最終更新日:
イラストレーターにおすすめのフリーランスエージェントTOP3

【1位】レバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/
案件マッチングまでのサポートが丁寧。やりたい仕事や希望条件を細かくヒアリングしてくれます。求人の種類も豊富で、コンセプトアート・設定資料作成など他にはない案件も!
【2位】テクフリ(https://freelance.techcareer.jp/
ゲーム系の高単価イラスト案件が豊富。ゲーム業界の有名企業案件も取扱があり、業界で経験を積みたい人、収入を増やしたい人にぴったり。
【3位】レバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/
個人では受注が難しい、大企業からの穴場イラスト案件が募集されていることがあります。高単価を狙うなら、他のエージェントと複数登録がおすすめ!

イラストレーター
イラストレーターの求人を探しているけど、希望する条件に合うお仕事がなかなか見つからない…

そんな悩みを持っている人のために、今回はイラストレーター向け案件サイトの選び方おすすめの案件サイトを紹介します!

DAI
現状、イラストレーター向けのお仕事案件はあまり多くありません。

そのため、複数の案件サイトに登録しておいて、なるべく多く案件獲得の手段を持っておきましょう。先に本記事の結論を書いておくと、

  • 営業代行などのサービスが充実しているフリーランスエージェントの利用がおすすめ
  • ソーシャルゲーム業界の案件はどの案件サイトでも求人が多い傾向
  • コンシューマーゲーム・アニメ・動画絵コンテなどの案件はかなり数が少ないが、レバテッククリエイターで取扱あり(※)

(※案件の掲載状況は2022年8月17日時点の各社公開案件をもとに執筆)

DAI
各案件サイトで取り扱っている案件の種類をざっくりまとめました。登録の際の参考にどうぞ!(表は左右にスクロールできます)
公式サイト 案件の種類 案件数
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/ ソーシャルゲーム
コンシューマーゲーム
webコミック
アニメ・絵コンテ
イラスト講師
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ ソーシャルゲーム
コンシューマーゲーム
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ソーシャルゲーム
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ソーシャルゲーム
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ソーシャルゲーム

※2022年8月16日時点での各社公開案件をもとに作成

さらに、各サイトに会員登録すると、非公開の求人情報も受け取れるようになります。特に人気の高い求人は非公開になっていることが多いです。

DAI
早めに無料登録して要望を伝え、自分の希望する案件を見つけましょう。

イラストレーターがフリーランスエージェントを選ぶ基準

イラストレーターがフリーランスエージェントを選ぶ基準

「フリーランスエージェント」とは、フリーランス向けの案件サイトのこと。案件報酬から20%程度の仲介手数料が引かれる代わりに、次のようなサービスを受けることができます。

  • 希望やスキル条件に合った案件の紹介
  • 継続的な案件の受注サポート
  • 勤務条件・単価交渉の代行

最大のメリットはクライアントへの営業や契約手続き・交渉をお任せできる点です。
利用時には希望条件についてのカウンセリングもあるため、「自分の希望に合った仕事をしたい」という人におすすめ。

また、継続的に案件を紹介してもらえるため、収入が安定しやすい点も魅力です。

DAI
個人では受注が難しい大企業の案件も、フリーランスエージェント経由でなら参画できることがあります!

「より高単価な案件を探したい」「今までと違う環境でスキルを積みたい」という人にもフリーランスエージェントの利用をおすすめします。

ここではまず、フリーランスエージェントを選ぶための5つの基準を解説します。

  • 希望する業界の案件を募集しているか
  • 希望・スキルに合う内容の案件を募集しているか
  • 希望に合う働き方ができるか
  • 勤務地はどこか
  • 仕事の単価は高いか

希望する業界の案件を募集しているか

一言に「イラストレーターの求人」と言っても、活躍する業界が変われば仕事内容は大きく変わります。イラストのタッチや雰囲気はもちろん、使用するツールも業界によって様々です。

まずは自分の希望する業界の案件があるかどうかをチェックしておきましょう。

DAI
イラスト系の案件自体がかなり珍しいため、必ず複数のエージェントに登録しておくことをおすすめします!

どのような業界が案件を募集しているかは、フリーランスエージェントによって差があります。
以下の表を参考に、自分の経験が活かせそうなエージェントに登録しましょう(表は左右にスクロールできます)。

公式サイト ソーシャル
ゲーム系
コンシューマー
ゲーム系
その他
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
案件が豊富

取扱少ない

数は少ないが、
イラスト講師・Web漫画作成・
アニメ制作なども取扱あり
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/
案件が豊富

取扱少ない
×
ほぼ取扱なし
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
数は少ないが、
有名企業の案件あり
×
ほぼ取扱なし
×
ほぼ取扱なし
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
数は少ないが、
上場企業の案件実績あり
×
ほぼ取扱なし
×
ほぼ取扱なし
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/
案件が豊富
×
ほぼ取扱なし
×
ほぼ取扱なし

※2022年8月17日時点での各社公開案件をもとに作成

さらに、各サイトに会員登録すると、非公開の求人情報も受け取れるようになります。特に人気の高い求人は非公開になっていることが多いです。

経験・スキルに合った工程の案件を募集しているか

最近ではイラスト制作を分業制にしている企業も多くなってきました。同じ業界のイラストレーターでも「線画への着彩・レタッチのみ担当」「原画から仕上げまで1人でやりきる」など、担当する工程が異なることがあります。

DAI
同じゲーム系の案件でも、背景担当、キャラクターデザイナー、着彩担当など仕事内容は多岐に渡ります。例えば…
  • 背景のみ、着彩とレタッチのみなど、イラスト制作の一部だけを担当
  • ラフや原画など、イラストの雰囲気や世界観に関わる役割
  • 他のイラストレーターの進捗管理・修正指示などを行うディレクター

など、募集内容によって大きな差があります。

仕事の満足度を上げるためにも、自分の希望やスキルの内容に合った案件を多く募集しているエージェントに登録しておきましょう。どんな種類の求人が多いかは、以下の表を参考にしてください。

DAI
案件のトレンドは、時期によっても変わってきます。複数のエージェントに登録して、自分の希望に合う求人を逃さないようにしておきたいですね。
公式サイト 一部工程のみ担当 ラフ〜完成まで ディレクター
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/
案件が豊富

一定数の募集あり

案件が豊富
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/
一定数の募集あり

一定数の募集あり

一定数の募集あり
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
取扱少ない
×
ほぼ取扱なし

取扱少ない
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ×
ほぼ取扱なし

取扱少ない

取扱少ない
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/
一定数の募集あり

一定数の募集あり

一定数の募集あり

※2022年8月17日時点での各社公開案件をもとに作成

DAI
2022年8月17日に調査した時点では、ソーシャルゲームの背景イラストやイラスト全般のディレクションに関する案件が各社とも多い傾向にありました!

