最終更新日:2021/06/11
  • WordPressを独学で学ぶ方法を知りたい
  • WordPressで自作テーマを作りたい
  • 副業でWordPress案件を受注できるようになりたい
DAI
こういった人に向けて、本記事ではWordPressを独学で学び自作テーマを作れるようになるための方法を解説します!

私はWordPressを学んでだいたい一ヶ月で、このブログ(https://dividable.net/)のWordPressテーマを作ることができました。

流れとしてはざっくり以下の通りです。

WordPressテーマを学習する7つのステップ

①基礎的なプログラミング言語を学ぶ
②環境構築をする
③ドメインとサーバーを取得して公開する
④高度なフレームワークを学ぶ
⑤既存のブログテーマの模写をする
⑥オリジナルテンプレートを実装する
⑦SEO対策をする

DAI
ただ、最初は独学で順調に進めていたんですが、「④高度なフレームワークを学ぶ」のところでデータベースなどの管理を学習する際、データベースなど形が目に見えないのものになり、エラーの処理が難しくなりました。

エラーをコピー&ペーストして検索しても、「英語の文献しか出てこない」「求めている検索結果が出ない」ということが多くなります。

そういったこともあって、自分はCodeCampというスクールに通いました。

そのお陰でたった1ヶ月で自作テーマを作れるようになったので、超よかったです。

DAI
なので、これから詳細説明する①から⑦まで順にまずは独学でWordPressを勉強してみて、学習でつまずくようになったらスクールも検討してみると良いと思います。

独学で学ぶ時のコツや、独学かスクールかで迷った時の判断の仕方についても、本記事でがっつり解説しますね。

WordPressテーマを学習する7つのステップ

WordPressの学習手順としては、以下の通りです。

WordPressテーマを学習する7つのステップ

①基礎的なプログラミング言語を学ぶ
②環境構築をする
③ドメインとサーバーを取得して公開する
④高度なフレームワークを学ぶ
⑤既存のブログテーマの模写をする
⑥オリジナルテンプレートを実装する
⑦SEO対策をする

DAI
ここから詳しく解説していきますね。

①基礎的なプログラミング言語を学ぶ

WordPressで必要なプログラミング言語の基礎を学びます。

DAI
必要な言語は以下の5言語です。難易度に★をつけておきますので、星が少ない順に進めてみましょう。

プログラミングの基礎はProgateでもドットインストールでも問題ないです!

DAI
ただし、本ではなく、実際にコードを書いていくオンライン教材がおすすめですね。

理由としては、やって見ればわかりますが、以下の点で本だけではわかりづらいです。

  • 実際のコードを書いていく流れ
  • ショートカット
  • エラーの解決

しかもプログラミング入門書は大体2000円以上するので、コストの面でもオンラインで学んでいきましょう。

DAI
コードを学んだら、次は自身の開発環境を作ります。やることとしては、PHPが動く環境エディタのインストールです!

②環境構築をする

WordPressテーマを作成する時には、環境構築が必要になります。

DAI
XAMPPを利用すると、簡単に環境構築ができるのでオススメです。

③ドメインとサーバーを取得して公開する

次にドメインとサーバーをとります。

  • ドメインは、サイトのURLのこと
DAI
このサイトなら、https://dividable.net ですね。
  • サーバーはこのブログのデータが格納されている倉庫です。
DAI
サーバーやドメインを借りる場所があり、僕は両方ともお名前ドットコムを利用しました。

④高度なフレームワークを学ぶ

基礎ができたら、応用としてBootstrapWordPressを学びます。

  • Bootstrapは、CSSなしで、HTMLを簡単に装飾する言語です。
DAI
CSSフレームワークと呼ばれます。よく使うCSSのルールをパッケージしたものだと思ってください。
  • WordPressは、ご存知のとおりプログを作るサービスです。

世界で一番使われているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で、主にPHPMySQLで動きます。

DAI
学ぶための教材として、こちらがオススメです。

学び方ですが、僕の場合は、以下の流れで学びました。

  • 1週目はコードを書かず、動画を一周見る
  • 2週目はEvernoteなどにコードを全部メモして、書きながら理解する
  • 3週目に実際にエディタを利用して、コードをかく

