最終更新日:2020/09/12
≪プログラミングで副業するために特にオススメのプログラミングスクール一覧≫
【第1位】TechAcademy:未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指したい人向け! | レビュー記事
【第2位】 CodeCamp: 未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指せるスクール!業界最安値! | レビュー記事
【第3位】RaiseTech:未経験から、実際に営業して案件を受注するところまで学びたい人向け! | レビュー記事

こんにちは、DAIです。

  • 副業解禁となり、週末に副業で在宅でプログラミングを利用して稼げたらいいなぁ!
  • 将来的に、リモートワークで働きたいなぁ

という人は多いのではないでしょうか。 

そこで今回は、未経験で副業したい人で在宅で自分のプログラミングスキルを使って稼ぐ方法をまとめていきたいと思います。

  • 副業でプログラミングを始めたいんだけど、どうやれば稼げるの?
  • プログラミング未経験なんだけど、初心者でも始めることはできるの?
  • どの言語から始めたらいいの?
  • プログラミングで副業すると、収入ってどれくらいになるの?

今回は主に、このような悩みを持った人向けに徹底解説していきたいと思います。

プログラミングを副業にするメリット|本当に稼げるの?

副業でプログラミングで稼ぐメリットはたくさんあるんですよね。

  1. 家で引きこもっていてもできる
  2. 土日など空いた時間でできる
  3. それなりに収入もよい
  4. 将来性・需要が高い
  5. 納品したお客さんが喜んでくれる

 好きなプログラミングを副業にして、収入を得られたら超ハッピーですよね。

DAI
実際に僕も、独学で学んで、本業と同じ程度の副収入が入ってくるようになりました。

これは僕が実際に過去プログラミングを副業として稼いだ月収です。

DAI
このように実際にプログラミングをして副業で稼ぐことは可能です。

ではどのようにプログラミングを副業にして稼いでいくのか、まずはゴールとなる案件の種類を確認して、そこから必要な知識・スキルを解説していきます。

プログラミングの副業はどんな案件をやるべき?【案件の種類】

未経験からプログラミングで副業するなら、コーダーとしてWeb制作案件を受注するのがおすすめです。

なぜなら、どの企業もホームページを作成するため、需要が大きいからです。

DAI
また、比較的未経験からでも案件を獲得しやすいといった利点があります。

Web制作案件は、大きく分けると、2個の分野があります。

  • ランディングページ作成:ペライチの申込用ページ
  • コーポレイトサイト作成:企業や個人事業主向けのWebページ

Web制作の案件①:ランディングページ作成

簡単なランディングページ作成(LP)ですと、1案件ごとに1~5万円で案件を獲得することができます

DAI
ランディングページは、分かりやすく言えば、申込に特化したWebページですね。こんな感じです。

Web制作の案件②:コーポレイトサイトの作成

一方でコーポレイトサイトだと、企業側が予算を持っていることが多いので、5~10万円の案件もあります。

DAI
がっつりと3案件ほど回せば、初月で20万以上は狙えるかと思います。

Web制作はWordPressを使って行うのですが、WordPressは、技術力がそこまで高くなくても、5-10万円程度の案件を受注できるのが特徴です。

DAI
このWordPressのスキルを使って、Web制作ができると、非常に仕事も入りやすいでしょう。

プログラミング副業案件で稼げる月収の目安はどれくらい?

プログラミングの副業案件の月収目安は、こんな感じです。

~月5万円

すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング1件
月5~10万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング2件
月10~20万円 簡単なLP2~3件作成する or 企業のコーポレイトサイト1件作成
月20万円~ 企業からのコーポレイトサイト直案件を、デザインからコーディングまでできる

プログラミングで副業をするためのやり方は?【方法・プロセス】

それでは、一からWeb制作を学ぶ上で必要な学習項目をまとめますね。

プログラミングで副業するためにおすすめなプログラミング言語・スキルは?

DAI
Web制作を学ぶ場合は、Webサイトを作る技術が必要になります。

Webサイト作成には、以下の言語を学ぶ必要があります。

  • HTML:Webページのテキストや画像、リンクなどを記述する言語
  • CSS:HTMLに色を付けたり配置を決めることができる言語
  • JavaScript:ページに動きを付けることができる言語
  • PHP:データベースとのやり取りができる言語
  • WordPress:ブログを作ることができるCMS

加えて以下のようなスキルがあるとなお案件を獲得しやすいです。

  • Webデザイン
  • 営業

これらのスキルが身についているとより予算が大きい会社から、デザインまで含めてセットで案件を受託できるので、単価も20万~を超えていきます。

はじめてのWeb案件はどこで受注すればいい?