希望に合う働き方ができるか

「週5で出社が必要な案件が多い」「リモート勤務可能な案件が多い」など、エージェントによって勤務条件は異なります。

もしも「好きな時間に働きたい」「在宅で仕事がしたい」という場合は、エージェントごとの傾向も把握しておきましょう。

実際にエージェント各社で公開案件の勤務条件を調査したので、参考にしてください。
(表は左右にスクロールできます。)

公式サイト 稼働日数の傾向 リモート・在宅勤務
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/ 週5日案件メイン
一定数の募集あり
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ 週5日案件メイン
一定数の募集あり
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 週5日案件メイン
取扱少ない
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ 週3案件あり
取扱少ない
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ 週5日案件メイン
一定数の募集あり

※2022年8月17日時点での各社イラストレータ向け公開案件をもとに作成

各社で公開募集されているイラストレーター案件は週5勤務を前提としたものが多かったですが、各社に問い合わせたところ「今後は週3程度の案件も拡大していく予定」とのことでした。

DAI
ITプロパートナーズは元々週2・3日稼働の案件が豊富なこともあり、週3のイラストレーター案件を保有していました。

最初は出社必須で、慣れてきたらリモートに移行するような案件もあります。詳しくはエージェント各社に登録して聞いてみましょう。

DAI
週2・3日勤務OKなどの案件は会員限定公開になっていることもあります。登録すれば、エージェントに依頼して勤務条件を交渉してもらうこともできますよ!

勤務地はどこか

フリーランスエージェントでは首都圏に拠点を置く企業の案件の募集が多いです。ほとんどが東京23区内で、たまに神奈川や埼玉などの案件が募集されていることもあります。

残念ながら地方での案件はかなり珍しいです。もしもあなたが地方在住のイラストレーターなら、リモート可の案件を探してみましょう。

仕事の単価は高いか

仕事の報酬単価は、発注元となる企業の規模や手数料の割合など、さまざまな要素が関係してきます。主なものは、下記の4つです。

  1. 発注元企業の規模(資金が豊富な大企業の案件は報酬が高い傾向がある)
  2. 発注元からの直請案件かどうか(2次請け、3次請けだと中間手数料が引かれてしまう)
  3. マージン(手数料)率の割合(手数料率が低い方が手取り報酬は高くなる)
  4. その案件で担当する工程(イラストディレクターなど上流工程の方が報酬は高め)

この記事で紹介しているエージェントは、どれも直請案件・上流工程の案件を多数取り扱っています。エージェントごとの詳しい特徴は次の章で詳しく説明します。

また、テクフリでは相場(20%〜30%)よりもマージン率の低い(10%)案件が募集されていることも。

DAI
イラスト系の案件自体がかなり希少なので、より高単価の案件を選ぶなら複数登録は欠かせません!

イラストレーターにおすすめのフリーランスエージェント

イラストレーターにおすすめのフリーランスエージェント

自分で人脈を作りつつ、交渉して案件を獲得する方法は難易度が高いです。イラストレーターとして個人で仕事を探しているなら、フリーランスエージェントを活用しましょう。

DAI
利用手数料がかかりますが、営業・交渉の代行・継続的な案件紹介などのサポートが受けられます!

基本的には、自分の希望する案件を多く扱っているところに登録するのがおすすめです。

公式サイト 案件の種類 案件数
レバテッククリエイター https://creator.levtech.jp/ ソーシャルゲーム
コンシューマーゲーム
webコミック
アニメ・絵コンテ
イラスト講師
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ ソーシャルゲーム
コンシューマーゲーム
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ ソーシャルゲーム
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ ソーシャルゲーム
エンジニアスタイル東京 https://engineer-style.jp/ ソーシャルゲーム

※2022年8月17日時点での各社公開案件をもとに作成

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターHP

 画像はレバテッククリエイター公式サイトより引用:https://creator.levtech.jp/

公開求人数 1,348件(2022年8月17日時点)
募集職種 イラストレーター・キャラクターデザイナー
2Dデザイナー・3Dデザイナー・モーションデザイナー
アニメーター・アートディレクター など
地域 東京中心(ほかに神奈川、千葉、埼玉)
強み ・要望ヒアリングの頻度が高く、カウンセラーの専門性も高い
・企業の社風・雰囲気・実際の口コミを案件参画前にチェックできる
・Webコミックやアニメなど、他のエージェントでは珍しい案件あり
公式サイト https://creator.levtech.jp/

レバテッククリエイターは、イラストレーターをはじめとするクリエイター職向けの案件に特化したフリーランスエージェントです。

DAI
他のエージェントでは珍しいイラストレーター向けの案件・求人が多数見つかります。アートディレクターやキャラクターデザインなど、他のイラスト関連職の案件も豊富です。

実際に案件を調べてみたところ、

  • モバイルRPGの背景イラスト・コンセプトアート制作
  • ソーシャルゲームのキャラクターデザイン
  • ゲームキャラの衣装デザイン企画
  • アニメーションの原画・作画
  • キャラクター・背景デザインの講師
  • 大手ゲーム企業でコンセプトアートを担当

など、多岐にわたる案件の募集がありました。
アニメやコンシューマーゲーム向けイラスト制作など、他のエージェントでは珍しい案件があるのも魅力です(2022年8月17日時点の調査結果)。

クリエイター特化型のエージェントであるためキャリアカウンセラーの専門性も高く、案件のトレンドや業界の事情にも精通しています。

数ヶ月に1回のヒアリング、単価や参画日などの交渉など、サポートの質も折り紙付き。
「やりたい内容の仕事が見つからない!」「イラストレーターとしてキャリアの方向性に悩んでいる」などの相談も可能です。

DAI
サポート・案件の質ともに優れているので、イラストレーターならまず登録しておきたいエージェントです。

無料登録して案件をみる(公式サイト)

