最終更新日:
DAINOTE編集部が推薦!おすすめのITコンサル向け副業案件紹介サービス

【第1位】ITプロパートナーズ公式:https://itpropartners.com/
週1~2日の案件があるフリーランス向け副業紹介サービス。
【第2位】レバテックフリーランス公式:https://freelance.levtech.jp/
週2~3日OK!業界最高水準の案件数と高単価案件なら!
【第3位】テクフリ公式:https://freelance.techcareer.jp/
PHP×リモートの案件多数!10%の低マージンと充実の福利厚生なら!
【第4位】クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
フルリモートOK案件あり!リモートワーク案件を多数保有する副業紹介サイト
【第5位】ビザスク公式:https://service.visasq.com/
自身のビジネス経験を活かして、スポットコンサルがしたい人向けのサイト。

「ITコンサルの業務経験や知識を活かして副業したい!」

メインの仕事とは別に収入源が欲しい!

「週2~3日から、副業で働ける案件が見つからない!」

DAI
このようなお悩みを持つ方のために、ITコンサルの副業案件を探せるおすすめのサービスを紹介します!

結論から言うと、ITコンサルの副業案件を探すには『ITプロパートナーズ』がおすすめです。

DAI
理由を説明していきますね!

多くの人にとって、副業案件を探す際には以下のような条件が重要になるはずです。

  • 高単価
  • 週1・2日~ OK
  • リモート案件多数
  • 平日夜・土日稼働可能

とはいえ、週1・2〜OKの案件を保有しているエージェントはとても少なく、ほとんどのエージェントは週3日〜の案件を多く保有している状況です。

しかし、『ITプロパートナーズ』は、週1~稼働OKなど、上の条件を満たした案件を比較的多く保有していました。

DAI
事業との両立や、フルタイムではない案件の掛け持ち、週1・2日の案件を探している方は、とりあえず『ITプロパートナーズ』に登録しましょう!

今回ご紹介するITコンサルの副業案件を探せるサイト

公式サイト 週1日 週2日 リモート
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/
クラウドテック https://crowdtech.jp/
ビザスク https://service.visasq.com/

※2022年9月現在 各社の公開求人より作成

担当者の方によると、『レバテックフリーランスも、現在週2-3日の案件を増やしているようです。

週3日の案件は比較的高単価の案件が多いため、『テクフリ』やなどでも案件を確認して見ましょう。

またエージェントの登録は無料なので、3〜4社に複数登録しておくのがおすすめです。

DAI
条件の良い案件は非公開になっていることも多いです。複数のサイトに無料登録しておき、非公開求人を含め網羅的に案件を見ておくことをおすすめします!

この記事を読んで分かること

  • ITコンサルの副業案件を獲得する方法
  • ITコンサルが副業するメリット・デメリット
  • ITコンサルの副業案件がまとまっているWebサービス

ITコンサルの副業案件を探す基準

ITコンサルの副業案件を探す基準は以下の5つです。

  1. クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか
  2. 土日・平日早朝・夜の稼働が可能か
  3. 週の最低稼働日数が少なくてもよいか
  4. フルリモート案件があるか
  5. 高単価な案件が多いか
DAI
それぞれ詳しく解説します!

クラウドソーシングか副業エージェントを利用するか

IT系・ Web系の実務経験を活かして副業するなら、エージェントを利用しましょう。理由は以下の4点です。

  • クラウドソーシング系サイトよりも報酬の相場が高い
  • 希望に合う案件を紹介してくれる
  • 単価や勤務条件を交渉してくれることがある
  • 副業先でトラブルになったとき相談に乗ってくれる

クラウドソーシングは誰でも手軽に応募しやすいというメリットがありますが、発注者が単価を決めるため、低単価になりやすいなどのデメリットもあります。

たとえば、一見報酬が高いように見えても

  • 工数がかかる案件で、時給換算すると500円と低単価だった
  • クライアントが何度も納品前に追加依頼をしてくる
  • そもそもの要件が曖昧で稼働時間がずるずる伸びた

みたいなことが起こるケースもあるので、気をつけましょう。

DAI
ただ、「スキルに自信がないから、まずは経験を積みたい……」という方はクラウドソーシングから始めてみるるのも良いですよ。

土日・平日早朝・夜の稼働が可能か

平日の日中は本業があるから、土日か平日の夜に副業したいという方は多いでしょう。

DAI
事前に「いつどれぐらい稼働したいか」を明確にして、無理のない範囲で副業しましょう!

