最終更新日:2021/03/16

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが実際に取材、体験してみて、特にオススメのプログラミングスクール一覧≫

【第1位】TechAcademy:とにかく安く、コスパのよいスクールに通いたい人向け! レビュー記事
【第2位】ポテパンキャンプ:サーバーサイドエンジニアに未経験から転職して年収700万円代を目指したい人向け! | レビュー記事
【第3位】CodeCamp: 朝から夜まで、メンターのサポートを受けやすいスクールを検討している人向け! | レビュー記事
【第4位】RUNTEQ:ベンチャーの自社開発企業へエンジニアとして転職したい人向け | レビュー記事
【第5位】Aidemy:Python・AIに特化したプログラミングスクール。AIを活かした仕事に就きたい人向け | レビュー記事

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
【Aidemy】人工知能特化型スクールに行きたいなら!
現役データサイエンティストから、現場で使われる知識を学ぶことが可能。大手上場企業の研修でも使われている高品質な学習をあなたに。

「TECH CAMPに通うか検討しているけど、本当にいいところなのか評判が知りたい

「TECH CAMPに通って未経験からエンジニアに転職できる?」

DAI
テックキャンプに限らずプログラミングスクールに通うのは安い買い物ではないので、お金や時間を無駄にしないために以下の内容が気になるのではないでしょうか?
  • 自分にTECH CAMPが合っているのかを知りたい…
  • 宣伝ではなく、実際の評判に基づいていいスクールかどうかを決めたい!
DAI
この記事では、これまで計7社のスクールを取材した経験と、4社のスクール教材を実際に利用した経験のある筆者が、TECH CAMPの評判について徹底解説します!

※実際、プログラミングスクールの評判記事は、IT業界をあまり理解していない人が書いていたり、卒業生が紹介料をもらうために書いていたりするので、この記事ではステマ無しのレビューをします。

DAI
先に本記事の結論から言うと、僕個人的には、60万円以上するTECH CAMPに行くくらいなら、他のスクールを検討したほうがいいと思います。

本記事では、TECH CAMPの概要やメリットを解説しつつ、後半では「僕がTECH CAMPをおすすめしない理由」について解説していきます。

DAI
テックキャンプに入会して後悔しないためにも、申し込みをする前に、ぜひ一読してみてください!3分ほどで読むことが出来ます。

すぐにテックキャンプをおすすめしない理由について知りたい方はこちらから↓
テックキャンプ(TECH CAMP)をおすすめできない理由・デメリットは?

この記事を読んで分かること

  • TECH CAMPのサービス内容や、利用する際のメリット・デメリット
  • 僕個人的にTECH CAMPをおすすめしない理由
  • 実際に利用した人や、IT業界の方からの評判・口コミ
  • 他のプログラミングスクールと比較したときの評価

テックキャンプ(TECH CAMP)とは?

テックキャンプ(TECH CAMP)は、株式会社divが運営する、老舗のプログラミングスクールです。

DAI
未経験からプログラミングを身につけるスクールともいわれています。

主な特徴は、以下の通りです。

  • 受講形式を自由に選べるため、オンラインだけでなく、通学にも対応している
受講区分 通学&オンライン
場所 東京/大阪/愛知/福岡
期間 コースによる
DAI
テックキャンプは代表でかつYoutuberのまこなり社長が有名なスクールですね。

テックキャンプ(TECH CAMP)のコース内容、料金、対象者は?

現在テックキャンプで開講されているコースは、以下の3つです。

  • TECH CAMP エンジニア転職コース
  • TECH CAMP デザイナー転職コース
  • TECH CAMP プログラミング教養コース
DAI
比較表を用いてそれぞれのコースについて解説していきますね。
期間 料金 授業概要
TECH CAMP
エンジニア 転職(旧TECH::EXPERT)
10週間(短期集中スタイル)
半年間(夜間・休日スタイル)
短期集中スタイル:¥712,800(税込)
夜間・休日スタイル:
¥932,800(税込)
エンジニア転職に必要な学習項目
TECH CAMP
デザイナー 転職(旧TECH::EXPERT)
10週間(短期集中スタイル)
半年間(夜間・休日スタイル)
短期集中スタイル:¥712,800(税込)
夜間・休日スタイル:
¥932,800(税込)
デザイナー転職に必要な学習項目
TECH CAMP
プログラミング教養
入学費用¥198,000(税抜)
+月額料金 ¥19,800(税抜)
プログラミングの基礎

