最終更新日:
【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

「フリーランスエージェントに登録すれば、高単価な案件を紹介してもらえると思ったのに……。」

「中抜きがあるから手元に残る報酬が少なくなってしまう」

このような悩み持つフリーランスは多いはずです。

DAI
またせっかくフリーランスになったのであれば、「客先常駐ではなく在宅勤務ができる会社と契約したい」そう思っている方も多いですよね。

今回ご紹介するi-common techならすべてを実現できるかもしれません。

i-common techには以下のような特徴があります。

  • 直契約だからマージンゼロ
  • 自社開発案件が豊富
  • リモートワーク案件が豊富

すでにフリーランスエージェントを利用していたとしても、あわせて登録しておきたいエージェントです。

DAI
マージンが発生しないので、手元にお金が残りやすくなりますよ。

i-common techの基本情報

公式:https://i-common-tech.jp/

i-commen techは、企業と直接契約をウリにした新しい形のフリーランス ITエンジニア専門エージェントです。

会社名 パーソルキャリア株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
資本金 1,127百万円
従業員数 4,540名
事業内容 人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援、採用・経営支援サービスの提供

※内容は2022年2月27日最新

引用:https://www.persol-career.co.jp/corporate/overview/

i-common techの情報によると、登録者数のうち80%以上が月収50万円以上と、高単価な案件を獲得していることがわかります。

担当者が会員登録後にインタビュー、案件の紹介、契約締結後のアフターフォローまで、一気通貫でサービスを提供していることが特徴です。

DAI
dodaで有名なパーソルキャリア株式会社が運営しているので、安心して登録できますね。

i-common techを使うメリット

i-common techを使うと以下のようなメリットがあります。

  • 直契約なのでマージンゼロ
  • 自社開発案件が豊富
  • 長期契約の案件がある
  • リモートワーク案件が豊富

それぞれわかりやすく解説します。

直契約なので中間マージンゼロ

既にフリーランスエージェントを利用している方は、エンドクライアントと仲介業者との間にいくらの中間マージンが入っているか考えたことはありますか?

開示がされていないこともありますが、おおよそ平均の中間マージンは10〜25%と言われています。

たとえば100万円の案件の場合、中間マージンによって私たちの手元に残るお金が10万円〜25万円変化します。

DAI
高単価の案件を獲得するほど、マージンの負担は大きくなりますよね。

この点、i-common techの中間マージンは0円なので、手元に金額を多く残すことができます。

自社開発案件がある

フリーランスとして独立したからには、自社開発の案件に携わりたいと考えている方も多いでしょう。

i-common techにも自社開発の案件があります。

DAI
自社開発案件の場合、綿密なコミュニケーションが取りやすい、納期が受託よりも緩いなどの特徴があります。

ゼロからの案件や、今後グロースするであろう裁量が大きい仕事に関わることができるので、スキルの幅も広がりやすいです。

またしっかりと成績を残すことができれば、そのまま次の自社開発案件へとステップアップできます

長期契約の案件が豊富

i-common techは案件は中長期的な契約となりやすいのが特徴です。

その理由は、中間マージンにあります。

完全成功報酬型のi-common techは、企業からすると、長い契約を続けるほど割安になるのです。

このため、企業から求められる人材であれば、中長期的に活躍することができます。

DAI
企業がi-common techに支払う紹介手数料は最大12ヶ月までです。このため長期で契約が続くほど、企業が得をする仕組みです。

リモートワーク案件が豊富

367件ある案件のうち、リモート可能な案件は260件と、多くのプロジェクトがリモートワークに対応しています。(2022年2月26日現在)

同業他社と比較してみても、リモート求人の割合が70%を超えるケースは多くありません。

i-common techはリモートワークの案件が豊富だといえます。

もちろん、リモートワークだからといって単価が下がることはありません。

なかには月収100万円を超える案件も多くあります。

i-common techならフリーランスとして自由に生活しつつ、高単価の仕事を取ることが叶います。

愛知、大阪、福岡といった中部、関西、九州方面の案件も取り揃えられているため、都内近郊に住んでいなくても働くことができます。

DAI
フリーランス ITエンジニアの場合、都内に住んでないと働くことができないかと思う方も多いのですが、そんなことはありません。高収入で場所を選ばずに働ける仕事がi-common techにはあります。

i-common techを使うデメリット・注意点

i-common techを利用する際は、以下のようなデメリットに注意が必要です。

  • 案件数が少なく紹介が不定
  • 即戦力じゃないと案件を受けられない

それぞれわかりやすく解説します。

案件数が少なく紹介が不定期

i-common techは、そもそも案件数が少ないというデメリットがあります。

主要なフリーランスエージェントと比較すると明らかです。

レバテックフリーランス 35,180件
フォスターフリーランス 5,000件
ITプロパートナーズ 367件

2021年2月27日現在

DAI
案件数は少ないですが、マージンが取られないのは魅力なので、まずは登録をしておいて紹介を待つのが良いでしょう。他のフリーランスエージェントと併用するのがおすすめです。

