最終更新日:2021/03/17

DAINOTE編集部おすすめ!Pythonが学べるプログラミングスクール
【第1位】TechAcademy:最安値でオンライン学習したい方向け
【第2位】キカガク:最大70%!給付金をもらってAI人材を目指したい方向け
【第3位】Aidemy:Python特化型AI学習したい方向け
【第4位】CodeCamp:完全オンライン・マンツーマンレッスンで学習したい方向け
【第5位】PyQ:メンターなし、ブラウザのみで学習したい人向け

≪Pythonエンジニアになりたい人におすすめの転職エージェント≫

【第1位】リクルートエージェント:求人数No.1!IT業界を幅広く見たい人向け!
【第2位】レバテックキャリア:IT業界専門、現エンジニアで転職したい人向け!
【第3位】ワークポート:未経験からIT業界へ転職をしたい人向け!
【第4位】doda:たくさん求人を見つつ、キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという人向け!

DAI
こんにちは、DAIです。

この記事にたどり着いた方は、

「Pythonエンジニアって稼げるっていうけど本当かな?」

「転職も考えつつ、Python学び始めようかなあ…」

という気持ちなのではないでしょうか?

DAI
結論から言うと、Pythonエンジニアの平均年収は約600万円です。

2015年からAIブームが起こり、2020年現在、Pythonエンジニアの需要は大きくなってきています。

とはいえ、Pythonエンジニアの年収には幅があり、年収1200万稼いでいるエンジニアもいます。

今回は、そんなPythonエンジニアについて、

  • 年収に幅がある理由
  • 職種別やスキル別に見た年収
  • 稼げるPythonエンジニアになる方法
  • 未経験からでもPythonエンジニアを目指す方法
  • Pythonエンジニアのキャリア

などを徹底解説していきます!

DAI
3分ほどで軽く読めるので、是非読んでいってください!

Pythonエンジニアの年収はどれくらい?

Pythonエンジニアの平均年収

DAI
日本におけるPythonエンジニアの年収は非常に高いです。

求人検索サービス『スタンバイ』の調査によると、Pythonの平均年収は、言語別でみると2位で601万となっています。

また、求人BOXでも、Pythonエンジニアの平均年収は606万と、600万円を超えています。

2020年にdodaが出した平均年収の統計が以下だったので、Pythonエンジニアが他の職業と比べても稼ぎやすいことがわかります。

Pythonエンジニアの年収はなぜ高いか?

DAI
とはいえ、Pythonエンジニアの平均年収が高いのには理由があります。

そう言えるのは、次のような理由があります。

  • 機械学習のプロジェクトは、もともとスキルのあるベテランエンジニアがAIスキルを学んで参画することが多い
  • こうしたプロジェクトにアサインされるベテランエンジニアは元々年収が高い
  • よって、Pythonエンジニアの年収=ベテランエンジニアの年収相場になる
DAI
なので、未経験からPythonを勉強しても年収が高くなるわけではありません。

pythonエンジニアの雇用形態別年収

ここでは、Pythonエンジニアの年収を、

  • 正社員
  • フリーランス
  • 副業

別に見ていきます。

正社員

IT求人を多く取り扱っているワークポートの求人を見ると、以下のような感じでした。


また、IT領域に特化したレバテックキャリアの求人は、以下のような感じでした。

DAI
中には上限1200万の求人もありましたが、全体的にスキルに応じて400万円~700万円前後の幅が多かったです。

ただし、どれもPHPやRubyなど、サーバーサイドエンジニアの知識ありきの求人でした。

DAI
ちなみに、ワークポートレバテックは求人を見るだけなら登録不要ですし、登録すると条件の良い非公開求人も見れるので、是非覗いてみてください。

ワークポートで求人を見てみる

レバテックキャリアで求人を見てみる

フリーランス

IT領域のフリーランス案件に特化したレバテックフリーランスで見てみると、平均月単価は77万円でした。

これを年収換算すると、77×12=924万円になります。

DAI
しかしもちろん、スキルに応じて変わってくるとは思うので、あくまで参考程度にしてください。

具体的には、以下のような案件がありました。

ちなみにレバテックフリーランスも、登録なしで求人を見ることができます。見てみると相場感がわかるので是非。

レバテックフリーランスで求人を見てみる

Pythonエンジニアとしてフリーランスで仕事をしたいと考えている人は、こちらをご覧ください。

Pythonエンジニアとしてフリーランス独立する方法を徹底解説!

