最終更新日:
実際に体験・取材してわかった大学生におすすめプログラミングスクール
【第1位】TechAcademy:¥174,000~(学割:¥163,000~
とにかく安くWeb制作やアプリ開発を学習したいなら!価格を抑えてポートフォリオにできるオリジナルサイト・アプリまで学習できます。
【第2位】ポテパンキャンプ:¥220,000~(学割:¥176,000~
現場よりもハイレベルなカリキュラムと充実したサポートが魅力。文系未経験からWeb系自社開発企業への就職を目指すなら!
【第3位】RUNTEQ¥327,800~
ポートフォリオ作成に力を入れているスクール。質の高いポートフォリオでWeb系スタートアップ企業や自社開発企業にエンジニアとして就職・転職したい方向け。
【第4位】RaiseTech
¥288,000~
Javaでのwebアプリ開発を実践的に学習し、自動化やAWSなど現場の技術もしっかり学べる!ポートフォリオの添削などのサポートも受けられる。
【第5位】Codecamp
¥195,000~
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べるスクール。大学と両立しながらオンラインで学習可能!オリジナルアプリの開発支援が受けられる。
【第6位】Tech Boost
¥318,000~
学生向け、3カ月で短期集中でプログラミングが学べる、オンライン・オフライン一体型のプログラミングスクール!
【番外編】UZUZカレッジ:¥220,000〜
未経験からインフラエンジニアを目指す人におすすめ!業界最高の定着率。大規模企業で求められるCCNAという資格取得やJavaの学習ができます。

「大学生におすすめのプログラミングスクールってどこ?」

「そもそも大学生でもプログラミングスクールに通うべき?独学のほうが良い?」

プログラミングスクールに行くことを検討はしているものの、どのスクールに行くか、そもそも行った方が良いのか悩んでいる大学生は多いです。

DAI
この記事では、どんな人がスクールを使うべきか?や大学生におすすめのプログラミングスクールを解説します!

先に結論を言ってしまうと、大学生に一番おすすめできるプログラミングスクールは「TechAcademyです。

TechAcademyは最短1ヶ月・業界最安値にも関わらず、オリジナルアプリ開発まで学習することができます。

DAI
コードを書くエンジニアとして就職したいのなら、オリジナルのポートフォリオの作成は必須です。

カリキュラムにオリジナルアプリ開発が含まれているTechAcademyであれば、そのまま作ったアプリをポートフォリオとして活かせます。

ちなみにTechAcademy卒業生が作成したポートフォリオの中には、こんなアプリがあります。

引用:TechAcademy公式

学生で時間に余裕のあるうちは、TechAcademyで基礎を固める・オリジナルアプリ開発→独学や長期インターンなどに参加して技術力を磨いていくパターンがおすすめです。

また、「長期インターンに参加する時間がない」「スクールで一気にハイレベルな技術を身につけたい!」と考えているなら、「ポテパンキャンプ」や「RUNTEQ」がおすすめです。

上記のスクールは、比較的料金が高いですが、長期間かつハイレベルなカリキュラムと充実した就職サポートでWebエンジニアを目指すことができます。

DAI
どのスクールもサポート体制・現役エンジニアの講師・カリキュラムもしっかりしている良いスクールなので、あとは、どのように学習を進めていきたいか?によります。

迷っている場合は、全て無料体験・カウンセリングを実施しているので、実際に講師やカウンセラーの方と話しながら決めていくと自分にあったスクールが選べると思います!

【TechAcademy】価格重視で通いたいなら!
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。

DAI
また、以下の本編では、大学生におすすめのプログラミングスクールや選ぶときの注意点、独学ではできないのか?等の内容について解説しているので、ぜひ参考にしてください!

そもそも大学生のうちにプログラミングスクールに行くべきか?

