最終更新日:
Webデザイナーで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1稼働OKの直請け案件を探すならここ!Webデザイン案件の保有数は、業界最多水準。
【第2位】レバテッククリエイター(公式:https://creator.levtech.jp/
Webデザイン案件多数!Web・ゲーム業界のクリエイターに特化したエージェント。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
案件単価が平均66.8万と高単価!仲介手数料が10%と低く、手厚い福利厚生。有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント。
男性A
Webデザイナーの経験を活かして副業したいけど、どこで案件を探すのが良いの?

先に結論から言うと、副業案件を探すには『ITプロパートナーズ』がおすすめです。

webデザインで副業する場合、以下のような案件を探す必要があります。

  • 週2日~ OK
  • 高単価
  • リモート案件多数
  • 平日夜・土日稼働したい

ITプロパートナーズには、この条件を満たしている案件を多く保有しています!

週1・2日の案件があるエージェントはなかなかありませんので、週1日の副業案件を探している場合、とりあえずITプロパートナーズは登録しましょう!

DAI
ITプロパートナーズは、高単価でありながらトレンドの技術を活用している魅力的な案件が多いのも特徴です!
DAI
複数登録することで選べる案件の幅が広がるため、ITプロ含め、下の3つのエージェントに登録する事をおすすめします!

今回ご紹介するWebデザイナー向けエージェントを表にまとめましたので、参考にしてみてください!

公式サイト 週1案件 週2案件 リモート案件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

(2021年12月時点の各社公式サイトを元に作成)

DAI
レバテッククリエイターには高単価の案件が多くありました!

週2~3日OKの案件数は、まだまだ少ないのが現状です。また、条件の良い案件は登録しないと見られない非公開求人になっている場合があります。

DAI
複数のサイトに登録することで、非公開求人含め、案件の選択肢を増やしましょう!

こんな方におすすめ

  • 週2日の案件を探している
  • 週末に副業で在宅でWebデザインを利用して稼ぎたい
  • 自分の事業の傍ら、副業を収入源として安定して稼ぎたい
  • リモートワークで働きたい

この記事でわかる事

  • 副業したいWebデザイナーにおすすめの案件を探せるサイト
  • 案件を探す方法
  • 求人サイトをうまく活用して案件を獲得するコツ
DAI
それでは、上の3点を中心に解説していきます!

Webデザインの副業案件を扱っているサイト3選

まずは、副業求人を扱っているサイトに登録しておきましょう。

自分にあった求人を見つけるコツとしては、以下の3つです。

  • 複数の副業求人サイトに登録して、自分にマッチした案件を獲得すること
  • 同じ職種・仕事内容でも、報酬が違うことがあるので、複数の副業求人サイトから案件を確認すること
  • 常に情報がアップデートされ、新しい案件を確認できるようにしておくこと

複数のエージェントに登録しておけば、1つの求人サイトで見つからなかったような案件が見つかったり単価のより高い案件を見つけやすいなどのメリットがあります。

DAI
また、良質な案件は、すぐに埋まってしまうことが多いので、複数の求人サイトの通知をONにして、常に最新の情報にアップデートしておくことが重要です。

なるべく全ての副業求人サイトに登録しておくのがおすすめです。

【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1稼働OKの直請け案件を探すならここ!Webデザイン案件の保有数は、業界最多水準。
【第2位】レバテッククリエイター(公式:https://creator.levtech.jp/
Webデザイン案件多数!Web・ゲーム業界のクリエイターに特化したエージェント。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
案件単価が平均66.8万と高単価!仲介手数料が10%と低く、手厚い福利厚生。有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント。

おすすめのサイト:ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,675件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年1月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多くあるという点があります。

実際、他のフリーランスエージェントの多くは、以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週1~2日から稼働OKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1~2日から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

おすすめのサイト:レバテッククリエイター

【レバテッククリエイター】
Web・ゲーム業界のクリエイターに特化したエージェント。

レバテッククリエイターは、特化型エージェントのレバテックキャリアを運営する株式会社レバテックの、クリエイターに特化したフリーランスエージェントです。

DAI
他のエージェントと比べ、クリエイティブ系のディレクター職が豊富にあります。クリエイティブ系のスキルをお持ちの方は登録するのにおすすめです。

レバテックフリーランスの最大の特徴としては、常駐型の案件しか取り扱っていないことです。

常駐型の案件には、以下のような特徴があります。

  • 契約した企業に常駐して業務を行う
  • 一定期間ごとに契約・更新を行う
  • 契約締結時に定めた金額が支払われる
DAI
在宅だと成果物や業務遂行に応じて報酬が支払われるので、常駐型の方がより安定した働き方ができるのがメリットです。

