最終更新日:

《DAINOTE編集部が推薦!IT系の求人を見るのにおすすめの転職エージェント・転職サービス》
第1位リクルートエージェント:転職エージェントの最大手で、求人数もNo.1。
第2位ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないです。

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

客先常駐とは?

客先常駐はやめといたほうがいい?

エンジニア転職について色々と調べていると、「客先常駐はやめとけ!」といっている記事や動画が多くあります。

この記事を見ているということは、あなたも客先常駐の実態が気になって調べているからでしょう。

DAI
この記事では、プログラミングスクール業界でマーケティング担当をしていた筆者が、客先常駐の実態を包み隠さず解説します!

記事を読んで分かること

  • 客先常駐ってそもそも何?
  • SIerや自社開発との違いは?
  • 客先常駐はやめといたほうがいい?
  • キャリアを選ぶうえで知っておくべきことは?
DAI
僕個人的には、客先常駐はおすすめしていません。エンジニアとしてのスキルを磨きたいなら、SIerや自社開発の企業がおすすめです。

3分程で読めるようにまとめているので、「客先常駐とは何か」「なぜ客先常駐はおすすめしないか」気になる方は、ぜひ最後までお読みください。

客先常駐とは

客先常駐とは、「所属企業から派遣されて、別企業で働く」勤務形態です。

言葉のとおり、「客先」に「常駐」して働くことになります。

例えばクライアントA社が存在するとします。

クライアントA社では、エンジニアの人手が足りていません。そこで、客先常駐型のB社さんに依頼を出します。

クライアントA社
B社さん、エンジニアの数が足りていないので、2-3人、60時間分、8000円/時間で派遣してくれませんか?
客先常駐型のB社
よろこんで!

客先常駐型のB社は、クライアントA社に、自社のエンジニアを派遣します。これが客先常駐です。

ただし、ネット上では客先常駐の悪い評判が多く見られます。

DAI
実際にネットで「客先常駐」というワードで検索すると、「地獄」「やばい」「辛い」といった内容がヒットします。

なぜ客先常駐はこのようにひどく言われているのでしょうか?

DAI
本記事の後半で詳しく解説しますね。

どんな会社が客先常駐の働き方をしている?

DAI
客先常駐は、エンジニアの中では主に「SES」と「SIer」で取り入れていることがほとんどです。

まとめると以下のとおりです。

SES SIer 自社開発
働く場所 客先常駐 自社・客先常駐 自社
プロジェクトの長さ 短期 短期 長期
DAI
「客先常駐=SES」と解説している記事も多いですが、SIerの中にも客先常駐を取りいれている場合があります。

SESとは?

SESとはクライアントに対してエンジニアを派遣し、労働力と技術を提供する業態です。

以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はお読みください。

SESが「闇」「やめとけ」と言われる理由と、契約形態や転職について徹底解説します

SIerとは?

SIerの場合は、受託開発がメインになります。

プロジェクトごとに受託案件を行います。一緒に働くのは、自社のメンバーと働くことがメインとなります。

また、案件もクライアントの案件が終わり次第別案件に移行するので、比較的単スパンで案件が変わります。

SIerのメリット

  • 受託開発がメインなので、技術を専門に学べる点

SIerのデメリット

  • 自社でサービスを持っているわけではないので、顧客が使っている様子が見えにくい点
  • 長期的な保守、運用に携われるとは限らないので、よりメンテナンス性の高いコードを書く機会が失われる点
  • 自社の得意範囲以外の技術を学ぶ機会が少ない点
【必見】SIerを未経験から目指すメリットとデメリットを解説してみた

自社開発とは?