20万~50万円のスクールが多いプログラミングスクールの中でも、テックキャンプはかなり金額が高くなっています。

なお、昔は『テックエキスパート 副業・フリーランスコース』がありましたが、現在は閉校しています。

DAI
おそらくですが、多分いきなり独立や副業まで行くレベルの人をサポートするのは無理だったのではないかと思います。

テックキャンプ(TECH CAMP)が受講できる年齢

テックキャンプが受講できる年齢は、以下の表の通りです。

20代 OK
30代 OK
40代 OK
DAI
テックキャンプの公式HPに30代以上の受講者が30%(2019/07時点)と記載があり、テックキャンプは基本的に年齢制限がないことが特徴ですね。

テックキャンプ(TECH CAMP)のメリット・良い評判?

男性A
テックキャンプの良い評判やメリットってある?
DAI
テックキャンプのメリットとしては、以下の3つですね。
  • 使用するオリジナル教材の質が高い
  • 東京・大阪・愛知に校舎がありオフラインでも学習可能
  • 講師に何度でも質問ができ、対応が丁寧
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

使用するオリジナル教材の質が高い

メリット1つ目は、使用するオリジナル教材の質が高いということです。

教材が携帯からでも見えるので復習がしやすい。

教材がわかりやすく、吸収しやすい!

DAI
スクールならではのオリジナル教材の質が高いことは、プログラミングの理解度アップに繋がりますよね。

東京・大阪・愛知・福岡に校舎がありオフラインでも学習可能

メリット2つ目は、東京・大阪・愛知・福岡に校舎がありオフラインでも学習可能ということです。

最高の環境で学習出来て質問できるので挫折する理由がないです。

DAI
教室開放があることで、集中して勉強できることで効率的にプログラミング学習ができそうです。

講師に何度も質問ができ、対応が丁寧

メリット3つ目は、講師に何度も質問ができ、対応が丁寧ということです。

メンターさんが褒めてくれるので学習のモチベが落ちない。

DAI
1人だと挫折しがちなプログラミング学習もメンターさんがいることで、学習が進みやすく、メリットしかありませんね。

テックキャンプ(TECH CAMP)をおすすめできない理由・デメリットは?

ここまでテックキャンプの概要やメリットを解説してきましたが、ここからは僕個人的にテックキャンプをおすすめしない理由について解説していきます。

DAI
個人的には、あまりユーザー目線ではないなぁ…というのが印象です。
  • ①テックキャンプ(TECH CAMP)は転職サポートの質がひどい
  • ②テックキャンプはお客様に転職市場に関する説明をしっかりしていない
  • ③過去副業コースというコースで、卒業生のアフィリエイターをエンジニアとして紹介してきた
  • ④講師が未経験エンジニアでキャリアの素人
  • ⑤TECH CAMP卒業生というだけで書類選考で足切りしている企業が割と多く評判が悪い
  • ⑥テックキャンプは広告、ランディングページで簡単にエンジニアになれると思わせすぎ
  • ⑦テックキャンプは他社と比較して無駄に料金が高すぎる
  • ⑧TECH CAMPの全額返金のハードルが高すぎる
DAI
理由は以上の通りです。ここから詳しく解説していきますね。

①テックキャンプ(TECH CAMP)は転職サポートの質がひどい

1つ目は、テックキャンプ(TECH CAMP)は転職サポートの質がひどいということです。

自分自身、エンジニアの採用をやっているときに思ったんですけど、テックキャンプの卒業生のポートフォリオの質があまりにもひどかったです。

DAI
みな、同じスクールのポートフォリオでした。

スクール卒業生が転職活動する際に絶対にやってはいけないことは、「スクールのアプリをポートフォリオにすること」です。

本来エンジニア採用で求めているのって、スクールのカリキュラムにあるコピー版のアプリのポートフォリオではなくて、自分の頭で考えて作ったアプリのポートフォリオなんですよね。

転職保証をうたって、このレベルのポートフォリオを盛った卒業生を輩出しているスクールが、転職サポートをちゃんとしていると言えるかと言ったら、お世辞にもちゃんとしているとは言えません。

みんなスクールのアプリをポートフォリオを持ってくるので、採用担当者の方は「またこれかよ…」という感じで、評価をしてくれません。

そのため、スクールを卒業して転職する際には、自分でゼロから作ったアプリをポートフォリオにしましょう。

参考:同じような内容を話されている動画がありました

テックキャンプ卒業生に限らず、他のスクール卒業生もやってはいけないことなので、注意しましょう。

DAI
エンジニア転職では、ポートフォリオ作りは最重要です。以下の記事でポートフォリオ作りについて解説してるので、エンジニア転職を考えている人は一度目を通しておいて損はないと思います。
エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

