最終更新日:2021/03/31

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが実際に取材、体験してみて、特にオススメのプログラミングスクール一覧≫

【第1位】TechAcademy:とにかく安く、コスパのよいスクールに通いたい人向け! レビュー記事
【第2位】ポテパンキャンプ:サーバーサイドエンジニアに未経験から転職して年収700万円代を目指したい人向け! | レビュー記事
【第3位】CodeCamp: 朝から夜まで、メンターのサポートを受けやすいスクールを検討している人向け! | レビュー記事
【第4位】RUNTEQ:ベンチャーの自社開発企業へエンジニアとして転職したい人向け | レビュー記事
【第5位】Aidemy:Python・AIに特化したプログラミングスクール。AIを活かした仕事に就きたい人向け | レビュー記事

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。
DAI
今回は、プログラミングスクールのウズウズカレッジの評判について、実際に体験して思ったことを交えつつ、他のスクールと比較しながら解説していきます。

この記事で分かること

  • ウズウズカレッジの評判
  • ウズウズカレッジってどんなスクール?
  • ウズウズカレッジに向いている人/いない人
  • ウズウズカレッジのメリット/デメリット
  • どんな職種/企業に就職できるのか

「ウズウズカレッジ使おうか迷ってるけど、実際に使った人の声とか評判とかあんまりないなぁ…」

この記事にたどり着いた方は、こんな疑問をお持ちなのではないでしょうか?

DAI
ウズウズカレッジは、比較的新しいスクールなのでネットを探してもあまり評判がありませんでした。そこで、実際にこれまで10以上のスクールを取材・受講してきた筆者が実際に体験してきて徹底レビューします!

結論から言うと、ウズウズカレッジは未経験からとにかく最短でエンジニアを目指したい第二新卒やフリーターの方必見のスクールでした。

DAI
価格としても、業界最安値の水準で、資格取得も目指すことができることから手堅く転職を目指したい方には特におすすめです。

ですが、Web系自社開発企業にこだわって転職したいという人には、別のスクールをおすすめします。

Web系自社開発企業とは、Web上で長期的に自社サービスを開発する企業です。

有名なところで言うと、以下のような企業です。

  • メルカリ
  • クックパッド
  • Twitter

ウズウズカレッジは、短期でエンジニアになるための最低限の技術を身につけるスクールです。

なので、自社開発企業を目指すだけのスキルセットを身につけたい方は以下のスクールがおすすめです。

≪自社開発企業を目指す人におすすめのスクール≫

  • ポテパンキャンプ
    自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
  • RUNTEQ(ランテック)
    スタートアップ転職に強く、30代からの転職支援も強いサポートがあります。
  • DIVE INTO CODE
    webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方におすすめ
DAI
この記事を読んで、ウズウズカレッジが自分に合ったスクールか参考にしてみてみてください

3分ほどで読めるので、気軽に読んでいってください。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

ウズウズカレッジとは

ウズウズカレッジは、株式会社ウズウズが運営している、20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けのプログラミングスクールです。

  • 職歴やIT業界での経歴がない人でも、手に職を付けやすいインフラエンジニア、もしくは業務系エンジニアを短期間で目指すことができるスクールです。

また、運営会社であるuzuzは転職エージェントのウズキャリも運営しており、プログラミング学習だけでなく就業のサポートもしてくれます。

プランとしては、以下のようになっています。

料金 学習方法 目指せる職種 就職サポート
CCNAコース 165,000円(税込) ・eラーニング学習
・個別講義(Zoom)
・チャットサポート
・個別メンタリング
インフラエンジニア 無料:求人紹介、面接対策
有料:キャリアトレーニング
プログラミングコース 165,000円(税込) ・eラーニング学習
・個別講義(Zoom)
・チャットサポート
・個別メンタリング
プログラマー、システムエンジニア 無料:求人紹介、面接対策
有料:キャリアトレーニング
Udemyコース 各回3000~7000円程度 独学(Q&Aスペースにて細かな質問・相談が可能) インフラエンジニア、
プログラマー
なし

