最終更新日:2021/06/05

エンジニアとして副業で稼げないかな?」

副業解禁となり、週末に副業で在宅でプログラミングを利用して稼げたらいいなぁって人は多いのではないでしょうか。

DAI
好きなプログラミングを副業にして、収入を得られたら超ハッピーですよね。

プログラミングって稼ぐのって、メリットも多いんですよね。

  • 今の自分の市場価値がわかるようになる
  • 会社員でいながら、社外とのコネクションができ、より給与の高い会社への転職チャンスが生まれる
  • 新しい技術を学び、スキルアップすることができる
  • 月収が増える
DAI
実際に僕自身もSEをやりながらエンジニアとして副業していました。新卒時代は給与が横並びなので、副業で稼げたのは本当に助かりました!

DAI
そこで今回は、副業したい人が在宅で自分のプログラミングスキルを使って稼ぐ方法をまとめていきたいと思います。

副業に興味があったとしても、どうやって副業を始めたらいいか?って迷いますよね。

「案件を獲得するには、他エンジニアとの比較競争に勝ち抜く実力と、コネがないと難しい?」

このように悩んでいるかもしれません。

DAI
そこで、「フリーランス」と「会社員」のそれぞれの場合別に、これから副業する場合に取るべきおすすめの方法をまとめました。
おすすめの方法 おすすめのサイト
フリーランスが副業する場合 ・フリーランスエージェントで週1~2の案件を狙う
・コネで案件を獲得する
ITプロパートナーズ
Midworks
会社員が副業する場合 ・副業サイトを使う
・クラウドソーシング
・コネで案件を獲得する
Workship
クラウドワークス
ランサーズ

フリーランスが副業をしたいと思った場合は、フリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

クラウドソーシングのように仲介手数料(マージン)が取られてしまうものの、自分の希望する案件を担当者が代わりに営業・紹介してくれますし、「現状でどのくらいのレベルの案件を獲得できるのか?」の情報を収集できたりするメリットがあります。

週4日以上がっつり常駐で働く案件をメインに探したい場合は「レバテックフリーランス」がおすすめですが、週2,3日の副業的な案件を探したい場合は「ITプロパートナーズ」や「Midworks」がおすすめです。

一方、会社員が副業する場合、フリーランスエージェントに登録しても紹介できる案件はほとんどありません。フリーランスエージェントは基本的にフリーランスの方を対象にしているからです。

なので会社員の場合は、「Workship」のような副業サイトか、クラウドソーシングか、コネで案件を獲得するのがおすすめです。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

エンジニアの副業案件ってどうやって探すの?

エンジニアの副業案件の探し方としては、以下の3つの方法があります。

  • 副業・フリーランス向けのエージェントを利用する
  • クラウドソーシングのWebサイトを利用する
  • 友達伝えで案件をもらう

①副業・フリーランス向けのエージェントを利用する

一番おすすめなのが、副業にも対応しているエージェントを利用する方法です。

メリット

  • 単価が高い案件を見つけやすい(例:週3で40万円)
  • 営業をエージェントが担当してくれる
  • 個人ではなくエージェントを介するので、価格交渉などがスムーズで場合によっては大幅収入アップ

デメリット

  • 週3日以上はいらないといけない案件もある
  • ある程度経歴や技術力がないと仕事を任せてもらえない場合がある

②クラウドソーシングのWebサイトを利用する

クラウドソーシングのWebサイトを利用する方法です。

メリット

  • ほとんどの場合は業務委託なので、会社員をやりながらでも両立しやすい
  • フルリモートでお仕事をすることが可能

デメリット

  • 仕事の発注主のITリテラシーがそこまで高くなく、仕事の定義があいまいな場合がある
  • 仲介が入らないので問題が起こった時の対応が難しい
  • クラウドソーシングを利用する場合はどうしても単価が低い

③友達伝えで仕事をもらう

他には、友達から仕事をもらう方法があります。

メリット

  • 身近な人から仕事をもらえるので、受注はしやすい

デメリット

  • 相手がITリテラシーが高いわけではないと、雇用契約の締結でもめる
  • 友達価格で低単価で任される可能性がある
  • 仕事を発注したい友達に営業するコストが高い
DAI
気を付けて仕事を選んだ方がよさそうです。

