最終更新日:2020/07/09

<本サイトで申込みの多いAI系プログラミングスクール>

<エンジニア未経験も可!エンジニア転職にオススメの転職エージェント>

  • No.1リクルートエージェント*誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
  • No.2ワークポート*未経験向けの求人が多い。IT領域に特に強い転職エージェント。
  • No.3DODA*リクルートに次いで求人数が多い転職エージェントです。顧客満足度No1。

今回の記事では、こんな疑問にお答えします。

  • AIエンジニアで、未経験からなりたいのだけど、なることはできるのだろうか
  • 実際になった人がいるとしたら、どんな人なのだろうか
  • どうすればAIエンジニアになることができるのだろうか
  • エンジニアとして転職するためにはどうすればいいのだろうか

一般的にAIエンジニアになる3つのパターン

基本的に、未経験からAIエンジニアになれるパターンは3つです。

  1. Python、RエンジニアからAI技術を身に着けAIエンジニアとして転職
  2. 全くのプログラミング未経験からPythonエンジニアとしてポテンシャル採用された後に、AIエンジニア
  3. ビジネスサイドで他業種で働き、AIの知見をもとに、AIプロジェクトに参画

順に追って説明します。

Python、RエンジニアからAI技術を身につけ転職

一度Python、Rエンジニアになった後にAIエンジニアとして転職するパターンです。僕が過去に働いていたAIプログラミングスクールでは、過去に数名この形でAIエンジニアとして転職に成功されていました。そういう人たちの特徴としては

  • Pythonエンジニアとして1年の業務経験
  • 独学+AIのプログラミングスクールで集中的にAIを勉強して、転職

というパターンでした。相当難易度が高いと思います。ちなみにこのAIプログラミングスクールAidemy Premium Planで紹介されているユーザーの方々は、元Pythonエンジニアで実務経験1年からAIエンジニアとして転職されています。

全くのプログラミング未経験からPythonエンジニアとしてポテンシャル採用された後に、AIエンジニア

プログラミング未経験から、Pythonエンジニアとしてポテンシャル採用された後に、Aエンジニアになるパターンです。このパターンは、今まで自分のスクールでは観測したことはありませんが、知人では2年で営業からPythonエンジニアになり、AI案件にかかわっている人もいるので、可能性がないわけではない!ということになりそうです。それくらいの難易度となります。

ビジネスサイドで他業種で働き、AIの知見をもとに、AIプロジェクトに参画

最後に、AIエンジニアとしてではなく、ビジネスサイドでAIが適応できる業務領域を学んだうえで、AIプログラミングを学び、AIプロジェクトにビジネスサイドで活躍するという方法があります。

実際にAidemyというプログラミングスクールを受講された方は、

  • もともとコールセンターでマネージャーとして5年間の業務経験
  • その後AidemyでAIプログラミングを学習
  • 社内転職後、AIプロジェクトで機械学習で利用するデータの生成や学習を管理するマネージャーとして活躍

という方がいらっしゃいます。

未経験からAIエンジニアになるためには

ということで、以下のシチュエーションに分けて解説します。

  1. もうPythonエンジニアで、実務経験が1年以上ある人
  2. ほか言語の学習経験はあるが、Pythonエンジニアではない人
  3. まだプログラミング自体が未経験なパターン

①、②もうPythonエンジニアで、実務経験が1年以上ある人 & ほか言語の学習経験はあるが、Pythonエンジニアではない人

Pythonエンジニアの方で、実務経験がある場合は、以下の学習方法をおすすめしています。

  1. 独学でAIの学習をある程度進めておく
  2. 完全につまったくらいからAIに特化したプログラミング学習スクールに行く

前提として、AIエンジニアはほかのエンジニアと違い、数理統計的なバックグラウンドが必要となります。独学するにも、まずデータサイエンティストのフィードバックなしで学習を進めていくことが非常に難しいと思われます。

なので、最低でもフィードバックしてくれるAIエンジニアがいる環境下で学習する必要があります。そのためにプログラミングスクールに学習しに行くのがよいです。

  • 「フリーランスのAIエンジニアに聞けばいいのでは?」

という考えもあると思うんですが、難しい話で、機械学習エンジニアでフリーランスをされている方はほとんどいないという状況なので、今はプログラミングスクールに頼らないと相当しんどいです。

