最終更新日:

【Web制作会社に就職したい場合におすすめのプログラミングスクール】

【サーバーサイドエンジニアになりたい場合におすすめのプログラミングスクール】

【社会人向け:情報収集のために登録しておくべき転職エージェント】

プログラミングを学んで就職・転職できても、望んだ就職・転職先に行けるとは限らない。

実際、プログラミングスクールに行って就職・転職成功している人の中でも、必ずしも自分が思っていたような働き先を見つけられているわけではありません。

DAI
僕自身、元プログラミングスクール運営者で、かつ転職エージェントなどにインタビューしている経験上、かなりの数の「プログラミングを学んで転職したい!」という方にお会いしてきました。

ですが、自分が希望されているキャリアに転職している人が多いかというと、結構怪しいの現実です。

例えば、以下の様なケースがあります。

  • 新卒でエンジニアになれると思って就職した会社で、まったくコードを書くことができなかった
  • 転職エージェントで、コードを書く求人を渡してもらえなかった

さて、なぜこういう問題が起こるか。それは、「プログラミングを学んで就職・転職するうえで、大切なことを知らないから」だと思うんです。

DAI
そこで今回は、プログラミングを学んで就職するうえで知っておくべき大切なことについて、じっくりと解説していきたいと思います。

プログラミングを学ぶと、就職に有利な3つの理由

プログラミングを学ぶと、就職・転職後に非常に有利になります。実際の事例も合わせて、理由を解説していきますね。

  1. どの現場でもITが利用されているから
  2. プログラミングが分かる〇〇の重要性が上がっているから
  3. そもそもプログラミングを学んでエンジニアになると、需要が常にあって転職しやすいから

①どの現場でもプログラミングが利用されているから

コロナの影響でどの業界でも急速にデジタル化が進んでおり、どの職場でもIT技術を扱えることができる人材の価値は上がっています。

DAI
実際、IT研修で最低限のプログラミング知識を学習することを必須としている会社も増えています。

実際、プログラミングの基礎が分かっており、他のビジネスツールの利用が分かっているだけでかなり業務の効率化を進めることができるので、今後ますます利用は進んでいくことが予想されます。

②プログラミングが分かる〇〇の重要性が上がっているから

次に、「プログラミングが分かる〇〇」の重要性が日に日に増しているからです。

例えば以下の様な例があります。

  • 「プログラミングが分かる営業マン」→テレアポする会社を自動抽出して業務効率化
  • 「プログラミングが分かるカスタマーサポート」→年収が高いIT産業で就職可能
DAI
営業マンの例の方は私の知人なのですが、やはりプログラミングがわかるとそれだけ年収が上がるチャンスなのだなと感じました。

③そもそもプログラミングを学んでエンジニアになると、需要が常にあって転職しやすいから

最後に、プログラミングを学んでエンジニアになると、就職や転職で苦労しないという点が挙げられます

DAI
このようにリモートワークの求人を探す人が増え競争が激化している中、周りのエンジニアを見るとかなり仕事が増えていました。

Webにどんどん仕事が移動している中、優秀なエンジニアの需要が高まり、ますますエンジニアは仕事に困らなくなっていくなという感覚があります。

プログラミングを学んで就職するうえで大切な3つのこと

結論からいうと、以下3点です。

  1. IT業界の知識をしっかりと身に付けて、「どのエンジニアになるべきか」をしっかりと理解する
  2. 転職エージェントは、未経験で成果物がない人には、コードを書く職種に転職支援しにくいという、エージェントの事情を理解する
  3. 30代を境に、未経験エンジニアへの転職は難しくなる
DAI
いざ就職・転職してから「思っていた仕事と違う…」ということのないよう、この3つは必ず理解しておきましょう。

