最終更新日:2021/03/26

この記事を読んで分かること

  • 失敗しないWebデザインスクールの選び方
  • ちゃんとスキルが身につき、信頼できるWebデザインスクール
  • Webデザイナーになるために学ぶべきスキル

「Webデザインを学べるスクールってどこがいいんだろう?後悔しないスクールの選び方が知りたい。」

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

DAI
本記事では、実際にプログラミングスクール業界でマーケティングを担当していた筆者が、スクール業界でほとんどの企業を取材、体験してきた経験をもとに、Webデザインが学べるおすすめのスクールについて徹底解説します!

Webデザインを学べるスクールは数多くありますが、受講期間やサポート・勉強内容など、スクールごとで様々な違いがあります。

そこで、知識なくスクール選びをしてしまうと、せっかく高いお金を払ったのに自分に合わなかった…ということもあるかもしれません。

DAI
なので、自分に合う後悔しないスクール選びができるようにスクールの選び方から本当に信頼できるスクールまでご紹介します!

結論から言うと、おすすめのスクールは以下の通りです。

\ 実際に取材・体験してみて、特におすすめのWebデザインが学べるスクール/

  • CodeCamp(公式ページ:https://codecamp.jp/
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!
  • TechAcademy(公式ページ:https://techacademy.jp/
  • お手頃価格でWebデザインを基礎から学習!最短4週間から、自分のペースに合わせて学習可能。複数コース受講で最大60,000円もお得に!
  • RaiseTech(公式ページ:https://raise-tech.net/
  • 実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。Webデザインを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ!
  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG(公式ページ:https://liginc.co.jp/studioueno/
    未経験からWebデザイナーとして転職、独立目指す人に!オンラインだけでなく通学でも学び業界知識を身につけたい方におすすめスクール
DAI
すぐにおすすめのWebデザインスクールをチェックしたい方は、以下のリンクをご確認ください。

Webデザインが学べるおすすめのプログラミングスクール

DAI
詳しいスクールの内容やスクールの選び方のコツを含めた本編は、3分ほどで読むことができますので、ぜひ最後までお付き合いください!

自分に合うWebデザインスクールの選び方・ポイント

女性A
Webデザインスクールって調べると色々あって、どうやって選べばいいか分からない…。

そんな方に向けて、Webデザインスクールの選び方を解説します。

まず、Webデザインスクールを選ぶ際にチェックするポイントは、以下6つの観点です。

  • 理想のキャリアに見合うか
  • 講師の質はよいか
  • 利用できる時間に開講しているか
  • 就職・転職のサポートはあるか
  • オンラインのスクールか通学のスクールか
  • スクールの受講料
DAI
これらのポイントを踏まえて選ぶことで自分に合うスクールが見つかると思います!それぞれのポイントを解説していきますね。

理想のキャリアに見合うか

まず、自分が理想とするWebデザイナーでのキャリアを考えてみましょう。

例えば、以下のキャリアプランがありますね。

  • 正社員のWebデザイナーとして転職したい
  • 本業の他に副業としてWebデザインをやりたい
  • フリーランスのWebデザイナーとして独立したい
  • 今の仕事にWebデザインを活用したい
DAI
スクールでWebデザインを勉強していても、ただこなすだけではスキルも伸び悩むので、自分の理想像が明確であるほど、学習のモチベーションが保ちやすくなります。

スクールによっては、Webデザインが学べるだけでなく、副業などに特化しているスクールもあります。

逆に、自分の現在のキャリアアップのためにWebデザインを学習するなら、副業支援はないけど、安くて質のいいスクールもあります。

DAI
なので、自分が将来、どんなキャリアを歩みたいのかを明確にしたうえで、目的別にスクールを選ぶのがおすすめです。

講師の質はよいか

現役で活躍しており、現場経験豊富な講師がいるかどうかは最低限チェックしておきましょう。

DAI
現役で活躍しているWebデザイナーの方がいれば、現場で使用されている技術やスキルも教わることができますね!

スクールによっては、そのスクールの卒業生がそのまま講師をやっているなんていうケースもあります…。

DAI
なので、スクール選びのときに、「どんな講師がいるか?」はチェックしておきましょう。

利用できる時間に開講しているか

授業型の場合、平日の夜何時まで受講できるか、振替受講できるかが重要になってきます。

例えば、会社が終わってからWebデザインを学び始めれるのが19時00分だった場合、20時にサポートが終わってしまうスクールでは平日60分しか学べません。

DAI
そのため、自分のライフスタイルに合わせて学習可能かどうか、必ずチェックしておきましょう。

就職・転職のサポートはあるか

スクールで学んだWebデザインスキルを活かして就職・転職したい場合、スクールのサポートがあると安心です。

Webデザインを学んだあと、自分で全て就職・転職活動をしようとすると、どのように進めていけばいいか分からないこともあると思います。

そこで、就職・転職サポートのあるスクールだと、ポートフォリオの添削などをしてくれたり、就職・転職相談や面接対策のサポートなども受けることができます。

DAI
スクールのよってどれくらい就職・転職のサポートをしてくれるかは異なるので、無料相談を利用して聞いてみたり、ホームページで確認してみましょう。

必ずしもすべてのスクールが就職支援をしてくれるわけではないので、そういったサポートが無い場合は、自力でポートフォリオを作る必要があるということは念頭に置いておくとよいです。

