最終更新日:2020/09/02

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが実際に取材、体験してみて、特にオススメのプログラミングスクール一覧≫

「30代からのエンジニア・プログラマーに転職するなんてもう遅いんじゃないか。」

実際、30代で転職を考えている方には以下の悩みを持っている人は多いです。

  • 30代未経験でプログラマー・エンジニアになるのは可能なのか
  • どのプログラミングスクールが転職支援などが良いのか
  • オンライン・転職支援など、自分に合ったプログラミングスクールはどれなのか

この記事では、30代からのプログラマーとしての転職や、複数のスクールから選び抜いた30代の方にこそ知ってほしい厳選スクールについてご紹介します。

DAI
元プログラミングスクールの運営者である筆者が、これまで見て来た方を例に30代で転職できるのかどうかを徹底解説します。

この記事では、元プログラミングスクール運営者の私が、実際に30代で転職できるのかについて解説していきたいと思います。

30代未経験でエンジニアへの転職・独立ができる理由

  • Q:30代からプログラミングを学び、転職することは可能でしょうか?
  • A:結論から言うと、簡単ではないが可能です。

実際に30代からプログラマーになった方は、多くいらっしゃいます。

30代からWeb制作会社に入社される方もいらっしゃいます。

DAI
上記の様に未経験からエンジニア転職を成し遂げている方は多くいます。

ただし、30代からのエンジニア転職は、学習方法・転職、独立方法までのステップを間違えないように注意する必要があります。

  • また、IT業界の話をすると、いわゆる「エンジニア職」は慢性的に人材不足の傾向にあります。

よって、30代・未経験だとしても、しっかり準備して望めばエンジニアになることは可能です。

30代からエンジニアに転職する場合の注意点

とはいえ、後悔しないエンジニア転職をするうえで、注意点しなければいけない点として以下の二点があります。

  • 年収が下がることは避けられない
  • 学習方法・転職・独立などのステップを間違わない

年収が下がることは避けられない

30代からの転職は業務未経験からのポテンシャル採用となるため「年収が下がること」は避けることができません。

具体的には以下について知っておく必要があります。

  • 年功序列で上がってきた給与ではなくなるため、年収は大幅に落ちる
  • 完全なる育成枠として採用になるため、若い人から教わるスタンスがなければ生き残れない

ただし、しっかりとした実務経験を得られれば、成長に投資した分は返ってきやすいので、入社直後は辛抱することが必要です。

DAI
30代でエンジニア転職する場合は、もう一度新入社員に戻るということです。なので、とにかく分からないことはひたすら聞く。年下でも聞く。これが重要になります。

学習方法・転職・独立などのステップを間違わない

また、30代からエンジニアとして転職をするためには以下の3つのステップを間違わないことが必要です。

  • 学習方法
  • 転職
  • 独立

30代から未経験でエンジニアとして転職は、「完全なる育成枠」としての採用であるということです。

つまり、会社の経営的には同じ枠でとるのであれば、若くて給与も低く物覚えのいい若手を取った方が有利なわけです。

DAI
そのため、正しい学習方法やスクール選びをして、転職や独立を目指すというステップを踏むことが20代よりも更に求められるのです。
プログラマーに30代で未経験から転職できる?その方法について解説してみた

30代からエンジニア転職するにはポートフォリオを作ることが大事

以上全て読んでいただくとわかってくると思いますが、未経験の30代がエンジニアになるには、とにかく実績が必要で、実績を示すためにはポートフォリオを作ることが肝要だということです。

肝に命ずべきは「実績がないと、採用されない」

仕事を企業が依頼したい時に、自分の実績をまずはつくってアピールすることが重要です。

  • エンジニアとしての経験がない
  • 自分の技術を証明できるものもない

人に仕事を依頼するとしたら、だいぶヤバイですよね。

  • 実績を作る → オリジナルアプリなどを作る。

オリジナルアプリがあると、未経験でも「似ているものを作ったことがあります!」とアピールできるわけですね。

しかし独学でオリジナルアプリを作るのは、正直難しいです。

なので、学習効率・継続、転職のサポートなど含めてプログラミングスクールに通うことをおすすめしています。

DAI
ポートフォリオの作成の手助けもしてくれるプログラミングスクールもあります。
エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

