最終更新日:
アプリ開発の副業におすすめのエージェントランキング
【第1位】 ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
土日/週1からできるフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の高単価&案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】 i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/
平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
【第4位】Workship(公式:https://goworkship.com/
週2からできる副業案件紹介サービス!会社員を両立しながら初めて副業するならココ!

【第5位】クウラドテック(公式:https://crowdtech.jp/
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント!

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

  • アプリ開発で副業はできるの?
  • アプリ開発の副業案件が欲しい
  • 案件単価が気になる
DAI
この記事では、アプリ開発の副業にまつわる内容を詳しく紹介します!

この記事を読んで分かること

  • アプリ開発の特徴と種類
  • アプリ開発の副業案件の取り方
  • おすすめのエージェント紹介

アプリ開発の特徴とアプリの種類とは

最初にアプリ開発の特徴とアプリの種類について説明します。

  • アプリ開発の特徴
  • アプリの種類

アプリ開発の特徴

まずは、アプリ開発の特徴について説明します。

アプリ開発とは、インターネットなどを利用するアプリケーションソフトウェアの開発することを指します。

例えば、サイト上で利用できるアプリやスマホにインストールして利用するアプリなど様々な種類があります。

アプリ開発するには、プログラミング言語やデータベース、サーバーなどの様々な知識が必要です。

またアプリ開発は、近年需要が高まっているので、おすすめの分野です。

アプリの種類

次にアプリの種類について説明します。

  • Webアプリ
  • ハイブリッドアプリ
  • ネイティブアプリ
DAI
以下にて詳しく解説します。

Webアプリ

Webアプリとはブラウザ(ChromeやSafariなど)で利用できるアプリケーションです。

特徴としては、ブラウザで見られるためインストールの必要がありません。

Webアプリは主にHTML、CSS、JavaScript、PHP、Rubyといった言語を使用して開発されることが多いです。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリとはHTML、CSSなどの技術を使用しながら、カメラ撮影や衛星利用測位システム(GPS)といったデバイスの機能を利用しているアプリです。

ハイブリッドアプリの開発に必要なプログラミング言語はHTML、CSS、JavaScriptや、Swiftなどが使われます。

そして最近ではハイブリッドアプリの開発に向いているフレームワークもあるので、活用するのがおすすめです。

ネイティブアプリ

ネイティブアプリとはAndroidアプリやiOSアプリなどで、アプリをインストールして使えるアプリです。

ですのでWebアプリと違い、App StoreやGoogle Playなどでインストールする必要があります。

iOSアプリを開発する時に使用するプログラミング言語はSwiftで、Androidアプリを開発する時はKotlinを使います。

アプリ開発で副業するメリット

次にアプリ開発で副業するメリットについて説明します。

  • メリット①:スキルアップができる
  • メリット②:実績につながる
  • メリット③:時間や場所を選ばずに働ける
DAI
以下にて詳しく解説します。

メリット①:スキルアップができる

アプリ開発を経験すると、幅広いスキルアップが可能です。

1からアプリ開発をおこなう場合、以下のスキルが必要になります。

  • 企画力
  • プログラミングスキル
  • インフラ関連の知識
  • デザインスキル
  • マーケティングスキル

一通り開発できるようになれば、知識や経験も身につき、より高度なアプリを作れます。

メリット②:実績につながる

個人でアプリ開発をすると実績になり、転職が有利になったり、フリーランスとして活動する際に実績として使えます。

自分で作ったアプリを実績として提示できるので、転職活動もスムーズに行うことができるでしょう。

また、フリーランスエンジニアとして活動する時には、実績は必要なので、ポートフォリオとしてまとめておくことをお勧めします。

メリット③:時間や場所を選ばずに働ける

アプリ開発の副業は在宅勤務が多いです。

月に1回程度は出社が必要だったり、打ち合わせがあったりする場合もありますが、完全在宅でできるものが多いです。

そのため、時間や場所に縛られず働けます。

アプリ開発で副業するデメリット

次にアプリ開発で副業するデメリットについて説明します。

  • デメリット①:自由な時間が減る
  • デメリット②:体調管理が必要
DAI
以下にて詳しく解説します。

デメリット①:自由な時間が減る

アプリ開発の副業の場合、主に休日や夜を利用して作業することになるので、プライベートの時間が減ります。

自由な時間が減ると疲れがたまる場合もあるので、注意が必要です。

また、場合によっては、平日も本業が終わった後に副業をしなければならない状況もありえます。

仕事の難易度や量をコントロールして、本業とのバランスをとることが重要です。

デメリット②:体調管理が必要

デスクワークが基本なので、数時間もずっと座りっぱなしということもあります。

そのため運動不足、肩こりや頭痛といった体を痛めることがあります。

解決法として、姿勢を変えてみたり、定期的に運動することをおすすめです。

アプリ開発の副業案件を探す方法

アプリ開発の副業案件を探す方法としては、ざっと3通りあります。

  • 副業案件を探す方法①:有料アプリを販売する
  • 副業案件を探す方法②:クラウドソーシングサービスを利用して探す
  • 副業案件を探す方法③:フリーランス・副業向けエージェントを利用して探す
DAI
以下にて詳しく解説します。