②テックキャンプ(TECH CAMP)はお客様に転職市場に関する説明をしっかりしていない

2つ目は、テックキャンプ(TECH CAMP)はお客様に転職市場に関する説明をしっかりしていないということです。

①にもかかわりますが、転職で必要なポートフォリオって、スクールのクローンアプリでは圧倒的に不十分なんです。

でも、それを顧客に伝えないということは、転職市場に関する説明がなされていないんだと思います。

DAI
60万も払ってテックキャンプ行くなら、30万円くらいで転職支援もしっかりしているスクールはたくさんあるので、あえてテックキャンプを選ぶ理由はゼロです。

③過去副業コースというコースで、卒業生のアフィリエイターをエンジニアとして紹介してきた

3つ目は、過去副業コースというコースで、卒業生のアフィリエイターをエンジニアとして紹介してきたということです。

「未経験から副業できます!」と誇大広告を打ったフリーランスコースに、以前取材を申し込んだことがあります。

DAI
個人的には、未経験からスクール行っただけで副業できる実力が身につくんだったら、それは本当にすごいことなのでは?とわくわくしてたんですよね。

でも、取材してみたら、実際は卒業後、テックキャンプのアフィリエイターをしているだけの自称フリーランスエンジニアでした。

DAI
本当にそういう人をフリーランスとして実績にしていたのか、オペレーションの問題なのか分かりませんが、どっちにしろそれを事例として出してしまうというのは、ガバナンス効いてないんじゃないかと思います。

④講師が未経験エンジニアでキャリアの素人

4つ目は、講師が未経験エンジニアでキャリアの素人だということです。

DAI
講師が、TECH CAMP卒業生です。

一歩譲って、プログラミングの基礎を教えるだけなら、卒業生でもかろうじて何とか分かります。

ただ、さすがにエンジニアのキャリアについて扱っている会社のキャリアメンターが卒業生っていうのは、どうかな~と思います。

DAI
できないなら転職支援!って言わないでもらいたいです。

⑤TECH CAMP卒業生というだけで書類選考で足切りしている企業が割と多く評判が悪い

5つ目は、TECH CAMP卒業生というだけで書類選考で足切りしている企業が割と多く評判が悪いということです。

TECH CAMPの卒業生だからという理由で、書類審査で落とすって会社、結構あります。

DAI
実際に採用で落とすという会社があるというコメントもありました。

  • 採用側は、候補者がみな同じポートフォリオを持ってくるので、すぐスクール卒だと分かります。
DAI
実際に採用した企業のエンジニアさんからも、「採用して失敗したのはTECH CAMP卒業生だった」とおっしゃっていました。

⑥テックキャンプは広告、ランディングページで簡単にエンジニアになれると思わせすぎ

6つ目は、テックキャンプは広告、ランディングページで簡単にエンジニアになれると思わせすぎということです。

エンジニアって、本当に誰でもできる仕事じゃないんですよ。

  • 未経験から誰でもできるように思わせる
  • できないことをできる!を誇大表現する

このように表現するのは、誠意がないのではないかなと感じてしまいます。

DAI
実際、そういうマーケティングをしているせいで、簡単にプログラミングが身につくと思って入ってきている人達が、クーリングオフを利用してやめているそうです。

⑦テックキャンプは他社と比較して無駄に料金が高すぎる

7つ目は、テックキャンプは他社と比較して無駄に料金が高すぎるということです。

比較表を見れば一目瞭然ですが、テックキャンプの料金は高い割には品質が微妙です。

期間 料金 品質
TECH::CAMP
エンジニア 転職
10週間 ¥712,800(税込) エンジニア転職に必要な学習項目
TechAcademy Pro 12週間 ¥298,000(税抜) エンジニア転職に必要な学習項目
Code Camp Gate 16週間 ¥448,000(税抜)
+入学金¥30,000(税抜)
エンジニア転職に必要な学習項目
RUNTEQ 20~36週間 ¥398,000 現場で必要とされるレベルのカリキュラム
自社開発への転職サポートあり(事例多数)
DAI
値段は、正直価値を感じた人が払うべきなので別に高いことは問題ないと思います。
  • 求人も微妙
  • 転職市場におけるブランドも微妙
  • カリキュラムも微妙
DAI
ですが、このようになった時に、あえてテックキャンプ(TECH::CAMP)を受講する理由はないと思います。

