最終更新日:

この記事ではSIerに未経験から転職するためにやるべきこと」について解説します。

この記事を読んでわかること

  • 未経験エンジニアからSIerになれるのか?
  • 未経験エンジニアからSIerになるために必要なこととは?
  • 実際、未経験からSIerへの転職はやめた方がいいのか?
DAI
元々エンジニアの転職支援をしていた私の経験からもお伝えします。実際に、SIerに未経験から就職・転職するってどうなの?という悩みを持っている方は多いです。

そして結論から言うと、未経験からSIerに就職・転職することはできますが、徹底した対策を取らないと難しいです

具体的には、以下の2つです。

  • SIer業界情報を知る(入ってからのギャップなどで辞めてしまうリスクを回避)
  • 企業から求められるスキルのレベルを知り、身に付ける

ただ、未経験でありながら、上記をすべて自分一人で情報収集するのは限界があります。

また、IT・Web業界は常に変化していく分野なので、ネットに書かれている情報だけではなく、現役エンジニアのリアルな声を直接聞くこともおすすめします

もし周りに相談できる知り合いがいない場合は、IT・Web業界に強い転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

未経験からIT・Web業界に転職したい人におすすめの転職エージェント2社

未経験であれば、多方面から情報収集することで良い就職先・転職先を見つけやすいので、転職エージェントは複数登録しておくといいですよ。

DAI
未経験でも、業界の幅広い知識や最新情報に精通したプロに相談できれば、具体的なアドバイスをもらえたり、自分に必要なものを知れるので安心ですね。

【大前提】SIerとは?

SIerとは?

DAI
SIerとは、SI(System Integration)にer (〜する人)をつけた名称です。

つまり、システム開発にまつわる全ての業務を引き受けるエンジニア企業のことを指します。

SIerは自社にいてクライアントの要望に沿って開発するので、短期的なの仕事の連続となります。

SEとの違いは?

DAI
SIerとSEの違いは「企業」か「」かというところだけです。

SIerはシステム導入するためにエンジニアを派遣する「企業」であり、SEはそこで実際にシステム構築を行う「人」ということです。

SIerとSES、自社開発との業務の違いは?

SIer、SES、自社開発を以下の観点で見ていきたいと思います。

  • 働く場所
  • 作成する成果物
  • プロジェクトの長さ
SIer SES 自社開発
働く場所 自社 客先常駐 自社
作成する成果物 自社 クライアント クライアント
プロジェクトの長さ 短期 短期 長期

SESとは?

SESとは、エンジニアをクライアントに「請負契約」で派遣する業態のことを指します。

SESは客先に常駐して開発を行う派遣社員として、短期的な仕事の連続になります。

自社開発とは?

自社開発企業とは、自社にサービスを持った企業のことです。

自社開発のエンジニアは、自社サービスを開発することがメインの長期的な仕事となります。

SIerの主な企業分類

SIerには無数の企業が存在していますが、大きく分けて3つの企業分類ができます。

  • メーカー系
  • ユーザー系
  • 独立系

「メーカー系」

DAI
一般的にハードウェアメーカーのシステム部門が分離・独立して設立されたSI企業です。
親会社のハードウェア(サーバーやPCなど)と組み合わせたソリューション提案システム開発が主な業務となります。

「メーカー系」の企業例

  • 日立システムズ
  • NECソリューションズ

「ユーザー系」

DAI
商社、金融、製造系大企業のシステム部門が分離・独立して設立されたSI企業です。
親会社の案件が多く、クライアントは特定の業界や企業に絞られますが、よりユーザーに近い立場で課題解決することができます。

「ユーザー系」の企業例

  • 野村総合研究所
  • SCSK

「独立系」

DAI
母体となる企業を持たず、SIerとしてSI事業自体を目的として設立された企業です。
ユーザー系やメーカー系とは異なり、あらゆる業界・企業のシステム開発の案件を受けられます。

「独立系」の企業例

  • 富士ソフト

未経験からSIerへの転職はやめた方がいい? |将来性・平均年収

将来性がない?

