最終更新日:2020/07/06

転職をするためのポートフォリオを作成したいと思っているけど、

  • エンジニアのポートフォリオってどんなもの?
  • 未経験エンジニアのポートフォリオの書き方って?
  • 作成するために何が必要かわからない、、、

というような悩みを持っている方もいらっしゃるのではないのではないでしょうか。

この記事では、未経験エンジニア志望で採用をもらうためのポートフォリオの作成方法について解説していきたいと思います。

DAI
ポートフォリオがないと、なかなか面接を突破できません!書類を応募する前に、必ずポートフォリオを作りましょう!

エンジニアになるためのポートフォリオとは何か

では、なぜエンジニア転職をするためにポートフォリオが必要なのでしょうか。

  1. ポートフォリオが持つ役割とは
  2. 未経験でもポートフォリオを作成するべき理由

上記の2点について解説していきます。

①ポートフォリオが持つ役割とは

ポートフォリオとは、あなたの実績や力量を伝えるものです。

企業は採用の際に、

  • この人は自走してちゃんと学習できるか
  • 将来伸びる可能性があるか

というような点を見ています。

そこで、ポートフォリオは自分のスキルを正確に伝えてアピールできるという役割を担っています。

②未経験でもポートフォリオを作成するべき理由

未経験エンジニア志望がポートフォリオなしで就活をする場合、

  • 判断材料が学歴・職歴しかない
  • 面接を受けることが出来ない

というような状況に陥る可能性があります。

そのため自分のポテンシャルを見てもらうためにポートフォリオが必要になります。

未経験でもポートフォリオを作る方法

では次に、未経験エンジニア志望がどのようにポートフォリオを作成したらいいのか?

  • ポートフォリオを作成するためにやること
  • 職業別のポートフォリオの作り方

について詳しく解説していきたいと思います。

①ポートフォリオを作成するためにやること

オリジナルアプリを作る

ポートフォリオを作成したいけど何をすればいいか分からない、
そんな方も多いと思います。

ポートフォリオを作成するために最も大事なことはずばり、
自分でオリジナルアプリを作るということです。

上記でも述べたようにポートフォリオは自分の実績や力量を示すものなので
まずは自分の技術をアプリ等作れるレベルまで持っていくことが重要になります。

この際、最初から大規模なものを作る必要はありません。

まず初心者の場合は、技術書などにあるサンプルアプリのようなものを作ってみるといいでしょう。

例えばTODOリストや日記だったり、本当に基本的なもので大丈夫です。

上記のような、簡単な、クローンアプリができたら、あとは徐々に機能を追加していきましょう。

この際、複数のクローンアプリを開発し、どんどん組み合わせていくことで、オリジナルなアプリ開発がしやすくなります。

スキルシートを作る

次にスキルシートの作成をしてみましょう。

ここでは、自分が実際に使える技術を書きます。
企業の採用担当に会社に貢献できるとアピールする場もなります。

スキルシートが完成したら作ったアプリのポートフォリオを載せましょう。
ポートフォリオとして伝えるべき内容は、

  • 現状使えるスキル/ツール
  • 現在学んでいること
  • 苦労して、実装したこと
  •   この先やってみたいこと

です。

載せる場としてはWantedllyという求職サイトがおすすめです。

②職業別ポートフォリオの作り方

Web制作系の場合

Web制作系のエンジニアは、Web上で公開されるホームページなどの開発や運用を行います。

スキルとしては、WordPressでゼロからオリジナルテーマの作成ができていることが理想です。

Web制作系のポートフォリオは以下フォーマットを参考にしてください。

関連:【保存版】WordPress初心者が独学でWebサイトを作るために必要な6つの学習ステップまとめ

---------------------------
現在できること
---------------------------
## アプリ側
- フロント言語:HTML, CSS, JavaScript, jQuery, PHP
- フレームワーク:Bootstrap, WordPress
- サーバー設定, ドメイン設定
## 各種ツール
Filezila
Github
Visual Studio Code
Slack

