最終更新日:
エンジニアで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/
平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!

【ITプロパートナーズ】少ない稼働で副業・リモートワークで稼ぎたい人におすすめ
週1~OK!リモート可能な案件が豊富!育児や個人事業などと両立して柔軟な働き方をしている利用者が多かったです。
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
業界最高水準の高単価&案件数!大手だからこその手厚いサポートも魅力的なエージェントなら!
【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!70%の案件がリモートのエンジニア特化エージェント

エンジニアとして副業で稼げないかな?」

「エンジニアとして副業したいけど、どこで案件を探すのがおすすめなの?」

DAI
今回はこれまでに複数エージェントを採用側で利用し、担当者と話した結果の裏付けと込みで解説しますね!

レバテックフリーランスさんとの面談

ITぷろ

エンジニアが副業する場合、

  • 高単価
  • リモートで働ける
  • 週2~3OK
  • 平日も稼働可能

が必要になってきます。

とはいっても、実はフリーランスエージェントを利用する場合、週2-3OKの求人を持っている企業はとても少ない状況です。

DAI
本記事の結論を先に言ってしまうと、副業OKのフリーランスエージェントがありました。

ITプロパートナーズは他のエージェントと比べ、上記の条件を満たした案件を多く取り揃えていました。またレバテックフリーランスも、担当者の方からヒアリングした結果、現在週2-3案件を拡充中のようです。

以下今回ご紹介する副業案件が見つかるエージェントを公開求人数で比較したので参考にしてみてください!

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
i-common tech https://i-common-tech.jp/

DAI
フリーランスエンジニア市場で、まだ週2-3OKの案件は少ないです。そのため、複数のエージェントに登録して、非公開求人含め、自分に合った条件の案件を網羅的にチェックしておくと自分に合った案件を見つけやすくなります。

DAI
さて、それでは早速本文で以下のことを中心に解説していきますね!
  • エンジニア向け副業案件を獲得できるおすすめWebサイト
  • エンジニアが副業するときのメリット・デメリット
  • 案件を獲得する3つの方法

エンジニア副業案件の探し方

エンジニアの副業案件の探し方としては、以下の3つの方法があります。

  • 副業・フリーランス向けのエージェントを利用する
  • クラウドソーシングのWebサイトを利用する
  • 友達伝えで案件をもらう
DAI
上記探し方のメリット・デメリットを解説していきますね。

①副業・フリーランス向けのエージェントを利用する

一番おすすめなのが、副業にも対応しているエージェントを利用する方法です。

メリット

  • 単価が高い案件を見つけやすい(例:週3で40万円)
  • 営業をエージェントが担当してくれる
  • 個人ではなくエージェントを介するので、価格交渉などがスムーズで場合によっては大幅収入アップ

デメリット

  • 週3日以上はいらないといけない案件もある
  • ある程度経歴や技術力がないと仕事を任せてもらえない場合がある
DAI
デメリットはありますが、ITプロパートナーズなど週1~OKの案件やリモートで働ける案件など、副業に適した案件を受注できるエージェントもあるので、利用しやすいと思います。

②クラウドソーシングのWebサイトを利用する

次に、クラウドソーシングのWebサイトを利用する方法です。

メリット

  • ほとんどの場合は業務委託なので、会社員をやりながらでも両立しやすい
  • フルリモートでお仕事をすることが可能

デメリット

  • 仕事の発注主のITリテラシーがそこまで高くなく、仕事の定義があいまいな場合がある
  • 仲介が入らないので問題が起こった時の対応が難しい
  • クラウドソーシングを利用する場合はどうしても単価が低い

DAI
デメリットとして、単価が低い案件が多いことがあげられますが、競合性が低い案件もあるため、とりやすい案件を狙うのがいいと思います。

③友達伝えで仕事をもらう

他には、友達から仕事をもらう方法があります。

メリット

  • 身近な人から仕事をもらえるので、受注はしやすい

デメリット

  • 相手がITリテラシーが高いわけではないと、雇用契約の締結でもめる
  • 友達価格で低単価で任される可能性がある
  • 仕事を発注したい友達に営業するコストが高い
DAI
友達伝えと言えど、様々なデメリットがあるため、気を付けて仕事を選んだ方がよさそうです。

エンジニア向けの副業ができるおすすめエージェントやサイト

DAI
まずは、副業求人を扱っているエージェントに無料登録しておきましょう。

自分に合った条件の案件を見つけるためには以下のことが重要です。

  • 複数の副業求人サービスに無料登録して、非公開求人含め網羅的に案件をチェックする
  • 同じ案件でも条件や報酬が違うことがあるので、複数の求人サイトから案件情報を確認する
  • 常に最新情報をチェックしておく