オンラインのスクールか通学のスクールか

Webデザインが学べるスクールの中でも通学型とオンライン型があります。

オンライン型 オンラインで授業を受けたり、学習を進める。いつでもどこでも学ぶことが出来る。
通学型 教室に通って学ぶ。講師や受講生に直接質問や相談が出来る。

結論から言うと、オンラインのWebデザインスクールをおすすめします。

DAI
理由としては、通学のスクールに比べてオンラインのWebデザインスクールの方が予算が圧倒的に安く済むからです。
予算
オンライン型スクール 10~30万円程度
通学型スクール 50~80万円程度

この表からも分かる通り、オンラインとオフラインのスクールでは20~50万円ほど差があります。

DAI
また、オンライン+通学のハイブリット型のスクールもあるので、自分にあった学習環境を選ぶようにしましょう。

まず、オンラインスクールのメリット・デメリットを見ていきましょう。

オンラインスクールのメリット

オンラインスクールのメリットは、以下の3つです。

  • いつでもどこでも受講できるため、地方在住でも問題ない
  • 自分の生活スタイルにあわせて受講しやすい
  • 低価格で受講できる

オンラインであれば、「どこでも」「好きなときに」勉強できるのが大きなメリットです。

DAI
オンラインのスクールだと、好きなときに動画や教科書で課題に取り組み、わからないところがあれば講師に聞くことができます。

そのため、地方在住の方や、家事や育児などの合間を縫って学習したいという方にはおすすめです。

DAI
先ほども解説しましたが、オンラインのスクールだと低価格で受講できるため、コスパ良くWebデザインを学びたい方にもおすすめですね。

オンラインスクールのデメリット

一方で、オンラインスクールのデメリットは、以下の2つです。

  • 不明点をその場で質問できない
  • 時間が決まっていないことが多いため、先延ばしにしてしまうことも…

一部のオンラインスクールでは、対応時間が限られており、不明点があった際にすぐに質問できないことがあります。

また、オンラインスクールはマイペースに勉強できる反面、勉強開始のスイッチを自分で入れなければいけないため、自己管理が苦手な方にはモチベーションの維持が難しいかもしれません。

DAI
そのため、直接講師からの指導を受けたい方や、強制力のある学習環境を求めるかたには通学型スクールの方が向いているかもしれませんね。

次に、通学型スクールのメリット・デメリットを解説します。

通学型スクールのメリット

通学型スクールのメリットは、以下の3つです。

  • 学習のモチベーションを維持しやすい
  • 講師や受講生に直接質問・相談できる
  • 学習するための設備や環境が整っている

いつでも講師から教えてもらえ、同期とのつながりも生まれやすいのは通学スクールの大きなメリットです。

DAI
同じ目標を目指す仲間が周りにいれば、学習のモチベーションも自然と高くなりますね。

また、PCやソフトの環境も準備されているのも嬉しい点です。

通学型スクールのデメリット

一方で、通学型スクールのデメリットは以下3つです。

  • 交通費かかる
  • 授業の時間が固定されている
  • 受講料がオンラインスクールと比べて高い

通学型のスクールが近場にあればベストですが、そうでないなら、教室に移動するまでの交通費と時間がかかるのがネックです。

また、授業の時間が固定されている場合は、その時間に合わせてスケジュールを組むことになるので、忙しい方にとっては難しいかもしれません。

DAI
通学スクールは、時間とお金に余裕があり、近くにスクールがある人にはおすすめですね。

スクールの受講料

最後に、チェックしておくべきポイントはやはりスクールの受講料ですね。

スクールによって受講料が異なりますが、せっかくならできるだけ安い受講料で質の高い学習をしたい方が多いと思います。

結論として、Webデザインのスクールは高くてもそこまで質が上がるわけではないので安くてOKです。

理由としては、Webデザイナーとして仕事をするなら以下の2点が大事だからです。

  • Webデザイナーとしての実務経験
  • オリジナルのポートフォリオ

Webデザイナーとして仕事をする際に、どのスクールに行ったかよりも、どんな実務経験や自分で作ったサイトをまとめたポートフォリオの方が評価対象になります。

DAI
なので、短期間スクール効率よくWebデザインスキルを学んで自力で作れるようになったらすぐに仕事を始めることをおすすめします。

Webデザインが学べるおすすめのプログラミングスクールは?