よくある「大学生でもプログラミングスクールに通ったほうが良いと思いますか?」に対する結論は、下の2点です。

  • 教養としてプログラミングを学びたいなら→独学でOK
  • 1からWeb系エンジニアとして就職を目指すなら→スクールへ通った方が有利

教養としてプログラミングを学びたいなら

ただ単に教養としてプログラミングを学習したいのであれば、高い金額を払ってまでプログラミングスクールへ行く必要はありません。

DAI
ネット上にはたくさん低価格な学習教材があるので、独学でも教養レベルの知識は十分に身につけられます。

Web系エンジニアとして就職を目指しているなら

ただ、もしあなたが、1からWeb系エンジニアとして就職を目指しているなら、スクールへ通った方がWeb系優良企業へ就職できる可能性は高いです。

Web系自社開発企業って?
Web系自社開発企業は自社でWebサービスを開発し収益を得ている企業のことです。例えば、メルカリやDeNA、クックパッドなどです。これらの企業はSIerや制作会社と比べ、年収や待遇がよい傾向にあります。

スクールも基本的には自分で学習を進めていく形式ではありますが、以下のような特徴があります。

  • 書籍やネットでは手に入らない情報が手に入る(業界知識、求められるスキルなど)
    →就活に有利!
  • 質問機能やメンタリング・コミュニティ(一部)も盛ん
    →一緒に勉強する仲間が見つかる・モチベーションを保ちやすい
DAI
モチベーションを保ちつつ、就活を有利に進められる点は魅力です!
DAI
Web業界は技術の移り変わりが激しいのでキャッチアップが一人だとかなり難しいですし、エンジニア就職を目指すなら相当な学習時間(1000時間程度)も必要です。

もちろん、大学生にとっては高額な料金なので、あなたの周りにエンジニアがいて、いつでも質問できる環境なのであれば、独学でも良いでしょう。

ちなみに僕の場合は、運よくプログラミングスクールを運営している友人がいたパターンだったので、その人にメンターになってもらい、独学で学習を進めました。

DAI
もし僕の周りにエンジニアがいなかったらスクールに通っていたと思います。

大学生におすすめのWebアプリ開発が学べるプログラミングスクール

DAI
それでは、実際に取材・体験してわかった本当におすすめできるスクールについて紹介していきますね。

Webアプリ開発が学べる大学生におすすめのプログラミングスクールは以下です。

コース 料金 最低学習期間 特徴
TechAcademy Webアプリケーションコース 学割:¥179,000~
※分割払い月額¥6,209~
8週間~ ・業界最安値
・オリジナルアプリ開発までサポート
・現役エンジニアとの週2回のメンタリング
ポテパンキャンプ Railsキャリアコース ¥440,000
(学割:¥352,000~)
5ヶ月~ ・学割が使える
・自社開発就職・転職に特化
・現場エンジニアが徹底レビュー
・現場よりもハイレベルなカリキュラム
RUNTEQ Railsエンジニアコース ¥327,800~ 3ヶ月~6ヶ月 ・質の高いポートフォリオが作れるサポート
・盛んなコミュニティ
・学習を続けられるバディ制度
Raisetech Javaフルコース 学割:¥288,000~ 4ヶ月 ・案件獲得から納品まで、がっつり学べる
・講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ
Codecamp Webマスターコース 2ヶ月プラン:¥165,000
+ 入学金:¥33,000
8週間~ ・教材の質がいい
・マンツーマンレッスンを受けたい方におすすめ
Techboost エンジニアコース 月額:¥29,800
+ 入学金:¥147,000
+ メンタリング費用
3・6・12ヶ月 ・学生向け
・未経験から3ヶ月でエンジニアを目指す方におすすめ
・1度入会金を払うと、月額約3万円で学習できる
  • 短期間・低価格でアプリ開発の基礎を固めて、あとは独学でレベルを高めていきたいなら
    TechAcademyTechboost
  • 現場エンジニアによるハイレベルなコードレビューなら
    ポテパンキャンプRaisetech
  • 盛んなコミュニティと圧倒的に質の高いポートフォリオを作成したいなら
    RUNTEQ
  • 現役エンジニアにマンツーマンレッスンを受けたいなら
    CodeCamp
DAI
時間に余裕のある学生は、学割が使えて、短期間集中して学習できるTechAcademyでオリジナルアプリ開発→インターンなどで現場で学ぶのが良いでしょう。