コーダーとして、プログラミングの副業案件を取るためには、以下の方法があります。

  1. クラウドソーシングサービスを利用する
  2. 知り合いに営業して、案件を取る
  3. クライアントの紹介で案件をとる

基本的には、まったくの未経験の場合はクラウドソーシングを利用して案件を取るのがよいでしょう。

おすすめのWeb制作案件が受託できるクラウドソーシング3選

Web制作案件で、かつ未経験者の場合、クラウドソーシングサイトで受託することができます。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ランサーズ

あたりは有名なので、ぜひ見てみてください。

クラウドワークス

公式:
https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、日本最大大手のクラウドソーシングサービスです。会員数は200万人ほど。

ライティング、プログラミング、デザイン、ロゴ作成から、簡単なタスクまでさまざまな案件がありますが、全ジャンルに多くの案件があります。

僕は独学でプログラミングの案件を受託したのですが、お客さんが総じてリテラシーの高い方が多く、お仕事がやりやすかったです。

仕事をする前に、発注主の評価などをみれるので、安心感を持って仕事ができました。

クラウドワークスに1分で無料登録する

ココナラ

 

公式:
https://coconala.com/

ココナラは、割と最近できたクラウドソーシングサイトです。クラウドワークスと若干異なるのは、

  • 出品者がクラウドワーカー

ということです。よくわからないので簡単に説明すると、自分の得意なスキルに値段をつけて売ることができるプラットフォームになります。ココナラを利用して稼ぐためには

  • スキルを出品者として販売する
  • リクエストボードにある案件から、案件を応募する

という方法になります。

スキルを出品者として販売する場合は、このように自分ができることを出品サービスとして販売することができます。

もう一つが、リクエストボードという、いわゆる企業側、個人側が仕事を発注しているところから仕事を受注する方法です。


「IT プログラミング」 で検索してみると、

  • 予算
  • 募集期限
  • 提案数

が見れる、案件の一覧があるのがわかるかと思います。こちらから仕事を応募することで案件を獲得することができます。

ココナラに1分で無料登録してみる

ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスと並んで日本最大大手のクラウドソーシングサービスです。

ランサーズに1分で無料登録してみる

はじめてのWeb案件を受注して稼ぐ方法は?

全くの未経験からWeb案件を受注する場合は、以下の手順ですすめます。

  1. プログラミングの基礎を理解する
  2. 実際にコピーサイトを作ってみる
  3. 実際にオリジナルサイトを作ってみる
  4. ポートフォリオの作成する

まずは、必要なプログラミング言語でも解説しましたが、Progateドットインストールのようなサイトでプログラミングの基礎を学んでみましょう。

DAI
ある程度できたら、まずはProgateで学んだような簡単なWebサイトをネットで公開してみましょう。

ここまでできたら、コピーサイトを作ったりして、最終的にオリジナルのWebサイトを作成します。

DAI
そしてこのWebサイトをポートフォリオとして、営業すればよいのです。

つまり、これからプログラミングで副業案件を受注するのに必要なのは、「オリジナルWebサイト開発」となります。

エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

プログラミングの副業で失敗するのはなぜ?

私自身、クラウドソーシングサイトで仕事を発注することがありますが、

  • 実績がないから、仕事をお任せできない
  • 未経験でもポートフォリオがないから、評価できない

副業で失敗するのはこのような例に当てはまる方が非常に多いです。

  • 実績がないから案件を依頼されない
  • 案件を依頼されないから実績ができない
  • 実績がないから案件を依頼されない…

これらをループして、なかなか最初の一件目を獲得することができません。

DAI
そこで、どうにかして初心者でも実績をつけて、ブランディングをする必要があります。

そのために、一度オリジナルで自分のWebサイトを作る必要があります。

副業でプログラミングを始めたいんだけど、どうやれば稼げるの?