テクフリ

テクフリの公式サイト

画像はテクフリ公式サイトより引用(https://freelance.techcareer.jp/ 

DAI
テクフリはゲーム系案件を多数取り扱っています。中間マージン10%〜の案件や、有名企業の案件取扱実績も多数あります!
公開求人数 10,787件(2022年8月17日時点)
募集職種 イラストレーター・2Dデザイナー・3Dデザイナー・
アートディレクター・モーションデザイナー
エフェクトデザイナー など
対応地域 東京、埼玉、神奈川、千葉など
強み Cygamesなど有名企業からの高単価案件あり
スタッフが2人体制で案件獲得をサポート
福利厚生が充実(例:休業時の補償・有給休暇、税理士紹介など)
公式サイト https://freelance.techcareer.jp/

※2022年8月17日時点の公式サイト(https://freelance.techcareer.jp/ )をもとに作成

テクフリはCygamesやアプリボットなど、ゲーム開発を手がける有名企業の案件を取り扱っています。さらにほとんどの案件が直請であるため、仲介手数料を抑えた高単価な案件を獲得できるでしょう。

DAI
イラスト関連の案件募集も多く、特にソーシャルゲーム系の案件が豊富です。時期によってはコンシューマー系ゲームのイラスト募集もあるため、要チェックです!

また、テクフリでは案件獲得のサポートがかなり充実しています。

  • 企業担当とキャリアカウンセラーが2名体制で案件獲得をサポート
  • 希望に応じたコミュニケーションツールで連絡してくれる(ChatworkやLINE、メールなど)
  • 企業との面談前に事前面談対策をしてくれる
  • 案件獲得できなかった場合も、理由を教えてくれるから次に活かせる
  • 希望にあった案件を探すための独自の案件マッチングシステムあり
DAI
福利厚生サービスも手厚く、これから独立を検討している人にもおすすめのエージェントです。

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

画像は公式サイトから引用:https://freelance.levtech.jp/

公開求人数 40,582件
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み ・大企業からの高単価な直請案件が見つかることがある
・企業の社風・雰囲気・実際の口コミを案件参画前にチェックできる
・福利厚生サービスが充実(人間ドック・娯楽、レジャー優待・税務サポートなど)

※求人数は2022年8月17日時点の公開案件数を公式サイトで調査したもの(引用元:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは元々エンジニア向けのエージェントのため、イラストレーター向けの求人は少なめ。

しかし、時には有名企業や海外でも活躍する急成長中の企業が求人を出すこともある穴場エージェントです。

テクフリ」や「レバテッククリエイター」など他のイラストレーター向けエージェントと並行して利用することをおすすめします

案件の報酬水準も高いため、会員登録して非公開案件も含めてチェックしておきましょう。

レバテックフリーランスのイラストレーター案件例

レバテックフリーランスでは、個人での受注が難しい有名企業や大企業からの求人が見つかることがあります。
ここでは、イラストレーター向け公開案件の中から2件、抜粋して紹介します(いずれも2022年6月27日時点の公開案件です。現在は募集を終了している可能性があります。)。

DAI
報酬水準の高い上流工程の案件も取り扱い実績があります。

レバテックフリーランス イラストレーター案件例

DAI
得意なテイストやタッチを活かしながら参画できるのが嬉しいですね!

レバテックフリーランス 案件例2

DAI
こちらはイラストディレクター向けの案件で、2Dイラスト作成経験のほか、イラスト制作の仕様書作成の実務経験が求められます。

引用:https://freelance.levtech.jp/
※上記の案件は共に2022年6月27日時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

【レバテックフリーランス】実績豊富なフリーランスエージェントサービス
有名企業の求人が見つかることもあるIT系フリーランスエージェント。案件単価が高く、サポートも充実!

ITプロパートナーズ

画像はITプロパートナーズ公式サイトより引用。引用元:https://itpropartners.com/

DAI
「ITプロパートナーズ」は、週3以内稼働、リモート可能など柔軟に働ける案件が多いエージェント。ベンチャー企業やスタートアップからの直請案件が多いのも特徴です。
公開求人数 5,131件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・
大阪・京都・兵庫・奈良
強み ・週3〜稼働できるイラスト案件あり
・リモート可の案件が豊富

※2022年8月17日時点の公式サイト(https://itpropartners.com/ )をもとに作成。

ITプロパートナーズは「土日の稼働OK」「週2日からOK」などの稼働日数の短い案件や、リモート参画可能な案件が多い点が最大の特徴。

イラスト系の案件はあまり多くありませんが、イラストレーター向け案件では珍しい「週3日から稼働できる案件」が募集されていました。

想定月収 〜50万円
稼働日数 週3日
業務内容 ソーシャルゲーム開発・運用(2D・3D)が主軸で、VRゲーム開発も行う企業にて、
・ゲームのUIデザイン(コックピット、テロップなど)、コンポジット制作
・担当パートのマネジメント業務(環境・作業フロー構築、スケジュール設計、作業指示など)
その他、下記いずれかの内容が得意な方を募集
・アニメーション用のイラスト分割
・アニメーション作成
・エフェクトの作成
・spineやAfter Effectでのエフェクト作成
・SDキャラ作成
・イラスト指示書構図ラフ作成
・アイコン作成 ・イラスト赤入れ(できれば良し)
必要スキル ■必須スキル:
・ゲーム、映像業界での開発経験
(3年以上、Illustrator/Photoshop/Element3D等使用)■尚可スキル:
・パートリーダー経験者
・After Effectsでのコンポジット・オーサリング業務の経験
・unityを使用した開発経験者
・アニメーション作成に興味のある方
・動画系ソフトに触れた経験のある方
(Premiere、After Effect、maya、Flash等)

(引用元:ITプロパートナーズ|上記の案件情報は2022年8月17日時点のものです。現在は募集終了している可能性があります。)

「いろいろ経験を積みたいから、他の案件と掛け持ちしたい」「他にやりたいことがあるから、稼働は少なめにしたい」という人におすすめです。

DAI
案件の単価も、稼働日数が少ない割には高めの水準でした。フレキシブルに働きつつ経験を積みたい人はぜひ登録しておきましょう!

※ ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

【番外編】エンジニアスタイル東京

エンジニアスタイル画像

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用:https://engineer-style.jp  

DAI
エンジニアスタイル東京は、いろいろなフリーランスエージェントの公開案件をまとめて調べられるサイト。イラストレーター向け案件も豊富です。
募集職種 イラストレーター・2Dデザイナー・
キャラクターデザイナー・アートディレクター など
公開求人数 167,479件
強み ・希望条件に合う案件情報をメールでお届け
・とにかく案件数が豊富
・業界や働き方のこだわりなど、多様な条件で案件を探せる

※公開求人数は2022年7月11日時点の公開案件から調査・引用:https://engineer-style.jp/

会員登録すると登録時の希望条件やスキルなどの情報に合致する案件情報をメールで送ってくれます。

DAI
ずっとサイトに貼り付いて案件検索しなくてOKなので、「そんなに多くの案件を選ぶ時間がない」という人にもおすすめです。

また、2022年8月17日時点でAmazonギフト券のプレゼントキャンペーンも実施しています。キャンペーン終了日時は未定なので、気になる人は早めに登録・応募しておきましょう。

エンジニアスタイル東京 amazonギフト券キャンペーン

(画像は『エンジニアスタイル東京』公式サイトより引用(2022年8月16日時点):https://engineer-style.jp  

エンジニアスタイル東京では、職種や言語、スキル、開発環境などの一般的な条件の他にも、下記のようなこだわり条件についても検索できます。

  • 始業時間
  • 駅からオフィスまでの所要時間
  • 参画先のオフィス設備環境(食堂やドリンクコーナーの有無)
  • メンバーの年齢層
  • チームの人数規模
  • 会社の規模や志向
  • トレンド技術を取り入れているか など

エンジニアスタイル東京の案件検索画面

​​※エンジニアスタイル東京  から引用 /2022年7月11時点確認

DAI
参画先の環境や雰囲気にもこだわりたい」という人には嬉しい機能ですね。

複数のエージェントの案件をまとめて見られるので、スキルによる単価相場を客観的に判断する手助けにもなり

ます。「今のスキルと経験でどんな案件が受注できるか」を知るためにも登録しておきましょう

【エンジニアスタイル東京】多数エージェントの案件をまとめて見られる
IT系フリーランス向けの案件を数多く掲載!エンジニア以外の職種の案件も豊富です

フリーランスイラストレーターが在宅で働くことは可能?

フリーランスイラストレーターが在宅で働くことは可能?

DAI
結論から言うと、フリーランスイラストレーターの在宅勤務は可能です!
稼働日数の目安 リモート案件の多さ
レバテッククリエイター 週5
テクフリ 週5
レバテックフリーランス 週5
ITプロパートナーズ 週3〜

各社が感染症対策に乗り出したこともあり、現在ではどのエージェントでもリモート勤務可能の案件を見つけることができます(ただし、人気の案件はすぐに募集終了してしまうことがあるので早めに登録を!)。

フルリモートが可能な案件では、エージェントの対応地域に自分の住んでいる地域が含まれていなくても働けるため、是非チェックしてみて下さい。

DAI
複数のエージェントで案件を確認しましょう!

フリーランスのイラストレーターになる前に準備すべきこと

フリーランスのイラストレーターになる前に準備すべきこと

フリーランスのイラストレーターになる前に、下の3点について準備しておく必要があります。

DAI
それでは詳しく見ていきましょう!
  • ポートフォリオの制作
  • 人脈作り
  • 案件獲得の手段を増やす

ポートフォリオの制作

始めに、フリーランスがポートフォリオを作成するのは、自分の出来る事を成果物として示すためです。

案件を獲得できるかどうかは、ポートフォリオによる所が大きいです。

インターネットで簡単に閲覧できるため、Webサイトでの作成が主流です。

ポートフォリオに記載する代表的な項目は、下の通りです。

  • 職歴・経歴
  • 作品
  • 制作にかかった期間
  • 自分の担当した範囲
  • こだわり・工夫
  • 得意分野

クライアント側からすれば、どんな人かわかった方が仕事を依頼しやすいですので、できるだけ詳しく記載しましょう。

作品については、5点以上、できるだけ多く入れることが望ましいとされています。

無料で手軽にポートフォリオを作成できるサービスもありますので、必ず作成しましょう。

DAI
どんな価値を提供できるか示し、仕事を得るために作る物であるため、作品集とは違いますので調べてみましょう!

人脈作り

知り合いの紹介などでは、安心して仕事を任せられるため、多くの仕事は紹介によるものと言われています。

そのため、勉強会や交流会・イラストレーター同士のセミナーなどに参加したり、コワーキングスペースなどのイラストレーターが利用している場所に行ったり、人脈を広げる事をおすすめします。

コワーキングスペースでは、セミナーやイベントなどのチラシが置いてある事が多いため、情報収集としても使えます。

SNSのアカウントを作り、オンラインでの人脈を広げる事も重要です。

DAI
仕事に関するツイートや、近隣の交流会の情報などの有益な情報が回ってくるため、作っておいて損はないといえます!

案件獲得の手段を増やす

このサイトの中盤の「フリーランスイラストレーターが仕事を取る方法」で詳しく紹介しますが、下のような案件の獲得方法について、徐々に手段を増やしていく事をおすすめします。

  • クラウドソーシング
  • コンテストに応募する
  • エージェントを利用する
  • 人脈を広げ、案件を紹介してもらう
  • SNSから案件を受ける

フリーランスでは、会社員時代と違い、自分で営業する必要があるため、継続的な案件の受注が課題となってきます。

DAI
1つの案件獲得方法に依存しないようにしましょう!

そして、基本的にクラウドソーシングなどの方法は、初心者の方の実績作りにおすすめです。

しかし、こういったサイトではコンペが開催されている事もあるため、参加者のイラストを見る事で勉強になります。

「ココナラ」では、他の人の出品内容を閲覧できるため、相場や、自分のスキルにいくらくらい価値が付くかなどを知ることができます。

DAI
どういった方法があるか見てみるだけでも勉強になります!

フリーランスイラストレーターの実際にある案件の例

フリーランスイラストレーターの実際にある案件の例

女性A
フリーランスエージェントにはどんな案件があるの?
DAI
そこで、フリーランスイラストレーターの案件を紹介していきます。

案件の例【アニメ・ゲームイラスト制作】

テクフリ』に掲載されている求人の例です。

テクフリ案件例

公式:https://freelance.techcareer.jp/

※この案件は2022年2月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

DAI
どのエージェントで調べるかで、そのエージェントごとの特色もあるので、今回紹介したエージェントをいくつか調べてみるのがおすすめです!