⑧TECH:CAMPの全額返金のハードルが高すぎる

8つ目は、TECH:CAMPの全額返金のハードルが高すぎるということです。

あれだけ全額返金しますよ~!とホームページでさらっと書いてあるのに、全額返金のハードルが地味に高いのが特徴です。

DAI
申し込む際は、必ず引用元の個別規定を見てください。

引用)テックキャンプ エンジニア/デザイナー転職(旧サービス名称:TECH::EXPERT) 返金保証に関する個別規定

テックキャンプ卒業生は本当に転職出来るのか?卒業後の転職先について

男性A
テックキャンプで学んだら未経験からエンジニア転職できるって聞くけど本当なの?
DAI
先ほどのテックキャンプをおすすめしない理由でも述べたように、テックキャンプに通ったからと言って必ず転職できるわけではないです。

実際の転職先・転職保証について

テックキャンプの卒業後の転職実績として以下の内容の記載があります。

転職成功率 99.0%
(※期間内に学習を全て終え、テックキャンプの転職支援サービスを利用し、支援内容を履行したうえで、受講完了から6ヶ月以内に転職が決定した方の割合)
転職成功実績 2,000人 (※2020/11末時点)

また、テックキャンプの公式ホームページにあるエンジニアの転職先は以下となっています。(※一部抜粋)

  • MoneyForward
  • teamLab
  • GMOCLOUD
  • LIVESENSE
  • NEWSPICKS
DAI
企業名を見ていると上場企業や急成長ベンチャーが目立ちますね。

ですが、先ほどテックキャンプをおすすめしない理由でもお話させて頂いたように、転職サポートの質がひどかったり、テックキャンプ卒業生というだけで書類選考で落とす会社があったりと、HP上の転職成功率とは思えないほど、転職サポートについて良い評判は聞きませんね。

参考:実際の卒業生の方がテックキャンプの転職事情について話されてる動画がありました

DAI
テックキャンプに通えばエンジニアに転職できるぞ!と意気込んでいる方は、このような現状があることを把握したうえで検討した方がいいかもしれません。

転職したいならオリジナルアプリ・ポートフォリオを作成が重要

結論から言うと、エンジニア転職したいなら、オリジナルアプリ・ポートフォリオの作成が重要です。

DAI
テックキャンプなどのプログラミングスクールに通って学習した方は、スクールで身についたスキルを活用して作るのがいいと思います。

DAI
オリジナルアプリやポートフォリオの作成方法については以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ一読してみてください。
エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】
エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

実際のテックキャンプ(TECH CAMP)の評判・口コミは?

では、実際にTECH::CAMPを受講した人は、どのように言っているのでしょうか?

テックキャンプはメンターが卒業生ばかりだった

女性A
スクールに入る前は…きっとバリバリできるメンターや専属ライフコーチがいて…(中略)スクールに通いだしてメンターと話していくうちに段々わかっていくことがありました。そう!教室にいるメンターはスクールの卒業生が多かった!

引用)TECH::EXPERT(テックエキスパート)に通う前に知ってほしい事(絶望編)

男性A
メンターごとの経験値もまちまちで,5分で解決してくれる人もいれば,30分かけたり,メンター自身も理解してないで解決したりと,メンター質がバラバラでした。その上、メンターは指名ができないため運ゲーです。受け入れる受講生に対してメンターが間に合っていないのでしょう。改善を要求します。

引用)テックキャンプに通う前後で感じたギャップ

テックキャンプは採用求人が微妙だった

男性A
紹介される求人は3ヶ月で30件程度であり、就活の受ける企業を全てここ経由にしてしまう選択は危険。求人案件はHPのグラフから期待できるようなこと、つまり、自社サービスの企業からの求人が多く就活が楽なんてことは決してない。

引用)テックキャンプに通う前後で感じたギャップ

自社開発と名を上げている企業も、実は「SES+自社開発を行っている」という企業で、純粋な自社開発の求人を多く持っているとは限りません。

DAI
どうしても受講を検討している場合は、実際に無料カウンセリングで聞いてみてください。

テックキャンプのカリキュラムは時代遅れだった

男性A
カリキュラムを勉強していく中で、わからないことはググったりとネットは頻繁に見ていたため、いろんな技術を見ていたのですが、最近の流行の技術はテックキャンプのカリキュラムにはほとんど採用されていませんでした。

引用)テックキャンプに通う前後で感じたギャップ

【結論】テックキャンプ(TECH CAMP)よりは他のスクールがおすすめ!