Webアプリ開発が学べるプログラミングスクール①:TechAcademy

公式:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

【TechAcademy】価格重視で通いたいなら!
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

TechacademyのWebアプリケーションコースは、RubyでゼロからWebアプリを開発することができるコースです。

スクール名 TechAcademy
コース名 Webアプリケーションコース
料金 学割:179,000円
期間 8週間~
 
公式 https://techacademy.jp/rails-bootcamp

TechAcademyには学割があり、社会人と比較すると最大7万円安くなります。

価格感も、

  • 8週間プラン:179,000円
  • 12週間プラン:209,000円

となっていて、かなりお安く受講することができます。

また、

  • 分割払い…学生の方は月々約6,209円〜
  • 試しに授業が受けられる無料体験キャンペーンあり

などといったさらにお得なキャンペーンもあります。

入学金がTechacademyには存在しないので、本当に安くプログラミングスクールに通いたい方にはオススメです。(ほとんどのプログラミングスクールには入学金が存在します)

また「179,000円でも厳しい」&「本当にプログラミングが初めて」という方には149,000円の「はじめてのプログラミングコース」が良いと思います。

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

Webアプリ開発が学べるプログラミングスクール②:ポテパンキャンプ

 

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
主な学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 2~5ヶ月間(8~20週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・スタートサポート
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 Webアプリケーションコース ¥ 200,000
Railsキャリアコース ¥ 400,000
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプの良いところは、上げるときりがないのですが、絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに10社以上プログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思います。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

引用:https://camp.potepan.com/

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。

転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

圧倒的に良心的な価格!

引用:https://camp.potepan.com/

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。

ですので、普通に面接で落ちることもあります。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実務に近い環境でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)
DAI
本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方におすすめします!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

Webアプリ開発が学べるプログラミングスクール③:RUNTEQ


【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

RUNTEQはスタートアップ特化のWebエンジニア養成スクールです。

「スタートアップで仕事をしたい!or自分でスタートアップを立ち上げたい!」という目標が明確な人におすすめです!

  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要となる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
運営元のスタートアップテクノロジーさん自体がシステム開発をなさっているので、現場に合わせたカリキュラムになっているのは魅力的ですね。

RUNTEQのカリキュラムでは、プログラミングの知識だけではなく会社を経営していく上でも役立つ知識も学習することができます。

DAI
エンジニアとのコミュニケーションが取れるようになるのはもちろんのこと、自分でサービスを作る経験ができるスクールはあまりありません。

「そもそもこれからサービスを作っていきたいけど何から学習したらいいか分からない…」という方でも大丈夫です。

無料カウンセリングもあるようなので、間違った学習方法やスクール選びをする前に一度相談してみましょう。

【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

Webアプリ開発が学べるプログラミングスクール④:Raisetech

公式:
https://raise-tech.net

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

RaiseTechは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に他のサービスと異なる点は、以下の2つです。

  • 講師は全員単価80万円以上の、現役エンジニア
  • 現場レベルのスキルが身に付くカリキュラム
学習言語 HTML,CSS,JavaScript(jQuery),
受講場所 完全オンライン
期間 4ヵ月間
講師 月単価現役エンジニアのみ
主なサポート ・10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)でオンライン質問対応
・Wordpressの副業案件獲得サポート(ポートフォリオの添削など)
料金 通常:¥261,800 学割:¥173800
転職紹介 受講生限定Slack内でのキャリアサポートや仕事の紹介

今まで紹介したのは、ほとんどWeb系のスキルが学べるプログラミングスクールなんですよね。

DAI
スクール卒業後に本気で稼いでいきたい!という方には、他のスクールよりも圧倒的にRaiseTechがおすすめです!