市場が大きくなりWebデザイナーの需要が高まっていることもあり、Webデザインを学べるスクールは増えてきています。

DAI
早速Webデザインが学べるおすすめのプログラミングスクールについて紹介していきますね。

Webデザインのスクールを選ぶ観点

まず、先ほど解説したWebスクールを選ぶポイントは以下の通りです。

  • 理想のキャリアに見合うか
  • 講師の質はよいか
  • 利用できる時間に開講しているか
  • 就職・転職のサポートはあるか
  • オンラインのスクールか通学のスクールか
  • スクールの受講料

 更にスクールを選ぶ前に、スクール内容として特に確認しておきたいポイントは以下の3点です。

  • 料金
  • 転職・独立支援の有無
  • カリキュラムにコーディングがあるか、ないか

具体的には、以下の項目を言語化して、自分に合ったスクールを選ぶことが大切です。

  • 予算はいくらなのか
  • 学習目標はなんなのか(就職?転職?副業?)
  • 何ができるようになりたいのか
DAI
後悔のないスクール選びができるようしっかりチェックしておくのがおすすめですね!

おすすめのWebデザインスクール(オンライン・通学あり)

それでは、早速、おすすめのWebデザインスクールについてご紹介します。

  • CodeCamp
    わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!
  • TechAcademy
    お手頃価格でWebデザインを基礎から学習!最短4週間から、自分のペースに合わせて学習可能。複数コース受講で最大60,000円もお得に!
  • RaiseTech
    実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。Webデザインを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ!
  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG
    未経験からWebデザイナーとして転職、独立目指す人に!オンラインだけでなく通学でも学び業界知識を身につけたい方におすすめスクール

それぞれのスクールについて比較して検討してみましょう。

概要 価格 期間 スクールの形態 おすすめの人
CodeCamp デザインマスターコース 148,000円
+入会金30,000円
2か月
(4ヵ月、6カ月プランもあり)
オンライン 場所や時間を選ばず勉強したい人向け
TechAcademy Webデザインコース 社会人:159,000円
学生:149,000円
4週間
(8、12、16週間プランもあり)
オンライン 実践的なスキルを効率よく学びたい人向け
RaiseTech デザインコース
WordPress副業コース
通常:298,000円(税込)
早割10%OFF:

268,000円(税込)
学割:198,000円(税込)
4か月 オンライン 副業で稼げるようになりたい人向け
デジタルハリウッド STUDIO by LIG Webデザイナー専攻 450,000円 6か月 オンライン
+通学
Webデザイナー転職、独立を目指す方向け

※最新の金額はHPでご確認ください

DAI
それでは、それぞれのスクールの詳しい内容について順番に解説していきますね。

オンラインで学べるWebデザインスクール3選を徹底解説!

まず、完全オンラインでWebデザインを学べるおすすめスクールは、以下の3つです。

DAI
ここからは、それぞれのスクールの詳細を確認してみましょう。

CodeCamp:場所や時間を選ばずWebデザインを勉強したい人向け

公式サイト:https://codecamp.jp/

期間 2か月~ (4か月,6か月プランあり)
学習カリキュラム Webデザインの原則,ワイヤーフレーム,画像加工,HTML&CSS,Sass,jQ
受講形式 完全オンライン/マンツーマンレッスン
受講可能時間帯 7:00〜23:40 年中無休
主なサポート ・毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
・回数無制限の課題レビュー
料金 デザインマスターコース
¥148,000~
+ ¥30,000(入学金)
おすすめな人 ・安い値段でスクールに通って学びたい方
・短期間でWebデザインスキルを身につけたい方
受講者数 30,000人以上
導入企業 300社以上
レッスン満足度 96.6%

CodeCampは、オンライン完結型・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービスです。

パソコン一台あれば通学の必要がなく、プログラミング初心者でも効率的にWebデザインやプログラミングを学習できます。

Codecampのサービスの特徴は、以下の通りです。

  • 完全オンラインで学習可能
  • 毎日朝7時~24時まで、場所や時間を問わず学習できるため、仕事など両立しやすい
  • 自分に合う現役エンジニア講師を選んで個別指導を受けることができる

Webデザインを学びたいなら、デザインマスターコースがおすすめです。

DAI
仕事や学校と両立しながら自分のペースで学習できるのが、CodeCampの魅力ですね。

未経験から始めて、Webデザイナーとして就職したり副業で稼いだり、実用的なスキルを身に付けることが可能です。 

価格

デザインマスターコースだと、2ヶ月で148,000から受講できます。

DAI
Webデザイン系のスクールの中では、かなりお手軽な価格で受講できますね!

実際の体験談

実際に僕がCodeCampでプログラミングを学んだときの体験記事があるので、合わせてチェックしてみてください。

DAI
CodeCampのカリキュラムや学習スタイル、最終的に提出した成果物などについて細かく書き留めてあります。
【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

実際にやってみてよかったのが、メンターをこちら側から選べる点ですね。

例えば、在宅勤務でフリーランスをされている方を選んでキャリアの相談をしたり、案件の取り方について相談できたりします。

ということで、CodeCampの評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★☆(4.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(3.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)
DAI
無料体験に申し込むと、カリキュラムの一部が解放される上に、本申し込み時の割引クーポン1万円分をプレゼントキャンペーンも行っているので気になった人はまず無料で試してみるのがおすすめです!

CodeCampで無料体験を受けてみる

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!

