最終更新日:2020/09/14

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが実際に取材、体験してみて、特にオススメのプログラミングスクール一覧≫

【第1位】TechAcademy:とにかく安く、コスパのよいスクールに通いたい人向け! レビュー記事
【第2位】CodeCamp: 朝から夜まで、メンターのサポートを受けやすいスクールを検討している人向け! | レビュー記事
【第3位】RUNTEQ:ベンチャーの自社開発企業へエンジニアとして転職したい人向け | レビュー記事
【第4位】
ポテパンキャンプ:サーバーサイドエンジニアに未経験から転職して年収700万円代を目指したい人向け! | レビュー記事
【第5位】Aidemy:Python・AIに特化したプログラミングスクール。AIを活かした仕事に就きたい人向け | レビュー記事

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。この記事を読まれているということは、

  • TECH::CAMP(テックキャンプ)ってどんなプログラミングスクールなのか心配。
  • TECH::CAMP(テックキャンプ)はネットの評判通りなのか気になる….

と思って見られているのではないでしょうか。そこで、今回の記事では、

  • TECH::CAMP(テックキャンプ)とはどんなプログラミングスクールなのか。

を、検証するために、

  1. 最初にTECH::CAMP(テックキャンプ)の基本情報
  2. 最後にTECH::CAMP(テックキャンプ)の評判

を書いていきたいと思います。

テックキャンプ(TECH::CAMP)とは?

テックキャンプ(TECH::CAMP)は、株式会社divが運営する、老舗のプログラミングスクールです。

主な特徴は、以下の2点となっています。

  • 通学あり
  • グループ開発あり
受講区分 通学&オンライン
場所 東京:渋谷/新宿/池袋/大手町
大阪:梅田
愛知:名古屋
期間 コースによる
DAI
代表でかつYoutuberのまこなり社長が有名ですね。

テックキャンプ(TECH::CAMP)のコース内容、料金、対象者は?

テックキャンプのコースは、以下の3つです。

  • TECH::CAMP エンジニア転職コース
  • TECH::CAMP デザイナー転職コース
  • TECH::CAMP プログラミング教養コース
期間 料金 授業概要
TECH::CAMP
エンジニア 転職(旧TECH::EXPERT)
10週間 ¥648,000(税抜) エンジニア転職に必要な学習項目
TECH::CAMP
デザイナー 転職(旧TECH::EXPERT)
10週間 ¥648,000(税抜) デザイナー転職に必要な学習項目
TECH::CAMP
プログラミング教養
¥198,000(税抜)
+月額料金 ¥19,800(初月無料)
プログラミングの基礎

なお、昔は『テックエキスパート 副業・フリーランスコース』がありましたが、現在は閉校しています。

DAI
おそらくですが、多分いきなり独立や副業まで行くレベルの人をサポートするのは無理だったのではないかと思います。

テックキャンプ(TECH::CAMP)が受講できる年齢は?

テックキャンプが受講できる年齢は、以下の表の通りです。

20代 OK
30代 OK
40代 OK

ただ、普通に考えて30-40代のエンジニア転職で、かつ未経験からなると、相当難しいです。

DAI
本気で転職したい場合は、別のスクールがおすすめです。
転職・就職に失敗しないと評判のおすすめプログラミングスクール5選

テックキャンプ(TECH::CAMP)のメリットは?

テックキャンプのメリットとしては、以下の3つです。

  • 使用するオリジナル教材の質が高い
  • 東京・大阪・愛知に校舎がありオフラインでも学習可能
  • 講師に何度でも質問ができ、対応が丁寧

使用するオリジナル教材の質が高い

東京・大阪・愛知に校舎がありオフラインでも学習可能

講師に何度も質問ができ、対応が丁寧

テックキャンプ(TECH::CAMP)をおすすめできない理由・デメリットは?

個人的にテックキャンプをおすすめできない理由は、以下の点です。

DAI
個人的には、あまりユーザー目線ではないなぁ…というのが印象です。
  • ①テックキャンプ(TECH::CAMP)は転職サポートの質がひどい
  • ②テックキャンプはお客様に転職市場に関する説明をしっかりしていない
  • ③過去副業コースというコースで、卒業生のアフィリエイターをエンジニアとして紹介してきた
  • ④講師が未経験エンジニアでキャリアの素人
  • ⑤TECH CAMP卒業生というだけで書類選考で足切りしている企業が割と多く評判が悪い
  • ⑥テックキャンプは広告、ランディングページで簡単にエンジニアになれると思わせすぎ
  • ⑦テックキャンプは他社と比較して無駄に料金が高すぎる
  • ⑧TECH:CAMPの全額返金のハードルが高すぎる

①テックキャンプ(TECH::CAMP)は転職サポートの質がひどい

自分自身、エンジニアの採用をやっているときに思ったんですけど、テックキャンプの卒業生のポートフォリオの質があまりにもひどかったです。

DAI
みな、同じスクールのポートフォリオでした。

本来エンジニア採用で求めているのって、スクールのカリキュラムにあるコピー版のアプリのポートフォリオではなくて、自分の頭で考えて作ったアプリのポートフォリオなんですよね。