一方で、大規模開発で求められるJavaや、クラウドサービスを利用したインフラ系のサービス(AWS, GCP)は需要が大きいのに、ほとんどのプログラミングスクールでは、そのスキルを学べる機会が少ないというのが現状でした。

RaiseTechには、Javaやインフラ周りのコースがあるため、Javaエンジニアやインフラエンジニアに興味がある方にはぜひおすすめできるスクールとなります。

こちらのスクールも、実際に取材してみました。

【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

受けてみてとても転職支援がしっかりとしている印象でした。

というのも、しっかりと実務経験が得られる会社さんとのコネクションがあるので、転職サポートもかなりしっかりとしている印象です。

一方で、こちらもポテパンキャンプやRUNTEQと同じように、本格的に転職したい方ではないと、多分脱落します。

ということで、RaiseTechの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

ということで、RaiseTechを受講して、思ったことですが、転職する方なら、

  • Web系でなくてもよいので、しっかりと最初の実務経験を身に付けたい方
  • ある程度自分で学んでしっかりと進められそうな方

には、おすすめできるプログラミングスクールなのではないかと思います。

公式:
https://raise-tech.net/

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

Webアプリ開発が学べるプログラミングスクール⑤:Codecamp

Code Camp公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

CodeCampの「Rubyマスターコース」はRubyでのWebサービス開発に挑戦できるコースです。

学習言語 Ruby,  Ruby on Rails, HTML5/CSS3, JavaScript, jQuery,
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~24週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥148,000 / 2ヶ月プラン
¥248,000 / 4ヶ月プラン
¥298,000 / 6ヶ月プラン
全額返金保証 なし
転職紹介 なし
  • 8週間プラン:148,000円(+入学金30,000円)〜

価格感は、以上で挙げた通りで比較的お安く受けることができます。

他にも、などといったさらにお得な特典もあります。

  • 友達紹介で10,000円分のAmazonギフト券プレゼント
  • 分割払い可能《3〜36回払い》
  • 試しに授業が受けられる無料体験レッスンあり
  • 疑問点などを詳しく質問できる無料カウンセリングあり

最後にCodeCampのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • マンツーマンのビデオ授業なので、プロの講師の方が丁寧に受講者のペースに合わせて教えてくれる
  • 厳正な選考を通過した現役エンジニアの人しか講師として雇っていないので、講師の方たちのレベルがとても高い

デメリット

  • TechAcademyと比べてしまうと、1ヶ月プランがなかったり入学金があったりして少し料金が高くなってしまう

受講をオススメする人

  • 丁寧にマンツーマンで教えて欲しい人

ということで評価は以下のようになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
無料体験キャンペーン&無料カウンセリングもやっているので、興味のある方はぜひ申し込んでみましょう!

Code Camp公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

Webアプリ開発が学べるプログラミングスクール⑥:Techboost

Techboost公式:
https://tech-boost.jp
レビュー記事:
【体験談】Tech Boostの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

Tech BoostでもRubyでのWebサービス開発について学ぶことができます。

Tech Boost
コース名 エンジニアコース
料金 147,800 円 / 入学金
29,800 円/月額
期間 無制限
分割
公式 https://tech-boost.jp/engineer

 

  • 月額:29,800円
  • 入会金:147,000円
  • 最低3カ月

というプランなので、だいたい3カ月で24万円(税込)ほどでプログラミングを学習することができます。

さらに都内であれば、少し料金は上がりますが通学プランにすると渋谷で直接質問できるのもいいですね。

他にも、

  • 無料カウンセリング当日の申し込みで10,000円割り引き
  • お友達割引:2人以上でのお申し込みで10%OFF
  • ご紹介割引:tech boost受講生/関係者のご紹介で5%OFF
  • 疑問点などを質問できる無料カウンセリングあり

などといったキャンペーンもあります。

最後にTech Boostのメリットとデメリットを簡潔に説明しておくと、

メリット

  • 渋谷に通学する通学プランもあるので、オフライン&対面でも学べる
  • いったん入会費を払えば月額29,800円で学べるので、長く学習すればするほど他のスクールより安くなる

