向いていないかもしれません。

実践レベルまでプログラミングスキルを身につけて良質な求人で転職したい場合

DAI
本当にやる気がある人やもうすでにプログラミングを勉強していて挫折しているレベルの人ならまさにちょうどよいかな~と思います。

その場合におすすめなスクールは、以下のスクールです。

  • ポテパンキャンプ(公式ページ:https://camp.potepan.com/
    自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
  • RUNTEQ(公式ページ:https://runteq.jp/
    30代未経験から本気でWebエンジニアになりたいという人であれば、RUNTEQ以上におすすめのスクールはありません。
  • DIVE INTO CODE(公式ページ:https://diveintocode.jp/
    多数の企業への転職実績あり。webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方必見。

ポテパンキャンプとRUNTEQの比較

DAI
ポテパンキャンプは20代におすすめ、RUNTEQは30代におすすめという違いがあります。

どちらも学べる内容はほとんど同じなのですが、RUNTEQは公式で30代OKと言っています。

基本的に、どのスクールも30代を自社開発企業へ転職させるのは厳しいと判断して、30代OKだとは公言しないんですよね。

30代だと分かった時点で申し込みを拒否するスクールすらあります。

ただRUNTEQだけは30代受け入れOKと公言していて、なおかつ実績もあるので、30代未経験からWeb系エンジニアを目指すなら迷わずRUNTEQがおすすめでしょう。

RUNTEQとDIVE INTO CODEの比較

DAI
大きな違いは料金です。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースは経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座として認定されたため、Webエンジニアコースの場合は最大45万円の給付金が貰えます。

給付金の受容には一定の要件を満たす必要がありますが、給付金を満額貰えた場合の、RUNTEQとDIVE INTO CODEの料金の比較は以下のとおりです。(どちらも税込表示)

  • RUNTEQ→327,800円~
  • DIVE INTO CODE→197,800円
DAI
できるだけ安く通いたいならDIVE INTO CODE、お金に余裕がある人・30代未経験の人の場合はRUNTEQのほうが良いですね。

ポテパンキャンプとDIVE INTO CODEの比較

DAI
主な違いは料金と、扱う求人の内容ですね。
料金 学習期間 紹介先・転職支援の質
ポテパンキャンプ
(Railsキャリアコース)
440,000円 5ヶ月 自社開発求人のみ、転職サポートあり
DIVE INTO CODE
(就職達成プログラム)
647,800円
(給付金満額受容の場合197,800円)
4~10ヶ月 自社開発多数、転職サポートあり

給付金が満額貰えた場合、DIVE INTO CODEのほうが圧倒的に安いのがわかります。

ただ、ポテパンキャンプのほうが求人の質は高いですね。

ポテパンキャンプは「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

紹介してもらえる代表的な転職先企業として、次の企業がピックアップされていました。

  • オウチーノ
  • IBJ
  • Ready for
  • SAKURA internet
  • Jiraffe
  • anydooR
  • BitStar
  • iDoctor

いわゆるSIerやSESなどの企業ではなく、人気の「自社開発企業」ばかりです。

実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

DAI
そのため、求人の質を取るならポテパンキャンプ、安さを取るならDIVE INTO CODEを選ぶと良いと思います。

実務経験重視でおすすめのプログラミングスクール①ポテパンキャンプ

公式サイト:https://camp.potepan.com/

DAI
ポテパンキャンプは、 本気で即戦力レベルのエンジニアになりたい方、自社開発企業に入りたい20代の方におすすめです!
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
学習言語 Ruby, Ruby on Rails,HTML+CSS,JavaScript,SQL,Git,コマンドライン
受講場所 完全オンライン
期間 2~5ヶ月間(8~20週)
現役エンジニア講師
主なサポート ・チャットサポート
・コードレビュー
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
料金 Webアプリケーションコース ¥200,000
Railsキャリアコース  ¥400,000
オススメな人 ・自社開発企業に転職したい方
・超実践型のプログラミングスクールに通いたい方
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

料金でいうと『TechAcademy』や『CodeCamp』のようなスクールよりは高くなりますが、その分実務レベルのスキルが身につき、なおかつ求人の質が良いです。

ポテパンキャンプのいいところは、上げるときりがないのですが、絞ると以下3点です。

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに5社くらいプログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

※インタビューの内容は「【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】」をご覧ください。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。
DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実質無料でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

「ポテパンキャンプいいかも!」と思ったら

ポテパンキャンプのことが気になったら、ぜひ一度ポテパンキャンプの無料カウンセリングを受けてみましょう。

ポテパンキャンプに通うか迷っている方の多くは

  • 本記事で即戦力レベルのスキルを身に着けたい
  • 自社開発企業に入りたい

こういった人だと思います。

しかし実際、「ポテパンキャンプに通ったら上記の夢は実現できるの?」と疑問に思いますよね。

なので、無料カウンセリングの際に、ぶっちゃけどうなのか相談してみるのがおすすめです。

DAI
ちゃんとしたプログラミングスクールは、学習の悩みを相談したらそのために何を学べばいいかを丁寧に教えてくれます。

受講するかはまだ決めてないけどとりあえず相談してみたい!みたいなのでも大丈夫です。

無料体験の申込みは非常に簡単です。

さらに、学生の方であれば受講料20%OFFになる学割もあります。

スクールの受講料は学生にとっては高い買い物になるので、学割があるのは嬉しいですね。

DAI
ポテパンキャンプの課題はかなり難しいですが、本気でエンジニアになりたい、自社開発企業に就職したいという方はぜひ検討してみてください!

\ 本気で即戦力レベルのエンジニアになりたいなら/

ポテパンキャンプ無料カウンセリングに申し込む

実務経験重視でおすすめのプログラミングスクール②RUNTEQ(ランテック)

公式サイト:https://runteq.jp/

DAI
RUNTEQは、30代未経験から本気でWebエンジニアになりたいという人に一番おすすめのスクールです!
【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。
学習言語 Ruby, Ruby on Rails,HTML+CSS,API,Vue.js
受講場所 完全オンライン
期間 3~9ヶ月間(12~36週)
現役エンジニア講師
主なサポート ・現役エンジニアによる学習サポート
・ポートフォリオ制作のサポート
転職支援
料金 Railsエンジニアコース ¥298,000
Railマスターコース  ¥348,000
Webマスターコース ¥398,000
オススメな人 ・スタートアップ企業や自社開発企業に転職したい方
・自分のスキルレベルに合わせてコースを選びたい方
転職紹介 自社開発企業やスタートアップ企業を紹介

RUNTEQは、30代未経験からでも唯一即戦力レベルのエンジニア力を身に付けられるスクール。

DAI
ポテパンキャンプと同じく、即戦力レベルになるスキルを身に着けれるスクールですが、RUNTEQは特に30代の方におすすめです。

30代未経験の人の場合、以下のような課題があります。

  • スクールに入学を断られてしまった、やんわりと断られてしまった
  • 未経験から受け入れてくれる企業がない

こういった現実から、30代未経験からWebエンジニアになる夢を諦めている人が非常に多いんですよね。

ただ、RUNTEQの場合は、転職に特化していて、カリキュラムの内容も非常に難しいので、30代未経験からでも即戦力レベルになれるチャンスがあります。

他のプログラミングスクールだと、Railsエンジニアを目指すにしても、RubyとRuby on Railsの基礎しか学べなかったりするんですよね。

20代のポテンシャル採用であれば、Ruby on Railsができるくらいのレベルでも内定は貰えたりするんですが、30代の即戦力採用となると、Ruby on Railsだけでなく、ReactやVueのようなフレームワークまで使えるレベルが求められます。

つまり、30代未経験の方が普通のスクールに通っても、即戦力レベルにまで到達することは難しいんですよね。

DAI
RUNTEQの場合はReactやVueのような、実際に現場で求められるようなスキルまで学ぶことができるので、30代未経験から即戦力のエンジニアを目指す場合はRUNTEQが一番でしょう!

RUNTEQの注意点

とはいえ、RUNTEQに通ったからと言って、簡単にWebエンジニアになれるというわけではありません。

RUNTEQを受講する場合、まず6カ月もコースを受講しなければいけません。

即戦力のWebエンジニアになるには、1000時間分の学習が必要になるので、時間を作れない人には正直おすすめできません。

ただし、RUNTEQはそれだけ一人の受講者に対して高い水準の教育をしてくれるので、一般的に30代の転職志望者はどんもスクールでもうまくいかないのですが、RUNTEQの場合はWebエンジニアとしての内定数が非常に多いのが特徴です。

DAI
30代未経験で、将来市場価値の高いエンジニアに絶対なりたい!という人には、多少大変でもRUNTEQを受けるのが一番おすすめです!

