最終更新日:

「大阪でも受けられて、安くて質の高いプログラミングスクールって結局どれを選べばいいのかわからない。」

実際、星の数ほどあるプログラミングの中から自分に合ったプログラミングスクールを探すのは至難の業です。

※しかも、多くのスクール紹介記事どれも似たような内容で、サービスを良く知らない人が書いていることがほとんどなのが現状です。

DAI
この記事では、これまで複数のプログラミングスクールを受講・比較してきて、IT業界で転職にも関わってきた筆者が厳選したプログラミングスクールだけをご紹介します

以下に少しでも興味のある方は、この記事がぴったりです。

  • 東京にはあるけど地方にはないスクール
  • オンライン・オフラインを合わせて本当におすすめのスクール
  • 転職・副業など目的別の厳選スクール
DAI
スクール選びに失敗して、多額の料金と時間を無駄にしてしまわないように、自分にぴったりのスクールを選んでいきましょう!

大阪にある主なプログラミングスクール一覧

大阪から受講することができる主なプログラミングスクールはこちらです。

目的 学習内容
KENスクール  就職・転職したい人向け ・Webデザイン
noa  転職したい人向け ・VB(Visual Basic)基礎・実務
・PHP入門
ヒューマンアカデミー 就職したい人向け ・Webデザイン
・スマホアプリ開発
RUNTEQ 就職・転職したい人向け ・Webマスターコース
・Railsエンジニアコース
ポテパンキャンプ 就職・転職したい人向け ・Ruby, Ruby on Rails
RaiseTech 就職・転職したい人向け ・インフラ系
Techacademy 学生・副業をしたい人向け ・Webアプリ
・フロントエンド
CodeCamp 学生・転職したい人向け ・Webデザイン
・Webサービス開発
Techboost 学生・就職したい人向け ・ Webアプリ開発
・Webサービス開発

こちらの一覧にあるスクールは、あくまで大阪からでも受講することができる一部のスクールだけです。

ですが、実際は

  • オフライン・オンライン
  • 無料・有料
  • 値段が安い・高い

などの基準で大量のプログラミングスクールがあるのが現状です。

DAI
この記事では、これまで複数のスクールを受講・比較してきた著者が、目的別に本当におすすめなスクールだけをご紹介します!

【注意】現在ほとんどのプログラミングスクールが、「オンライン受講になっています」

現在ほとんどのプログラミングスクールが、コロナの影響もあり「オンラインでの受講」に切り替わっています。

ですが、実際オンラインのスクールの方が以下のようなメリットがあります。

  • オンラインの方が場所を選ばず学習できる
  • 大阪にはない高品質なスクールも受講できる
  • 通学の時間がないので、忙しい人でも受講しやすい
DAI
なので、この記事では数あるオンラインスクールの中から、目的別に本当におすすめなスクールだけを厳選してご紹介します!

プログラミングスクールの選び方

大阪で学べるプログラミングスクール選びの基準としては、以下の要素が重要となります。

  1. 就職・転職目的の場合
  2. 値段で選びたい場面

就職・転職目的の場合

本気で就職・転職するためにスクールに通いたい方もいらっしゃると思います。

そんな方は、しっかりと実力をつけてくれる評判のいいスクールを選ぶのがおすすめです。

DAI
実力がつかないスクールに行くと、転職先がSESなどのスクールに行かなくてもいけるとこしかないです。

※SESとは、会社から派遣されて時給で働くシステムエンジニアのことを指します。

SESが「闇」「やめとけ」と言われる理由と、契約形態や転職について徹底解説します

就職目的で選ぶ方は、「実力がついて、転職支援もしっかりしているスクール」を選びましょう。

値段で選びたい場合

初心者からエンジニアに就職・転職したいという方もいらっしゃると思います。

そんな方は、値段で決めるのもおすすめです。

特に高額なスクールだと、3か月で90万円かかるところもあります。

DAI
独学と30万円未満のプログラミングスクールを組み合わせて勉強すれば十分な知識と経験が手に入ります。

ですので、短期で安いスクールを検討してみるのもいいと思います!

