最終更新日:

この記事を読んで分かること

ITプロパートナーズ』の評判ってどうなの?

フリーランスとして働いてみたいが、いきなり直営業で案件を受注することは難しいため、まずはフリーランスエージェントを利用してみよう。このように考えている人は多いです。

とはいえ、フリーランスエージェントも種類がたくさんあって、どれを選べばいいか分からないですよね。

そんな中でも今回は、『ITプロパートナーズ』というエージェントについて解説していきます。

DAI
結論から言うと、「まずはリモートや週2,3から仕事を始めてみたい」というエンジニアやデザイナー、マーケターの方であれば、『ITプロパートナーズ』は一度は利用してみるべきエージェントです。

その理由についても、本記事でがっつりと解説していきますね。

ITプロパートナーズの概要

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,598件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年12月時点。公式サイトの公開求人から引用

約1分で『ITプロパートナーズ』についてわかる動画があるので、ぜひ閲覧してみてください。

ITプロパートナーズのメリット・実際の口コミ、評判は?

続いて、『ITプロパートナーズ』のメリットについて確認していきましょう。

  • リモート、週2~3稼働OKの案件多数
  • 『直請案件』だからこその高単価
  • エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数
  • 確定申告や保険のサービス等のサポートが充実
  • 案件が決まるまでが早い
DAI
それぞれのメリットについて詳しく解説します。

メリット①:リモート案件、週2~3稼働OKの案件が多い

DAI
ITプロパートナーズ』は週2~3からOKの案件が多くあるため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方に非常におすすめのエージェントとなっています。

他の多くのフリーランスエージェントの場合、以下のような特徴があるんですよね。

  • 最低稼働日数は週4~からがほとんど
  • 週2~3から副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 常駐案件が多く、リモートで働ける案件は少ない

こういった特徴から、「週2~3だけ働きたい!」「リモートで働きたい!」というニーズを持つ人には使いづらい側面がありました。

その点、『ITプロパートナーズ』は週2~3からOKの案件やリモートの案件が多いです。

公式ページには以下のように解説されています。

週 2、3 日の案件数はフリーランスエージェントの中でも随一。さらにリモートや時間がフレキシブルな案件など働きやすい柔軟案件を数多く取り揃えています。お客様のやりたいことと両立できるように、日々案件の開拓に従事しています。(引用:公式ページ

ITプロパートナーズ」を使うと、週2,3日の案件や、リモートの案件を多く見ることができそうですね。

DAI
「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方には「ITプロパートナーズ」は使い勝手の良いエージェントとなっています。

メリット②:『直請案件』だから高単価な案件が多い

DAI
ITプロパートナーズ』は『直請案件』が多いため、取り扱っている案件の単価は他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

基本的に、間に仲介会社を挟まない直請案件は、単価は高くなりやすい傾向にあります。

DAI
というのも、クライアントとエージェントとの間に更に仲介会社が入る場合、その会社に支払うマージンが乗るからです。

ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していない「ITプロパートナーズ」は魅力的です。

メリット③:エンジニア、デザイナー、マーケターの案件が多い

DAI
ITプロパートナーズ』は公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。
  • 公開総求人:4,598件
  • エンジニア:3,497件
  • デザイナー:505件
  • マーケター:356件
  • コンサル:242件

(※2021年12月時点。公式サイトの公開求人から引用)

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニア案件だけに特化していて、デザイナーやマーケター向けの案件がほとんど扱ってない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったり、対応地域が都市部に限られている

その点、『ITプロパートナーズ』ではエンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高まります。

Twitterでも、WEBデザインの仕事探しで役立ったという口コミもありました。

メリット④:確定申告や保険のサービス等のサポートが充実

フリーランスでも安心して働けるように、確定申告の代行や賠償責任保証、弁護士保険などのサービスを割引料金で利用できるサービスが充実しています。

DAI
このようなサービスがあると、とても働きやすいですね。

メリット⑤:案件が決まるまでが早い

週2〜3案件、リモート案件が多いため、案件が決まるまでが早い傾向にあります。

平均して2〜3週間で決まるため、申し込む際は日程を調整することをお勧めします。

ITプロパートナーズのデメリット・実際の口コミ、評判は?