副業

Pythonで副業するには、

ことがおすすめです。

DAI
クラウドワークスで探してみると、案件の目安としては以下のような感じでした。

目安としては、二時間ほどで作れる案件がおおよそ5000円といったイメージです。

DAI
僕自身、独学でPythonの副業をし、クラウドソーシングで月3万程度稼いでいました。

こちらだと、月3万×12=年36万円ほどになります。

クラウドワークス公式ページを見る

こちらの記事でPythonの副業について詳しく説明しています。是非見てみてください。

Pythonの副業で月3万円稼ぐために必要な準備と学習方法をまとめてみた

pythonエンジニアの職種と平均年収

DAI
ちなみに、Pythonエンジニアでも職種によって仕事内容や年収が変わってくるので注意です。

ここからは、それぞれの職種と年収について解説していきます。

プログラマー

仕事内容

プログラマーは、一般的にエンジニアと聞いて想像するように、プログラムを書いていく作業がメインになります。

先ほどの求人例でもいくつかありましたが、プログラマー求人はPythonを扱えることが必須条件ではなく歓迎条件になっている場合が多いです。

DAI
基本的には、他の言語の知識にプラスして、Pythonのスキルを付加価値としてつけるといったイメージですね。

平均年収

求人ボックスによると、プログラマーの平均年収は、41.6万×12=494万でした。

DAI
ただし、スキルに応じてかなり幅があります。

データサイエンティスト

仕事内容

プログラマーと反対に、データサイエンティストは、他の言語に対する知識はそこまで必要とされません。

仕事としては、Pythonを用いたデータ分析がメインになります。

データサイエンティストに必要とされる統計学やデータ成形の知識は、希少価値が高くなっています。

PythonエンジニアがAI領域の上流で要件定義できると、かなり重宝されます。

DAI
データサイエンス的なスキルが足りていないけど、データサイエンティストになりたい!と思った方には、AIやデータサイエンスの基礎が学べるプログラミングスクールに通うのをおすすめします。

こちらの記事で、AIコースやデータサイエンスコースのあるスクールを詳しく解説しています。

Pythonが学べるスクールおすすめ厳選4選 【体験談あり】

平均年収

求人ボックスによると、データサイエンティストの平均年収は717万円でした。

先ほど解説したように、データサイエンティストは市場価値も高いため平均年収も高くなっています。

そのため、Pythonエンジニア全体の平均年収よりも100万程高くなっています。

Pythonエンジニアの年収が高いのはなぜ?

では、なぜPythonエンジニアの年収が高いのでしょうか。理由は、以下2点です。

  • Pythonエンジニアの希少性が高い
  • AI・人工知能分野でPythonエンジニアが多く求められている

Pythonエンジニアの希少性が高い

まず一つ目は、Pythonエンジニアの希少性が高いということが挙げられます。

DAI
というのも自社サービスをPythonで開発したり、Pythonを利用して機械学習案件等を実装できるエンジニアは、日本に非常に少ないんですよね

少ないPythonエンジニアを企業が奪い合うので、どうしてもPythonエンジニアの希少性が高くなる傾向があります。

AI・人工知能分野でPythonエンジニアが多く求められている

さらに、PythonはAI・人工知能分野に非常に強いので、その分野のPythonエンジニアが多く求められています。

  • 機械学習ライブラリのsckit-learn
  • 計算ライブラリのnumpy
  • グラフ描画ライブラリのmatplotlib

等のデータ分析などに非常に便利なライブラリを多く持っていることが多いです。

DAI
実際に機械学習を実装できるPythonエンジニアの場合だと、月単価500万円を上回るような案件も多くあります。

AIエンジニアを目指す方法については、こちらの記事を参照ください。

【実例つき】AIエンジニアになるには?未経験からなる方法を解説

Pythonエンジニアとして年収を上げるには?

では、Pythonエンジニアとして年収をアップさせる方法を、経験別に紹介します。

  • 1~3年間はエンジニアとしての実務経験を積む
  • Pythonを利用した機械学習の実装経験を積む

というステップがおすすめです。

1~3年間はエンジニアとしての実務経験を積む

DAI
先ほども解説しましたが、Pythonの知識だけではPythonエンジニアになることは難しいです。
  • エンジニアの経験がない方
  • エンジニアとしての経験が浅い方