案件【デザイナー】

続いて『レバテッククリエイター』に掲載されている求人の例を紹介します。

レバテッククリエイター案件例

引用:https://creator.levtech.jp/

※この案件は2022年2月時点のものです。現在は掲載終了している可能性があります。

DAI
Web・ゲーム業界のクリエイターフリーランス専門エージェントなので職種別で自分に合った案件を探せる印象です。

フリーランスイラストレーターの仕事内容

フリーランスイラストレーターの仕事内容

イラストレーターの仕事はさまざまですが、活躍する分野は主に下の3つです。

  • アニメ・ゲーム
  • 広告・メディア
  • 専門分野
DAI
順番に説明します!

アニメ・ゲーム

イラストレーターと聞くと真っ先にイメージするのがアニメやゲームのキャラクターでしょう。

業界によっても異なりますが、アニメーターと呼ばれることもあります。志望する人も多いため、倍率が高いのが特徴です。

ざっくりとイラストレーターを定義すると、背景を描く人やエフェクトを描く人も含まれますが、厳密には「背景デザイナー」、「エフェクトデザイナー」などの職種に分かれます。

広告・メディア

広告やメディアに関わるイラストレーターは、クライアントの要望により広告や雑誌、商品パッケージなどに挿絵のようなイラストを提供するのが主な役割です。

イラストレーターではなく、グラフィックデザイナーに分類されることもあるでしょう。

クライアントの要望は、「デザインに華を持たせたい」「解説や工程を分かりやすく見せたい」など多岐に渡ります。

イラストそのものよりも、イラストによって商品やサービスをアピールするのが目的です。

クライアントからの要求が明確でないことも多いため、イメージを汲み取る力が重要です。

DAI
何度も対話などでアウトプットを確認してもらいながら、イメージを固めていく必要があります!

専門分野

イラストレーターのなかには、「テクニカルイラストレーター」や「メディカルイラストレーター」のような専門分野で活躍する人もいます。

テクニカルイラストレーターは、工業製品のマニュアルなどに載っている、操作説明のイラストを描く仕事です。

写真や図面の代わりとなるイラストで、現物に忠実である必要があります。

CADやCGソフトなどを使用してイラストを描くため、より専門的なスキルを身につける必要があります。

メディカルイラストレーターは、医療に特化したイラストを描きます。

医学書のイラストから子供向けのものまで様々ですが、解剖図などの精密なものを描くこともあるので、医学についての知識も必要とされています。

正確で、視覚的にわかりやすく描く必要がありますが、安定して需要のある仕事と言えます。

DAI
認知度は低いですが、高度な分野をわかりやすく伝える、社会貢献度の高い仕事です!

フリーランスのイラストレーターと会社勤務のイラストレーターの違い

フリーランスのイラストレーターと会社勤務のイラストレーターの違い

次にフリーランスイラストレーターと会社勤務のイラストレーターの違いを解説していきます!

大きな違いとして、主に以下の3つが挙げられます

  • 報酬形態
  • 受注方法
  • 独創性
DAI
順番に解説していきます!

報酬形態

フリーランスのイラストレーターと会社勤務のイラストレーターは報酬形態が大きく異なります。

会社勤務のイラストレーターは月給制であるのに対して、フリーランスのイラストレーターは案件単位で報酬が入ります。

DAI
それによって、どのようなメリット・デメリットがあるか紹介していきます!

会社勤務の場合、下のようなメリットとデメリットがあります。

  • メリット
    ・安定的に収入を得られ、自ら案件を獲得する必要が無い
  • デメリット
    ・仕事のボリュームに関わらず、ある程度決まった報酬しかもらえない

そして、フリーランスイラストレーターのメリット・デメリットは下の通りです。

  • メリット
    ・自身で案件を選べる分、案件の単価や引き受ける案件の量によって報酬を多く得ることができる
  • デメリット
    ・自身で案件や顧客を開拓したり、自身の仕事量を管理したりしなければならない
    ・安定した収入をもらえる保証が無い

受注方法

会社勤務のイラストレーターは自身で営業をする必要がありません。

しかし、フリーランスイラストレーターの場合だと、自身で営業して案件を獲得する必要があります。

クライアントはイラストレーターがこれまで描いた作品をもとに受注を決める事が多いです。

クラウドソーシングサイトやエージェントを活用する際には、自身のプロフィールページやポートフォリオを充実させ、自身のスキルや人柄をアピールすることが案件獲得のカギになります。

独創性

会社員では案件を自分で獲得する必要がありません。

しかし、フリーランスの場合では、受けた案件を次の仕事を探す際に実績として提示したり、信頼を得る事でまた案件を受けられるようにするなど、継続的に案件を受注出来るように意識する必要があります。

また、クライアントのニーズを汲み取ったイラストを描くだけではなく、見た人の印象に残るような個性あるイラストを描くことも次の案件獲得につながります。

そして、ファンが出来て人気が高まってくるとグッズ化やアニメ化など企業とコラボレーションしてイラストを描くなどの仕事に繋がることもあります。

DAI
会社勤務のイラストレーターに比べて独創性が重要です!

フリーランスイラストレーターが仕事を取る方法

フリーランスイラストレーターが仕事を取る方法

次にフリーランスイラストレーターが案件を獲得する方法をご紹介します。

現実的な手段として、大きく以下の5つがあります。

  • フリーランスエージェントを利用する
  • クラウドソーシングを利用する
  • 知人に紹介してもらう
  • SNSやポートフォリオサイトで発信する
  • 企業に直接営業する

フリーランスエージェントを利用する

「フリーランスエージェント」とは、フリーランスと企業を仲介するサービスのこと。
案件報酬から20~30%程度の仲介手数料が引かれる代わりに、次のようなサービスを受けることができます。

  • 希望やスキル条件に合った案件の紹介
  • 継続的な案件の受注サポート
  • 勤務条件・単価交渉の代行

最大のメリットはクライアントとの手続き・交渉をお任せできる点です。「事務作業や交渉は苦手だな」という人も、安心して本業に集中できるでしょう。

また、継続的に案件を紹介してもらえるため、収入が安定しやすくなります。

フリーランスエージェント経由で求人を出す大企業も多いため、「より高単価な案件を探したい」「今までと違う環境でスキルを積みたい」という人にもフリーランスエージェントの利用をおすすめします。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネット上で不特定多数の人に仕事を依頼する業務委託形態のことです。
代表的なクラウドソーシングサイトには「クラウドワークス」、「ココナラ」、「ランサーズ」などがあります。