デメリット

  • 入会金が高い

受講をオススメする人

  • 通学してオフラインで学びたい人
  • まとまったお金(147,800円の入会費)が用意できる人

無料説明会&無料カウンセリングも行えるので、疑問がある方は申し込んでみると良いと思います。

インフラエンジニアを目指せるスクール:UZUZカレッジ

インフラエンジニアになりたい方には、UZUZカレッジがおすすめです。

UZUZカレッジのCCNAコースでは、インフラエンジニアとして最低限の知識やスキルを身につけている事の証明になる、CCNAという資格を取得する事が出来ます。

ネットワークの知識が無い状態から、資格の取得を目指す場合、300時間程かかるとも言われているため、スクールに入る事で挫折を防ぐ事ができます。

※参考:udemyメディア

コース 料金 最低学習期間 特徴
UZUZカレッジ CCNAコース ¥220,000円〜 4週間~12週間 ・未経験からでも3か月でインフラエンジニアを目指せる!
・就職サポートまで行って欲しい人におすすめ

公式HP:(https://uzuz-college.jp/

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!業界最高の定着率。

ウズウズカレッジは、完全オンラインで学習できるプログラミングスクールです。

以下のような特徴があります。

  • 第二新卒、フリータ―向け
  • 最短一か月でエンジニアになれる
  • 就業サポートも無料でついてくる

コースとしては、下のような感じです。

料金 学習方法 目指せる職種 転職サポート
CCNAコース 220,000円(税込) ・eラーニング学習

・個別講義(Zoom)

・チャットサポート

・個別メンタリング

インフラエンジニア 無料:求人紹介、面接対策
有料:キャリアトレーニング
プログラミングコース 330,000円(税込) ・eラーニング学習

・個別講義(Zoom)

・チャットサポート

・個別メンタリング

プログラマー・システムエンジニアエンジニア 無料:求人紹介、面接対策
有料:キャリアトレーニング
Udemyコース 各回3000~7000円程度 独学(Q&Aスペースにて細かな質問・相談が可能) インフラエンジニア
プログラマー
なし
  • 大規模企業で求められるCCNAという資格の取得
  • 大規模企業で求められるJavaの学習

などを行うことができます。

DAI
とにかく安く早く手に職つけたい!という方や若者におすすめのスクールです。

また、Youtubeの公式チャンネルもあり、そこでは就活のコツやプログラミング基礎の講座を受講できます。


ここではキャリア学習から業界解説、Javaプログラミング基礎など幅広い動画を出しています。

特に、ネットワーク講座やプログラミング講座は、実際のコースの導入部分を公開しています。

DAI
無料で見ることができるので、気になっている人は一度体験として動画を見てみるのがおすすめです。

ウズウズカレッジの総評

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★(4.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.8)

ウズウズカレッジを実際に受講して思ったことですが、カリキュラムやサービスも丁寧で、本当に若者の就業支援をしたいという気持ちが伝わってきます。

  • 手に職つけて転職したい第二新卒、フリーターの方
  • 未経験からエンジニアになりたい方
  • 就職サポートまで一貫して行ってほしい方

以上の方にはおすすめのスクールです。

公式HP:(https://uzuz-college.jp/

【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!業界最高の定着率。

独学でもプログラミングスキルは習得可能?

DAI
独学でもプログラミングスキルは習得可能です!でもかなり難しいです。

プログラミングを独学で習得するにはかなりの勉強量と継続的に学習する独走力が非常に重要です。

僕は大学2年生の頃に、独学でHTMLやPHPを勉強していただんですけど、本当にさっぱり分からなかったです。

というのも、以下のような課題を抱えていたからです。

  • アプリを作るための学習順序が分からない
  • エラーでつまづいてもどう解決していいか分からない
  • エラーでつまづいたときに萎えて、諦めてしまう
DAI

で、挫折して1年間くらい辞めてしまいました。

そのあとにたまたま友人でプログラミングのメンターをしてくださる方がいて、

  • アプリを作るために何を学ぶべきか
  • エラーでつまづいたときの解決方法
  • 自分で解決していくための学習方法

など、彼にサポートしてもらいながらやった結果、たった2カ月でオリジナルアプリを作れるようになりました。

なので、正直な話、この記事を読んでいて、「今プログラミングを勉強していて〇〇でめっちゃつまづいてるんですよね~」という人は、スクールに行くことで解決できることが多いです!