逆に言えばプログラミングスクールに行けば現役のデータサイエンティストからフィードバックを得て学習を進めることができたり、面接の対策も手伝ってくれることもあるので、AIエンジニアの技術顧問費用とおもってプログラミングスクールに通うのがよいと思います。

AIが学べるプログラミングスクール

AIが学べるプログラミングスクールでお勧めなのが、以下2スクールです。

  1. Aidemy: 現役エンジニア向け:本気でAIを仕事にしたいならココ
  2. TechAcademy: ビジネス職の人向け。比較的安く受講可能

完全にAI特化ならAidemy

Aidemy(公式):
https://premium.aidemy.net/

Aidemyは、東大発の完全にAIに特化したプログラミングスクールです。

東証一部上場企業のAI研修なども行っている、日本最大級のAI教育サービスを提供しています。

AIを本格的に学べるプログラミングスクールの中では最もハイレベルでしっかりしたスクールです。

そのAidemyがAIエンジニアを育成するために提供しているのが、Aidemyのプログラミングスクールのサービスです。

Aidemyが提供しているAI系のコースには以下のようなものなどがあります。

    • データ分析コース
  • 自然言語処理コース
  • AIアプリ開発コース
  • LINE チャットボット開発コース
  • AIマーケティングコース

Aidemyを受講するなら、以下のような希望の方にオススメです。

  • ある程度Web系のプログラミングを学んでいる
  • AIについて本格的に仕事にしたいと思っている

実際に、AidemyはRettyのデータを分析した結果を成果として出すと、Rettyで一次面接突破できるという就職先紹介制度があり、それだけ実務でも通用する能力があることを信頼されているサービスです。

Aidemyでは無料カウンセリングをやっているみたいなので、ぜひ受けてみるのがよいかと思います。

Aidemy(公式):
https://premium.aidemy.net/

TechAcademy

TechAcademy(公式):
https://techacademy.jp

TechAcademyは完全オンラインのプログラミングスクールです。

特徴としては、専任のエンジニアがマンツーマンでメンターとしてサポートしてくれます。

TechAcademyでAIを学べるコースとしては

  • AIコース
  • データサイエンスコース

があります。

AIコースとデータサイエンスコースのポイント

AIコースは、Python  x AIを専門に学びたい人におすすめです

具体的には、

  • 機械学習
  • ディープラーニング
  • クラスタリング

などを、Pythonのライブラリで実装していきます。

一方で、データサイエンスコースは、Python x 統計学を学びたい人におすすめですね。

より本格的に

  • 統計学の理解
  • 統計モデリングの理解

などを行っていきます。

AIコース データサイエンスコース
学習内容 Python
機械学習
ディープラーニング
クラスタリング
プログラミング
機械学習
数学・統計学
モデルの構築
価格/受講期間 社会人149,000円 / 1カ月
社会人199,000円 / 2カ月
社会人149,000円 / 1カ月
社会人199,000円 / 2カ月
公式ページ https://techacademy.jp/ai-bootcamp https://techacademy.jp/datascience-bootcamp
【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

こちらも無料体験をやっているので、カリキュラムが気になる方はぜひ見てみてください!

TechAcademy(公式):
https://techacademy.jp

③まだプログラミング自体が未経験なパターン

まだエンジニアとしての実務経験がない人は、以下の手順をとるのがよいかとおもいます 。

  1. サーバーサイドエンジニアとしてのスキルを身に着ける
  2. 完全にアナリスト職の傾向が強い、データサイエンス側の人間として就職する

まずはいきなりAIエンジニアとしてではなく、サーバーサイドエンジニアとして実務経験を積みましょう。

次に、上で紹介したAIのプログラミングスクールで機械学習を学び、AIアナリストかAIエンジニアとして転職しましょう。

サーバーサイドが学べるプログラミングスクール

サーバーサイドエンジニアになるためにはまずRubyを学んでWebアプリを作れるようになることができると良いです。

そこで、Rubyを使ったWebアプリ制作が学べるプログラミングスクールでオススメなのが、以下3スクールです。

  1. TechAcademy: 完全オンライン。比較的安く受講可能。
  2. TechBoost: Webエンジニア未経験の人向け。AIとサーバーサイドのプログラミングの両方が学べます。
  3. CodeCamp:オンラインでの丁寧なマンツーマン授業。

TechAcademy

公式サイト:
https://techacademy.jp/

おすすめ度:
★★★★☆(3.8)

学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥149,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、一人ひとり専属の現役エンジニアがサポートしてくれるので、つまづいてもすぐに解決できます!

