最終更新日:2020/07/05

マーケティング職に未経験から転職する上でおすすめの転職エージェント
リクルートエージェント:業界最大の転職エージェント。求人が多く、未経験OKの求人もありました。
DODA:IT転職に強く、求人数が多い転職エージェント。求人が多く、未経験OKの求人もありました。
ワークポート:未経験からの求人が豊富。DODA、リクルートエージェントにない案件をこちらで確認
Type 転職: 大企業求人の取り扱いが多い転職エージェント。

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。

マーケティング職って結構憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

今回は、ぼんやりとしか仕事をイメージできない「マーケティング」とか「マーケター」といったものについて、詳しく・簡単に説明します。

就活で何をしたいかわからないという人でも、「営業はやりたくない。マーケティングとか面白そう」みたいな、ぼんやりとした憧れを抱いてしまうような、そんなマーケティングやマーケターの世界を紐解いていきます。

  • マーケティング系の職種にはどんなものがあるの?
  • マーケターになるにはどうすればいいの?
  • マーケティングって具体的にはどんな仕事なの?

こんな疑問を持っている人に読んでほしいです。早速紹介していきます。

マーケティングという職種のミッションを1分で理解してみる

まずは、マーケティングチーム・マーケターが日常的に何をミッションとして働いているのかを1分でわかるように解説していきます。

マーケティングとは:消費者と自社商品(プロダクト)をマッチングさせる仕事

マーケティングとは、消費者のニーズを見つけ出し、自社商品を新しく作ったりあるものを訴求したりして利益につなげることをミッションとします。

Googleで「マーケティング」と検索をかけて一番最初に出てくる説明を引用してみます。

商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。

やや熟語が多くて難しいですね。マーケティングをもっとシンプルにブレイクダウンしてみるとこんな感じでしょうか。

  1. 「お客さん」や「競合他社」が誰かを知る
  2. 「お客さん」が何に困っているかを知る
  3. 「我が社」が「お客さん」の悩みを解決する方法を考える
  4. 「お客さん」に「我が社」の「商品」のことをどうしたら知ってもらえるか考える

ただ「これを作れば売れるだろう」というだけで商品を作っても、マーケティング活動を怠ると以下のようなことが起こります。

  • いい商品なのに、お客さんに知ってもらえない
  • そもそもこの商品を「いい」と思うのは自分だけだった
  • 似たような商品がとっくに販売されていた

以上のような失敗がないように、マーケターは市場を分析し、顧客のニーズを検討し、プロモーション戦略を練るのです。ずばりこれが「マーケティング」です。

最近の「マーケティング」職種は大きく2種類に分けられる

ジェネラルな意味でのマーケティングを理解できたでしょうか。次は、成熟したIT社会での「マーケティング」について説明します。

最近、いわゆる「マーケティング職」といっても、仕事内容は2種類に分けられると言えます。

  • オフラインマーケティング(=一般的なマーケテイング)
  • Webマーケティング(=デジタルマーケティング)

多くの人がぼんやりと憧れる「マーケティング」職は、オフラインマーケティングの職種に近いと思います。テレビドラマの中で、綺麗な大企業の本社オフィスで格好良く新商品のプレゼン……みたいなのは、オフラインマーケティングのイメージでしょう。

オフラインマーケティングの特徴は、インターネットをほとんど介さず完結すること。

  • 顧客へのアンケートなどによるリサーチ
  • TVやラジオなどのマス媒体での広告施策
  • 新商品の企画や立案

有名企業で活躍する花形「マーケター」の多くは、以上のようなオフラインマーケティングに携わっています。この手のマーケターの場合、社内での地位や年収も、他の職種に比べて比較的高いでしょう。

一方で最近需要を伸ばしているのは、どちらかというとWebマーケティング(=デジタルマーケティング)です。近年では大学生でもベンチャー企業でインターンとして働き、Webマーケティングを担っていることが多々あります。

Webマーケティング(デジタルマーケティング)の特徴は、Web上で広告施策の実行や分析を行うこと。

  • Google検索のトップに出てくる「リスティング広告」の運用
  • Google AnalyticsによるWeb上の消費者行動分析
  • SNSでの広報活動や広告運用

オフラインマーケティングに比べると低予算で実行できるため、IT系のベンチャー企業をはじめ、多くの企業がWebマーケターによる広告運用・分析を重宝しているわけです。

僕もマーケターとして個人事業主をしていますが、普段の仕事は専ら「Webマーケティング」に属します。Web上の数字を分析することで、普段のブログ運用やSNSでの発信などについて、効果的な方法を検討することができるわけですね。

「マーケティング」領域に属する職種を列挙してみた

軽く調べてみるだけでも、マーケティング系の職種が色々あるので、ここに軽くまとめておきます。

Webマーケティングの職種一覧

  • PRプランナー
  • リサーチャー
  • アカウントプランナー
  • SEOコンサルタント
  • メディアプランナー
  • データアナリスト
  • データサイエンティスト
  • データマーケター