上記の表は、SIer市場の売上高の推移予測です。これからの需要もあり、将来性がないとは言えません。

年収が低い?

SIerは案件をこなし続けていくという形態上、自ずと経験が物を言うことも多いです。

DAI
そういった背景から年功序列に近い雇用形態となっています。
平均年収としては450万程度です。(doda平均年収ランキング最新版【職業別】)(2021年12月13日発表)

そこまで、低いわけではありませんが、一般的には「メーカー系」や「ユーザー系」の方が「独立系」のSIerより年収が高い傾向があります。

DAI
その代わり独立系は様々な業界でシステム開発が経験できるわけです。

ブラック企業が多い?

ブラック企業が多いという話をよく聞きますが、はっきり言ってそれは企業によって様々です。

それよりもSIerを続ける上で以下のようなぶち当たる壁があると思います。

  • 基本的なコードはかけるようになるけど、そこからスキルアップができない。
  • 仕様書通りに作るだけで、インセンティブもない。

このようにSIerだと自身が働きながら成長していくようなことが難しく、働きがいという点で大きなデメリットを持っています

DAI
以下で詳しくSIerのメリット・デメリットについて解説していきます。

未経験エンジニアがSIerで働くメリット・デメリット

SIerの場合は、プロジェクトごとの受託開発がメインになります。

DAI
一緒に働くのは、自社のメンバーがメインとなります。

また、案件もクライアントの案件が終わり次第別案件に移行するので、比較的短期スパンで案件が変わります。

SIerのメリット

SIer企業で働くメリットとしては、以下の3点があります。

  • 自社での開発ノウハウが貯まっているので、技術を学習しやすい
  • 受託開発がメインなので、技術を専門に学べる
  • 未経験から比較的なりやすい

SIerのデメリット

SIerのデメリットとしては、以下の4点が挙げられます。

  • 自社でサービスを持っているわけではないので、顧客が使っている様子が見えにくい
  • 長期的な保守、運用に携われるとは限らないので、よりメンテナンス性の高いコードを書く機会が失われる
  • 自社の得意範囲以外の技術を学ぶ機会が少ない
  • インセンティブがないため、技術に対する対価がなく、スキルが向上しない

未経験エンジニアがSESで働くメリット・デメリット

SES、派遣は基本的には客先常駐で、クライアント先によって仕事内容が変わります。

また、プロジェクトごとに仕事内容が変わります。一緒に仕事をする相手は、クライアント先になります。

SESが「闇」「やめとけ」と言われる理由と、契約形態や転職について徹底解説します

SESで働くメリット

SESのメリットとしては、以下の2点です。

  • 単スパンで複数の現場に移動でき、様々な技術セットをいろいろなシステムや人から学べる
  • 比較的実務未経験でも入社しやすい

SESの場合、派遣すればすぐに売上が経ちます。

DAI
スキルがそこまでなくても、売上が立つのがSIerや自社開発との大きな違いです。

そのため、比較的未経験でも就職しやすいというメリットがあります。

SESで働くデメリット

SESのデメリットは、以下のものが挙げられます。

  • 基本的には客先常駐で、かつ自社の人員がいないので、孤独になりやすい
  • 心理的安全性を保ちながら教えてくれるような人が現場にいない可能性がある
  • 案件によって、ガチャがある
  • 会社によっては開発経験が積めない可能性がある
  • 多重請負が起こり得る(2次請け、3次請け)
  • 偽装請負が起こっている可能性がある
  • 案件がないと、自宅待機になり、給与が削られる

SES企業の案件によっては、ほとんど最下流のテストケースをただなぞるようなテスターだけの仕事しか任されないことがあります。

DAI
そうなると、開発をしたくて転職する人にとっては苦痛の可能性があります。(これを案件ガチャなんていったりします。)
SESに未経験から転職すべき?メリット・デメリットを徹底解説!