順に説明していきますね。

①IT業界の知識をしっかりと身に付けて「どのエンジニアになるべきか」をしっかりと理解する

まず、IT業界の知識をしっかりと身に付けましょう。エンジニアと言っても、いろいろとあります。

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • テストエンジニア

また、雇用体系としてもいろいろなパターンがあります。

  • 自社開発
  • SES
  • 客先常駐

これらの言葉をしっかりと理解したうえで、自分自身がどの形態で働いて、しっかりとやりたい仕事を明確にしておきましょう。

②未経験で成果物がない人がコードを書く職種に就くのは難しい事情を理解する

次に、就職、転職です。よく聞くあるあるのNGパターンを紹介します。

  • 「あ~エンジニアになりたいなぁ。とりあえず求人一覧を見よう」
  • 「あ!未経験でも可能な職種発見!応募しよ!あ、内定した!」
  • 「こんな仕事だと先に知っていたら、就職しなかったのに。スキルも上がらないし困った」

このパターン、エンジニアの未経験就職や転職で、めっちゃくちゃ多いです。(かくいう私も新卒で入った会社はこれでした)

まず、大前提として。未経験で誰でもOKな職種職種というのは、だれでもできる仕事です

DAI
なので、給与も低く、今後のスキルもなかなか上がりにくい職種なんですよね。

「じゃあ未経験だったらどうやって就職、転職すればいいのよ?」って声が聞こえてくるんですが、とりあえずオリジナルアプリを作ってください。

先日、ツイッター上で以下のようなツイートをしました。

このツイートに返信してくださったエンジニアさんで特に多かったのは、とにかく自分でアプリ作れって意見なんですよね。

例)Webアプリで

・HTTPの基礎やDBの基礎が大体分かっている
・オリジナルアプリを一般公開している
・オリジナルアプリでテストを書いたことがある

とかまでしてたらあんまり技術面では不安にはならない気がします。

つまり、ここまでできてはじめてポテンシャルが評価されるってことなんですよね。

③30代を境に、未経験エンジニアへの転職は難しくなる

さて、最後です。30代を境に、未経験エンジニアへの転職は難しくなります。

これは転職エージェントの方に理由を聞いたのですが、以下3点が主な理由です。

  1. 年齢が上がると人件費を上げざるを得なくなる。30代以降で未経験を受け入れるとコストが大きくなる
  2. 30代はポテンシャル採用ではなく、即戦力採用で利用する枠。だからまず難しい
  3. 30代未経験だと、年齢が上なのに未経験なので扱いづらくなる

それはそうですよね、年齢だけ上なのに教えてください!なんて言われたら社内でもなかなかやりにくいです。

【社会人向け】登録しておくべきおすすめの転職エージェント

では、しっかりとIT業界の知識をしっかりと理解するにはどうすればいいか。

社会人の方で、これからプログラミングに携わる仕事に転職したいと考えている方向けに解説します。

プログラミングを学ぶうえで転職エージェントに登録すべき理由

  1. 大手転職エージェントを利用して案件をたくさんみておく
  2. 小規模の転職エージェントを利用して業界情報をキャリアアドバイザーからよくヒアリングする

未経験からエンジニアに転職する場合、ただの転職サイトではなく、転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。

理由は、以下3点です。

  • 転職エージェントが、業界の情報を教えてくれる
  • 転職エージェントだと、給与交渉してくれる可能性が高い
  • 転職エージェントだと、面接対策をしてくれる可能性が高い

基本的には複数の転職エージェントに登録して、よい案件があるかどうか、またエージェントのキャリアカウンセラーの熱意があるかを比較検討しながら利用するのが非常におすすめです。

求人の見方としては確認すべきことは二つあります。

職務内容 仕事として何をするか
エンジニアという言葉の解像度ではなく
具体的に何をするかをしっかりと理解しておきましょう。
必須条件 自分になんのスキルが備わっていたら応募できるのか
ここは一番重要なので確認しておきましょう。

特に最近はコロナの影響で求人の数が減っていたり、求められるスキルが上がってきていたりするなど、転職市場の変化が激しいです。

僕自身、エンジニア転職をしていた時に、実際に現役のエンジニアや採用担当の人と会って話して、転職市場の話を聞きましたが、「全然ネットと書いてあることが違うじゃん」と驚きました。

そのため、ネットの情報だけを信じて情報収集するのではなく、IT領域に強い転職エージェントのキャリアアドバイザーにキャリア相談しましょう!