副業でプログラミングを始める場合には、以下のステップで学んでいくとよいです。

  1. まずはスクールなどでコピーアプリやWebサイトを作る
  2. オリジナルアプリやWebサイトを作る
  3. オリジナルアプリやWebサイトをポートフォリオに、クラウドソーシングで仕事を受注する

まずは、営業で提案できるポートフォリオ作成をゴールにしましょう。

DAI
どこのだれかわからず、実力があるかどうかもわからない人に仕事を任せたいなんて思いません。

なので、まずは、実際にいろいろとサイトを作ります。

DAI
そして、そのうえで「こんなものを作れます!」とクラウドソーシングで営業して案件を取ってくることになります。

実際に、未経験から僕がクラウドソーシングで案件を取ったときの営業メールはこんな感じです。

 

ポイントは、しっかりと「あなたが欲しいものを作れます!」とアピールすること。

DAI
そのために成果物を公開する必要があります。

独学でもできなくはないけど、本当に大変でした

重要なことなので、一番大事なことを繰り返しますね。

DAI
プログラミングで副業案件を受注するためには、オリジナルサイト公開が一番重要です。

とはいえ、独学でゼロからやろうとすると、相当時間がかかりますし、9割型挫折します。

DAI
僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイト・アプリが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

なので、今独学で躓いていたり、効率的に学びたい人は、最初からプログラミングスクールを利用してみてもいいかもしれません。

Web制作を学べるおすすめプログラミングスクール3選

Web制作を学べるプログラミングスクールでおすすめなのは、以下の3つです。

①TechAcademy:プログラミングの副業をお手頃価格で学びたい人向け

公式サイト:https://techacademy.jp/

【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!

学習言語 HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github, PHP
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥149,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方にはおすすめです

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

副業でWeb制作をやってみたい!という方には、以下の2つの理由で特におすすめです。

  1. 完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

  2. Wordpressに特化したコースがある

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

現役エンジニアのパーソナルメンターがつくことで、以下のことができるようになります

  1. 挫折する可能性がぐっと下がる
  2. 自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

①挫折可能性がぐっと下がる

まず、プログラミングを学ぶほとんどの人が、モチベーションが続かず最初につまづいて辞めてしまう傾向にあります。

パーソナルメンターがいれば、最初の一番きつい学習期間を一緒に乗り越えられるので、学習が継続します。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、オンラインでも挫折しにくい仕組みになっているので、初心者の方でも安心ですね!

②自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

Web制作の現場は、常に自分で調べながら学び続けなければいけませんが、なかなか自分自身の力でエラーを解決するのは難しいですよね。

マンツーマンのメンターがいると、プログラミングの課題をどうやって解決すればいいか、「学習方法」を学ぶことができます。

  • 週に2回の面談
  • リアルタイムでのチャット質問

ができるので、受講者の方も非常に学習が進めやすかったそうです。(インタビュー記事より

mottyさん
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。

②Wordpressに特化したコースがある

そんなWordpressに特化したコースがTechAcademyにはあります。

料金は一番短いプランであれば15万円ほどなので、かなり安いです。

企画からこのコースを受講することで5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるようになっています。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

※更新情報 2020年5月 TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。 Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,00円〜60,000円もお得になるようです。

公式サイト:
https://techacademy.jp/

【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!

②Codecamp:プログラミングの副業をマンツーマンレッスンで学びたい人向け

公式:
https://codecamp.jp

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。

Code Campのコースのうち、もし副業で稼ぎたいなら、WordPressコース余裕があればWebデザインマスターコースがおすすめです。

WordPressコースのポイント

WordPressコースでは、WordPressのテーマ開発などを行います。

もしこれができるようになると、だいたい月5万くらいの、簡単なコーディング案件はできるようになると思います。

Webデザインマスターコースのポイント

一方で、予算があるなら個人的にはWebデザインマスターコースがおすすめです。なぜか。

それは、デザイン+コーディングができると、案件の単価が上がるからです。

こちらに一般的なWeb制作のフローを貼りました。

WordPressコースでは、一般的にコーダーだけの仕事になります。

一方で、Webデザインマスターコースだと、デザインとコーディングができるとより上流の単価の高い仕事をすることができます。

どうせ高い料金を支払うのであれば、僕個人的にはデザインとコーディングの両方ができるようになることをおすすめします。

WordPressコース デザインマスター
料金 148,000円/2ヶ月プラン
+
30,000円/入学金
148,000円/2ヶ月プラン
248,000円/4カ月プラン
+
30,000円/入学金
学習内容 WordPress Webデザイン全般+WordPress
詳細ページ https://www.lp.codecamp.jp/wordpress https://codecamp.jp/courses/master_design

※更新情報 2020年5月 WordPressコースは期間限定のようです。また、無料体験を受けて申し込むと、、10,000円の受講料割引が効くようです。

公式:
https://codecamp.jp

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

③Raise Tech:プログラミングの副業を営業まで学びたい人向け!

RaiseTech(公式):
https://raise-tech.net/

【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

RaiseTechは、現場で使える最新技術を落とし込んだカリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。

JavaやAWSのコースもありますが、副業に特化したWordPress副業コースがあります!