以上の理由から、個人的に60万円以上するテックキャンプに行くくらいなら、他のスクールを検討したほうがいいと思います。

正直、値段が高すぎるスクールに行く必要はないのです。

DAI
プログラミングをコスパ良く身に着けたいのであれば、独学で自分だけでできるところまで学習して、安いプログラミングスクールに分からない部分を聞きに行くのが一番コスパいいです。

テックキャンプ(TECH CAMP)と比較してどのプログラミングスクールがおすすめ?

男性B
テックキャンプ自分に合わなそうだからやめとこうかな…じゃあどんなプログラミングスクールを選ぶのがいいのかな?
DAI
おすすめのプログラミングスクールについてこれから詳しく解説していきますね。

プログラミングスクールが選べるロードマップ

DAI
こちらに未経験からエンジニア転職したい方向けにプログラミングスクールが選べるロードマップを作ってみたので、ぜひやってみてください。

自社開発企業
自社にサービスを持った企業のこと。自社開発企業のエンジニアは、自社サービスを開発することがメインの長期的な仕事となります。

DAI
上のロードマップにあるスクールの中で、価格重視or転職重視で目的を分けてピックアップしたスクールをご紹介しますね。
  • 価格重視!コスパ良く、転職・副業・独立できるスキルを身につけたい
    TechAcademyCodecampがおすすめ!
  • 転職重視!確実に転職できるような高いレベルのスキルを身につけたい
    RUNTEQポテパンキャンプがおすすめ!

どれも大手のスクールで、17万~40万円ほどで受けることができます。

DAI
どのスクールも無料体験や無料説明会などを行っているので、気になってるスクールにはとりあえず参加してみるのがおすすめです!
【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
DAI
それぞれの特徴を簡単に解説しますね!

TechAcademy:価格重視でエンジニア転職を目指すなら!


【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 社会人:¥159,000 (税別) 学生:¥149,000(税別)
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、とにかく他のプログラミングスクールと比較しても安いのが魅力的な点です。

TechAcademyは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に、お手頃な価格で、Web系プログラミングを学びたい人にはまさにおすすめです!

TechAcademyで無料体験する
DAI
主な特徴としては、以下の通りですね。
  • 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • オリジナルアプリ作成までの、サポートが手厚い

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマンです。

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

なので、上記のサポートを受けることが出来ます!

Webアプリケーションコースでは、最終的には簡単な通販サイトを作っていきます。

最初にWebサイト作成からスタートして、最後にWebアプリを作っていきます。

エラーが出て、困ったらSlackというチャットツールで、質問すると、15時から23時の間なら、数分でメンターの方が答えてくれます!

DAI
つまづいている時間ってすごくモヤモヤするのですが、レスポンスが早いとかなりサクサク進められて心地よいです。

また、未経験の時って、「何を質問していいか分からない」「どこからわかってないかすら分からない」って状態で、なかなかテキストで質問しにくいと思うんです。

DAI
TechAcademyなら、週に2回もオンラインメンタリングができるので、つまづいて学習が止まってしまうことはほぼないでしょう。

カウンセリング後も、ちゃんと一人ひとりにコメントをくれます。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、一人で挫折しやすいプログラミング学習も、オンラインでも挫折せず進められると評判ですね。

②オリジナルアプリ作成のサポートが手厚い

TechAcademyのカリキュラム、実はオリジナルアプリ作成のサポートまでやっています。

DAI
Lesson9にありますね!

ここで実際にオリジナルアプリを作っていきます。

ここで作ったアプリは、そのままポートフォリオとして転職活動に活かせますね。

実際にTechAcademyの受講生が作成したポートフォリオの中には、こんなアプリがあります。

特に転職活動のためのポートフォリオは超重要で、これがないと転職活動ができないといっても過言です。

DAI
そのポートフォリオに、プロのエンジニアからフィードバックをもらい放題なのは、かなり魅力的ですね。

ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechacademyがおすすめです。

公式サイト:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

※更新情報 2020年5月
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
普通に学ぶ場合よりも30,000円〜60,000円もお得になるようです。

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

CodeCamp:コスパ良くメンターから学びたいなら!