RUNTEQの特徴

実際に僕も受講してみて感じたRUNTEQの良いところは、以下の2点です。

  • Webエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • 圧倒的に充実した転職&就職サポート

他のプログラミングスクールと比較しても、「現場で必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートも以下の通り他のスクールと比べ物にならないくらい充実しています。

  1. キャリアアドバイザーによるキャリア相談
  2. 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  3. 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  4. 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介してもらえる「若手・未経験エンジニア向けの採用直結カリキュラム」があります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。他のスクールでは正直ここまではやってくれないです。

30代未経験からRUNTEQに通ってRailsエンジニアになられた方もいました。

ということで、RUNTEQの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.6)

「RUNTEQいいかも!」と思ったら

RUNTEQでは、入学するにせよしないにせよ、まずは1対1のキャリア相談会からスタートします。

特に30代未経験の方であれば、「今からでもエンジニアになれるのか」など聞きたいことがたくさんあると思います。

RUNTEQ社長のひさじゅさんも、「ちょっと話聞いてみる的な感覚でOK」と言われているので、キャリア相談も兼ねてぜひ一度、説明会に行ってみるのがおすすめです。

※更新情報(2021年4月)
2021年4月9日〜5月9日までにRUNTEQに入学すると、Amazonギフト券1万円分がもらえるキャンペーンが行われています。
RUNTEQに通って本気でWebエンジニアになりたいと考えている人は、ぜひこのタイミングで申し込みしましょう。

キャリア相談会への申込みは、1分ほどで簡単にできます。

\30代未経験から本気でWebエンジニアに転職したいなら/

RUNTEQキャリア相談会に申し込む

実務経験重視でおすすめのプログラミングスクール③DIVE INTO CODE

公式サイト:https://diveintocode.jp/

DAI
DIVE INTO CODEは、給付金をもらいながらお得にWebエンジニアになりたい人におすすめです!
【DIVE INTO CODE】自分に合ったコースで学習してエンジニア就職・転職を目指すなら
多数の企業への転職実績あり。webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方必見。
学習言語 HTML+CSS,JavaScript,Ruby,Ruby on Rails
受講場所 通学+オンライン
期間 4~10ヶ月間(16~40週)
現役エンジニア講師
主なサポート ・現役エンジニアによる学習サポート
・コードレビュー
・就職サポート
料金 Webエンジニアコース・就職達成プログラム 入学金100,000円+受講料547,800円
Webエンジニアコース・ベーシックプログラム 入学金100,000円+受講料327,800円
機械学習エンジニアコース 入会金20,000円+受講料877,800円
オススメな人 ・未経験からエンジニアに就職・転職したい方
・機械学習を学びたい方
転職紹介 個別求人紹介

DIVE INTO CODEは、本気でWebエンジニアを目指す人向けの「未経験からのエンジニア転職に強い」スクールです。

DAI
エンジニア就職のサポートが手厚く、スクール卒業後の仕事を見据えたサービスになっているのが特徴ですね。

DIVE INTO CODEは、給付金をもらってお得に学習しながらWebエンジニアを目指すことができる、完全オンラインのプログラミングスクールです。

DIVE INTO CODE

  • Webエンジニアコース
  • 機械学習エンジニアコース

この2つのコースは、開講から1年半のサービス提供や就職実績が評価されたので、「専門実績教育訓練給付金」および「教育訓練支援給付金」の対象講座に指定されました。

その結果、一定の要件を満たすと、Webエンジニアコースの場合は最大45万円、機械学習エンジニアコースの場合は最大56万円のキャッシュバックを受けることができます。

受講できるコース

DIVE INTO CODEでは、Railsを中心にWebエンジニアとして働くために必要な知識を学習することができます。

概要 料金
Webエンジニアコース・就職達成プログラム ・Webエンジニアとして就職を目指す実践プログラム
・転職サポート
入学金100,000円+受講料547,800円/4ヶ月 or 10ヶ月
Webエンジニアコース・ベーシックプログラム ・Webアプリケーションの知識を身に付けることを目指すプログラム 入学金100,000円+受講料327,800/6ヶ月
機械学習エンジニアコース 機械学習エンジニアとして就職することをゴールとしたプログラム 入会金20,000円+受講料877,800円/4ヶ月

学習内容としては、Railsが中心になっていますが、Webエンジニアとして実務をこなすために必要な以下の知識も学習します。

学習言語

HTMLやCSS、JavaScriptなど基本的なプログラミング言語の学習から、RubyやフレームワークであるRuby on Railsまで学ぶことができます。

料金や学習環境、転職支援は?

DIVE INTO CODEは、オンラインで受講することができるスクール(機械学習エンジニアコースは通学のみ)です。

引用:DIVE INTO CODE公式サイト

パートタイムの受講スタイルであれば、働きながらでも十分学習を続けられます。

DAI
ただしDIVE INTO CODEのデメリットとして、マンツーマンレッスンではないことが挙げられます。

受講人数は少数ではありますが、講義型の授業でかつ、2人1組のペアでプログラミングをしていくので、絶対にマンツーマンがいいという人には向いていません。

逆に生徒同士の交流はあるので、プログラミングに対する悩みを周りに共有できるという点では良いと思います。

実際にDIVE INTO CODEに通って転職された方の転職先も、ベンチャーの自社開発企業企業が多くあります。

DAI
就職達成プログラムのコースは転職することを見据えたサービスになっているので、転職サポートが特徴です。

ということで、DIVE INTO CODEの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★☆(4.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.0)

「DIVE INTO CODEいいかも!」と思ったら

DIVE INTO CODEいいかもな~と思ったら、無料説明会に参加することがおすすめです。

DAI
特に給付金の受容条件や期間などは変更されている可能性があるので、こちらで詳しく聞いてみるのが良いです。

\最大45万円キャッシュバック!お得にWebエンジニアに転職したいなら/

DIVE INTO CODE無料説明会に申し込む

インフラエンジニア向けおすすめプログラミングスクール

次に、インフラエンジニアになりたい方向けのおすすめプログラミングスクールについてご紹介します。

  • とにかくIT業界で手に職をつけたい

という方に特におすすめです。

メリット

インフラエンジニア向けおすすめプログラミングスクールに通うメリットは、以下の通りです。

  • 求人の質がそこそこ良い
  • 入社難易度が低く、経歴に自信がない人でも転職しやすい
DAI
やはりIT業界で手に職をつけたい方におすすめですね。インフラエンジニアは、入社難易度が低く、経歴に自信がない人でも転職しやすい傾向があるものの、需要がある職種だと言われています。

デメリット

インフラエンジニア向けおすすめプログラミングスクールに通うデメリットは、以下の通りです。

  • 年収は将来的にそこまで上がらない可能性がある
DAI
入社難易度が低い分、やることは将来的にも変わらないので、年収が将来的に上がる可能性は低いかもしれませんね。

とにかくIT業界で手に職をつけたいために転職したい場合

DAI
IT業界で働きたいけど、プログラミングをガッツリ勉強して難易度の高いエンジニアになるよりは、入社難易度の低い職種がいいな~という方にちょうどよいかと思います。

その場合におすすめのプログラミングスクールは、以下のスクールです。

  • RaiseTech(公式ページ:https://raise-tech.net/
    講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。
  • UZUZカレッジ(公式ページ:https://uzuz-college.jp/
    未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる。業界最高の定着率。

こちらが比較表になります。

料金 学習スタイル 学習期間 主に学べること
RaiseTech
AWSフルコース
¥398,000
(学割¥298,000)
完全オンライン 4か月 AWSなど
UZUZカレッジ
CCNAコース
¥165,000 完全オンライン 3か月分 CCNAの試験範囲の学習

転職でおすすめのプログラミングスクール:RaiseTech(レイズテック)

公式サイト:https://raise-tech.net/

DAI
RaiseTechは、インフラエンジニアとして稼げるようになりたい人におすすめです!
【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

RaiseTechは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に他のサービスと異なる点は、以下の2つです。

  • 講師は全員単価80万円以上の、現役エンジニア
  • 現場レベルのスキルが身に付くカリキュラム
学習言語 AWSの基礎から応用まで
受講場所 完全オンライン
期間 4ヵ月間
現役エンジニア講師 〇(月単価80万円以上の現役エンジニア)
主なサポート ・10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)でオンライン質問対応
・Wordpressの副業案件獲得サポート(ポートフォリオの添削など)
料金 通常:¥398,000 学割:¥298,000
おすすめな人 ・しっかりと最初の実務経験を積みたい方
・高単価な現役エンジニアから学びたい方
転職紹介 受講生限定Slack内でのキャリアサポートや仕事の紹介

今まで紹介したのは、ほとんどWeb系のスキルが学べるプログラミングスクールなんですよね。

DAI
スクール卒業後に本気で稼いでいきたい!という方には、他のスクールよりも圧倒的にRaiseTechがおすすめです!

