全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

こんにちは、DAIです。( https://twitter.com/never_be_a_pm )

 

多くの人がプログラミングにあこがれて、プログラミングの学習を始めますが、やはり最初に挫折してしまうことが多いんですよね。

ただ、それは、プログラミングの学び方を間違えているだけなんですよね。

そこで今回は、独学でプログラミングを学習して、ユーザー数10万人のAIアプリを作った僕が、

効率的にプログラミングを学ぶ方法についてまとめてみたいと思います。

 

読者の対象

・プログラミングを始めたばかりだけど、どの言語から学んだらいいのかがわからない

・プログラミングの勉強がなかなか続かない。すぐ楽しくなくなる。

・プログラミングの勉強の先が見えない。次に何をすればいいのかわからない

 

まずはプログラミングで何をしたいのかを決めよう

まず一番最初にやるべきなのは、プログラミングでどんなことをしたいのかを決めることが大事です。

プログラミングはあくまでも手段であることを忘れないでください。プログラミングは学習ハードルが非常に高いです。

だからそのハードルを打ち破るだけの、高いモチベーションが必要になります。そこで、まず何を創りたいのかをまとめましょう。

例えば、普通のWebサイトを作ってみたいとか、マッチングアプリを作ってみたいとか、またまたiPhoneでアプリを作ってみたいとか。

ほかにもPythonで毎日の営業リスト作成を自動化できるようにしたい!だとか、そういうこともできるんですよね。

やりたいことベースに、何を学べばいいかプログラミングができる人に聞こう

とはいっても、プログラミングで何ができるのかわからない人が多いと思います。また、わかったとしても何を学べばいいかわからない人が多いと思います。

そういう場合は、先に「だいたいこんなものつくりたいんだ~」とプログラミングができる友人に聞いてみたりしてみましょう。

そうすると、「HTMLやCSSやJavaScriptを学ぶといいよ!」などと、具体的にどの言語を学べばよいか教えてくれるとおもいます。

データ分析がしたいなら、「Pythonをやってみたら?」と言われるかもしれません。

 

技術をどこで効率的に学べるか調べよう

ここまでできたら、あとはどこでその技術を学べばいいかだけです。

エンジニアの知り合いに、どこのサイトで学んだらいいのか聞いてみてください。

僕が個人的にお勧めしているのは、何個かありますが、目的によって変えるとよいと思います。

本当にWebアプリの初歩から学ぶならProgate、PythonやAIを学ぶならAidemy、初心者レベルから実際にアプリを作りたいならUdemyなどがよいと思います。

最後に

実際にアプリをPythonで創るまでの方法をまとめています。

> PythonでWebアプリを開発したい人が何を学べばよいか初心者向けに解説してみた