最終更新日:2020/07/03

Rubyのスクールに行こうと思っているけど、

  • Rubyを習っても未経験では就職、転職できない?
  • プログラミングスクールは何を基準に決めればいい?
  • プログラミングスクールには通うべき?

のような不安を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では実際の取材体験を元に、おすすめのRubyが学べるプログラミングスクールについて解説していきたいと思います。

Rubyを学ぶべき理由

それでは、数あるプログラミング言語の中で、なぜ、Rubyを学ぶ必要があるのでしょうか。

  1. Rubyを採用しているWeb系の会社が多いから
  2. 未経験からサーバーサイドエンジニアになりやすいから
  3. Rubyは比較的初学者でも未経験から学習しやすいから

です。詳しく解説していきます。

 ①Rubyを採用しているWeb系の会社が多いから

Web開発においてRubyを採用している会社は多くあり、Twitter、COOKPADなどにも利用されています。

ベンチャー企業でもWeb開発のリモートワークの求人も多く、高単価の案件なども比較的多く存在するため採用枠も多く、『習得=就職』につながりやすい言語の一つと言えます。

Ruby on Railsというフレームワークにも採用されたことなども採用企業が多い理由でもあると思います。同じ汎用言語のPythonなどに比べても採用している企業が多くあります。

関連記事:[2020年最新] Pythonや機械学習が学べるプログラミングスクール厳選3つ

②未経験からサーバーサイドエンジニアになりやすいから

サーバーサイドエンジニアとは、ユーザの目には見えない内部のシステム処理を扱う担当のエンジニアで、バックエンドエンドエンジニアと表現されることもあります。

アプリケーションとデータベースを連携させて、情報の検索、変更、保存(ログイン機能)などを可能にすることなど目的としています。

Rubyは未経験からサーバーサイドエンジニアになるのに多くの未経験者向けの教育体制が整っていて、比較的未経験からの採用枠があるスタートアップの会社も多くあります。

未経験でも任せられるような仕事も比較的多いです。

③Rubyは比較的、初学者でも未経験から学習しやすいから

Progateやドットインストールなど未経験者でも気軽に学べる無料のチュートリアルなどが多いです。(ちなみにPythonだと、アプリを作るまでに分かりやすいチュートリアルが結構少なかったりします。)

Rubyのスクールの選び方

では次に、どのような観点でスクールを選んだらいいのか?

  • オンラインかどうか
  • どのレベルまで(基礎 ~ 応用)
  • 就職、転職サポートの有無・品質
  • 価格
  • 目的(転職・就職or学習)
  • 対象(学生、社会人)

以上のことを観点に各スクールを比較していきたいと思います!

① オンラインかオフラインか

今現在すぐ行動したいけど、コロナウイルスの影響でスクールに通うべきかなと迷っている方も多いと思います。

そんな中、オンライン受講が可能かどうかは大きい要素であります。

② どのレベルまで(基礎 ~ 応用)

基礎:既存アプリのクローンなど(メルカリ、Twitter、Instagram、など)

応用:即戦力となるレベルまで(テストコード、新規機能、オリジナルアプリ、レビュー)

などのレベルの把握も必要だと思います。

③ 就職、転職サポートの有無・品質

Rubyの学習することを目的としているところ、会社概要など転職先の情報共有もしてくれるサポートをしているところまで様々なスクールの特色があります。

価格帯

大体の価格帯は15万〜70万と振れ幅が大きく、学習期間なども様々です。

目的(就職・転職、学習など)

そもそもの目的が就職・転職なのかもしくは学習なのかは目的別に合わせて、スクールを選ぶ際に参考にしたいところです。

対象(学生、社会人)

スクールの対象としているところが、学生主体なのか社会人の就職・転職を目的としているのかなども選ぶ際に重要視されると思います。

Rubyが学ベるプログラミングスクール5社比較

まず結論からいうと、以下の5社です。

  1. なるべく安く最速で学びたいなら「TechAcademy
  2. マンツーマンレッスンなら「CodeCamp
  3. 未経験からコードだけでなく一からの開発を学びたいなら「RaiseTech
  4. ポートフォリオなどがあり、より経験を積みたいなら「ポテパンキャンプ
  5. 若手・未経験からの採用直結なら「RUNTEQ

ここからおすすめの各スクールを詳しく解説をしていきます。

なるべく安く最速で学びたいなら「TechAcademy」

公式サイト:
https://techacademy.jp/

おすすめ度:
★★★★☆(3.8)

学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥149,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、一人ひとり専属の現役エンジニアがサポートしてくれるので、つまづいてもすぐに解決できます!