未経験エンジニアが自社開発で働くメリット・デメリット

自社のサービス、Webサイトなどの開発がメインです。

DAI
基本的には、自社サービスの開発となるので、自社で働くことになります。派遣もありません。

また、作成する成果物は自社サービスが一つの場合、ずっと同じサービスを作り続けることになります。

DAI
そのため、一つのアプリケーションを長期間で創っていくことになります。

自社開発のメリット

企業によりますが、自社開発で働く一般的なメリットです。

  • 1つのサービスを作り続けることで得られる保守性の高いコードを書く機会が得られやすい
  • エンドユーザーが見えやすい
  • 労務管理が自社なので、違法残業などが起こりにくい
  • アジャイル開発をしている
SESが「闇」「やめとけ」と言われる理由と、契約形態や転職について徹底解説します

自社開発のデメリット

自社開発のデメリットとしては、以下になります。

  • 今後エンジニアとして非常に高い成長を期待されるため、相当ポテンシャルがないと入社できない
  • 複数のサービスに携わることができないため、一つのプロダクトが好きではないと続かない
  • 複数の技術を扱う機会が少ない
  • マーケティング、企画など様々な部門とのコミュニケーションが必要になるため、開発だけに集中しにくい
  • せっかく入社しても、レベルが高いのでついていけない可能性がある
自社開発は難しい?SIer・SESよりも自社開発企業に入るべきなのか徹底解説

未経験からSIer転職を目指すなら?【ポイントと対策】

  • SIer業界情報を知る(入ってからのギャップなどで辞めてしまうリスクを回避)
  • 企業から求められるスキルのレベルを知り、身に付ける
  • キャリアアップをしていく

しかし、前提としてSIerを未経験から目指すことをあまりおすすめしません。

DAI
このように裁量権を得て、年収を上げ、キャリアアップするために学習しつづける必要があります。

しかし、SIerは仕事ではスキルアップの機会はほぼないので、研修などを終えたら、同じような案件の繰り返しです。

  • 長期的な保守、運用に携われるとは限らないので、よりメンテナンス性の高いコードを書く機会が失われる

ということです。コードを書いても、長く使われないし、高い頻度で変更されていくと仕事としてのやりがいはあまりないかもしれません。

DAI
また、キャリアアップするためには当然ながら、新しい知識・スキルが必要です。

SIerの場合は残業もあるのに、自分で仕事とは別に学習する時間を作る必要があり、アプリ開発となれば週15時間以上学習する必要があると言われる事もあります。

  • 同じような案件を繰り返すため、スキルアップがない
  • 仕事・残業以外で学習時間を作る必要がある
  • 仕事としてのやりがいがない(コードの保守性やインセンティブがない)

SIerとして同じ仕事を繰り返す事に抵抗がなければ問題ありませんが、以上の理由でSIerに未経験から目指すのはあまりおすすめしません。

SIerとして働きながらキャリアップしようとせず、まず自分でエンジニアとしての基盤を作る

  • まずは、エンジニアとしてアピールできる実績として、オリジナルアプリ制作をすることが重要

どのみち実力がつかないとエンジニアとして転職するのは難しいので、どうしても働き口が限られてきます。

DAI
そこで、オリジナルアプリがあるとポートフォリオも作りやすいし、採用する側も実績がわかり、採用につなげやすいんです。

とはいえ、独学でゼロからやろうとすると、相当時間がかかりますし、9割挫折します。

DAI
僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイト・アプリが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるからやる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

DAI
なので、今独学で躓いていたり、効率的に学びたい人は、最初からプログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

自社開発企業の転職実績も多い、ポテパンキャンプとRUNTEQなら転職サポートもしてくれます。

  • ポテパンキャンプ一から開発の流れを学べて、自社開発企業への転職に強い
  • RUNTEQ自社開発、スタートアップ企業にも通用するスキルを得られる

一見料金が高い気もするが、時間とお金を無駄にしないため、エンジニアとして仕事をするためにもスクールを検討してみる価値は十分あります。

DAI
またちゃんとエンジニアとして就職・転職できれば、ポテパンキャンプ全額キャッシュバックしてくれます。
エンジニアのポートフォリオの作り方【テンプレ公開】
エンジニアへの未経験転職事情!求人情報やおすすめのエージェントやサイトを紹介