副業案件を探す方法①:有料アプリを販売する

自分で開発したアプリを有料販売する方法です。

自分自身で値段を決められ、ダウンロードされるだけで収益が発生します。

もしくはアプリを無料にして、追加機能を利用する際に課金してもらい、収益化をするという方法もあります。

しかし有料アプリや課金制度を設けても収益が得られる人はとても少ないです。

アプリは競合が多く、インストールしてもらうハードルも高いからです。

成功するアイデアがあれば別ですが、稼ぐとなると難易度がとても上がります。

そのため、受託開発のように企業から案件としてアプリ開発する方が確実な収入になりやすいです。

副業案件を探す方法②:クラウドソーシングサービスを利用して探す

クラウドソーシングの場合、受注難易度も低く、案件を獲得しやすいです。

しかし、クラウドソーシングの場合、単価が低い案件が多いので、経験がある人にはあまりおすすめしません。

副業案件を探す方法③:フリーランス・副業向けエージェントを利用して探す

フリーランスエージェントなどのエージェントを利用することで、大手のアプリ開発案件や、高単価の案件を紹介してもらうことができます。

また契約周りや税金など、エージェントのサポートが受けられるため、安心して仕事ができます。

アプリ開発の場合、在宅案件や週2〜3回の案件もあるので、副業を受注するには一番おすすめです。

アプリ開発で副業するためにおすすめのエージェント

次にアプリ開発で副業するためにおすすめのエージェントについて紹介します。

エージェントから自分にあった求人を見つけるコツとしては、以下の3つです。

  • 複数の副業求人サイトに登録して、自分にマッチした案件を獲得すること
  • 同じ職種・仕事内容でも、報酬が違うことがあるので、複数の副業求人サイトから案件を確認すること
  • 常に情報がアップデートされ、新しい案件を確認できるようにしておくこと

複数のエージェントに登録しておけば、1つのエージェントで見つからなかったような案件が見つかったり単価のより高い案件を見つけやすいなどのメリットがあります。

今回は以下の5つのエージェントについて詳しく紹介します。

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
i-common tech https://i-common-tech.jp/
Workship https://goworkship.com/
クラウドテック https://crowdtech.jp/

※2021年11月時点・公式ページより引用/算出

アプリ開発の副業におすすめのエージェントランキング
【第1位】 ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
土日/週1からできるフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の高単価&案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】 i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/
平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
【第4位】Workship(公式:https://goworkship.com/
週2からできる副業案件紹介サービス!会社員を両立しながら初めて副業するならココ!

【第5位】クウラドテック(公式:https://crowdtech.jp/
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント!

おすすめのエージェント①:ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,408件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年11月時点・公式ページより引用/算出

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこそ月収60万円〜90万円の高単価を実現
  2. しかもリモート、週2~3日稼働OKの案件多数
  3. 成長企業からの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標です。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週2~3稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週2~3日からOKの案件が多くあるという点です。

実際、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4日~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めにくい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週2~3日からOKの案件やリモートの案件が多いです。

また、実際に登録して案件を探してみるとわかりますが、週2~3日にもかかわらず、月単価60万~70万の案件が多くあります。

「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントです。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

成長企業からの案件多数

また、ITプロパートナーズは名の知れた成長企業からの案件が豊富にあります。

引用:公式サイト(https://itpropartners.com/

DAI
さらにエンジニアの案件数は業界最高水準。質の良い案件が多数揃っていることがここからもわかりますね。

ITプロパートナーズの口コミ

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をしている方の副業は紹介できません。

おすすめのエージェント②:レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  33,595件
平均単価(月)
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡・長崎・熊本・大分
働き方 週3案件、リモート案件多数

※2022年1月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、最高単価は165万円という高水準です。

※2021年12月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年12月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで33,595件あります。

エンジニア 10,198 件
デザイナー 495
マーケター 46件
コンサル 213件

※2022年1月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、以下の職種の案件が最も多くなっています。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