【TechAcademy】低価格でプログラミングを学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作orアプリ開発してみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!

大学生がプログラミングスクールを選ぶ時のポイント

大学生がこれからプログラミングスクールに行く場合に、これだけは確認しておきたい注意しておくべきポイントを紹介します。

結論から言うと、以下の4点です。

  1. 学習サポートの内容は?
  2. 講師は現役のエンジニアか?
  3. 学割料金を十分に利用する
  4. ポートフォリオ作成をサポートしてくれるか
  5. Rubyが学べるスクールを選ぼう

①学習サポートの内容は?

まずは自分がどのように学習を進めていきたいか考えておきましょう。

スクールによってサポートの体制は異なります。

例えば、今回紹介したスクールのサポート体制をまとめておくと、以下のようになります。

サポート体制
TechAcademy ・15時〜23時までのチャットサポート
・週2回の現役エンジニアとのメンタリング
・回数無制限の課題レビュー
ポテパンキャンプ ・10時~23時まで対応の質問サポート
・週1回のメンタリングサポート(最初の1ヶ月間)
・現役エンジニアからの徹底レビュー
・キャリアサポート
RUNTEQ ・受講生・卒業生同士の盛んなコミュニティ
・10時~22時までの質問サポート
・月2回のオンラインメンタリング
・学習のモチベーションを保つバディ制度
・キャリアサポート
UZUZカレッジ ・チャットサポート
・平日夜&休日にメンタリング可能
・就職成功率95%の就業サポート
RaiseTech ・現役エンジニアのメンターが欲しい方に
・土日も10:00 ~ 24:00でオンライン質問対応
・キャリアサポート(ポートフォリオの添削など)
・追加される動画教材を半永久的に見放題
Codecamp ・現役エンジニアによるチャットサポート
・オリジナルアプリの開発支援
・マンツーマンでサポートを受けられる
Tech Boost ・10:00~22:00でオンライン質問対応
・学習状況に合わせて月ごとに更新
・1人1人にメンターが付き、相談しやすい

詳しく見たい方は、以上の表を参考にして自分に最も適した学習スタイルやサポートがあるか、スクールの公式サイトでチェックしておくのがおすすめです。

②講師は現役エンジニアか?

世にあるスクールの中には実務経験のない大学生がメンターをやっているというスクールも実際にあります…..。

ちなみに今回紹介した「TechAcademy」、「ポテパンキャンプ」、「RUNTEQ」、「Raisetech」、「Codecamp」、「Tech Boost」の講師は全て現役のエンジニアなので大丈夫です。

講師が現役のエンジニアでなければ、現場でどんな技術が使われているのか?や業界知識など吸収することができません。

DAI
ですので、講師が現役エンジニアなのか?ということは必ず受講を決定する前に確認しておきましょう。

③学割料金を十分に利用する

DAI
必ず受講する際に、学割料金があるか確認してみましょう。

プログラミングスクールでは、学割料金に対応しているスクールが多いです。

学割やキャンペーンがあるかどうかは、公式HPで最新の情報を確認しましょう!

④ポートフォリオ作成をサポートしてくれるか

ポートフォリオとは、個人開発したサービスのことです。

実際に就職する際には、実務にどれくらい貢献できるのかわかるよう、ポートフォリオの作成は必須です。

実務経験無しの見込み採用の場合、企業は教育コストをかけてでも、数年後に利益を出せる人材を探しています。

DAI
ポートフォリオを充実させ、他の応募者と差別化する事が重要です!

