最終更新日:2021/02/23

《未経験からSE転職におすすめ!DAINOTE編集部推薦エージェント

第1ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないです。
第2位リクルートエージェント:転職エージェントの最大手で、求人数もNo.1。

《未経験からSE転職におすすめ!DAINOTE編集部推薦プログラミングスクール

【第1位】TechAcademy:とにかく安く、コスパのよいスクールに通いたい人向け!
【第2位】CodeCamp: 朝から夜まで、メンターのサポートを受けやすいスクールを検討している人向け!

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。
【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

「未経験からSEになりたいけど、どうすれば転職できるか知りたい…」

この記事では、こうした疑問を解決します。

  • SEに転職するために何をすればいいの?
  • SEの仕事内容や年収について知りたい
  • SEの転職に失敗したくない

SEになりたい方で、上記のように悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

DAI
今回の記事では、これまで未経験からエンジニア転職する方を支援してきた筆者が、その経験と実績をもとに、未経験からSEに転職する方法について徹底解説していきます!

本記事の内容

  • SEの仕事内容や年収について
  • SEに向いている人・向いていない人の特徴
  • 最低限やっておかなければいけない転職準備
  • 未経験からSEに転職ための具体的な手順
DAI
それでは解説していきますね。

SE(システムエンジニア)とは?

男性A
SEに興味があるんだけど、SEについて何となくしか分からないなぁ…
DAI
未経験からSEに転職する前に、SEについて知っておくことが重要なので解説していきますね。
  • SE(システムエンジニア)の仕事内容
  • SE(システムエンジニア)の年収
  • SE(システムエンジニア)の将来性

SE(システムエンジニア)の仕事内容

SE(システムエンジニア)とは、システムの設計をメインで行います。

会社によっては、実装もやることはありますが、あくまでメインの業務は設計です。

SEの仕事内容を大きく分けると、主に以下の3つです。

  1. 要件分析、ヒアリングおよび要件定義
  2. システムの基本設計および詳細設計
  3. テスト

要件分析および要件定義
クライアントが制作したいサービスやアプリの要件を分析してまとめる

基本設計および詳細設計
基本設計として、具体的な画面の遷移などを設計する
詳細設計として、データの持ち方など内部の処理を設計する
テスト
最終的に完成したサービスやアプリに問題がないか確認・テストする

SE(システムエンジニア)の仕事は、設計がメインなので、プログラミングのコードを書くことは少ないです。

なので、「プログラミングのコードを書きたい」という方は、SEよりもプログラマーの方が向いているかもしれません。

DAI
下の記事でプログラマーについて分かりやすく解説しているので、一読してみるのをおすすめします。
プログラマーに未経験から転職するための3ヶ条|プログラマーとは?から徹底解説

SE(システムエンジニア)の年収

SE(システムエンジニア)の平均年収は、勤務先によって異なりますが、約494万円となっています。

DAI
下の画像をご確認ください。

引用:求人ボックス

エンジニア業界は、勤務先や個人のスキルによって年収が変わりやすい傾向があるので、自分のスキルを高めつつ、給与の高いホワイトな企業を選んで勤務するのがいいと思います。

SE(システムエンジニア)の将来性

SEは、人材不足であるため、今後の将来性や需要は高いと言われています。

DAI
下の画像のように、2030年にはIT人材が約45万人不足すると予想されています。

引用:経済産業省

SEに向いている人・向いていない人の特徴

男性A
SEになりたいな~と思っているけど、自分に向いているのかな?SEとしてやっていける?
DAI
ここからはSEに向いている人・向いていない人について解説していきますね。自分がどちらの特徴に当てはまるのか考えてみるとミスマッチを減らせると思います。

SEに向いている人

まず、SEに向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 設計をすることが好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 論理的に物事を理解できる人
DAI
上記のように設計するのが好きな方や人とコミュニケーションを取るのが好きという方は向いていると思いますね。