\IT業界の情報収集におすすめの転職エージェント/

  • ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/
    IT転職に強い。IT未経験求人が多く、もともとIT系特化の転職エージェントなので、キャリアアドバイザーがIT業界にかなり詳しいです。
  • リクルートエージェント(公式:https://www.r-agent.com/
    エンジニアの未経験求人数No1。未経験向け求人が圧倒的に多いので、IT業界全体の動向を理解するうえで無料登録しておきましょう。
  • doda(公式:https://doda.jp/
    リクルートエージェントに次いでエンジニアの未経験求人数No.2。ワークポートやリクルートエージェントにない求人を探すのにおすすめ。
  • マイナビエージェント(公式:https://mynavi-agent.jp/
    他のエージェントが所有していないような独占求人を数多く所有しているため、より網羅的にIT求人を見たい方にはおすすめです。
DAI
より信頼性の高い情報を収集するためには、1つのエージェントの情報を鵜呑みにするのではなく、最低でも2つ以上のエージェントから話を聞くのがおすすめです。

※最新情報(2021年5月追記)
現在はリモート面談を実施できます。僕自身も家にいながら面談することができました。

それぞれのエージェントの特徴を解説します。

ワークポート

ワークポートLP

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

拠点 東京 / 札幌 / 仙台 / 高崎 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 高松 / 北九州 / 福岡 / 熊本
求人数 約7.7万件(2022年6月現在。非公開案件を含む)
強み 元IT専門・転職エージェントの豊富な知見
・専門性の高いキャリアカウンセリング
未経験OK・第二新卒向け求人あり
おすすめな人 未経験からIT業界に転職したい人
・IT業界の求人を幅広く知りたい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、以下の2点です。

  • キャリアアドバイザーのIT領域に対する専門性が高い
  • 未経験でも応募できる求人が多い

ワークポートは、「ITビジネス領域に特化したエージェント」から「総合型エージェント」にサービスを拡大した背景もあり、特にIT領域において実績と知見が豊富です。

そのため、IT業界の求人に強いことはもちろん、キャリアカウンセリングの専門性が高いことでも評判です。

DAI
実際に過去にワークポートを利用しましたが、IT領域に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらえました。

また、一般的な転職エージェントでIT求人を探すと、「経験者向け」がほとんどで、未経験者が応募できる求人は少なくなっています。

そのため、未経験からIT業界へ転職を目指す方にとってワークポートは、希少な転職エージェントになっています。

登録は無料なので、ぜひ登録して実際の求人を見てみましょう。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、多くの求職者が利用している大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、転職するならまずはリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

求人数 公開求人 153,900件
非公開求人 208,537件
エンジニア 65,302件
マーケティング 4,494件
セールス 8,478件
Webデザイナー 1,822件
ライター 76件
Webディレクター 265件

IT系の求人数(2022年1月現在、各職種の該当検索数)

登録すれば非公開案件も見られるようになるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。

現在は電話面談やオンライン面談も可能なほか、IT未経験の求人もあります。

アドバイザーの質にばらつきがあるというデメリットもありますが、申し出れば担当アドバイザーの変更も可能です。

登録すると

  • より詳細な求人が見られるように
  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活・転職対策をしてもらう

など、自分の状況に合ったサポートを受けることが可能です。

3分ほどで無料登録することができるので、ぜひ一度相談してみましょう!

リクルートエージェント公式: https://www.r-agent.com/

doda

dodaは、パーソルキャリアが運営している大手転職サービスです。

転職サイトと転職エージェントの両方を持っているので、求人検索から応募まで一つのサービスで行うことが可能です。

常に豊富な求人数を取り扱っており、自分にあった転職先の候補を増やすことができます。

利用者満足度も高く、サポートの質が良いエージェントです。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は、特に20代の利用者から支持されている転職エージェントです。

DAI
マイナビエージェントにしかない独占求人を多く持っています。

求人数はリクルートエージェントやdodaには劣りますが、中小企業やベンチャー企業など、リクルートエージェントではみられないような穴場求人が多いです。

中小企業やベンチャーなどの中規模以下の会社に興味がある方なら、マイナビエージェントはおすすめです。

プログラミングを学んでエンジニア就職するには?