ポートフォリオ作成をサポートしてくれるプログラミングスクールの中でも特におすすめなのは、RUNTEQです。

RUNTEQでは、ポートフォリオ作成サポートが他のスクールと比較しても圧倒的に充実しています。

サービス運用まで見据え、現役エンジニアによる技術サポートや、マーケティングの観点からポートフォリオの企画レビューをもらうことも可能です。

DAI
RUNTEQ生の作成したポートフォリオがネットに公開されていますので、気になる人はチェックしてみましょう!
【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

⑤Rubyが学べるスクールを選ぼう

オリジナルアプリ開発をしたいのであれば、Rubyが学べるプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

Rubyは質の良い日本語のチュートリアルが豊富にありますし、Rubyでアプリ開発をしている企業も多いため、インターンも採用されやすくなります。

現在、Rubyが学べて学割が使えるプログラミングスクールの中で、特におすすめのTechAcademyポテパンキャンプRUNTEQはそれぞれ無料体験・無料カウンセリングを実施中です。

DAI
特に、ポテパンキャンプは、Rubyに特化したプログラミングスクールです!
  • 最短の学習ルートを知って時間を節約したい!
  • インターンに採用されるポートフォリオを作ってインターンに参加したい!

と考えている方は、無料カウンセリングを受けてみましょう!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

無料のプログラミングスクールをおすすめしない理由

DAI
結論から言うと、無料のプログラミングスクールは意味ないです。

理由については、以下のツイートに詳しく書いてあります。

無料のプログラミングスクールには、「もともと無料じゃないと勉強しないモチベーションが低いユーザー」が集まります。

そして、プログラミングスクール運営側もボランティアでやってるわけではないので、「とにかく就職させないと儲からない」です。

この2つが組み合わさった結果、「対して能力もなく、やる気もない人でも就職できる企業に無理やり就職させられる」ということになります。

言うまでもなく、給与が低く、スキルもつかない就職先になりがちです。

DAI
しかも、「全て無料」と言っておきながら、後で「就職できなければ有料」と契約書にサインされることまであります。

こういったリスクがあるため、無料のプログラミングスクールは行く意味はないと思います。

大学生のプログラミングスクール選びでよくある質問

大学生がプログラミングスクールを選ぶ際に、よくある質問に回答していきます。

①料金の高いプログラミングスクールの方がいいですか?

DAI
50万円以上するような高いプログラミングスクールに通う必要はないです!

なぜなら、独学と30万円未満のプログラミングスクールを組み合わせて勉強すれば十分な知識と経験が手に入るからです。

実際、プログラミングスクールを検討していると、

  • 「まじかよ!3カ月で90万円?うそやんw」

みたいな衝撃を受けることがあると思うんですよね。

DAI
社会人も受講するようなものだと、普通に予算が30万円以上になってくることもありますが、そんな高いお金を払わなくても、エンジニアになることは可能です。

大学生であればプログラミングスクールにあまり高額な費用は出せないとは思いますが、安くて質の高いプログラミングスクールはたくさんあるので大丈夫です。

②オンラインかオフラインどちらの方がいいですか?

DAI
個人的には、スキマ時間でも学習を進めやすいオンラインスクールを選んだ方がよいと思います。

大学生だと、今リモートで授業を受けている場合がほとんどだと思います。

そうすると、対面のスクールはちょっと厳しいと思うんですよね。

DAI
今回紹介したスクールは、全てオンラインに対応しているので、大丈夫です!

③年収の高いweb系自社開発企業のエンジニアになるには?