就職・転職支援が強い大阪のプログラミングスクール

  • 本気でプログラマーに転職・就職したい!
  • スクールでより実践的なスキルを身につけたい

という方に特におすすめのスクールは、以下の3つです。

  • RUNTEQ
  • ポテパンキャンプ
  • RaiseTech

RUNTEQ

ポテパンキャンプ

RaiseTech

公式:https://raise-tech.net

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

RaiseTechは、完全オンラインのプログラミングスクールです。特筆すべきポイントは次の2点です。

  • 講師は全員、単価80万円以上の現役エンジニア
  • 現場レベルのスキルが身に付くカリキュラム
学習言語 HTML,CSS,JavaScript(jQuery),Java
受講場所 完全オンライン
期間 4ヵ月間(受け放題コースあり)
講師 月単価80万円以上の現役エンジニアのみ
主なサポート ・10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)でオンライン質問対応
・Wordpressの副業案件獲得サポート(ポートフォリオの添削など)
料金 通常:¥348,000〜527,800(税込)
学割:¥248,000〜367,800(税込)
転職紹介 受講生限定Slack内でのキャリアサポートや仕事の紹介

今まで紹介したのは、ほとんどWeb系のスキルが学べるプログラミングスクールなんですよね。

DAI
スクール卒業後に本気で稼いでいきたい!という方には、他のスクールよりも圧倒的にRaiseTechがおすすめです!

一方で、大規模開発で求められるJavaや、クラウドサービスを利用したインフラ系のサービス(AWS)は需要が大きいのに、ほとんどのプログラミングスクールではそのスキルを学べる機会が少ないというのが現状でした。

RaiseTechには、Javaやインフラ周りのコースがあるため、Javaエンジニアやインフラエンジニアに興味がある方にはおすすめできるスクールです。

こちらのスクールも、実際に取材してみました。

【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

受けてみて感じたのは、とても転職支援がしっかりしているということです。

というのも、しっかりと実務経験を積ませてくれる企業とのコネクションがあるので、転職サポートもかなりしっかりしていました。

一方で、こちらもポテパンキャンプやRUNTEQと同様にカリキュラムの難易度が高いため、本気で転職したい人でないと挫折する可能性が高いです。

ということで、RaiseTechの評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

もしあなたが転職するためにスクールを検討していて、

  • Web系にこだわりはないけど、しっかり最初の実務経験を身に付けたい
  • ある程度自分で学んで進められる

上記のどれかに当てはまるなら特におすすめです!

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。
転職・就職サポートが手厚いプログラミングスクール厳選7社

低価格な大阪のプログラミングスクール【学生向け】

プログラミングスクールは、スクールによって特徴や受講料金・期間などがさまざまです。

DAI
初めから受講料が高いスクールに決めると合わなかったときに後悔してしまう可能性があるので、スクール選びのポイントとして安さ重視にするのもおすすめです!

そんな方に特におすすめのスクールはこちらです。

  • TechAcademy
  • CodeCamp
  • TechBoost

TechAcademy

Codecamp

TechBoost

Techboost公式:
https://tech-boost.jp
レビュー記事:
【体験談】Tech Boostの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

Tech BoostでもRubyでのWebサービス開発について学ぶことができます。

コース名 スタンダードコース
料金 126,500 円 / 入学金
32,780 円/月額
期間 3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月
※受講期間の延長も可能
分割 対応OK
公式 https://tech-boost.jp/engineer

2022年5月26日時点、Tech Boost公式HPより

  • 月額:32,780
  • 入学金:126,500
  • 最低3カ月

だいたい3カ月合計23万円(税込)の料金ででプログラミングを学習することができます。

さらに都内であれば、少し料金は上がりますが通学プランにすると渋谷で直接質問できるのもいいですね。

2022年5月26日時点、Tech Boost公式HPより

最後にTech Boostのメリットとデメリットを簡潔に説明しておくと、

メリット

  • 渋谷に通学する教室利用プランもあるので、オフライン&対面でも学べる
  • いったん入会費を払えば月額32,780円で学べるので、長く学習すればするほど他のスクールより安くなる

デメリット

  • 入学金が高い

受講をオススメする人

  • 通学してオフラインで学びたい人
  • まとまったお金(126,500円の入学金)が用意できる人

無料説明会を行えるので、疑問がある方は申し込んでみると良いと思います。

大学生向けのプログラミングスクール7選【低価格・高品質】

この記事で紹介したプログラミングスクール

本気で就職・転職したいなら

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

【RaiseTech】インフラエンジニアやJavaエンジニアとして転職したいならここ
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

安さ重視なら

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥174,900で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

【Techboost】未経験からIT転職を目指したいなら!
オーダーメイドのカリキュラムと月ごとの更新で、自分にぴったりの学習を。

まとめ

プログラミングは独学でも学習できますが、スクールに通った方がずっと効率良く学習を進めることができます。

間違ったプログラミングスクールに行って失敗してしまったということがないように、目的意識を明確に、評判の良いプログラミングスクールを選んで受講しましょう。

DAI
モチベーションと積極性がとても大切!自分のビジョンを明確に頑張ってください!

関連記事

【2022年最新】プログラミングスクールおすすめ11社を徹底比較!
エンジニアに未経験から転職するためにやるべき3ステップ【知らないと後悔します】