また、youtubeの公式チャンネルもあり、就活のコツやプログラミング基礎の講座を受講できます。


引用:UZUZ就活チャンネル

特に、ネットワーク講座やプログラミング講座は、実際のコースの導入部分を公開しており、質が良いと評判です。

DAI
無料で見ることができるので、気になっている人は一度体験として動画を見てみるのがおすすめです。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

各コースの概要

CCNAコース

CCNAコースでは、未経験者や文系でも、1か月のプログラミング講座を受講してインフラエンジニアを目指すことができます。

このコース最大の特徴は、インフラエンジニアの登竜門的な専門資格であるCCNAの資格取得を支援してくれることが大きな特徴です。

DAI
規模の大きい企業は資格を重視する傾向にあるので、CCNAを取得するだけで就職にも有利になります。

コースの最後には模擬試験があり、この試験に合格すると本試験の受験準備に入るといった流れになります。

DAI
資格取得+就業支援を一貫してサポートしてくれるイメージです。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

プログラミングコース

プログラミングコースでは、大規模な企業で重宝されるJavaという言語を1か月間学ぶことで、未経験からでも以下のような職種を目指すことができます。

  • プログラマー
  • SE
  • 開発エンジニア
DAI
こちらも、プログラミングの学習支援から就職支援までを一貫して行ってくれます。

以下の動画でコースの説明もされているので、是非見てみてください。

 

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

Udemyコース

Udemyコースは、他とは違い、Udemyというサイトで学習動画を購入して独学で進めるものになっています。

DAI
コースというよりは独学ですね。

動画のQ&Aスペースで質問や相談をすることができるという点が便利です。

ただし、動画を購入するだけなので就職支援サービスはつきません。

なので、求人紹介やキャリアアドバイスが欲しい場合は、同時にウズキャリに登録すると、他のコースと同様の就職支援が受けられます。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

特徴

完全オンライン

ウズウズカレッジの講座は全てオンラインでの受講になります。

基本的には自宅でeラーニング学習を行い、個別講座をZoomで受けるといった形になります。

就業サポートも電話やメール、Skypeなどを通じて行うので、完全オンラインで利用可能です。

ただし、企業の面接が対面で、東京の場合は東京まで行く必要があります。

「内定率」だけでなく「定着率」を重視

uzuzは内定率だけでなく定着率を高くすることを目標にしています。

基準を満たした企業以外は掲載せず、また実際に企業を訪問するなどしてブラック企業を排除しています。

代表のTwitter↓

公式HPでは、企業の選び方について次のように述べています。

Q.ウズカレにはどんな求人情報がありますか?

A.誰もが知っている大手企業から、急成長中のベンチャー企業、老舗のメーカーや専門商社など幅広い分野の企業が掲載されています。共通点としては既卒や第二新卒などの若手人材を採用して、長期的に育成して行きたいという考えを持っている企業という点です。

引用:ウズウズカレッジ公式HP

そのためか、入社一年以内の定着率も94.7%と高くなっています。

DAI
20人中19人は定着するといった割合ですね。

このように、ただ内定を出すだけでなく長く働き続けられる企業を紹介することをモットーとしています。

業界未経験向け

ウズウズカレッジは、IT業界未経験で30歳以下の人向けのサービスです。

文系出身や業界未経験から始める人に、最低限のスキルセットを身につけさせ、未経験OKかつ労働環境が悪すぎない・育成してくれる企業を紹介しています。

また、しっかりとキャリアカウンセリングをしてくれるので、未経験者で業界の事がわからなくても安心できます。

自己分析や面接対策なども行ってくれ、就活にブランクがある人にも対応したサービスです。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