【STEP1】プログラミング基礎・IT業界の知識を学ぶ

まずは無料でOKなので、基礎を2週間で学びましょう。

プログラミングの基礎はProgateで十分です。

Web制作会社に就職したい場合に学ぶべき言語

・HTML
・CSS
・JavaScript
・jQuery
・BootStrap

サーバーサイドエンジニアになりたい場合に学ぶべき言語

・HTML
・CSS
・JavaScript
・Ruby(Ruby on Rails)またはPHP(Laravel)
・Bootstrap

IT業界の情報に関しては、社会人の方であれば『ワークポート』や『リクルートエージェント』のような転職エージェントを利用するのが良いかと思います。

また最近ではTwitterやYouTubeでも良質な情報が転がっているので、そちらも参考にしましょう。

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職に強いエージェント。

【STEP2】ポートフォリオを作成する

経験者・未経験者を問わず、制作実績については応募者のスキルの度合いや、仕事に対する姿勢などを評価する判断材料となるため、ポートフォリオの有無は必ず聞かれます。

ある程度学習を進めたら、次のステップとしては自分のオリジナルポートフォリオをとしてまとめていくことが重要です。

ここで、重要なのが「オリジナル」性があるかどうかです。

DAI
採用する側は、分からないことを調べて解決できるか、不具合があった際にリファレンスなどを適宜参照して解決できるかの方を見ているからです。

そのため、特に未経験から転職を目指している場合は自走力があるかどうかをアピールできるようなポートフォリオを作成するのが重要です。

DAI
参考までに、今回お話を聞いた現役エンジニアの方にも、Web制作会社への就職で聞かれたことを教えてもらいました。

当時の採用面接で実際に以下の質問をされたそうです。

質問内容

・これまでのWebサイトの制作実績はありますか?
・制作したWebサイトはどのような技術で制作していますか?
・WordPressで制作したWebサイトは、オリジナルのWordPressテーマですか?
・WordPressが動作する仕組みや、DB操作の基礎知識はありますか?
・プログラミング経験はどれくらいで、どのようなシステムを作ってきましたか?
・Webマーケティングなどにも興味はありますか?
・WebデザインやDTPデザインの経験はありますか?

このように、就職面接ではかならず実績を聞かれるため、ポートフォリオを用意する必要があります。

ただし、ポートフォリオを作成する段階で難易度がぐっと上がるため、挫折し始める人が出てきます。

そのためポートフォリオ作成の段階では、気軽に質問ができる環境で取り組むことをおすすめします。

エンジニアの友人がいると良いですが、そういった方が周りにいない場合は、プログラミングスクールに通うというのも検討していいかもしれません。

DAI
実際、「学習のモチベーションを上げる環境にしたい」「ポートフォリオ作成のサポートが欲しい」を目的にプログラミングスクールに通う方は多いです。

おすすめのプログラミングスクールに関しては、この記事の後半で詳しく解説します。

【STEP3】就職活動・転職活動を進める

ポートフォリオが完成したら、就職活動・転職活動を本格的に進めましょう。

独学でもできなくはないけど、本当に大変でした

  • プログラミングを学んで就職・転職するためには、オリジナルサイト制作が一番重要です。

とはいえ、独学でゼロからやろうとすると、相当時間がかかりますし、9割型挫折します。

DAI
僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイト・アプリが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