DAI
まず、Web系自社開発企業とは、自社のWebサービスを持っている企業のことです。有名どころでいうと、メルカリやDeNA、クックパッドなどですね。
DAI
こういった企業に行くと、身に付く技術のレベルが高く、自分の市場価値を高められます。故に将来的に高い年収になれる可能性が高いんですね。

Web系自社開発企業に就職するステップ

Web系自社開発企業に就職するステップは以下のとおりです。

  1. プログラミングを学習し、オリジナルアプリを開発し、質のいいポートフォリオを作る
  2. インターンに内定する
  3. インターンで実務経験をつける
  4. 実務経験をもとに即戦力として採用される
男性A
質のいいポートフォリオとは何ですか?
DAI
具体的には、オリジナルアプリです。採用者は、その人の技術レベルよりも、マインドの方を見ています。例えば、「最新の技術を学ぶ意欲があるか?」「エラーでつまづいても自分で解決できるか?」とかです。

逆に、プログラミングスクールで出された課題をポートフォリオとして提出すると、高確率で失敗します。課題であれば、ロードマップにしたがって作ればいいだけで、スタンス見えないですよね。

TechAcademyではオリジナルアプリ開発やオリジナルサイトまでカリキュラムに含まれているので、オリジナルで開発する勝手がわかるようになり、採用されるポートフォリオを量産しやすくなります。

【TechAcademy】価格重視で通いたいなら!
わずか¥163,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

アプリ開発するならどの言語がいいですか?

DAI
Rubyがおすすめです。理由としては以下です。
  • Rubyでアプリを作るためのチュートリアルが豊富かつ、レベルが高い
  • Rubyでアプリを作るためのプログラミングスクールが多い
  • Rubyでアプリ開発している企業で、エンジニアをバイトで雇ってくれる会社が多い
DAI
特に、インターンやバイトの経験を積める大学生のうちにRubyを学ぶのはかなりおすすめです。

大学生におすすめのプログラミングスクール:まとめ

ということで、大学生おすすめのプログラミングスクールをまとめました。

将来的にエンジニアになりたい人、起業・独立したいという人は、大学生のうちにプログラミングを学んでおいたほうが良いです。

DAI
というのも、社会人になると、プログラミングを学ぶ時間は取れないし、転職もしにくいです。

この記事を参考に、気になったプログラミングスクールの無料体験に参加してみましょう!

本記事で紹介したプログラミングスクール

実際に体験・取材してわかった大学生におすすめプログラミングスクール
【第1位】TechAcademy:¥174,000~(学割:¥163,000~
とにかく安くWeb制作やアプリ開発を学習したいなら!価格を抑えてポートフォリオにできるオリジナルサイト・アプリまで学習できます。
【第2位】ポテパンキャンプ:¥220,000~(学割:¥176,000~
現場よりもハイレベルなカリキュラムと充実したサポートが魅力。文系未経験からWeb系自社開発企業への就職を目指すなら!
【第3位】RUNTEQ¥327,800~
ポートフォリオ作成に力を入れているスクール。質の高いポートフォリオでWeb系スタートアップ企業や自社開発企業にエンジニアとして就職・転職したい方向け。
【第4位】RaiseTech
¥288,000~
Javaでのwebアプリ開発を実践的に学習し、自動化やAWSなど現場の技術もしっかり学べる!ポートフォリオの添削などのサポートも受けられる。
【第5位】Codecamp
¥195,000~
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べるスクール。大学と両立しながらオンラインで学習可能!オリジナルアプリの開発支援が受けられる。
【第6位】Tech Boost
¥318,000~
学生向け、3カ月で短期集中でプログラミングが学べる、オンライン・オフライン一体型のプログラミングスクール!
【番外編】UZUZカレッジ:¥220,000〜
未経験からインフラエンジニアを目指す人におすすめ!業界最高の定着率。大規模企業で求められるCCNAという資格取得やJavaの学習ができます。

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。
【ウズウズカレッジ】
未経験からでも1か月でエンジニアを目指せる!第二新卒・フリーター向けのプログラミングスクール。
【RaiseTech】インフラエンジニアやJavaエンジニアとして転職したいならここ
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。
【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥165,000+入会金¥33,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【Techboost】学生向け、3か月でプログラミングを学習できる!
月額制のプログラミングスクール。自分のペースで受講が出来ます。