TechAcademyの特徴としては、以下2点ですね。

  • 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • 受講生限定の特別スカウトサイトがある

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

講師が複数いるスクールだと、どうしても受講者から情報を取りにいかないといけないです。

たとえば、A先生に相談して、次の週にB先生になったら、A先生に伝えていたことをもう一度B先生に伝えなかったりしなければいけない。。。

でも、Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマンなので、

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

をしてくれます!

また、モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、オンラインでも挫折しにくい仕組みになっています。

以前、TechAcademyの卒業生の「もってぃさん」という方に、受講者インタビューをして、こう伝えてくれました!

mottyさん
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。
【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

僕も実は友達で受講している人がいて、カリキュラムを見たことがあったのですが、かなりしっかりと作りこまれているなぁという印象があります。

②受講生限定のスカウトサイトがある

最後に、TechAcademyでは、IT系の求人を持った「Techacademyキャリア」というサービスがあります。

求人の内容的には、一部自社開発求人があるようです。

mottyさんはこちらのサービスを利用して、転職をされました。

mottyさん
この転職サービスを利用して、こちらに挙がっている求人から応募したという感じです!応募→書類選考→面接(1次のみ)という流れでした。面接ではその日の内に、採用担当者+現場エンジニアの面接、会社代表の面接の合計2回を行いました。

ただ一方で、紹介される案件はメインでSESが多いようです。こちらについても、mottyさんは以下のように伝えてくださいました。

mottyさん
微妙だなと思った点が1つあって、転職サービスの求人がSESが多い所です。Twitterやブログなどの情報から、未経験ながらSESには良いイメージを持っていなかったのですが、求人を出してる会社で、特定派遣などの情報が有れば応募はせず、特定派遣と書いていなくてもWebで調べるとSESと判明することが多かったです。なので応募する会社は入念に調べていました。

確実に自社開発の会社に行きたい場合は、ポテパンキャンプさんのようなスクールを利用してみるのもいいでしょう。

現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!【PR】

ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechacademyがおすすめです。

公式サイト:
https://techacademy.jp

Techacademyで無料体験してみる

※更新情報 2020年5月
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,000円〜60,000円もお得になるようです。

マンツーマンレッスンなら「CodeCamp」

公式:https://codecamp.jp/
取材記事:

  • オンライン:◯(通学なし)
  • どのレベルまで(基礎〜応用):基礎〜
  • 就職、転職サポートの有無・品質:キャリア相談のみ
  • 価格(税込):[4ヶ月]278,000円(分割有)
  • 目的:自分のペースで学習
  • 対象(学生・社会人):学生、フリーランス向け

 

CodeCampの特徴

・マンツーマンレッスン

・現役エンジニアによる授業

・365日7~24時の間どこでも受けられる

CodeCampはマンツーマンによるオンライン授業が特徴としてあげられ、プログラミング経験0から、自前でwebサイトを作れるスキルを習得したい方におすすめです。

RubyマスターコースにおいてはHTML/CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails を扱います。

料理レシピ検索サイト、フリマサイト、画像投稿サイト、いいね・フォロー機能などの機能作成の取得を目指すレッスンとなっています。

現役エンジニアによるオンライン授業で365日7~24時の間どこでも受けられ、週のレッスン回数は無制限であるので、自分のペースで学習することができます。

興味のある人はとりあえず一度無料の体験をお勧めします。

  • 講師陣の質の高さ:★★★☆☆
  • 就職支援:★☆☆☆☆
  • レベル:★★☆☆☆
  • 値段の安さ:★★★☆☆

CodeCamp
【複数のメンターに教えてもらえる】

未経験からコードだけでなく一からの開発を学びたいなら「RaiseTech」

公式:https://raise-tech.net/
取材記事:RaiseTechを実際に受講してみた感想

  • オンライン:◯(通学なし)
  • どのレベルまで(基礎〜応用):~ 応用
  • 就職、転職サポートの有無・品質:キャリア支援なし
  • 価格(税込):[4ヶ月]346,500円(分割有)
  • 目的:現場で通用する開発技術習得
  • 対象(学生・社会人):エンジニア転職したい社会人向け

 