DAI
なので、今独学で躓いていたり、効率的に学びたい人は、最初からプログラミングスクールを利用してみてもいいかもしれません。

Web制作会社に就職したい場合におすすめのプログラミングスクール2選

Web制作がしたい方向けのおすすめプログラミングスクールについてご紹介します。

  • Webデザイン、マーケティングなど他領域に興味があって、プログラミングを活かしたい
  • とにかく手に職を付けたい
  • 副業で稼ぎたい

という方に特におすすめです。

DAI
未経験からWeb制作をやってみたいという方は特に、プログラミングスクールに通って効率的にスキルを習得するのがいいと思います。

その場合におすすめのプログラミングスクールは、以下のスクールです。

  • TechAcademy:わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。
  • Codecamp:わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!
DAI
どちらも無料体験がありますので、まずは無料体験から初めて見ると良いかと思います。

※無料体験は公式サイトから簡単に申し込むことができます。

Web制作におすすめのプログラミングスクール①:TechAcademy

公式サイト:https://techacademy.jp/

DAI
TechAcademyは、お手頃価格かつ短期集中でWeb制作スキルを身に着けたい方におすすめです!
【TechAcademy】副業でWeb制作を学ぶならここ!
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方に特におすすめ。完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれます!
学習言語 HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github, PHP
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 ¥149,000
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
お手頃な価格で、Webサイト制作をしてみたい方にはおすすめです

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

副業でWeb制作をやってみたい!という方には、以下の2つの理由で特におすすめです。

  1. 完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる
  2. WordPressに特化したコースがある

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

現役エンジニアのパーソナルメンターがつくことで、以下のことができるようになります

  1. 挫折する可能性がぐっと下がる
  2. 自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

①挫折可能性がぐっと下がる

まず、プログラミングを学ぶほとんどの人が、モチベーションが続かず最初につまづいて辞めてしまう傾向にあります。

パーソナルメンターがいれば、最初の一番きつい学習期間を一緒に乗り越えられるので、学習が継続します。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、オンラインでも挫折しにくい仕組みになっているので、初心者の方でも安心ですね!

②自立して学習できるようになるので、案件が取れるようになる

Web制作の現場は、常に自分で調べながら学び続けなければいけませんが、なかなか自分自身の力でエラーを解決するのは難しいですよね。

マンツーマンのメンターがいると、プログラミングの課題をどうやって解決すればいいか、「学習方法」を学ぶことができます。

  • 週に2回の面談
  • リアルタイムでのチャット質問

ができるので、受講者の方も非常に学習が進めやすかったそうです。(インタビュー記事より

mottyさん
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。

②Wordpressに特化したコースがある

そんなWordpressに特化したコースがTechAcademyにはあります。

料金は一番短いプランであれば15万円ほどなので、かなり安いです。

企画からこのコースを受講することで5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるようになっています。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

※更新情報 2020年5月 TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。 Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも30,00円〜60,000円もお得になるようです。

30秒ほどで無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

Web制作におすすめのプログラミングスクール②:CodeCamp

公式サイト:https://codecamp.jp/

DAI
CodeCampは、メンターからサポートを受けながら丁寧にWeb制作を学びたい方におすすめです!
学習言語 illustrator,Photoshop,HTML+CSS,JavaScript,jQuery,Bootstrap
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~
主なサポート ・講師が選べるマンツーマンレッスン
・チャットサポート
・キャリア支援
料金 デザインマスターコース
¥148,000+¥30,000(入学金)
おすすめな人 ・自分に合う講師のもとでマンツーマンレッスンを受けたい方
・朝早くから夜遅くまで、時間を気にせず質問したい方

CodeCampは、オンライン完結型プログラミングスクールです。

パソコン一台あれば通学の必要がなく、プログラミング初心者でも効率的にWebデザインやプログラミングを学習できます。

CodeCampの概要

  • 受講者数:20,000人以上
  • 導入企業数:300社以上
  • 導入企業例:LINE株式会社、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社、株式会社インタースペース、株式会社レコチョクなど
  • レッスン満足度:94.6%
  • 在籍講師数:200人以上
  • 受講可能時間帯:7:00〜23:40 年中無休
  • レッスン時間:40分/1レッスン
  • レッスン形態:マンツーマン・オリジナルカリキュラム
DAI
仕事や学校と両立しながら自分のペースで学習できるのが、CodeCampの魅力ですね。

未経験から始めて、エンジニアとして就職したり副業で稼いだり、実用的なスキルを身に付けることが可能です。

Webデザインを学びたい初心者向けの「デザインマスターコース」では、以下の必要なスキルを網羅的に学習できます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Boostrap
  • Webデザイン

価格

デザインマスターコースだと、2ヶ月で148,000から受講できます。

DAI
Webデザイン系のスクールの中では、かなりお手軽な価格で受講できますね!