プログラミングスクールを選ぶポイント・注意点

  1. 価格感:プログラミングスクールの受講料は10万円〜50万円ほどが相場です。
  2. 受講環境:教室かオンラインか併用か。
  3. 転職支援があるか:スクールによっては転職エージェントを持ち合わせている・いない等様々です。(ポートフォリオの作成なども)
  4. 講師のレベル:スクールによってまちまちです。
  5. 年齢制限:30代以上での転職・副業支援には年齢制限があることもあります。

などを検討する際に確認しましょう。ここからは以上の観点でプログラミングスクールごとに詳しく説明していきます。

30代からの転職・独立でおすすめのプログラミングスクール厳選5選

30代からの転職・独立でおすすめするプログラミングスクール一覧は以下の5選です。

30代から転職・独立を検討している場合におすすめなスクールを紹介します。

先ほど述べたように30代以上での転職・副業支援には年齢制限があることもあります

DAI
年齢制限ないスクールや、無料のプログラミングスクールはスクールに行かなくてもいけるような転職先を紹介されるためお勧めしません。

そこで、年齢制限がなく転職実績のある厳選スクールのみ紹介していきたいと思います。

自社開発企業でエンジニアになりたい方におすすめのプログラミングスクール

自社開発企業への転職でおすすめしたいのは、RUNTEQとなります。

自社開発企業に転職したいなら RUNTEQ|30代からの転職支援も強い

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

RUNTEQはスタートアップ特化の就職直結型Webエンジニア養成スクールです。

「スタートアップ転職or就職したい」という目標が明確な人におすすめです!

  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートでいうと、

  • キャリアアドバイザーによるキャリアについての面談
  • 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  • 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  • 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

などが特徴です。

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介するサービスがあります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。

プログラミングスクール修了後にスタートアップ転職をすぐに目指したい人は、RUNTEQの受講をぜひ視野に入れてみてください。

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

無料説明会も行っているので、疑問や質問ががある方は申し込んでみると良いと思います。

また、公式ホームページでは無料でお試し学習カリキュラムを受講することができるので、実際の授業がどんな感じか気になる人はぜひ受けてみてください!

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

Web制作会社への転職・副業におすすめのプログラミングスクール

Web制作会社への転職を検討されている場合は、以下のスクールがおすすめです。

  • TechAcademy: 値段で選ぶ場合
  • Code Camp:マンツーマンレッスンを選ぶ場合
  • Raise Tech:本気で仕事を取る場合
【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる.

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

お手頃な価格でWeb制作を学びたいならTechAcademy

【TechAcademy】Webデザインをゼロから学びたいならここ!
お手頃価格でWebデザインを基礎から学習!最短4週間から、自分のペースに合わせて学習可能。複数コース受講で最大60,000円もお得に!

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

特にGoodなポイントは

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

でしょう。

TechAcademyには、Webデザインコースがあります。

さきほどの5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるコースですね。

料金も、一番短い期間でしたら、14万円ほどなので、業界最安値かと思います。副業で3件くらい案件が取れるようになれれば、2~3カ月くらいで回収できる値段ですね。

TechAcademyのインタビュー記事も以前に書いたことがあるので、見てみてください。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

※更新情報 2019年8月3日
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
複数コースをセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも60,000円もお得になるようです。

【TechAcademy】Webデザインをゼロから学びたいならここ!
お手頃価格でWebデザインを基礎から学習!最短4週間から、自分のペースに合わせて学習可能。複数コース受講で最大60,000円もお得に!

Web制作をマンツーマン学びたいなら Code Camp

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!

