最終更新日:2021/07/05

<ITで副業したいひとにおすすめのWebサービス>
第1位ITプロパートナーズ:週1からできるフリーランス向け副業紹介サービス。
第2位Workship:週2からできる副業案件紹介サービス!会社員を両立しながら初めて副業するならココ!
第3位Midworks:週2〜週3の案件あり。手厚い社会保障もあり。はじめての独立も視野にいれるならここ。
第4位i-common tech平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

「IT業界での経験や知識を活かして副業したいけど、どのように始めればいいか分からない。」

IT業界で副業を考えているけど、以下の悩みを持つ人は実は多くいます。

  • 自分の市場価値を副業を通してあげたいけどどうすれば…。
  • 副業を始めようとしても、どこで副業案件を見つけてこればいいの?
  • そもそも、週2~3回の副業で稼げるの?
DAI
せっかくIT業界で副業を始めよう!と思っても、副業の案件を獲得しなければ、始めることができませんよね。
DAI
この記事では、これまで実際にIT業界携わってきた筆者の観点から、これから副業を始めたい!という方に向けてお勧めなサービスを紹介します。

この記事を読んで分かること

  • IT業界で今すぐ副業を始めるべき理由
  • IT業界で副業を始める前にやるべきこと
  • IT業界の副業案件を見つける方法

IT業界で今すぐ副業を始めるべき理由

IT業界で今すぐ副業を始めるべき理由としては、以下の3点です。

  • 好きな時間に今すぐ、はじめられる
  • 在宅・リモートワークでできる
  • 本業に活かせる
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

①好きな時間に今すぐ、はじめられる

副業なら好きな時間に今すぐ、はじめられるでしょう。

DAI
土日全てを使って副業などは後々、副業に追われるなどのリスクが生まれるので、慣れてきたら増やす事をおすすめします。

はじめは休日や長期休暇の月に1~2回自分にあった副業を見つけて、始めてみましょう。

②在宅・リモートワークでできる

副業は基本的にはパソコンとネット環境があればできるものが多いので、リモートワークで副業が可能です。

DAI
最近だと、slackなどのメールツールの他にもzoomなどで遠隔ビデオ通話することもできるので、リモートワークでの仕事はスムーズに進められるようになりました。

案件をこなして行って、副業で稼ぎ始めましょう。

③本業に活かせる

エンジニアやデザイナー等、副業で実績を積んでいけば、その分野の知識やスキルが一層深まり、本業にも活かせるでしょう。

DAI
また、好きな時間に案件を受注して、様々な人と関わることで人脈が広がることで、フリーランスという選択肢ができます。

自分一人で営業から開発・制作をするので、その経験がフリーランスになったときにも活きます。

IT業界の副業案件を扱っているエージェント4選

まずは、副業求人を扱っているエージェントに登録しておきましょう。

自分にあった求人を見つけるコツとしては、以下の3つです。

  • 複数の副業求人サイトに登録して、自分にマッチした案件を獲得すること
  • 同じ職種・仕事内容でも、報酬が違うことがあるので、複数の副業求人サイトから案件を確認すること
  • 常に情報がアップデートされ、新しい案件を確認できるようにしておくこと

複数のエージェントに登録しておけば、1つのエージェントで見つからなかったような案件が見つかったり単価のより高い案件を見つけやすいなどのメリットがあります。

DAI
また、良質な案件は、すぐに埋まってしまうことが多いので、複数の求人サイトの通知をONにして、常に最新の情報にアップデートしておくことが重要です。

なるべく全ての副業求人サイトに登録しておくのがおすすめです。

<ITで副業したいひとにおすすめのWebサービス>
第1位ITプロパートナーズ: 週1からできるフリーランスエージェント。
第1位Workship: 週2からできる副業案件紹介サービス!会社員を両立しながら初めて副業するならココ!
第2位ミッドワークス :週2〜週3の案件あり。手厚い社会保障もあり。はじめての独立も視野にいれるならここ。
第3位i-common tech平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!

おすすめのエージェント①: ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 3,401件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週2~3稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週2~3稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週2~3からOKの案件が多くあるという点です。

実際、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週2~3からOKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

また、ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴がありデザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高まります。

DAI
そのため、まずはリモートや週2、3から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

おすすめのエージェント②:Workship(ワークシップ )

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

案件数 約800件
最低稼働日数 週2日~ 副業OK
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター、デザイナー、ライター
公式サイト: https://goworkship.com/

※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

ワークシップは、週1から働ける副業案件プラットフォームです。

副業ワーカーを探している企業が案件を掲載し、その案件に応募できるというような仕組みになっています。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

ワークシップの大きな特徴としては、

  1. 週2からの副業案件が多数ある
  2. エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数
  3. スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