案件サイトでは「土日OK」など、詳細に条件を追加できます。

なので、週の可能な稼働時間を明確にすることで、条件に合う案件を探しやすくなります。

DAI
多くの案件サイトでは、登録をしなくても一部の案件は見ることができます!

一方で、無料登録することで非公開案件を紹介してもらえたり、案件の詳細を観覧できたりします。

「どんな案件があるのか気になる」という方は、まずおすすめの副業サイトをチェックしてみてください!

コンサルの副業案件が探せるおすすめのWebサービス
ITプロパートナーズ:週1〜2日の案件が豊富!
レバテックフリーランス
:高単価なコンサル案件を探すならここ!
テクフリ
:サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント!
クラウドテック:フルリモートで働ける案件多数!
ビザスク:自身のビジネス経験を活かして、スポットコンサルができる。

週の最低稼働日数が少なくてもよいか

DAI
「まずは週1・2日から副業したい!」という方は多いですよね。

今回おすすめする副業エージェントを調べたところ、ITプロパートナーズは週2日以内OKの案件を50件以上は保有していました(2022年8月6日、ITプロパートナーズ)。

DAI
ただ、週2日以内OKの案件は人気が高いため、非公開案件になっている可能性が高いです

そのため、複数エージェントに無料登録して、できる限り多くの案件を見られる状態を作っておきましょう。

DAI
案件によってはミーティングの時間が固定されているケースもあるので、本業に支障がないよう慎重に確認しましょう。

フルリモート案件があるか

DAI
副業は貴重なプライベートの時間を削って取り組むので、通勤のような無駄な時間はなるべく減らしたいですよね。

フルリモートであれば、通勤時間がないので、浮いた時間で副業を増やしたり、趣味の時間に充てられたりします。

リモート案件は増えてきていますが、セキュリティの関係でフルリモートができない企業も未だに多いです。

またリモートワークの副業案件を探す場合「リモート可」と記載があっても、実際は一部出社が求められる場合があります。事前に案件サイトへ確認しておきましょう。

高単価な案件が多いか

「収入を増やしたい」という理由でITコンサルの副業を始める方もいるでしょう。

ただ、副業エージェントによって、単価のレンジは変わります。

たとえば、クラウドテックの場合は「週1日〜・フルリモートOK」でコンサル案件を検索すると、42万円〜100万円の案件単価の幅がありました(2022年8月6日時点、クラウドテック)。

DAI
ITコンサルの仕事は幅広いので、実務経験や保有スキルによって単価が変わってきますね。

一方で、同じスキルや業務を求める場合でも、エージェントによって単価が異なる場合があります。

そのため、気になる案件を見つけたら複数エージェントの待遇や条件を比較して、自分に合った案件を見つけましょう。

ITコンサルの副業案件が探せるおすすめのWebサービス

DAI
副業案件を探せるWebサービスはたくさんありますが、特におすすめの5社について紹介します!
コンサルの副業案件が探せるおすすめのWebサービス
ITプロパートナーズ:週1〜2日の案件が豊富!
レバテックフリーランス
:高単価なコンサル案件を探すならここ!
テクフリ
:サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント!
クラウドテック:フルリモートで働ける案件多数!
ビザスク:さまざまなビジネス領域の経験者と1時間のスポットコンサルができるサービス!
DAI
副業案件を探す基準を元に、以下の比較表を作りました。エージェント選びの参考にしてみてください!
公式サイト 土日OK 週1・2日OK フルリモート 高単価
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/
クラウドテック https://crowdtech.jp/
ビザスク https://service.visasq.com/

(表は2022年9月1日時点の各社公式サイトをもとに作成したものです)

DAI
それでは、詳しく見ていきましょう!

