最終更新日:2020/11/24

≪プログラミングを学んで、副業したい人向けのプログラミングスクール≫
・ CodeCamp: 未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指せるスクール!業界最安値! | レビュー記事
RaiseTech:未経験から、実際に営業して案件を受注するところまで学びたい人向け! | レビュー記事

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。
【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

「プログラミングを学んでも、稼げないの?」

このような疑問を持つ人は少なくありません。

  • プログラミングは副業はできる?
  • どうやってプログラミングで稼ぐの?
  • 具体的にどんなことを学べばいい?

などプログラミングを学んで稼ぐことについて以下で詳しく解説していきたいと思います。

そもそもプログラミングの副業は稼げないのか?

DAI
A.稼ぐには必要な知識を知り、継続的な学習が大事です。

実際に僕も、独学で学び、本業と同じ程度の副収入が入ってくるようになりました。

これは僕が実際に過去プログラミングを副業として稼いだ月収です。

DAI
このように実際にプログラミングをして副業で稼ぐことは可能です。

ではどのようにプログラミングを副業にして稼いでいくのか、まずはゴールとなる案件の種類を確認して、そこから必要な知識・スキルを解説していきます。

プログラミングで稼げる・稼げない人それぞれの特徴

稼げる人の特徴は?

  • 業界知識をよく理解している
  • プログラミングが一人でできる独走力
  • 常に新しい知識を吸収していける姿勢

など が挙げられます。

業界知識をよく理解している

エンジニアの種類

まずエンジニアの種類を知っておく必要があります。

  • フロントエンドエンジニア: Webサイトの見た目の部分を実装するエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア: データベースと画面の処理をつなげるコードを書くエンジニア
  • インフラエンジニア: Webアプリが動作する環境を整備するエンジニア。いわゆるコードはあまり書かない
  • テストエンジニア: 作ったアプリをテストするエンジニア。ほとんどコードは書かない。
  • ITコンサル(導入):顧客に導入するシステムを顧客と話しながら要件定義をするようなエンジニア。
  • ITコンサル(保守):顧客に導入した後のシステムをメンテナンスするエンジニア

これらは立派なエンジニアの職種ですが、この内みなさんが想像するような「プログラミングをするエンジニア」は、フロントエンドエンジニアか、サーバーサイドエンジニアでしょう。

【重要】未経験でプログラミングを使って、副業で稼ぐことはできないです。

そして最も重要なのが、基本的に未経験でフロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアで案件を渡す企業は稀です。

DAI
大体はインフラやテストエンジニアの方が多く、それらの中でも本当に誰でもできる業務を任されることが多いです。

だからこそ、事前に準備してかつ、案件を受注する方法をしっかりと知っておく必要があります。

エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】

プログラミングが一人でできる独走力

プログラミングする際に、必ずエラー処理に追われます。

  • この際、自分一人でそのエラーを解決し、開発していく独走力が欠かせません

初めは一つのエラー処理に3日かかることなんかもざらにあります。

DAI
だからこそ根気強く学習していく心持ちが大事であり、またサポートとしてプログラミングスクールを利用する人が少なくないというのが現状です。
【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較

常に新しい知識を吸収していける姿勢

DAI
また、新しい知識を学び続けることで、エンジニアとしてのキャリアアップにつながります。

将来、フリーランスとして転向することを視野に入れている人は特にこの姿勢を持ち続けることが重要になってきます。

逆に稼げない人の特徴は?

  • 継続して学習できない
  • 期日を守れない

などが挙げられます。

DAI
運よく案件を取れても、学習を続けないと継続的な収入を得ることはできないです。

プログラミングで稼ぐために必要な能力は?

  • キャリアアップのために常に新しい知識・言語を学習していく継続力
  • 自分でエラーを解決するプログラミング独走力
  • コミュニケーション能力
DAI
基本的に説明してきた通りですが、コミュニケーション能力に関して、案件獲得の際の営業に必要となります。

対面でのコミュニケーションというより、自分がどのような実績がありどのような開発能力があるのかを簡潔に相手にプレゼンできる能力のことです。

DAI
営業方法や案件を取る方法を知っていると継続的な案件獲得につながってきます。

プログラミングの副業は稼げない?