未経験でも応募できる案件が多く、イラストレーターとしての経験が浅い人におすすめです。

また、フルリモートの案件が多いため、エージェントよりも気軽に案件に参画しやすい点も魅力です。

ただし、報酬単価は相場よりも低いことが多く、契約の手続きや交渉のサポートもありません

DAI
実務経験がある人は、フリーランスエージェント等で仕事を探す方が効率的に稼げるでしょう。

知人に紹介してもらう

クリエイティブ系に勤めている知人がいるなら、イラストレーターの案件を紹介してもらうのもおすすめです。

お互いに面識があり、自分のスキルや性格を知った上で案件をもらえるため、初対面の人よりも精神的な面で安定した仕事がしやすい傾向にあります。

ただし、この方法は「案件を紹介してくれる人脈がある」ことが前提です。現状で案件獲得につながる人脈がない場合は、別の方法を検討しましょう。

SNSやポートフォリオサイトで発信する

特にイラストレーターをはじめクリエイター系職は個人にファンが付きやすい職種です。
自分のポートフォリオサイトを持ったり、SNSに作品を投稿したりすれば、それをきっかけに案件の依頼がくることもあります

案件ごとの売り込みの手間が省ける点はメリットですが、継続的に案件を受注できるかはSNSやブログの集客力次第です。

常に案件が途切れない保証はないため、他にも案件獲得の手段を持っておくと良いでしょう。

DAI
他のイラストレーターやクリエイター界隈の人と情報共有・人脈形成のきっかけ作りにできます。自分のSNSアカウントを作っておくと良いですよ!

企業に直接営業する

イラストレーターを募集している企業に直接売り込みに行く方法もあります。

エージェントやクラウドソーシングなどを利用する手数料がかからず、交渉能力次第では良い条件で案件を受注できる点が魅力です。

ただし、必ず案件を受注できるとは限らないため、営業に割いた時間が無駄になることも覚悟しておきましょう。

また、案件相場に関する業界知識がないと、本来もらえる金額より安い報酬額で案件を引き受けてしまう可能性もあります。

はじめはフリーランスエージェントを利用して実績を作り、相場感や営業スキルを身につけてから企業に直接営業するのをおすすめします。

未経験・独学でもフリーランスイラストレーターになれる?

未経験・独学でもフリーランスイラストレーターになれる?

DAI
ここからは未経験でイラストレーターを目指したい人に向けて、イラストレーターになる方法をご紹介します。

専門学校

イラストレーターになるには、専門学校や美術系大学へ進学して基礎知識を学ぶ方法が一般的です。

イラストレーション学科を設立している学校もあり、美術のデッサンから色彩感覚、ソフトウェアの使い方まで学ぶことが可能です。

DAI
お金と時間がかかるため、社会人にとっては難しい方法といえます。

独学

DAI
実際に独学で勉強し、フリーランスとして独立されている方もいます!

独学する場合は、本やオンライン講座などで基本の知識をインプットしましょう。

たくさん描くことも重要ですが、デッサンや配色などの基礎知識を先に学んでおく方が上達は早くなります。

実績がない状態から営業するのは難易度が高いため、クラウドソーシングや、エージェントを利用して経験を積んでいく事をおすすめします。

オンライン講座

オンライン講座を受講するという方法もあります。

イラストレーターとしてやっていく上で必須とも言える、Illustrator(イラストレーター)の基本操作から応用テクニックまでを学べる講座を受講できます。

3ヶ月ほどの講座を、オンラインで受けられるサービスもありますので、DTP・Web・3DCGなど、必要に応じて講座を調べてみましょう。

DAI
自分のペースで学習できる点で優れています!

フリーランスのイラストレーターがエージェントを利用するメリット・理由

フリーランスのイラストレーターがエージェントを利用するメリット・理由

ここからは、フリーランスエージェントを利用するメリットを解説していきます。

メリットとしては、大きく以下の6つが挙げられます。

  • 安定した仕事の受注が可能になる
  • 営業・交渉を任せられる
  • 高単価の案件も受注しやすい
  • 福利厚生やキャリアサポートが充実している
  • 選べる仕事の幅が広がる
  • 事務手続きを代行してもらえる

1つずつ順番に解説していきます。

安定した仕事の受注が可能になる

これからフリーランスでやっていこうという人の多くは、「仕事を安定的に受注できるのだろうか」という不安があるのではないでしょうか。

フリーランスになると、自分で仕事を受注する必要があるため、常に仕事が受注ができるとは限りません。

特に、フリーランスとしての実績がないゼロの状態から仕事を開拓していくのはかなりの労力が必要になります。

そのため、独立を検討はしているが自分がフリーランスとしても通用するのかが心配という方は、エージェントを利用して最初の実績を作ることで安定して受注もしやすくなるのでおすすめです!

営業・交渉を任せられる

フリーランスとして自分で仕事を受注する際には、以下のような問題に直面する可能性が高いです。

  • 営業に時間がとられて、仕事に集中できない
  • 案件の条件や、相場観が分からないまま受注してしまう

自分で営業や交渉をしたことがない状態で案件を取ろうとすると、「案件の単価」と「会社での給与」を比較してしまいがちです。

DAI
会社での給与は、税金や諸経費等を差し引いたうえでの金額なので、案件の相場感がないうちは交渉経験が多いエージェントに代行してもらうのがおすすめですよ!

高単価の案件も受注しやすい

フリーランスエージェントを利用することで、高単価の案件も受注しやすくなります。

個人で営業をするよりも単価が高い案件を受注しやすい理由

  • エージェントに登録することで非公開求人を含む幅広い案件から選ぶことができる
  • フリーランスとしての実績が浅いうちでも、エージェントが単価交渉をしてくれる可能性がある

登録しないと見ることのできない非公開求人の中には、より好条件の案件があることも多いので、エージェントを利用する大きな利点になります。

非公開求人とは?