SEに向いていない人

次に、SEに向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • チームワーク作業が苦手な人
  • マルチタスクが苦手な人
  • プログラミング自体が好きではない人
DAI
逆に、チームで作業するよりも個人で黙々と作業するのが好きな方は向いていないじゃないかな~という印象です。また、そもそもプログラミング自体が好きではない人は他の職種を検討した方がよさそうですね。

未経験からSEに転職する方法


男性A
やっぱりSE良さそうだな~でも未経験だしなぁ。未経験からSEになりたいんだけど、どうやったらなれる?
DAI
ここからは未経験からSEになる方法について具体的に解説していきますね。

未経験からSEに転職するためのステップ

  1. プログラミングの基礎知識・スキルを身につける
  2. エンジニアの業界知識をつける
  3. オリジナルアプリを作り、ポートフォリオを作成する
  4. 転職エージェントを利用して転職活動を始める

ステップ①:プログラミングの基礎知識・スキルを身につける

まずは、未経験からSEになるためにプログラミングの基礎知識を身につけましょう。

DAI
SEといえど、プログラミングの基礎知識や経験がないと、まともに設計ができません。また、設計だけでなく、制作までできるSEになるにはプログラミングの知識・スキルは必要ですね。

プログラミングの基礎知識を学ぶには、Progateといったプログラミング学習サービスで十分です。

DAI
無料でもある程度学習できる上に、月額980円(税別)で全てのコンテンツが学習できるので登録しておいて損はないと思います。

まずは、無料でProgateを使ってプログラミングの基礎について学んでみましょう。

DAI
下の記事でProgateの評判について分かりやすく解説しているので、ぜひ一読してみてください。
【Progate】はじめてプログラミングを学ぶならココ!
プログラミングの基礎を無料で学べるWebサービス。未経験エンジニアが最初に使うサービスとして人気。

ステップ②:ITの業界知識をつける

次に必要なのが、ITの業界知識をつけることです。

DAI
IT業界に関わらず、スキルがないことより、転職前に事前情報を調べなかったことが転職失敗に多いパターンとしてあります。

まず、SEの勤務形態として主に以下の3パターンがあります。

  • 自社開発のSEとして自社のサービスに携わる
  • 受託開発で、設計だけ請け負う
  • SESとして派遣される
DAI
それぞれのパターンの勤務形態について以下の記事で解説しているので、ぜひ確認してみるのがおすすめです。
【必見】自社開発に未経験から目指すメリットとデメリットを解説してみた
受託開発とは何か?仕事の流れやキャリアについて解説します
SESとは?「闇」「やめとけ」と言われる本当の理由と、契約形態を徹底解説します
DAI
SEを目指す場合は、上記の記事を参考に自分がどんな勤務形態で働きたいのか確認してみるのがおすすめですね!

ステップ③:ポートフォリオを作成する

次に、ポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオを作成することで、自分のプログラミングの知識や経験を示すことが出来ます。

DAI
基本的にプログラミングに関わる職種に転職する場合は、ポートフォリオを作成して自分の力量を企業側にアピールする必要があります。

ポートフォリオの詳しい作り方については下の記事で解説しているので、確認してみてください。

エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

ちなみに、「完全未経験歓迎」といった求人を出している会社は怪しいので避けておきましょう。

DAI
上のツイートのように、思ってた仕事内容と違ったといったミスマッチが起きる可能性があります。

SEとしてしっかり働きたいという方は、求人募集の段階で、ある程度のスキルを必要としている会社の方がいいと思います。

DAI
下の記事でブラックな企業の見分け方について解説しているのでぜひ一読してみてください。
ブラックなIT企業の見分け方:9のポイントを徹底解説

ステップ④:転職エージェントを利用して転職活動を始める

ポートフォリオが出来たら、転職活動を始めてみましょう。

転職エージェントを利用することで、以下のメリットがあります。

  • 過去の経歴やポートフォリオから見てどのような求人がおすすめかアドバイスしてくれる
  • 業界に精通したアドバイザーが面接対策をしてくれるので転職可能確率が上がる
  • 公開されている求人以外に非公開求人まで自分に合わせて紹介してくれる
DAI
転職エージェントは基本的に無料なので、まだプログラミングの勉強やポートフォリオの作成ができていない…という方でもとりあえず登録しておくのがおすすめです。登録することで自分が働きたいと思える求人情報に出会えるかもしれません。
DAI
下の記事でおすすめの転職エージェントについて解説しているので、ぜひ一読してみてください。
IT業界のおすすめ転職サイト・エージェント13選|職種や世代ごとに分けて解説