ポテパンキャンプ

RUNTEQ

公式:https://runteq.jp/

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。

RUNTEQはスタートアップ特化の就職直結型Webエンジニア養成スクールです。

DAI
「スタートアップ転職or就職したい」という目標が明確な人におすすめです!
  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

他のプログラミングスクールと比較しても、「スタートアップで必要とされる人材育成」にかなり特化している点が特徴です。

DAI
学習コンテンツが、かなり実務に近いのが特徴で、スクールを卒業してすぐにスタートアップ企業で即戦力となれるようになっています。

転職&独立サポートでいうと、以下の特徴があります。

  • キャリアアドバイザーによるキャリアについての面談
  • 現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー
  • 現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接
  • 企業選考カリキュラム経由の企業紹介

特に、4つ目の企業紹介ですが、RUNTEQで作成された技術試験に合格した場合、RUNTEQと提携しているWeb系の企業を紹介するサービスがあります。

DAI
他にもポートフォリオのレビューや面接の模擬練習、就職関係書類の添削を行ってくれるなど本当に手厚いサービスがありますね。

プログラミングスクール修了後にスタートアップ転職をすぐに目指したい人は、RUNTEQの受講をぜひ視野に入れてみてください。

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
無料説明会も行っているので、疑問や質問がある方は申し込んでみるのがおすすめです!
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援のサポートもあるRUNTEQ。

未経験エンジニア向けの転職エージェント

企業から求められるスキルのレベルを知る

求人について詳しくみることで、企業ごとに具体的に必要な言語やスキルを知ることができます。

  • 実質もらえる給料
  • 残業等の実態
  • 非公開求人

なども見れるため、まず転職エージェントに無料登録することをおすすめします。

ワークポートに1分で無料登録する リクルートエージェントに1分で無料登録する
DAI
また30代を境に、未経験エンジニアへの転職は難しくなります。

転職エージェントの方に理由を聞いたのですが、以下3点が主な理由です。

  1. 年齢が上がると人件費を上げざるを得なくなる。30代以降で未経験を受け入れるとコストが大きくなる
  2. 30代はポテンシャル採用ではなく、即戦力採用で利用する枠。だからまず難しい
  3. 30代未経験だと、年齢が上なのに未経験なので扱いづらくなる

それはそうですよね、年齢だけ上なのに教えてください!なんて言われたら社内でもなかなかやりにくいです。

そうならないために転職エージェントを利用して、案件をたくさんみておく

では、しっかりとIT業界の知識をしっかりと理解するにはどうすればいいか。

  1. 大手転職エージェントを利用して案件をたくさんみておく
  2. 小規模の転職エージェントを利用して業界情報をキャリアアドバイザーからよくヒアリングする

未経験からエンジニアに転職する場合、ただの転職サイトではなく、転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。理由は、以下3点です。

  • 転職エージェントが、業界の情報を教えてくれる
  • 転職エージェントだと、給与交渉してくれる可能性が高い
  • 転職エージェントだと、面接対策をしてくれる可能性が高い

基本的には複数の転職エージェントに登録して、よい案件があるかどうか、またエージェントのキャリアカウンセラーの熱意があるかを比較検討しながら利用するのが非常におすすめです。

求人の見方としては確認すべきことが二つあります。

職務内容 仕事として何をするか
エンジニアという言葉の解像度ではなく
具体的に何をするかをしっかりと理解しておきましょう。
必須条件 自分になんのスキルが備わっていたら応募できるのか
ここは一番重要なので確認しておきましょう。

未経験の人や経験年数が短い人でも応募可能なエンジニアの求人は、下記の転職エージェントで比較的多く見つかりました。

  1. ワークポート:経験年数が短い人でも応募可能なIT系の求人が多い転職エージェント
  2. リクルートエージェント誰もが知っている、求人数が多い転職エージェント
【ワークポート】IT業界へ転職したい人向け
エンジニア、インサイドセールス志望の方向け!IT転職に強いエージェント。

ワークポート:IT・WEB業界への求人に強い!