です。

①週2からの副業案件が多数ある

一般的なフリーランスエージェントは、週2からの案件がほとんどです。

そのため、副業で案件をやってみたいという方にとっては、実質不可能でした。

ワークシップの場合、週2から可能な案件が多数あり、さらに半数以上がリモートOKの案件となっています。

②エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数

一般的なフリーランス系のエージェントでは、だいたいがWebエンジニアやディレクターの案件がほとんどです。

一方で、ワークシップは、様々な職種の案件がそろっています。

たとえば、

  • ライター
  • セールス
  • マーケター
  • 広報
  • 人事
  • 経理

などなど。

ですので、

  • 正社員として働きながら副業してみたい
  • フリーランスだけど少ない稼働で働きたい

という方にはおすすめです。

③スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

僕自身登録して、スキルを登録しておきましたが、放っておいたところ、企業からオファーが何件か来ました。

今会社でやっていることが、市場で必要とされているか調査するうえでも非常に有効ですし、また向こうからスカウト型でくるので、一度登録しておいて、案件がくるかチェックしてみるのもよいでしょう。

ワークシップ(公式):
https://goworkship.com/

Workship公式ページを見る

おすすめのエージェント③:Midworks(ミッドワークス)

公式サイト;https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2020年、9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 215件
アナリスト 1件
企画・マーケティング 35件
Webディレクター 4件
Webデザイナー 19件

※公式ページ(https://mid-works.com/)より算出

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%。

DAI
一方、Midworksのマージン率は10~15%となります。

そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

DAI
登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。とりあえず登録しておいて、実際に案件紹介とかを受けつつ検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単です)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了(30秒ほど)

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

おすすめのエージェント④:i-common tech

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

公式:https://i-common-tech.jp/

DAI
i-common techは、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方や週3日~・リモートで働きたい方必見のエンジニア特化型エージェントです。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数  164件
平均単価 85万円
マージン率 非公開
対応地域 首都圏中心
働き方 週3日〜可能、リモート案件70%以上

公式ページ:https://i-common-tech.jp/
※2021年1月時点・公式ページより引用/算出

i-common techの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  • 中間マージンのない直請け案件多数
  • リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる
  • 契約後も充実したサポート体制

中間マージンのない直請け案件多数

i-common techは、案件の質が高い傾向にある直請け案件が豊富なことが特徴であり、平均単価は85万円・利用者の約半数が月収70万以上です。

DAI
継続して案件を受けやすいので長期的な報酬アップも見込めることも魅力ですね。

実際に業界最大手のレバテックフリーランスと平均単価を比較してみても高額なことがわかります。

i-common tech 85万円
レバテックフリーランス 68.2万円

リモート案件が70%以上・週3日〜可能で柔軟な働き方ができる

i-common techは、案件の74%がリモート可能案件です。また週3日〜OKな案件も多数あります。

特にエンジニア求人の場合は、週5日〜常駐案件がほとんどなので、柔軟に仕事をすることが難しかったりします。

その点、i-common techはリモート案件も豊富で週3日からの案件もあるので、地方在住の方や柔軟な働き方がしたいという方にはおすすめのエージェントです。

契約後も充実したサポート体制

i-common techはIT人材サービスを多く手掛け実績も豊富なパーソルグループが運営するサービスです。

だからこそその知見を活かしてプロのエージェントから登録後のカウンセリングから案件の紹介、契約の締結、業務開始後のアフターフォローまで一貫してサポート受けることが可能です。

DAI
エンジニアに特化しているからこそ、業界の理解が深く、案件のミスマッチが起こりにくいというのも大きな魅力です。

まとめると、エンジニアに特化したエージェントで高単価案件・リモート案件にも興味があるという方は必見のエージェントです。

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント

フリーランスへの転向という選択肢もあり

転職の他にフリーランスとして独立するという選択肢もあります。

DAI
昨今の情勢から在宅・リモートワークをしたいという方は多いと思います。
  • 報酬交渉ができる
  • 受注する案件を自分で選べる
  • 働き方を自分でマネジメントできる

などフリーランスのメリットはたくさんあります。

フリーランスで副業したい!という人向けのエージェント

フリーランスもいいかも!と思った方に向けて、週3からのフリーランス系のエージェントを紹介します。

DAI
副業から始めてフリーランスとして独立したい方エンジニアやディレクターの方におすすめです!副業案件はないけど、とりあえず登録しておくといいと思います。

レバテックフリーランス:高単価常駐案件が多数

公式サイト:https://levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  15,931件
平均単価 68.2万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週3案件、リモート案件多数

公式ページ:https://freelance.levtech.jp/
※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、利用者の平均年収は862万円という高水準です。

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで1,500件以上に上ります。

エンジニア 10,664 件
デザイナー 261 件
マーケター 557 件
コンサル 558 件

※2021年4月現在。詳細は公式ページを参照。

他のフリーランスエージェントと比較しても、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

全ての案件において最も多くなっています。

また、レバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」になっています。

なぜ非公開求人が多いの?