実際の体験談

実際に僕がCodeCampでプログラミングを学んだときの体験記事があるので、合わせてチェックしてみてください。

DAI
CodeCampのカリキュラムや学習スタイル、最終的に提出した成果物などについて細かく書き留めてあります。
CodeCamp(コードキャンプ)の評判は?口コミと料金を徹底解説&受講した感想を紹介

実際にやってみてよかったのが、メンターをこちら側から選べる点ですね。

例えば、女性の場合、在宅勤務でフリーランスをされている方を選んでキャリアの相談をしたり、案件の取り方について相談できたりします。

DAI
実際にサービスを体験できる、無料体験に申し込むと、カリキュラムの一部が解放されるので、気になった人はまず無料で試してみるのがおすすめです!

CodeCampで無料カウンセリングを受けてみる

ということで、Codecampの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。学校や仕事と両立しながらオンラインで学習可能!自分に合ったメンターを選んで仕事の相談もしたい方必見!

サーバーサイドエンジニアを目指す場合におすすめのプログラミングスクール4選

サーバーサイドエンジニアになりたい方向けのおすすめプログラミングスクールについてご紹介します。

就職・転職に必要な良質なポートフォリオを作成したい方に特におすすめです。

DAI
どれも大手のスクールで、15万~35万円ほどで受けることができます。仮にスクールに20万円払ったとしても、転職して年収が上がればすぐに20万円分は回収できます。

※どれも無料体験や無料カウンセリングがありますので、まずはお気軽に申し込んでみてください。公式サイトから簡単に申し込むことができます。

TechAcademy

ウズウズカレッジ

ポテパンキャンプ

公式サイト:https://camp.potepan.com/

DAI
ポテパンキャンプは、 本気で即戦力レベルのエンジニアになりたい方、自社開発企業に入りたい20代の方におすすめです!
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
学習言語 Ruby, Ruby on Rails,HTML+CSS,JavaScript,SQL,Git,コマンドライン
受講場所 完全オンライン
期間 2~5ヶ月間(8~20週)
現役エンジニア講師
主なサポート ・チャットサポート
・コードレビュー
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
料金 Webアプリケーションコース ¥200,000
Railsキャリアコース  ¥400,000
オススメな人 ・自社開発企業に転職したい方
・超実践型のプログラミングスクールに通いたい方
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

料金でいうと『TechAcademy』や『CodeCamp』のようなスクールよりは高くなりますが、その分実務レベルのスキルが身につき、なおかつ求人の質が良いです。

ポテパンキャンプのいいところは、上げるときりがないのですが、絞ると以下3点です。

  • ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格
DAI
ここから詳しく解説していきますね。

①ポテパン卒だと転職先で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まず、ポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに5社くらいプログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

※インタビューの内容は「【体験談】ポテパンキャンプの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】」をご覧ください。

②エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

また、ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。転職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でも、ポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。
DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だから、やる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実質無料でプログラミングスキルを身に付け、転職まで成功することができます。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)