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,190件
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1〜2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年9月1日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないITプロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1〜2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズの大きな魅力は、週1〜2日から稼働OKの案件が多くあるという点です。

実際、他のフリーランスエージェントの多くは、以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3・4日〜が主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1・2日〜でもできるエージェントは案件数が少ない

ITプロパートナーズは週1〜2日から稼働OKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントです。

ITコンサルの分野では、以下のような案件がみつかりました。

公式サイトより引用:https://itpropartners.com/(2022年9月1日現在の案件のため、募集終了の可能あり)

DAI
上記の案件以外にも、直請けならではの高単価案件が豊富です。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員されている方の副業は紹介できません。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 41,155件
働き方 週2、3日〜
対応地域 関東、愛媛、大阪、兵庫、京都、九州

※2022年9月1日時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランス向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件のなかには、魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントの質が高い
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスでは、業界最高水準の高単価案件を多数取り扱っています。

DAI
公式HPでは、以下のように職種ごとの平均単価を見られるので、興味のあるジャンルについて調べてみることをおすすめします。

※2022年9月1日時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、IT業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

③求人数が多い

実際にコンサルの案件を調べてみると、323件ありました。(2022年9日1時点、レバテックフリーランス公式HP

DAI
特に高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

テクフリ

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!IT特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリはIT業界に特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 11,124件
マージン率 10%〜
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪なども有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年9月1日時点・公式サイトより引用/算出

テクフリには、案件の質が高いという特徴があります。

案件が高品質といえる理由に挙げられるのが、以下の3点です。

  • 運営元である株式会社アイデンティティが、複数のIT人材派遣事業をおこなっている
  • ユーザーのスキルとのマッチ度が高い案件を紹介
  • サイバーエージェントをはじめとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

募集を終了していましたが、コンサル案件でも以下のように高単価のものがみつかりました。

引用:https://freelance.techcareer.jp/※2022年9月1日時点の案件例

テクフリに限ったことではありませんが、フリーランスエージェントは多くの非公開案件を保有しています。

登録を済ませることで、非公開案件を紹介してもらえる可能性があるので、まずは気軽に登録してみましょう。

DAI
またテクフリは独自の案件マッチングシステムも持っています。自分に合った高単価案件を探したいというITコンサル必見のエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!IT特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

クラウドテック

公式サイト:https://crowdtech.jp/

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたい方必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数 851件
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2022年9月1日時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

公式ページ:https://crowdtech.jp/

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数です。

※フリーランスエージェントで得られる案件は、実は常駐の案件であることがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

たとえばITコンサル領域では、以下のような案件がみつかりました。

引用:https://crowdtech.jp/※2022年9月1日時点の案件例のため、募集を終了している可能があります)

またクラウドテックの求人は、8〜9割方が案件が非公開求人です

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため「より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!」という方には特におすすめですね。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは会員登録することで、100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入できます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので、無料で加入できるのは安心ですね。
【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

ビザスク

公式サイト:https://service.visasq.com/

ビザスクは、電話や対面によるスポットコンサル案件を幅広く取り扱っているWebサービスで、登録しているアドバイザーの数において、日本最大級の規模を誇ります。

アドバイザーとして登録した後に案件を探し、受注したい案件に対して提案を行います。

クライアントがポートフォリオと提案内容を確認し、需要とマッチングすれば依頼が来る仕組みです。

スカウト機能もあるので、クライアント側から指名相談が届くこともあります。

スポットコンサルは対面に加えてSkype、Zoomでのオンライン会議も可能です。

ITコンサルの副業をするために必要な準備

「ITコンサルの経験を活かして副業をやりたい!」と思ったときに、必要な準備は以下の3つです。

  1. 自分のスキルや経験を整理する
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 副業案件を探すためのサイトに登録しておく

具体的な手順を以下で解説します。

自分のスキルや経験を整理する

まずはスキルや経験の棚卸しをします。

  • 経歴、資格はどんなものがあるか
  • どのような経験をしてきたのか
  • 得意なことは何か

現時点で役に立つのかわからなくても、プロジェクトでの経験を洗い出してみましょう。

たとえば、SAPやSalesforceなど需要の高いサービスの導入支援の経験があれば、同様の案件を受注できる確率が高くなります。

DAI
まずはスキルや経験を棚卸しをしたうえで、副業エージェントのアドバイザーに相談することをおすすめします!

