最終更新日:

≪プログラマーになりたい・就職したい人向けのプログラミングスクール≫
【第1位】TechAcademy(最低価格129,000円):とにかく格安で受講したい人にオススメ
【第2位】ポテパンキャンプ(最低価格200,000円):サーバーサイドエンジニアに未経験から転職したい人にオススメ
【第3位】RUNTEQ(最低価格298,000 円):スタートアップ企業での開発をしたい人にオススメ

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

「新卒でプログラマーになるとブラックで辛いって話は本当なの?」

DAI
そういった疑問を持っている人は少なくないと思います。
  • 新卒でのプログラマーは仕事は辛いの?
  • プログラマーの仕事って何をするの?
  • プログラマーに向いてる人は?

などのプログラマーという仕事がどう辛いのか詳しく解説していきたいと思います。

【大前提】新卒に関わらず、プログラマーは挫折する人が多い?

DAI
A.プログラマーは基本的に挫折する人が多いのが現状です。

理由は以下の3つが挙げられます。

  • 学習難易度が高い
  • プログラマーの適性がない
  • 思ったような職種に付けない

プログラマーになるには学習の継続をしていく必要があり、学習に多くの時間を割かなければいけないという点がネックに感じる人も多いはずです。

DAI
以下で詳しく、プログラマーの適性、プログラマーの種類について解説していきます。

【適性】プログラマーが仕事辛いの感じてしまう人の特徴は?

プログラマーが辛いと感じてしまう人の特徴

  • プログラミングが好きじゃない
  • 思うようにコードがかけない
  • 業界知識がない

プログラミングが好きじゃない

  • 前提として、プログラミングが好きである必要があります。

がしかし、初めからプログラミングが好きな人は稀だと思います。

DAI
アプリやサイトなど自分が思い描いたように、プログラムが動き、形として制作物ができて初めて、プログララミング の楽しさがわかるようになるはずです。

そのために学習を継続していける力が重要になってきます。

思うようにコードがかけない

アプリやサイト制作において、自分が思い描いてるように動かず、エラーに何日も費やすという経験はプログラミング初学者が必ず通る道です。

DAI
これがプログラマーが辛くて、挫折してしまう人が多い理由です。

そもそもプログラミングは一人独学で学習することは極めて困難であります。

  • 身近に同じようにプログラマーを目指している人
  • プログラミングができる人

など、同じような問題を共有できる人がいる環境があることがベストです。

DAI
しかし、プログラミングができる人が近くにいることは特殊なケースなので、多くの人がプログラミングスクールに頼るというのが現状です。

業界知識がない

  • そもそも自分が目指しているプログラマーの実態を知っているかが重要です。

単にプログラマーと行っても種類や働き方の形態など様々であり、それらについて熟知している必要があります。これらは以下で詳しく解説します。

【逆に】プログラマーに向いている人の特徴

逆にプログラマーに必要な資質は以下の3点です。

  • 継続的な学習ができる
  • 常に新しい知識を吸収していける
  • コミュニケーション能力がある

DAI
もしも自分に当てはまっていると感じる方は、まずは気軽に学習を始めてみましょう

エンジニアに独学でなる勉強法のコツ!必要な学習法を分かりやすくまとめてみた

新卒プログラマーによくある悩み【SES・SIer】

新卒のプログラマーが辛いと感じる主な要因として以下のような悩みがあると思います。

  • 研修についていけない
  • 業界用語・専門用語・業務知識がわからない
  • プログラミング言語などの技術的にわからない
  • 自分が働いている会社形態があっていない(SES、SIerなど)

解決方法

研修や技術的にわからないことは学習に多くの時間をかけて地道に勉強をしていくしか方法はないです。

  • 初めは、わからないことを会社の上司に聞いて解決することもできますが、OJT(研修)の期間のように逐一相談できる状況にずっとはいれらません。
DAI
特にプログラミングは自分一人でエラーなどの解決をしていける独走力が重要です。

しかし、文系・理系にかかわらず、初めて触れる多くのツールや言語を使いこなせる必要があり、右も左もわからずに何を学習していいかもわからないという状況におかれることが多くあります。

DAI
そこでプログラミングスクールを通して、現場に通用する知識を付け、学習の効率をあげる人が多くいるということです。

自分が働いている会社形態(SES、SIerなど)があっていない場合は転職も考えましょう。

  • 転職は30代を超えると一気に難易度が上がります。

早めに決断することで、若いうちに活かせる実務経験を積め、自分に有利な選択肢が広がります。

また、SESやSIer、自社開発企業などはそれぞれメリットやデメリットがあるので、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