求人の中には、まだ会社として公開していない新規事業に関する求人や、応募殺到を避けたい人気企業の求人などの非公開のものがあります。

実際に、ホームページ上に載っている求人はごく一部でほとんど求人はエージェントが直接紹介をする場合の方が多いのです。

福利厚生やキャリアサポートが充実している

フリーランスエージェントに登録することで受けられるサポートには大きく分けると以下のものがあります。

事務処理 ・契約内容の交渉、締結
・入金代行
・確定申告代行(エージェントによる)
保険 ・損害保険
・各種生命保険など
法務・税璃 ・弁護士の紹介/相談
・税理士の紹介/相談
・ファイナンシャルプランナーの
各種優待 ・会計ソフト優待など
・各種サービス優待

※エージェントごとに、提供しているサポート内容や、有料・無料なのかは異なります。

中でも特に、税理士や弁護士に無料で相談できるサービスは、確定申告の際や法務的なサポートが欲しいときに重宝します。

フリーランスになりたてで確定申告や契約に関する法律周りの知識がない際に、無料でサポートを受けることができるのは安心ですね。

選べる仕事の幅が広がる

エージェントを利用することで、仕事の選択肢が広がります。

DAI
なぜ仕事の幅が広がるのか解説していきます!

エージェントを利用することで、選べる仕事の幅が広がる理由

  • 個人の営業では獲得しづらい、大手企業の案件などにも参画できる
  • 複数のエージェントを利用することで、それぞれのエージェントが得意とする分野の案件を見ることができる

大手の案件の場合、エージェントを通すことで初めてできる案件も出てきます。

エージェントには、それぞれ得意としている案件の種類やコネのある会社などの特徴があるので、自分に合った案件を獲得するためにも複数のサイトに登録しておくことをおすすめです。

事務手続きを代行してもらえる

フリーランスとして仕事をする際には、会社で仕事をする際にはやる必要のなかった以下のような業務も全て自分でやらなくてはなりません。

  • 契約に関わる書類作成
  • 報酬の入金手続き

エージェントによっては、トラブルが起きた際の対応など諸々の事務手続きを任せることができます。

また、税理士を無料で利用したり、面倒な確定申告の手続きを任せられたりするのは魅力的です。

フリーランスのイラストレーターがエージェントを利用するデメリット

フリーランスのイラストレーターがエージェントを利用するデメリット

これまでフリーランスエージェントを利用する6つのメリットを解説してきました。

続いて、フリーランスエージェントを利用する際のデメリットについて、解説していきます。

フリーランスエージェントを利用する際には、以下のようなデメリットがあります。

  • マージン(手数料)が発生する
  • 常駐の場合は自由度が低くなる
  • 受注できる案件はエージェントに依存する

順番に解説していきます。

マージン(手数料)がかかる

エージェントの利用には、仲介手数料であるマージンがかかります。

エージェントによってマージン率は違いますが、業界の相場としては20~30%ほどになります。

マージン率の決まり方

  • 初回の案件か継続の案件か
  • 案件の単価
  • 緊急性が高い案件かどうか

エージェントや案件によってマージン率は異なるため、複数社の案件や相場と比較して慎重に案件を選ぶ必要があります。

常駐の場合は自由度が低くなる

フリーランスというと、いつでもどこでも働くことができるイメージがありますが、実際は会社に出社して働く常駐型の案件が多いのが現状です。

フリーランスでも、デザイナーやWebディレクターかなどで異なりますが、世間で先行しているような自由な働き方をしている人の方が少ないことが分かりますね。

案件がエージェントに依存する

デメリットの3つ目として、案件がエージェントに依存するというのがあります。

受注できる案件はエージェントごとに異なり、以下のような特徴があります。

  • 職種ごとの強みを持っているエージェント(エンジニア、マーケティング、デザインなど)
  • 働き方に強みを持っているエージェント(週2~案件、リモートワーク可能など)
  • 直請け案件が多いエージェント

特に、3つ目の直請け案件が多いかどうかなどは、エージェントに依存しやすいポイントです。

※案件には、直請け案件や2次受け、3次受け等があり、間に入る会社が多くなればなるほど報酬の中抜きが発生します。

フリーランスイラストレーターが成功するために

フリーランスイラストレーターが成功するために

男性A
成功しているフリーランスのイラストレーターはどんな事を意識してるの?
DAI
成功する条件として、下の4点について解説していきます!
  • クライアントのニーズを把握する
  • スケジュール管理の徹底
  • 継続的に案件を受注する
  • スキルアップ

クライアントのニーズを把握する

発注の際に、クライアント側でも最終的なゴールが決まっていないケースはよくあります。

そこで、クライアントのニーズを考え、把握する事が非常に大切です。

言葉やサンプルを用いて、相手のイメージを明確にし、聞き出すことが出来るよう、コミュニケーションスキルを磨きましょう。

DAI
経験によって身に付く能力でもあるため、クライアントのニーズを常に考える習慣を付けましょう!

スケジュール管理の徹底

フリーランス全般に言える事ですが、1人で仕事のスケジュールを管理しなくてはいけません。

自由な時間で働けますが、自分の能力以上に案件をたくさん受注してしまい、休みが無くなってしまうケースはよくあります。

効率も下がりますし、最悪のケースとして納期に間に合わない事も考えられますが、信用をなくしてしまうため、自分の能力を正しく把握し、スケジュール管理を徹底しましょう。

継続的に案件を受注する

そして、複数の案件を同時並行でこなしている場合では、不足の事態に備え余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

また、案件を受注する間の空白の期間を減らすために、受注するタイミングを考える事も重要です。

仕事としてイラストを描く場合、クライアントの要望に合わせて描く事が重要ですが、要望以上のものを作る事で継続して依頼してもらえる可能性が上がります。

要望を正確に把握できるようコミュニケーション能力を身につけ、経験を積みましょう。

そして、納期を守らなかった場合、二度と頼んでもらえない事もあるため、注意が必要です。

DAI
遅れるときは、他の人に頼んだり、早めに伝えるなどの対応をしましょう!

スキルアップ

デザインのトレンドは常に変化しているため、常にアンテナを張る事が大切です。

そして、現在の流行はもちろん、これからニーズが高まりそうなジャンルを開拓し、対応できるようにしましょう。

自分の得意なジャンルでは無くても、クライアントから依頼される場合はあります。

また、スキルの幅を広げる事で、受けられる案件の選択肢も広がりますので、余裕のある時に対策していきましょう。

そして、空間の使い方やバランスを意識し、クライアントの要望に合ったイラストを描くための画力の土台となるデッサン力や、テーマやターゲットとなる層に合ったイラストを描くために、配色スキルも重要です。

必須ではありませんが、スキルアップの為に下のようなスキルを持っておくと重宝します。

  • 色彩検定資格
  • カラーコーディネーター検定試験
DAI
2つの資格について、簡単に紹介していきます!