また、収入の安定以外にもこのようなメリットがあります。

  • 大手企業の案件にも参画しやすい
  • 在宅より需要が高い
  • 幅広い現場が体験できる
  • モチベーションが維持しやすい
DAI
フリーランスでも安定して働きたい、在宅勤務に特別なこだわりがないという方は、とりあえずレバテッククリエイターに相談してみることをおすすめします。

無料登録して案件をみる(公式サイト)

おすすめのサイト:テクフリ

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら
DAI
テクフリは、エンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 8,197件
平均単価 66.8万
マージン率 10%~
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年1月時点・公式サイトより引用/算出

テクフリの特徴としては、何と言っても案件の質の高さです。

  • 平均66.8万の高単価案件
  • サイバーエージェントを始めとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

運営元である株式会社アイデンティティは、テクフリ外にも複数のIT人材派遣事業を行っていることから高品質な案件が多いのが特徴です。

DAI
また、テクフリは独自の案件マッチングシステムも持っていることから、自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントになっています。

公式:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら

はじめてのWebデザイン副業案件はどこで受注すればいい?

Webデザインの副業案件を見つける方法としては、主に以下の3通りです。

  • 副業求人を扱っているサイトに登録して、副業案件を受ける
  • クラウドソーシングサイトを利用して、副業案件を受ける
  • 知り合いから副業案件を受ける

方法①:副業求人を扱っているサイトに登録して、そこから副業案件を受ける

まだ副業経験もなく、知り合いのつてがない場合は、副業求人サイトに登録して、案件を見つけるのがおすすめです。

DAI
普通にゼロから営業するとなると、そもそもその会社が副業を受け入れているのかもわからないですし、探すのに時間もかかるし、受注も非常に難しいです。

メリット

  • 単価が高い案件を見つけやすい(例:週3で40万円)
  • 営業をエージェントが担当してくれる
  • 個人ではなくエージェントを介するので、価格交渉などがスムーズで場合によっては大幅収入アップ

デメリット

  • 週3日以上はいらないといけない案件もある
  • ある程度経歴や技術力がないと仕事を任せてもらえない場合がある

一方で、副業求人サイトを利用する場合、企業の求めている人材像も明確かつ、出会いやすい仕組みになっています。

おすすめのエージェント

公式サイト 週1案件 週2~3案件 リモート案件
クラウドテック https://crowdtech.jp/
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/

方法②:クラウドソーシングサイトを利用して、そこから副業案件を受ける

クラウドソーシングのWebサイトを利用する方法です。

以下のようなクラウドソーシングサービスを利用して、お仕事を見つける方法となります。

  • クラウドワークス:日本最大大手のクラウドソーシングサービス。会員数200万人ほど。
  • ランサーズ:クラウドワークスと並ぶクラウドソーシングサービス。多様な案件あり。

メリット

  • ほとんどの場合は業務委託なので、会社員をやりながらでも両立しやすい
  • フルリモートでお仕事をすることが可能

デメリット

  • 仕事の発注主のITリテラシーがそこまで高くなく、仕事の定義があいまいな場合がある
  • 仲介が入らないので問題が起こった時の対応が難しい
  • クラウドソーシングを利用する場合はどうしても単価が低い

方法③:知り合いから副業案件を受ける

もう一つが、友人から仕事をもらう方法です。

DAI
この辺は、信頼できる仲だったり、相手が取引に慣れている場合は良いのですが、未経験だと価格の相場がわからず安く買いたたかれることもあるので注意が必要です。

Webデザインの副業案件の月収の目安はどれくらい?