自社開発のエンジニアは、自社のサービス、Webサイトなどの開発がメインになります。

自社サービスが一つの場合、ずっと同じサービスを作り続けることになります

そのため、一つのアプリケーションを長期間で創っていくことになります。

自社開発のメリット

  • 1つのサービスを作り続けることで得られる保守性の高いコードを書く機会が得られやすい点
  • エンドユーザーが見えやすい点

自社開発のデメリット

  • 複数のサービスに携わることができないため、一つのプロダクトがスキではないと続かない点
  • 複数の技術を扱う機会が少ない点
  • マーケティング、企画など様々な部門とのコミュニケーションが必要になるため、開発だけに集中しにくい点
自社開発は難しい?SIer・SESよりも自社開発企業に入るべきなのか徹底解説

客先常駐のメリット

客先常駐のメリットは、大きく以下の3つです。

  • 実務未経験でも入社しやすい
  • 短期スパンで複数の現場に移動できる
  • 自社開発より自由度が高い
DAI
順番に見ていきましょう。

実務未経験でも入社しやすい

客先常駐の場合、派遣すればすぐに売上が経ちます。

DAI
そのため、客先常駐型の職種は未経験でも就職しやすいというメリットがあります。

短期スパンで複数の現場に移動できる

自社開発や受託開発の企業に入社すると、現場に大きな変化がないため、さまざまな企業の内情を知ることはできません。

それに対し、客先常駐では開発環境やマネジメント体制、マーケティング戦略なども現場を通して学べます。

DAI
客先常駐では、いろんな現場を通して経験を積めるのがメリットです。

自社開発より自由度が高い

客先常駐では、現場を転々としてもマイナス評価になりません。

そのため、学びたい内容に応じて現場を選べるのが魅力です。

短期間で案件が変わるため、多種多様なスキルを学べるでしょう。

また現場によって関わるメンバーが変わるので、どんな相手とでもスムーズに連携できる力も身につきます。

客先常駐は「やめとけ」「やばい」と言われる理由

DAI
なぜネット上で「客先常駐がやめとけ」などと言われているのでしょうか?その理由を解説します。

①多重請負構造により年収が低くなる可能性がある

客先常駐を取り入れているSESやSIerの会社であれば、多重請負構造で年収が低くなる可能性があります。

多重請負構造とは、受注を受けた会社が部分的あるいは全ての業務を下請け企業に委託していく構造のことです。

よく言われる、2次請け、3次請けについてです。

DAI
基本的に、多重請負構造の下層は年収が低くなります。

マージンで抜かれているからです。

客先常駐の多くは、この多重請負構造の下層に位置することが多いということを覚えておきましょう。

②そもそも育成を前提にしていないことが多いので、スキルアップできない

DAI
客先常駐の仕事は、「誰でもできる仕事」がメインです。

だいたいはExcelで資料をまとめたり、テスターだけやらされることがほとんど。

DAI
情報漏洩を恐れて、社員以外に重要な情報を共有したくないことから、簡単な仕事ばかりが任せられるんですね。

そういう会社の場合、なかなかエンジニアとしての実務経験をつみにくいでしょう。

③偽造請負により、残業代がでないリスクがある

客先常駐型SESはあくまでも準委任契約なので、指揮権は自社にあります。ですので、派遣先が直接

  • 納期が迫っているので残業してください
  • 日報を書いてください

という風に言うことは、通常できません。なぜなら指揮権がないからです。

業務の指示は、指揮権を持っているSES企業の指揮権者(上司)以外は行うことができないのです。

でも、例えば派遣先(クライアント企業)がSES企業の社員に、

  • 納期が迫っているので残業してください
  • 日報を書いてください

こう命令をすると、偽装請負になります。

偽装請負は、労働者派遣法違法行為になります。

とはいえ、偽装請負はなかなか告発しにくく、さまざまな現場で横行している実状があります。

たとえば、もともとは8時間の労働時間の契約で、炎上プロジェクトにSESに入ったとします。

クライアントA社
ゴラァ、来週納品のシステム、テスト通ってないぞ!どうすんねん!今日は徹夜じゃ!!

そんな中で、

DAI
すいません、一応準委任契約なので、残業については指揮権を持っている上司に相談してください!