【必見】未経験から自社開発企業を目指すメリットとデメリットを解説してみた

新卒でプログラマーになるメリット

  • 若いうちから継続的に学習をしていくことで、キャリアアップすることが可能
  • 場所を選ばない働き方ができる

若いうちから継続的に学習をしていくことで、キャリアアップすることが可能

正直、30代・未経験からプログラマーに転職を目指すことは非常に困難になってきます。

  • プログラマーはフリーランスとして在宅やリモートワークでの仕事など働き方が自由な可能な職種です。

20代の内からプログラマーとしての実務経験を積むことで、将来の働き方の選択肢が増えていきます。

場所を選ばない働き方ができる

営業であれば、転職しても一から会社のノウハウを学んでいかないといけないですが、プログラマーは基本的な開発フローは同じであり、別会社でも比較的素早くコミットできます。

新卒でプログラマーになるデメリット

  • 知識の取得にある程度の時間がかかる
  • 常に新しい知識を吸収していく必要がある

継続して、知識の取得に多くの時間を割く必要がある

プログラマーになるにはいくつかのプログラミング言語の習得が必要です。

  • オリジナルアプリの作成
  • 信頼度の高いポートフォリオの作成
  • 就職活動

というルートが一番プログラマーになるのに最適解です。

DAI
ですが、正直、全て一人で学習を進めるのは挫折する可能性が高いです。

特にオリジナルアプリ作成でデータベースなどの管理を学習する際、データベースなど形が目に見えないのものになり、エラーの処理が難しくなります。

DAI
エラーをコピー&ペーストして検索しても、英語の文献&求めている検索結果が出ないことが多くなります。
  • 僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイトが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

転職・就職サポートが手厚いプログラミングスクール厳選7社

おすすめのプログラミングスクール

TechAcademy

ポテパンキャンプ

RUNTEQ

プログラマーの仕事って何?

「プログラマー」と「エンジニア」の仕事内容

DAI
「プログラマー」と「エンジニア」は若干仕事の内容が異なります。

「エンジニア」はすでに完成に近いシステムのテスターや、完成したシステムの保守担当など以下のような一切コードを書かないエンジニア職もあります

  • テストエンジニア
  • テクニカルサポートエンジニア など

プログラミングをしないエンジニア系職種が需要を伸ばしている側面が大きいです。

「プログラマー」はエンジニア職の中でも以下のようなコードをゴリゴリ書くエンジニアのことを言います

  • アプリケーションエンジニア
  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
DAI
プログラミングでものづくりをしたりフリーランスになったりして稼ぐ「エンジニア」のことですね。

未経験から、こういうエンジニアではなくコードを書けるプログラマーになるにはそれなりの準備(努力)が必要です。

未経験からプログラマーに転職する方法

  • Q:未経験からプログラマーを目指すことは可能なのか?
  • A:不可能ではない

ですが、未経験からコードを書くプログラマーとして採用されることはほぼありません。

DAI
僕自信、新卒でIT系の企業にコードが書きたくてエンジニアとして採用されたのですが、配属されたのはコードを書くようなプログラマーではありませんでした。

プログラマーとしてのスタートを成功させるには?

  • 事前に必要な知識を学習する
  • オリジナルアプリの作成
  • ポートフォリオを作成
  • 就職活動
アプリ開発を独学で学ぶ効率のよい学習法【オリジナルアプリ】
エンジニアのポートフォリオの作り方【テンプレ公開】

以上の流れで進めることをオススメします。またSESやSIer、自社開発企業など、働き方も様々あるので、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

【必見】未経験から自社開発企業を目指すメリットとデメリットを解説してみた

まとめ

以上、新卒のプログラマーが辛いのかついて詳しく解説してきました。

≪プログラマーになりたい・就職したい人向けのプログラミングスクール≫
【第1位】TechAcademy(最低価格129,000円):とにかく格安で受講したい人にオススメ 【第2位】CodeCamp(最低価格178,000円):マンツーマンで教えてもらいたい人にオススメ
【第3位】ポテパンキャンプ(最低価格200,000円):サーバーサイドエンジニアに未経験から転職したい人にオススメ
【第4位】RUNTEQ(最低価格298,000 円):スタートアップ企業での開発をしたい人にオススメ

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

関連記事

エンジニアに未経験から転職するためにやるべき3ステップ【知らないと後悔します】