ポートフォリオを作成する

次はポートフォリオを作成します。

ポートフォリオとは、自分の個人実績をまとめたものです。
過去にどんなことをしてきたのかをクライアント(仕事を依頼する人)に伝えるために作成します。

コンサル案件を探せるWebサービスに、自分の経歴や資格について登録したり、自分で個人サイトを作ったりするのもおすすめです。

「自分にはこんな専門知識があります!」と、一発でわかる内容にまとめましょう。

DAI
ポートフォリオに具体的な成果があると、なお良しですね。

副業案件を探すためのサイトに登録しておく

ポートフォリオをまとめた後は、自分に合った案件を探していきます。

案件をSNSで募集する方法もありますが、エージェントなどのWebサービスの利用から始めるのが最もおすすめです。理由は以下の通りです。

  • 稼働日数が少なくても、自分のスキルや経験に合った単価の案件が見つかる
  • 自分から営業をしなくても、案件を紹介してくれる
  • 案件の稼働が始まっても、アフターサポートがある
  • 業界プロから直接アドバイスをもらいながら、案件探しを進められる

おすすめのWebサービスについては、以下にまとめました。

コンサルの副業案件が探せるおすすめのWebサービス
ITプロパートナーズ:週1〜2日の案件が豊富!
レバテックフリーランス
:高単価なコンサル案件を探すならここ!
テクフリ
:サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント!
クラウドテック:フルリモートで働ける案件多数!
ビザスク:さまざまなビジネス領域の経験者と1時間のスポットコンサルができるサービス!

ITコンサルが副業をするメリットは?

副業でITコンサルをやるメリットを5つ紹介します。

  • 本業の専門知識やスキルを活用できる
  • 本業にも活かせる実績・人脈ができる
  • スポットコンサルなら働きやすい
  • 収入が増える
  • スキルアップにつながる
DAI
一つひとつ解説していきます!

本業の専門知識やスキルを活用できる

一口にITコンサルと言っても、扱う分野はさまざまです。

プロジェクト内容を見て、自分のスキルとマッチするかを判断する必要はありますが、あなたが以下のような人材であれば、自分の得意を活かしてコンサルができます。

  • プロジェクトマネジメントのスキルがある
  • ITの専門知識がある
  • コミュニケーション能力がある

本業で身につけたスキルは副業でも活用できます。

DAI
IT人材の不足により、副業案件も増加していますよ。

本業にも活かせる実績・人脈ができる

職種や経験にもよりますが、本業で関われる分野や接する人は限られています。

副業をする場合は、その経験を実績として積むこともできるうえに、ご自身のスキルや専門性を磨けます。

本業以外でさまざまな顧客とも繋がれるので、より広い人脈を作れるでしょう。

DAI
本業×副業で良いシナジーが生まれるのが理想ですね。

スポットコンサルなら働きやすい

スポットコンサルとは、特定の時間だけコンサルを行うことです。

コンサルタントは年単位など、一定の期間で契約して業務を行いますが、副業であれば必ずしも長期間の案件を受ける必要はありません。

短いものであれば30分〜1時間ほどの案件もあるので、本業と並行して無理なく受注できるでしょう。

DAI
まずは気軽にスポットコンサルから始めてみるのも良いですよ。

収入が増える

仕事量が増えるため、収入はもちろん上がります。

DAI
今回おすすめしたエージェント各社の最低単価を調べたところ、「週1日のみ稼働」でおおよそ9万円〜15万円が平均でした。(2022年9月1日、DAINOTE調べ)

ご自身のスキル活かして、週1のみの稼働でも9万円〜15万円の収入源が増えるのは魅力的ですよね。

スキルアップにつながる

幅広い案件を受注することで、知見が増えたり、最新トレンドをキャッチアップしたりすることにもつながります。

パーソル総合研究所の「副業の実態・意識調査」によると、約30%の方が「スキル・知識向上」を実感していると回答していました。(2021年度、パーソル総合研究所「副業の実態・意識調査」より引用)

DAI
本業では関われない案件を受注することで、本業以外でスキルアップできますね!