複数のエージェントに無料登録しておけば、別のエージェントで好条件の案件を見つけることができます。

DAI
また、副業しやすいリモート・週1案件は人気が高く、非公開な場合が多い・すぐ埋まりやすいので、なるべく複数のエージェントに登録して最新情報をアップデートしておくのが良いでしょう。

なるべく多くの副業求人サイトに登録しておくのがおすすめです。

  • ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
    週1からできるフリーランス向け副業紹介サービス。
  • レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
    案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
  • i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/
    平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!
DAI
詳しく説明する前に簡単に比較表にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください!
公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
i-common tech https://i-common-tech.jp/
DAI
では以下から詳しく見ていきましょう!

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,205件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1日~稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年10月時点・公式ページより引用/算出

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークがしたい・高単価や週1~OKの案件を受注したい方におすすめです!

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』のため、月収60万円〜90万円の高単価案件多数
  2. リモート可能・週1,2~稼働OKの案件が多い
  3. ベンチャーやスタートアップなど成長企業からの案件多数
DAI
各項目について詳しく解説していきますね。

『直請案件』のため、月収60万円〜90万円の高単価案件多数

引用:ITプロパートナーズ公式ページ

ITプロパートナーズで取り扱っている案件は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

なので、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

DAI
『直請案件』により、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的ですね。

リモート可能・週1,2~稼働OKの案件が多い

引用:ITプロパートナーズ公式ページ

ITプロパートナーズは、週1,2~からOKの案件を多数保有しています。

一方で、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない
DAI
なので、週1~副業したいエンジニアにはもってこいのエージェントですね。

また、月単価60万~90万の案件を多数揃えています。

DAI
直請案件ならではの高単価も相まって、本業では自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

ベンチャーやスタートアップなど成長企業からの案件多数

また、ITプロパートナーズは名の知れた成長企業からの案件が豊富にあります。

引用:ITプロパートナーズ公式ページ

DAI
さらにエンジニアの案件の質は業界最高水準です。質の良い案件が多数揃っていることがここからもわかりますね。

ITプロパートナーズの口コミ

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  28,634件
平均単価 68.2万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週3案件、リモート案件多数

公式ページ:https://freelance.levtech.jp/
※2021年10月時点・公式ページより引用/算出

DAI
レバテックフリーランスは、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方やリモートで働きたい方におすすめのエージェントです。

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3点です。

  1. 業界最高水準の案件単価!案件の質も良い
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポートで安心して働ける
  3. 自分にぴったりの案件が見つかる求人数の多さ
DAI
それぞれの項目について詳しく解説していきますね。

業界最高水準の案件単価!案件の質も良い

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、利用者の平均年収は862万円という高水準です。

また、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
レバテックフリーランスは中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

※ただし、レバテックフリーランスは常駐型・週5日の案件が基本です。そのため、副業的に案件に参画したい・地方に住んでいる方はITプロパートナーズもしくはi-common techを利用するのがおすすめです。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポートで安心して働ける

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
下の画像のように利用者からの評価も非常に高いです。

引用:レバテックフリーランス公式ページ

DAI
また、担当のキャリアアドバイザーがどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

自分にぴったりの案件が見つかる!求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準です。

DAI
下の表はエージェントごとの公開されている案件数で、レバテックフリーランスは 28,634とトップ水準です。
レバテックフリーランス  28,634件
ITプロパートナーズ 4314件
i-common tech 208件

※2021年10月現在。詳細は公式ページを参照。

また、エンジニア以外のデザイナーやマーケターの職種でも他のエージェントより案件数が最も多くなっています。

ちなみに、レバテックフリーランスは全体の約80%が非公開案件です。

非公開案件とは?なぜ非公開なの?
非公開求人とは、検索一覧等に表示されていない案件です。競合に知られたくない機密性の高い大企業案件であったり、好条件ゆえに応募が殺到する可能性のある案件は非公開にされる場合がほとんどです。

※非公開案件を閲覧するには、サービスに登録し、担当者から直接紹介してもう必要があります。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。なので、今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがお勧めです。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

i-common tech

公式サイト:https://i-common-tech.jp/

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数  208件
平均単価 85万円
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日〜可能、リモート案件70%以上