案件獲得までがっつりサポート!RaiseTech WordPress副業コース

実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。

RaiseTech副業コースの特徴としては、以下3点があります。

  • 現場でフロントエンジニアをしている、月単価80万以上の講師のみ採用している点
  • 実際にフリーランスで働いている人から、案件の取り方をしっかりとレクチャーしてもらえる
  • 現場で使われる技術を、プロから学べる点

RaiseTechは、プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめです。

RaiseTechの場合は、かなり現場レベルのコースが学べます。

カリキュラムはこんな感じ。

ちょっとよくわからないかもしれませんが、ほかのスクールがカバーしない範囲の、より実務的なスキルを学ぶことができます。

値段はほかのスクールと比較すると値が張りますが、案件獲得から納品まで、がっつりと学びたいならRaiseTechがオススメです。

料金 ¥261,800 / 2カ月
¥173,800 / 2カ月 (学割)
学習内容 Webデザイン,WordPressテーマ開発, 案件獲得の営業など
講師の充実度 月単価80万以上の現役エンジニアのみ採用
公式 https://raise-tech.net/courses/wordpress-sidejob-course

RaiseTechにはトライアル受講制度というものがあって、なんと受講をはじめて2週間以内であれば全額返金されます。

なので、受講しようか迷っている方は実際に2週間受けてみてから判断すると良いと思います。

RaiseTech 公式:https://raise-tech.net

【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

プログラミングスクールでWebサイトを作ったら

さて、プログラミングスクールでアプリやwebサイトを作った後は

  • お客さんが「こういうものを欲しい!」と言っているものを、学習した経験からオリジナルで作りましょう。

そして、「お客さんが欲しいサイト、もう僕が作っちゃったんですけどどうでしょうか?」と営業すると、ほぼ100%案件取れます。(実体験)

DAI
プログラミングスクールで、サクッとアプリやWebサイトの作り方を学んで、あとはオリジナルでどんどん作って提案してしまいましょう。

フリーランスとして独立

  • クライアントの要望するサイト等の作成
  • 案件の受注
  • 営業

これら全て一人でこなして、プログラミングが副業として成り立ってきた後、フリーランスとして独立する選択肢もあります。

フリーランスは副業の時とは異なり、フルタイムで会社などにコミットする形がほとんどです。

DAI
なのである程度エンジニアの仕事を経験して自信がついたら、フリーランスへの独立をおすすめします。

副業からフリーランスを目指す際には以下の求人サイトをおすすめします。

  • ミッドワークスフリーランスでも正社員並みの福利厚生待遇を受けられるITフリーランス向け求人サイト
【体験談】プログラミングを学んでフリーランスになる失敗しない方法をまとめてみた
Pythonのフリーランスエンジニアはリモートワーク可能?案件内容は?など詳しく解説!【単価相場・案件傾向】

結論

ということで、クラウドソーシングで未経験者が副業するための方法でした。

Web制作は、個人、企業問わず、どこも必要なので、需要が非常にあります。また、普通に5-10万くらいで受注できるので、おすすめです。

とにかく、お客さんに信頼してもらえるように、自分の手でアプリを作るのが重要です。

僕も最初はコードが書けなかったんですが、メンターができてから学習スピードが爆上がりしたので、最初からスクールにいってしまうのがおすすめです。

この記事で紹介したプログラミングスクール

この記事で紹介したプログラミングスクールのレビュー記事

【体験記】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を受講生が話します!
【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】
【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

よくある質問

プログラミングの副業に関して、よく質問されることがあるのでお答えしますね。

Q.未経験の大学生、 30代、40代でもプログラミングの副業はできますか?

DAI
A. もちろんできます。

というのも、正社員で転職だと難しいのですが、クラウドソーシングだとそもそも年齢が出ません。

ですので、完全実力勝負なので、年齢関係なくやる気次第では案件獲得することはできます。

Q. 独学でもできますか?

DAI
A. もちろん可能かとは思います。

ただ、何が問題が起こった時に対応方法が全く分からないので、個人的にはプログラミングスクールなどで聞ける体制は整えたうえでやったほうがおすすめです。

Q. C言語や、Javaの副業はありますか?

DAI
A. 未経験者向けではほとんど無理だと思います。

なぜなら、そのような言語で作られたアプリケーションを、完全に未経験の人にお願いするのはリスクが高すぎるからです。

Webサイトのように、ほぼ見た目の部分だけ作ればOKみたいな案件であれば、未経験でもあるのですが、C言語、Java、Rubyのようなアプリケーション系の副業案件はほぼ経験者しか採用しないでしょう。

関連記事

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較