プログラミングの副業案件の月収目安は、こんな感じです。

~月5万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング1件
月5~10万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング2件
月10~20万円 簡単なLP2~3件作成する or 企業のコーポレイトサイト1件作成
月20万円~ 企業からのコーポレイトサイト直案件を、デザインからコーディングまでできる

Webデザイナーが副業をするメリット・デメリット

さて、ここからはWebデザイナーが副業をするメリット・デメリットについて考えていこうと思います。

案件を獲得して副業を始める前に、デメリット・メリットを正しく把握してコントロールしやすくしておきましょう。

Webデザイナーが副業をするメリット

メリットについては主に以下になります。

  • 収入が増える
  • 経験・スキルアップにつながる
  • 人脈が広がる可能性がある

収入が増えるというのは当然として、副業では、案件サイトから自由に探すことができるので、本業ではできてない自分の興味のある業務経験が積めるでしょう。

また、案件を探したり、エージェントの方から話を聞く過程でどんなスキルが評価されるのか?トレンドは何か?など、市場感もわかるようになり、今後の動き方も定まってくると思います。

基本的に案件は数ヶ月単位で募集されていますが、継続して同じ企業から案件をもらい、そのままそこが転職先になるというパターンも多くあります。

Webデザイナーが副業するデメリット

「本業との兼ね合いが難しくなる」のは、当然ですよね。

本業が忙しい時期はなるべく避けつつ、最初はなるべく週1~2で入れる案件を探し、慣れてきたら徐々に稼働を増やしていくのがおすすめですね。

Webデザインの副業案件を獲得するまでの手順【4ステップ】

Webデザイナーとして経験がある場合は、以下の手順で案件に参画します。

  1. Webデザイナー案件のあるサイトに登録をする
  2. 案件を選ぶ・エージェントの方からおすすめの案件(非公開求人含む)を紹介してもらう
  3. 書類審査・企業との面談
  4. 案件参画
DAI
たとえ人脈があったとしても、現在は不況ですし、コロナになってしまい案件が途切れたりする場合もあります。

ですので、最初は手厚いサポートや多数の案件を扱っているエージェントに登録していきましょう!

番外編:初めてWebデザインをする場合は?

全くの未経験からWebデザイン案件を受注する場合は、以下の手順ですすめます。

  1. Webデザインの基礎を理解する
  2. 実際にコピーサイトを作ってみる
  3. 実際にオリジナルサイトを作ってみる
  4. ポートフォリオの作成する

まずは、必要なプログラミング言語でも解説しましたが、Progateのようなサイトでプログラミングを学んでみましょう。

ある程度できたら、まずはProgateで学んだような簡単なWebサイトをネットで公開してみましょう。

ここまでできたら、オリジナルのWebサイトを作成します。

そしてこのWebサイトをポートフォリオとして、営業すればよいのです。

つまり、これからプログラミングで副業案件を受注するのに必要なのは、「オリジナルWebサイト開発」となります。

副業でプログラミングを始める場合には、以下のステップで学んでいくとよいです。

  1. まずはスクールなどでコピーアプリやWebサイトを作る
  2. オリジナルアプリやWebサイトを作る
  3. オリジナルアプリやWebサイトをポートフォリオに、クラウドソーシングで仕事を受注する

まずは、営業で提案できるポートフォリオ作成をゴールにしましょう。

DAI
どこのだれかわからず、実力があるかどうかもわからない人に仕事を任せたいなんて思いません。 なので、まずは、実際にいろいろとサイトを作ります。

そして、そのうえで「こんなものを作れます!」とクラウドソーシングで営業して案件を取ってくることになります。

DAI
実際に、未経験から僕がクラウドソーシングで案件を取ったときの営業メールはこんな感じです。

ポイントは、しっかりと「あなたが欲しいものを作れます!」とアピールすること。 そのために成果物を公開する必要があります。

【まとめ】Webデザイナーとして在宅で副業する方法

というわけで、Webデザイナーが副業するポイントや案件を獲得するためのおすすめサイトについて解説していきました。

Webデザイナーの副業はリモートや少ない稼働でも案件あり、比較的自由に働くことが可能な職種です。

DAI
スキルレベルが上がり、より上流工程まで触れるようになったら、本業をやめて独立するのもいいかもしれません。

最後に今回ご紹介したエージェントをまとめておきますね。

Webデザイナーで副業したい人におすすめのWebサービス
【第1位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週1稼働OKの直請け案件を探すならここ!Webデザイン案件の保有数は、業界最多水準。
【第2位】レバテッククリエイター(公式:https://creator.levtech.jp/
Webデザイン案件多数!Web・ゲーム業界のクリエイターに特化したエージェント。
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
案件単価が平均66.8万と高単価!仲介手数料が10%と低く、手厚い福利厚生。有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント。

【レバテッククリエイター】
Web・ゲーム業界のクリエイターに特化したエージェント。
【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均66.8万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら

関連記事

【2021年最新】プログラミングスクールおすすめ11社を徹底比較!
エンジニアの副業事情!週1-3案件の探し方とおすすめのサイト紹介