一方で、大規模開発で求められるJavaや、クラウドサービスを利用したインフラ系のサービス(AWS, GCP)は需要が大きいのに、ほとんどのプログラミングスクールでは、そのスキルを学べる機会が少ないというのが現状でした。

RaiseTechには、Javaやインフラ周りのコースがあるため、Javaエンジニアやインフラエンジニアに興味がある方にはぜひおすすめできるスクールとなります。

DAI
こちらのスクールも、実際に取材してみたところ、しっかりと実務経験が得られる会社さんとのコネクションがあるので、転職サポートもかなりしっかりとしている印象です。

一方で、こちらもポテパンキャンプRUNTEQと同じように、本格的に転職したい方ではないと、多分脱落します。

RaiseTechのカリキュラムは、正直かなりレベルが高いです。というのも、本当に即戦力のレベルで必要とされるスキル感を身につけるためのカリキュラムだからです。

実際に、最後まで完走する割合は、50%を切ります。それは、全てを手取り足取り教えてくれるわけではないからです。

DAI
どちらかというと、教材があり、自分で考えるカリキュラムにしているためですね。

なので、RaiseTechは「本気で転職したい!」という方のみ通うことを検討しましょう。

ということで、RaiseTechの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.6)

ということで、RaiseTechを受講して、思ったことですが、転職する方なら、

  • Web系でなくてもよいので、しっかりと最初の実務経験を身に付けたい方
  • ある程度自分で学んでしっかりと進められそうな方

には、おすすめできるプログラミングスクールなのではないかと思います。

「RaiseTechいいかも!」と思ったら

RaiseTechいいかもと思ったら、以下の2つの手順があります。

  • RaiseTechについて詳しく調べる
  • 2週間の無料トライアルに申し込む

RaiseTechについては、以下の記事で詳しく解説しているので、RaiseTechのことをまだあまり知らないという方は、まずはこちらの記事を読んでください。

【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

ある程度RaiseTechについて理解している方は、2週間の無料トライアルに申し込んでみましょう。

RaiseTechでは、受講開始から2週間以内に申し出れば全額返金をしてくれる、というシステムになっています。

そのため、一度はお金を払わないといけないという点は注意です。

\スクール卒業後に本気で稼げるようになりたいなら/

2週間無料トライアルに申し込む

UZUZカレッジ

公式サイト:https://uzuz-college.jp/

DAI
UZUZカレッジは、将来が不安で手に職をつけたいという既卒・第二新卒・フリーターの20代におすすめです!

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

学習言語 CCNA取得に関する内容,java,SQL,HTML,JavaScript
受講場所 完全オンライン
期間 3ヵ月~
現役エンジニア講師
主なサポート ・チャットサポート
・個別メンタリング
料金 165,000円(税込)
おすすめな人 ・インフラエンジニアになりたい方
・手厚いサポートや質の高い求人を受けたい方
転職紹介 求人サポート

UZUZカレッジは、株式会社UZUZが運営している、20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けのプログラミングスクールです。

DAI
特徴としては、職歴やIT業界での経歴がない人でも、IT業界に手に職を付けやすいインフラエンジニア、もしくは業務系エンジニアを短期間で目指すことができるスクールです。

また、運営会社であるuzuzは転職エージェントのウズキャリも運営しており、プログラミング学習だけでなく就業のサポートもしてくれます。

DAI
UZUZカレッジで受講できるコースの一覧は以下の通りです。
料金 学習方法 目指せる職種 就職サポート
CCNAコース 165,000円(税込)
  • eラーニング学習
  • 個別講義(Zoom)
  • チャットサポート
  • 個別メンタリング
インフラエンジニア 無料:求人紹介、面接対策
有料:キャリアトレーニング
プログラミングコース
WordPressコース
165,000円(税込)
  • eラーニング学習
  • 個別講義(Zoom)
  • チャットサポート
  • 個別メンタリング
プログラマー・システムエンジニアエンジニア 無料:求人紹介、面接対策
有料:キャリアトレーニング
Udemyコース 各回3000~7000円程度 独学(Q&Aスペースにて細かな質問・相談が可能) インフラエンジニア
プログラマー
なし

インフラエンジニアになりたい方向け!CCNAコース

CCNAコースでは、未経験者や文系でも、1か月のプログラミング講座を受講してインフラエンジニアを目指すことができます。

このコースの特徴は、インフラエンジニアの登竜門的な専門資格であるCCNAの資格取得を支援してくれることです。

CCNAとは、中小規模のネットワークの構築・管理・運営、ルータや機器を利用した単純なネットワークの導入・設定・トラブルシューティングができる能力を認定するもので、世界共通基準の資格です。

DAI
近年、インフラやネットワーク機器の需要が高まっているため、CCNAの取得は採用時にも優遇されるため、CCNAの取得はインフラエンジニアとして就職・転職するうえでアピールポイントになりますね。

コースの最後には模擬試験があり、この試験に合格すると本試験の受験準備に入るといった流れになります。

DAI
CCNAコースを受講することで、資格取得+就業支援を一貫してサポートを受けることが出来ます。

UZUZカレッジのデメリット

UZUZカレッジは、職歴やIT業界での経験がない人が、IT業界で手に職を付けるために通うという点ではおすすめできます。

ただ、注意点としては、UZUZカレッジを卒業したからといって、コードを書くエンジニアの求人に出会えるとは必ずしも限りません。

UZUZカレッジ卒業後の進路については、SESが中心のようです。

初めからがっつりコードを書くエンジニアになろうと思っていると、就職した際にギャップを感じるかもしれません。

UZUZカレッジのメリット

UZUZカレッジの特徴は、以下の2点です。

  • 完全オンラインで学べる
  • 業界未経験者向けスクール

完全オンラインで学べる

UZUZカレッジの講座は全てオンラインでの受講になります。

基本的には自宅でeラーニング学習を行い、個別講座をZoomで受けるといった形になります。

DAI
就業サポートも電話やメール、Skypeなどを通じて行うので、完全オンラインで利用可能です。

業界未経験向けスクール

UZUZカレッジは、IT業界未経験で30歳以下の人向けのサービスです。

業界未経験から始める人に向けて、最低限のスキルセットを身につけるカリキュラムの他、未経験OKかつ労働環境が悪すぎない・育成してくれる企業を紹介しています。

DAI
また、しっかりとキャリアカウンセリングをしてくれるので、未経験者で業界の事がわからなくても安心できますね。

自己分析や面接対策なども行ってくれるので、就活にブランクがある人にも対応したサービスです。

ということで、UZUZカレッジの評価です。

サポートの質 ★★★★☆(4.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.6)

\1ヶ月でインフラエンジニアを目指すなら!/

無料の個別説明会に申し込む

Web制作がしたい方向けのおすすめプログラミングスクール

次にWeb制作がしたい方向けのおすすめプログラミングスクールについてご紹介します。

  • Webデザイン、マーケティングなど他領域に興味があって、プログラミングを活かしたい
  • とにかく手に職を付けたい
  • 副業で稼ぎたい

という方に特におすすめです。

メリット

Web制作がしたい方向けおすすめプログラミングスクールに通うメリットは、以下の通りです。

  • 求人の質はそこそこ良い
  • 入社難易度が低く、経歴に自信がない人でも転職しやすい
  • 未経験から、フリーランス、もしくは副業で案件を取りやすい
DAI
インフラエンジニアと同様、求人の質はそこそこよく、転職しやすい傾向がありますが、加えて未経験からフリーランスや副業で案件を取りやすい特徴もありますね。学生や社会人など副業を始めてみたい方に向いているんじゃないかなと思います。