公式ページ:https://i-common-tech.jp/
※2021年1月時点・公式ページより引用/算出

DAI
i-common techは、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方や週3日~・リモートで働きたい方必見のエンジニア特化型エージェントです。

i-common techの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • 中間マージンのない直請け案件多数
  • リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる
  • 契約後も充実したサポート体制

中間マージンのない直請け案件多数

ITプロパートナーズで前述したように質の高いエージェントは、直請け案件=高単価な案件を多く取り扱っていることが必須です。

DAI
i-common techは、人材大手のパーソルグループが運営するからこそ、そのネットワークを活かし、直請け案件を豊富に取り扱っています。

実際に、以下のグラフの通り、平均単価は85万円・利用者の約半数が月収70万以上です。

引用:i-common tech公式ページ

DAI
継続して案件を受けることで、長期的な報酬アップも見込めますね。

実際に業界最大手のレバテックフリーランスと平均単価を比較してみても高額なことがわかります。

i-common tech 85万円
レバテックフリーランス 68.2万円

リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

引用:i-common tech公式ページ

i-common techは、案件の74%がリモート可能案件です。また、週3日〜OKな案件も多数あります。

特にエンジニア求人の場合は、週5日〜常駐案件がほとんどなので、柔軟に仕事をすることが難しかったりします。

ですが、i-common techはリモート案件も豊富で週3日からの案件もあるので、地方在住の方や柔軟な働き方がしたいという方にはおすすめのエージェントです。

契約後も充実したサポートを受けることが出来る

引用:i-common tech公式ページ

i-common techはIT人材サービスを多く手掛け実績も豊富なパーソルグループが運営するサービスです。

だからこそその知見を活かしてプロのエージェントから登録後のカウンセリングから案件の紹介、契約の締結、業務開始後のアフターフォローまで一貫してサポート受けることが可能です。

DAI
エンジニアに特化しているからこそ、業界の理解が深く、案件のミスマッチが起こりにくいというのも大きな魅力です。

i-common techの口コミ

男性A
さまざまなエージェントを活用してきたが、とても良い現場に巡り合うことができた。一般的なエージェントサービスだと中間マージンを取るが、直接業務委託なのでブラックボックス化しない。
男性B
企業から直請けの案件が多いため、自分に対する企業側の期待値が見えやすいため、報酬を直接調整できる点がよい。また、自分より技術レベルの高い人から学べる現場に入ることでき、今後もニーズの高い技術に触れることができる。
女性A
i-common tech担当者から企業情報を事前に教えてもらえ、面談の対策をしっかりすることができた。パーソルグループが運営しているサービスであるため、安心して利用することができる。

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

エンジニアが副業するメリットや始めるべき理由は?

エンジニアが副業することで得られるメリットは単に収入が増えるのみではありません。

案件を獲得する前に副業のメリット・デメリットについて把握して、メリットを最大化、逆にデメリットはなるべくコントロールできるようにしておきましょう。

エンジニアが副業するメリット

DAI
エンジニアが副業をするメリットは主に以下の3点があります。
  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
  • 人脈を広げることができる

副業では自分で自由に案件を探すことができるので、本業とは少し違った業務(例えば、採用やマーケティングなど)に携わることができたり、本業では扱っていない技術で実務経験を積むことができる可能性が高いです。

DAI
また、市場ではどういった技術が評価されているのか?ということをチェックできる機会にもなりますね。

また、「開発して納品したら終了→次の案件へ」という場合は、少なく継続して案件を受注できる可能性が高いので、副業先に転職できるパターンもあったりします。

副業をしているエンジニアの割合

2020年8月時点でエンジニアの副業経験率は約40%ほどとなっており、半数近いエンジニアが副業を始めています。(引用元

エンジニア不足により需要が高まっているため、副業案件の報酬も高くなっています。

DAI
自分のスキルを活かして副業することで収入アップに繋がるだけでなく、スキルアップや人脈を広げることが出来るなど様々なメリットがありますね。

エンジニアが副業するデメリットって?

逆にエンジニアが副業するデメリットは当然ですが、「本業との兼ね合いが難しくなる」ということです。

DAI
案件にもよりますが、副業でも「週に20時間はコミット必須」のものが多いです。

単純に仕事量が増えるので、本業が疎かになりかねません。

なので、副業では、週2~3日かつリモートワークできる案件を獲得するのがいいと思います。

DAI
そういった案件を多く扱っている「ITプロパートナーズ」や「i-common tech」を活用して案件を受注するのがおすすめですね。

エンジニアの副業案件や単価例って?