即戦力じゃないと案件を受けられない

i-common techは、実務経験で5年ほどのスキルを必要とする案件が多いです。

このため、初学者がi-common techで仕事を獲得するのは難しいです。

ただし、既に相応のプロジェクトに参加・貢献してきた経験がある場合は、それまでの実績を担当者に説明することで、案件を紹介してもらえる可能性があります。

DAI
初学者の場合は、まずは基礎をプログラミングスクールで学び、企業に転職するのがおすすめです。エンジニア転職を目指すならテックアカデミーを検討してみてください
【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

i-common techの案件例

ここからは、実際にi-common techで紹介されていた案件例を確認していきましょう。

バックエンドエンジニア

案件単価 500,000円/月
仕事の内容 サーバーサイド開発

運用、保守

基盤システムの開発

必要なスキル JavaScript

C#

VB

ASP.NET

求められる経験 エンジニア経験3年以上

C#での開発経験

ASP.NETの経験1年以上

DAI
長期のプロジェクト案件です。完全リモートワークなので、自宅から開発に関わることができます

機械学習エンジニア

案件単価 400,000円〜1,200,000円/月
仕事の内容 機械学習(ML)予測モデルの構築

Amazon SageMakerへの移行

必要なスキル 機械学習の理解

Amazon SageMakerの理解

求められる経験 Amazon SageMakerを使った機械学習(ML)予測モデルの構築が対応可能な方
DAI
こちらは機械学習のエンジニア案件。スキルがあれば企業での経験年数がなくとも参加できる案件のようですね。優秀な機械学習エンジニアであれば月収 100万超えも夢ではありません。

WEBデザイナー

案件単価 500,000円/月
仕事の内容 Saas製品のUI/UXを考慮したデザイン

Figmaにて画面イメージの作成

必要なスキル UI/UXデザイン

Figmaの使い方

求められる経験 プロダクトのUI/UXデザイン経験

Figmaの経験

DAI
i-common techには、エンジニア案件だけでなくデザイン案件もあります。案件を探したいデザイナーの方にもおすすめです。

システムエンジニア

案件単価 400,000円〜600,000円/月
仕事の内容 自社システムのマニュアル作成
必要なスキル HTML5
求められる経験 WordPress/HTML/CSSを活用したサイト作成等の実務経験

PHP/SQLの知見(あると良い)

DAI
PHP/SQLといったサーバーサイドの知識があるとなお良いですが、フロントエンドのエンジニアであっても挑戦できる案件です。

フルスタックエンジニア

案件単価 900,000円/月
仕事の内容

フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)

PM/PMO(アプリ)

ITコンサルタント(アプリ)

プロダクトオーナー/プロダクトマネジャー

開発ディレクター

必要なスキル

・Swift

・Kotlin

・AWS

求められる経験

PJTマネジメント経験(8~10名程度の規模)5年以上

パートナー会社様との連携のご経験

要件定義、基本設計、詳細設計、コーディング、単体テスト、総合テスト

AWS他、クラウド業者が提供するサービスの特性を知り、各種サービスを組みあわせてサービス基盤を構築した経験

DAI
エンジニアになるなら目指したいフルスタックの案件です。金額も900,000円〜と十分で、こちらもフルリモートでした。

またエンジニアとしてのスキルだけでなく、以下のようなスキルとの掛け合わせが必要な案件もあります。

  • UI/UXに留意したデザイン作成スキル
  • マニュアル作成に必要な編集スキル

引用:https://i-common-tech.jp/

i-common techの良い評判・口コミ

i-common techの良い評判には、以下のようなものがありました。

i-common tech(アイコモン テック)の営業担当さんのやり取りは基本的に電話・メールでした。
連絡頻度は適切でやり取りはとてもスムーズでした。
案件やクライアント企業の説明は十分で、面談前に対策とアドバイスをいただけました。

引用:https://freelance-start.com/

DAI
業務を請け負う以上、案件の詳細について知りたい方は多いですよね。i-common techの担当者が案件の説明をしてくれるので、スキルのアンマッチを防げるという口コミがいくつもありました。

i-common tech(アイコモン テック)から希望を満たす案件を紹介してもらえました。

希望する技術については、今の私のスキルセットを考えると、少し経験が浅いところを要望として出したのですが、なんとか先方の期待にも私の要望にも合致しそうな案件を探してきてくださいました。

さすがに、両方を満たす案件は少なかったですが。
他のエージェントさんは結構的外れな案件ばかり持ってくるのですが、それと比較したらずっと要望に近く、かつ現実的な案件が含まれていました。