ウズウズカレッジを実際に体験してみた感想

ウズウズカレッジの教材は、毎日の目標を細かく設定しながら教材を進める感じでした。

DAI
ここからは、ウズウズカレッジを体験してみて良かった点と気になった点をお話しします。

良かった点

  • 教材が丁寧でわかりやすい
  • 基礎問題や演習問題で手を動かしながらできる

ウズウズカレッジでは、用語や仕組みを図解したスライドを用いながら、講師がかみ砕いて説明しており、非常にわかりやすかったです。

DAI
ブログのようにずらっとコンテンツが並んでいて、それをひたすら読んでいくというスクールも結構多いんですが、そういったスクールに比べるとウズウズカレッジのカリキュラムは質が高いなあと感じました。

ちなみに、画像のパートはウズウズカレッジの公式YouTubeチャンネルでも学習することができるので、覗いてみてください。

また、上のカリキュラムの水色部分が演習問題、緑が基礎問題となっているんですが、ご覧のように良い割合で入っているので、自分で手を動かしてちょこちょこ理解状況を確認できるのが良かったです。

気になった点

  • 量が多く内容も濃いため、スケジュールがタイト

上の目安にある数字が各カリキュラムの学習の目安時間となっているのですが、ご覧の通り、毎日最低2時間ほどの学習時間になっています。

DAI
しかも内容も濃いので、忙しい方には結構ハードなスケジュールですよね。

そこで、実際にお話を聞いてみました!

DAI
平日は仕事で忙しいという方は、どのようにスケジュールを組まれているのでしょうか?
ウズカレ担当者
平日の夜と土日で行うような設計にしています。
あくまで相談しながら決めるので、無理のない範囲で、一人一人に合わせたスケジューリングを第一回目の面談で行います。
1ヶ月〜3ヶ月まで十人十色のスケジュールを個別に組んでいくイメージです。

上の画像は1ヶ月でのスケジュールでしたが、最長3ヶ月でのスケジュールも組めるようなので、結構フレキシブルに対応してくれるみたいです。

ちなみに、サポート対応時間は以下のような感じでした。

  • 平日15時~21時
  • 土13時〜18時

仕事終わりにわからないところを質問したり、メンタリングしてもらうことも可能です。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

ウズウズカレッジのメリット

ここからは、ウズウズカレッジのメリットとデメリットについて解説します。

業界最安値の受講料

ウズウズカレッジは、これまで紹介してきたプログラミングスクールの中でも最安値の部類に入ります。

料金 学習スタイル 学習期間 主に学べる言語 紹介先・転職支援の質
TechAcademy
Webアプリケーションコース
¥209,000~
(学割¥179,000~)
完全オンライン 8週間~ Ruby/Ruby on Railsなど △(SES求人がメイン,専用転職サイトあり)
CodeCamp
Webマスターコース
¥148,000
+ ¥30,000(入学金)
完全オンライン 8週間~ PHPなど △(SES求人がメイン,専用転職サイトあり)
ウズウズカレッジ
プログラミングコース
CCNAコース
165,000円 完全オンライン 4週間~12週間 Java/SQL/JavaScriptなど 〇(SES求人がメインだが,ブラック企業排除。専用転職サイトあり)

もちろん、無料のスクールもありますが、そうしたスクールは転職の紹介料で運営しているため、転職サービスの利用がマストになっており、良い企業に当たる確率が低いので正直おすすめしません。

DAI
資格取得支援や転職支援サービスもあるので、費用対効果を考えるとかなり良心的なお値段だと思います。

マンツーマン指導で挫折しにくい

まず、講師と生徒が一対一なので、挫折しにくいカリキュラムになっています。

先ほども解説したように、講師が常に進度を見て、いつでも質疑応答やメンタリングをしてくれます。

また、理解度テストの基準に満たず不合格になった場合は、講師が補充解説を行ってくれます。

なので「わからないまま進んでしまう」「どこがわからないのかわからなくなる」といった状態になりにくいです。

講師の質がいい

ウズウズカレッジの講師は教育のプロとして雇われた専任講師で、質が高いです。

DAI
他のスクールだと、大学生やスクールの卒業生がメンターをやっていることもあるのですが、そういったことは一切ないので安心です。

また、他のスクールでは、技術の質疑担当とメンタリングサポートの担当に分かれていることが多いのですが、講師が技術的な質問とメンタリングを両方行ってくれるのも大きなメリットです。

