最終更新日:
女性A
エンジニアに転職したいけど、レベルの高いスキルを身につけて転職活動で有利に動きたい…

このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

DAI
プログラミングスクールって決して安くはありませんし、レベルの高いスキルを身につけて転職を成功させたいですよね。
DAI
そこで今回は、これまで計7社のスクール取材と4社のスクール利用経験のある僕が、転職に強いプログラミングスクールをご紹介します。

今回の記事では、以下のようなことが分かります。

  • プログラミングスクールの選び方
  • プログラミングスクールの転職・就職支援の仕組み
  • プログラミングスクールの選び方や注意点・卒業生の転職先
  • プログラミングスクールに行って転職成功するためにすべきこと

おすすめのプログラミングスクールは、できるだけ早く学んで転職したい!という方にはポテパンキャンプがおすすめです。

また、ポートフォリオなどで転職で有利に動きたい!という方にはRUNTEQがおすすめです。

他にもさまざまなプログラミングスクールを紹介しているので、ぜひチェックしてください。

≪転職に強い!特にオススメのプログラミングスクール一覧≫
ポテパンキャンプ(公式:https://camp.potepan.com/)】
:コース受講後、専任のキャリア担当が個別に転職支援!120社の「自社開発企業」のみを紹介!|レビュー記事
RUNTEQ(公式:https://runteq.jp/)】
:スタートアップへ就職&転職したい人にオススメ!|レビュー記事
TechAcademy(公式:https://techacademy.jp/)】
:転職保証プランもあり!現役エンジニアにチャットや電話で転職やフリーランスの相談が可能!|レビュー記事
CodeCamp(公式:https://codecamp.jp/)】
:現役エンジニアにチャットや電話で転職やフリーランスの相談が可能!|レビュー記事
Aidemy(公式:https://aidemy.net/)】
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。|レビュー記事
ウズウズカレッジ(公式:https://uzuz-college.jp/)】
:未経験の第二新卒・フリーターからコスパ良く転職したい人向け!|レビュー記事

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥174,900で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。

エンジニア転職したい人必見! おすすめのプログラミングスクール7選

転職って周りよりも有利に動きたいですよね。

転職活動で有利に動くためにプログラミングスクールで気をつけたい事は以下の通りです。

  • ポートフォリオの完成度は高いか
  • 転職サポートは手厚いか
  • 現役エンジニアの有無

なぜこれらが重要なのでしょうか。

まずポートフォリオにはその人の技量が顕著に現れます。

転職では即戦力を求められることも多く、即戦力になれるかはポートフォリオが指標の一つになります。

DAI
完成度の高いポートフォリオを作成できれば、転職活動が成功する可能性がグッと高くなります!

しかし、いくらポートフォリオの完成度が高くてもブラック企業に転職してしまっては意味がありませんよね。

プログラミングスクールに通って失敗しないためには、「ちゃんとした」=信用度の高いプログラミングスクールに行きましょう。

DAI
他力本願ではいけないと説明してきましたが、そもそものスクール選びを間違えてしまう場合も正直ありますし、通う場所がよくないのであれば元も子もありません。

正直おすすめできないプログラミングスクールの特徴をリストアップしておきます。

  1. 無料のプログラミングスクール
  2. Twitterなどで悪評が多いプログラミングスクール

上記に該当するスクールに行くと、エンジニアとして就職・転職するのが難しい傾向にあるのであまりお勧めできません。

転職できても、エンジニアとしてほとんどコードを書く必要がないようなケースもあります。

DAI
転職や就職に失敗しないためにも、目的別に本当におすすめなスクールだけを紹介します。

紹介するプログラミングスクールを目的別にまとめました。

  • 豊富な転職実績のもとで、手厚い個別転職支援を受けたい!
    ポテパンキャンプ
  • 質の高いポートフォリオを作成して、転職活動で有利に動きたい!
    RUNTEQ
  • 低価格に抑えながらも、質の高いサポートを受けたい!
    TechAcademy
  • マンツーマンで手厚いサポートを受けながら受講したい!
    CodeCamp
  • なるべく早くPythonをマスターして、スピーディーに転職したい!
    Aidemy
  • システムエンジニアになって転職したい!
    ウズウズカレッジ
DAI
それではいきましょう!