CodeCampとは、オンライン完結型プログラミングスクールです。

CodeCampの概要

パソコン一台あれば通学の必要がなく、プログラミング初心者でも効率的にWebデザインやプログラミングを学習できます。

  • 受講者数:20,000人以上
  • 導入企業数:300社以上
  • 導入企業例:LINE株式会社、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社、株式会社インタースペース、株式会社レコチョクなど
  • レッスン満足度:94.6%
  • 在籍講師数:200人以上
  • 受講可能時間帯:7:00〜23:40 年中無休
  • レッスン時間:40分/1レッスン
  • レッスン形態:マンツーマン・オリジナルカリキュラム

仕事や学校と両立しながら自分のペースで学習できるのが、CodeCampの魅力。

未経験から始めて、エンジニアとして就職したり副業で稼いだり、実用的なスキルを身に付けることが可能です。

Webデザインを学びたい初心者向けの「デザインマスターコース」では、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Boostrap
  • Webデザイン

に必要なスキルを網羅的に学習できます。

価格

デザインマスターコースだと、2ヶ月で148,000から。Webデザイン系のスクールの中では、かなりお手軽な価格で受講できます。

実際の体験談

実際に僕がCodeCampでプログラミングを学んだときの体験記事があるので、合わせてチェックしてみてください。CodeCampのカリキュラムや学習スタイル、最終的に提出した成果物などについて細かく書き留めてあります。

関連記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

実際にやってみてよかったのが、メンターをこちら側から選べる点ですね。例えば、女性の場合、在宅勤務でフリーランスをされている方を選んでキャリアの相談をしたり、案件の取り方について相談できたりします。

実際にサービスを体験できる、無料体験に申し込むと、カリキュラムの一部が解放されるので、気になった人はまず無料で試してみてください。

CodeCampで無料カウンセリングを受けてみる

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!

SES企業でのエンジニア転職には RaiseTech

次に、SES企業でのエンジニア転職におすすめしたいのは、RaiseTechです。

公式:
https://raise-tech.net

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

RaiseTechは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に他のサービスと異なる点は、以下の2つです。

  • 講師は全員単価80万円以上の、現役エンジニア
  • 現場レベルのスキルが身に付くカリキュラム
学習言語 HTML,CSS,JavaScript(jQuery),
受講場所 完全オンライン
期間 4ヵ月間
講師 月単価現役エンジニアのみ
主なサポート ・10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)でオンライン質問対応
・Wordpressの副業案件獲得サポート(ポートフォリオの添削など)
料金 通常:¥261,800 学割:¥173800
転職紹介 受講生限定Slack内でのキャリアサポートや仕事の紹介

今まで紹介したのは、ほとんどWeb系のスキルが学べるプログラミングスクールなんですよね。

DAI
スクール卒業後に本気で稼いでいきたい!という方には、他のスクールよりも圧倒的にRaiseTechがおすすめです!

一方で、大規模開発で求められるJavaや、クラウドサービスを利用したインフラ系のサービス(AWS, GCP)は需要が大きいのに、ほとんどのプログラミングスクールでは、そのスキルを学べる機会が少ないというのが現状でした。

RaiseTechには、Javaやインフラ周りのコースがあるため、Javaエンジニアやインフラエンジニアに興味がある方にはぜひおすすめできるスクールとなります。

こちらのスクールも、実際に取材してみました。

【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

受けてみてとても転職支援がしっかりとしている印象でした。

というのも、しっかりと実務経験が得られる会社さんとのコネクションがあるので、転職サポートもかなりしっかりとしている印象です。

一方で、こちらもポテパンキャンプやRUNTEQと同じように、本格的に転職したい方ではないと、多分脱落します。

ということで、RaiseTechの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

ということで、RaiseTechを受講して、思ったことですが、転職する方なら、

  • Web系でなくてもよいので、しっかりと最初の実務経験を身に付けたい方
  • ある程度自分で学んでしっかりと進められそうな方

には、おすすめできるプログラミングスクールなのではないかと思います。

公式:
https://raise-tech.net/

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

サーバーサイドエンジニアへの転職でおすすめのプログラミングスクール

自社開発企業への転職も含め、ポテパンキャンプがおすすめです。

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

サーバーサイドエンジニアへの本気で転職したい方向け! ポテパンキャンプ

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 3ヶ月間(13週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・コードレビュー
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 選抜クラスキャリアコース ¥ 250,000
選抜クラスビギナーコース ¥ 300,000
オープンクラス ¥ 150,000
全額返金保証 転職成功時に全額キャッシュバック
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプのいいところは、上げるときりがないのですが、3つに絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格+転職成功で全額キャッシュバック!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに5社くらいプログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思う。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

転職に成功すると、まさかの全額キャッシュバック!