TechAcademyの特徴としては、以下2点ですね。

  • 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • 受講生限定の特別スカウトサイトがある

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマンなので、

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

をしてくれます!

また、モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、オンラインでも挫折しにくい仕組みになっています。

以前、TechAcademyの卒業生の「もってぃさん」という方に、受講者インタビューをして、こう伝えてくれました!

mottyさん
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。
【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

②受講生限定のスカウトサイトがある

最後に、TechAcademyでは、IT系の求人を持った「Techacademyキャリア」というサービスがあります。

求人の内容的には、一部自社開発求人があるようです。

mottyさんはこちらのサービスを利用して、転職をされました。

mottyさん
この転職サービスを利用して、こちらに挙がっている求人から応募したという感じです!応募→書類選考→面接(1次のみ)という流れでした。面接ではその日の内に、採用担当者+現場エンジニアの面接、会社代表の面接の合計2回を行いました。

ただ一方で、紹介される案件はメインでSESが多いようです。こちらについても、mottyさんは以下のように伝えてくださいました。

mottyさん
微妙だなと思った点が1つあって、転職サービスの求人がSESが多い所です。Twitterやブログなどの情報から、未経験ながらSESには良いイメージを持っていなかったのですが、求人を出してる会社で、特定派遣などの情報が有れば応募はせず、特定派遣と書いていなくてもWebで調べるとSESと判明することが多かったです。なので応募する会社は入念に調べていました。

確実に自社開発の会社に行きたい場合は、ポテパンキャンプさんのようなスクールを利用してみるのもいいでしょう。

現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!【PR】

ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechacademyがおすすめです。

公式サイト:
https://techacademy.jp/

Techacademyで無料体験してみる

※更新情報 2020年5月
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,000円〜60,000円もお得になるようです。

TechBoost:Web系言語+AIを学べる

公式:
https://tech-boost.jp/

TechBoostは、東京にある教室型のプログラミングスクールです。特徴としては、Web系エンジニア転職などに強い、Branding Engineerという会社が運営しています。

【体験談】Tech Boostの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

TechBoostでは受講者の方1人ひとりに合わせたコースを提示してくれるので、Web系プログラミングもAIも一気に学びきってしまってAIエンジニアになりたいという方には良いと思います。

TechBoostを受講される方でおすすめなのが、

  • Web系プログラミングとAIの両方を学んでみたい!
  • 渋谷にあるスクールに通学して対面で学びたい(オンラインでも学べます)

という方です。

こちらのTechBoostも無料カウンセリングをやっています。自分に合わせたコースをカスタマイズしてくれるので、無料カウンセリングで相談してみると良いでしょう。

公式サイト:
https://tech-boost.jp/

CodeCamp

学習言語 PHP , HTML5/CSS3, jQuery, MySQL
受講場所 完全オンライン
期間 4週間~12週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥148,000 / 2ヶ月プラン
¥248,000 / 4ヶ月プラン
¥298,000 / 6ヶ月プラン
全額返金保証 なし
転職紹介 なし

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービスです。

テレビCMでも有名なITベンダーFuture Architectの子会社でもあり、さらに東証一部上場企業にもCodeCampのコースが研修に利用されていることから、非常に教育の質が高いです。サービスの特徴としては、

  • 完全オンラインで学習可能
  • 東証一部上場企業の厳選された現役エンジニアが学習をオンラインレッスンでサポート
  • フロントエンド、バックエンド、ネイティブアプリ開発まで対応したコース
  • 365日:朝7時~24時まで、現役エンジニアにテレビ電話で授業を提供

転職を目的にするなら、Webマスターコースがおすすめです。

CodeCampの良かった点をあげるとしたら、以下3点ですね。

  • プログラミングスクールの中でも、もっともお手頃価格
  • 現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる
  • オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

こちらのスクールは実際に僕自身が受講したうえで、解説しますね!