自社開発で働きたいなら①:ポテパンキャンプ

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
主な学習言語 HTML,CSS,JavaScript,Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 5ヶ月間(20週間)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・スタートサポート
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 Railsキャリアコース ¥ 440,000(税込)
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプの良いところは、挙げるときりがないのですが、絞ると以下の3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、現役エンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに10社以上プログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールに行っても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思います。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

引用:https://camp.potepan.com/

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。

転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

圧倒的に良心的な価格!

引用:https://camp.potepan.com/

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。

ですので、普通に面接で落ちることもあります。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実務に近い環境でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)
DAI
本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方におすすめします!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

自社開発で働きたいなら②:RUNTEQ

公式:https://runteq.jp/

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。

RUNTEQはスタートアップ特化の就職直結型Webエンジニア養成スクールです。

DAI
「スタートアップ転職or就職したい」という目標が明確な人におすすめです!
  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートでいうと、以下の特徴があります。

  • キャリアアドバイザーによるキャリアについての面談
  • 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  • 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  • 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介するサービスがあります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。

プログラミングスクール修了後にスタートアップ転職をすぐに目指したい人は、RUNTEQの受講をぜひ視野に入れてみてください。

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
無料説明会も行っているので、疑問や質問がある方は申し込んでみるのがおすすめです!
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。

受講料を抑えたいなら①:TechAcademy

2022年2月 TechAcademy公式サイトより引用

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥174,900で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間〜
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング(最初の週のみメンタリングは週1回)
・回数無制限の課題レビュー
料金 社会人:¥174,900 (税込)〜
学生:¥163,900(税込)〜
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、とにかく他のプログラミングスクールと比較して安い料金が魅力です。

TechAcademyは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に、お手頃な価格でWeb系プログラミングを学びたい人におすすめです!

TechAcademyで無料体験する
DAI
TechAcademyの主な特徴は、以下の2点です。
  • 完全マンツーマンで一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • オリジナルアプリ作成までのサポートが手厚い

①完全マンツーマンで受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマンです。

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

ような手厚いサポートを受けることが出来ます!

Webアプリケーションコースでは、最終的には簡単な通販サイトを作っていきます。

最初にWebサイト作成からスタートして、最後にWebアプリを作っていきます。

エラーが出て困っても、Slackというチャットツールで質問すればOK。15時〜23時の間なら、数分でメンターがヒントをくれます!

DAI
つまづいている時間ってすごくモヤモヤするのですが、レスポンスが早いとかなりサクサク進められ、勉強が楽しくなります。

また、未経験の人は「何を質問していいか分からない」「どこからわかってないかすら分からない」状態で、なかなかテキストで質問しにくいことも多いです。

DAI
TechAcademyなら週に2回もオンラインメンタリングができるので、つまづいて学習が止まってしまうことはほぼないでしょう。

カウンセリング後も、ちゃんと一人ひとりにコメントをくれます。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、一人で挫折しやすいプログラミング学習も、オンラインでも挫折せず進められると評判ですね。

②オリジナルアプリ作成のサポートが手厚い

TechAcademyのカリキュラム、実はオリジナルアプリ作成のサポートまでやっています。

DAI
Lesson9にありますね!

ここで実際にオリジナルアプリを作っていきます。

ここで作ったアプリは、そのままポートフォリオとして転職活動に活かせます。

実際にTechAcademyの受講生が作成したポートフォリオの中には、こんなアプリがあります。

特に転職活動のためのポートフォリオは超重要で、これがないと転職活動ができないといっても過言ではありません。

DAI
そのポートフォリオに、プロのエンジニアからフィードバックをもらい放題なのは、かなり魅力的ですね。

ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechacademyがおすすめです。

公式サイト:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

※更新情報 2022年2月2日時点、TechAcademyでは3つの特別割引プランがあります。
①『先割』受講料5%OFF:対象プランに先行申し込みで適応
②『トモ割』10,000円割引:同僚や友人が一緒に受講される場合に適応
(別々のコースになっても割引は適用されます)
③ 『複数コースセット割引』:Webアプリ+フロントエンド/Webデザインのセットで申し込むと、普通に学ぶ場合よりも最大138,000円もお得に!

