最終更新日:2020/10/22

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが特にオススメのプログラミングスクール一覧≫

【第1位】TechAcademy未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指したい人向け! | レビュー記事
【第2位】ポテパンキャンプ
サーバーサイドエンジニアに未経験から転職して年収700万円代を目指したい人向け! | レビュー記事
【第3位】CodeCamp:未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指したい人向け!業界最安値 | レビュー記事
【第4位】RaiseTech
未経験からコードだけでなく一からの開発を学びたい人向け!|レビュー記事
【第5位】RUNTEQ若手・未経験からの採用への直結を目指す人向け!レビュー記事

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。
Rubyのスクールに行こうと思っているけど、

  • Rubyを習っても未経験では就職、転職できない
  • Rubyは独学での習得は難しい?
  • プログラミングスクールには通うべき

というような不安を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

DAI
この記事では実際の取材体験を元に、おすすめのRubyが学べるプログラミングスクールについて解説していきたいと思います。

Rubyをおすすめする理由|未経験からエンジニアを目指す人へ

それでは、数あるプログラミング言語の中で、なぜRubyをおすすめするのでしょうか。

  1. Rubyを採用しているWeb系の会社が多く、転職しやすいから
  2. 未経験からWeb系エンジニアやサーバーサイドエンジニアなどになりやすいから
  3. Rubyは比較的初学者でも未経験から学習しやすいから

以上の理由からRubyをおすすめしています。では詳しく解説していきます。

①Rubyを採用しているWeb系の会社が多く、転職しやすいから

Rubyは大手のWeb系企業にも多く使われており、転職しやすいことから初心者が学習するのにもお勧めです。

例えば、以下の様な企業でも採用されています。

  • Twitter
  • COOKPAD
  • 楽天
  • GMO

ベンチャー企業でもWeb開発のリモートワークの求人、高単価の案件、採用枠も多く、『習得=就職』につながりやすい言語の一つと言えます。

DAI
しかも、Rubyを採用している企業は比較的多くあります。

Ruby on Railsというフレームワークにも採用されたことなども採用企業が多い理由でもあると思います。同じ汎用言語のPythonなどに比べても採用している企業が多くあります。

②未経験からWeb系エンジニアやサーバーサイドエンジニアになりやすいから

Web系エンジニアとは?

Web系エンジニアとは、Webアプリ(ブラウザベースで動くアプリケーション)を開発するエンジニアです。昨今ではRubyエンジニアと言われることもよくあります

DAI
先ほど挙げたTwitterやCookpad,またInstagramなどもWeb上で使えますよね。

Google Chrome、SafariなどのWebブラウザから利用できるWebアプリケーションを開発する職種です。企業のiOSアプリなどのWeb上で使えるようにしたりできる訳です。

DAI
Web系エンジニアに必要な技術は以下のようなものになります。

フロントエンドエンジニアが扱うHTML/CSS、JavaScriptに加えて、サーバーサイドの言語を扱える必要があります。

  • 学ぶべき言語:HTML, CSS, JavaScript, Ruby, Ruby on Railsなど

Web系エンジニアは、サーバーサイド言語を取り扱うことから未経験から学習する際の挫折率が高いです。そのためスクールに行く人が多いです。

理由としては、以下の点があります。

  • Webアプリの内容も多種多様で学習項目が多い
  • Web制作などに比較して、体系的に学ぶことが難しく成果物を作りにくい
  • 未経験から独学で受注することができる案件などがほとんどないため、実績を積みにくい

つまり、インプットはすんなりいっても、アウトプットでつまずきがちやすいという特徴あるわけです。

DAI
サーバーサイド言語の学習もするので当然サーバーサイドエンジニアも目指せます。

サーバーサイドエンジニアとは?