エンジニア向けの副業ができるおすすめサービス・サイト

エンジニア向けの副業ができるおすすめサービス・サイトについてご紹介します。

  • クラウドソーシングやコネ以外の方法で案件を獲得したい
  • 実際に利用するかどうかはまだ分からないが、案件獲得のチャネルを増やしたい
  • 時間があまり割けないので、営業や交渉を代行してもらいたい

という方に特におすすめです。

以下が比較表です。

おすすめな人 公式サイト
ITプロパートナーズ 週2日以上の案件を探したいフリーランス https://itpropartners.com/
Midworks 週2日以上の案件を探したいフリーランス https://mid-works.com/
Workship 会社員・週1~3日の案件を探したいフリーランス https://goworkship.com/
レバテックフリーランス 週3日以上の案件を探したいフリーランス https://freelance.levtech.jp/
DAI
会社員の方であればWorkship、フリーランスの方であれば全ておすすめです!

ここからは、それぞれのサービスの特徴を解説します。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 3,401件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週2~3稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週2~3稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週2~3からOKの案件が多くあるという点です。

実際、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週2~3からOKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

また、ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴がありデザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高まります。

DAI
そのため、まずはリモートや週2、3から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

Midworks

公式サイト;https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2020年、9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 215件
アナリスト 1件
企画・マーケティング 35件
Webディレクター 4件
Webデザイナー 19件

※公式ページ(https://mid-works.com/)より算出

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%。

DAI
一方、Midworksのマージン率は10~15%となります。

そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

DAI
登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。とりあえず登録しておいて、実際に案件紹介とかを受けつつ検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単です)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了(30秒ほど)

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Workship

公式:https://goworkship.com/

初めて副業をする!という方におすすめなのがWorkship(ワークシップ)、週1から働ける副業人材向けの求人サービスです。

DAI
エンジニアとして実務経験がある方なら、非常におすすめですね。

仕組みとしては、以下のような形になります。

  1. 副業ワーカーがWorkshipに登録して、自分のスキルを記入
  2. 気になる企業に「気になる」を押して、企業側も「気になる」が押されるとマッチング成立

ワークシップはエージェントではないので、契約は企業と個人の間で行われます。

DAI
そのため、価格交渉等も柔軟に行うことができます!契約後には1万円のお祝い金ももらえます。

実際に僕もプロフィールだけがっつりと埋めておいたのですが、向こうから「気になる!」がきていました。

エンジニア案件で単価をみてみると、時給4000円以上の案件もかなりありました。

DAI
無料で登録できるので、まずは自分のスキルセットを入力して、向こうからオファーが来ないか確認しておくのが良いと思います。

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

レバテックフリーランス

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
案件数 約10000件
最低稼働日数 週3日~
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター
公式サイト: https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。主な特徴としては、

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな特徴としては、

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

平均報酬額71.1万円と、非常に高くなっています。

また、職種ごとに案件の平均単価もみれます。

②キャリアコンサルタントの質が高い

レバレジーズのノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2020年、7月現在の求人数ですが、

  • エンジニア
  • Webディレクター

の案件が比較的多めになっています。

プログラマー 1818件
プロジェクトマネージャー 502件
フロントエンドエンジニア 228件
SE 2764件
インフラエンジニア 1941件
ネットワークエンジニア 411件
PMO 272件

ミッドワークスなどのITフリーランスエージェントと併用しつつ、自分にあった案件を見つけてみましょう!

レバテックフリーランス(公式):
https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

 

副業で収入を増やすポイント

副業を検討している方の多くは、空いている時間に副業して収入を増やしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

副業で収入を増やすポイントとしては、以下3点です。

  • 単価が安い案件は控える
  • 時給ではなく、固定報酬のものを選ぶ
  • エンジニアとして優れた経験値を持つ
DAI
自分のエンジニアとしてのスキルをしっかりつければ、副業でも稼げるようになると思います!

まとめ

というわけで、エンジニアが副業するポイントについてまとめました。

エンジニアの副業は、自由度が高く、スキルレベルが上がれば収入も高くなっていくのでおすすめです。

また仮に、副業の収入が本業を追い越すような状態になれば、本業を辞めて独立するのも良いかも知れませんね。

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!