TechAcademy:実践的なWebデザインスキルを効率よく学びたい人向け

公式サイト:https://techacademy.jp/

期間 4週間~ (8週間,12週間,16週間プランあり)
学習カリキュラム Webデザインの原則,ワイヤーフレーム,画像加工,HTML&CSS,Sass,jQuery
受講形式 完全オンライン/マンツーマンメンタリング
主なサポート ・毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
・回数無制限の課題レビュー
料金 デザインマスターコース
¥159,000~
学割:¥149,000~
おすすめな人 ・安い値段でスクールに通って学びたい方
・短期間でWebデザインスキルを身につけたい方
転職支援 あり

 TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

DAI
どこかに通う必要なく、自宅でWebデザインやプログラミングを学ぶことができます。

特におすすめなポイントは、以下の3点です。

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

TechAcademyには、Webデザインコースがあります。

Webデザインコースのレッスン内容には、期間内で4つのWebサイトのリリースするカリキュラムがあるので、実務に近い内容を学習することができます。

DAI
やはり実際に手を動かしながら学習することで、インプットとアウトプットを同時に行えるため、スキルが身につきやすいですね。

料金も、一番短い期間でしたら、15万円ほどなので、業界最安値かと思います。

副業で3件くらい案件が取れるようになれれば、2~3カ月くらいで回収できる値段ですね。

DAI
TechAcademyのインタビュー記事も以前に書いたことがあるので、TechAcademyについて詳しく知ってから申し込みたいという方はぜひ一読してみてください。
【2021年】TechAcademy(テックアカデミー)の評判は?受講後エンジニア転職した卒業生にインタビュー

また、TechAcademyでは、無料説明会や無料体験を実施しています。

DAI
まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのと自分に合うかが分かるので良いと思います!

TechAcademyの無料体験はこちら

ということで、 TechAcademyの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(3.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(4.0)
【TechAcademy】Webデザインをゼロから学びたいならここ!
お手頃価格でWebデザインを基礎から学習!最短4週間から、自分のペースに合わせて学習可能。複数コース受講で最大60,000円もお得に!

RaiseTech:副業でWebデザインして稼げるようになりたい人向け

公式サイト:https://raise-tech.net/

期間 4か月(全16回の授業)
学習カリキュラム Photoshop,Illustrator,デザインの地租知識,Webデザインの基礎知識,デザイナーのポートフォリオ
受講形式 完全オンライン
質疑応答能時間帯 10:00-24:00(月曜日~日曜日)
主なサポート ・質問や個人面談のオンラインサポート
・情報共有がさかんなコミュニティの参加
・転職・就職・案件獲得のサポート
料金 デザインコース
¥298,000
早割10%OFF ¥268,200
学割 ¥198,000
おすすめな人 ・基礎から応用まで現場で通用するスキルを身につけたい方
・高単価な現役デザイナーから学びたい方

RaiseTechは、現場で使える最新技術を落とし込んだカリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。

Webデザイナーになりたい方向けにおすすめのコースは、以下の2つです。

  • デザインマスターコース:デザインの技術と知識を最速で現場レベルになるまで学ぶ副業向け総合コース
  • WordPress副業コース:WordPressというCMSを使った、副業に特化した技術を習得する総合コース
DAI
どちらのコースもWebデザインについて学ぶことが出来ますが、本格的にデザインを学びたい方はデザインコース、Webデザインの基礎を学んでからWebサイトの作成スキルまで身につけたい方はWordPress副業コースが向いていると思います。

自分の目的にどちらのコースが合っているか分からない方は無料説明会で聞いてみるのもおすすめです。

案件獲得までがっつりサポート!RaiseTechの副業向けコース

実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechだけです。

RaiseTechの副業向けコースの特徴としては、以下3点があります。

  • 現場でフロントエンジニアをしている、月単価80万以上の講師のみ採用している
  • 実際にフリーランスで働いている人から、案件の取り方をしっかりとレクチャーしてもらえる
  • 現場で使われる技術を、プロから学べる

RaiseTechは、プログラミングやデザインを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめです。

DAI
RaiseTechの場合は、かなり現場レベルのコースが学べます。

WordPress副業コースのカリキュラムは以下の通りです。

他のスクールがカバーしない範囲の、より実務的なスキルを学ぶことができます。

DAI
値段はほかのスクールと比較すると値が張りますが、案件獲得から納品まで、がっつりと学びたいならRaiseTechがオススメです。

RaiseTechにはトライアル受講制度というものがあって、なんと受講をはじめて2週間以内であれば全額返金されます。

DAI
なので、受講しようか迷っている方は実際に2週間受けてみてから判断すると良いと思います。

RaiseTechの無料説明会の参加はこちら

実際の体験談

実際に僕がRaiseTechのWordPress副業コースで学んだときの体験記事があります。

DAI
RaiseTechの詳しい内容から本気レビューまで確認することができるので、合わせてチェックしてみてください。
【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

ということで、RaiseTechの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.6)
【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。プログラミングを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

オンライン+通学で学べるWebデザインスクールならここ!