無駄のないカリキュラム

ウズウズカレッジは、個人のスケジュールや目的に合わせ、カリキュラムを細かく分けて組むことができます。

そのため、日々の忙しさに合わせた無駄のないスケジュールで進めることができます。

また、他のプログラミングスクールだと、

  • 前半はレクチャー
  • 後半はほぼ独学でアプリケーションを作る

となっていることが多いです。

ですが、ウズウズカレッジではこの後半部をなくしています。

なぜなら、最低限の知識を付けたら後は就職して実践で学ぶ方が良いと考えているからです。

DAI
そういった理由もあって、スクールの中では比較的安価かつ、短期間での修了を実現しています。

卒業後、そのまま転職サービスが利用できる

ウズウズカレッジの卒業後は、希望者のみuzuzが運営している転職サービス、ウズキャリを利用することができます。

DAI
無料のプログラミングスクールだと、企業から受け取る転職の紹介料で運営しているので転職はマストですが、ウズカレは転職サービスの利用も任意なので、無理に転職させられることはありません。

ただ、ウズキャリでは経験豊富なアドバイザーに話を聞いてもらうことができるので、継続利用がおすすめです。

ウズキャリの求人例を見ると、エンジニアに限らず、マーケターや人事アシスタントなど、IT業界の幅広い職種の求人がありました。

インフラエンジニア 12件
企画・営業職 11件
Webマーケター 9件
コンサルタント 5件
SE/プログラマー 5件
クラフトエンジニア 4件
メカトロ/エレクトロエンジニアコース(ハード系) 4件
事務職 4件

エンジニア以外にも、マーケターや企画・営業職といった職も意外と多いです。

DAI
ただ、こちらは公開求人なので、一部のみの公開になっています。登録して非公開求人を見れば、さらに多くの求人が探せます。

公開求人だけでも見たい!と言う人は、公式HPに載っているのでどんな企業が掲載されているのか、参考に見てみてください。

就職サポートが手厚い

先ほども紹介したように、ウズウズカレッジは業界未経験者でも就職できるようサポートしてくれます。

無料のプランとしては、ぴったりの企業を探すためのカウンセリングや、企業に合わせた面接対策を行ってくれます。

またオプションを利用すると、さらに丁寧なキャリアトレーニングを受けることもできます。

引用:ウズウズカレッジ公式HP

自己分析から業界情報まで一から教えてくれ、求職者とじっくり向き合ってくれます。

集団での就職支援で仲間ができる

ウズウズカレッジは、集団で転職の研修を受けることができます。

同じ状況にある仲間と一緒に研修を受けることができ、求職中の孤独感を和らげることができます。

「別に集団じゃなくてもいいかな…」「忙しいのでじっくりやりたい

という方にはマンツーマンの個別タイプもあります。

引用:ウズウズカレッジ公式HP

DAI
現在ではどちらもフルリモートで行われているようなので、地方在住でも集団サービスを受けやすいですね。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

ウズウズカレッジのデメリット

では次に、ウズウズカレッジのデメリットを紹介していきます。

コードを書くエンジニアの求人が少ない

先ほどIT業界の幅広い求人があると紹介しましたが、逆に言えば実際にコードを書くエンジニアの求人は少なくなっています。

また、エンジニアとして出している求人も、内容を見るとサポート系やテスターとして採用される可能性があるものも割とあります。

こちらに関しても質問したところ、このような回答でした。

ウズカレ担当者
テスターやデバッカー以外の業務からスタートすることも多くあります。
例えばCCNAコースを修了してインフラエンジニアになった場合、保守運用業務や構築業務からスタートする場合もあります。
インフラエンジニア の中にテスター、デバッカー、保守運用、構築業務などがあり、インフラエンジニア:プログラマーの割合は、7:3くらいです。
ただ、テスターなどからスタートしても、会社の中で徐々にコードを書くエンジニアとしてステップアップさせてくれる可能性もあります。