未経験からSE転職におすすめの転職エージェント2選

未経験からSE転職におすすめの転職エージェントは以下の2つです。

おすすめの転職エージェント2選

DAI
どちらの転職エージェントも登録が簡単なので、両方登録しておいて、気に入った方があればそのエージェントを中心に利用するのがいいと思います。

ワークポート

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。
DAI
ワークポートはIT系の職種に強い総合型転職エージェントです。

メリット

  • とにかくIT・Web業界の求人に強いので未経験からIT業界を検討している人にはおすすめです。

デメリット

  • IT業界以外の求人が少ないので、エンジニアなどのIT職種以外を検討する場合はあまりおすすめできません。
  • とにかく求人数を、一人一人に対するスキルの棚卸しはなどは弱いです。
DAI
なので、「キャリアの棚卸しはリクルートエージェントで、求人はワークポートで」といったように、複数のエージェントを使い分けながら情報収集していくことがおすすめです。

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

リクルートエージェント

 

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求職者の8割が利用している、大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、はじめて転職エージェントに登録するならリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントに登録するメリットはなんといってもIT系の求人数が多いのがポイントです。

求人数 200,000件
エンジニア 25959件
マーケティング 5035件
セールス 5337件
デザイナー 256件
ライター 101件
Webディレクター 316件

IT系の求人数(2020年7月現在、各職種の該当検索数)

非公開案件も登録すると多くあるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。また、電話による面談なども可能になっています。

デメリットとしては、アドバイザーの質にばらつきがある点です。特に入社したばかりの新卒がアドバイアーにつくこともあります。

登録するとより詳細な求人が見れるので、

  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活対策をしてもらう

といった対策を取ることがよいでしょう。

公式:
https://www.r-agent.com/

2020年3月追記:補足情報
リクルートエージェントに登録すると、非公開求人をみれたり、転職エージェントとのカウンセリングを組むことができます。
簡単に登録できるので、ぜひこの機会に登録して、求人をみてみてください。

未経験からSEに転職するのにおすすめのプログラミングスクール2選

男性A
まずはプログラミングを勉強しようと思うんだけど、独学で続けられる自信ないな…
男性A
少しプログラミング勉強してみたんだけど、全然出来るようにならない…
DAI
そんな方はプログラミングスクールを活用してみるのがいいかもしれません。

プログラミング学習では、オリジナルのポートフォリオが必須なんですよね。

ただ、独学でゼロからやろうとすると、相当時間がかかりますし、9割がた挫折します。

DAI
僕自身も、学生のころ独学で途中までやっていたので、かなり時間がかかりました。

独学でやってみて、つらかったこととしては、こんな感じです。

  • エラーの解決方法が全く分からず、3日間悩んでしまう
  • 目標を達成するために、何を勉強すべきか全くわからなくなる
  • いくら調べて勉強しても、具体的なサイト・アプリが作れる気がしない…

僕の場合は、プログラミングスクールを経営している友達がいたので、彼に途中からメンターに入ってもらったのですが、かなり学習効率が上がりました。

  • 3日間悩んでいたことが、30秒で解決できるようになった
  • Webサイトを作るところから逆算して何を学べばいいかわかるから、やる気が上がった
  • エラーも自己解決できるような、学習方法が学べたので、学習効率が上がった

一気に効率的に学習できるようになり上達しました。

なので、今独学で躓いていたり、効率的に学びたい人は、最初からプログラミングスクールを利用してみてもいいかもしれません。

特に、未経験からSE転職したい方におすすめのプログラミングスクールは以下の2つです。

  • TechAcademy:とにかく安く、コスパのよいスクールに通いたい人向け!
  • CodeCamp:朝から夜まで、メンターのサポートを受けやすいスクールを検討している人向け!