「週2日からのお仕事紹介サービス!」を推している『ITプロパートナーズ』。

デメリットを知った上で利用すると、より上手に『ITプロパートナーズ』を利用できます。

  • 地方在住の方に案内できる常駐案件は少ない
  • 実務経験が浅い方への案件紹介は難しい
DAI
それぞれのメリットについて詳しく解説します。

デメリット①:地方在住の方に案内できる常駐案件は少ない

ITプロパートナーズ』で紹介できる「常駐案件」は首都圏や関西圏が中心です。

首都圏や関西圏であれば、リモート案件も常駐案件も豊富に揃っているため、条件の良い案件を獲得するチャンスになります。

DAI
もし他の地域にお住まいの場合は、フルリモート案件を狙うか、地方の常駐案件に強い他のフリーランスエージェントの利用を検するのがおすすめです。

※記事の後半で詳しく解説しますが、地方の常駐案件を狙うなら『MidWorks』と『PE-BANK』がおすすめです。

参考までに、ITプロパートナーズの求人一覧で「フルリモート」の求人を検索したとこと、754件もの求人が見つかりました。(2021年12月時点)

首都圏・関西圏の方や、地方からフルリモート案件を狙う方であれば、『ITプロパートナーズ』は便利なエージェントでしょう。

参考:リモート案件を狙う場合の注意点

ただし、リモート案件にも注意点はあります。

  • リモート案件を受注するには、ある程度レベルの高いスキルと経験が必要
  • リモートOKとはいいつつも、完璧なフルリモートとは限らない場合がある
DAI
リモートと聞いて案件に参画したのに、途中でやっぱりフル常駐にしてくれ!と言われる事案も過去にあります。

ただし、最近では新型コロナウイルスの影響もあって、地方からでもフルリモートで働ける案件は以前よりは増えてきてはいます。

DAI
リモート案件の最近の動向を知るうえでは、リモート案件に強い『ITプロパートナーズ』のエージェントに聞いてみるのはおすすめです。

デメリット②:実務経験が浅い方への案件紹介は難しい

ITプロパートナーズ」は、リモート案件なども多く案件があるところが魅力的です。

しかしエンジニアとして実務経験が1年未満の場合は、仕事を紹介してもらうことができません。

利用の際にはある程度実務経験を積む必要があります。

ITプロパートナーズに向いている人

ここまでの内容を踏まえて、『ITプロパートナーズが向いている人をまとめます。

  • 直請け案件、リモート案件で仕事をしたい方
  • 週2,3から仕事を始めたい方
  • まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたいという方
  • エンジニア、デザイナー、マーケターの方
DAI
上記に2つ以上当てはまる方であれば、『ITプロパートナーズ』は登録しておいて損はありません!

ITプロパートナーズの登録方法と流れ

次に「ITプロパートナーズへの登録方法を紹介します。

登録手順

  • ITプロパートナーズ」の公式サイトにアクセスし、「無料で案件を閲覧する」をクリックします。
  • 「メールアドレス」、「氏名」、「現住所」、「生年月日」、「パスワード」、「職種」を入力します。
  • スキル情報に移りますので「現在の状況」、「電話番号」、「希望勤務頻度/週」、「スキル情報」「その他スキル」を入力します。
  • 登録完了

1分くらいで登録可能なので、ぜひ興味があれば登録してみてください。

1.「ITプロパートナーズの公式サイトにアクセスし、「無料で案件を閲覧する」をクリックします。

2.「メールアドレス」、「氏名」、「現住所」、「生年月日」、「パスワード」、「職種」を入力します。

3.スキル情報に移りますので「現在の状況」、「電話番号」、「希望勤務頻度/週」、「スキル情報」「その他スキル」を入力します。

4.登録完了です。

このように簡単に登録することができるので、ぜひ試してみてください。

DAI
登録しやすいと、仕事を探すハードルが下がってとても良いです。

ITプロパートナーズの案件単価や年収は?