ポテパンキャンプは、ポテパンキャンプが紹介する自社開発の企業に転職に成功したら全額キャッシュバックなんです。

要は、30万円はらって学んでいたプログラミングスクール代が、転職したら実質タダになるんです。めちゃくちゃお得じゃないですか?

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実質無料でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方だけどうぞ!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

30代でエンジニアとして転職するのであれば、どういう会社がおすすめ?|実例あり

30代でエンジニアとして転職する場合、どのような会社がよいのかまとめてみました。

入社難易度 市場価値 必要な技術
自社開発 Ruby,PHP
Web制作 PHP,WordPress
SES PHP,Java

自社開発企業とは?

自社開発企業とは、受託などではなく自社でWebサービスを持っている会社のことを指します。

DAI
入社難易度は比較的高いですが、入社後は比較的市場価値の高いスキルが身に付けやすいのが特徴ですね。

必要な技術はPHPや、Rubyが使われることが多く、一般的な30代からの入社難易度はかなり高いのが現実です。

自社開発企業に転職する場合は、以下のことが重要になります。

  • 良質なポートフォリオ(オリジナリティの高いWebアプリの作成)
  • 転職エージェントを利用しないで、転職サイトを利用する

とはいえ、無理なのか?と言われるとそんなこともなく、実際に転職されている方もいらっしゃいます。

後述しますが、自社開発の企業に転職するのであれば、30代でも受け入れ、転職支援実績があるスクールはRUNTEQがおすすめです。

自社開発とは?SIer、SESと比較してエンジニアの転職について解説してみた

Web制作企業

Web制作会社とは、企業からホームページ作成の依頼を受けて、ホームページを納品する会社を指します。

DAI
入社難易度は比較的低く、入社後の転職市場価値は中程度になりやすいです。

必要な技術は、HTML, CSS, JavaScriptのようなコーディングのスキルと、PHP, サイト管理システムであるWordPressであることが多いです。

Web制作全般は会社で働くのはもちろん、副業や独立をしたい方にもおすすめです。

DAI
後程紹介しますが、Web系企業への転職やWeb制作の独学などをしたい場合はWordPressの特化コースなどがあるRaiseTechがお勧めです。

SES企業

SES企業とは、エンジニアとして他社に派遣され、エンジニアのお仕事をする会社を指します。

DAI

入社難易度は比較的低いですが、派遣先の企業によってエンジニアとして実務経験が積めるかが少し怪しい場合があります。

使われる言語としては、JavaやPHPがメインとなります。

後述しますが、実務経験が積める企業に転職するのであれば、スクールはRaise Techがおすすめです。

SESとは?契約やキャリアについてSIerや自社開発と比較してみた

よくある質問(FAQ)

Q:30代でエンジニアへの転職は可能ですか?

DAI
A:できます!しかし、簡単ではありません。
DAI
プログラミングをしっかりと学び、転職に必要な物を揃えて転職を目指しましょう!

Q:30代でエンジニアへの転職は遅いですか?

DAI
A:遅くありません!
DAI
記事にもある通り、実際に30代後半からでもエンジニアへ転職されている方もいます。
DAI
やる気と方法さえ間違えなければ、十分に可能と言えます。

最後に

ということで、30代向けにおすすめのプログラミングスクールを解説しました。

DAI
間違ったスクールでお金と時間を浪費する前に、自分に合ったスクールをきちんと選べるようにしましょう。

関連記事

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較
エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】
未経験からプログラミングで副業するためにやること3箇条(知らないと後悔します)【体験談】