ITコンサルが副業するデメリットって?

ITコンサルに限ったことではありませんが、副業するデメリットは以下の2つです。

    1. 本業との兼ね合いが難しくなる
    2. 休みが取れなくなる

本業との兼ね合いが難しくなる

本業で急な対応が発生するなど、想定外のことが起こるケースもあります。

副業にも支障が出てしまう可能性があるので、余裕を持ったスケージュール配分は必須です。

主に以下のポイントに気をつけておきましょう。

  • 最初に決めた稼働時間内に終わらせられるような業務のみ引き受ける
  • 稼働時間外での作業が続いていたら、業務を見直す
  • 無理のない範囲でまずは短時間の稼働時間から始める

休みが取れなくなる

副業を始めることで、労働時間が長くなります。

DAI
特に、繁忙期の時期や長期休暇前の忙しい時期は要注意ですね。

本業と副業の両立ができなくて、精神疾患にかかってしまったり、体調を崩してしまったりしては本末転倒です。

副業コンサルタントの報酬のしくみ

副業コンサルタントの報酬は、主に以下の2種類あります。

  • スポットコンサル(時間報酬型)
  • 固定報酬型
DAI
一つずつ解説していきますね。

スポットコンサル(時間報酬型)

スポットコンサルとは、必要な時に受けられる単発的なコンサルのことです。

通常のコンサルティングは中長期的に受けることが多いですが、スポットコンサルの場合は1回約1時間〜で行います。

また、報酬は時間単位で、単価もコンサルタントの経験値や専門性によるため、相場は1時間あたり1万円〜5万円と幅広いです。(2022年9月1日、DAINOTE調べ)

DAI
1回1時間〜の単発のため、短期的にコンサルの副業をしたい方でも始めやすいのが特徴です。

固定報酬型

固定報酬型とは、ある一定期間の単価または月収が定められている案件のことです。

たとえば、顧客を2社担当し、週2回の勤務で月収50万円の場合や、3ヶ月間のプロジェクトで約250万円など、さまざまです。

スポットコンサルとは違い、中長期的にクライアントと関われるのが特徴的です。

DAI
ただ、働き方や仕事内容の条件はクライアントによって異なるため、お互いのニーズをきちんと細かくすり合わせる必要がありますね。

副業で安定した収入を得たい方は、固定報酬型の案件がおすすめです。

コンサルの副業案件や単価の目安

副業でITコンサルを始める前に、どんな案件があって、報酬の相場がどれくらいなのかを確認していきましょう。

ITコンサルの副業案件は、クライアントの元へ足を運ぶ必要がない案件も多いです。

DAI
短時間の案件には人気が集中するので、つねにアンテナを張っておきましょう

週1勤務の場合のコンサル副業案件や単価例

案件例①

引用:ITプロパートナーズ(https://itpropartners.com/)2022年9月1日時点

週1〜の公開案件は少ないので、現在は募集が終了している案件ですが紹介しておきます。

週1案件は技術顧問や、アドバイザー的なポジションのものが多いです。

案件にもよりますが、この案件に関しては、以下のようなスキル・経験が求められているようです。

  • ITコンサルとしての実務経験
  • 非IT人材に納得してもらえるコミュニケーションが取れること
  • 外部ベンダーのディレクション
  • CTOとしての経験
  • 金融周りの知識
DAI
週1案件は人気があるので、公開案件が出回るケースは稀です。まずはエージェントに登録して非公開案件を紹介してもらうことをおすすめします。

案件例②

引用:クラウドテック(https://crowdtech.jp/)、2022年9月時点
※現在は募集が終了している場合があります。

上記の案件例を見ると、フルリモートで週1日の案件でも、月に数十万円の報酬が見込めそうです。(2022年9月1日時点)

ECカートシステムのリニューアル案件で、現行のシステムである「EC-Cube」からシステム切り替えに伴う、開発〜導入までのコンサル業務を担当。

DAI
案件内容を見る限り、ECの導入経験は必須でしょう。

週3勤務の場合のコンサル副業案件や単価例

案件例①

引用:レバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)、2022年9月1日時点
※現在は募集が終了している場合があります。