上に当てはまる方には、まずはエンジニア経験を1~3年積むことをおすすめします。

おすすめは、PHPやRuby、JavaScriptなどを用いるサーバーサイドエンジニアを目指すことです。

また、SQLなど、データベースを扱う知識もあるとなおいいです。

こちらの記事で、未経験からエンジニアを目指す方法を紹介しています。是非参考にしてみてください。

エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】

Pythonを利用した機械学習の実装経験を積む

サーバーサイドエンジニアとしての経験値が中堅~ベテラン程度なったら、Pythonの知識をつけ、機械学習の実装経験を積みましょう。

実装経験を積むだけ、条件の良い求人にも応募しやすくなります。

また、平均年収の高いデータサイエンティストを目指すのであれば、AIやデータ分析についての知識を身につけるとなお良いです。

PythonやAIについて学べるスクールが知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

Pythonが学べるスクールおすすめ厳選4選 【体験談あり】

Pythonエンジニアの需要が高い理由・将来性

DAI
結論としてはAI・機械学習/深層学習(ディープラーニング)などの分野で需要が高まっていることが挙げられます。

需要が高まる理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • Pythonが多くのテック系大企業のサービスを支えているという信頼性の高さ
  • Pythonの数的処理が早く、コードがシンプルで読みやすい
  • Pythonには機械学習向けのライブラリやフレームワークが非常に多くある

また、経済産業省の推定(IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果)では、AI業界において約4.8万人以上不足するだろうと予測されています。

これに加え、日本ではまだまだですが、海外では人気があり、ビッグデータ、データサイエンティスト等、将来性・需要が伸び続ける事はわかります。

DAI
このようにこれからも顔認識システム、文字情報の識別やがん検診など、様々な分野で広く導入されることで、Pythonを扱う技術者の需要がますます高まっていくでしょう。
【実例つき】AIエンジニアになるには?未経験からなる方法を解説

Pythonエンジニアになる方法

それではここからは、Pythonエンジニアになる方法を解説します。

解説したように、基本的にPythonエンジニアの年収は高いです。

DAI
しかしその分、未経験からいきなり目指すのは難しい職種であるといえます。

基本的に、

  • サーバーサイドエンジニアとしての経験を積む
  • Pythonを学ぶ
  • Pythonエンジニアとして実務経験を積む

というステップが必要です。

次からは、エンジニア経験があるかないかに分けて、Pythonエンジニアになる方法を解説します。

エンジニア未経験から転職、就職したい場合

まずはサーバーサイドエンジニアを目指そう

先ほども解説したように、未経験からスタートする場合はサーバーサイドエンジニアを目指しましょう。

エンジニア未経験からサーバーサイドエンジニアになる方法については、以下の記事で紹介しています。

エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】

現役エンジニアだけど言語チェンジしてPython案件にチャレンジしたい場合

既にエンジニアとしてのキャリアがあり、さらに次のステップとしてPythonを学びたいという方には、

  • 独学またはスクールでPythonを学習する
  • 転職エージェントに登録

という流れだと、スムーズにPythonエンジニアとして転職できるのでおすすめです。

独学またはスクールでPythonを学習する

まず、AIや機械学習を学ぶにあたって、

  • 独学で学ぶ
  • プログラミングスクールに通って学ぶ

という二つの方法があります。

DAI
自分に合った方法で、Pythonの知識を身につけていきましょう。

転職エージェントに登録

また、最初に転職エージェントに登録してみるのもおすすめです。

  1. Pythonエンジニアの求人条件を大手転職エージェントでたくさん見ておく
  2. 実際に十分な実務経験を得たら、その転職エージェントを利用して転職する

最初に求人を見ておいた方が、自分の現在地がわかりますし、このくらいのスキルがあればこのくらいの年収を目指せる、と目標も明確になります。

また、学習を終えて転職を考える際の流れもスムーズになるので、とりあえず登録してみて損はないと思います。

独学でPythonを学びたい人におすすめの学習サイト

独学で学ぶ人には、UdemyPyQといったプログラミング学習サイトがおすすめです。

また、とりあえず基本だけ学ぶならば、Progateドットインストールなんかも無料で学べるのでおすすめです。

ただし、独学は

  • 費用が安い
  • 自分のペースで進められる

というメリットがある反面、

  • 挫折しやすい
  • 時間がかかる

といったデメリットもあります。

DAI
効率よく学習するなら、やはりスクールに通うのがおすすめです。

【Progate】はじめてプログラミングを学ぶならココ!
プログラミングの基礎を無料で学べるWebサービス。未経験エンジニアが最初に使うサービスとして人気。

Pythonエンジニアになりたい人におすすめのプログラミングスクール

独学だと、分からなかったときに人に質問できず、途中で挫折したり時間がかかったりすることがあります。

独学だと挫折しそうな人や、手っ取り早くPythonエンジニアとしての知識をつけたいという人は、Pythonを学べるコースがあるスクールに通いましょう。

DAI
数あるAI/機械学習系スクールの中でも、自信を持っておすすめできるのは次の4つです。

どれも15万~45万円ほどで受けることができ、大手なので安心です。

DAI
それぞれの特徴について、次から詳しく紹介していきます。

それぞれ無料体験や無料説明かがあるので、気になるスクールにはぜひ聞きに行って比べて見てください!