⑤既存のブログテーマの模写をする

ここまでくると、WordPressの構造が見えてきます。

ドットインストールのワードプレス のコースが完了したら、次にやるのは既存のテンプレートの模写です。

  1. Webデザイン(デザインの基礎原則からAdobe XDの利用方法まで)の基礎を学ぶ Udemyのプロになる基礎から実践まで!WebデザインからHTML5・CSS3(Sass)でのコーディングを全て学べる講座
  2. 真似したいサービスのWebデザインを模写する (僕の場合はnoteでした)

基本的には、これから作るブログの必要な部分を作ります。

  • 記事一覧ページ(index.php)
  • 個別記事ページ(single.php)
DAI
基本的には、この二つが最低限作れれば、問題ないです!

⑥オリジナルテンプレートを実装する

あとは、基本的にWordPressの動画と全く構造は同じでいいので、デザインを変えて作成してみましょう。

⑦SEO対策する

DAI
ここからは余力があればやってみてください。

ちゃんと自身のブログを運営したい、クライアントのホームページを運営したい!というのであれば、SEO対策までできると非常に良いです。

一応SEOで問われるようなことについては、以下の対応をします。

「SEOについてぜんぜんわかりましぇん」って人は、とりあえずこれを一冊読んでおけば問題なしです。

≫ 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

WordPressは独学かスクールどちらで学ぶべき?

ここまでWordpressテーマを学習する手順を解説してきました。

独学でWordPressを学ぶ場合も、スクールでWordPressを学ぶ場合も、基本的にはこの記事で解説したとおりの手順になります。

それにあたって、これからWordPressを独学で学ぶか、スクールで学ぶか、迷われているかもしれません。

DAI
結論から言うと、まずは独学でWordPressを勉強してみましょう。ただし、以下に当てはまる人はスクールを検討してみても良いかもしれません。
独学orスクール?独学よりもスクールの方が向いている人の特徴

・独学でWordPressをある程度勉強したが、前進できずに同じ学習項目で止まっている人
・独学で勉強しているが、学習効率が悪いと感じている人
・プロからコードレビューしてもらいたい人
・副業の場合、求めている単価の案件を受注するにはどのようなポートフォリオが必要か知りたい人

主に副業でWordPress案件を受注できるようになりたい人向けです。

WordPressの副業で稼ごうとする時のあるあるが、以下のとおりです。

  • 自分ではしっかりコードが書けていると思っていても、プロから見たらぐちゃぐちゃ
  • 自分ではしっかり提案文を書けていると思っていても、クライアントが発注したいと思う内容になっていない

こういった場合、なかなか案件を受注できずに消耗してしまう恐れがあります。

また、自分ではしっかりできていると思っているがゆえに、自分の問題点についてもなかなか自覚ができません。

DAI
ただ闇雲に案件に提案しても受注できません。実際にクラウドソーシングで案件を見れば分かりますが、単価の高いおいしい案件は提案数が多い(=ライバルが多い)です。

以下はランサーズで見つけた案件ですが、提案数55とかなり高い倍率ですよね。

高倍率をくぐり抜けて実際に案件を受注できるようになるには、単純にスキルだけでなく、クライアントに信用されるような提案力も必要になります。

そのためには、WordPressのスキルを身に着けつつ、自分の売り込み方が正しいのかもプロから客観的にフィードバックしてもらうのが得策です。

また、案件獲得後のクライアントとのやり取りについてもFBを貰ったほうが良いです。

DAI
クライアントと成果物の期待値がズレたまま納品してしまい、何度もやり取り・やり直しをすることになるという失敗談がよくあるからです。稼働時間が長くなり、時給が下がり消耗してしまわないように、案件獲得後の動きについてもアドバイスしてもらいましょう。