無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

受講料を抑えたいなら②:CodeCamp

【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれ、教材の質もよかったです。
学習言語 PHP, HTML5/CSS3, jQuery, MySQL
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~24週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース(すべて税込)
¥165,000 / 2ヶ月プラン
¥275,000 / 4ヶ月プラン
¥330,000 / 6ヶ月プラン
(別途入学金¥33,000)
無料カウンセリング後の申込で受講料15%OFFになるクーポンあり
全額返金保証 なし
転職紹介 なし

DAINOTE読者限定!受講料15%OFFクーポンプレゼント
CodeCampの受講料が15%OFFになるクーポン券をプレゼント中!
他の割引キャンペーンよりもお得に受講するチャンスです!
(当クーポン以外の割引キャンペーンとの併用はできません)

DAINOTE記事経由でCodeCampの無料オンラインカウンセリングを受けるだけ!
カウンセリング完了後のアンケートにクーポンコード694076を入力してください。
CodeCampクーポンCodeCampの無料カウンセリングを受けてみる

※1万円OFFクーポンなどの他キャンペーンとの併用不可
※クーポン取得後は7日間の利用期限があります
※アンケートに回答後、割引適用の詳細をメールでお知らせします。実際にメールが届くまでに最大で24時間程度かかることがあります
※アンケート回答後24時間経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールBOXを確認してください

CodeCampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとして優れた実績を持つサービスです。

  • 完全オンラインで学習可能
  • 東証一部上場企業の厳選された現役エンジニアが学習をオンラインレッスンでサポート
  • フロントエンド、バックエンド、ネイティブアプリ開発まで対応したコース
  • 365日:朝7時~24時まで、現役エンジニアにテレビ電話で授業を提供
DAI
転職を目的にするなら、Webマスターコースがおすすめです。
Code Campで無料体験する

CodeCampの特におすすめしたいポイントは、次の2点です。

  • 現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる
  • オリジナルアプリ制作までできるようなサポート
DAI
実際に受講してきた僕もおすすめのスクールです!
CodeCamp(コードキャンプ)の評判は?口コミと料金を徹底解説&受講した感想を紹介
DAI
結論から言うと、料金が手頃で質の良いスクールを探している人はCodeCampがあっています。2カ月で165,000円と非常に安く、とにかくお手頃。カリキュラムも良質でした!

①現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる

他のプログラミングスクールでは、「午後しかサポートがない」などサポート時間が限定されてしまうこともしばしばです。

なので、早朝や深夜などに勉強していると、なかなか質問できずにモヤモヤしてしまいます。

Code Campの場合は、朝7時~24時まで質問することができるので、悩んでもすぐ解決できるのが大きなメリットです。

②オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

スクールのカリキュラムだけ利用してても、オリジナルアプリが開発できるまでスキルを身につけるのは難しいです。

でも、実際にCode Campのコースを受けてみて、このホームページをゼロから作れるほどのスキルが身につきました!

DAI
もともとWordPressやWebデザインがわからなかったので受講しました。結果、このブログ(DAINOTE)をゼロから作れました!

CodeCampの全体的な評価はこちら。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
PHPでWebエンジニアへの転職を検討しているなら、CodeCamp、RubyならTechAcademyもおすすめです。

実際に申し込む前に無料で体験レッスンも受けられます。迷っている人はぜひ確認してみてください。

公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想

【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

Pythonを学んでAI人材を目指したいなら:Aidemy

Aidemy(公式):https://premium.aidemy.net/

【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

Aidemyは、AIに特化した東大発のプログラミングスクールです。

東証一部上場企業のAI研修などもおこなっている、日本最大級のAI教育サービスを提供しています。

AIを本格的に学べるプログラミングスクールの中でも、非常にハイレベルで高品質のスクールです。

DAI
あなたの興味が以下2つのどちらかに当てはまるのであれば、Aidemyがおすすめです。
  • ある程度Web系のプログラミングを学んでいる
  • AIについて本格的に仕事にしたいと思っている

Aidemyでは、Pythonに特化した講座を8種類用意しています。

  • AIアプリ開発講座
  • データ分析講座
  • 自然言語処理講座
  • 実践データサイエンス講座
  • E資格対策講座
  • 機械学習マスター講座
  • ビジネスAI対策講座
  • 組織を変えるDX講座

各コースの金額は以下の通りです。

3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月
AIアプリ開発講座 ¥528,000 ¥858,000 ¥1,078,000
データ分析講座 ¥528,000 ¥858,000 ¥1,078,000
自然言語処理講座 ¥528,000 ¥858,000 ¥1,078,000
実践データサイエンス講座 ¥528,000 ¥858,000 ¥1,078,000
E資格対策講座 ¥327,800
機械学習マスター講座 ¥528,000 ¥858,000 ¥1,078,000
ビジネスAI対策講座 ¥330,000
組織を変えるDX講座 ¥330,000