このようなCRMの導入支援の案件です。

特にSalesforceは営業支援・顧客管理支援など日々の業務に役立つ機能を兼ね備えたツールですが、運用に課題を抱えている企業も多いです。

もしあなたがITコンサルとして、戦略の構築〜システムの運用までの経験があれば、副業案件を受けられるかもしれません。

DAI
Salesforce案件は比較的単価が高いので、知見がある場合は積極的に受注したいですね。

Salesforceの導入支援を行った経験こそ必須ではありませんが、類似するCRMやシステムの導入経験は必須でしょう。

案件例②

引用:テクフリ(https://freelance.techcareer.jp/)、2022年9月1日時点
※現在は募集が終了している場合があります。

アプリのグロースハックを目的とした案件です。

高度なマーケティングスキルが求められることもあり、高単価です。

また基本スキルとして、以下のものが求められていました。

  • パワーポイントまたはGoogleスライドを使った資料作成の経験
  • クライアントへロジカルに提案を説明できる能力
  • MAツールを用いたグロースハック業務経験

歓迎スキルとしては、以下のようなものが挙げられています。

  • マーケティングオートメーションツール(KARTE/Braze/Repro/SMC等)のツール活用経験
  • SQLの簡易操作経験
  • デジタルマーケティング領域での実務経験
  • 事業会社マーケティングでのシナリオ作成、セグメント作成経験
DAI
エージェントは多くのコンサル案件を保有していますが、ITコンサルの業務は非常に幅広いです。まずはご自身のスキルとマッチするか見極めましょう。

ITコンサルの副業で収入を増やすポイント

ITコンサルの副業で収入を増やすポイントは以下です。

  1. 単価が安い案件は控える
  2. 複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう
  3. エージェントを利用する場合はマージン率を確認する
DAI
それぞれ解説します。

単価が安い案件は控える

今回おすすめしている副業の案件サイトで最低単価と最高単価を調べたところ「週1のみ」で最低9万円〜最高100万円の幅がありました。(2022年8月8日時点、DAINOTE調べ)

同じ稼働時間でも案件によって、90万円もの差がありますね。

単価の低い案件からスタートしても良いですが、スキルが上がるにつれて案件は選ぶようにしましょう。

ちなみに高単価案件の傾向として、以下のようなのが挙げられます。

  • 職種はECコンサル、業務改善コンサル
  • マーケティング・システム開発・生産管理・ブランディングの専門知識
  • 長期案件
DAI
高単価の案件には、高度なスキルが必須です。受注したい案件から逆算してスキルを磨くと良いですよ。

複数のエージェントに登録して、自分のスキル感を相見積もりしてもらう

案件の単価はご自身の保有スキルと実務経験によって決まります。

そのため、まずはご自身の今のレベルに合った単価レンジがどれぐらいなのかを知ることが大切です。

自分のスキルを相見積もりしてもらうことで、以下のことが明確になります。

  • 現時点でどれぐらいの単価を狙えるのか
  • もっと高い単価を狙うために必要なスキルとは

業界のプロからアドバイスをもらうことでm上記の内容がよりクリアになります。

DAI
まずは複数のエージェントに登録して、比較してみましょう。

エージェントを利用する場合はマージン率を確認する

エージェントを利用する際に注意すべき点は、マージン率(仲介手数料)です。

DAI
通常、エージェントのマージン率は8〜20%ほどです!

ただ正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、ご自身の取り分などを事前に知ることが難しいのが現状です。

なので、以下の2点は必ずエージェントに確認しておきましょう!

  • 『直請案件』を取り扱っているかどうか
  • マージン率の詳細

DAI
マージンの割合が低いほど、案件単価は高くなります!

副業でITコンサルをする際に気を付けること


男性A
よし!さっそく副業案件を探してみよう!

思いたったらすぐに案件を探したいところですが、副業をする前に確認しておくべきことがあります。

利益相反に注意する

副業が本業の会社の利益と相反しないかを確認しておきましょう。

もし競合に自社のノウハウをアドバイスとして伝えてしまえば、会社にとってはマイナスです。

長い時間をかけて培ったノウハウは貴重な財産なので、企業にとっては簡単に共有されては困ります。

クライアントを選ぶときは、以下の項目についても考えておきましょう。

  • この副業は会社に迷惑をかけないか?
  • どの程度まで情報を提供して良いのか?