なんて言いにくいんですよね。そもそも上司が現場にいるわけでもないので。

ただ、そこで残業してしまっても、残業代は出ないんです。

なぜかというとSES企業が指揮をしたわけではなく、本人が自主的に残業しているように取られるからです。

そうすると、例えばせっかく派遣先の命令で残業したのに、残業をつけられないこともあります。

キャリア選択で失敗しないために

客先常駐で楽しく働けるかどうかは「常駐先・派遣元の企業」にかかっています。

DAI
客先常駐エンジニアとして働く際に、ぜひ考慮してみてください!

良い常駐先のポイント

客先常駐のスタイルで負担なく働き続けるには、常駐先の企業選びも重要なポイントです。

以下の点に着目して現場を選んでみましょう。

  • プロジェクトの上流工程に携われるか
  • マネジメント体制が整っているか
  • 休日出勤は少ないか
  • 成長できる経験が積めるか
  • 困りごとがあれば相談しやすい環境か

エンジニアとして働くのであれば、常にキャリアアップを頭に入れて現場を選びましょう。

価値のある人材になるためにも、プロジェクト全体の流れや技術を理解しておくことは重要です。

またマネジメント体制の整った常駐先を選ぶと、エンジニアリングだけではなくプロジェクトマネジメントのノウハウも学べます。

DAI
コードを書くだけではなく、マネジメント側のスキルを磨くこともキャリアアップには大切です。

さらに現場に入ったばかりの頃は、誰がどんな知識を持っているか、必要なファイルがどこに格納されているかもわかりません。

気軽に周囲の人に質問しやすい環境であれば、客先常駐も楽しいと感じやすくなります。

良い派遣元のポイント

客先常駐エンジニアとして働く場合、派遣元(客先常駐のエンジニアを派遣している企業)は以下のような企業を選ぶことをおすすめします。

  • 給料が高い
  • ボーナスがある
  • みなし残業が少ない
  • 技術力が高い
  • 研修が充実している
  • イベントや勉強会など交流の場を設けている

派遣元のなかには、交通費や残業代の支給額に上限を設けているところもあります。

またみなし残業が多く、長時間労働しても残業代が支給されない企業も。

そのような企業でエンジニアとして働くと、不満が蓄積され、疲弊しやすいので注意が必要です。

DAI
企業選びに関しては一つの観点だけでなく、複数の観点から評価することが大切ですね。

未経験からエンジニアになる方法を知りたい方へ

以下の記事では、エンジニアの種類や、エンジニアに未経験から転職するための手順などを解説しています。

エンジニアに未経験から転職するためにやるべき3ステップ【知らないと後悔します】
DAI
「そもそも、エンジニアにどうやってなればいいの?」と思う方はぜひお読みください。

実際にエンジニアの求人を見てみたい方へ

DAI
これから転職活動を本格的に進めたい方は、実際のエンジニアの求人を見てみましょう。

どんな求人があるのかを見るには、転職エージェントを使うのがおすすめです。

実際に求人を見ることで、「自分はどんな会社に入りたいのか」ということを明確にしやすいです。

転職エージェントは基本的に登録は無料で、あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届きます。

転職エージェントの使い方や、転職活動で気をつけるべきポイントなどは以下の記事でまとめているので、転職活動が不安な方はまずはこちらをお読みください。

この記事の中で紹介しているエージェントの中でも、IT業界志望の方に特におすすめの転職エージェントは以下の2つです。

それぞれのエージェントの特徴を解説します。

DAI
5分ほどで登録は終わるので、興味があれば登録してみて、実際にSIerや自社開発の求人を見てみましょう。

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、多くの求職者が利用している大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、転職するならまずはリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

求人数 公開求人 153,900件
非公開求人 208,537件
エンジニア 65,302件
マーケティング 4,494件
セールス 8,478件
Webデザイナー 1,822件
ライター 76件
Webディレクター 265件

IT系の求人数(2022年1月現在、各職種の該当検索数)

登録すれば非公開案件も見られるようになるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。

現在は電話面談やオンライン面談も可能なほか、IT未経験の求人もあります。

アドバイザーの質にばらつきがあるというデメリットもありますが、申し出れば担当アドバイザーの変更も可能です。

登録すると

  • より詳細な求人が見られるように
  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活・転職対策をしてもらう

など、自分の状況に合ったサポートを受けることが可能です。

3分ほどで無料登録することができるので、ぜひ一度相談してみましょう!