Web上でのマーケティングでは、分析から広告運用にいたるまで広範囲をカバーします。よって、ITの知識とマーケティングセンスの両方が問われる場合が多いですね。

マーケティング系の職種に就く3つのメリット

マーケターとして就職するメリットは3つ挙げられます。

  • マーケターの需要が大きい
  • 平均年収が高い
  • エンジニアなどに比べて未経験でも就職・転職しやすい

それぞれ掘り下げていきます。

マーケター就職のメリット①:マーケターの需要が大きい

Webマーケティング系の職種は、どの会社でも必要なので、企業側のニーズが大きいです。

マーケター就職のメリット②:平均年収が高い

マーケターの平均年収は高い傾向にあります。正直、オフラインマーケティングとWebマーケティングとでは仕事内容も相場も変わってきますが、一般的な営業系・他の内務系と比較しても「おいしい」職種なのではないでしょうか。

例えば、僕の場合。Webマーケティングを中心に仕事をしているフリーランスのマーケターの例を見てみましょう。

  • 自分でマーケティングを行なっているメディアからの固定収入(100万/月)
  • クライアントワーク(コンサルティング依頼)での収入(20-30万/月)

こんな感じで、年収にして1200万円ほどです。ちなみに独立する前、ベンチャー企業でWebマーケターとして働いている時の年収は500万円ほどでした。

一般的な年収相場は、以下のようなところでしょうか。

  • 経験1〜3年:約300-400万円
  • 技術をつけて転職後:400万円〜

僕の場合は、新卒入社した会社で働いて知識やスキルをつけながら、副業で技術・経験を身につけていきました。

個人差はありますが、マーケターという職種は、本業と副業の掛け合わせで大きく年収アップを期待できる職種だと思います。

一般的にも、マーケティング系職種の年収は、平均年収プラス100万円くらいが相場といわれています。経験がなくても相場が高めの収入が見込めるので、狙いどころです!

マーケター就職のメリット③:エンジニアなどに比べて未経験でも就職しやすい

未経験からマーケターになるのは、未経験からエンジニアになるよりも簡単です。エンジニアほどの専門技術や経験が問われないからですね。

エン派遣によれば、マーケティング職種の未経験OK求人割合は51%だそう。

まずはアシスタントマーケターとして就職して現場で経験を積み、数年勤めて転職、というキャリアパスを踏むと、年収アップもキャリアアップも狙えるはず。

マーケティング職に興味がある人は、未経験での転職も視野に入れてよいと思います!

マーケターになるには?未経験から目指すマーケティング職

未経験者がマーケターになり年収アップやキャリアアップを目指すなら、以下の方法をお勧めします。

  1. 小規模な支援会社に就職して経験を積む
  2. 転職して事業会社のマーケティング責任者のポジションに就く

「支援会社」とは、他の会社(クライアント)から相談を受けてマーケティング支援を行う会社。いわゆるコンサル会社や広告代理店がそうです。支援会社でマーケターとして働くメリットは2つあります。

  • 複数のクライアントを受け持つことができるので、業界知識やデータを知りやすい
  • 社内には専門技術に特化している人が多いので、技術を身につけやすい

マーケティング未経験者は、まず支援会社に就職することで、知識も経験を積むとよいでしょう。

自分でマーケターとして活躍できるようになったら、今度は「事業会社」、一般的な会社の「マーケティング部門」に就職して、経験者として高いポストを狙いましょう。クライアント相手にマーケティングを請け負っていた経験が生きるはずです。

マーケティング未経験OKな求人が多かったのは、求人数の多いリクルートエージェントとDODAでした。

リクルートエージェント
求人数業界No1。求職者の8割が利用するエージェント
DODA
転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント

マーケター転職を考えるなら実際の求人を見ておこう

マーケターになることを本格的に検討している人は、転職エージェントを積極的に利用し、キャリアアップを目指して戦略を練っていきましょう。

マーケティング系の求人案件を探すときの確認ポイント

マーケティング系の求人案件を探すときに、見逃してはいけないポイントをリスト化しておきます。

  • 未経験でも大丈夫?
  • 支援会社?それとも事業会社?
  • 仕事内容はオフラインマーケティング?デジタルマーケティング?

未経験者の場合は、余計な会社を受けて消耗してもいやなので、未経験者OKかどうか確認しましょう。

また、会社概要をよく見て、支援会社か事業会社かも見極めておいてください。先述の通り、マーケターとして最初のキャリアを積むのが支援会社か事業会社かは結構大事なところだと思います。

何よりよくみておきたいのは、もちろん実際の仕事内容です。「マーケティング」と名のつく部門でも、実際の仕事内容を見るまではオフラインかデジタルかわからないもの。

リスティング広告」や「SEO施策」「アフィリエイト」など、デジタル系のマーケティング部門に就職すれば、副業としても案件を受注できるようなスキルが身につくのでおすすめです。

未経験からのマーケター転職のポイント

さて、未経験からのマーケター転職でのポイントです。

デジタルマーケティングに関してですが、例えば前職がマーケティングとは関係ない営業だったとしても、そこでの経験が活きることがあります。僕はもともとSEで、マーケティング業界に入りましたが、マーケティング転職を行った際は、前職の経験がかなり活きました。

