DAI
DAINOTE編集長のDAIです。

DAINOTEでは、IT業界で未経験からの仕事ができるように、実際にIT業界の転職支援をしてきた筆者が、業界情報を分かりやすく解説しているメディアです。

IT業界は、ほかの業界と違い、

  • 未経験からの転職が難しい
  • 年齢に大きく左右される
  • 手に職が就くので、転職以外にも副業、独立などのたくさんの選択肢がある

といった特徴があります。

自分の理想となるようなキャリアを歩めるように、必要な情報をぜひこちらのサイトで集めてみてくださいね!

IT業界の転職特集

ざっくりとIT業界の転職に興味はあるけど、具体的にどういう仕事があるのかがよくわからないという方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

このメディアでメインで紹介するのは、

  • Webエンジニア
  • Webデザイナー
  • Webマーケター
  • Webライター
  • Webディレクター
  • データアナリスト
  • データサイエンティスト

となります。

エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】
未経験からマーケティング職に転職するには?職種・仕事内容・未経験からの転職方法についてまとめてみた!

Webエンジニア編

未経験からエンジニアになるために必要な5つのステップについて解説していきますね!

STEP0 転職活動をする上で、重要なことを理解しよう

さて、未経験からエンジニアへの転職に成功するパターンは、

  • 転職したい職種の理解
  • 転職したい業界の理解
  • 転職市場の理解
  • 転職活動の方法の理解
  • その後のキャリアの理解

が重要になってきます。

逆に、これらのことを理解しないまま転職活動をすると、転職した後に後悔することが多いです。

この特集では、それぞれの転職活動の方法をまとめていきます。

STEP1: エンジニアの仕事を理解しよう

まずは、エンジニアの仕事を理解しましょう。

エンジニアといえども、いろいろな職種があります。

サーバーサイドエンジニア Ruby, Ruby on Railsなどを用いてWebアプリケーションを作成するエンジニア
フロントエンドエンジニア React, Vueなどを利用して、Webアプリケーションを作成するエンジニア
HTML コーダー HTML, CSS, PHPなどを利用してWebサイトを作成するエンジニア
テストエンジニア Webサイト、アプリの品質チェックを行うエンジニア

それぞれがどんな仕事をしているのか、理解しておきましょう。

フロントエンドエンジニアに未経験からなるには?具体的な就職・転職方法について解説してみた
サーバーサイドエンジニアに未経験からなるには?具体的な就職・転職方法について解説してみた
テストエンジニアに未経験からなるには?就職・転職方法について解説してみた

STEP2: エンジニアの業界を理解しよう

次に重要なのが、エンジニアに転職する場合の業界の理解です。
特に、最初のエンジニアとしてのキャリアを検討する際、前提として業界理解がない場合だと、転職後にとても困ることがあります。

SES クライアントに派遣され、常駐で開発する
派遣 クライアントに派遣され、常駐で開発する
SIer クライアントから案件を受託開発する
自社開発 自社でサービスを持ち、開発する
SESとは?契約やキャリアについてSIerや自社開発と比較してみた
自社開発とは?SIer,SESと比較して、エンジニアの転職について解説してみた

STEP3 エンジニアの転職市場を理解しよう

次に、エンジニアとして未経験から転職する際の、転職難易度についてです。
エンジニアは専門職なので、年齢によって大きく転職のしやすさが異なります。
また、職種によっても転職のしやすさが大きく変わりますので、注意が必要です。

正社員として転職する場合の難易度

20代 30代 40代
サーバーサイドエンジニア ×
フロントエンド エンジニア ×
コーダー
テストエンジニア

一般的には、30代以降から未経験でエンジニアになるのは非常に難しくなります。

年齢別のエンジニアの転職については、こちらの記事をご覧ください。

プログラマーに30代で未経験から転職できる?その方法について解説してみた
40代から未経験でエンジニアになるには?プログラミングスクールに行くべき?

転職ではなく、副業、独立という選択肢もあり得る

30代、40代では転職が難しくなります。理由としては、

  • 企業側は未経験の場合、若手とミドルだったら若手の方が取りたいから
  • 企業側としては、30-40代だと、育成しづらいから

といった理由があります。

ですので、30-40代の場合、どうしてもエンジニアとして仕事をしたい場合は、副業・独立という選択肢を取ってみてもいいでしょう。

未経験からプログラミングで副業するためにやること3箇条(知らないと後悔します)【体験談】

STEP4 転職活動の方法の理解しよう

次に、転職活動の方法の理解となります。

一般的にエンジニアの転職は、他の未経験職種と比べて、採用の難易度が高いです。

①志望する業界・職種の理解 転職、独立、副業、フリーランス、就職など
②プログラミングの勉強 キャリアカウンセリングなどをがっつりしているか
③コピーアプリの作成 採用している講師のレベルが高いか
④オリジナルアプリの作成 値段は安いか、高いか
⑤ポートフォリオの作成 値段は安いか、高いか
⑥転職サイトに登録 値段は安いか、高いか
⑦面接対策 値段は安いか、高いか

プログラミングの学習方法を理解しよう

プログラミングをゼロから学習するためには、独学かスクールに通う方法があります。
独学で勉強する方法のコツについては、こちらの記事を見てみてください!

エンジニアに独学でなる勉強法のコツ!必要な学習法を分かりやすくまとめてみた

もしつまづいてしまった場合は、プログラミングスクールを検討してみるとよいと思います。

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較

ポートフォリオの作成

ポートフォリオは、エンジニアとして転職活動する際に、「こういうものを作りました!」と成果をアピールするために使います。ポートフォリオの作り方にはいくつか注意点があるので、以下の記事でぜひ確認してみてください。

エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

転職サイトの登録

未経験からエンジニアになるうえで、おすすめの転職サイトや転職エージェントに登録します。

Webデザイナーの転職事情

現在まだ書きかけです。

Webデザイナーに未経験からなるためには?転職方法・就職準備について詳しく解説

Webマーケターの転職事情

次に、Webマーケティングにかかわる仕事について紹介します。

STEP1:Webマーケターの仕事を理解しよう

Webマーケティングの仕事を理解しましょう。

広告運用 Facebook, Twitter, Tiktok, LINEなどの広告プラットフォームで広告を運用して集客する仕事
アカウントプランナー 外部メディアに広告を掲載することで、集客する仕事
SEO運用 オウンドメディア(企業のホームページ)を検索上位させて集客する仕事
SNS運用 企業のTwitter, Facebook, Instagramなどのアカウントを運用することで、集客する仕事

    以下の関連記事をぜひ見てみてください!

    広告運用のキャリア、転職について運用担当に聞いてみた
    アカウントプランナーの仕事内容・年収は?転職方法についても解説してみた
    Webマーケターの年収やキャリアパスは?【業界人が徹底解説】

    STEP2: マーケティングの業界を理解しよう

    マーケティング業界は、大きく分けて2種類あります。

    広告代理店のマーケティング 企業から広告の発注を受けて、広告を運用する。
    インハウスでマーケティング 広告を発注、もしくは自社で運用する。インハウスマーケターと呼ばれる。

      ※現在、執筆中ですので、ここからは次回以降更新していきます。