転職保証をうたって、このレベルのポートフォリオを盛った卒業生を輩出しているスクールが、転職サポートをちゃんとしていると言えるかと言ったら、お世辞にもちゃんとしているとは言えません。

似たような意見を、採用をしている方からよく聞きます。

エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

②テックキャンプ(TECH::CAMP)はお客様に転職市場に関する説明をしっかりしていない

①にもかかわりますが、転職で必要なポートフォリオって、スクールのクローンアプリでは圧倒的に不十分なんです。

でも、それを顧客に伝えない。それは転職市場に関する説明がなされていないんだと思います。

DAI
60万も払ってテックキャンプ行くなら、30万円くらいで転職支援もしっかりしているスクールはたくさんあるので、あえてテックキャンプを選ぶ理由はゼロです。

③過去副業コースというコースで、卒業生のアフィリエイターをエンジニアとして紹介してきた

「未経験から副業できます!」と誇大広告を打ったフリーランスコースに、以前取材を申し込んだことがあります。

DAI
個人的には、未経験からスクール行っただけで副業できる実力が身につくんだったら、それは本当にすごいことなのでは?とわくわくしてたんですよね。

でも、取材してみたら、実際は卒業後、テックキャンプのアフィリエイターをしているだけの自称フリーランスエンジニアでした。

 

DAI
本当にそういう人をフリーランスとして実績にしていたのか、オペレーションの問題なのか分かりませんが、どっちにしろそれを事例として出してしまうというのは、ガバナンス効いてないんじゃないかと思います。

④講師が未経験エンジニアでキャリアの素人

講師が、TECH CAMP卒業生です。

一歩譲って、プログラミングの基礎を教えるだけなら、卒業生でもかろうじて何とか分かります。

ただ、さすがにエンジニアのキャリアについて扱っている会社のキャリアメンターが卒業生っていうのは、どうかな~と思います。

DAI
できないなら転職支援!って言わないでもらいたいです。

⑤TECH CAMP卒業生というだけで書類選考で足切りしている企業が割と多く評判が悪い

TECH CAMPの卒業生だからという理由で、書類審査で落とすって会社、結構あります。

DAI
実際に採用で落とすという会社があるというコメントもありました。

  • 採用側は、候補者がみな同じポートフォリオを持ってくるので、すぐわかるからです。

実際に採用した企業のエンジニアさんからも、「採用して失敗したのはTECH CAMP卒業生だった」とおっしゃっていました。

⑥テックキャンプは広告、ランディングページで簡単にエンジニアになれると思わせすぎ

エンジニアって、本当に誰でもできる仕事じゃないんですよ。

  • 未経験から誰でもできるように思わせる
  • できないことをできる!を誇大表現する

このように表現するのは、誠意がないのではないかなと感じてしまいます。

DAI
実際、そういうマーケティングをしているせいで、簡単にプログラミングが身につくと思って入ってきている人達が、クーリングオフを利用してやめているそうです。

⑦テックキャンプは他社と比較して無駄に料金が高すぎる

比較表を見れば一目瞭然ですが、テックキャンプの料金は高い割には品質が微妙です。

期間 料金 品質
TECH::CAMP
エンジニア 転職
10週間 ¥648,000(税抜) エンジニア転職に必要な学習項目
TechAcademy Pro 8週間 ¥298,000(税抜) エンジニア転職に必要な学習項目
Code Camp Gate 8週間 ¥448,000(税抜)
+入学金¥30,000(税抜)
エンジニア転職に必要な学習項目
RUNTEQ 20~36週間 ¥398,000 現場で必要とされるレベルのカリキュラム
自社開発への転職サポートあり(事例多数)
DAI
値段は、正直価値を感じた人が払うべきなので別に高いことは問題ないと思います。
  • 求人も微妙
  • 転職市場におけるブランドも微妙
  • カリキュラムも微妙

ですが、このようになった時に、あえてテックキャンプ(TECH::CAMP)を受講する理由はないと思います。

⑧TECH:CAMPの全額返金のハードルが高すぎる

あれだけ全額返金しますよ~!とホームページでさらっと書いてあるのに、全額返金のハードルが地味に高いのが特徴です。

DAI
申し込む際は、必ず引用元の個別規定を見てください。

引用)テックキャンプ エンジニア/デザイナー転職(旧サービス名称:TECH::EXPERT) 返金保証に関する個別規定

実際のTECH::CAMPの評判・口コミは?

では、実際にTECH::CAMPを受講した人は、どのように言っているのでしょうか?

テックキャンプはメンターが卒業生ばかりだった

女性A
スクールに入る前は…きっとバリバリできるメンターや専属ライフコーチがいて…(中略)スクールに通いだしてメンターと話していくうちに段々わかっていくとがありました。そう!教室にいるメンターはスクールの卒業生が多かった!