次に、通学+オンラインで学べるおすすめのWebデザインスクールをご紹介します。

DAI
こちらのスクールについて詳しく解説していきますね。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG:Webデザイナー転職、独立を目指す方向け

公式ページ:https://liginc.co.jp/studioueno/

学習内容 Illustrator,Phoshop,HTML+CSS,JavaScript
受講場所 オンライン+通学(上野校、池袋校)
学べる時間 火~金 10:00-22:00/土日 10:00~20:00
期間 6か月
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
・回数無制限の課題レビュー
料金 Webデザイナー専攻
¥450,000 (税抜き)
おすすめな人 ・オンラインだけでなく、教室でも指導を受けたい方
・6か月かけてしっかりWebデザインについて学びたい方

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、業界では有名な、上野のWeb制作会社LIGと、デジタルハリウッド大学が運営するクリエイタースクールデジタルハリウッドSTUDIOが連携したスクールです。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの概要

  • Web制作会社LIGが運営しているので、Web制作のリアルがわかる環境を提供している
  • Webクリエイターを多数輩出してきた『デジタルハリウッド大学』が作成しているコンテンツを利用
  • 『デジハリxLIG』だからこそできる、就職、転職、独立に強い仕組み

Webクリエイターを多数輩出してきた『デジタルハリウッド大学』が作成しているコンテンツを利用

Webクリエイターを育成するデジタルハリウッド大学のコンテンツを利用できます。

DAI
何十年もコンテンツ改善を繰り返したコンテンツで学習を行うことができるというのが大きな特徴です。

9万人のWebクリエイターを多数企業に輩出してきたデジタルハリウッド大学が提供しているコンテンツのため、実務に近いコンテンツを提供できている点が、他のプログラミングスクールと大きく異なります。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの魅力として、主に以下の2点があげられます。

  • LIGの現役クリエイターによる生授業を受けられる
  • 併設のコワーキングスペース「いいオフィス」を無料で使える

LIGの現役クリエイターによる生授業を受けられる

1つ目のデジハリの魅力としては、LIGの現役クリエイターの特別講座も受けれるということ。

普通のオンラインプログラミングスクールでは、運営元がWeb制作会社ではないので、なかなか現場をみることができません。

しかし、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGでは、LIG社員や現役フリーランスの人からしっかりと教えてもらうことが可能です。

Web制作と言っても、ただWebページをデザインできてコーディングできれば良い訳ではありません。

DAI
顧客折衝能力や、要件定義力などを身につける必要がありますが、そのような業務知識は現場で働いている人に聞いてはじめてわかります。
  • LIG自体がWeb制作の会社なので、実際に現場で働いている人からの知見を得られやすい

授業内容は、Web業界はもちろん、Webデザイナーとして働いていく上で必要なスキルが身につくオリジナルなものです。

Ex. ディレクター講座.UX講座 など

月に1回LIVE授業が行われており、基礎から応用スキルまでをワークショップを交えながら学ぶことができます。

DAI
業務知識や業界知識について教えてくれる環境が、何よりも強みになります。

併設のコワーキングスペース「いいオフィス」を無料で使える

2つ目のデジハリの魅力としては、コワーキングスペース「いいオフィス (上野・池袋)」を無料で使えること。

「いいオフィス」では、フリードリンクやWi-Fi完備でくつろぎながら作業することができる。また、「いいオフィス上野」には、キッチンスペースがあり、自由に料理をすることも可能。

また、「いいオフィス」の利用者は、スタートアップの社員やフリーランスの方々がいます。

そんな利用者さん同士と交流を通じて、新しい仕事の幅が広がることもあり得ます。

DAI
コワーキングスペースが無料で使えるのはかなり便利ですよね。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGのWebデザイン専攻の価格は、450,000円からです。

他のオンラインプログラミングスクールと比較すると、やや高いですが、その分Webデザインの現場の人から授業を受けられたりすることができます。

DAI
受講した体験についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
【体験談】デジタルハリウッドSTUDIOの評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想
DAI
スクールの詳しい条件を知るためには、まず資料請求や説明会の予約をおすすめします!

個別説明会の予約や資料請求はこちら

ということで、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★☆(4.0)
価格の安さ ★★★★☆(4.0)
総合点 ★★★★☆(4.4)

Webデザイナーになるために学ぶべき必要なスキルとは?

女性A
そもそもWebデザイナーになるにはどんなスキルが必要なの?

 Webデザインを学ぶ上で「必ず身につけたい」と思うスキルを解説してしていきます。

Webデザインスクールに通っても実践的なスキルが身についておらず、転職や副業する際に、苦労する場合があります。

なので、スクールに通う前にWebデザイナーになるために学ぶべき必要なスキルについて知識をつけてからスクールを選ぶのがおすすめですね。

Webデザイナーになるために学ぶべき必要なスキル一覧は、以下の通りです。

  • デザインの基本的な知識
  • Photoshop(フォトショップ)
  • Illustrator(イラストレーター)
  • HTML/CSS
  • JavaScript・jQuery
  • レスポンシブ
  • WordPress
  • Adobe XD
DAI
これらのスキルは本格的にWebデザインを学ぶなら遅かれ早かれ習得することになります。それぞれ詳しく解説していきますね。

デザインの基本的な知識

DAI
優れたデザインの多くは、デザインの基本4原則(近接、整列、反復、強弱)を上手に組み合わせて作られています。
  • 近接…関連する情報は近づける
  • 整列…要素に一体性を持たせる
  • 反復…重要な部分は繰り返し使う
  • 強弱…大事な要素は強調させる

この基本4原則を意識しておくと、Webデザインの習得も早くなります。

4つ全て暗記する必要はないですが、「こんなものがあるんだな」くらいには頭に入れておいてください。

Photoshop(フォトショップ)

Photoshopは、写真や画像など、Webサイトやアプリ内のレイアウトやバナー作成、写真加工の編集を行うソフトです。

Webデザイナーの定番ソフトで、Webデザインを学ぶうえでは必須のスキルとなります。

DAI
とりあえず体験版で無料で触れるので、まだ触ったことのない人は試しに触ってみましょう。

Illustrator(イラストレーター)

Illustratorは、チラシやフライヤー、アイキャッチ画像、アイコン、ファビコンなど、あらゆる画像系のクリエイティブを美しく製作するためのソフトです。

DAI
Photoshopだけだと、ロゴやイラストなどの細かいクリエイティブは作れないんですよね。そういった時に、Illustatorは使います。

Illustratorは美しいWebデザインを作るためには欠かせないスキルなので、身につけておきましょう。

HTML/CSS

PhotoshopやIllustatorなどで作ったデザインを動くものにするには、HTMLやCSSといったプログラミングスキルが必要になります。

Webデザイナーの仕事は、図形や文字配置を調整しながらデザインを考えるだけにとどまりません。

作ったデザインを実際に「動く」ものにする技術があると、在宅でもしっかり稼げるようになります。

DAI
在宅でも確実に仕事を得るには、ぜひ身に着けておきたいWebデザインスキルです。

JavaScript・jQuery

JavaScriptは、HTMLやCSSだけでは表現が難しいアニメーションを作る際に必要なスキルです。

HTML・CSSに加えて、JavaScriptやjQueryも知っていると、より効率的に美しいWebサイト・アプリが作れるようになります。

DAI
Webサイトを見ていて、何か動きがある部分はJavaScriptが使用されているケースがほとんどですね。

jQueryはJavaScriptをさらに簡単に使えるようにしたものですが、難しければ後回しでも問題ないです。

レスポンシブ

レスポンシブとは、PC、タブレット、スマートフォンなど、どんな端末で見ても綺麗に表示されるようにするためのスキルです。

DAI
少し昔は、PCから見て綺麗だったらOKみたいな時代だったのですが、スマホやタブレットが普及してからは、どの端末からでも最適化されたデザインにする必要があります。

こちらも遅かれ早かれ習得することになるスキルです。

DAI
ここからは、 Webデザインを学ぶ上で「できれば身につけたい」と思うスキルをご紹介していきます。

WordPress

WordPressはCMS(コンテンツ管理システム)の一つで、Webサイトの内容を管理するのに使用します。

このブログのコンテンツ管理にもWordPressを使っています。

DAI
WordPressを覚えるのは、初心者でも簡単です。WordPressのUIを理解しておくだけで、HTMLやCSSなどのコードが書けなくても、ブログのコンテンツ管理や記事作成などを簡単にできます。

Webデザイナーとして色々な案件に関わると、WordPressでコンテンツを編集することもあるはずです。

DAI
まずは練習でブログを開設したりすると、実際に触ってみることができますよ!

Adobe XD

XDでは、アプリやWebサイト内のビジュアルをデザインし、実際のサイトのようにボタンの動きなどをつけて構成を表現します。XDは、いわゆる「プロトタイプ」を作る「プロトタイピング」ツールです。

DAI
もともとwebサイトデザインといえば、PhotoshopやIllustrator等が主流でしたがXDが登場してから、一気にXDが主流となりつつあります。

とはいえ、PhotoshopもIllustratorもXDも、一通りできると良いのかなと思います。

Webデザインを学ぶためにスクールに行くべき?独学でもできる?

DAI
A.結論から言うと、独学でも可能ですが、スクールに通った方が効率的に学習できます。

まず、スクールに行くことでWebデザインについて教えてくれるプロの講師と効率的なカリキュラムを元に学習を進めることが出来ます。

もし、独学でWebデザインを学ぼうとすると、

  • ①何をどの順番で学べばいいか分からない
  • ②エラーが起こっても解決できない
  • ③デザインの良し悪しを判断してくれる人がいないと成長しない

これらの状況に陥って、挫折してしまう可能性が高いです。

やはり、未経験から学んでスキルを身につけるには、時間がかかります。

無駄な時間をなくして効率的に身につけるためには、実際にその職種で活躍しているプロから学ぶのが一番手っ取り早いです。

DAI
ここからは独学のデメリットから見るスクールに通うべき理由について解説していきますね。

①何をどの順番で学べばいいかわからない

Webデザインといっても、独学で学ぶ場合、何をどの順番で勉強すればいいかわからずに挫折してしまう人がほとんどです。

Webデザイナーになるために学ぶべき必要なスキルは、以下の通り、たくさんあります。

  • デザインの基本的な知識
  • Photoshop(フォトショップ)
  • Illustrator(イラストレーター)
  • HTML/CSS
  • JavaScript・jQuery
  • レスポンシブ
  • WordPress
  • Adobe XD