また、レバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」になっています。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

おすすめのエージェント③:i-common tech

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

公式:https://i-common-tech.jp/

DAI
i-common techは、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方や週3日~・リモートで働きたい方必見のエンジニア特化型エージェントです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数  164件
平均単価 85万円
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日〜可能、リモート案件70%以上

公式ページ:https://i-common-tech.jp/
※2021年1月時点・公式ページより引用/算出

i-common techの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • 中間マージンのない直請け案件多数
  • リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる
  • 契約後も充実したサポート体制

中間マージンのない直請け案件多数

i-common techは、案件の質が高い傾向にある直請け案件が豊富なことが特徴であり、平均単価は85万円・利用者の約半数が月収70万以上です。

DAI
継続して案件を受けやすいので長期的な報酬アップも見込めることも魅力ですね。

実際に業界最大手のレバテックフリーランスと平均単価を比較してみても高額なことがわかります。

i-common tech 85万円
レバテックフリーランス 68.2万円

リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

i-common techは、案件の74%がリモート可能案件です。また週3日〜OKな案件も多数あります。

特にエンジニア求人の場合は、週5日〜常駐案件がほとんどなので、柔軟に仕事をすることが難しかったりします。

その点、i-common techはリモート案件も豊富で週3日からの案件もあるので、地方在住の方や柔軟な働き方がしたいという方にはおすすめのエージェントです。

契約後も充実したサポート体制

i-common techはIT人材サービスを多く手掛け実績も豊富なパーソルグループが運営するサービスです。

だからこそその知見を活かしてプロのエージェントから登録後のカウンセリングから案件の紹介、契約の締結、業務開始後のアフターフォローまで一貫してサポート受けることが可能です。

DAI
エンジニアに特化しているからこそ、業界の理解が深く、案件のミスマッチが起こりにくいというのも大きな魅力です。

まとめると、エンジニアに特化したエージェントで高単価案件・リモート案件にも興味があるという方は必見のエージェントです。

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

おすすめのエージェント④:Workship

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら
DAI
テクフリは、エンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 8,197件
平均単価 66.8万
マージン率 10%~
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年1月時点・公式サイトより引用/算出

テクフリの特徴としては、何と言っても案件の質の高さです。

  • 平均66.8万の高単価案件
  • サイバーエージェントを始めとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

運営元である株式会社アイデンティティは、テクフリ外にも複数のIT人材派遣事業を行っていることから高品質な案件が多いのが特徴です。

DAI
また、テクフリは独自の案件マッチングシステムも持っていることから、自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントになっています。

公式:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら

おすすめのエージェント⑤:クラウドテック

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたいかた必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  876件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2021年9月時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  3. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数になっています。

※フリーランスエージェントで得られる案件は、実は常駐の案件であることがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

また、クラウドテックのサイト上で公開されている求人は876件ほどですが、実際は8~9割がたの案件が非公開求人となっています。

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!という方には特におすすめですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い

また、クラウドテックはエンジニア、デザイナー、マーケターの案件数で比較しても全てにおいて業界最多水準になっています。

DAI
エージェントによっては、エンジニアだけに特化しているエージェントなどがありますが、クラウドテックは上記3つの職種全てで多くの案件を保有しています。

エンジニアであれば、IT プロパートナーズやフューチャリズムなどのエージェントを併用することもお勧めです。

ですが、デザイナーやマーケティングの仕事をしたいという方は、案件数的にもクラウドテックが一番お勧めです。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは、会員登録をすることで100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入することができます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので無料で加入できるのは安心ですね。

公式サイト:https://crowdtech.jp/

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

アプリ開発で副業をするために必要なスキル・経験とは

次にアプリ開発で副業をするために必要なスキル・経験としては、以下の3点です。

  • システム開発に関するスキル
  • プログラミングスキル
  • フレームワークの知識
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