今すでに就職されていて、これからマーケターに転職を検討している場合は、転職エージェントを利用して自分のスキルの棚卸しをしてみるのがおすすめです。

マーケター転職に利用したいエージェント

マーケティング職種の求人に関して、チェックポイントを覚えたら、転職エージェントに無料登録して実際の求人を見てみましょう。

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
【評判記事】リクルートエージェントの評判は?お勧めできる人とおすすめできない人について解説

日本最大の求人数を誇る、リクルートエージェントです。

ほとんどの転職者はみな登録しているのではないでしょうか。

リクルートエージェントに登録するメリットはなんといっても求人数が多い点です。非公開案件も登録すると多くあるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。また、電話による面談なども可能になっています。

デメリットとしては、アドバイザーの質にばらつきがある点です。特に入社したばかりの新卒がアドバイアーにつくこともあります。

なので、使い方のコツとしては、まずはどんな求人があるのかを、エージェントに登録して確認しつつ、もしアドバイザーがいまいちだったら他の転職エージェントも利用しながら、転職活動を進めてみるのがよいでしょう。

2020年3月追記:補足情報
リクルートエージェントに登録すると、非公開求人をみれたり、転職エージェントとのカウンセリングを組むことができます。
簡単に登録できるので、ぜひこの機会に登録して、エンジニアの求人をみてみてください。

リクルートエージェントに1分で無料登録する

ワークポート

【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

IT系に特化した転職エージェントです。IT・Web業界の求人に強いです。

メリットとしては、とにかくIT・Web業界の求人に強いので、未経験からIT業界を検討している人にはおすすめです。

一方で、デメリットとしては、IT業界以外の求人が少ないので、エンジニアなどのIT職種以外を検討する場合はあまりおすすめできません。また、とにかく求人数を渡してくるので、一人一人に対するスキルの棚卸しはなどは弱いです。

なので、「キャリアの棚卸しはリクルートで、求人はワークポートで」といったように、複数のエージェントを使い分けながら情報収集していくことがおすすめです。

2020年3月追記:補足情報
リクルートエージェントと同様に、ワークポートに登録すると、非公開求人をみれたり、転職エージェントとのカウンセリングを組むことができます。簡単に登録できるので、ぜひこの機会に登録して、リクルートの求人と比較しつつエンジニアの求人をみてみてください。

ワークポートに1分で無料登録

転職の質は、「情報の質」 x 「行動の量」に左右される

実際にエンジニアに未経験から転職して、うまく行っている人と、うまくいかなかい人の違いをみていると、うまく行っている人の特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 転職活動を始める前に、ネットでしっかりと情報を集めに行っている
  2. ネットの情報だけではなく、一次情報を積極的に取りに行っている
  3. 実際にエンジニアになるためにコードを書いている

特に、キャリアにおいて入社前の事前情報は、本当に大きいので、IT系のキャリアに詳しい複数のアドバイザーにいろいろとヒアリングしてみて、業界知識をつけた上で転職活動をすることがおすすめです。

まずは、エージェントの求人をみて、どんな仕事なのかをしっかりと把握しつつ、より本格的に一時情報を取りに行く時は、複数のエージェントに相談してみるのがよいです。

また、IT系の転職市場に関しては、キャリアアドバイザーすらもあまりわかっていないことが多々あるので、複数のエージェントを利用して、情報源を分散しておくことも重要になります。

2020年3月更新
コロナショックの影響で、転職エージェントの求人数が少なくなってきています。
転職活動をするなら早めの方がよいので、なるべく早めに情報を集めておいた方がよいです。

 

2つ登録してみて、いろいろと求人をみてみるのもおすすめですが、個人的にはまずはリクルートエージェントに登録してみるのが、求人数も一番多いのでおすすめです。

また、無料登録すると、すぐに転職する気がなくてもとりあえずキャリア相談・転職相談ができます。マーケティング以外の職種にも興味がある人、未経験での転職に不安がある人は、人材業界の人から直接意見を聞いてみましょう。

リクルートエージェントに1分で無料登録する

【まとめ】マーケターは未経験でも目指せる

マーケティングについて簡単にまとめましょう。

マーケターという職種の強みは、

  • マーケターの需要が大きい
  • 平均年収が高い
  • エンジニアなどに比べて未経験でも就職しやすい

などがあります。

また、Webマーケターとしてのスキルがあれば副業をすることも可能です。

未経験から本格的にマーケティングに携わるのであれば、小さい支援会社で経験を積んで、事業会社のマーケティング部門に転職するのがおすすめ。

実際に転職を考えているなら、

などの転職エージェントで実際の求人をチェックしたり、キャリアコンサルタントに転職相談したりして検討を進めてみてください。

マーケティング職に未経験から転職する上でおすすめの転職エージェント
【第1位】リクルートエージェント:業界最大の転職エージェント。案件は多数あり。
【第2位】DODA:IT転職に強く、求人数が多い転職エージェント。
【第3位】ワークポート:未経験からの求人が豊富。DODA、リクルートエージェントにない案件をこちらで確認