デメリット

Web制作がしたい方向けおすすめのプログラミングスクールに通うデメリットは、以下の通りです。

  • 年収は将来的にそこまで上がらない可能性がある
  • 比較的簡単なので、競合が多く、仕事を取るのに苦労する可能性が高い
DAI
やはり、入社難易度が低い分、年収が将来的に上がらない可能性があるのと、副業を始めるにも競合が多く、最初は案件が取りづらいかもしれません。

Web制作がしたい方向けおすすめプログラミングスクール

DAI
未経験からWeb制作をやってみたいという方は特に、プログラミングスクールに通って効率的にスキルを習得するのがいいと思います。

その場合におすすめのプログラミングスクールは、以下のスクールです。

  • TechAcademy:わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。
  • Codecamp:わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!
  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG:Webデザイナーを目指す人におすすめ!
  • デイトラ:未経験でも挫折しない業界最安級のオンラインスクール

比較表はこちらになります。

料金 学習スタイル 学習期間 主に学べること
TechAcademy
Webデザインコース
¥209,000-
(学割¥179,000-
完全オンライン 2か月~4か月 Webデザインスキル
コーディング技術
Codecamp
デザインマスターコース
¥148,000~(+入学金¥30,000円) 完全オンライン 2か月~6か月 Webデザインスキル
コーディング技術
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
Webデザイナー専攻
¥450,000 オンライン+通学 6か月 Webデザインの基礎
コーディング技術
デイトラ
Web制作コース
¥89,800 完全オンライン 1か月半 Webデザインの基礎
コーディング技術

Web制作におすすめのプログラミングスクール:TechAcademy

公式サイト:https://techacademy.jp/

DAI
TechAcademyは、お手頃価格かつ短期集中でWeb制作スキルを身に着けたい方におすすめです!
【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!
学習言語 HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github, PHP
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥149,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方にはおすすめです

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

副業でWeb制作をやってみたい!という方には、以下の2つの理由で特におすすめです。

  1. 完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

  2. WordPressに特化したコースがある

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

現役エンジニアのパーソナルメンターがつくことで、以下のことができるようになります

  1. 挫折する可能性がぐっと下がる
  2. 自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

①挫折可能性がぐっと下がる

まず、プログラミングを学ぶほとんどの人が、モチベーションが続かず最初につまづいて辞めてしまう傾向にあります。

パーソナルメンターがいれば、最初の一番きつい学習期間を一緒に乗り越えられるので、学習が継続します。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、オンラインでも挫折しにくい仕組みになっているので、初心者の方でも安心ですね!

②自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

Web制作の現場は、常に自分で調べながら学び続けなければいけませんが、なかなか自分自身の力でエラーを解決するのは難しいですよね。

マンツーマンのメンターがいると、プログラミングの課題をどうやって解決すればいいか、「学習方法」を学ぶことができます。

  • 週に2回の面談
  • リアルタイムでのチャット質問

ができるので、受講者の方も非常に学習が進めやすかったそうです。(インタビュー記事より

mottyさん
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。

②Wordpressに特化したコースがある

そんなWordpressに特化したコースがTechAcademyにはあります。

料金は一番短いプランであれば15万円ほどなので、かなり安いです。

企画からこのコースを受講することで5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるようになっています。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

※更新情報 2020年5月 TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。 Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,00円〜60,000円もお得になるようです。

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

Web制作におすすめのプログラミングスクール:CodeCamp

公式サイト:https://codecamp.jp/

DAI
CodeCampは、メンターからサポートを受けながら丁寧にWeb制作を学びたい方におすすめです!
学習言語 illustrator,Photoshop,HTML+CSS,JavaScript,jQuery,Bootstrap
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~
主なサポート ・講師が選べるマンツーマンレッスン
・チャットサポート
・キャリア支援
料金 デザインマスターコース
¥148,000+¥30,000(入学金)
おすすめな人 ・自分に合う講師のもとでマンツーマンレッスンを受けたい方
・朝早くから夜遅くまで、時間を気にせず質問したい方

CodeCampは、オンライン完結型プログラミングスクールです。

パソコン一台あれば通学の必要がなく、プログラミング初心者でも効率的にWebデザインやプログラミングを学習できます。

    CodeCampの概要

    • 受講者数:20,000人以上
    • 導入企業数:300社以上
    • 導入企業例:LINE株式会社、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社、株式会社インタースペース、株式会社レコチョクなど
    • レッスン満足度:94.6%
    • 在籍講師数:200人以上
    • 受講可能時間帯:7:00〜23:40 年中無休
    • レッスン時間:40分/1レッスン
    • レッスン形態:マンツーマン・オリジナルカリキュラム
    DAI
    仕事や学校と両立しながら自分のペースで学習できるのが、CodeCampの魅力ですね。

    未経験から始めて、エンジニアとして就職したり副業で稼いだり、実用的なスキルを身に付けることが可能です。

    Webデザインを学びたい初心者向けの「デザインマスターコース」では、以下の必要なスキルを網羅的に学習できます。

    • HTML
    • CSS
    • JavaScript
    • jQuery
    • Photoshop
    • Illustrator
    • Boostrap
    • Webデザイン

    価格

    デザインマスターコースだと、2ヶ月で148,000から受講できます。

    DAI
    Webデザイン系のスクールの中では、かなりお手軽な価格で受講できますね!

    実際の体験談

    実際に僕がCodeCampでプログラミングを学んだときの体験記事があるので、合わせてチェックしてみてください。

    DAI
    CodeCampのカリキュラムや学習スタイル、最終的に提出した成果物などについて細かく書き留めてあります。
    【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

    実際にやってみてよかったのが、メンターをこちら側から選べる点ですね。

    例えば、女性の場合、在宅勤務でフリーランスをされている方を選んでキャリアの相談をしたり、案件の取り方について相談できたりします。

    DAI
    実際にサービスを体験できる、無料体験に申し込むと、カリキュラムの一部が解放されるので、気になった人はまず無料で試してみるのがおすすめです!

    CodeCampで無料カウンセリングを受けてみる

    ということで、Codecampの評価です。

    サポートの質 ★★★★★(5.0)
    講師の質 ★★★★☆(4.0)
    カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
    転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
    価格の安さ ★★★★★(5.0)
    総合点 ★★★★☆(3.8)
    【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!

    Web制作におすすめのプログラミングスクール:デジタルハリウッド STUDIO by LIG

    公式ページ:https://liginc.co.jp/studioueno/

    DAI
    『デジタルハリウッドSTUDIO by LIG』は、Web制作会社の大手・LIGが運営するスクール。Web制作のリアルが分かる環境で学習したい方におすすめです!
    学習言語 Illustrator,Phoshop,HTML+CSS,JavaScript
    受講場所 オンライン+通学
    期間 6か月
    主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
    ・週2回のマンツーマンメンタリング
    ・回数無制限の課題レビュー
    料金 Webデザイナー専攻
    ¥450,000 (税抜き)
    おすすめな人 ・オンラインだけでなく、教室でも指導を受けたい方
    ・6か月かけてしっかりWebデザインについて学びたい方

    デジタルハリウッドSTUDIO by LIGとは、Web制作会社LIGが運営するWebクリエイタースクールです。

    特にGoodなポイントは、以下の3点です。

    • Web制作会社LIGが運営しているので、Web制作のリアルがわかる環境を提供している
    • Webクリエイターを多数輩出してきた『デジタルハリウッド大学』が作成しているコンテンツを利用
    • 『デジハリxLIG』だからこそできる、とにかく就職、転職、独立に強い仕組み

    デジタルハリウッドSTUDIO by LIGで受講できるコース・料金

    受講できるコースは、以下になります。(2021/03時点)

    • Webデザイナー専攻
    • Webプログラミング専攻
    • ネット動画ディレクター専攻

    受講できるコースの期間と料金一覧

    期間 受講料金
    Webデザイナー専攻 6か月 ¥450,000 (税抜き)
    Webプログラミング専攻 6か月 ¥450,000 (税抜き)
    ネット動画ディレクター専攻 3か月 ¥300,000 (税抜き)

    Webクリエイターを多数輩出してきた『デジタルハリウッド大学』が作成しているコンテンツを利用

    Webクリエイターを育成するデジタルハリウッド大学のコンテンツを利用できます。

    DAI
    何十年もコンテンツ改善を繰り返したコンテンツで学習を行うことができるというのが大きな特徴です。

    9万人のWebクリエイターを多数企業に輩出してきたデジタルハリウッド大学が提供しているコンテンツのため、実務に近いコンテンツを提供できている点が、他のプログラミングスクールと大きく異なります。