引用:https://premium.aidemy.net/(2022年6月時点。金額はすべて税込価格です)

DAI
実際に受けてみて満足できなかった場合、8日間以内であれば全額返金保証の対象になります。

また、雇用保険の支給要件を満たしている方であれば、以下4つの講座で教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)を利用できます。

  • AI アプリ開発講座
  • データ分析講座
  • 自然言語処理講座
  • E資格対策講座

対象者であれば、実際に支払った受講料のうち最大70%を支給してもらえる制度です。

DAI
528,000円(税込)のコースで70%の支給なら、158,400円(税込)で受講できます。

引用:https://premium.aidemy.net/

Aidemyでは挫折しにくいサポートに加え、一部の講座では残りの受講期間を有意義に使える学び放題システムを利用することもできます。

丁寧なサポートを受けつつ、AIに特化した講座を受けたい方が学びやすいスクールです。

国の給付金を利用すれば安く受講できるので、興味のある方は対象者かどうか一度確認してみましょう。

DAI
Aidemyでは無料カウンセリングを実施中です。気になる方はぜひ受けてみることをおすすめします。

【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

SEに転職したいなら:ウズウズカレッジ

公式HP:(https://uzuz-college.jp/

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!業界最高の定着率。

ウズウズカレッジは、完全オンラインで学習できるプログラミングスクールです。

以下のような特徴があります。

  • 第二新卒、フリータ―向け
  • 最短一か月でエンジニアになれる
  • 就業サポートも無料でついてくる

コース内容は1ヶ月ごとのサブスクリプション方式になっています。詳しくは下記をご覧ください。

料金 学習方法 目指せる職種 転職サポート
CCNAコース 月額33,000円(税込)
※1ヶ月〜期限なし
・eラーニング学習
・個別講義(Zoom)
・チャットサポート
・個別メンタリング
インフラエンジニア (無料)
求人紹介
面接対策
(有料)
キャリアトレーニング
プログラミングコース(Java/IoT組み込み) 月額44,000円(税込)
※1ヶ月〜期限なし
・eラーニング学習
・個別講義(Zoom)
・チャットサポート
・個別メンタリング
プログラマー
システムエンジニア
など
(無料)
求人紹介
面接対策
(有料)
キャリアトレーニング
Udemyコース 各回3,000円~7,000円程度 独学
(Q&Aスペースで
質問・相談可能)
インフラエンジニア
プログラマー
なし

2022年2月4日時点、ウズウズカレッジ公式HPより引用

  • CCNAの資格取得
  • Javaの学習

などを行うことができます。

DAI
とにかく安く早く手に職つけたい!という方や若者におすすめのスクールです。

また、Youtubeの公式チャンネルもあり、そこでは就活のコツやプログラミング基礎の講座を受講できます。


ここではキャリア学習から業界解説、Javaプログラミング基礎など幅広い動画を出しています。

特に、ネットワーク講座やプログラミング講座は、実際のコースの導入部分を公開しています。

DAI
無料で見ることができるので、気になっている人は一度体験として動画を見てみるのがおすすめです。

ウズウズカレッジの総評

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★(4.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.8)

ウズウズカレッジを実際に受講して思ったことですが、カリキュラムやサービスも丁寧で、本当に若者の就業支援をしたいという気持ちが伝わってきます。

  • 手に職つけて転職したい第二新卒、フリーターの方
  • 未経験からエンジニアになりたい方
  • 就職サポートまで一貫して行ってほしい方

以上の方にはおすすめのスクールです。

公式HP:(https://uzuz-college.jp/

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!業界最高の定着率。

プログラミングスクールの転職・就職支援の仕組み

プログラミングスクールは、受講者を就職・転職させることで紹介先企業から紹介料をもらっていることが多いです。

なので、受講者が知っておいた方が良いこととしては以下の通りです。

  • プログラミングスクールから紹介される転職先では、必ずしもエンジニアとしての仕事ができるわけではない
  • 転職したら全額返金保証!などの基準が厳しいケースがあるので、申し込む前に口コミを確認する
  • 一部のキャッシュバックなどを行っているスクールをうまく利用すれば費用を抑えることができる

基本的なスタンスとして、スクールは受講生を転職させた方が儲かるということを踏まえたうえで、本当に良い転職先なのかを見極めることが大切です。

DAI
ポテパンキャンプなどの一部の良いスクールを活用すれば、転職成功時に受講料が返金されお得に学習できます。スクールが紹介料をもらう仕組みは、うまく活用できれば受講者にもメリットがあるので覚えておきましょう。

プログラミングスクール卒業生の転職先って?