まとめると、独学かスクールかで迷ったら、以下のように意思決定すると良いと思います。

  • 現時点でWordPressを独学で学んだことのない人、趣味でWordPressを学びたい人
    →独学
  • 独学でWordPressを学んだが上手くいってない人、プロから客観的にアドバイスしてほしい人
    →スクール

WordPressを学ぶのにおすすめなプログラミングスクール

WordPressを学ぶ場合におすすめのスクールを紹介します。

公式サイト 概要 価格 最低学習期間 講師の質 スクールの形態 おすすめの人
TechAcademy https://techacademy.jp/ WordPressコース 社会人:174,000円~ 学生:163,900円~ 4週間 (8、12、16週間プランもあり) 現役エンジニア オンライン 短期間集中型で副業で稼げるスキルを身につけたい方。
CodeCamp https://codecamp.jp/ WordPressコース 165,000円~ +入会金33,000円 2か月 (4ヵ月、6カ月プランもあり) 現役エンジニア オンライン 最短2ヶ月~丁寧なサポートを受けながらWeb制作のスキルを身につけたい方。
  • 短期集中でWordPressを学びたい
    TechAcademy
  • 2ヶ月以上かけて丁寧にWordPressを学びたい
    CodeCamp
DAI
どちらも20万円前後かかりますが、副業として何件か案件をこなせばすぐにスクール代は回収できます。とはいえ、いきなり20万円払ってすぐに入会するのは躊躇すると思うので、まずは無料体験から始めてみてください。

【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!
【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

TechAcademy

公式サイト:https://techacademy.jp/

DAI
TechAcademyは、お手頃価格かつ短期集中でWeb制作スキルを身に着けたい方におすすめです!
【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!
学習言語 HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github, PHP
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート ・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥174,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方にはおすすめです

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。 副業でWeb制作をやってみたい!という方には、以下の2つの理由で特におすすめです。

  1. 完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる
  2. WordPressに特化したコースがある

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

現役エンジニアのパーソナルメンターがつくことで、以下のことができるようになります

  1. 挫折する可能性がぐっと下がる
  2. 自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

①挫折可能性がぐっと下がる

まず、プログラミングを学ぶほとんどの人が、モチベーションが続かず最初につまづいて辞めてしまう傾向にあります。 パーソナルメンターがいれば、最初の一番きつい学習期間を一緒に乗り越えられるので、学習が継続します。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、オンラインでも挫折しにくい仕組みになっているので、初心者の方でも安心ですね!

②自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

Web制作の現場は、常に自分で調べながら学び続けなければいけませんが、なかなか自分自身の力でエラーを解決するのは難しいですよね。 マンツーマンのメンターがいると、プログラミングの課題をどうやって解決すればいいか、「学習方法」を学ぶことができます。

  • 週に2回の面談
  • リアルタイムでのチャット質問

ができるので、受講者の方も非常に学習が進めやすかったそうです。(インタビュー記事より

mottyさん
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。

②Wordpressに特化したコースがある

そんなWordpressに特化したコースがTechAcademyにはあります。

料金は一番短いプランであれば17万円ほどなので、かなり安いです。 企画からこのコースを受講することで5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるようになっています。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

今すぐ無料体験してみる

※更新情報 2021年5月 TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。 Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,00円〜60,000円もお得になるようです。

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

ということで、 TechAcademyの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★☆(4.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(3.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!

CodeCamp

公式サイト:https://codecamp.jp/

DAI
CodeCampは、メンターからサポートを受けながら丁寧にWeb制作を学びたい方におすすめです!
学習言語 illustrator,Photoshop,HTML+CSS,JavaScript,jQuery,Bootstrap
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~
主なサポート ・講師が選べるマンツーマンレッスン ・チャットサポート ・キャリア支援
料金 WordPressコース ¥165,000+¥33,000(入学金)
おすすめな人 ・自分に合う講師のもとでマンツーマンレッスンを受けたい方 ・朝早くから夜遅くまで、時間を気にせず質問したい方

CodeCampは、オンライン完結型プログラミングスクールです。 Code Campのコースのうち、もし副業で稼ぎたいなら、WordPressコース余裕があればWebデザインマスターコースがおすすめです。