実際にエンジニアの副業案件や単価はどんな感じか見ていきましょう。

DAI
勤務日数ごとに単価や案件内容が異なるので、それぞれご紹介しますね。

週1勤務の場合のエンジニア副業案件や単価例

まずは、週1勤務の場合の案件例を見てみましょう。

引用:ITプロパートナーズ公式ページ

  • 募集職種:エンジニア
  • 必須スキル:Ruby on rails の実装経験 (できれば2年程度、最低1年半以上)、Reactの実務経験

週3勤務の場合のエンジニア副業案件や単価例

次に、週3勤務の場合の案件例を見てみましょう。

引用:ITプロパートナーズ公式ページ

  • 募集職種:エンジニア
  • 必須スキル:情シスとしての豊富な経験・知見
DAI
上記のように勤務日数ごとに想定月収はかなり変わりますね。本業との兼ね合いを見てどれくらいの勤務日数が最適かエージェントに相談しつつ進めていくのがおすすめですね。

エンジニアが副業で収入を増やすポイント

副業を検討している方の多くは、空いている時間に副業して収入を増やしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

エンジニアが副業で収入を増やすポイントとしては、主に以下3点です。

  • 単価が安い案件は控える
  • 時給ではなく、固定報酬のものを選ぶ
  • エンジニアとして優れた経験値を持つ
DAI
自分のエンジニアとしてのスキルをしっかりつければ、副業でも稼げるようになると思います!

エンジニアが副業を始める際の注意点

いざ副業を始める前に確認しておくべき注意点があります。

  • スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める
  • 副業可能か会社に確認する
  • 確定申告が必要か確認する
DAI
それぞれの項目について詳しく解説していきますね。

スケジュール管理をしっかり行い、可能な範囲で始める

始めたてから副業で収入を増やすために極端に副業の勤務日数を増やすことは控えたほうがいいでしょう。

副業の仕事により本業との兼ね合いが難しくなり、キャパオーバーになる可能性があります。

DAI
本業と合わせたスケジュール管理を行い、まずは可能な範囲で副業を始めることをおすすめします。

副業可能か会社に確認する

会社によっては副業が禁止されているところもあるかもしれません。

DAI
会社の就業規則をチェックし、副業が可能かどうか確認してから始めるようにしましょう。

確定申告が必要か確認する

会社員の場合、年末調整があるので、今まで確定申告をしたことがない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

本業以外の副業で所得が年間20万円を超えると、確定申告が必要になります。

DAI
トラブルを避けるために、確定申告が必要な場合は必ず行うようにしましょう。

エンジニア副業についてよくある質問

ここからはエンジニアの副業についてよくある質問についてお答えしていきます。

Q1. 週何日から副業出来る?

DAI
週1~副業可能な案件もあります。週1~3などで自分に合った勤務日数を選ぶのがおすすめですね。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
近年コロナの影響で更にリモートワーク可能な案件が増えてきました。中でも「ITプロパートナーズ」や「i-common tech」はリモートワーク可能な案件を多数保有しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Q3. 未経験エンジニアで副業出来る?

DAI
副業の場合、実務経験が求められるケースが多いので、未経験からだと難しいかもしれません。未経験の場合、就職して実務経験をある程度積んでから副業するのがおすすめですね。

Q4. エンジニアで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
案件ごとに異なるため、案件サイトなどで自分の持つスキルを選択し、どんな実務経験やスキルが必要か確認してみましょう。

Q5. エンジニアの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
副業として請け負っていた案件を独立してからも継続して請け負うことが可能です。エージェントでは週4,5~の案件も多数扱っているため、フリーランスとして独立してからでも案件探しには困らないと思います。

エンジニアの副業について:まとめ

というわけで、エンジニアが副業するポイントについてまとめました。

エンジニアの副業は、自由度が高く、スキルレベルが上がれば収入も高くなっていくのでおすすめです。

また仮に、副業の収入が本業を追い越すような状態になれば、本業を辞めて独立するのも良いかも知れませんね。

エンジニアで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週1~/土日OK・リモート案件も豊富なフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
業界大手だからこその最高水準の案件数!週2~OK!非公開求人多数あり!
【第3位】i-common tech(公式:https://i-common-tech.jp/
平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!

【ITプロパートナーズ】少ない稼働で副業・リモートワークで稼ぎたい人におすすめ
週1~OK!リモート可能な案件が豊富!育児や個人事業などと両立して柔軟な働き方をしている利用者が多かったです。
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
業界最高水準の高単価&案件数!大手だからこその手厚いサポートも魅力的なエージェントなら!
【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!70%の案件がリモートのエンジニア特化エージェント