次にプログラミングスクール卒業生の転職先について紹介します。

基本的には、以下の3種類あります。

  • 自社開発企業
  • 受託企業
  • SES企業

自社開発企業

自社開発の場合は、自社のサービス、Webサイトなどの開発がメインになり、基本的には1〜3つのサービスを作り続けます。

メリットとしては、以下の通りです。

  • 自社内で行うので、コミュニケーションが取りやすい
  • 自分のアイデアが形になりやすい
  • 新しい技術を習得しやすい
DAI
自社開発は、人気が高い傾向があり、入社するには他の企業よりも難易度が高いです。

受託企業

受託企業とは、他社のサービス開発を請け負っている会社を指します。

メリットとしては、以下の通りです。

  • 自社での開発ノウハウが貯まっているので、技術を学習しやすい
  • 多くの会社と関係を持てる
  • システム開発の効率的な仕事の進め方が学べる

SES企業

SESとは、システムエンジニアリングサービス(System Engineering Service)の略で、クライアントに対して労働力を提供する業態です。

エンジニアをクライアントに「準委任契約」で派遣する業態のことを指します。

メリットとしては、以下の通りです。

  • 短期スパンで複数の現場に移動できるので、様々な技術セット、システムを人から学べる
  • 比較的実務未経験でも入社しやすい
  • 残業時間が少ない傾向がある

プログラミングスクールの選び方や注意点

次にプログラミングスクールの選び方や注意点について説明します。

  • 学べる言語が希望する転職先に合っているか
  • 転職サポートの内容は?
  • メンター・講師の経歴は?
  • 転職サポートに年齢制限はない?
  • 学習時間は十分確保できる?
DAI
以下にて詳しく解説します。

学べる言語が希望する転職先に合っているか

プログラミングスクールによって学ぶ内容が大きく変わってきます。

プログラミングの言語も以下のような種類があります。

  • アプリ開発(JavaScript、Swift、Kotlinなど
  • データベース(SQLなど
  • Webサービス開発(Java、JavaScript、PHPなど
  • ゲーム開発(C++、Swift、Rubyなど

そのため、希望する転職先に必要なプログラミング言語が学べるかどうかは、詳しく調べる必要があります。

転職サポートの内容は?

どれくらいの転職サポートをしてくれるのかをしっかり見ましょう。

プログラミングスクールによっては、以下の転職サポートを行っています。

  • 全額返金保証
  • キャリアカウンセラーがカウンセリングを行う
  • 模擬面接・ポートフォリオ作成サポート

他には、スクールを卒業した先輩たちがどんな企業に転職しているのかというのはチェックした方が良いです

また、卒業生がスクールのホームページのインタビュー記事に掲載されている場合は、信頼できるプログラミングスクールである可能性がかなり高いです。

メンター・講師の経歴は?

現役のエンジニアではない方が講師をしていないプログラミングスクールもあります。

そういう方が講師の場合、内容が薄く、理解するまでに時間がかかる可能性が高いです。

しかし現役のエンジニアが講師の場合、実際の現場でのコードの書き方や、どんな仕事をしてるかなど役に立つ情報が得られます。

普通に生きていたら、現役のエンジニアが話を聞く機会は少ないと思うので、こういう部分も重要です。

転職保証制度に年齢制限はある?

プログラミングスクールによっては、「転職保証制度」に年齢制限を設けている場合があります。

その理由は、プログラミングスクールのビジネスモデルにあります。

プログラミングスクールでは、外部の企業から求人を受け、プログラミングを学んだ生徒を企業に紹介し、紹介料を得る形で収益を得ています。

DAI
企業からの求人に応え、生徒の転職を成功させるために、転職保証制度に年齢制限(30代後半からは保証の対象外など)をかけているスクールもあります。

学習時間は十分確保できる?