DAI
しかし初めからがっつりコードを書くエンジニアになろうと思っていると、就職した際にギャップを感じるかもしれません。

Web系エンジニアのスキルセットが身につかない

Web系エンジニアとは、Web上で動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。

有名なところで言うと、

  • メルカリ
  • クックパッド
  • Twitter

などなど、自社のサービスを開発する会社のエンジニアです。

しかし、こうした企業で必要とされるのはRubyやPythonといったモダンな言語であり、ウズウズカレッジで学ぶようなスキルでは就職が難しいのが現状です。

引用:ウズウズカレッジ公式HP

上の表にも書いてある通り、Web系企業の未経験求人はほとんどない状態です。

卒業後の進路については、SESが中心のようです。

  • 株式会社VSN
  • 株式会社KSKテクノサポート
  • 株式会社ラクスパートナーズ

といった大企業から、

  • 株式会社ボードルア
  • 株式会社アルテニカ
  • 株式会社APコミュニケーション

といった中小企業まで、様々な企業に就職できます。

DAI
ちなみに、SESやWeb系自社開発って何ぞや?と思った方向けに、簡単に説明しますね。

Web系自社開発企業は、冒頭でも少し触れましたが、Web上で長期的に自社サービスを開発する企業です。

SES SIer 自社開発
働く場所 客先常駐 自社 自社
作成する成果物 クライアント クライアント 自社
プロジェクトの長さ 短期 短期 長期

有名なところで言うと、

  • メルカリ
  • クックパッド
  • Twitter

などです。

自社開発企業のメリット・デメリット

メリット ・一つのプロダクトを長期間扱うため、技術力が付きやすい
・出世が早く、若くして重要なポジションにつきやすい(=年収が上がりやすい)
・サービス全般にかかわれるため、マーケティングなど技術以外のことも学べる可能性が高い
・開発現場が変わらないので、エンジニアとしての実務経験が積めない現場にいくことが少ない
デメリット ・求められる水準が非常に高いので、入社が非常に難しい
・様々な技術に触れる機会が少ないため、技術にしか興味がないと大変
・ハードワークになる可能性が高い(特に小規模の自社開発企業の場合)

SESとは、システムエンジニアリングサービス(System Engineering Service)の略で、クライアントに対して労働力を提供する業態です。

エンジニアをクライアントに「準委任契約」で派遣する業態のことを指します。

例えばクライアントA社が存在するとします。

クライアントA社では、エンジニアの人手が足りていません。そこで、SESの会社Bさんに依頼を出します。

クライアントA社
B社さん、エンジニアの数が足りていないので、2-3人、60時間分、8000円/時間で派遣してくれませんか?
SES B社
よろこんで!

SESの会社Bは、クライアントA社に、自社のエンジニアを派遣します。これがSESです。

DAI
ここでは分かりやすく「派遣」という言葉を使って説明しました。このあと解説しますが、SESは厳密には派遣契約とは異なります。

SESのメリット・デメリット

メリット ・短期スパンで複数の現場に移動できるので、様々な技術セットを、いろいろなシステムや人から学べる・実務未経験でも入社しやすい
デメリット ・基本的には客先常駐で、かつ自社の人員がいないので、孤独になりやすい
・案件によって、ガチャがある
・会社によっては開発経験が積めない可能性がある
・案件がないと、自宅待機になり、給与が削られる

Web系エンジニアの求人が少ない

先ほども紹介したように、どこのエージェントでもそうなのですが未経験向けのWeb系エンジニアの求人はほとんどありません。

DAI
もし未経験からWeb系エンジニアを目指すのであれば、ポートフォリオを作成してスタートアップなどに就職してからステップアップする必要があります

未経験からWeb系エンジニアを目指す方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ見てみてください。