DAI
A.方法さえ間違えなければ、稼げる可能性は十分あります。

以下の順序でプログラミングを学習して、案件獲得を目指しましょう。

  • プログラミング案件の種類を知る
  • その案件で副業するために必要な知識・スキルを身に付ける
  • 案件を獲得する

プログラミングを使った案件の種類

未経験からプログラミングで副業するなら、コーダーとしてWeb制作案件を受注するのがおすすめです。

なぜなら、どの企業もホームページを作成するため、需要が大きいからです。

DAI
また、比較的未経験からでも案件を獲得しやすいといった利点があります。

Web制作案件は、大きく分けると、2個の分野があります。

  • ランディングページ作成:ペライチの申込用ページ
  • コーポレイトサイト作成:企業や個人事業主向けのWebページ

Web制作の案件①:ランディングページ作成

簡単なランディングページ作成(LP)ですと、1案件ごとに1~5万円で案件を獲得することができます

Web制作の案件②:コーポレイトサイトの作成

一方でコーポレイトサイトだと、企業側が予算を持っていることが多いので、5~10万円の案件もあります。

DAI
がっつりと3案件ほど回せば、初月で20万以上は狙えるかと思います。

Web制作はWordPressを使って行うのですが、WordPressは、技術力がそこまで高くなくても、5-10万円程度の案件を受注できるのが特徴です。

DAI
このWordPressのスキルを使って、Web制作ができると、非常に仕事も入りやすいでしょう。
【保存版】WordPress初心者が独学でWebサイトを作るために必要な6つの学習ステップまとめ

プログラミングの副業で稼げる月収の目安

プログラミングの副業案件の月収目安は、こんな感じです。

~月5万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング1件
月5~10万円 すでにデザインが存在しているLPのHTMLコーディング2件
月10~20万円 簡単なLP2~3件作成する or 企業のコーポレイトサイト1件作成
月20万円~ 企業からのコーポレイトサイト直案件を、デザインからコーディングまでできる

副業するために必要な知識・スキル

DAI
Web制作には基礎的なフロントエンド言語にプラスして、PHPなどのサーバーサイド言語の知識が必要になります。

≪フロントエンド言語≫
・HTML:Webページのテキストや画像、リンクなどを記述する言語
・CSS:HTMLに色を付けたり配置を決めることができる言語
・JavaScript:ページに動きを付けることができる言語
・Bootstrap:フロントエンド言語のフレームワーク
≪サーバーサイド言語≫
・PHP:データベースとのやり取りができる言語
・Wordpress:ブログを作ることができるCMS

加えて以下のようなスキルがあるとなお案件を獲得しやすいです。

  • Webデザイン
  • 営業

これらのスキルが身についているとより予算が大きい会社から、デザインまで含めてセットで案件を受託できるので、単価も20万~を超えていきます。

【実績あり】プログラミング未経験者が副業で稼ぐための手順

案件を獲得する

必要なスキルを身につけたら、次は案件獲得するために、準備してから営業する必要があります。

DAI
これに関しては以下「プログラミング案件を獲得できない理由で詳しく解説していきます。

営業までできるようになれば、フリーランスに転向する準備はできています。

【体験談】プログラミングを学んでフリーランスになる失敗しない方法をまとめてみた

独学でのプログラミング学習の実態は?

DAI
正直、全て一人で学習を進めるのは挫折する可能性が高いです。

HTML/CSSなどのフロント言語の学習するだけなら、独学でも十分問題ないです。

  • ④WordPressテーマを作成するための高度なフレームワークを学ぶ

しかし特にこの④ステップでデータベースなどの管理を学習する際、データベースなど形が目に見えないのものになり、エラーの処理が難しくなります。

DAI
エラーをコピー&ペーストして検索しても、英語の文献&求めている検索結果が出ないことが多くなります。

僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイトが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

DAI
ちなみにこのサイト(https://dividable.net/)のWordpressテーマもCodeCampのWordPressコースを受講して作成しました。
転職・就職に失敗しないと評判のおすすめプログラミングスクール5選

CodeCamp【マンツーマンレッスンでWordPressを学びたい人向け】

公式:
https://codecamp.jp

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。

Code Campのコースのうち、もし副業で稼ぎたいなら、WordPressコース余裕があればWebデザインマスターコースがおすすめです。

WordPressコースのポイント

WordPressコースでは、WordPressのテーマ開発などを行います。

もしこれができるようになると、だいたい月5万くらいの、簡単なコーディング案件はできるようになると思います。

Webデザインマスターコースのポイント

一方で、予算があるなら個人的にはWebデザインマスターコースがおすすめです。なぜか。

それは、デザイン+コーディングができると、案件の単価が上がるからです。

こちらに一般的なWeb制作のフローを貼りました。

WordPressコースでは、一般的にコーダーだけの仕事になります。

一方で、Webデザインマスターコースだと、デザインとコーディングができるとより上流の単価の高い仕事をすることができます。

どうせ高い料金を支払うのであれば、僕個人的にはデザインとコーディングの両方ができるようになることをおすすめします。

WordPressコース デザインマスター
料金 148,000円/2ヶ月プラン
+
30,000円/入学金
148,000円/2ヶ月プラン
248,000円/4カ月プラン
+
30,000円/入学金
学習内容 WordPress Webデザイン全般+WordPress
詳細ページ https://www.lp.codecamp.jp/wordpress https://codecamp.jp/courses/master_design