TechAcademy


【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング
料金 社会人:¥159,000 (税別) 学生:¥149,000(税別)
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、とにかく他のプログラミングスクールと比較しても安いのが魅力的な点です。

TechAcademyは、完全オンラインのプログラミングスクールです。

特に、お手頃な価格で、Web系プログラミングを学びたい人にはまさにおすすめです!

TechAcademyで無料体験する
DAI
主な特徴としては、以下の通りですね。
  • 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • オリジナルアプリ作成までの、サポートが手厚い

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマンです。

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

なので、上記のサポートを受けることが出来ます!

Webアプリケーションコースでは、最終的には簡単な通販サイトを作っていきます。

最初にWebサイト作成からスタートして、最後にWebアプリを作っていきます。

エラーが出て、困ったらSlackというチャットツールで、質問すると、15時から23時の間なら、数分でメンターの方が答えてくれます!

DAI
つまづいている時間ってすごくモヤモヤするのですが、レスポンスが早いとかなりサクサク進められて心地よいです。

また、未経験の時って、「何を質問していいか分からない」「どこからわかってないかすら分からない」って状態で、なかなかテキストで質問しにくいと思うんです。

DAI
TechAcademyなら、週に2回もオンラインメンタリングができるので、つまづいて学習が止まってしまうことはほぼないでしょう。

カウンセリング後も、ちゃんと一人ひとりにコメントをくれます。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、一人で挫折しやすいプログラミング学習も、オンラインでも挫折せず進められると評判ですね。

②オリジナルアプリ作成のサポートが手厚い

TechAcademyのカリキュラム、実はオリジナルアプリ作成のサポートまでやっています。

DAI
Lesson9にありますね!

ここで実際にオリジナルアプリを作っていきます。

ここで作ったアプリは、そのままポートフォリオとして転職活動に活かせますね。

実際にTechAcademyの受講生が作成したポートフォリオの中には、こんなアプリがあります。

特に転職活動のためのポートフォリオは超重要で、これがないと転職活動ができないといっても過言です。

DAI
そのポートフォリオに、プロのエンジニアからフィードバックをもらい放題なのは、かなり魅力的ですね。

ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

個人的には、サービスもしっかりしていて、比較的値段も安いので、

  • お金を節約したい
  • 手っ取り早くオリジナルアプリを作って、自分で転職活動をしたい!

という方にはTechacademyがおすすめです。

公式サイト:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

※更新情報 2020年5月
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
普通に学ぶ場合よりも30,000円〜60,000円もお得になるようです。

CodeCamp

【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。
学習言語 PHP , HTML5/CSS3, jQuery, MySQL
受講場所 完全オンライン
期間 8週間~24週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥148,000 / 2ヶ月プラン
¥248,000 / 4ヶ月プラン
¥298,000 / 6ヶ月プラン
(別途入学金¥30,000)
全額返金保証 なし
転職紹介 なし

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービスです。

DAI
テレビCMでも有名なITベンダーFuture Architectの子会社でもあり、さらに東証一部上場企業にもCodeCampのコースが研修に利用されていることから、非常に教育の質が高いです。

サービスの特徴としては、以下の通りです。

  • 完全オンラインで学習可能
  • 東証一部上場企業の厳選された現役エンジニアが学習をオンラインレッスンでサポート
  • フロントエンド、バックエンド、ネイティブアプリ開発まで対応したコース
  • 365日:朝7時~24時まで、現役エンジニアにテレビ電話で授業を提供
DAI
転職を目的にするなら、Webマスターコースがおすすめですね。
Code Campで無料体験する