また、それぞれの評判や特徴について解説した記事もあるので、それを読んで比較してみるのもおすすめです。

TechAcademy Pythonコース

TechAcademy(公式):
https://techacademy.jp

【TechAcademy】コスパ良くAIを学びたいならここ!
¥149,000から機械学習やデータサイエンスを学べる!Pythonを使ったAIや統計学に興味がある方必見!

TechAcademyは完全オンラインのプログラミングスクールです。

特徴としては、専任のエンジニアがマンツーマンでメンターとしてサポートしてくれます。

TechAcademyでAIを学べるコースとしては

  • AIコース
  • データサイエンスコース

があります。

AIコースとデータサイエンスコースのポイント

AIコースは、Python  x AIを専門に学びたい人におすすめです

具体的には、

  • 機械学習
  • ディープラーニング
  • クラスタリング

などを、Pythonのライブラリで実装していきます。

一方で、データサイエンスコースは、Python x 統計学を学びたい人におすすめですね。

より本格的に

  • 統計学の理解
  • 統計モデリングの理解

などを行っていきます。

AIコース データサイエンスコース
学習内容 Python
機械学習
ディープラーニング
クラスタリング
プログラミング
機械学習
数学・統計学
モデルの構築
価格/受講期間 社会人149,000円 / 1カ月
社会人199,000円 / 2カ月
社会人149,000円 / 1カ月
社会人199,000円 / 2カ月
公式ページ https://techacademy.jp/ai-bootcamp https://techacademy.jp/datascience-bootcamp
【最新版】TechAcademy(テックアカデミー)の評判って実際どうなの?

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

キカガク

キカガク公式:
https://www.kikagaku.ai/

【キカガク】最大70%OFF!給付金をもらってAI人材を目指すなら!
日本マイクロソフト株式会社との共同開発講座を受講可能。経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座受けるならキカガク!

キカガクは、給付金をもらってお得に学習しながらAI人材を目指すことができる、完全オンラインのプログラミングスクールです。

DAI
特に、経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座などを受講できるため、キャリアアップを目指す方は必見ですね。

コースの特徴

オンライン動画学習サービス、Udemyでも絶賛された高品質の学習コンテンツ

キカガクの講座は、Udemyでも高い評価を得ており、1つのコースで35,000人以上が受講している講座もあります。

実際、受講した方の生の声を見てみても、非常にポジティブなものばかりでした。(受講された方のレビューはこちらから)

DAI
キカガクは大手企業の研修だけでなく、個人向けの講座でも高い評価を得ているのが分かりますね。

※また、キカガクは一度スクールに申し込むと、全ての講座を無期限で受講することができるのでかなりお得です。

実際の講座を受講前に体験することができる

キカガクでは、無料体験を申し込むだけでUdemy上で高い評価を得たコースを実際に体験することができます。

受講できるコースは以下の2つで、合計20時間分の学習動画無料になります。

  • Python&機械学習入門
  • 脱ブラックボックスコース
DAI
特に、脱ブラックボックスのコースはセールなしだと15,000円もするコースなので、まずは無料で機械学習や人口知能について学んでみたい!という方にもおすすめですね。

そのため、キカガクを受講するなら以下のような方がおすすめです。

  • まずは、スクールに行く前にAIや機械学習についてもっと詳しく知りたい
  • 将来的に仕事でデータサイエンスなどに関われるようになりたい
  • お得に資格取得をして、社内で更に活躍したい

※キカガクの講座の無料体験は、3分ほどですぐに学習を始めることができます

DAI
スクールに行くほどではないけどAIや機械学習に興味があるという方は、気軽に試してみるのがおすすめです。

【キカガク】最大70%OFF!給付金をもらってAI人材を目指すなら!
日本マイクロソフト株式会社との共同開発講座を受講可能。経済産業省が定めるReスキル、JDLAのE資格の認定講座受けるならキカガク!

