プログラミングを趣味としてはじめて副業するまでに知っておくべき5つのこと

クラウドソーシング

プログラミングを未経験で趣味としてはじめて、副業をされない方も多いと思います。

ちなみに僕もエンジニアとしてキャリアは積んでいませんが、独学でクラウドソーシングの案件を受注して、今は生計を立てています。

そこで今回は

  • 独学でプログラミングをはじめて、趣味で案件はとれるのか?
  • 何から始めれば良いか
  • どこで仕事をとればよいか
  • 何を学べば良いか
  • どんな案件を取れば良いか

についてまとめていきたいと思います。

独学でプログラミングをはじめて、趣味で案件をとれるのか?

独学でプログラミングをはじめて、趣味で案件をとれるのでしょうか。答えはYesです。

仕事を取るので大事なのは

  • プログラミングでお客さんの課題を解決する技術力
  • お客さんを信頼させるコミュニケーション力

の両方が必要になりますが、このどちらかをしっかりと身につけていけば、不可能ではありません。

について、解説していきたいと思います。

何から始めれば良いか

最低限用意するものは、プログラミングが実行できるPCがあれば良いでしょう。おすすめはmacです。このPCを買って、プログラミングの環境構築を行えば、簡単にスタートすることができます。

何を学べば良いか

プログラミングで案件をとる場合、どういう案件を取りたいかにもよりますが、独学でWebアプリを納品するのは結構しんどいです。そこで、Pythonを利用した自動化ツールを作成するのが良いと思います。単価5000~5万円ほどの案件が比較的多いですので、これらの案件を取っていくのが良いと思います。

これらのスキルを身につける上で、最低限学習で必要なのは

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Python

などの言語に加えて、Pythonで

  • スクレイピング
  • Web APIの利用
  • データの前処理
  • 簡単なWebアプリの開発

等が行えると、割と仕事をもらえるかと思います。

また、実績がない段階でいきなり仕事を勝ち取るのは相当難しいですが、コツさえあればできないことはありません。

  • 未経験でゼロから最初に実績をつむ方法
  • 自分を信頼してもらえるようにするためのポートフォリオ作成方法
  • セルフブランディングの方法

等を学んでいく必要があります。

それぞれのスキルが学べるサイトは、こちらの記事でまとめているのでぜひ読んでみて下さい。

≫Python初心者向けの実践的なチュートリアルまとめ | Dividable

どこで仕事を取れるか

仕事の取り方は、2種類あります。

  1. クラウドソーシングのサイトを利用して受託する
  2. 直接仕事をもらう

クラウドソーシングのサイトを利用する場合

ネット上でお仕事の募集をしている企業と、仕事をしたい人をマッチングするサイトが何個かあります。こちらは初心者が始めるのであればここからが良いと思いますので、何個か紹介します。とりあえずは全部登録しておいて、どんな案件があるのか見れるようにしておきましょう。おすすめは以下3サイトです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

≫Pythonの副業案件で月3万円稼ぐために必要な準備と学習方法をまとめてみた

直接仕事をもらう場合

直接仕事をもらう場合は、ツイッターを始めると良いと思います。ツイッターで日々学んだことを発信していくと、「この人ちゃんと仕事できる人なんだな」ということがわかります。また、ブログも始めるととても良いと思います。ツイッターのフォロワーをしっかりと増やして、自分から営業に行くのがおすすめです。

フォロワーの増やし方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

≫【Twitterのフォロワーの増やし方を徹底図解】フォロワーを1万人にするためにやったこと

最後に

ということで、プログラミングを趣味ではじめて副業で稼ぐ方法についてまとめました。どんなことを勉強すればいいかは、こちらの記事が参考になると思いますので、ぜひ読んでみてください!

≫Python初心者向けの実践的なチュートリアルまとめ | Dividable