未経験から始めて、エンジニアとして就職したり副業で稼いだり、実用的なスキルを身に付けることが可能です。

WordPressコースのポイント

WordPressコースでは、WordPressのテーマ開発などを行います。 もしこれができるようになると、だいたい月5万くらいの、簡単なコーディング案件はできるようになると思います。

Webデザインマスターコースのポイント

一方で、予算があるなら個人的にはWebデザインマスターコースがおすすめです。 それは、デザイン+コーディングができると、案件の単価が上がるからです。 こちらに一般的なWeb制作のフローを貼りました。

WordPressコースでは、一般的にコーダーだけの仕事になります。

一方で、Webデザインマスターコースだと、デザインとコーディングができるとより上流の単価の高い仕事をすることができます。

どうせ高い料金を支払うのであれば、僕個人的にはデザインとコーディングの両方ができるようになることをおすすめします。

WordPressコース デザインマスター
料金 165,000円/2ヶ月プラン + 33,000円/入学金 165,000円/2ヶ月プラン 275,000円/4カ月プラン + 33,000円/入学金
学習内容 WordPress Webデザイン全般+WordPress
詳細ページ https://www.lp.codecamp.jp/wordpress https://codecamp.jp/courses/master_design

※更新情報 2021年5月 WordPressコースは期間限定のようです。また、無料体験を受けて申し込むと、、10,000円の受講料割引が効くようです。

実際の体験談

実は僕もCodeCampのWebデザインマスターコースを受講してみたことがあるんですよね。

実際にやってみてよかったのが、メンターをこちら側から選べる点ですね。

例えば、女性の場合、在宅勤務でフリーランスをされている方を選んでキャリアの相談をしたり、案件の取り方について相談できたりします。

DAI
実際にサービスを体験できる、無料体験に申し込むと、カリキュラムの一部が解放されるので、気になった人はまず無料で試してみるのがおすすめです!

今すぐ無料体験してみる

ということで、Codecampの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★☆(4.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(3.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。

副業でWordPressの案件を取る方法

案件の取り方

知り合いに仕事をもらうのが一番競争がなく、信頼できる方法ですが、現実的に多く人は案件を以下の方法で案件を取ることになります。

  • クラウドソーシングサービス
  • Web制作会社等に営業する

クラウドソーシングサービス&エージェントを利用する

  • 案件がたくさん掲載されているクラウドワークスココナラといったサイトで案件を受注する
  • エージェントの紹介で案件を取ってもらう

これらは競争率が高く、求められる技術力も高いです。

DAI
よって制作物があまりない初めのうちは信頼がなく案件を取ることは非常に難しいです。

Web制作会社等に営業する

こちらをおすすめします。理由としては、以下の点が挙げられます。

  • 土日で働ける
  • 初めは業務の一部だけを担うので責任が重くない
  • 業務をこなせば、継続的に仕事をもらえる

営業の仕方

  • オリジナルサイトの制作
  • ポートフォリオの作成
  • 名刺の作成
  • 直営業

簡単に言うと、こんな流れですが、評価されるようなポートフォリオの作成直営業は始めたばかりの時は手探りの状態が続くと思います。

DAI
そこで、WordPressでのWeb制作を学びながら、営業方法まで教えてくれるプログラミングスクールに頼ることをおすすめします。

最後に

WordPressを独学で学ぶために、必要な学習ステップと参考になるWebサイトをまとめました。

  • 基礎的なプログラミング言語を学ぶ
  • 環境構築をする
  • WordPressテーマの作成方法を学ぶ
  • オリジナルのテーマを作成する

基本的にはここまでできれば、自作のオリジナルテンプレートを作成することは可能です。

DAI
ただ、だいたい3-4あたりでつまづく可能性があります。そういうときにはどうしてもメンターがいた方がやりやすいと思います。

もし周りにWordPressがわかる人がいれば、聞いてみちゃうのが早いです。

DAI
もしいなければ、WebデザインやWordPressに特化したプログラミングスクールに通うのも、一つの手段として良いと思います。

【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!
【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。