Aidemy Premium Plan

Aidemy(公式):
https://premium.aidemy.net/

【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

Aidemyは、東大発の完全にAIに特化したプログラミングスクールです。

東証一部上場企業のAI研修なども行っている、日本最大級のAI教育サービスを提供しています。

AIを本格的に学べるプログラミングスクールの中では最もハイレベルでしっかりしたスクールです。

そのAidemyがAIエンジニアを育成するために提供しているのが、Aidemyのプログラミングスクールのサービスです。

Aidemyが提供しているAI系のコースには以下のようなものなどがあります。

  • データ分析コース
  • 自然言語処理コース
  • AIアプリ開発コース
  • LINE チャットボット開発コース
  • AIマーケティングコース

Aidemyを受講するなら、以下のような希望の方にオススメです。

  • ある程度Web系のプログラミングを学んでいる
  • AIについて本格的に仕事にしたいと思っている

実際に、AidemyはRettyのデータを分析した結果を成果として出すと、Rettyで一次面接突破できるという就職先紹介制度があり、それだけ実務でも通用する能力があることを信頼されているサービスです。

Aidemyでは無料カウンセリングをやっているみたいなので、ぜひ受けてみるのがよいかと思います。

Aidemy(公式):
https://premium.aidemy.net/

【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

コードキャンプ

CodeCamp(公式):
https://codecamp.jp

【CodeCamp】お手頃価格でAIが学べる!
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。面倒な単純作業をPythonにやらせたい!という方必見のスクール!

CodeCamp(コードキャンプ)は、完全オンライン・マンツーマンレッスン型のプログラミングスクール。

Pythonデータサイエンスコース」を紹介しますね。

データサイエンス領域の「データ収集」を重視したカリキュラム

Pythonが活躍するデータサイエンスの世界には、

  • 「データ収集
  • 「データ加工」
  • 「モデル構築」

の3つのフェーズがあります。

データサイエンスコースでは、その中でも「データ収集」フェーズに重きをおいた学習内容となっています。

PythonのWebスクレイピングテクニックを使ってWeb上から必要なデータを抽出し、Excelやcsvの形に整理するというような、実務で役立つスキルを会得できるでしょう。

このスキルを会得すれば、面倒な単純作業をPythonにやらせることができるようになります。

気になる人は、無料体験レッスンで内容を体験してみてください。

データサイエンスコース
料金 / 期間 受講料金 148,000円(税抜) / 2ヶ月
+ 入学金 30,000円(税抜)
学習内容 Pythonを利用したデータ収集
公式 https://www.lp.codecamp.jp/python

CodeCamp(公式):
https://codecamp.jp

【CodeCamp】お手頃価格でAIが学べる!
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。面倒な単純作業をPythonにやらせたい!という方必見のスクール!

また、こちらの記事では、紹介したPythonのおすすめオンラインスクールについてさらに詳しく紹介しています。

Pythonが学べるスクールおすすめ厳選4選 【体験談あり】

Pythonエンジニアになりたい人におすすめの転職エージェント

現役エンジニアの方は、自分が今いる位置を確認するためにも、まずは転職サイトに登録するのがおすすめです。

なぜかというと、最初に具体的な案件を見ておくことで、必要なスキルセットや目標のイメージがつくからです。

ほとんどのエージェントは、転職するかしないかに関わらず相談に乗ってくれます。

まずは登録して、具体的な求人のイメージをつかむのがおすすめです。

DAI
僕自身、「コードを書くエンジニアになるにはどんなスキルが必要か」について、ワークポートリクルートに相談して、自分の立ち位置や必要なスキルを確認しました。

DAI
複数登録して損はないので、いくつか登録しつつ求人を比較するのがいいと思います。

リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求職者の8割が利用している、大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、はじめて転職エージェントに登録するならまずはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントに登録するメリットはなんといってもIT系の求人数が多いのがポイントです。

求人数 200,000件
エンジニア 25959件
マーケティング 5035件
セールス 5337件
デザイナー 256件
ライター 101件
Webディレクター 316件

IT系の求人数(2020年7月現在、各職種の該当検索数)

非公開案件も登録すると多くあるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。また、電話による面談なども可能になっています。

デメリットとしては、アドバイザーの質にばらつきがある点です。特に入社したばかりの新卒がアドバイアーにつくこともあります。

登録するとより詳細な求人が見れるので、

  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活対策をしてもらう

といった対策を取ることがよいでしょう。

3分ほどで無料登録することができるので、ぜひ一度相談してみるのがおすすめです!