Webエンジニアに転職する方法を未経験・経験者向けに解説してみた

ウズウズカレッジが向いている人

男性A
ウズウズカレッジのメリットデメリットはわかったけど、結局どういう人におすすめなんですか?
DAI
ではここからは、ウズウズカレッジが向いている人と向いていない人について説明していきます。

ウズウズカレッジが向いている人

  • 既卒・第二新卒・フリーター
  • 休職などでブランクがある人
  • とりあえず手に職つけたい人

ウズウズカレッジが向いていない人

  • IT系以外に転職したい人
  • 時間をかけてしっかり技術を身につけたい人
  • 自社開発企業に転職したい人

ウズウズカレッジが向いている人

ウズウズには、就業に困っている若者にチャンスを与え、ポジティブに働ける世の中にしたいという理念があります。

なので、既卒や第二新卒で就業に困っている、何となく働いているけど将来が不安という人におすすめのサービスです。

あくまで一例ですが、具体的には以下のような人です。

  • 大学卒業後もアルバイトを続けているが、将来に焦っている
  • 新卒で入った会社を辞めたけど、転職に悩んでいる
  • 長い間フリーターとしてやってきたが、手に職をつけたい

既卒・第二新卒・フリーターで就職に困っていた方でも、手に職をつけて働くことができます。

また、長い間休職していたなど、求職活動にブランクのある方にもおすすめです。

コース終了後も丁寧な就業サポートを受けることができ、求職活動をゼロから教えてもらえるからです。

また、カウンセリングで自分に合った企業を厳選して選んでもらえ、ブラック企業を選んでしまうというリスクも回避できます。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

ウズウズカレッジが向いていない人

では逆に、ウズウズカレッジが向いていない人について解説します。

ウズウズカレッジは、一か月で基礎的なスキルを身につけ、なるべく早く就職を決めるというスクールです。

なので、未経験可の企業に就職し、企業の中で育成してもらうというイメージです。

DAI
時間をかけて本格的な技術を身につけたい、という人にはおすすめできません。

  • Web系自社開発企業で働くエンジニアになりたい
  • 趣味でプログラミングをしたい

上のような人は、以下の記事を参考に自分の目的に合ったスクールを探してみてください。

【2021】評判のよいおすすめのプログラミングスクール11社徹底比較

ウズウズカレッジが向かない人におすすめのスクール

男性A
話聞いた感じだと、僕にはウズウズカレッジは合わないかなあ…じっくり勉強して、ゆくゆくはメルカリみたいな自社開発系企業で最先端のエンジニアになりたい!

では、そんな方におすすめのスクールを、特徴別に紹介します。

RUNTEQ:自社開発企業への転職成功例多数。30代からにもおすすめ。

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

RUNTEQはスタートアップ特化の就職直結型Webエンジニア養成スクールです。

DAI
「スタートアップ転職or就職したい」という目標が明確な人におすすめです!
  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートでいうと、以下の特徴があります。

  • キャリアアドバイザーによるキャリアについての面談
  • 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  • 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  • 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介するサービスがあります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。

プログラミングスクール修了後にスタートアップ転職をすぐに目指したい人は、RUNTEQの受講をぜひ視野に入れてみてください。

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
無料説明会も行っているので、疑問や質問ががある方は申し込んでみるのがおすすめです!
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

ポテパン:自社開発企業で即戦力になれる。「現場よりも難しい」超実践型プログラミングスクール。

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
主な学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 2~5ヶ月間(8~20週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・スタートサポート
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 Webアプリケーションコース ¥ 200,000
Railsキャリアコース ¥ 400,000
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプの良いところは、上げるときりがないのですが、絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに10社以上プログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思います。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。

転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

圧倒的に良心的な価格!