「本気で転職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

「ポテパンキャンプいいかも!」と思ったら

ポテパンキャンプのことが気になったら、ぜひ一度ポテパンキャンプの無料カウンセリングを受けてみましょう。

ポテパンキャンプに通うか迷っている方の多くは

  • 本記事で即戦力レベルのスキルを身に着けたい
  • 自社開発企業に入りたい

こういった人だと思います。

しかし実際、「ポテパンキャンプに通ったら上記の夢は実現できるの?」と疑問に思いますよね。

なので、無料カウンセリングの際に、ぶっちゃけどうなのか相談してみるのがおすすめです。

DAI
ちゃんとしたプログラミングスクールは、学習の悩みを相談したらそのために何を学べばいいかを丁寧に教えてくれます。

受講するかはまだ決めてないけどとりあえず相談してみたい!みたいなのでも大丈夫です。

無料体験の申込みは非常に簡単です。

さらに、学生の方であれば受講料20%OFFになる学割もあります。

スクールの受講料は学生にとっては高い買い物になるので、学割があるのは嬉しいですね。

DAI
ポテパンキャンプの課題はかなり難しいですが、本気でエンジニアになりたい、自社開発企業に就職したいという方はぜひ検討してみてください!

\ 本気で即戦力レベルのエンジニアになりたいなら/

ポテパンキャンプ無料カウンセリングに申し込む

RUNTEQ

プログラミングを学んで就職する方法を年代別にまとめ

ということで、知っておかなければならない3点でした。さて、これらを踏まえてやるべきことを年代別に明確にしておきます。

  1. 大学生
  2. 第二新卒~20代後半
  3. 30代前半~

①大学生がプログラミングを学んで、就職する方法

大学生とはいえ、新卒採用はほとんど実務経験を求められます。詳しくはメルカリなどの求人を見てください。

DAI
大学生でも基本的に実務経験がないと無理です。なので、最短で就職する方法としては、インターンで何かしらの実務経験を得ることです。

では、プログラミングを利用するインターンで合格するためにはどうすればいいかというと、やはり成果物を作ることです。もうそれに限りますので、さくっと作ってサクッと応募しましょう。

DAI
アプリをつくるためには独学をして進めるのでもいいと思います。

しかし僕はある程度勉強したら、プログラミングスクールに通ってしまってもいいと思います。理由としては、独学だと最初の壁を突破するのに時間がかかりすぎるからです。

②第二新卒~20代後半

この年齢は、ぎりぎり未経験からエンジニア転職が可能です。やり方としては、以下の通りです。

  1. 会社員として働きながら、プログラミングを学んで、アプリを使ってプログラミングスクール、転職エージェントを利用する
  2. 一度会社を辞めて、インターン等で実務経験をつけさせてもらったうえで、その会社、もしくは別の会社に転職する

会社員を続けながらやる場合だと、仕事が終わってから学習してアプリが作れたら転職エージェントにアピールする必要があります。

DAI
ただ、ここで難しいのは、自分のプログラミングスキルをうまくアピールしたりする点です。アプリができても、自分を売るのは相当難しいと思います。

ですので、そういう場合はプログラミングスクールと転職エージェントが一体となっている、ポテパンキャンプを利用するのがお勧めです。

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

③30代前半~

30代前半は、ぎりぎり転職することも可能な場合があるんですが、後半になってくるとまず無理です。

DAI
僕個人的におすすめなのは、副業でWeb制作の案件をもらうのが現実的かと思います。

Web制作の案件をもらうためには、以下の点が重要になってきます。

  • 基本的なプログラミングスキルを身に付ける
  • 営業のコミュニケーション能力を身に付ける
  • とにかく最初に一件目の実績を出す

よくある質問

プログラミングを学んで就職したい人がよくする質問について答えます。

Q. 文系からでも問題ありませんか?

DAI

問題ありません。

実際、エンジニアで文系の人、多いです。

機械学習系の数学がごりごり必要なプログラマー以外は、特に数学を詳しく理解する必要はありません。

Q資格はとっておいたほうがいいですか?

DAI

特に必要ありません。

就職に成功してからでも十分かと思います。

まとめ

ということで、プログラミングを学んで就職する方法についてまとめました。

  1. IT業界の知識をしっかりと身に付けて、「どのエンジニアになるべきか」をしっかりと理解する
  2. 転職エージェントは、未経験で成果物がない人には、コードを書く職種に転職支援しにくいという、エージェントの事情を理解する
  3. 30代を境に、未経験エンジニアへの転職は難しくなる

これらは特に覚えておくべきことです。また、年齢によっておすすめの学習方法やプログラミングスクールも変わります。