リクルートエージェント公式: https://www.r-agent.com/

2021年3月追記:補足情報
リクルートエージェントでは、現在オンラインでの相談も受け付けています。

関連

【体験談】リクルートエージェントの評判は?実際に面談した感想

doda

dodaは、パーソルキャリアが運営している、1989年創業の大手転職サービスです。

転職サイトと転職エージェントの両方を持っているので、求人検索から応募までが、一つのサービスで行うことが可能です。

最も大きな特徴が、業界No.1のリクルートの次に求人数が多いこと。

求人数が多ければ多いほど、自分にあった転職先の候補を増やすことができます。

利用者満足度に関してはリクルートエージェントを超えて業界No.1で、90%を超える利用者の方が満足したと回答しています。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

ワークポート

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、未経験でも応募できる求人が多い点と、キャリアアドバイザーがIT領域に詳しい点です。

実際に過去にワークポートを利用して、エンジニア転職の相談をした記事を書きましたが、キャリアアドバイザーの方がかなり領域に詳しい印象でした。

【体験談】ワークポートの評判を確かめに、面談してきた感想【口コミあり】

一般的な転職エージェントのIT系求人の多くは、経験者向けの求人が多く、未経験者でも応募できる求人はあまり多くありません。

そのため、ワークポートは未経験からIT業界へ転職を目指す方でも使い勝手の良い転職エージェントだと思います。

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールス志望の方向け!IT転職特化型エージェント。

レバテックキャリア

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。
求人数  9,901件
エンジニア 7,255件
マーケティング 561件
セールス 0件
デザイナー 1,290件
ライター 0件
Webディレクター 26件

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェントです。

もともと、システム開発の人材派遣を行っていた企業が人材紹介をはじめている背景があり、そのため特に、IT業界に詳しいアドバイザーが多いので、しっかりとした情報を得ることができます。

DAI
ただし、レバテックキャリアではIT業界未経験者へ紹介できる求人がほとんどないため、未経験でIT業界に転職したいという方であればワークポートのほうがおすすめです。

逆に、これまでIT業界での業務経験があり、さらなるキャリアアップを狙いたい方は、レバテックキャリアは最もおすすめできる転職エージェントです。

また、転職エージェントの中でも求職者の審査がされるので、しっかりと履歴書やポートフォリオを作り込んで提出すると、利用できます。

レバテックキャリア公式ページを見る

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

DAI
求人を見るだけでも参考になるので、どれか一つに試しに登録してみることがおすすめです。

経験を積んだらフリーランスも

Pythonエンジニアとしてのスキルセットを身につけ、開発経験を積んだら、フリーランスになるという道もあります。

レバテックフリーランスには、Pythonエンジニア向けの豊富な求人があるのでおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
案件数 約10000件
最低稼働日数 週3日~
主な求人ジャンル Webエンジニア、Webディレクター
公式サイト: https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。主な特徴としては、

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな特徴としては、

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

平均報酬額71.1万円と、非常に高くなっています。

また、職種ごとに案件の平均単価もみれます。

②キャリアコンサルタントの質が高い

レバレジーズのノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2020年、7月現在の求人数ですが、

  • エンジニア
  • Webディレクター

の案件が比較的多めになっています。

プログラマー 1818件
プロジェクトマネージャー 502件
フロントエンドエンジニア 228件
SE 2764件
インフラエンジニア 1941件
ネットワークエンジニア 411件
PMO 272件

ミッドワークスなどのITフリーランスエージェントと併用しつつ、自分にあった案件を見つけてみましょう!

レバテックフリーランス(公式):
https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

 

まとめ

ここまで、Pythonエンジニアの年収について解説してきました。

この記事のポイントをまとめます。

  • Pythonエンジニアの平均年収は600万ほど
  • Pythonエンジニアの市場での需要は高い
  • 職種やスキルによっても年収に幅がある
  • 未経験からPythonエンジニアになるのは難しい
  • まずはサーバーサイドエンジニアとして経験を積み、Pythonエンジニアを目指そう

以上です。

今回紹介したプログラミングスクール

今回紹介した転職エージェント・副業サイト

関連記事

Pythonが学べるスクールおすすめ厳選4選 【体験談あり】
エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】
【実例つき】AIエンジニアになるには?未経験からなる方法を解説
Pythonが学べるスクールおすすめ厳選4選 【体験談あり】
Pythonエンジニアとしてフリーランス独立する方法を徹底解説!