色彩検定資格

色彩検定では、色彩に関する基礎知識が学べます。

3級、2級、1級、UC級の4つのレベルがあり、1級以外は難易度もそこまで高くありません。

そして、服飾系の団体が主催しているためファッション分野に強いですが、趣味や仕事の為に取得する人の増えている、メジャーな検定です。

カラーコーディネーター検定試験

平均的には、色彩検定よりも難易度の高い試験と言われています。

建築やデザインなど、工業系に用いる理論や数値も重要視される点が色彩検定との違いです。

DAI
履歴書に書いて力を発揮できるのは、両資格共に2級以上です!

画像編集ソフトとして、「Illustrator・Photoshop」は必須です。

アナログでイラストを作成しても、納品はデータ化したもので行うケースがほとんどですので、知識がない場合、早めに勉強しましょう。

DAI
次の章で紹介していきます!

フリーランスイラストレーターに必要なスキル

フリーランスイラストレーターに必要なスキル

ここからはフリーランスイラストレーターになるために必要なスキルについて紹介していきます

主に以下の4つが挙げられます!

  • Illustrator
  • Photoshop
  • SAI
  • CLIP STUDIO PAINT

主に使用しているツールが他にあっても、よく使われているこの4つに関しては基本的な操作方法や知識を身につけて置いてもよいでしょう。

DAI
簡単に機能や用途を紹介していきます!

Illustrator・Photoshop

Illustrator:ロゴやアイコンを作成、配置するためのソフト

Photoshop:写真や画像、イラストを編集するためのソフト

IllustratorやPhotoshopは、使いこなせることが仕事を得るための必須条件です。

どの会社でも、クリエイティブ業界ではAdobeを使うケースがほとんどです。

自分以外のクリエイターとやり取りする際には、Photoshopを指定される場合もありますので、書類選考で落とされてしまったり、受けられる案件が減るのを避けるためにも、必ず使えるようにしておきましょう。

専門学校や独学でもスキルを獲得できるため、まず初めに使いこなせるようになっておきましょう。

Webデザインやレタッチの仕事にも活かすことができます。

SAI

SAIはWeb向けイラストの作成では初心者でも使いやすいソフトです。

機能が厳選されていますが、ブラシの種類も豊富で水彩画風からゲームキャラクター風まで直感的に描けると愛用しているプロも多いソフトです。

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINTは、イラストだけではなく漫画やアニメーションも作れるオールマイティなソフトです。

パソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンでも使えるという汎用性の高さも魅力です。

プロのクリエーターも愛用しており、扱えることで仕事の幅や表現力が磨かれるソフトといえるでしょう。

フリーランスイラストレーターの平均年収は?

フリーランスイラストレーターの平均年収は?

DAI
ここからはフリーランスイラストレーターの平均年収を紹介していきます!

フリーランスイラストレーターの平均月額賃金は、ハローワークの求人統計データによると22.3万円とされています。

あまり高いとは言えない傾向にありますが、実力と経験によって大きく差が出てきます。

DAI
年数ごとに、大体の目安を紹介します!

以下の金額はサイト内の単価診断ツールにて「ブランクなし」で経験年数の単価目安から算出した、フリーランスイラストレーターの年収目安です。

こちらを参考にしてみてください。

・実務経験1年未満 の年収:276万円(23万円/月)
・実務経験1年~2年の年収:312万円(26万円/月)
・実務経験2年~3年の年収:372万円(31万円/月)
・実務経験3年~5年の年収:420万円(35万円/月)
・実務経験5年以上 の年収:540万円(45万円/月)

※上記の金額は目安であり、実際の支払額はご自身の経験やスキルなどにより変動します。

引用:https://creator.levtech.jp/jobguide/detail/1/

フリーランスイラストレーターの将来性・需要

フリーランスイラストレーターの将来性・需要

現在はWeb技術の発達で、デジタル媒体が多様化していることによって、デジタルイラストの需要が伸びているようです。

さまざまな企業がオウンドメディアやSNSを運用しており、クオリティを上げるためにはイラストが不可欠になっています。

またイラストレーターと相性のよいゲーム業界も、右肩上がりで成長中なので、続々とリリースされるソーシャルゲームの新キャラを描くなど、当面はイラストレーターの需要が高い状態が続くと考えられます。

まとめ

まとめ

スキルや年収、成功する方法について紹介してきましたが、今回の記事はいかがだったでしょうか。

「イラストレーターの案件を獲得したい!」という方は、ぜひ今回紹介したフリーランスエージェントを活用してみてくださいね。

今回紹介したフリーランスエージェント

イラストレーターにおすすめのフリーランスエージェント3選

【1位】レバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/
案件マッチングまでのサポートが充実。やりたい仕事内容を丁寧にヒアリングしてくれます。求人の種類も豊富で、コンセプトアート・設定資料作成など他にはない案件も!
【2位】テクフリ(https://freelance.techcareer.jp/
ゲーム系の高単価イラスト案件が豊富。ゲーム業界の有名企業案件も取扱があり、ゲーム業界で経験を積みたい人、収入を増やしたい人にぴったり。
【3位】レバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/
個人では受注が難しい、大企業からの穴場イラスト案件が募集されていることがあります。高単価を狙うなら、他のエージェントと複数登録がおすすめ!
【4位】ITプロパートナーズ(https://itpropartners.com/
案件数は少ないですが、イラストレーター求人では希少な週3〜案件・リモート勤務可案件の取扱実績あり!働きやすい穴場案件を探しているなら、他のエージェントと合わせて複数登録しておきましょう!
【番外編】エンジニアスタイル東京(https://engineer-style.jp/
いろいろなエージェントの案件をまとめて検索できるサイト。登録しておけば希望条件に合う案件をメールでお知らせしてくれます。

関連記事

イラストレーターの副業事情!週1-3案件の探し方とおすすめの求人サイトを紹介
女性フリーランスに人気の仕事5選!働き方や収入などの悩みも解説します
【2022年】クラウドソーシングのおすすめサイト厳選5社
ゲーム系のフリーランス案件事情!求人の特徴や単価相場・スキルなどを解説