引用:https://freelance-start.com/

DAI
担当者がヒアリングを徹底的に行い、経験が浅くても取り組める案件を探してきてくれます。クライアントの期待値コントロールもできそうです。

i-common techの悪い評判・口コミ

i-common techの良い評判には以下のようなものがありました

DAI
担当者によっては、案件を適切に紹介してくれない人もいるようです。

広告を見て大手のエージェントということで登録してみました。
もともとコンサルや顧問系の案件が多いらしく、開発系の案件はそこまで多くなさそうでした。
単価は平均的に高そうなイメージでした。

【良い点】
単価が良さそう

【悪い点】
開発系の案件が少ない。
上流やりたい人にはいいかもしれない

引用:https://freelance-start.com/

DAI
上流工程に取り組みたい方にはおすすめですが、開発案件が少ないとのことでした。そもそも案件の絶対数が少ないので、時期によっては開発系の案件が少ないことも確かにあります。

i-common techの登録の流れ

i-common techに登録する際は、以下の流れで進めましょう。

  1. 会員登録画面をクリック
  2. 会員情報を入力する
  3. 登録完了

1.会員登録画面をクリック

公式サイトにある「登録」画面をクリックします。

2.会員情報を入力する

画面に沿って以下を登録します。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 連絡先
  • パスワードの設定
  • 現在の活動状況

上記を登録すると完了です。

i-common techの業務開始までの流れ

会員登録後、i-common techの業務開始までの流れは以下の通りです。

  1. 事前面談
  2. 案件の紹介
  3. クライアント面談
  4. 合意と契約締結
  5. 業務開始

1.事前面談

登録後、i-common techの担当者からサービスの案内、希望の就業条件、現在の活動状況などのヒアリングが行われます。

今後取り組みたいこと、現在困っていることなどを幅広に説明しておくと、その後の案件の紹介がご自身にあったものとなる可能性が高いです。

2.案件の紹介

企業の求める条件とスキル感がマッチしているとi-common techが判断した場合、案件の紹介が行われます。

ただしすぐに案件を紹介されるわけではなく、紹介までに期間が空く可能性はあります

3.クライアント面談

プロジェクトへのアサインにあたり、企業との面談が必要になることがあります。

直近ではコロナの影響もあり、オンライン面談を行うケースもあります。

4.合意と契約締結

業務委託の条件を確認し、問題がなければ業務委託契約の締結となります。

i-common techを挟んだ場合、企業との直接契約になりますが、各種条件や手続きはi-common techの担当者がサポートしてくれるので安心です。

5.業務開始

業務開始後、何か不都合・不安なことがあった際にはi-common techの担当者に相談することができます。

DAI
既に参画中の案件であったもサポートしてくれるので、トラブルなどに発展する前に担当者に相談できるのは強みですね。

【企業側】i-common techの導入事例

これまで、i-common techについてITエンジニア側の視点から確認しましたが、企業側からの視点からも確認しましょう。

株式会社ミクシィでは、新事業の展開に必要なエンジニアを採用するためにi-common techを利用しています。

直接型の業務委託契約となるため、当初必要とされた書類は多かったものの、その後は円滑な書類のやり取りで契約を継続することができています。

業務締結後も、フリーランスエンジニアたちの知見を借り、共遊型スポーツベッティングサービスの大幅アップデートに成功。

フリーランスエンジニアもクリアな報酬のため、納得感を持って仕事に取り組んでくれたと好評です。

他の事例についてもこちらで紹介されているので、確認するとよいでしょう。

DAI
フリーランスエージェントを利用する際は、企業側からの評判も見ておくと、その後もサービスが長く続きそうかを判断することができます。

i-common techを他のエージェントと比較

特徴 こんな人におすすめ
レバテックフリーランス 1万件以上の案件を保有

高額案件が多い

税金が苦手な人も安心

多くの案件の中から高額案件を選びたい人におすすめ
Midworks WEB系の開発案件が多い

キャリアサポートが好評

給与保証で安心

案件参画後も気軽にコンサルタントに相談したい方におすすめ
フォスターフリーランス 常駐案件が多い

サポートが手厚い

経験者向きの案件が多い

常駐でガッツリ稼ぎたい人におすすめ
ITプロパートナーズ 週3日以下の案件が豊富

土日だけ案件もある

転職前の実務経験にも最適

今後企業への転職を考えている方におすすめ
i-common tech リモート案件が多い

登録が簡単

自社開発の案件もある

場所に縛られず高単価な仕事を獲得したい方におすすめ
DAI
i-common techは高単価で、場所を選ばずに仕事をしたい方におすすめできます。

まとめ

i-common techはリモート案件を獲得したいフリーランスエンジニアに、おすすめのフリーランスエージェントです。

一方で、そもそもの案件数が少ないなどのデメリットはあります。

そこで高単価な案件をi-common techで狙いつつ、他のフリーランスエージェントも併用しましょう。

DAI
どのエージェントも1分ほどで登録できるので、まずは気軽に登録してみましょう。
【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント