最終更新日:2021/01/26

≪副業したい人にオススメのWebサービス≫
【第1位】Workship:週1から可能の副業マッチングサービス
【第2位】プロの副業 : 本業のスキルを副業で活かせる、プロ人材向けの副業エージェント
【第3位】クラウドワークス:日本最大規模のクラウドソーシングサービス
【第4位】ココナラ:自分の得意が売れるサービス

≪プログラミングを学んで、副業したい人向けのプログラミングスクール≫
【第1位】 CodeCamp: 未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指せるスクール!業界最安値! | レビュー記事
【第2位】RaiseTech:未経験から、実際に営業して案件を受注するところまで学びたい人向け! | レビュー記事

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!
【プロの副業】
本業のスキルを副業で活かせる、プロ人材向けの副業エージェント
【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。
【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

DAINOTE編集部のDAIです。

  • 今会社員だけど、今後副業してみたい
  • 副業を始めようとしても、どこで副業案件を見つけてこればいいの?
  • 仕事をどこから取れば良いか迷っているので、とりあえずクラウドソーシングサイトを利用したい

という方も多いのではないでしょうか。今回は、クラウドソーシングの副業サービスについて、実際の体験談を元に解説していきたいと思います。

副業案件が見つかるWebサイトは?

副業案件が見つかるWebサイトとしては、以下のタイプがあります。

  • 副業サイト
  • クラウドソーシング

副業のための副業サイトの選び方のポイント

副業サイトとは?

副業サイトは、クラウドソーシングと違い、企業と個人のマッチングサイトになります。

DAI
お仕事単位というよりも、個人と企業がマッチングして、具体的な仕事は双方で決めてください!という感じになります。

おすすめの副業サイトは?

おすすめの副業サイトは、以下の二つになります。

  • Workship[ワークシップ]
  • プロの副業

Workship(ワークシップ)

案件数 約800件
最低稼働日数 週2日~ 副業OK
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター、デザイナー、ライター
公式サイト: https://goworkship.com/

ワークシップは、週1から働ける副業案件プラットフォームです。

副業ワーカーを探している企業が案件を掲載し、その案件に応募できるというような仕組みになっています。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

ワークシップの大きな特徴としては、

  1. 週2からの副業案件が多数ある
  2. エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数
  3. スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

です。

①週2からの副業案件が多数ある

一般的なフリーランスエージェントは、週2からの案件がほとんどです。

そのため、副業で案件をやってみたいという方にとっては、実質不可能でした。

ワークシップの場合、週2から可能な案件が多数あり、さらに半数以上がリモートOKの案件となっています。

②エンジニアだけではなく、ディレクター、マーケター、ライター、人事などの求人が多数

一般的なフリーランス系のエージェントでは、だいたいがWebエンジニアやディレクターの案件がほとんどです。

一方で、ワークシップは、様々な職種の案件がそろっています。

たとえば、

  • ライター
  • セールス
  • マーケター
  • 広報
  • 人事
  • 経理

などなど。

ですので、

  • 正社員として働きながら副業してみたい
  • フリーランスだけど少ない稼働で働きたい

という方にはおすすめです。

③スキルを登録しておくと、企業からオファーがくる

僕自身登録して、スキルを登録しておきましたが、放っておいたところ、企業からオファーが何件か来ました。

今会社でやっていることが、市場で必要とされているか調査するうえでも非常に有効ですし、また向こうからスカウト型でくるので、一度登録しておいて、案件がくるかチェックしてみるのもよいでしょう。

ワークシップ(公式):
https://goworkship.com/

【Workship】プロジェクト単位の案件で週1から副業できる!
週1日・週2日など案件多数!様々な案件があり、働き方がフレキシブルな案件が豊富!

プロの副業

公式:
https://profuku.com/

プロの副業は、本業のスキルを副業で活かせる、プロ人材向けの副業エージェントです。週1日から2時間で月次30万円以上の案件もあります。初めて副業してみたい!という方におすすめです。

プロの副業の大きな特徴は、まず単価の高い案件が多い点です。他の副業求人サイトと比べても、単価がかなり高いです。また、案件もプロの副業の独自のネットワークから、レベルの高い案件が多いです。

プロの副業に1分で無料登録する

クラウドソーシングとは?

そもそも、クラウドソーシングとは何かというと、企業、個人がお仕事を不特定多数の人に外注できるサービスです。

DAI
例えば「こんなデザインのバナーが欲しい」と発注し、個人がそれを開発するようなイメージです。

クラウドソーシングサイトのおすすめ

では、どんなクラウドソーシングがあるのか。有名どころでいうと以下の4種類があげられます。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • ランサーズ
  • ザグーワークス

クラウドワークス

公式:
https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、日本最大大手のクラウドソーシングサービスです。会員数は200万人ほど。

ライティング、プログラミング、デザイン、ロゴ作成から、簡単なタスクまでさまざまな案件がありますが、全ジャンルに多くの案件があります。

僕は独学でプログラミングの案件を受託したのですが、お客さんが総じてリテラシーの高い方が多く、お仕事がやりやすかったです。

仕事をする前に、発注主の評価などをみれるので、安心感を持って仕事ができました。

クラウドワークスに1分で無料登録する

ココナラ

 

公式:
https://coconala.com/

ココナラは、割と最近できたクラウドソーシングサイトです。クラウドワークスと若干異なるのは、

  • 出品者がクラウドワーカー

ということです。よくわからないので簡単に説明すると、自分の得意なスキルに値段をつけて売ることができるプラットフォームになります。ココナラを利用して稼ぐためには

  • スキルを出品者として販売する
  • リクエストボードにある案件から、案件を応募する

という方法になります。

スキルを出品者として販売する場合は、このように自分ができることを出品サービスとして販売することができます。

もう一つが、リクエストボードという、いわゆる企業側、個人側が仕事を発注しているところから仕事を受注する方法です。


「IT プログラミング」 で検索してみると、

  • 予算
  • 募集期限
  • 提案数

が見れる、案件の一覧があるのがわかるかと思います。こちらから仕事を応募することで案件を獲得することができます。

ココナラに1分で無料登録してみる

ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスと並んで日本最大大手のクラウドソーシングサービスです。

ランサーズに1分で無料登録してみる

ザグーワークス

公式:
https://works.sagooo.com/

サグーワークス
ライターに特化したクラウドソーシング

ザグーワークスは、ライティングやリサーチ専門のクラウドソーシングサイトです。

ライターの副業に特化しています。

クラウドソーシングサイトの中でも文字単価はかなり高いほうなので、ライターをやりたい方はこちらがおすすめです。

サグーワークスに1分で無料登録してみる

副業でできる仕事とは?

一般的に、未経験でも副業ができる職種は、以下のジャンルとなります。

  • プログラミング
  • マーケティング
  • ライティング
  • デザイン

プログラミングの副業案件とは

プログラミングの副業案件とは、例えば以下の二つのような制作にあたります。

  • Webサイトの制作
  • コーポレートサイトの制作

ただし、こちらは未経験では難しいため、プログラミングの学習が先に必要になりますので、注意してください!

  • 未経験からプログラミングで副業するなら、コーダーとしてWeb制作案件を受注するのがおすすめです。

なぜなら、どの企業もホームページを作成するため、需要が大きいからです。

DAI
また、比較的未経験からでも案件を獲得しやすいといった利点があります。

Web制作案件は、大きく分けると、2個の分野があります。

  • ランディングページ作成:ペライチの申込用ページ
  • コーポレイトサイト作成:企業や個人事業主向けのWebページ

Web制作の案件①:ランディングページ作成

簡単なランディングページ作成(LP)ですと、1案件ごとに1~5万円で案件を獲得することができます

Web制作の案件②:コーポレイトサイトの作成

一方でコーポレイトサイトだと、企業側が予算を持っていることが多いので、5~10万円の案件もあります。

DAI
がっつりと3案件ほど回せば、初月で20万以上は狙えるかと思います。

Web制作はWordPressを使って行うのですが、WordPressは、技術力がそこまで高くなくても、5-10万円程度の案件を受注できるのが特徴です。

DAI
このWordPressのスキルを使って、Web制作ができると、非常に仕事も入りやすいでしょう。
【保存版】WordPress初心者が独学でWebサイトを作るために必要な6つの学習ステップまとめ

プログラミングの副業で稼げる月収の目安

プログラミングの副業案件の月収目安は、こんな感じです。

~月5万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング1件
月5~10万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング2件
月10~20万円 簡単なLP2~3件作成する or 企業のコーポレイトサイト1件作成
月20万円~ 企業からのコーポレイトサイト直案件を、デザインからコーディングまでできる

副業するために必要な知識・スキル

【実績あり】プログラミング未経験者が副業で稼ぐための手順

マーケティングの副業とは?

マーケティングの副業案件は、

  • アフィリエイトライティング
  • 広告運用

などに当たります。

【Webマーケターが副業するには?】案件単価や必須スキルを副業・フリーランス求人から一挙紹介!

ライティングの副業とは?

ライティングの副業は、メディア側に指定されたキーワードで記事を書くような仕事になります。

  • 転職の体験談についての投稿

などに当たります。

Webライターが副業するならおすすめという話と、仕事の取り方についてまとめてみた

デザインの副業とは?

デザインの副業は、

  • バナー制作
  • Webページデザイン制作
  • アイコン制作

などがあります。

プログラミング副業で実際いくら稼げるのか?

  • これは僕が実際に過去プログラミングを副業として稼いだ月収です。
DAI
このように実際にプログラミングをして副業で稼ぐことは可能です。

ではどのようにプログラミングを副業にして稼いでいくのか、必要な知識・スキルを解説していきます。

プログラミングを使った案件の種類

DAI
Web制作には基礎的なフロントエンド言語にプラスして、PHPなどのサーバーサイド言語の知識が必要になります。

≪フロントエンド言語≫
・HTML:Webページのテキストや画像、リンクなどを記述する言語
・CSS:HTMLに色を付けたり配置を決めることができる言語
・JavaScript:ページに動きを付けることができる言語
・Bootstrap:フロントエンド言語のフレームワーク
≪サーバーサイド言語≫
・PHP:データベースとのやり取りができる言語
・Wordpress:ブログを作ることができるCMS

加えて以下のようなスキルがあるとなお案件を獲得しやすいです。

  • Webデザイン
  • 営業

これらのスキルが身についているとより予算が大きい会社から、デザインまで含めてセットで案件を受託できるので、単価も20万~を超えていきます。

【実績あり】プログラミング未経験者が副業で稼ぐための手順

案件を獲得する

必要なスキルを身につけたら、次は案件獲得するために、準備してから営業する必要があります。

DAI
これに関しては以下の記事で「プログラミング案件を獲得できない理由」を詳しく解説しています。

また、営業までできるようになれば、フリーランスに転向する準備はできています。興味がありましたら以下のフリーランスの記事を参考にしてみてください。

プログラミングを学んでも稼げない?原因・ノウハウ徹底解説
【体験談】プログラミングを学んでフリーランスになる失敗しない方法をまとめてみた

独学でのプログラミング学習の実態は?

DAI
正直、全て一人で学習を進めるのは挫折する可能性が高いです。

HTML/CSSなどのフロント言語の学習するだけなら、独学でも十分問題ないです。

  • ④WordPressテーマを作成するための高度なフレームワークを学ぶ

しかし特にこの④ステップでデータベースなどの管理を学習する際、データベースなど形が目に見えないのものになり、エラーの処理が難しくなります。

DAI
エラーをコピー&ペーストして検索しても、英語の文献&求めている検索結果が出ないことが多くなります。

僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイトが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

DAI
ちなみにこのサイト(https://dividable.net/)のWordpressテーマもCodeCampのWordPressコースを受講して作成しました。
転職・就職に失敗したくない人におすすめプログラミングスクール6選

おすすめの副業特化プログラミングスクール2選

  • CodeCamp【マンツーマンレッスンでWordPressを学びたい人向け】
  • RaiseTech【Web制作から営業方法まで一括で学べるプログラミングスクール】