リクルートエージェント公式: https://www.r-agent.com/

ワークポート

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

拠点 ※現在はリモート対応可 (2021年9月現在)
東京  / 札幌 / 仙台 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 福岡
求人数 約2.8万件(2021年9月現在)
強み 元IT専門の転職エージェントのため、
IT業界のキャリアカウンセリングがかなり詳しい
親身な対応をしてくれる

求人数も大手並に多い
おすすめな人 ・IT業界に未経験から転職したい人
・IT業界の求人を幅広く得たい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、未経験でも応募できる求人が多い点と、キャリアアドバイザーがIT領域に詳しい点です。

実際に過去にワークポートを利用しましたが、かなりIT領域に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらえました。

一般的な転職エージェントでは経験者向けのIT求人がほとんどで、未経験者が応募できる求人は少ないです。

そのため、未経験からIT業界へ転職を目指す方にとって数少ない使い勝手の良い転職エージェントです。

登録は無料なので、ぜひ登録して実際の求人を見てみましょう。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

SIerや自社開発に就職・転職するためには

客先常駐のない元請けのSIerや、自社開発企業に就職するためには、一定以上のプログラミングスキルが求められます。

最低限、ポートフォリオの作成が必要

コードを書くエンジニアとして採用されるには、自分でアプリを作ったポートフォリオが重要です。

これは、スキルとして評価されるというよりも、ポテンシャル=やる気として評価されます。

DAI
たとえば面接で、以下の2人の人がいたら、あなたはどっちを採用したいですか?
  • 「めっちゃやる気あります!採用してください!」というAさん
  • 「オリジナルアプリ作ってきました!だから採用してください!」というBさん
DAI
間違いなく後者が内定しますよね。

なぜなら、やる気を作った物で証明できるからです。

ポートフォリオの作成方法は以下の記事にまとめてあるので、こちらも併せてお読みください。

エンジニアのポートフォリオの作り方【テンプレ公開】

独学でプログラミングを学ぶ場合

独学でプログラミングスキルを習得することは可能ですが、かなり難しいです。

プログラミングを独学で習得するにはかなりの勉強量継続的に学習する独走力が非常に重要です。

DAI
以下の記事で、効率よく勉強するためのポイント、挫折するポイントとその解決方法について以解説しているので、興味のある方はお読みください。
プログラミングの効率的な独学方法!初心者向けに5つの学習方法で解説

スクールに通ってプログラミングを学ぶ場合

独学でゼロから勉強しようとすると、相当時間がかかりますし、9割がた挫折します。

独学でやってみて辛かったこととしては、以下の感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイト・アプリが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、本当に学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

DAI
そのため、独学で勉強をし始めたけど上手くいかなかった人、効率的にプログラミングスキルを身につけてできるだけ早くエンジニア転職を実現したい人は、最初からプログラミングスクールを利用してみてもいいかもしれません。

おすすめのプログラミングスクールは以下の記事でまとめているので、スクールに興味のある方は読んでみてください。

【2022年最新】プログラミングスクールおすすめ11社を徹底比較!

まとめ

というわけで、客先常駐についてまとめました。

エンジニアへの転職を検討している場合に重要なのが、適切に業界構造を把握しておくことです。

これがないまま転職すると、もともと期待していたこととずれることがあります。

DAI
客先常駐型SES・SIer・自社開発、それぞれメリット・デメリットがあるので、実際の求人を見つつ、自分にあったキャリアを選択するようにしましょう。

《DAINOTE編集部が推薦!おすすめの転職エージェント・転職サービス》
第1位リクルートエージェント:転職エージェントの最大手で、求人数もNo.1。
第2位ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないです。

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。