プログラミングスクールを転職目的で探されている方は、カリキュラム終了後に「転職先で即戦力になれるか」で判断することをおすすめします。

企業が転職者に求める能力は「即戦力」であり、業務未経験者に対して求めるレベルも高くなっています。

DAI
現場で即戦力になれるだけのカリキュラム、学習時間や環境が整っているかが重要です。

プログラミングスクールはやめとけ!失敗する人の思考パターン

プログラミングスクールで失敗する人は、よく「どのプログラミングスクールに行くか」で間違ったか合ってたかを考えがちです。

が、そもそもの失敗要因は「欲しい結果をイメージしないまま、プログラミングスクールに行っていたこと」です。

結果として以下のようなケースになる人がいるのが現状です。

  • 基礎の勉強をしてこなかったために、Progateで1,000円/月程度で学べるものを数十万円かけて勉強する
  • 自分で調べる習慣がついておらず、結局スクールに通わなくてもいけるような転職案件を紹介されてしまう
  • 「エンジニア」として採用されても、コードを書く仕事はなく、安月給のまま変わらない

なので、「お金払っているんだからプログラミングスクールが全部おんぶにだっこで転職サポートしてくれるだろう!」という人は、ほぼ間違いなく転職に失敗します。

DAI
「転職に失敗したのは、選んだプログラミングスクールが悪かったんだ」と勘違いして、何軒もスクールをはしごしてお金が無くなってしまう人もいます。言い方が悪いですが、スクールのカモになる前に自分の欲しい結果をきちんとイメージするようにしましょう。

プログラミングスクールに通っても失敗する人の行動

プログラミングスクールに通っても失敗する人の行動は以下の通りです。

  • 学習時間が少ない
  • 受け身で受講している

学習時間が少ない

スクール以外の学習時間を確保できない方は、プログラミングスクールで失敗しやすいです。

勉強して知識を得るだけでは、実務で使えるスキルは身につきません。実際に手を動かしたり、知識を深めるための自主的な学習が不可欠です。

1日1時間〜2時間、最初は15分でもいいので、授業の内容を復習したり、勉強したことを応用してコードを書いたりしましょう。

毎日勉強することで、知識が身に付き、スクールの内容も理解しやすくなります。

DAI
予習・復習ができると、知識の定着も早くなります。

受け身で受講している

エンジニアとしてさらにスキルアップするには、自主的な学習が必要です。

「誰かに教えてもらおう」という受け身の姿勢では、実務に必要なスキルや知識は到底身に付きません。

本気でエンジニアとして働きたいなら、スクール卒業後も勉強し続ける必要があります。

自分から課題を見つけて検証する姿勢を大切に、積極的に勉強しましょう。

プログラミングスクールに行って転職成功するためにすべきこと

プログラミングスクールに行って転職成功するためにすべきことは、以下の通りです。

  • プログラミングスクールに通い始める前にプログラミング言語に軽く触れておく
  • プログラミングスクールに通う目的を明確にしておく
DAI
以下にて詳しく解説します。

プログラミングスクールに行って転職成功するためにすべきこと①:プログラミング言語に軽く触れておく

プログラミングスクールに通う前に、まずは最低限、以下のような基本的なプログラミング言語には触れておきましょう。

Progateなどのプログラミング学習サービスで学習しておくことを強くおすすめします。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Ruby

これらはプログラミング言語の中でも基本中の基本です。

DAI
先に基礎を勉強しておいて面白いと思えなければ、そもそもあまりプログラミングに向いていないかもしれません。

逆に少しでも面白いと感じれば、エンジニアのポテンシャルはたっぷりあるので恐れずにトライしてみましょう!

プログラミングスクールに行って転職成功するためにすべきこと②:スクール通いの目的を明確にする

基礎知識を独学しておくことの次に大切なことは、「なぜプログラミングスクールにお金を払ってまで通うのか」という目的を明確にすることです。

目的が不明瞭なまま惰性でプログラミングスクールに通っていても、欲しい情報を得ること、必要なスキルを身に付けることはできません。

目的を明確にし、

  • プログラミングスクールで勉強することで何ができるようになっていればいいのか
  • プログラミングスクールでどのようなサポートを受けるべきなのか

を、自分で定義しておいてください。

常に目的を見失わず、能動的かつ効率的にプログラミング知識を深められること間違いありません。

  • フリーランスのエンジニアとして独立したい
  • エンジニアとして就職したい
DAI
プログラミングスクールを卒業した先にはどんな目標があるのかも、ビジョンとして意識しておくとよいでしょう。