サーバーサイドエンジニアとは、ユーザの目には見えない内部のシステム処理を扱う担当のエンジニアで、バックエンドエンドエンジニアと表現されることもあります。

  • データの検索
  • 変更
  • 保存(ログイン機能)

アプリケーションとデータベースを連携させて、主に上にあげた事を実装することなど目的としています。

DAI
Rubyは未経験からサーバーサイドエンジニアになるための未経験者向けの教育体制が整っていて、比較的未経験からの採用枠があるスタートアップの会社も多くあります。

学習すべき言語はWeb系エンジニアとほぼ一緒です。HTML/CSSは必須ではないですが、知っていると仕事に幅ができるという感じです。

DAI
こちらも難易度は高いですが、未経験でも任せられるような仕事も比較的多いです。
エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】

③Rubyは比較的、初学者でも未経験から学習しやすいから

Progateやドットインストールなど未経験者でも気軽に学べる無料のチュートリアルなどが多いです。

ちなみにPythonだと、アプリを作るまでに分かりやすいチュートリアルが結構少なかったりします。

DAI
Rubyは通常の英語に近いコードなので、初めての人でも理解しやすい文法でスムーズに学習できます。

またRubyは日本で生まれた言語なので、わからないことがあっても他の言語に比べて簡単に情報を見つけることができるでしょう。

  • 情報が簡単に見つからない
  • 日本語の文献が少ない

などはプログラミング学習を途中で挫折してしまう大きな要因です。

DAI
こういった点でもプログラミング初学者にRubyをおすすめします。

Rubyを学習するとできるようになること

Webサービスの開発

≪Webアプリケーションなど、様々なWebサービスの開発ができます≫

Ruby on Rails というフレームワークを用いれば、他のフレームワークより高速でwebアプリケーションを作ることができます。

DAI
先ほど挙げたTwitter、食べログなどのSNSブログにあるようなログイン機能いいね機能などの作成などが可能です。

最近ではhuluでもバックエンドと言われるシステム側の部分にもRuby on Rails採用されています。

DAI
huluなどサブスクリプションという月額課金型のサービスはこれから増えてくると思います。

そういった点でもこれからの時代に需要があると言えるでしょう。

Rubyスクールの選び方|オンライン・値段・転職?

では次に、どのような観点でスクールを選んだらいいのか?

  • 受講環境:オンラインか教室か併用か。
  • 価格感:プログラミングスクールの受講料は10万円〜50万円ほどが相場です。
  • 転職支援があるか:スクールによっては転職エージェントを持ち合わせている・いない等様々です。(ポートフォリオの作成なども)
  • 講師のレベル:スクールによってまちまちです。

① オンラインかどうか

今すぐ行動したいけど、コロナウイルスの影響でスクールに通うということがネックになっている方も多いと思います。だからこそ今から紹介するスクールは全てオンライン受講が可能です。

DAI
最近ではほとんどのプログラミングスクールでオンラインでの学習が可能です!

② 価格感

大体の価格帯は15万〜50万と振れ幅が大きく、学習期間なども様々です。

転職特化スクールになればなるほど価格が上がります。ですので、就職・転職がメインの目的の場合は、少し値は張りますが、難易度の高いスクールがおすすめです。

③ 就職、転職サポートの有無・品質

Rubyの学習を目的としているところ、会社概要など転職先の情報共有もしてくれるサポートをしているところまでスクールの特色は様々です。

④ 講師のレベル

現役で活躍するエンジニアが講師の場合が多いですが、レベルの高い講師になればなるほど、価格帯は自ずと高くなるといった感じです。

Rubyスクールおすすめ5社比較

まず結論からいうと、以下の5社です。

まず、比較的お手頃なRubyプログラミングスクールがこちら

  • TechAcademyなるべく安く最速で学びたい人向け!|
  • CodeCampマンツーマンレッスンで受けたい人向け!
【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

次に、転職特化のRubyプログラミングスクールはこちらです。

  • RaiseTech未経験からコード+ 一からの開発を学びたい人向け!
  • ポテパンキャンプ ポートフォリオなどがあり、より経験を積みたい人向け!
  • RUNTEQ若手・未経験からの採用への直結を目指す人向け!
【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

ここからおすすめの各スクールを詳しく解説をしていきます。

比較的お手頃なRubyスクール

TechAcademy :なるべく安く最速で学びたい人向け!


【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥149,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、とにかく他のプログラミングスクールと比較しても安いのが魅力的な点。

TechAcademyは、オンラインのプログラミングスクール。

特に、お手頃な価格で、Web系プログラミングを学びたい人にはまさにおすすめです!

TechAcademyの公式ページを開く

主な特徴としては、以下の通りですね。

  1. 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  2. オリジナルアプリ作成までの、サポートが手厚い

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマン。

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

をしてくれます!