土日・平日夜の稼働が可能か確かめる

DAI
副業を始める方の多くは、平日夜または土日を希望されますよね。

そのため、本業の稼働時間と被らないような曜日や時間帯に稼働できるかどうかを、事前にしっかりと確認しましょう。

案件によって、週1日の定例会議を求める場合もあります。

DAI
本業と副業が両立できるように、必要条件や稼働時間はチェックしておきましょう!

本業に支障をきたさないようにする

受注案件が増えれば、当然負担も増大します。

案件を受けすぎてしまうと、以下のような事態に陥ってしまうかもしれません。

  • 本業に集中できずミスが増える
  • 睡眠時間を確保できず、体調を崩してしまう

「副業にどれくらいの時間を割けるのか?」「無理していないか?」を念頭に置いておきましょう。

会社に副業可能か確認する

2022年現在は、副業を解禁する企業が増えつつありますが、従来のように副業を禁止している会社も多いです。

会社によっては懲戒処分の対象にされてしまうこともあるので、副業可能かどうか会社の規定を確認しておきましょう。

確定申告が必要か確認する

副業で得られる年収が20万円を超えると、確定申告が必須になります。

年末調整は会社がやってくれますが、確定申告は自分で行わなければいけません。

DAI
報酬の金額を確認して、確定申告が必要かどうかを判断しましょう。

ITコンサルの副業についてよくある質問

ITコンサルの副業に関して、よくある質問を以下にまとめました。

  • Q1. 週何日から副業できる?
  • Q2. リモートワーク可能な案件はある?
  • Q3. コンサル未経験で副業できる?
  • Q4. コンサルで副業するために必要な実務経験やスキルって?
  • Q5. コンサルの副業からフリーランスとして独立するには?

Q1. 週何日から副業できる?

DAI
週1日〜副業できます!

ただし調べたところ、多くの案件では週1日の定例会議への参加が求められるようでした。

そのため、会議が本業の稼働時間と被らないかどうかについて、必ず事前に確認しましょう。

Q2. リモートワーク可能な案件はある?

DAI
あります!

ITコンサル案件には、リモートワーク可能な案件が豊富にありました。

ただし、一部の案件では出社を求められる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q3. ITコンサル未経験で副業できる?

DAI
クラウドソーシングであれば未経験OKとする案件もありますが、一般的なITコンサル案件であれば、業務経験は必須です。

またクラウドソーシングの場合、ITコンサル案件の単価が低いので、注意が必要です

Q4. ITコンサルで副業するために必要な実務経験やスキルって?

DAI
職種によって、異なります。

主に必要なスキルは、以下の4つです。

  • コミュニケーションスキル(ヒアリングや提案)
  • 論理的思考力
  • 問題解決力
  • 洞察力
DAI
ITコンサルとしての専門スキルの高さと同時に、問題を大きな視点から捉えて解決策を見出す力が求められますね。

Q5. ITコンサルの副業からフリーランスとして独立するには?

DAI
副業からフリーランスとして独立することはできます。

その方法としては、以下の4つのポイントをお伝えします。

  • 副業である程度の収入と人脈を確保する
  • 税理士を見つける
  • クレジットカードやローンなど、会社員の方が審査が通りやすい手続きは事前に済ませる
  • フリーランスエージェントに複数登録する
DAI
フリーランスになっても安定した収入を得るために、副業で経済的な土台づくりはしておくと良いですよ。

まとめ

自分のスキルや専門知識を活用できれば、ITコンサルを副業にできます。

DAI
特にITスキルを活かして、経営課題を解決できる人材はどの企業からも求められています。

スキルはあるけど、本業があってコミットする時間を捻出するのが難しい……そんな人はスポットコンサルとして案件を受注すれば、本業があっても両立しやすいです。

その場合、特定の業種やシステムに対しての高度な知識こそ求められますが、短時間で高単価の案件も多いです。

DAI
フリーランスや、収入アップを目指す方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

関連記事