次に「ITプロパートナーズ」の案件単価や年収について紹介します。

ITプロパートナーズ」は高単価の案件が多くあります。

例えば週2回案件の場合は下記のような単価が多いです。

引用: https://itpropartners.com/ ※2021年12月時点。

週2日では30〜40万円の案件が多くあります。

また、週3日勤務で、下記のような月収70万円の案件があります。

引用:  https://itpropartners.com/ ※2021年12月時点

そのため週3日勤務で年収600〜700万円前後を狙うことも可能になります。

週3日の案件の月収 案件数
ITプロパートナーズ 40〜70万円 1755件
レバテックフリーランス 無し 無し
クラウドテック 40〜60万円 202 件
ギークスジョブ 50〜60万円 118件

※2021年12月時点。公式サイトの公開求人から引用/算出

他社と比べてみても、週2〜4日の案件数が他社よりも充実しており、単価も高い傾向にあります。

また週3日の勤務でも、年収500万円前後を狙うことが可能になります。

DAI
週3稼働でも十分な収入を得られるのはとても魅力的です。

ITプロパートナーズの支払いサイトやマージン(手数料)はどれくらい?

次に「ITプロパートナーズ」の支払いサイトやマージン(手数料)について紹介します。

  • 支払いサイト
  • マージン(手数料)
DAI
以下にて詳しく解説します。

支払いサイト

ITプロパートナーズ」の報酬支払いサイトは、35日サイトです。

そのため他のエージェントサイトよりも少し遅いという特徴があります。

他のエージェントと比較するとこのような形になります。

支払いサイト
フューチャリズム 15日サイト
レバテックフリーランス 15日サイト
クラウドテック 15日サイト
Midworks 20日サイト
ギークスジョブ 25日サイト
ITプロパートナーズ 35日サイト
PE-BANK(ピーイーバンク) 40日サイト~

※2021年12月時点。公式サイトより引用/算出。

DAI
支払サイトには注意する必要があります。

マージン(手数料)

ITプロパートナーズ」のマージン(手数料)は非公開なので詳細は不明です。

しかし、一般的にフリーランスエージェントのマージン(手数料)は、10~25%程度だと考えられます。

そのため「ITプロパートナーズ」のマージン(手数料)は10〜25%前後だと推測されます。

DAI
ある程度のマージン(手数料)がかかるのは仕方がない部分があります。

ITプロパートナーズに副業案件はある?

次に「ITプロパートナーズ」に副業案件はあるかどうかについて紹介します。

結論から述べると「ITプロパートナーズ」では週1〜3日案件が他のエージェントと比べて多くあります。

そのため副業として「ITプロパートナーズ」で案件を探すのはとてもおすすめできます。

短い時間で働きたいという方にはぴったりのエージェントです。

DAI
副業として収入を得ることが可能です。

ITプロパートナーズを上手く活用する方法

次に「ITプロパートナーズ」を上手く活用する方法について紹介します。

  • 担当者が合わなければ変更する
  • 良い案件があればすぐに紹介して貰えるようにする
DAI
以下にて詳しく解説します。

担当者が合わなければ変更する

担当者と合わないと感じた場合、早めに変更するのがおすすめです。

希望に合わない案件を紹介され、思うように仕事ができない可能性が出てくるからです。

もし担当者との相性が合わなければ、「別の担当者の意見も聞いてみたい」と伝えて、担当者を変更しましょう。

DAI
支払サイトには注意する必要があります。

良い案件があればすぐに紹介して貰えるようにする

「希望に近い案件が見つかればすぐに教えて欲しい」と担当者に伝えることがおすすめです。

なぜなら、受注する気があまりないと思われると他の利用者よりも案件の紹介が後回しになってしまうからです。

ITプロパートナーズ」に登録すること自体は問題ありません。

しかし担当者に積極的にアピールすることで、自分に合った案件が見つかりやすくなります。

DAI
担当者に熱意が伝われば、早く紹介してもらえる可能性があります。

ITプロパートナーズはフルリモート・在宅案件は豊富?