RaiseTechの特徴

・講師は月単価80万円以上のエンジニアのみ

本気で転職したい

・現場で通用する技術を一通り習得

RaiseTechは本気で転職したいと考える社会人向けのスクールです。未経験から現場で通用するエンジニアになることはできますが、その分本人のやる気を要すると思います。

とにかくエンジニアに転職したい人や、ある程度の知識があり、より成長したいと考える学生にもおすすめできます。フルスタックエンジニアの一歩を進めると思います。

プログラミングにおいてコーディングができても、環境構築やインフラ周りの知識がないと、本格的な開発はできません。

RaiseTechのAWSフルコースはRubyコーディングだけではなく、クラウドサービスであるAWS上でのインフラ構築、インフラのコード化、自動化、DevOps、Dev(開発側)Ops(運用側)のシステム理解など現場の技術が学べます。

  • 講師陣の質の高さ:★★★★☆
  • 就職支援:★★☆☆☆
  • レベル:★★★★☆
  • 値段の安さ:★★★☆☆

RaiseTech(レイズテック)
本気で転職・副業を検討しているなら

ポートフォリオなどがあり、より経験を積みたいなら「ポテパンキャンプ 」

公式:https://camp.potepan.com/
取材記事:現場より厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー

  • オンライン:◯(通学なし)
  • どのレベルまで(基礎〜応用):~ 応用
  • 就職、転職サポートの有無・品質:キャリア支援あり
  • 価格(税込):[3ヶ月]250,000円(分割なし)
  • 目的:自社開発等の即戦力に
  • 対象(学生・社会人):転職したいエンジニア向け

 

ポテパンキャンプの特徴

・就職支援を前提としたスクール

・エンジニア転職に特化

・自社開発の即戦力

ポテパンキャンプは転職したいエンジニア向けのスクールです。オープンコースもありますが、実経験はないがエンジニアとしての知識がある人向けです。

このスクールは自主学習がある程度できる前提なので、完全未経験の方にはあまりおすすめしません。

現場より厳しいとの声もありますが、その分自社開発をしているような会社のみを紹介しているため、キャリアアップしたい方におすすめするスクールです。

チームでの開発も学べ、ポテパンキャンプの現役エンジニアや東証一部上場企業のエンジニアから細かいレビューもいただけるので、成長実感を得ながら力をつけて行くことができます。

  • 講師陣の質の高さ:★★★★☆
  • 就職支援:★★★★☆
  • レベル:★★★★☆
  • 値段の安さ:★★★☆☆

ポテパンキャンプ:未経験からの就職実績がNo1のRuby特化スクール
転職で全額キャッシュバッグ。エンジニア転職したいなら絶対にココ

若手・未経験からの採用直結なら「RUNTEQ」

公式:https://runteq.jp/
取材記事:【体験談】RUTEQ(ランテック)の評判は?実際に受講してみて感じたよかった点、悪かった点?

  • オンライン:◯(通学なし)
  • どのレベルまで(基礎〜応用):基礎 ~ 応用
  • 就職、転職サポートの有無・品質:キャリア支援あり
  • 価格(税込):[3ヶ月]150,000円(分割なし) ~
  • 目的:Web系のスタートアップエンジニアに
  • 対象(学生・社会人):スタートアップで働きたい学生、社会人向け

 

RUNTEQの特徴

・就職直結

Ruby on Railsに特化

・スタートアップ企業に

RUNTEQは未経験からスタートアップエンジニアになるには適したスクールです。またRuby on Railsに特化しているので、Rubyエンジニアとしては申し分ない知識を学べます。

コースは様々ありますが、難易度が高いコースになればなるほど、それだけ現場レベルのエンジニア力がつきます。

テストコードでレビューなども行っているため、よくわからないままとりあえず動いたということはありません。

未経験からスタートアップで働きたい学生、社会人におすすめのスクールです。

  • 講師陣の質の高さ:★★★★☆
  • 就職支援:★★★★★
  • レベル:★★★★☆
  • 値段の安さ:★★★☆☆

RUNTEQ(ランテック)
スタートアップのエンジニアになりたいなら

まとめ

以上各スクールについて述べてきました。

Rubyは比較的学習環境が整っていて、かつ採用している企業もたくさんあることから未経験から就職・転職しやすいことは明白です。

迷ったらまずは、プログラミングスクールのオンライン無料体験も手だと思います。