未経験からWebデザインを独学で学ぶ場合、これらのスキルが必要だとわかっていても、どの順番でどのように学べばいいか分からず、知識が中途半端になってしまう可能性が非常に高いです。

また、それぞれのスキルを身につけたとしてもふたを開けてみれば、現場で活躍できないレベルだった…ということもあるかもしれません。

DAI
そのため、「何をどの順番で勉強したらいいのか。どんなレベルまで身につければいいか。」を迷う前にスクールに行くのがおすすめです。カリキュラムが用意されているので、あとは自分が取り組むだけでスキルを身につけることができますね。

②エラーが起こっても解決できない

Webデザイナーとして仕事をするには、Webデザインのスキルだけでなく、Webサイトを制作する際に必要なプログラミングスキルが必要です。

プログラミングスキルを学習していると、エラーが起きるのですが、一人ではエラーが解決できないことが多くあります。

理由としては、以下のようなものがあります。

  • 何が分からないのかわからない
  • 検索の仕方が分からない

初心者の方だと、そもそも何がどう間違っていて、どの単語で検索すればいいのか分からないという状況になります。

スクールに行くと、解決できないエラーが起きた際にすぐにメンターに質問することが出来るので、学習スピードを一気に加速させることができます。

DAI
なので、Webデザインと併行して効率よく必要なプログラミングスキルを身につけるためには、スクールに行くのがおすすめですね!

③デザインの良し悪しがわからない

デザインの勉強を一人でしても、「デザインが良いのか悪いのかが分からない。」という問題に直面します。

Webデザインの勉強は、以下の流れが多いです。

  1. 他の良いサイトのコピーを作って練習する
  2. 学んだことを応用して自分でデザインを作成する
DAI
初心者目線だと、デザインの良し悪しが判断できないため、何が正解か分からないんですよね。自分ではよくできたと思ってもプロから見ると悪い点があるかもしれません。

そのため、初心者こそ一人で悩んで時間を使う前にプロのメンターから客観的なアドバイスをもらえるスクールはおすすめです!

未経験からWebデザインを学んで仕事にするには?

女性A
未経験からWebデザインを学んで仕事にしたいけど、どうすればいいんだろう?

Webデザインスクールを卒業した後、仕事をしたい場合にやることは、以下の通りです。

  • ポートフォリオを作成する
  • 就職・転職したいなら、就職・転職活動する
  • 副業したいなら、クラウドソーシングに登録する
DAI
Webデザイナーとして仕事するための具体的な方法について解説していきますね。

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオは、自分の制作実績やプロフィールをまとめて企業に提出する資料です。

採用する側や仕事を発注する側からしてみれば、ポートフォリオを見るだけで以下のことが分かります。

  • どんなものが作れるのか
  • 独学ができる人材なのか
DAI
企業は、ポートフォリオであなたが何が出来てどういう人間かを見るので、Webデザイナーとしての自分をアピールするのに大事な資料になります。

ちなみに、スクールで作ったサイトをポートフォリオに載せるのは、「私は独学ができません。」と言っているようなものです。

DAI
なので、できる限り自分で作ったサイトをアピールするようにしましょう。

就職・転職したいなら、就職・転職活動する

転職したい場合は、ポートフォリオができた後に実際に就職・転職活動をしましょう。

就職・転職活動をする上で、就職・転職向けの求人サイトに登録する方も多いと思います。

ですが、特に転職したい方は、転職エージェントに登録することをおすすめします。

理由は、以下の通りです。

  • 転職エージェントが、業界の情報を教えてくれるため、ミスマッチを減らせる
  • 転職エージェントが、給与交渉してくれる可能性が高い
  • 転職エージェントが、非公開求人の紹介や面接対策をしてくれるため、転職がスムーズに進みやすい

転職エージェントを登録しておくと、Webデザインの業界知識や、実際に求められるレベルなどが分かったりするので、余裕があれば登録しておいて損はないです。

DAI
登録するなら、とりあえず求人数の多いリクルートエージェントがおすすめです。公式ページや評判記事はこちらからチェックしてみてください。

副業したいなら、クラウドソーシングに登録する

就職・転職したい方の他に、副業としてWebデザインを仕事にしたい方もいるのではないでしょうか。

副業したいなら、クラウドソーシングに登録するのがおすすめです。

クラウドソーシングのサイトは、以下のように複数のサイトがあります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ
DAI
これらのサイトを活用して案件を獲得するのが、気軽に副業を始められる方法ではないかと思います。

Webデザインスクールに関するよくある質問

ここからは、Webデザインスクールに通うか迷われてる方から多く聞かれる質問の回答をしますね。

Q1.スクールに通ったらWebデザイナーになれますか?