次に「ITプロパートナーズ」はフルリモート・在宅案件は豊富かどうかについて紹介します。

リモート案件は多く、フルリモートの案件も一定数掲載されています。

「フルリモート可」と書かれた案件はありますが、完全に在宅勤務じゃない案件もあるため、注意が必要です。

下に、各エージェントのフルリモート求人数をまとめました。

フルリモート求人数
ITプロパートナーズ 754
MidWorks 27
PE-BANK 122
クラウドテック 595
Workship 324
レバテックフリーランス 2,933

※2021年12月時点。公式サイトより引用/算出。

クラウドテック」や「レバテックフリーランス」もフルリモートの求人がありますので、確認してみましょう。

ITプロパートナーズに向いている人におすすめの関連サービス

こういったニーズもあると思うので、『ITプロパートナーズ』が向いている人ならセットで登録すべきエージェントをご紹介しますね。

DAI
気になるエージェントがあれば、「詳細」からエージェントの詳しい説明へ飛べます!

クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/詳細

  1. リモート求人が多い
  2. エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  3. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

Workship(公式:https://goworkship.com/詳細

  1. 週2からの案件が多数ある
  2. エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数
  3. スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/詳細

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. 直請案件で、リモート案件も多数
  3. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  4. 求人数の多さ
DAI
それぞれのエージェントを解説していきます!

クラウドテック

クラウドテック

公式ページ:https://crowdtech.jp/

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたい方必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数 831件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2022年9月26日時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  3. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

公式ページ:https://crowdtech.jp/

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数です。

※フリーランスエージェントで得られる案件は、実は常駐の案件であることがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

また、クラウドテックのサイト上で公開されている求人は831件(2022年9月26日時点)ですが、公開案件とは別に多数の非公開求人を保有しています

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!という方には特におすすめですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い

また、クラウドテックはエンジニア、デザイナー、マーケターの案件数で比較しても全てにおいて業界最多水準になっています。

DAI
エージェントによっては、エンジニアだけに特化しているエージェントなどがありますが、クラウドテックは上記3つの職種全てで多くの案件を保有しています。

エンジニアであれば、IT プロパートナーズやフューチャリズムなどのエージェントを併用することもおすすめです。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは、会員登録をすることで100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入することができます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので無料で加入できるのは安心ですね。

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

Workship

レバテックフリーランス

画像はレバテックフリーランス公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
求人数 42,371件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週4〜案件が豊富(週3以内の案件はハイスキル必須)
リモート案件多数

※2022年10月7日時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

※2022年10月7日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2022年10月7日時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは業界最多水準で、公開されている案件だけで2,468件ありました。

※2022年10月7日時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、以下の職種の案件が最も多いです。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

比較:ITプロパートナーズに向いていない人向けの関連サービス

  • 地方在住の方で、常駐案件や、部分的にリモートワークができる案件に参画したい

こういった人の場合、『ITプロパートナーズ』では物足りないと感じるかもしれません。

DAI
ITプロパートナーズ』は地方在住の方に案内できる常駐案件は少ないため、地方在住の方にはフルリモート案件しか選択肢がないからです。

コロナの影響でフルリモートの案件も増えてきてはいますが、フルリモート案件は常駐案件に比べると案件数は少ない傾向にあります。

なので、地方在住の方であれば、地方展開している『MidWorks』と『PE-BANK』のようなエージェントも併用するのがおすすめです。

DAI
フルリモート案件を探すなら『ITプロパートナーズ』、常駐案件を探すなら『MidWorks』と『PE-BANK』、という具合に目的別に使い分けるのがおすすめです。
対応地域
ITプロパートナーズ 首都圏・関西圏がメイン
MidWorks 首都圏・関東圏
茨城・栃木・京都・兵庫
滋賀・奈良・和歌山・三重
PE-BANK 首都圏・関東圏・北海道・岩手・宮城・福島・茨城・栃木・
福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・
大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・香川・
愛媛・高知・福岡・熊本・宮崎