プログラミングスクールに行って転職成功する人の特徴

逆に、プログラミングスクールに行って転職成功する人の特徴は、プログラミングスクールに行く理由を自分自身で明確にし、プログラミングスクールを「手段」として利用しています。

例えば、プログラミングスクールを上手に利用する人は、

  • 独学でアプリ作成まで頑張ってきたけど、どうしても解決できないエラーがあるからメンターに質問したい
  • エンジニアの業界知識が一切ない。TwitterやWantedly等でいろいろ面談してみたけど、どうしても情報が分からなかった。Wantedlyだから、業界や現場のことをしっかり分かっている会社のスペシャリストに聞きたい

のように、欲しいインプットを明確にして通っている方が、失敗せず成功しています。

DAI
プログラミングスクールに通わず転職に成功している人は、プログラミングの知識に限らず本当に欲しい情報を自分の手足を使って入手できる人たちであること多いです。

よくある質問

ここでは、プログラミングスクール選びで、よくある質問に答えていきます。

  • 転職保証とはどんな制度ですか?
  • 転職保証制度と転職サポートは同じサービスですか?
  • プログラミングスクール卒業後の年収はどのくらいになりますか?

転職保証制度とはどんな制度ですか?

転職保証制度とは、コース終了後に受講生が転職できなければ、料金の全額・もしくは一部が返金される制度のことです。

いわゆる「返金保証制度」のことです。

注意点としては、「転職保証制度」には年齢制限が設けられている場合があることです。

DAI
詳しい条件が明記されていない場合があるので、無料カウンセリング時などにあらかじめ確認しましょう。

転職保証制度と転職サポートは同じサービスですか?

言葉は似ていますが、転職保証制度と転職サポートは異なるサービスです。

転職サポートとは、転職に関するカウンセリングや書類作成のアドバイス・面接対策などをしてもらえるサービスのことを指します。

なおスクールによって転職サービスの内容は異なります。

プログラミングスクール卒業後の年収はどのくらいになりますか?

個人差がありますが、参考までに、IT業界における平均年収を一部ご紹介します。

レベル1 新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル 437.8万円
レベル2 上位者の指導のもとに仕事ができる若手人材レベル 499.2万円
レベル3 独立して仕事ができる中堅人材レベル 576.0万円
レベル4 部下を指導できるチームリーダーレベル 726.1万円
レベル5 社内での指導者・幹部レベル 937.8万円
レベル6/7 国内で著名なレベル/国際的に著名なレベル 1129.9万円

引用:経済産業省 IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(平成29年8月)

IT業界における年収は、幅広いのが特徴です。

例えば、SES企業の場合、1年目が300万円、3年目が350万円、5年目が400万円、7年目が450万円といった企業もあります。

また、SES企業では、最大年収が500万円〜600万円とも言われています。

引用:テックキャリアマガジン(https://magazine.techcareer.jp/career/salary/4679/

まとめ:IT転職したい人におすすめのプログラミングスクール

「プログラミングスクールに行っても失敗してしまった。」ということがないように、目的意識を明確に、評判の良いプログラミングスクールを選んで受講しましょう。

DAI
何より大切なのは、モチベーションと積極性です。自分の働くビジョンを明確に頑張ってください!
≪転職に強い!特にオススメのプログラミングスクール一覧≫
ポテパンキャンプ(公式:https://camp.potepan.com/)】
:コース受講後、専任のキャリア担当が個別に転職支援!120社の「自社開発企業」のみを紹介!|レビュー記事
RUNTEQ(公式:https://runteq.jp/)】
:スタートアップへ就職&転職したい人にオススメ!|レビュー記事
TechAcademy(公式:https://techacademy.jp/)】
:転職保証プランもあり!現役エンジニアにチャットや電話で転職やフリーランスの相談が可能!|レビュー記事
CodeCamp(公式:https://codecamp.jp/)】
:現役エンジニアにチャットや電話で転職やフリーランスの相談が可能!|レビュー記事
Aidemy(公式:https://aidemy.net/)】
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。|レビュー記事
ウズウズカレッジ(公式:https://uzuz-college.jp/)】
:未経験の第二新卒・フリーターからコスパ良く転職したい人向け!|レビュー記事

関連記事

【2022年最新】プログラミングスクールおすすめ11社を徹底比較!
【2022年最新】プログラミングスクールおすすめ11社を徹底比較!