※更新情報 2020年5月 WordPressコースは期間限定のようです。また、無料体験を受けて申し込むと、、10,000円の受講料割引が効くようです。

公式:
https://codecamp.jp

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

プログラミング案件で稼げない理由

  • 案件獲得前の準備
  • 営業の方法と手段

これらをよく知らないという事が原因なので、それらを知ることで解決することができます。

案件獲得前の準備

案件獲得の準備として、自分の実績を証明するためのポートフォリオを作成する必要があります。

  • エンジニアとして就職した経験がない
  • 自分の技術を証明できるものもない

人に仕事を依頼するとしたら、だいぶヤバイですよね。

  • 実績を作る → オリジナルサイトを作る

オリジナルサイトがあると、未経験でも「ご要望のものに似ているものを作ったことがあります!」とアピールできるわけですね。

エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

営業の方法と手段

知り合いに仕事をもらう方法が一番競争がなく、信頼できる方法ですが、現実的に多く人は案件を以下の方法で案件を取ることになります。

  • クラウドソーシングサービスエージェントを利用する
  • Web制作会社等に営業する

クラウドソーシングサービス&エージェントを利用する

  • 案件がたくさん掲載されているクラウドワークスココナラといったサイトで案件を受注する
  • エージェントの紹介で案件を取ってもらう

これらは競争率が高く、求められる技術力も高いです。

DAI
よって制作物があまりない初めのうちは信頼がなく案件を取ることは非常に難しいです。

Web制作会社等に営業する

こちらをおすすめします。理由としては、以下の点が挙げられます。

  • 土日で働ける
  • 初めは業務の一部だけを担うので責任が重くない
  • 業務をこなせば、継続的に仕事をもらえる

営業の仕方

  • オリジナルサイトの制作
  • ポートフォリオの作成
  • 名刺の作成
  • 直営業

簡単に言うと、こんな流れですが、評価されるようなポートフォリオの作成直営業は始めたばかりの時は手探りの状態が続くと思います。

DAI
そこで、Web制作を学びながら、営業方法まで教えてくれるプログラミングスクールに頼ることをおすすめします。

RaiseTech【Web制作から営業方法まで一括で学べるプログラミングスクール】

RaiseTech(公式):
https://raise-tech.net/

【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

RaiseTechは、現場で使える最新技術を落とし込んだカリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。

JavaやAWSのコースもありますが、副業に特化したWordPress副業コースがあります!

案件獲得までがっつりサポート!RaiseTech WordPress副業コース

実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。

RaiseTech副業コースの特徴としては、以下3点があります。

  • 現場でフロントエンジニアをしている、月単価80万以上の講師のみ採用している点
  • 実際にフリーランスで働いている人から、案件の取り方をしっかりとレクチャーしてもらえる
  • 現場で使われる技術を、プロから学べる点

RaiseTechは、プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめです。

RaiseTechの場合は、かなり現場レベルのコースが学べます。

カリキュラムはこんな感じ。

ちょっとよくわからないかもしれませんが、ほかのスクールがカバーしない範囲の、より実務的なスキルを学ぶことができます。

値段はほかのスクールと比較すると値が張りますが、案件獲得から納品まで、がっつりと学びたいならRaiseTechがオススメです。

料金 ¥261,800 / 2カ月
¥173,800 / 2カ月 (学割)
学習内容 Webデザイン,WordPressテーマ開発, 案件獲得の営業など
講師の充実度 月単価80万以上の現役エンジニアのみ採用
公式 https://raise-tech.net/courses/wordpress-sidejob-course

RaiseTechにはトライアル受講制度というものがあって、なんと受講をはじめて2週間以内であれば全額返金されます。

なので、受講しようか迷っている方は実際に2週間受けてみてから判断すると良いと思います。

RaiseTech 公式:https://raise-tech.net

【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

まとめ

ここまで、プログラミングを学習して、どのように稼いでいくのか詳しく解説してきました。

以下はこの記事で紹介したプログラミングスクール一覧です。

≪プログラミングを学んで、副業したい人向けのプログラミングスクール≫
CodeCamp未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指せるスクール!業界最安値! | レビュー記事
RaiseTech:未経験から、実際に営業して案件を受注するところまで学びたい人向け! | レビュー記事

≪プログラミングを学んで、本気でエンジニア転職したい人向けのプログラミングスクール≫
ポテパンキャンプ:実務に近いハイレベルの教育。即戦力の人材を目指す方向け!|レビュー記事
RUNTEQ:スタートアップに特化。スタートアップで活躍したい方におすすめ|レビュー記事

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。
【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【RUNTEQ】スタートアップ企業に転職したい人におすすめ!
スタートアップ企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

関連記事

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較