システム開発に関するスキル

アプリ開発は複数の人のチームで、作業を進めていくため、全員がシステム開発の流れを把握する必要があります。

システム開発や設計、動作テスト、運用・保守など、様々な工程に携わるので、開発の流れを経験するとスキルアップしやすいです。

またシステム開発を数多く経験しておくと、流れを把握でき、より知識や経験を得られます。

プログラミングスキル

アプリ開発には、幅広い知識に加えて、様々なプログラミング専用の言語を使用します。

システム開発に関わるのが初めての方は、まず言語を勉強することでつまずくことも多いでしょう。

スマホアプリや業務アプリ、Webアプリなど様々なプロジェクトに必要な言語を把握して、習得しておくと就職や転職にも役立つでしょう。

以下からアプリの種類ごとに必要なスキルを紹介していきます。

  • ネイティブアプリの場合
  • Webアプリの開発の場合
  • ハイブリッドアプリの開発の場合

ネイティブアプリの開発の場合

ネイティブアプリの場合、iOS用かAndroid用かでアプリ開発する際に使用する言語が異なります。

例えば、AndroidではJavaやKotlinなど、iOSではSwiftを使う場合が多いです。

また開発環境によっても変わり、CordovaならJavaScriptやCSS、HTML、XamarinならC#などで使います。

Webアプリの開発の場合

Webアプリの開発の場合、Java、C、C#などの言語が多く使用されています。

企業内で使用されるアプリケーションの開発によく使われるので、習得するのがおすすめです。

ハイブリッドアプリの開発の場合

ハイブリッドアプリの開発の場合、フロントエンドではHTML、CSS、JavaScript、バックエンドではJava、C、Ruby、PHPが利用されています。

他にも多くのプログラミング言語を使用するため、幅広い知識と高いスキルが求められます。

フレームワークの知識

システム開発する時に、フレームワークの知識が必要になります。

フレームワークとは、システム開発するときに作業を効率化できるツールです。

フレームワークはルール化されており、システム開発に利用することで作業の量が大きく減ります。

またコードが統一されるので、アップデートなどの際に便利です。

例えば、UIKitはiOSアプリ開発に必要なクラスを提供するフレームワークで、ボタンやラベルなどのコンポーネントを簡単に使用できます。

アプリ開発の副業案件は未経験でもできる?

次にアプリ開発の副業案件は未経験でもできるかどうかについて説明します。

未経験でもアプリ開発案件は一定数あります。

しかしあまり数は多くなく、基本的には実務経験が必要です。

もし受注したい場合は、副業ではなく、アプリ開発の知識を身につけて、転職をして実務経験を積む必要があります。

アプリ開発の案件単価はどれくらい

アプリ開発の案件単価について説明します。

レバテックフリーランスによればアプリエンジニアの案件単価の平均は、月76万円となっています。

引用:https://freelance.levtech.jp/※ 2021年11月現在

副業で行う場合は、週2〜3回が多いと思うので、月30万〜50万円の単価が多いです。

DAI
エージェント経由で案件を取るとここまで高い収入を得ることが可能です。

アプリ開発で副業する時の注意点

次にアプリ開発で副業する時の注意点について説明します。

  • 注意点①:自作アプリ開発する場合、あまり収入を得られない可能性がある
  • 注意点②:確定申告が必要な場合がある

以下にて詳しく解説します。

注意点①:自作アプリ開発する場合、あまり収入を得られない可能性がある

アプリ開発には、ある程度の時間がかかります。

加えて、副業としてアプリ開発をするとなると、完成させるためにさまざまなスキルが必要になります。

そのため、副収入を得ることを目的としている場合、作業時間などを照らし合わせて考えるとあまり収入が得られない可能性が高いです。

注意点②:確定申告が必要な場合がある

アプリ開発の副業で気をつけるポイントは、確定申告が必要な場合もあるということです。

副業で得た所得が年間20万円を超えると、確定申告が必要となります。

そのためもし所得が増えそうな場合は、確定申告を忘れないように注意しましょう。

アプリ開発でフリーランスとして独立するには?

アプリ開発でフリーランスとして独立するにはどうすれば良いかについて説明します。

アプリ開発でフリーランスになるには、実務経験が1〜3年以上が必須です。

アプリ開発の案件では、実務経験が不要なフリーランス向けの求人や案件は少ないです。

そのため、フリーランスとして十分な報酬が得られる仕事をするには、ある程度のITスキルと実務経験が必要です。

まとめ

今回は、アプリ開発の副業について解説しました。

今回紹介したフリーランスエージェントを利用することで、案件が受注しやすくなるので、ぜひ一度登録してみてください。

アプリ開発の副業におすすめのエージェントランキング
【第1位】 ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
土日/週1からできるフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の高単価&案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】 i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/
平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
【第4位】Workship(公式:https://goworkship.com/
週2からできる副業案件紹介サービス!会社員を両立しながら初めて副業するならココ!

【第5位】クウラドテック(公式:https://crowdtech.jp/
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント!

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

関連記事

ITで副業したい人必見!案件獲得するための方法とおすすめIT副業サイトを解説してみた【リモートワークあり】