※非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがお勧めです。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

IT業界で副業するメリット・デメリット

メリット

以下先ほどもあげた副業のメリットです。

  • 好きな時間に初められる
  • 本業+副業で収入UP
  • 新しいスキルを身に付け、実戦で使う経験ができる
  • 新しい人脈が広がる
  • 営業から開発・制作まで一人で行い、フリーランスの準備ができる

デメリット

  • スケジュール管理を自分で行う必要がある
  • 本業に支障がでる可能性がある
  • 副業での確定申告

終業後や土日に副業を詰めすぎたりすると、逆に本業が疎かになる可能性があります

DAI
初めは月1~2回程度から、自分に合ったスケジュール管理をしましょう。

また、副業での収益が年間20万を超えると確定申告が必要になります。

DAI
副業を始めるにあたって、こうした税務関係についても押さえておくといいでしょう。

IT業界で副業を始める前にするべきこと

IT業界で副業を始める前にするべきことは、以下の2点です。

  • 自分のポートフォリオを作成する
  • 副業案件を探す
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

自分のポートフォリオを作成する

まずは、自分がどのような開発や制作業務ができるのか、証明するポートフォリオの作成が重要です。

  • その分野で就職した経験がない
  • 自分の技術を証明できるものもない
DAI
人に仕事を依頼するとしたら、だいぶリスクがありますね。

エンジニアの場合はオリジナルアプリ等があると、未経験でも「ご要望のものに似ているものを作ったことがあります!」とアピールできるわけですね。

副業案件を探す

副業を始める前に、どのような案件があって、期間や必須スキルなどを確認する必要があります。

DAI
以下で副業案件を探す方法について解説していきます。

IT業界の副業案件を見つける方法

IT業界で副業案件を見つける方法としては、ざっと3通りでしょう。

  • 副業求人を扱っているサイトに登録して、そこから副業案件を受ける
  • クラウドソーシングサイトを利用して、そこから副業案件を受ける
  • 知り合いから副業案件を受ける

①副業求人を扱っているサイトに登録して、そこから副業案件を受ける

まだ副業経験もなく、知り合いのつてがない場合は、副業求人サイトに登録して、案件を見つけるのがおすすめです。

DAI
普通にゼロから営業するとなると、そもそもその会社が副業を受け入れているのかもわからないですし、探すのに時間もかかるし、受注も非常に難しいです。

メリット

  • 単価が高い案件を見つけやすい(例:週3で40万円)
  • 営業をエージェントが担当してくれる
  • 個人ではなくエージェントを介するので、価格交渉などがスムーズで場合によっては大幅収入アップ

デメリット

  • 週3日以上はいらないといけない案件もある
  • ある程度経歴や技術力がないと仕事を任せてもらえない場合がある

一方で、副業求人サイトを利用する場合、企業の求めている人材像も明確かつ、出会いやすい仕組みになっています。

DAI
最初はこれらの求人サイトから副業案件を受託するのがいいですね。

②クラウドソーシングサイトを利用して、そこから副業案件を受ける

クラウドソーシングのWebサイトを利用する方法です。

以下などのクラウドソーシングサービスを利用して、お仕事を見つける方法となります。

  • クラウドワークス:日本最大大手のクラウドソーシングサービス。会員数200万人ほど。
  • ランサーズ:クラウドワークスと並ぶクラウドソーシングサービス。多様な案件あり。

メリット

  • ほとんどの場合は業務委託なので、会社員をやりながらでも両立しやすい
  • フルリモートでお仕事をすることが可能

デメリット

  • 仕事の発注主のITリテラシーがそこまで高くなく、仕事の定義があいまいな場合がある
  • 仲介が入らないので問題が起こった時の対応が難しい
  • クラウドソーシングを利用する場合はどうしても単価が低い

プログラミングでクラウドソーシングの案件を受託する!未経験から案件を受託するためにすべきこと

③知り合いから副業案件を受ける

もう一つが、友人から仕事をもらう方法です。

DAI
この辺は、信頼できる仲だったり、相手が取引に慣れている場合は良いのですが、未経験だと価格の相場がわからず安く買いたたかれることもあるので注意が必要です。

IT業界の副業案件で多い職種

IT業界で副業案件が多いのは、以下の職種です。

  • エンジニア:アプリ開発や、Web制作などを行う職種です。
  • デザイナー:アプリのUIなどを設計する職種です。
  • Webマーケター:広告運用や、SEO対策、SNS運用など、集客系の職種です。
  • 編集者・ディレクター:メディアの運営や、開発のディレクションなどをする職種です。
  • 採用・人事:人材の採用設計や、組織制度の設計などをする職種です。
  • 広報:企業のPRを行う職種です。

まとめ:IT業界の副業案件を見つけるには

今回は、IT業界での副業について解説していきました。

まずはITプロパートナーズや、ワークシップ などのエージェントに登録して、副業探しの第一歩を踏み出してみてください。

DAI
仕事を締結するまでに、数ヶ月かかることもあるので、初めに登録しておいて、企業側に認知してもらえるようにしておくと、スムーズにスタートが切れます!

<ITで副業したいひとにおすすめのWebサービス>
第1位ITプロパートナーズ: 週1からできる副業紹介サービス。
第1位Workship: 週2からできる副業案件紹介サービス!会社員を両立しながら初めて副業するならココ!
第2位ミッドワークス :週2〜週3の案件あり。手厚い社会保障もあり。はじめての独立も視野にいれるならここ。
第3位i-common tech:平均単価85万円!週3日から可能・リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェントなら!

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

【i-common tech】高単価・リモートで働きたい方におすすめ!
平均単価85万円!リモート案件も豊富なエンジニア特化エージェント