CodeCamp【マンツーマンレッスンでWordPressを学びたい人向け】

公式:
https://codecamp.jp

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。

Code Campのコースのうち、もし副業で稼ぎたいなら、WordPressコース余裕があればWebデザインマスターコースがおすすめです。

WordPressコースのポイント

WordPressコースでは、WordPressのテーマ開発などを行います。

もしこれができるようになると、だいたい月5万くらいの、簡単なコーディング案件はできるようになると思います。

Webデザインマスターコースのポイント

一方で、予算があるなら個人的にはWebデザインマスターコースがおすすめです。なぜか。

それは、デザイン+コーディングができると、案件の単価が上がるからです。

こちらに一般的なWeb制作のフローを貼りました。

WordPressコースでは、一般的にコーダーだけの仕事になります。

一方で、Webデザインマスターコースだと、デザインとコーディングができるとより上流の単価の高い仕事をすることができます。

どうせ高い料金を支払うのであれば、僕個人的にはデザインとコーディングの両方ができるようになることをおすすめします。

WordPressコース デザインマスター
料金 148,000円/2ヶ月プラン
+
30,000円/入学金
148,000円/2ヶ月プラン
248,000円/4カ月プラン
+
30,000円/入学金
学習内容 WordPress Webデザイン全般+WordPress
詳細ページ https://www.lp.codecamp.jp/wordpress https://codecamp.jp/courses/master_design

※更新情報 2020年5月 WordPressコースは期間限定のようです。また、無料体験を受けて申し込むと、、10,000円の受講料割引が効くようです。

公式:
https://codecamp.jp

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

RaiseTech【Web制作から営業方法まで一括で学べるプログラミングスクール】

【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

RaiseTechは、現場で使える最新技術を落とし込んだカリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。

DAI
JavaやAWSのコースもありますが、副業に特化したWordPress副業コースがあります!

案件獲得までがっつりサポート!RaiseTech WordPress副業コース

実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechだけです。

RaiseTech副業コースの特徴としては、以下3点があります。

  • 現場でフロントエンジニアをしている、月単価80万以上の講師のみ採用している
  • 実際にフリーランスで働いている人から、案件の取り方をしっかりとレクチャーしてもらえる
  • 現場で使われる技術を、プロから学べる

RaiseTechは、プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめです。

DAI
RaiseTechの場合は、かなり現場レベルのコースが学べます。

カリキュラムは以下の通りです。

他のスクールがカバーしない範囲の、より実務的なスキルを学ぶことができます。

DAI
値段はほかのスクールと比較すると値が張りますが、案件獲得から納品まで、がっつりと学びたいならRaiseTechがオススメです。
料金 ¥298,000 / 4カ月
¥198,000 / 4カ月 (学割)
学習内容 Webデザイン,WordPressテーマ開発, 案件獲得の営業など
講師の充実度 月単価80万以上の現役エンジニアのみ採用
公式 https://raise-tech.net/courses/wordpress-sidejob-course

RaiseTechにはトライアル受講制度というものがあって、なんと受講をはじめて2週間以内であれば全額返金されます。

DAI
なので、受講しようか迷っている方は実際に2週間受けてみてから判断すると良いと思います。

RaiseTech 公式:https://raise-tech.net

【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

【番外編】副業収入の税金対策は?

副業の確定申告が必要になる20万/年

副業での所得が年間20万を超えるようなことがあれば、確定申告が必要になります。

  •  所得 = 収入  –  経費   となります。

つまり、副業の案件をする際にかかった必要経費はのぞき、収入が20万以下であれば確定申告の必要はないということです。

最後に

少額でいいから簡単な副業をしたい!という場合は、クラウドワークスやココナラ、ランサーズなどに登録して、ひたすら仕事の応募をするのがよいと思います。

逆にある程度経験者なのであれば、副業サイトなどを利用してみるのがよいでしょう。

おすすめしたクラウドソーシングサイト

おすすめした副業サイト

関連記事

【実績あり】プログラミング未経験者が副業で稼ぐための手順
【2021】評判のよいおすすめのプログラミングスクール11社徹底比較