最終更新日:2020/10/14
男性A
将来、IT系のフリーランスになりたい…

これからフリーランスになりたい方、また現在フリーランスの方で、以下のような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

  • 営業に困っていて、なかなか案件が獲得できない
  • 高単価の案件に出会いたいが、どこから出会えるか分からない
  • 独立したてだと、福利厚生がなくなるので不安…

はじめて会社員から独立した直後は、フリーランスになるとかなり不安定になりますよね。

そんな方は独立する前に、求人単価最高水準のフリーランスエージェントサービス「ミッドワークス(Midworks)を検討してみるのもありです。

DAI
この記事では以下の疑問を、実例をもとに徹底解説していきます!
  • ミッドワークスってそもそも何なのか
  • 他のフリーランスエージェントとは何が違うのか
  • ミッドワークスを使ってみた人の口コミはどうなのか
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

Midworks(ミッドワークス)とは?

Midworks(ミッドワークス)とは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

DAI
Midworksは、正社員並みの保証が受けられるなど福利厚生が充実しているという特徴があります!

Midworksの特徴

案件数 約1200件
最低稼働日数 週3~
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター、Webデザイナー
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworks(ミッドワークス)のデメリットは?

Midworksのデメリットとして、以下があげられます。

  • 求人数が少ない

Midworksのデメリット:求人数が少ない

Midworksのデメリットとして唯一、求人数が少ないことがあげられます。

Cさん
自分にあったスキル感の求人を見つけることが難しかったですね。
DAI
ディレクター職が僕はメインなのですが、自分の業界でやっていたことと、求人が若干異なりました。
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworks(ミッドワークス)のメリットは?

MidWorksのメリットとして、以下の3点があります。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証がある
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約
DAI
詳しく解説していきますね。

Midworksのメリット①:豊富な案件数

2020年、9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 215件
アナリスト 1件
企画・マーケティング 35件
Webディレクター 4件
Webデザイナー 19件
DAI
エンジニアでフリーランスの方やこれから独立を検討されている方には、ぜひおすすめです!

Midworksのメリット②:フリーランスでも正社員並みの保証がある

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してくれるだけでなく、以下などの保証があります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」

独立すると、年収の大部分が税金で持っていかれますし、営業して案件を獲得することも大変です。

Dさん
給与保証があるので、独立したばかりだったら非常に使いたいと思いました。
というのも、最初は案件が取れるか取れないか分からない状態だと、どうしても簡単な案件にのみこなしてしまって、力のつく仕事にチャレンジしにくくなるからです。

チャレンジするには、給与の保証があったの方が、非常にやる気になりますし、チャレンジもしやすいです。

DAI
独立した際の不安要素を解決してくれることに魅力を感じますよね。

Midworksのメリット③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%です。

一方、Midworksのマージン率は10~15%となります。

DAI
圧倒的にマージン率が低く、他のエージェントと比較すると、案件単価が高いのが特徴です。

高単価案件を取りたいエンジニア、ディレクターには、単価が比較的高いのでおすすめです。

DAI
これから独立を考えているエンジニア、ディレクターの方は、独立後具体的にどのくらいの単価で案件を受けられるのかヒアリングできるので、ぜひ面談してみてください!
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworks(ミッドワークス)の実際の評判・口コミは?

DAI
実際の評判・口コミを見てみましょう。

DAI
やはりフリーランスの方にとって、Midworksの福利厚生はかなり魅力的ですよね。

DAI
Midworksは案件を紹介するだけでなく、福利厚生や様々な支援があるという面でもおすすめです!

DAI
登録する前に案件を見ることが出来るので、とりあえずMidworks公式ページから案件をチェックしてみるのが良いと思います。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

 

Midworks(ミッドワークス)の登録方法

男性A
Midworksかなり良さそう!どうやったら登録できるの?
DAI
ここからは、Midworksの登録手順を画像付きで解説します!
  1. 「Midworks」の公式サイトにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了

「Midworks」の公式サイトにアクセスして無料登録ボタンをクリックする

②会員登録情報を入力して送信する

DAI
1分ほどでとても手軽に申し込めるので、まずは登録してみることをおすすめします!
男性A
これだったら簡単に申し込めそうだね!
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworks(ミッドワークス)はどんな人におすすめ?


男性A
Midworks使ってみようかな…どんな人におすすめなの?
DAI
詳しく解説していきますね。

Midworksに向いている人

Midworksがおすすめなのは、独立したばかりの人です。

  • 理由としては他のエージェントに比較して、社会保障がしっかりしているからです。

Midworksと併用すべきフリーランスエージェントは?

フリーランスでも福利厚生を一番優先する人は、midworksが一番合っていると思います。

ですが、案件の獲得を優先したい方は、求人数の多いレバテックフリーランスも一緒に登録すると更に案件獲得をしやすくなります!

理由として、ミッドワークスだと、案件自体が若干少ないです。

なので、ある程度将来も見越して、レバテックフリーランスのような、求人数の多いエージェントを選んでみるとよいです。

DAI
独立のタイミングでは、案件がちょうどよければ、ミッドワークスを利用してみて、案件がなければ、レバテックフリーランスのようなサイトを利用してみるのもおすすめです。

案件を獲得したい方向け:レバテックフリーランス

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
案件数 約10000件
最低稼働日数 週3日~
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター
公式サイト: https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。主な特徴としては、

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな特徴としては、

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

平均報酬額71.1万円と、非常に高くなっています。

また、職種ごとに案件の平均単価もみれます。

②キャリアコンサルタントの質が高い

レバレジーズのノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2020年、7月現在の求人数ですが、

  • エンジニア
  • Webディレクター

の案件が比較的多めになっています。

プログラマー 1818件
プロジェクトマネージャー 502件
フロントエンドエンジニア 228件
SE 2764件
インフラエンジニア 1941件
ネットワークエンジニア 411件
PMO 272件

ミッドワークスなどのITフリーランスエージェントと併用しつつ、自分にあった案件を見つけてみましょう!

レバテックフリーランス(公式):
https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

 

最後に

今回は、Midworksの評判について書いてみました。

DAI
まずは無料会員登録から申し込んでみてくださいね!
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

関連記事

ITで副業したい人必見!案件獲得するための方法とおすすめIT副業サイトを解説してみた【リモートワークあり】
フリーランスWebディレクター向けの求人・案件獲得方法についてまとめてみた
IT系のフリーランスの職種と案件の獲得方法についてまとめてみた