CodeCampの特に良かった点は、以下2点ですね。

  • 現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる
  • オリジナルアプリ制作までできるようなサポート
DAI
こちらのスクールは実際に僕自身が受講したうえで、解説しますね!
【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】
DAI
結論から言うと、2カ月で148,000円と非常に安く、とにかくお手頃なスクールで、かつ質がいい!というスクールを探している方にはCodecampが合っていると思います。

①現役エンジニアのチャットサポートが長く、どんな時でも基本質問できる

プログラミングスクールって、結構サポート時間が限定されてしまうんですよね。

なので、朝の忙しい時間帯にしか時間がとれなかったり、夜の仕事終わりに聞きたい!というときになかなか質問できません。

Code Campの場合は、朝7時~24時まで質問することができるので、悩んでもすぐ解決できるのが大きなメリットです。

②オリジナルアプリ制作までできるようなサポート

なかなかスクールのカリキュラムだけ利用してても、オリジナルアプリ開発まではうまくいかないんです。

でも、実際Code Campのコースを受けていて、ざっくりとこのホームページをゼロから作るレベルには到達できたかと思います。

DAI
もともとWordPressやWebデザインがわからなかったので、受講したのですが、結果的にこのブログ(DAINOTE)をゼロから作れるぐらいまでのレベルになりました!

ということで、評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)
DAI
PHPでWebエンジニアへの転職を検討しているなら、CodeCamp、RubyならTechAcademyを選んでみるといいと思います。

実際に申し込む前に無料で体験レッスンを受けることができますので、よかったら確認してみてください。

公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想

【Code Camp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

※更新情報(2020年5月)
無料体験を受けて申し込むと、10,000円の受講料割引が効くようです。

SEに転職するのに年齢制限はある?

男性A
SEに転職したいけど、年齢制限ってあるのかな?
DAI
未経験からSEに転職するのに、年齢制限があるというより年齢によって転職のハードルが変わりますね。

基本的に未経験の職種は、年齢が上がるにつれて転職の難易度は高くなっていきます。

DAI
年代別にSEの転職について解説していきますね。

20代前半(第二新卒)

20代前半だと、ポテンシャル採用としてSEに転職できることが多いです。

20代前半の場合、新卒でSEとして勤務している方でも、SEとしての経験やスキルは少ない段階です。

なので、スキルや経験がなくてもポテンシャルや積極性を強みにできれば、十分転職が可能です。

DAI
ポテンシャル採用をしてもらうために、自分をアピールできるポートフォリオの作成することで、転職は成功しやすいです。

20代後半から30代

20代後半や30代からSEに転職するには、ポテンシャルや積極性だけでなく、ある程度のスキルが必要になります。

ここまで年齢が上がってくると、新卒からSEとして勤務している方は、スキルや実務経験がある人が増えてくるため、ポテンシャルだけだとアピールポイントが少なくなります。

DAI
なので、ポテンシャルや積極性をアピールするのは勿論、求人に合ったスキルを身につけることができれば、転職は可能です。

40代以降

40代からSEに転職するには、即戦力として活躍できるぐらいの高いスキルが必要になります。

新卒からSEとして勤務されている方の中では、色々な実務経験を積み、即戦力として働いている方が増えてくるので、ポテンシャル採用は難しいです。

DAI
なので、40代からSEに転職したい方は実務経験や高いスキルを身につけて転職活動を始めるのがいいと思います。

まとめ

今回は未経験からSEに転職する方法について解説しました。

DAI
未経験からSEに転職したい方は、SEについて理解したうえで、転職活動を進めていきましょう。

未経験からSEに転職するステップ

  1. プログラミングの基礎知識・スキルを身につける
  2. エンジニアの業界知識をつける
  3. オリジナルアプリを作り、ポートフォリオを作成する
  4. 転職エージェントを利用して転職活動を始める

今回の記事で紹介した転職エージェント

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

今回の記事で紹介したプログラミングスクール

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【CodeCamp】比較的お手頃なプログラミングスクール。教材が分かりやすかったです。
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べる、優良プログラミングスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

関連記事

システムエンジニア(SE)の仕事がきついと言われる5つの理由とは?