Webアプリケーションコースでは、最終的には簡単な通販サイトを作っていきます。

最初にWebサイト作成からスタートして、最後にWebアプリを作っていきます。

エラーが出て、困ったらSlackというチャットツールで、質問すると、15時から23時の間なら、数分でメンターの方が答えてくれます。

躓いている時間ってすごくモヤモヤするのですが、レスポンスが早いとかなりサクサク進められて心地よいです。

また、未経験の時って、「何を質問していいか分からない」「どこからわかってないかすら分からない」って状態で、なかなかテキストで質問しにくいと思うんです。

TechAcademyなら、週に2回もオンラインメンタリングができるので、躓いて学習が止まってしまうことはほぼないでしょう。

カウンセリング後も、ちゃんと一人ひとりにコメントをくれます。

モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、一人で挫折しやすいプログラミング学習も、オンラインでも挫折せず進められると評判です。

②オリジナルアプリ作成のサポートが手厚い

TechAcademyのカリキュラム、実はオリジナルアプリ作成のサポートまでやっています。Lesson9にありますね。

ここで実際にオリジナルアプリを作っていきます。ここで作ったアプリは、そのままポートフォリオとして転職活動に活かせますね。

実際にTechAcademyの受講生が作成したポートフォリオの中には、こんなアプリがあります。

特に転職活動のためのポートフォリオは超重要で、これがないと転職活動ができないといっても過言。

そのポートフォリオに、プロのエンジニアからフィードバックをもらい放題なのは、かなり魅力的です。

 

ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechacademyがおすすめです。

公式サイト:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

※更新情報 2020年5月
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
普通に学ぶ場合よりも30,000円〜60,000円もお得になるようです。

Code Camp:講師との距離が近い授業を受けたい人向け!(マンツーマンレッスン)

Code Camp公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

CodeCampの「Rubyマスターコース」はRubyでのWebサービス開発に挑戦できるコースです。

学習言語 Ruby,  Ruby on Rails, HTML5/CSS3, JavaScript, jQuery,
受講場所 完全オンライン
期間 4週間~12週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥148,000 / 2ヶ月プラン
¥248,000 / 4ヶ月プラン
¥298,000 / 6ヶ月プラン
全額返金保証 なし
転職紹介 なし
  • 8週間プラン:148,000円(+入学金30,000円)〜

価格感は、以上で挙げた通りで比較的お安く受けることができます。

他にも、

  • 友達紹介で10,000円分のAmazonギフト券プレゼント
  • 体験レッスン受講で10,000円分のクーポン券をプレゼント
  • 分割払い可能《3〜36回払い》
  • 試しに授業が受けられる無料体験レッスンあり
  • 疑問点などを詳しく質問できる無料カウンセリングあり

などといったさらにお得なキャンペーンもあります。

最後にCodeCampのメリットとデメリットを簡潔に説明しておくと、

メリット

  • マンツーマンのビデオ授業なので、プロの講師の方が丁寧に受講者のペースに合わせて教えてくれる
  • 厳正な選考を通過した現役エンジニアの人しか講師として雇っていないので、講師の方たちのレベルがとても高い

デメリット

  • TechAcademyと比べてしまうと、1ヶ月プランがなかったり入学金があったりして少し料金が高くなってしまう

受講をオススメする人

  • 丁寧にマンツーマンで教えて欲しい人

ということで評価は以下のようになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

無料体験キャンペーン&無料カウンセリングもやっているので、興味のある方はぜひ申し込んでみましょう!

Code Camp公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

転職特化のRubyスクール

RaiseTech:未経験からコードだけでなく一からの開発を学びたい人向け!

公式:
https://raise-tech.net

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

RaiseTechは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に他のサービスと異なる点は、以下の2つです。

  • 講師は全員単価80万円以上の、現役エンジニア
  • 現場レベルのスキルが身に付くカリキュラム
学習言語 Ruby, Ruby on Rails, AWS,DB(MySQL)
受講場所 完全オンライン
期間 4ヵ月間
講師 月単価80万以上の現役エンジニアのみ
主なサポート ・10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)でオンライン質問対応
料金 通常:¥346,500 学割:¥217,800
転職紹介 受講生限定Slack内でのキャリアサポートや仕事の紹介

今まで紹介したのは、ほとんどWeb系のスキルが学べるプログラミングスクールなんですよね。

DAI
スクール卒業後に本気で稼いでいきたい!という方には、他のスクールよりも圧倒的にRaiseTechがおすすめです!

