最終更新日:2020/07/12

プログラミングを学んで、副業してみたい方も多いのではないでしょうか?

    実際、僕自身もプログラミングの副業で月40万円くらい稼いでいました。

    やってみて、実際

    • 作った成果物でお客さんが喜んでくれる
    • 楽しいコーディングがお金になる
    • どこでも働ける

    と思います。

    そこでこの記事では、

    • プログラミングを学んで副業できるようになる方法
    • 副業案件がまとまっているクラウドソーシングサイトの紹介
    • 副業できるようになるスキルの身に着け方

    について解説していきましょう。

    プログラミングで副業するのは難しいのか

    プログラミングで副業するのは難しいかとよく聞かれますが、正直「どの案件をやるか」によります。結論から言うと、

    • Web制作:学習コストが低く、単価はまぁまぁ
    • Webアプリ開発:学習コストが高く、単価も高い

    となっています。

    例えば、Web制作などは、「とりあえずWebサイトを持っておきたい!」という人が多くいらっしゃるので、簡単なスキルでもそれなりにお金になります。

    一方で、「未経験からWebアプリ開発して、エンジニアとして副業したい」という要望は、ほぼ無理です。

    ですので、「需要が多く、スキルが低くても可能な案件」であれば、十分稼げるようになるかと思います。

    プログラミングで副業するためには?

    プログラミングの副業で稼ぐために知っておくべきことをまとめますね!

    副業に適した案件とは?

    もし、これから始めてプログラミングを学びたい!という場合でしたら、WEB制作をおすすめします!

    Web制作とは、企業や個人事業主が必要なコーポレイトサイト(会社の公式ホームページ)や、ランディングページを作成するお仕事です!

    副業コーダーとして学習が必要な言語は?

    Web制作とは、簡単に言うと企業や個人のWebページを作成して納品するお仕事ですね。言語のスキルとしては、

    • HTML
    • CSS
    • JavaScript
    • jQuery
    • PHP
    • WordPress
    • その他デザインツール(Photoshop/Illustrator)

    などになるかと思います。

    簡単に説明すると、HTMLでWebサイトの枠組みを作り、CSSでそれらを装飾し、それらの要素を動かしたい場合はJavaScriptを使うというイメージです。これらの知識は3ヶ月ほど勉強すれば十分できるようになります。

    WordPressは、ブログのようなシステムです。WordPressは、HTMLやCSS, PHPを利用してカスタマイズします。全世界のサイトの4分の1がWordPressで動いていて、企業のホームページなんかもほぼWordPressですね。なので、WordPressができると仕事の幅が広がります。

    また、ページの設計をイラストで描く場合には、PhotoShopとIllstratorが必要になりますね。この辺はWebデザイナーとして働くうえでも必須スキルです。

    ※ちなみに、よく「Pythonで副業案件をやりたいです!」という声があるのですが、あまりお勧めしません。理由は、

    • スキルに対しての収益が微妙

    だからです。

    プログラミングの副業案件が見れるサイト

    さて、次にプログラミングの副業案件が見れるサイトについてご紹介します。

    • ココナラ:プログラミング初心者で最初に案件を取るなら、ココナラがおすすめです
    • クラウドワークス:大手クラウドソーシングサイトです
    • ランサーズ:大手クラウドソーシングサイトです

    クラウドソーシングとは

    クラウドソーシングとは、インターネット上でお仕事を募集して、そこでお仕事が完結するサービスです。

    クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。(Wikipedia

    上記で紹介したサービスは、クラウドソーシングのサイトになります。(※一部例外あり)副業案件などをたくさん扱っていますね。それぞれ違いがあるので、要チェックです。

    ココナラ

    ココナラは、未経験でもプログラミングを副業するにはちょうどよいサービスです。

    大きな特徴としては、

    • 自分のスキルを販売できる
    • 他の人に仕事を依頼できるリクエストボード

    などがあります。

    僕も最初に副業を始めたときは、ココナラを利用して始めました。Pythonの自動化スキルを販売していましたね。

    ≫Webサイトからのスクレイピング承ります

    どんなスキルを売れるのか確認するうえでも、要登録なんでぜひ見てみてください!