    ただし注意が必要なのが、サーバーサイドエンジニアになるためにこのスクールに通うのはオススメしません。

    こちらはWebデザインや動画制作などのクリエイターよりのスクールとなっています。

    デジタルハリウッド公式ページを見る

    デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの魅力として、主に以下の2点があげられます。

    • LIGの現役クリエイターによる生授業を受けられる
    • 併設のコワーキングスペース「いいオフィス」を無料で使える

    LIGの現役クリエイターによる生授業を受けられる

    1つ目のデジハリの魅力としては、LIGの現役クリエイターの特別講座も受けれるということ。

    普通のオンラインプログラミングスクールでは、運営元がWeb制作会社ではないので、なかなか現場をみることができません。

    しかし、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGでは、LIG社員や現役フリーランスの人からしっかりと教えてもらうことが可能です。

    Web制作と言っても、ただWebページをデザインできてコーディングできれば良い訳ではありません。

    DAI
    顧客折衝能力や、要件定義力などを身につける必要がありますが、そのような業務知識は現場で働いている人に聞いてはじめてわかります。
    • LIG自体がWeb制作の会社なので、実際に現場で働いている人からの知見を得られやすい

    授業内容は、Web業界はもちろん、Webデザイナーとして働いていく上で必要なスキルが身につくオリジナルなものです。

    Ex. ディレクター講座.UX講座 など

    月に1回LIVE授業が行われており、基礎から応用スキルまでをワークショップを交えながら学ぶことができます。

    DAI
    業務知識や業界知識について教えてくれる環境が、何よりも強みになります。

    併設のコワーキングスペース「いいオフィス」を無料で使える

    2つ目のデジハリの魅力としては、コワーキングスペース「いいオフィス (上野・池袋)」を無料で使えること。

    「いいオフィス」では、フリードリンクやWi-Fi完備でくつろぎながら作業することができる。また、「いいオフィス上野」には、キッチンスペースがあり、自由に料理をすることも可能。

    また、「いいオフィス」の利用者は、スタートアップの社員やフリーランスの方々がいます。

    そんな利用者さん同士と交流を通じて、新しい仕事の幅が広がることもあり得ます。

    DAI
    コワーキングスペースが無料で使えるのはかなり便利ですよね。
    サポートの質 ★★★★★(5.0)
    講師の質 ★★★★☆(4.0)
    カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
    転職支援の質 ★★★★☆(4.0)
    価格の安さ ★★★★☆(4.0)
    総合点 ★★★★☆(4.4)
    デジタルハリウッド公式ページを見る

    Web制作におすすめのプログラミングスクール:デイトラ

    公式サイト:https://www.daily-trial.com/

    DAI
    デイトラは、安い値段でWeb制作のスキルを身につけたい方におすすめのスクールです!
    学習言語 HTML+CSS,JavaScript,PHP,WordPress
    受講場所 完全オンライン
    期間 90日
    主なサポート ・質問サポート
    ・メンターによる1年間の学習サポート
    料金 Web制作コース
    ¥89,800(税込)
    おすすめな人 ・安い値段でWeb制作のスキルを身につけたい方

    デイトラは、未経験でも挫折しない業界最安級のオンラインスクールです。

    デイトラの特徴としては、以下の通りです。

    • 1日1題の分かりやすいステップで学習を続けることが出来る
    • 業界最安級でありながら、メンターの学習支援を受けることが出来る
    DAI
    デイトラは、圧倒的にコスパの良いスクールなので、プログラミングを学んでみたいけど高いスクールはちょっと…という方におすすめですね。

    開講されているコースとしては、以下の通りです。

    • WEB制作コース
    • Ruby/Railsコース
    • Webデザインコース
    • ShopifyEC構築コース
    • 動画制作コース
    • Pythonコース
    • 広告運用コース
    DAI
    気になるコースのある方は、ぜひチェックしてみてください!

    ということで、デイトラの評価です。

    サポートの質 ★★★★☆(4.0)
    講師の質 ★★★★☆(4.0)
    カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
    転職支援の質 ★★★★★(5.0)
    価格の安さ ★★★★★(5.0)
    総合点 ★★★★☆(4.6)
    【デイトラ】
    未経験でも挫折しない業界最安級のオンラインスクール

    AI・機械学習を学びたい人向けのプログラミングスクール

    さてさて、今までは前提としてエンジニアになるためにプログラミングスクールを検討している方向けに解説しましたが、AIや機械学習を学びたい人もいると思うので、AI・機械学習におすすめのプログラミングスクールについてご紹介します。

    • AIや機械学習に興味がある!

    こういった人におすすめです。

    メリット

    AI・機械学習を学びたい人におすすめのプログラミングスクールに通うメリットは、以下の通りです。

    • 年収の高いAIエンジニアになれる可能性がある
    • 給付金(専門実践教育訓練給付金)を貰える

    AIに関するスキルを身につけるスクールを受講した場合、受講料の50%~70%が支給されるようになっています。(上限は40万円~56万円)

    DAI
    今回ご紹介する『Aidemy』も『キカガク』も、どちらも給付金の貰える対象です。

    詳細は各スクールの公式ホームページにて確認してください。

    デメリット

    AI・機械学習を学びたい人におすすめのプログラミングスクールに通うデメリットは、以下の通りです。

    • 専門性の高い職種なので、AIエンジニアになるのは相当ハードルが高い
    • 手に職はつけにくい
    • 副業で稼げるようなスキルではない
    DAI
    未経験からプログラミングを学んで、副業で稼げるようなスキルを身に着けたい!という方であれば、AI・機械学習ではなく、Web制作を学ぶのがおすすめかもしれません。

    AI・機械学習を学びたい人におすすめのプログラミングスクール

    DAI
    AIエンジニアを目指す方であれば、前提として、サーバーサイドの知識や経験は必要です。AIエンジニアになるなら、サーバーサイドに加えて、そこからさらにAIを学ぶのがおすすめです。

    その場合におすすめのプログラミングスクールは、以下のスクールです。

    • Aidemy(公式ページ:https://aidemy.net/
      現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。
    • キカガク(公式ページ:https://www.kikagaku.ai/
      日本マイクロソフト株式会社との共同開発講座を受講可能。経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座受けるならキカガク!

    Aidemyとキカガクの違いは?

    大きな違いは「料金」「チーム学習」「講師」ですね。

    それぞれ比較してみましょう。

    料金 チーム学習 講師
    Aidemy 480,000円(給付金で144,000円) なし ・現役データサイエンティスト
    ・現役AIエンジニア
    ・最先端の機械学習(音声認識、画像処理等)を研究している有名国立大学の院生
    キカガク 720,000円(給付金で216,000円) あり ・現役AIエンジニア

    料金に関しては、Aidemyの方が安いですね。

    ただしキカガクには、Aidemyにはない、以下のようなメリットがあります。

    • チーム学習ができるため、メンバーで協力し合いながら学習を進めることができる
    • 無料体験を申し込むだけで、Udemy上で高い評価を得たコースを実際に体験することができる

    なので、安さを取るならAidemy、そうでない方はキカガクがおすすめですね。

    AI・機械学習を学びたい人向けのプログラミングスクール:Aidemy

    公式ページ:https://aidemy.net/

    DAI
    Aidemyは、お手頃価格かつ短期集中でAI・機械学習を学びたい方におすすめです!
    学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github,Bootstrap,SQL,Heroku
    受講場所 完全オンライン
    期間 8週間~
    現役エンジニア講師
    主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
    ・週2回のマンツーマンメンタリング
    ・回数無制限の課題レビュー
    料金 Webアプリケーションコース
    ¥209,000~ (学割¥179,000~)
    おすすめな人 ・安い値段でプログラミングスクールに通いたい方
    ・短期間でプログラミングスキルを身につけたい方
    ・現役エンジニアから学びたい方
    全額返金保証 なし
    転職紹介 受講生限定のスカウトサイト

    Aidemyは、東大発の完全にAIに特化したプログラミングスクールです。

    東証一部上場企業のAI研修なども行っている、日本最大級のAI教育サービスを提供しています。

    AIを本格的に学べるプログラミングスクールの中では最もハイレベルでしっかりしたスクールです。

    そのAidemyがAIエンジニアを育成するために提供しているのが、Aidemyのプログラミングスクールのサービスです。

    Aidemyが提供しているAI系のコースには以下のようなものなどがあります。

    • データ分析コース
    • 自然言語処理コース
    • AIアプリ開発コース
    • LINE チャットボット開発コース
    • AIマーケティングコース