スクールに通ったら絶対Webデザイナーになれるということはありません。

正しくは、スクールに通うことで最短ルート・時間で実践的なスキルを持っているWebデザイナーになれる可能性が高まるということですね。

スクールに行くべきかという点において、以下の点を知っておくことが大切です。

  • Webデザイナーになるために必要なスキルを効率的に学びたいならスクールに行くべし
  • ただしスクールに通うだけでWebデザイナーになれると期待してスクールに行くべきではない
DAI
なので、早くWebデザイナーに必要なスキルを身につけてWebデザイナーとして稼ぎたい!という方はスクールに通うのが向いていると思います。

Q2.Webデザイナーの年収はどれくらいですか?

Webデザイナーの平均年収は、453万円です。

引用:求人ボックス 給料ナビ

とはいっても、あくまでも平均で、WebデザイナーなどIT業界の職種の年収はピンキリです。

DAI
どの会社・ポジションで働くのか、副業かフリーランスかなどによって年収は大きく変化しますね。

Q3.避けたほうがいいWebデザインスクールはありますか?

あります。ですが、そういうスクールは取材していて、何個かあったので今回は紹介していません。

ちなみに、すぐに避けたほうがいいWebデザインスクールか見分ける方法は以下の通りです。

  • お客さんの入学基準が甘い転職支援つきスクール
  • 無料のスクール
  • ツイッターで検索した結果、悪評しか出てこないスクール

上記の特徴に当てはまるスクールは検索上位でおすすめと表示されていても、業界内の人間から言わせてもらうと避けたほうがいいです。

DAI
特にTwitterで評判が悪いところはやめておきましょう。
(なぜこのようなスクールが上位表示されるかというと、スクールもアフィリエイターも儲かるからです

詳しくはこの辺の記事を参照してください。

加えて50万円以上するようなスクールには行く必要ないです。

実際に複数のスクールを受講・取材してみてわかったのですが、30万円こえたあたりから、品質はそんなに変わりませんでした。

Q4.Webデザインのスキルは、どのレベルまで習得すればいいですか?

結論から言うと、オリジナルのWebサイトをゼロから作ることが出来れば十分です。

実際に独学やスクールに通うだけでなく、実務経験を積まないと身につかないスキルは多いんですよね。

なので、独学やスクールで基礎スキルを学び終えたら、早くオリジナルのWebサイトを作り、実務経験を付けていくのがいいと思います。

DAI
独学で出来る人は独学でもいいと思いますが、難しい人や効率的に学びたい人はスクールに通ってWebサイトを作れるレベルまでスキルを習得するのがおすすめですね。それが出来たら、どんどん実務経験を積んでいきましょう。

まとめ:Webデザインスクールは、目的と学習形態で選ぼう!

今回は、Webデザインを学べるスクールについて解説していきました。

Webデザインを学べるスクールにも色々ありますが、選び方は以下の通りです。

概要 価格 期間 スクールの形態 おすすめの人
CodeCamp デザインマスターコース 148,000円
+入会金30,000円
2か月
(4ヵ月、6カ月プランもあり)
オンライン 場所や時間を選ばず勉強したい人向け
TechAcademy Webデザインコース 社会人:159,000円
学生:149,000円
4週間
(8、12、16週間プランもあり)
オンライン 実践的なスキルを効率よく学びたい人向け
RaiseTech デザインコース
WordPress副業コース
通常:298,000円(税込)
早割10%OFF:

268,000円(税込)
学割:198,000円(税込)
4か月 オンライン 副業で稼げるようになりたい人向け
デジタルハリウッド STUDIO by LIG Webデザイナー専攻 450,000円 6か月 オンライン
+通学
Webデザイナー転職、独立を目指す方向け

上記のような、自分の目的や学習環境を軸に選ぶことをおすすめします。

DAI
どのスクールも無料体験や無料説明会を行っているので、とりあえず気になるスクールに申し込んでみるのがおすすめです!

最後に、おすすめのスクールをざっくりと4つまとめておきます。

  • 色々なメンターの人にキャリアや技術を相談したいなら:CodeCamp
  • 一人のメンターにマンツーマンで指導してもらいたいなら:TechAcademy
  • オンラインで副業の案件獲得までしたいならRaiseTech
  • 教室型でがっつり業界知識を身につけつつWebデザイナーとして独立、転職を検討するなら:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

今回紹介したWebデザインスクール一覧

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインでWebデザインを学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!
【TechAcademy】Webデザインをゼロから学びたいならここ!
お手頃価格でWebデザインを基礎から学習!最短4週間から、自分のペースに合わせて学習可能。複数コース受講で最大60,000円もお得に!
【RaiseTech】副業に特化したWordPress副業コースがある!
実は副業で案件獲得するためのコースを開いているのはほぼRaiseTechのここだけ。Webデザインを学ぶだけではなく、副業での営業方法を学んだり、実際にスクールを受講しながら仕事をやってみたい方にはおすすめ。

関連記事

【2021】評判のよいおすすめのプログラミングスクール11社徹底比較
【実績あり】プログラミング未経験者が副業で稼ぐための手順
【在宅で稼ぐ】フリーランスのWebデザイナーになる方法一覧【独学?】