※2021年12月時点。公式サイトより引用/算出。

ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週2~3稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

MidWorks(公式:https://mid-works.com/

  1. 豊富な案件数(ただしエンジニア以外の案件はほとんどない)
  2. フリーランスでも正社員並みの保証
  3. 低マージン+単価公開でクリアな契約

PE-BANK(公式:https://pe-bank.co.jp/

  1. マージン率公開で安心して利用することができる
  2. 対応地域が広い
DAI
それぞれのエージェントを解説していきます!

MidWorks

画像はMidworks公式サイトより引用(2022年11月12日時点):https://mid-works.com/

運営会社 株式会社Branding Engineer
公開案件数 8,652件
(※_2022年11月12日時点)
対応地域 関東圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)
関西圏(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、三重県)
(フルリモート勤務の場合は全国対象)
特徴 大企業からの高単価案件が募集されていることがある
週3〜稼働できる案件あり(※ 会社員向けの副業案件は紹介不可)

Midworksは、フリーランスで活躍したいエンジニアにおすすめのエージェントで、次のような特徴があります。

  • 報酬補償を含む手厚い福利厚生
  • エンジニア案件の分野が幅広い

報酬補償を含む手厚い福利厚生

Midworksの魅力は、協業補償を含めた手厚い福利厚生が用意されている点です。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務補助」
  • 保険の紹介
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助
  • 休業中も給与を補償する「報酬補償制度(審査あり)」

フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」です。

ですがMidworksなら仮に案件が途切れても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます(報酬補償の適用には審査があります)。

DAI
不安定な状況になりやすいフリーランスにとっては、心強い制度ですね!

エンジニア案件の分野が幅広い

Midworksで取り扱っている案件の多くは、エンジニア向けの案件です。

また、クライアントの種類が幅広いので、選択肢が多いのも魅力です。

  • 大手上場企業〜スタートアップベンチャーまで会社規模が多様
  • SIerも自社サービス企業案件もあり
DAI
掘り出し物の案件があるかもしれません。個人では参画しにくい案件を見つけるチャンスです!

週3日から入れる案件や、しっかり週5日で稼働できる案件もあるので、自分の働き方に合った案件を探せます。

登録&相談は無料です。

「フリーランスを目指したいけど不安…」という人は、まず登録して、相談だけでもしてみることをおすすめします!

※Midworksは週3日程度〜参画できる案件がありますが、会社員の方への副業は紹介していません。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
手厚い福利厚生の支援が魅力!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

PE-BANK

まとめ

というわけで、『ITプロパートナーズ』の評判について解説してきました。

DAI
ITプロパートナーズ』は「まずはリモートや週2,3から仕事を始めてみたい」というエンジニアやデザイナー、マーケターの方であれば一度は利用してみるべきエージェントです。

ただし、地方在住の方に案内できる常駐案件は少ない傾向にあるため、そういう場合は『MidWorks』と『PE-BANK』と併用するのがおすすめです。

ぜひこのタイミングで無料登録をして、案件を閲覧してみてくださいね。

関連記事

【2022年】フリーランスエージェントおすすめ18社徹底比較!評判の良いフリーランスエージェントを厳選
【2022年】ITフリーランス向けおすすめ案件・求人サイト13選 | 選び方を徹底解説!
プログラミングの副業で稼ぐための手順と副業サイト6選【実績あり】
ITで副業したい人必見!案件獲得するための方法とおすすめIT副業サイトを解説してみた