    Aidemyを受講するなら、以下のような希望の方にオススメです。

    • ある程度Web系のプログラミングを学んでいる
    • AIについて本格的に仕事にしたいと思っている

    実際に、AidemyはRettyのデータを分析した結果を成果として出すと、Rettyで一次面接突破できるという就職先紹介制度があり、それだけ実務でも通用する能力があることを信頼されているサービスです。

    Aidemyでは無料カウンセリングをやっているみたいなので、ぜひ受けてみるのがよいかと思います。

    ということで、Aidemyの評価です。

    サポートの質 ★★★★☆(4.0)
    講師の質 ★★★★☆(4.0)
    カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
    転職支援の質 ★★★★★(5.0)
    価格の安さ ★★★★★(5.0)
    総合点 ★★★★☆(4.6)

    【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
    現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

    AI・機械学習を学びたい人向けのプログラミングスクール:キカガク

    キカガク公式:https://www.kikagaku.ai/

    学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github,Bootstrap,SQL,Heroku
    受講場所 完全オンライン
    期間 8週間~
    現役エンジニア講師
    主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
    ・週2回のマンツーマンメンタリング
    ・回数無制限の課題レビュー
    料金 Webアプリケーションコース
    ¥209,000~ (学割¥179,000~)
    おすすめな人 ・安い値段でプログラミングスクールに通いたい方
    ・短期間でプログラミングスキルを身につけたい方
    ・現役エンジニアから学びたい方
    全額返金保証 なし
    転職紹介 受講生限定のスカウトサイト

    キカガクは、給付金をもらってお得に学習しながらAI人材を目指すことができる、完全オンラインのプログラミングスクールです。

    DAI
    特に、経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座などを受講できるため、キャリアアップを目指す方は必見ですね。

    コースの特徴

    オンライン動画学習サービス、Udemyでも絶賛された高品質の学習コンテンツ

    キカガクの講座は、Udemyでも高い評価を得ており、1つのコースで35,000人以上が受講している講座もあります。

    実際、受講した方の生の声を見てみても、非常にポジティブなものばかりでした。(受講された方のレビューはこちらから)

    DAI
    キカガクは大手企業の研修だけでなく、個人向けの講座でも高い評価を得ているのが分かりますね。

    ※また、キカガクは一度スクールに申し込むと、全ての講座を無期限で受講することができるのでかなりお得です。

    実際の講座を受講前に体験することができる

    キカガクでは、無料体験を申し込むだけでUdemy上で高い評価を得たコースを実際に体験することができます。

    受講できるコースは以下の2つで、合計20時間分の学習動画無料になります。

    • Python&機械学習入門
    • 脱ブラックボックスコース
    DAI
    特に、脱ブラックボックスのコースはセールなしだと15,000円もするコースなので、まずは無料で機械学習や人口知能について学んでみたい!という方にもおすすめですね。

    そのため、キカガクを受講するなら以下のような方がおすすめです。

    • まずは、スクールに行く前にAIや機械学習についてもっと詳しく知りたい
    • 将来的に仕事でデータサイエンスなどに関われるようになりたい
    • お得に資格取得をして、社内で更に活躍したい

    ということで、キカガクの評価です。

    サポートの質 ★★★★☆(4.0)
    講師の質 ★★★★☆(4.0)
    カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
    転職支援の質 ★★★★★(5.0)
    価格の安さ ★★★★★(5.0)
    総合点 ★★★★☆(4.6)

    キカガクの講座の無料体験は、3分ほどですぐに学習を始めることができます

    DAI
    スクールに行くほどではないけどAIや機械学習に興味があるという方は、気軽に試してみるのがおすすめです。
    【キカガク】最大70%OFF!給付金をもらってAI人材を目指すなら!
    日本マイクロソフト株式会社との共同開発講座を受講可能。経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座受けるならキカガク!

    【超重要】プログラミングスクールに行く目的を明確にしよう!

    ここまで、目的別におすすめのプログラミングスクールをご紹介してきましたが、プログラミングスクールをより有効活用するために、スクールに通う前にスクールに行く目的が明確になっていると尚よいです。

    DAI
    スクールに通う目的として主に以下の2点があるのではないでしょうか。
    1. ポートフォリオを作るため
    2. 良質な求人を得るため【ここが落とし穴です】
    DAI
    ここから詳しく解説していきますね。

    ①ポートフォリオを作るため

    基本的には、未経験からエンジニアとして転職する場合は、ポートフォリオってものが必要になります。

    ポートフォリオというのは、「自分自身でこういうオリジナルアプリを作りましたよ!」とネットで公開したアプリです。

    これを作らないと、ちゃんとした会社からは採用で相手にされません。

    ポートフォリオなしで面接いくと、面接こんな感じになります(体験談)

    DAI
    プログラミングに熱意はあります!毎日働きます!働かせてください!
    男性A
    あるなら、普段自分でアプリ開発とかしてるよね?なんか持ってないん?ポートフォリオとか
    DAI
    ないです(完)

    はい、実話です。ポートフォリオ大事….

    で、このポートフォリオなんですが、独学で完璧に作ろうとするとめちゃくちゃ難しい。だいたい挫折しちゃうんですよね。

    なので、ポートフォリオを一人で作りきるのは相当難しいので、「ポートフォリオ」を作りに行くためにプログラミングスクールに行く感じですね。

    DAI
    ポートフォリオの作り方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ一読してみてください。
    エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

    ②良質な求人を得るため!【ここが落とし穴です】

    スクールによっては、そのスクールじゃないとなかなか紹介してもらえないような、良質な求人があります。

    良質な求人とは、ちゃんと説明すると、以下のような求人ですね。

    • ちゃんと転職後にコードを書かせてもらえる求人
    • その後のキャリアでプラスに響くような業務経験が得られるような求人

    他の転職エージェントや、転職サイトが扱っていないような求人を持っていることもあります。

    DAI
    ただし注意!本当に良質な求人を持っているスクールは数少ないです!

    ただ、これがプログラミングスクールの闇 of 闇なんですが、

    なんとほとんどのスクールは、良質なエンジニアの求人を持っていないんですよ!

    実際、スクールに行かなくても普通に転職できてしまうような求人ばかりです。

    一般的なプログラミングスクールが扱っている求人は、SESと呼ばれる、派遣型のエンジニアの形態でその中でも、

    • エンジニアとしての実務経験が非常につみにくい
    • 就職後も年収がほとんど上がらない

    というような求人になることがほとんどです。

     

    SESを否定しているわけではありません。

    世の中には実務経験が積めるSESならたくさんあります。

    ただ、なかなかそういう良質なSES求人をスクールが持っているわけではないんですよね。

    求人目当てでいくのであれば、SESならしっかりと実務経験が積める企業とのパイプがある以下のスクールがおすすめですね。

    • RaiseTech:講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

    また、比較的市場価値が高くなりやすいような経験が積めるのは自社開発です。

    自社開発企業は、入社ハードルかなり高いけど、転職してしまえばかなりスキル的には高くなります。

    DAI
    自社開発なら、以下のスクールを利用するのがいいと個人的には思いますね。
    • ポテパンキャンプ:自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
    • RUNTEQ(ランテック):スタートアップ転職に強く、30代からの転職支援も強いサポートがあります。

    未経験から、フリーランスとして独立・副業出来るエンジニアになるには何を学ぶべき?