画像はワークポート公式サイトから引用

ワークポートは他のIT系の求人を扱っているエージェントよりも、経験の浅いエンジニア向けの求人が充実がしているのが特徴です。

というのも、経験年数が短い状態からIT業界に転職しようとすると以下のような問題があります。

  • IT特化の専門型エージェントは、経験者(同じ業界で3年〜)向けの転職案件などが多い
  • 逆に大規模な総合型エージェント経由だと、担当者が必ずしもIT業界の知識が豊富なわけではない
DAI
そのため、ワークポートは「IT業界に転職したいけど、経験が浅いので心配」という人に特におすすめのエージェントです。

ワークポートの口コミ

利用者からの口コミ『ワークポートの良かった点は?』

・求人紹介のみでなく、これまでのキャリアや性格から、よい点も悪い点もよい意味で素直に分析をしていただき、サポートをしていただけた点。また過去の面接の内容を、口頭およびeコンシェルで教えていただけた点。
(26歳・女性)

一貫して適切で丁寧だった点。思った以上の早さで転職ができた点。対応の早さ。履歴書などのWeb作成
(24歳・男性)

連絡が早い、何度も軸を確認してくれる。メリット、デメリットもしっかりと伝えてもらえる。
(23歳・女性)

転職活動全般の注意事項や大切にすべき点を知れたこと。また、希望に沿った企業様を多数ご紹介いただけたこと。
(28歳・女性)

他社と比べて、紹介していただいた求人数や幅が多かった。また、自身が望むキャリアやフォローについて理解していただけたため、スムーズに進めることができた。
(32歳・男性)

DAI
対応の丁寧さ・早さに関するコメントのほか、「希望内容をしっかり聞いてもらえた」という口コミが多いのもポイントです!
ワークポートに1分で無料登録する

リクルートエージェントの自慢は「圧倒的」な求人数

人材業界では天下一のリクルートが運営するリクルートエージェントは、やはり圧倒的な求人数が魅力。

DAI
非公開求人の数はなんと20万件。エンジニアを募集する案件の母数も多く、さまざまな求人を比較できますね。

1分の登録で膨大な求人データベースにアクセスできるようになります。エンジニアとしての必須経験やスキル、年収を知るにも十分な情報源です。

DAI
迷ったらとりあえずリクルートエージェントの求人を漁ってみるといいと思います。
リクルートエージェントに1分で無料登録する

まとめ

ここまで、SIerだけでなくSES、自社開発についても詳しく解説してきました。

エンジニアの業務形態ではなく、どのようなエンジニアの種類があり、未経験からエンジニアになるための3ヶ条をまとめているので、参考にしてみてください。

エンジニアへの未経験転職事情!求人情報やおすすめのエージェントやサイトを紹介
また、エンジニアに最短でなるために、プログラミングスクールに通うことは有効な手段です。

未経験におすすめのプログラミングスクールについて

【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!
【CodeCamp】副業で稼ぎたいなら!
オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとして優れた実績を持つサービス。副業で稼ぎたいならWordPressコース。余裕があるならWebデザインマスターコースがおすすめ。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

詳しく知りたい方はプログラミングスクールについてもより詳しく解説した物があるので、そちらを参考にしてみてください。

【2022年最新】プログラミングスクールおすすめ11社を徹底比較!

この記事で紹介したエンジニアの案件が比較的多く存在するエージェントは下記の通りです。

  1. ワークポート経験が浅い人でも相談OKのIT系求人がある転職エージェント
  2. リクルートエージェント誰もが知っている、求人数が多い転職エージェント
【ワークポート】IT業界へ転職したい人向け
エンジニア、インサイドセールス志望の方向け!IT転職に強いエージェント。