TECH::EXPERT(テックエキスパート)に通う前に知ってほしい事(絶望編)

男性A
メンターごとの経験値もまちまちで,5分で解決してくれる人もいれば,30分かけたり,メンター自身も理解してないで解決したりと,メンター質がバラバラでした。その上,メンターは指名ができないため運ゲーです。テックが受け入れる受講生に対してメンターが間に合っていないのでしょう。改善を要求します。

テックキャンプに通う前後で感じたギャップ

テックキャンプは採用求人が微妙だった

男性A
紹介される求人は3ヶ月で30件程度であり,就活の受ける企業を全てここ経由にしてしまう選択は危険。…求人案件はHPのグラフから期待できるようなこと,つまり,自社サービスの企業からの求人が多く就活が楽,なんてことは決してない。

テックキャンプに通う前後で感じたギャップ

自社開発と名を上げている企業も、実は「SES+自社開発を行っている」という企業で、純粋な自社開発の求人を多く持っているとは限りません。

DAI
どうしても受講を検討している場合は、実際に無料カウンセリングで聞いてみてください。

テックキャンプのカリキュラムは時代遅れだった

男性A
カリキュラムを勉強していく中で,わからないことはググったりとネットは頻繁に見ていたため,いろんな技術を見ていたのですが,最近の流行の技術はテックキャンプのカリキュラムにはほとんど採用されていませんでした。

テックキャンプに通う前後で感じたギャップ

結論:テックキャンプよりは他のスクールがおすすめ!

以上の理由から、個人的に60万円以上するテックキャンプに行くくらいなら、他のスクールを検討したほうがいいと思います。

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが実際に取材、体験してみて、特にオススメのプログラミングスクール一覧≫

【第1位】TechAcademy:とにかく安く、コスパのよいスクールに通いたい人向け! レビュー記事
【第2位】CodeCamp: 朝から夜まで、メンターのサポートを受けやすいスクールを検討している人向け! | レビュー記事
【第3位】RUNTEQ:ベンチャーの自社開発企業へエンジニアとして転職したい人向け | レビュー記事
【第4位】
ポテパンキャンプ:サーバーサイドエンジニアに未経験から転職して年収700万円代を目指したい人向け! | レビュー記事
【第5位】Aidemy:Python・AIに特化したプログラミングスクール。AIを活かした仕事に就きたい人向け | レビュー記事

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較

テックキャンプ(TECH::CAMP)ではなくどのプログラミングスクールがおすすめ?

男性B
じゃあどんなプログラミングスクールがおすすめなの?
DAI
これから詳しく解説していきますね。

転職・就職を前提としている方向けのプログラミングスクール

転職を前提としている方におすすめなのは、以下の2つのスクールです。

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
DAI
転職を前提としている方は、以下の記事に詳しく解説しましたので、ご覧ください!
転職・就職に失敗しないと評判のおすすめプログラミングスクール5選

RUNTEQ:就職直結型のWebエンジニア養成スクール

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

RUNTEQはスタートアップ特化の就職直結型Webエンジニア養成スクールです。

「スタートアップ転職or就職したい」という目標が明確な人におすすめです!

  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートでいうと、

  • キャリアアドバイザーによるキャリアについての面談
  • 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  • 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  • 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

などが特徴です。

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介するサービスがあります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。

プログラミングスクール修了後にスタートアップ転職をすぐに目指したい人は、RUNTEQの受講をぜひ視野に入れてみてください。

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

無料説明会も行っているので、疑問や質問ががある方は申し込んでみると良いと思います。

また、公式ホームページでは無料でお試し学習カリキュラムを受講することができるので、実際の授業がどんな感じか気になる人はぜひ受けてみてください!

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

ポテパンキャンプ:未経験からのエンジニア転職に強い

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 3ヶ月間(13週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・コードレビュー
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 選抜クラスキャリアコース ¥ 250,000
選抜クラスビギナーコース ¥ 300,000
オープンクラス ¥ 150,000
全額返金保証 転職成功時に全額キャッシュバック
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプのいいところは、上げるときりがないのですが、3つに絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格+転職成功で全額キャッシュバック!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに5社くらいプログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思う。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

転職に成功すると、まさかの全額キャッシュバック!

ポテパンキャンプは、ポテパンキャンプが紹介する自社開発の企業に転職に成功したら全額キャッシュバックなんです。

要は、30万円はらって学んでいたプログラミングスクール代が、転職したら実質タダになるんです。めちゃくちゃお得じゃないですか?

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実質無料でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方だけどうぞ!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

最後に

誰が何に価値を感じて、何にお金を払おうが、それは自由だと思います。

ただ、僕個人としてはその高いお金を払って、転職したいのであれば、もう少しよいスクールがあると思います。

関連記事

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較
エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】