    男性A
    未経験から、フリーランスとして独立・副業出来るエンジニアになるには何を学ぶべき?
    DAI
    そうですね…未経験から独立する場合って以下の2パターンがあると思っていて、それぞれの場合別に解説していきますね。
    • 未経験から就職を挟まずに、独立する場合
    • 未経験から就職し、実務経験を得て独立する場合

    未経験から就職を挟まずに、独立する場合

    未経験から就職を挟まずに独立する場合は、以下の点について注意しておくべきですね。

    • Web制作なら、未経験から可能!
    • ただし、1案件5-10万、x 3個/月でマックス30万くらいが目安、あんまり儲からない
    • 割と簡単なので、競合も多く、案件獲得に営業能力がないと厳しい
    • 未経験からだと、コネもないので、いきなりフリーランスはおすすめしない
    DAI
    まず、僕自身未経験から独学で副業、独立はめちゃくちゃ難しいと思っている派です。

    まず1つ目は、ポートフォリオを独学で作りきるのが大変なんです。

    たとえば、企業のホームページを作りたいとしますよね。

    DAI
    これって結構難しいんですよ。そもそも企業が何を求めているのかもよく分かっていない段階で、ページ作らなければいけないので。

    それに、どのレベルの品質まで上げなければいけないかも、正直よくわからないんですよね。

    そしてもう1つが、まず未経験から最初の1案件を取るのが相当難しいんですよね。

    何の実績もない状態から、最初の1案件を取るのがとても大変です。

    昔僕もクラウドソーシングで仕事取るとき、かなり苦労しました。

    DAI
    なので、僕個人としては、スクールにいってメンターにどんどん質問して進めたほうがいいかな~と思っています。

    未経験から就職し、実務経験を得て独立する場合

    未経験から就職し、実務経験を得て独立する場合は、以下の点について知っておきましょう。

    • Web系エンジニアから独立する場合、フリーランスでWeb系の案件に参加する
    • 月単価50-100万くらいが相場
    • いいエンジニアの供給は少なく、給与は上がりやすい
    DAI
    やはり、未経験の場合は、一度就職して実務経験を得てから独立した方が圧倒的に上手くいきやすいと思いますね。

    無料のプログラミングスクールはある?

    DAI
    結論から言うと、無料のプログラミングスクールもあります。

    ただし、個人的には、あまり無料のプログラミングスクールはお勧めしません。

    無料スクールはやめておくべき

    無料のプログラミングスクールをやめておくべきポイントとしては、以下の通りです。

    • 自社の求人への転職が条件になっている
    • そういう企業の求人は、総じて質が低い(実務経験もつみにくく、給与もあがりにくい)
    DAI
    無料スクールがなぜ無料かというと、人材紹介で成り立っているからです。

    無料プログラミングスクールのデメリットは、以下3点です。

    1. スクールの紹介する案件ではないと転職できないため、自分に合った会社の幅が減る
    2. スクール以外の求人を応募すると、違約金を取られることが多い
    3. スクールの紹介する案件の質が低い
    DAI
    一般的に、無料スクールで紹介されるのは、コードを書くことがないような仕事のことがほとんどです。

    しかも、無料プログラミングスクールが紹介した企業ではないと、違約金がかかることがほとんどです。

    ですので、本当にちゃんとコードを書くエンジニアとして転職したいなら、無料のスクールは辞めておくべきです。

    大学生におすすめするプログラミングスクール

    次に、大学生向けのおすすめプログラミングスクールです。

    大学生でスクールに通う目的としては、おそらく

    1. インターンなどで選考を突破できる並みの技術力をつけてエンジニアの仕事をするため
    2. 比較的安価で受講できる(学割があるスクールもある)

    となるでしょう。

    その目的を踏まえて、大学生におすすめするプログラミングスクールは、以下の通りです。

    • TechAcademy:わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
    • Codecamp:わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
    • RUNTEQ:スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。
    • RaiseTech:実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

    大学生におすすめするプログラミングスクール:TechAcademy

    公式:https://techacademy.jp/
    レビュー記事:【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

    【TechAcademy】価格重視で通いたいなら!
    わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

    TechacademyのWebアプリケーションコースは、RubyでゼロからWebアプリを開発することができるコースです。

    スクール名 TechAcademy
    コース名 Webアプリケーションコース
    料金 学割:179,000円
    期間 8週間~
     
    公式 https://techacademy.jp/rails-bootcamp

    TechAcademyには学割があり、社会人と比較すると最大7万円安くなります。

    価格感も、

    • 8週間プラン:179,000円
    • 12週間プラン:209,000円

    となっていて、かなりお安く受講することができます。

    また、

    • 分割払い…学生の方は月々約6,209円〜
    • 試しに授業が受けられる無料体験キャンペーンあり

    などといったさらにお得なキャンペーンもあります。

    入学金がTechacademyには存在しないので、本当に安くプログラミングスクールに通いたい方にはオススメです。(ほとんどのプログラミングスクールには入学金が存在します)

    また「179,000円でも厳しい」&「本当にプログラミングが初めて」という方には149,000円の「はじめてのプログラミングコース」が良いと思います。

    30秒ほどで無料体験に申し込むと、

    • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
    • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
    • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

    という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

    \ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

    無料体験はこちら

    大学生におすすめするプログラミングスクール:CodeCamp

    Code Camp公式:https://codecamp.jp
    レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

    【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

    CodeCampの「Rubyマスターコース」はRubyでのWebサービス開発に挑戦できるコースです。

    学習言語 Ruby,  Ruby on Rails, HTML5/CSS3, JavaScript, jQuery,
    受講場所 完全オンライン
    期間 8週間~24週間
    講師 現役エンジニア
    主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
    ・指名制の面談
    ・オリジナルアプリの開発支援
    料金 Webマスターコース
    ¥148,000 / 2ヶ月プラン
    ¥248,000 / 4ヶ月プラン
    ¥298,000 / 6ヶ月プラン
    全額返金保証 なし
    転職紹介 なし
    • 8週間プラン:148,000円(+入学金30,000円)〜

    価格感は、以上で挙げた通りで比較的お安く受けることができます。

    他にも、などといったさらにお得な特典もあります。

    • 友達紹介で10,000円分のAmazonギフト券プレゼント
    • 分割払い可能《3〜36回払い》
    • 試しに授業が受けられる無料体験レッスンあり
    • 疑問点などを詳しく質問できる無料カウンセリングあり

    最後にCodeCampのメリットとデメリットは以下の通りです。

    メリット

    • マンツーマンのビデオ授業なので、プロの講師の方が丁寧に受講者のペースに合わせて教えてくれる
    • 厳正な選考を通過した現役エンジニアの人しか講師として雇っていないので、講師の方たちのレベルがとても高い

    デメリット

    • TechAcademyと比べてしまうと、1ヶ月プランがなかったり入学金があったりして少し料金が高くなってしまう

    受講をオススメする人

    • 丁寧にマンツーマンで教えて欲しい人

    ということで評価は以下のようになります。

    サポートの質 ★★★★★(5.0)
    講師の質 ★★★★☆(4.0)
    カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
    転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
    価格の安さ ★★★★★(5.0)
    総合点 ★★★★☆(3.8)
    DAI
    無料体験キャンペーン&無料カウンセリングもやっているので、興味のある方はぜひ申し込んでみましょう!

    Code Camp公式:https://codecamp.jp
    レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

    【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

    大学生におすすめするプログラミングスクール:RUNTEQ


    【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
    スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

    RUNTEQはスタートアップ特化のWebエンジニア養成スクールです。

    「スタートアップで仕事をしたい!or自分でスタートアップを立ち上げたい!」という目標が明確な人におすすめです!

    • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
    • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
    • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

    他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要となる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

    DAI
    運営元のスタートアップテクノロジーさん自体がシステム開発をなさっているので、現場に合わせたカリキュラムになっているのは魅力的ですね。

    RUNTEQのカリキュラムでは、プログラミングの知識だけではなく会社を経営していく上でも役立つ知識も学習することができます。

    DAI
    エンジニアとのコミュニケーションが取れるようになるのはもちろんのこと、自分でサービスを作る経験ができるスクールはあまりありません。

    「そもそもこれからサービスを作っていきたいけど何から学習したらいいか分からない…」という方でも大丈夫です。

    無料カウンセリングもあるようなので、間違った学習方法やスクール選びをする前に一度相談してみましょう。

    【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
    スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

    大学生におすすめするプログラミングスクール:RaiseTech

    【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
    実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

    RaiseTechは、現場で使える最新技術を落とし込んだカリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。

    DAI
    JavaやAWSのコースもありますが、副業に特化したWordPress副業コースがあります!