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実務に近い環境でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)
DAI
本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方におすすめします!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

DIVE INTO CODE:webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方におすすめ。

【DIVE INTO CODE】自分に合ったコースで学習してエンジニア就職・転職を目指すなら
多数の企業への転職実績あり。webエンジニアへの転職、機械学習など自分にあったコースを学びたい方必見。

Dive into codeは、本気でWebエンジニアを目指す人向けの「未経験からのエンジニア転職に強い」スクールです。

 

DAI
エンジニア就職のサポートが手厚く、スクール卒業後の仕事を見据えたサービスになっているのが特徴ですね。

DIVE INTO CODEでは、Railsを中心にWebエンジニアとして働くために必要な知識を学習することができます。

概要 料金
Webエンジニアコース・就職達成プログラム ・Webエンジニアとして就職を目指す実践プログラム
・転職サポート
入学金90,190円+受講料498,000円/4ヶ月 or 10ヶ月
Webエンジニアコース・ベーシックプログラム ・Webアプリケーションの知識を身に付けることを目指すプログラム 入学金90,910円+受講料298,000/6ヶ月
機械学習エンジニアコース 機械学習エンジニアとして就職することをゴールとしたプログラム 入会金181,819円+受講料798,000円/4ヶ月

学習内容としては、Railsが中心になっていますが、Webエンジニアとして実務をこなすために必要な以下の知識も学習します。

DAI
webエンジニアだけでなく、機械学習エンジニアなども目指せます。仕事をつづけながらゆっくり学びたい人にもおすすめです。

ウズウズカレッジに関するQ&A

Q内定がでるまでどれくらい?

平均一か月以内に取る人が多いです。

速い人だと一週間ほどで取るということもあります。

DAI
コースを修了した後に、スキルに合った企業を探してくれるので、内定率も高いようです。

Q卒業後、ブラック企業を紹介されたりしない?

そもそもウズキャリは、同社での転職サービスの利用がマストではありません。

なので、悪質なSESに送り込まれるということが起こりにくいサービス形態です。

また、企業方針としてもブラック企業徹底排除を掲げているので安心できます。

Q他の就職サービスと並行して使っても大丈夫?

DAI
問題ありません。

公式HPのQ&Aでも、以下のように書かれています。

より効率的に就職活動を進める為に複数のサービスを利用する事をお勧めしています。いくつか利用して行く中で、自分に合った就職サービスを選んで行く事も、自分の希望する企業に出会う為に大切な事だと考えています。

実際、求人数数の多い他のエージェントに登録して比べることも大切だと思います。

その方が自分に合ったサービスを選べますしね。

Qウズキャリとの違いは何ですか?

簡単に言うと、

  • ウズキャリ:転職エージェント
  • ウズウズカレッジ:スクール

という違いです。

ウズウズカレッジでコース終了後紹介される仕事は、ウズキャリが保有している仕事です。

なので、就職支援のみ受けたいという人は、ウズキャリに登録するのがおすすめです。

【ウズキャリ】ウズウズした若者のための転職エージェント
既卒・第二新卒に特化している転職エージェントで、一人ひとりの個性に合わせて転職活動をサポート。ブラック企業の求人を積極的に排除してくれています

ウズウズカレッジの評判まとめ

ここまで、ウズウズカレッジの評判について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

この記事をまとめると、以下です。

  • ウズウズカレッジは既卒/第二新卒/フリーター向けのプログラミングスクール
  • 業界最安値で、一か月でエンジニアを目指せる
  • 就業サポートが手厚いのが特徴
  • 業界未経験だけど、手に職をつけたい人におすすめ

ウズウズカレッジを利用する人は、多くが転職に不安を持っていると思います。

しかし、スクールやエージェントを活用しつつ転職に向けて努力し続けることができれば、いつか道は拓けます。

この記事を参考に、転職活動を成功させる一歩を踏み出してみてください。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

関連記事

UZUZ(ウズキャリ)の評判を徹底解剖!他の転職エージェントとの違いとは

自社開発のメリットは?SIer・SESよりも自社開発企業に入るべきなのか徹底解説

Webエンジニアに転職する方法を未経験・経験者向けに解説してみた

【暴露】RUNTEQ(ランテック)の評判は?実際に受講してみて感じてよかった点、悪かった点
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】
Dive Into Codeの評判・口コミは?エンジニアに転職された卒業生にインタビューしてみた