----------------------------
学んでいることについて
----------------------------
・現在、~について学んでいます。
----------------------------

最近開発中に苦労したこと
----------------------------
・~の機能実装を行う際に、xxxのエラーが出ていましたが、
 Qiitaなどを参考に解決することができました。
----------------------------

このさきやってみたいこと
----------------------------
----------------------------

ポートフォリオ
----------------------------

Webアプリ開発の場合

Webアプリ開発のエンジニアは、Webブラウザから利用できるWebアプリケーションを開発を行います。
先ほどのWeb制作系とは違い、サーバーサイドの言語を取り扱う必要があります。

スキルとしては、Rubyでゼロからオリジナルアプリの開発ができていることが理想です。

Webアプリ開発エンジニアのポートフォリオは以下を参考にしてください。

---------------------------
現在できること
---------------------------
## アプリ側
- 言語 Ruby
- フレームワーク:Ruby on Rails
- firebase
- クラウド:AWS, GCP
- テスト自動化
 RSpecを利用した、単体テスト設計、TDD開発

## 各種ツール
GitHub
Slack
Sourcetree
Illustrator
Figma

## その他
- Gitを使ったチーム開発経験
- アプリリリース予定
- Photoshop(実務経験あり※前職で求人広告バナーを制作)

----------------------------
学んでいることについて
----------------------------
・現在、~について学んでいます。
----------------------------
最近開発中に苦労したこと
----------------------------
・~の機能実装を行う際に、xxxのエラーが出ていましたが、
 Qiitaなどを参考に解決することができました。
----------------------------
このさきやってみたいこと
----------------------------

xxxな事業領域で、xxxな技術を使ってxxxエンジニアになりたいと考えています。
理由は、xxxです。
よろしくお願いします!

----------------------------
ポートフォリオ
----------------------------

Webデザイナーの場合

Webデザイナーは、Web制作を進めるにあたってのWebデザインを担当します。
また、デザインだけではなくクライアントの要望ヒアリングやWebサイトのコーディングなど仕事内容は幅広いことが特徴です。

スキルとしては、実際にWebページが公開できていることが理想です。
また、紙のポートフォリオも利用可能になります。

ポートフォリオ作成時のポイント

ここからは実際にポートフォリオを作成する際のポイントについて解説していきます。

①実務で利用する言語であるか

何度も言いますが、
企業が採用をする際にその人は会社に貢献してくれるか?将来伸びる可能性があるか、
という点を見ています。

なので、企業が使うプログラミング言語が利用されているかどうかは重要になります。
事前に自分が志望する業種について入念に調べた上で自分に合ったスキルや知識を身につけるようにしましょう。

②Web制作・Webアプリ開発の場合ソースコードが読みやすいか

企業の採用担当は時間を割いてポートフォリオを見てくれます。
そこで、コードが見やすくする配慮をすることはなお良いでしょう。

また、GitHubなどを使いオープンソースにすることで、Web上でソースコードやデータを簡単に共有することができます。

③開発したものを公開しているか

サービスとしてリリースしているかということもポイントの一つです。
公開していないサービスをポートフォリオとして使用するより、
Webページに自分のサービスが公開されているということは武器になります。

また、アプリの開発などで公開することが難しい場合は自分のPCやスマホなどの実機でも大丈夫です。

④オリジナルかどうか

オリジナルかどうかは最も重要なポイントになります。

特にベンチャー企業の場合、
開発意図の面白さを重要視しているので新規実装をしているか否かが見られます。

プログラミングスクールなどで勉強している方も多いかと思いますが、
そこで書いたものをそのままポートフォリオとして使用してしまうと自らコードが書けないと解釈されてしまう可能性があるので、他のチュートリアルのコピペは控えたほうがいいです。

独創的なアイディアでアプリ開発していることが伝わると良いでしょう。

まとめ

以上未経験エンジニアのためのポートフォリオ作成方法について解説しました。
今回紹介したポートフォリオの内容をを参考にぜひ作成してみてください。