    案件獲得までがっつりサポート!RaiseTech WordPress副業コース

    実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechだけです。

    RaiseTech副業コースの特徴としては、以下3点があります。

    • 現場でフロントエンジニアをしている、月単価80万以上の講師のみ採用している
    • 実際にフリーランスで働いている人から、案件の取り方をしっかりとレクチャーしてもらえる
    • 現場で使われる技術を、プロから学べる

    RaiseTechは、プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめです。

    DAI
    RaiseTechの場合は、かなり現場レベルのコースが学べます。

    カリキュラムは以下の通りです。

    他のスクールがカバーしない範囲の、より実務的なスキルを学ぶことができます。

    DAI
    値段はほかのスクールと比較すると値が張りますが、案件獲得から納品まで、がっつりと学びたいならRaiseTechがオススメです。
    料金 ¥298,000 / 4カ月
    ¥198,000 / 4カ月 (学割)
    学習内容 Webデザイン,WordPressテーマ開発, 案件獲得の営業など
    講師の充実度 月単価80万以上の現役エンジニアのみ採用
    公式 https://raise-tech.net/courses/wordpress-sidejob-course

    RaiseTechにはトライアル受講制度というものがあって、なんと受講をはじめて2週間以内であれば全額返金されます。

    DAI
    なので、受講しようか迷っている方は実際に2週間受けてみてから判断すると良いと思います。

    RaiseTech 公式:https://raise-tech.net

    【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
    実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

    Webアプリ開発系のコースに関しては、Techacademy, CodecampでRuby on Railsが学べるコースを受講するのがおすすめです。

    DAI
    学割もあり、また未経験からインターンに合格するレベルのプログラミングを学ぶことはできます。
    【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
    わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
    【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

    Web制作系のコースも同様に、TechAcademy、Codecampを受講するのがおすすめです。

    社会人と同じコースが割引になっているので、両方とも確認してみてください!

    DAI
    大学生におすすめのプログラミングスクールは下の記事で詳しく解説したので、ぜひご覧ください。
    【2021年最新】大学生向け、安いプログラミングスクール4選

    プログラミングスクールに関するよくある質問

    よく、プログラミングスクールに通うか迷われている方から質問を受けるので、回答しますね。

    Q1. プログラミングスクールに行くべきでしょうか?

    そもそもプログラミングスクールに行くべきかという点ですが、こちらは明確に答えを出しておきます。

    • プログラミング学習の土台を早くつけておきたいならスクールに行くべし
    • ただし転職にそこまで期待してスクールに行くべきではない

    という点です。

    これは元プログラミングスクール運営者として断言しますが、転職できる!といって煽っても渡される求人がエンジニアではないことがあるので注意が必要です

    プログラミングスクールの求人のほとんどは、市場価値が上がる実務経験をつけられないような求人ばかりで、あまり意味がありません。

    DAI
    なので、早くオリジナルアプリを作りたい!という方にはプログラミングスクールは向いていると思います。

    Q2. 「プログラミングスクールに行って、副業として稼げるようになりますか?

    結論から言うと、エンジニアの職種によっては5~10万円くらいの案件なら可能です。

    また、エンジニアになるためには、以下の3点があればエンジニアになれるわけですね。

    1. 顧客の課題を解決するプログラミングスキル
    2. 顧客を見つけ出して案件を受注するスキル
    3. 案件を受注するための実績/職歴
    DAI
    これらがあると、未経験からでも月30万くらいは目指せます。

    ①に関しては、プログラミングスクールで学んだあとに、就職したり、独立して自力で営業することで可能です。

    DAI
    サーバーサイドエンジニア, いわゆる、Ruby , Ruby on Railsなどを利用したスタートアップ向きのエンジニアは、一度業務経験を挟まないと厳しいです。

    Q3. 「エンジニアを仕事にする場合、年収はどれくらいになりますか?」

    DAI
    これも職種・経験によりけりです。
    1. いきなり未経験から、フリーランスでWeb制作のエンジニアになる
    2. 一度会社に就職して、実務経験をしっかり詰んでからサーバーサイドエンジニアになる

    ①のパターンですと、いきなり未経験から、Web制作のエンジニアになる場合、うまくいけば見込める月収30万くらいかと思います。

    一方で、一度会社に就職して、実務経験をしっかり詰んでからサーバーサイドエンジニアになる場合、月収100万くらいまではいけると思います。

    DAI
    もちろん個人差はありますが、だいたいの目安だと思ってください。

    Q4. 「プログラミングスクールに行って、転職に成功するにはどうしたらいいですか?」

    今まで見てきた中で、転職に失敗するパターンはこんな感じです。

    • まったくの実務未経験なのにも関わらず、ポートフォリオを一切作らずに転職エージェントを利用して転職活動を進めた
    • エンジニア業界の知識が一切ないので、もらった求人の仕事理解しないまま転職した
    • その結果、一切コードを書くことがなく、スクールに行かなくても余裕で転職できたような会社で、永遠と事務作業だけやっていた

    実際、僕がスクールで働いている時も、2回目のプログラミングスクールという方には何回かお会いしていますが、だいたい特徴は共通しています。

    実際、エンジニア転職を目指した人のほとんどがこのパターンの転職をしてしまいます。

    なぜ失敗するかというと、転職エージェントにある未経験向けの求人は、本当に誰でもできるような簡単な仕事しかないので、もし転職できてもコードを書くこともなく、市場価値が上がることがないからです。

    なので、以下3つができていることが重要ですね。

    • エンジニアの業界を理解している
    • 自分のオリジナルのアプリを開発している
    • エンジニアの未経験転職市場で求められていることを理解している

    詳細は以下の記事で解説しております。

    エンジニアに未経験から転職するためにやるべき3ステップ【知らないと後悔します】

    Q5. 「避けたほうがいいプログラミングスクールはありますか?」

    DAI
    あります。そういうスクールは取材していて、何個かあったので全部外しました。

    ちなみに、手っ取り早く、転職支援がヤバイプログラミングスクールを見分ける方法もまとめておきます。

    1. お客さんの入学基準が甘い転職支援つきプログラミングスクール
    2. 無料のプログラミングスクール
    3. ツイッターで検索した結果、悪評しか出てこないプログラミングスクール

    この辺は検索上位でおすすめされてても、業界内の人間から言わせてもらうと間違いなくやめておいたほうがいいです。

    特にツイッターで評判が悪いところはやめておきましょう。
    (ちなみになぜこのようなスクールが上位表示されるかというと、プログラミングスクールもアフィリエイターも儲かるからです)

    詳しくはこの辺の記事を参照してください。

    あと、無駄に高い、60万以上のスクールに行っても仕方ないので、いかなくてよいと思います。30万こえたあたりから、品質はそんなに変わりませんでした。

    Q6. 「プログラミングは、どのレベルまで学習すればいいですか?」

    プログラミングスクールで、どこまで学ぶべきかという点ですが、オリジナルアプリをゼロから作れるレベルであれば十分です。

    実際に業務経験をつまないと身につかないスキルって多いんですよね。
    なので、まずはなるべく早くオリジナルアプリを開発して、さっさと実務経験を付けたほうがいいです。

    DAI
    もちろん、独学でオリジナルアプリを作れるなら、それでいいですし、もし難しいならスクールに通って早くオリジナルアプリを作って実務経験が積める職場に行くのがおすすめですね。

    結論

    ということで、おすすめのプログラミングスクールについて解説していきました。

    DAI
    本当にプログラミングスクール選びは重要ですので、自分に合うスクールに通うことをおすすめします。

    この記事で紹介したプログラミングスクール

    • 価格が安いプログラミングスクール:求人の質は気にしないから、お手頃なスクールに行きたい⇒ TechAcademy, Code Camp
    • 自社開発企業のWeb系エンジニア向けスクール:良質な求人あり、実務レベルのプログラミングスキルが身につくスクールに行きたい⇒RUNTEQ,ポテパンキャンプ,DIVE INTO CODE
    • インフラエンジニア向けスクール:堅実に入社しやすくて実務経験つみやすいSESになりたい⇒RaiseTech,UZUZカレッジ
    • デジタルハリウッド STUDIO by LIG:Webデザイナーを目指す人におすすめ!
    • デイトラ:未経験でも挫折しない業界最安級のオンラインスクール
    • Aidemy:現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。
    • キカガク:日本マイクロソフト株式会社との共同開発講座を受講可能。経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座受けるならキカガク!

    【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
    わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
    【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
    自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
    【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
    【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
    自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
    【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
    実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。
    【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
    現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

    【キカガク】最大70%OFF!給付金をもらってAI人材を目指すなら!
    日本マイクロソフト株式会社との共同開発講座を受講可能。経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座受けるならキカガク!
    【DIVE INTO CODE】自分に合ったコースで学習してエンジニア就職・転職を目指すなら
    多数の企業への転職実績あり。webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方必見。
    【ウズウズカレッジ】
    未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。