    ≫ココナラに1分で無料登録する

     

    クラウドワークス

    Webプログラミングのお仕事を在宅でするなら、日本最大級のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスが鉄板ですね。

    ≫クラウドワークスに1分で無料登録する

    ランサーズ

    クラウドワークスとほぼ同じサイトですね。

    ≫ランサーズに1分で無料登録する

    ジョブハブ

    パソナグループのサポート重視のエージェント型クラウドソーシングJOB HUB(ジョブハブ)。エンジニアからデザイナー、ライターまで様々な職種の方に、ロゴや、ホームページ作成、システム開発、翻訳など幅広いお仕事を依頼することができます。

    ≫ジョブハブに1分で無料登録する

    シュフティ

    主婦のための在宅ワーク情報が満載のお仕事マッチングサイト「シュフティ」。データ入力やアンケート、在宅コールや街の情報収集など未経験・すきま時間でもできる在宅ワーク情報を多数掲載されています、

    ≫シュフティに1分で無料登録する

     

    実際にプログラミングで案件を取るまでは?

    さて、クラウドソーシングのサイトで実際に案件を取るまでの流れですが、

    • 基礎を学ぶ
    • Web制作のポートフォリオを作る
    • 営業して成果を出す
    • 成果をもとにさらに営業する

    となっています。

    最初の営業が特に難しい

    しかし、一番難しいのが、最初の営業です。なぜなら、

    • 実績がない
    • 実績がないからクライアントから仕事を受けられない
    • 仕事を受けられないから実績が生まれない

    というループになってしまうからです。なので最初の実績を作って、

    • 実績がある
    • 実績があるからクライアントから仕事を受けられる
    • 仕事を受注したから実績ができる

    というループを作る必要があります。

    最初のポートフォリオ作成と案件獲得なら、プログラミングスクール(教室)で学ぶのがおすすめ

    最初の実績を作るなら、とにかく

    • ポートフォリオ(実際のWebサイトを持つ)
    • 納品実績(実際に仕事を受けて、完了した実績を持つ)

    ことが重要になります。

    おすすめはプログラミングスクール

    そこで、実際に納品できるようになるまでのスキルを身に着けるのですが、正直独学でやろうとするのは難しいかもしれません。

    というのも、

    • この仕事を取るために、何を学ぶべきかわからない
    • 困った時に質問できない
    • 仕事を取るにしてももともと仕事を取っている人からお仕事をもらうことができない

    という点ですね。

    なので、Web制作などを学べるプログラミングスクールで学んでしまうのがよいかと思います。

    Web制作特化したプログラミングスクールならCodeCampがおすすめ

    公式:
    https://codecamp.jp

    Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。

    Code Campのコースのうち、もし副業で稼ぎたいなら、WordPressコース余裕があればWebデザインマスターコースがおすすめです。

    WordPressコースのポイント

    WordPressコースでは、WordPressのテーマ開発などを行います。

    もしこれができるようになると、だいたい月5万くらいの、簡単なコーディング案件はできるようになると思います。

    Webデザインマスターコースのポイント

    一方で、予算があるなら個人的にはWebデザインマスターコースがおすすめです。なぜか。

    それは、デザイン+コーディングができると、案件の単価が上がるからです。

    こちらに一般的なWeb制作のフローを貼りました。

    WordPressコースでは、一般的にコーダーだけの仕事になります。

    一方で、Webデザインマスターコースだと、デザインとコーディングができるとより上流の単価の高い仕事をすることができます。

    どうせ高い料金を支払うのであれば、僕個人的にはデザインとコーディングの両方ができるようになることをおすすめします。

    WordPressコース デザインマスター
    料金 148,000円/2ヶ月プラン
    +
    30,000円/入学金
    148,000円/2ヶ月プラン
    248,000円/4カ月プラン
    +
    30,000円/入学金
    学習内容 WordPress Webデザイン全般+WordPress
    詳細ページ https://www.lp.codecamp.jp/wordpress https://codecamp.jp/courses/master_design

    ※更新情報 2020年5月 WordPressコースは期間限定のようです。また、無料体験を受けて申し込むと、、10,000円の受講料割引が効くようです。

    公式:
    https://codecamp.jp

    結論

    ということで、結論です。

    プログラミングの副業案件が見れるサイトは

    そして、プログラミングで稼ぐなら、Web制作で、プログラミングスクールは

    がおすすめです。