【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

②プログラミングスクールの中でも、もっともお手頃価格

CodeCampは、ほかのスクールと比較しても、かなり安いです。同じ期間で、スクールを見てみましょう。

2カ月 4カ月 6カ月
Code Camp
Webマスターコース
148,000円 248,000 298,000
TechAcademy
Webアプリケーションコース
199,000円 299,000円
ポテパンキャンプ
選抜クラス キャリアコース
250,000円(3カ月)
RUNTEQ
Railsマスターコース
348,000 円

2カ月で148,000円と非常に安く、とにかくお手頃なスクールで、かつ質がいい!というスクールを探している方にはCodecampがいいでしょう!

②現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる

プログラミングスクールって、結構サポート時間が限定されてしまうんですよね。

なので、朝の忙しい時間帯にしか時間がとれなかったり、夜の仕事終わりに聞きたい!というときになかなか質問できません。

Code Campの場合は、朝7時~24時まで質問することができるので、悩んでもすぐ解決できるのが大きなメリットです。

③オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

なかなかスクールのカリキュラムだけ利用してても、オリジナルアプリ開発まではうまくいかないんです。

でも、実際Code Campのコースを受けていて、ざっくりとこのホームページをゼロから作るレベルには到達できたかと思います。

DAI
もともとWordPressやWebデザインがわからなかったので、受講したのですが、結果的にこのブログ(DAINOTE)をゼロから作れるぐらいまでのレベルにいったので、よかったです

ということで、評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

こちらはTechAcademyとどっこいどっこいという感じですね。

PHPでWebエンジニアへの転職を検討しているなら、CodeCamp、RubyならTechAcademyを選んでみるといいと思います。

実際に申し込む前に無料で体験レッスンを受けることができますので、よかったら確認してみてください!

※更新情報(2020年5月)
無料体験を受けて申し込むと、10,000円の受講料割引が効くようです。

AIエンジニアとして転職するには?

最後に、AIエンジニアとして転職するにはどうしたら良いのかを解説していきたいと思います。

おすすめは、

  1. とりあえず大手転職エージェントに登録して、AIエンジニアの転職にはどのような案件があるかたくさんみておく
  2. 実際に十分な実務経験を得たら、その転職エージェントかプログラミングスクールの転職サポートを利用して転職する

という方法です。

まず、これからAIエンジニアになりたいという方は、実際に転職エージェントに登録してみてどのような案件の募集があるのかをみて逆算して勉強したり実務経験を得たりすることがオススメです。

また、未経験からエンジニアに転職する場合、ただの転職サイトではなく、転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。理由は、以下3点です。

  1. 転職エージェントが、業界の情報を教えてくれる
  2. 転職エージェントだと、給与交渉してくれる可能性が高い
  3. 転職エージェントだと、面接対策をしてくれる可能性が高い

基本的には複数の転職エージェントに登録して、よい案件があるかどうか、またエージェントのキャリアカウンセラーの熱意があるかを比較検討しながら利用するのが非常におすすめです。

未経験可のエンジニアの案件が比較的多く存在するエージェントは下記の通りです。

  1. リクルートエージェント:誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
  2. ワークポート:未経験向けの求人が多いです。IT領域に特に強い転職エージェントなので、リクルート、DODAにないようなIT系の求人を探すために予備で登録しておきましょう。
  3. DODA:リクルートに次いで求人数が多い転職エージェントです。顧客満足度No1となっております。転職エージェントのカウンセリングの質が高いと評判です。
ワークポート
職種・エリアに特化した総合転職エージェント
DODA
日本最大級”のエージェントサービス

まとめ

ということで、今回のまとめです。

  • サーバーサイドエンジニアの経験がある場合は、機械学習を学べるプログラミングスクールで、素養をつけよう
  • マーケターなどの事業開発サイドの場合は、AIのプログラミングスクールで素養をつけよう
  • まだエンジニア未経験の場合は、まずはサーバーサイドエンジニアになろう
  • とりあえず転職エージェントに登録してAIエンジニアの転職案件をみてみよう。

<本サイトで申込みの多いAI系プログラミングスクール>

<エンジニア未経験も可!エンジニア転職にオススメの転職エージェント>

  • No.1リクルートエージェント*誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
  • No.2ワークポート*未経験向けの求人が多い。IT領域に特に強い転職エージェント。
  • No.3DODA*リクルートに次いで求人数が多い転職エージェントです。顧客満足度No1。

関連記事