一方でクラウドサービスを利用したインフラ系のサービス(AWS, GCP)は需要が大きいのに、ほとんどのプログラミングスクールでは、そのスキルを学べる機会が少ないというのが現状でした。

RaiseTechにはインフラ周りのコースがあるため、Javaエンジニアやインフラエンジニアに興味がある方にもぜひおすすめできるスクールとなります。

こちらのスクールも、実際に取材してみました。

【体験談】RaiseTech(レイズテック)の口コミ・評判は?実際に受講して感じたこと一挙まとめてみた!

受けてみてとても転職支援がしっかりとしている印象でした。

というのも、しっかりと実務経験が得られる会社さんとのコネクションがあるので、転職サポートもかなりしっかりとしている印象です。

一方で、こちらもポテパンキャンプやRUNTEQと同じように、本格的に転職したい方ではないと、多分脱落します。

ということで、RaiseTechの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

RaiseTechを受講して、思ったことですが、転職する方なら、

  • Web系でなくてもよいので、しっかりと最初の実務経験を身に付けたい方
  • ある程度自分で学んでしっかりと進められそうな方

には、おすすめできるプログラミングスクールなのではないかと思います。

公式:
https://raise-tech.net/

【RaiseTech】本気で転職したいなら!
講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ。本気で転職したい社会人向けです。

ポテパンキャンプ :ポートフォリオなどがあり、より経験を積みたい人向け!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 3ヶ月間(13週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・コードレビュー
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 選抜クラスキャリアコース ¥ 250,000
選抜クラスビギナーコース ¥ 300,000
オープンクラス ¥ 150,000
全額返金保証 転職成功時に全額キャッシュバック
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプのいいところは、上げるときりがないのですが、3つに絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格+転職成功で全額キャッシュバック!

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに5社くらいプログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思う。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。
【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

転職に成功すると、まさかの全額キャッシュバック!

ポテパンキャンプは、ポテパンキャンプが紹介する自社開発の企業に転職に成功したら全額キャッシュバックなんです。

要は、30万円はらって学んでいたプログラミングスクール代が、転職したら実質タダになるんです。めちゃくちゃお得じゃないですか?

エンジニア転職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実質無料でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方だけどうぞ!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

RUNTEQ:若手・未経験からの採用直結を目指す人向け!

公式:https://runteq.jp/
レビュー記事:RUNTEQ(ランテック)の評判は?実際に受講してみて感じてよかった点、悪かった点【体験談】

RUNTEQの「Railsエンジニアコース」でもRubyでのWebサービス開発について学ぶことができます。

コース名 Railsエンジニアコース
料金 298,000 円
期間 12-24週間
分割
公式 https://runteq.jp/
  • 298,000 円(税別)
  • 3-6ヶ月

価格感は、以上のようになっており、最大6ヶ月298,000 円で学ぶことができます。

「格安なコースを受けたい」「初心者なので優しいコースを受けたい」という方は150,000円で最大3ヶ月受講できる「Web教養コース」をオススメします!

RUNTEQのメリットとデメリットを簡潔に説明しておくと、

メリット

  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

デメリット

  • Web制作領域で、フロントエンド エンジニアになりたい方には向かない
  • 「Railsエンジニアコース」は少し料金が高い

受講をオススメする人

  • Web系スタートアップのエンジニアとして転職したい人
  • 学生のうちに、Web系エンジニアとしてインターンで採用されたい方

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

無料説明会も行っているので、疑問や質問ががある方は申し込んでみると良いと思います。

また、公式ホームページでは無料でお試し学習カリキュラムを受講することができるので、実際の授業がどんな感じか気になる人はぜひ受けてみてください!

公式:https://runteq.jp/
レビュー記事:RUNTEQ(ランテック)の評判は?実際に受講してみて感じてよかった点、悪かった点【体験談】

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

まとめ

以上各スクールについて述べてきました。

Rubyは比較的学習環境が整っていて、かつ採用している企業もたくさんあることから未経験から就職・転職しやすいことは明白です。

迷ったらまずは、プログラミングスクールのオンライン無料体験も手だと思います。

紹介したRubyスクール一覧

【失敗しない】本気でおすすめできるプログラミングスクール厳選6社徹底比較