【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
学習言語 PHP , HTML5/CSS3, jQuery, MySQL
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~24週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥148,000 / 2ヶ月プラン
¥248,000 / 4ヶ月プラン
¥298,000 / 6ヶ月プラン
(別途入学金¥30,000)
全額返金保証 なし
転職紹介 なし

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービスです。

DAI
テレビCMでも有名なITベンダーFuture Architectの子会社でもあり、さらに東証一部上場企業にもCodeCampのコースが研修に利用されていることから、非常に教育の質が高いです。

サービスの特徴としては、以下の通りです。

  • 完全オンラインで学習可能
  • 東証一部上場企業の厳選された現役エンジニアが学習をオンラインレッスンでサポート
  • フロントエンド、バックエンド、ネイティブアプリ開発まで対応したコース
  • 365日:朝7時~24時まで、現役エンジニアにテレビ電話で授業を提供
DAI
転職を目的にするなら、Webマスターコースがおすすめですね。
Code Campで無料体験する

CodeCampの特に良かった点は、以下2点ですね。

  • 現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる
  • オリジナルアプリ制作までできるようなサポート
DAI
こちらのスクールは実際に僕自身が受講したうえで、解説しますね!
【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】
DAI
結論から言うと、2カ月で148,000円と非常に安く、とにかくお手頃なスクールで、かつ質がいい!というスクールを探している方にはCodecampが合っていると思います。

①現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる

プログラミングスクールって、結構サポート時間が限定されてしまうんですよね。

なので、朝の忙しい時間帯にしか時間がとれなかったり、夜の仕事終わりに聞きたい!というときになかなか質問できません。

Code Campの場合は、朝7時~24時まで質問することができるので、悩んでもすぐ解決できるのが大きなメリットです。

②オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

なかなかスクールのカリキュラムだけ利用してても、オリジナルアプリ開発まではうまくいかないんです。

でも、実際Code Campのコースを受けていて、ざっくりとこのホームページをゼロから作るレベルには到達できたかと思います。

DAI
もともとWordPressやWebデザインがわからなかったので、受講したのですが、結果的にこのブログ(DAINOTE)をゼロから作れるぐらいまでのレベルになりました!

ということで、評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
PHPでWebエンジニアへの転職を検討しているなら、CodeCamp、RubyならTechAcademyを選んでみるといいと思います。

実際に申し込む前に無料で体験レッスンを受けることができますので、よかったら確認してみてください。

公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想

【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

※更新情報(2020年5月)
無料体験を受けて申し込むと、10,000円の受講料割引が効くようです。

RUNTEQ:就職直結型のWebエンジニア養成スクール

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

RUNTEQはスタートアップ特化の就職直結型Webエンジニア養成スクールです。

DAI
「スタートアップ転職or就職したい」という目標が明確な人におすすめです!
  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートでいうと、以下の特徴があります。

  • キャリアアドバイザーによるキャリアについての面談
  • 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  • 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  • 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介するサービスがあります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。

プログラミングスクール修了後にスタートアップ転職をすぐに目指したい人は、RUNTEQの受講をぜひ視野に入れてみてください。

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
無料説明会も行っているので、疑問や質問ががある方は申し込んでみるのがおすすめです!
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

ポテパンキャンプ:未経験からのエンジニア転職に強い!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
主な学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 2~5ヶ月間(8~20週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・スタートサポート
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 Webアプリケーションコース ¥ 200,000
Railsキャリアコース ¥ 400,000
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプの良いところは、上げるときりがないのですが、絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに10社以上プログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思います。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。

転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

圧倒的に良心的な価格!

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実務に近い環境でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)
DAI
本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方におすすめします!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

まとめ:プログラミングスクール選びで迷っている方へ

誰が何に価値を感じて、何にお金を払おうが、それは自由だと思います。

ただ、僕個人としてはその高いお金を払って、転職したいのであれば、もう少しよいスクールがあると思います。

記事で解説したとおり、テックキャンプ以外のスクールを検討するなら、以下のスクールがおすすめです。

  • 価格重視!コスパ良く、転職・副業・独立できるスキルを身につけたい
    TechAcademyCodecampがおすすめ!
  • 転職重視!確実に転職できるような高いレベルのスキルを身につけたい
    RUNTEQポテパンキャンプがおすすめ!
【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

関連記事

【2021】評判のよいおすすめのプログラミングスクール11社徹底比較
エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】
プログラマーに30代で未経験から転職できる?その方法について解説してみた
【40代向け】未経験でエンジニアになるには?スクールに行くべき?