全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

注意)この記事はアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはアフィリエイトポリシーをご覧ください。

こんにちは、DAIです。

昨今のIT業界では、「Webディレクター」という職種が需要を伸ばしています。

フリーランスのWebディレクターとして独立して稼いでいくのも目じゃない時代となってきました。

すでにWebディレクターとして仕事をしている人、Webディレクターの仕事に興味がある人にとっては、今がチャンスかも。

今回は、

  • 未経験だけどWebディレクターとして独立を目指したい人
  • Webディレクターとして会社勤務しているがフリーランスで働きたい人

こんな人に向けて

  • Webディレクターとく職業に関しての基礎知識
  • フリーランスのWebディレクターに関する一般論
  • Webディレクターとして独立するためのTO DO・案件の探し方

以上についてまとめました。早速見ていきましょう。

Webディレクターの職種についておさらい

そもそも、「Webディレクター」って言葉の響きだけだと、だいぶ漠然としていて仕事内容がイメージしにくいですよね。

Webディレクターという職種を、まずは概観してみましょう。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事は、一口に言うと「Webコンテンツ制作の全体管理」です。

主に、以下のような仕事をします。

  • プログラマーやコーダー、デザイナーなど制作スタッフの招集・管理
  • クライアントの要件に基づく制作の指示書作成・スタッフへの指示出し
  • プロジェクト全体の進捗確認・進行管理
  • Webコンテンツの品質管理
  • クライアントやスタッフなど、各ステークホルダーとの一連のコミュニケーション
  • その他、専門職スタッフに触れない雑タスクの処理

Webディレクターとは、Webサイトなどのコンテンツ制作全体を統括する実務責任者のような職業なのです。

Webディレクターの必要スキル

コンテンツ制作の責任者たるWebディレクターは、専門性の高いスキルを求められるわけではありません。

むしろ、ジェネラリストとして全体を俯瞰するスキルを求められると言う方が正しいでしょう。

具体的には、

  • クライアントやスタッフと円滑なコミュニケーションを行うためのコミュニケーション能力
  • プロジェクトを予定通り進行させるスケジュール管理能力
  • プロジェクト内の情報を正確に共有するための総括・整理能力
  • 関係者に上手く伝えるためのPowerPoint作成・プレゼン能力営業能力
  • Web系の技術者と制作物に関して話しあうためのIT基礎知識(システム知識・Webマーケティング知識など)

以上のような能力が求められます。

開発スキルやデザインスキルを直接必要とするわけではありませんが、クライアントとスタッフとの橋渡しとなる必要があるので、作りたいもののイメージを制作スタッフに正確に伝えなければなりません。

よって、わかりやすく資料を作成する能力はもちろん、システム開発やデザインについて多少専門的な目線を持っておく必要があるわけです。

フリーランスとしてWebディレクターをやっていくには、自分を上手く売り込んで案件を取ってくる必要があるので、食いっぱぐれないためには営業力があると鬼に金棒です。

Webディレクターの年収

DODAの職種別・平均年収ランキング(2018)によると、Webプロデューサー/Webデザイナーの平均年収は452万円とのこと。

Webディレクターの年収は、会社に所属して働いている場合と、フリーランスとして独立している場合とでだいぶ変わってきます。

  • Webディレクター(会社員)の年収:〜550万円程度
  • Webディレクター(フリーランス)の年収:〜1000万円それ以上も目指せる

Webディレクターの職業は、仕事内容がら業務成果が正確に評価されにくいのが特徴。

会社に所属している場合、頑張ってもなかなか給与に響かないことがあり、年収もIT系の他職種に比べて上がりにくい側面があるようです。

一方で、フリーランスで案件を受注していくと、自分の売り込み方・裁量次第で報酬を上げていけるので、会社に所属するよりも年収が上がる場合が多々あります。

Webディレクターがフリーランスになるメリットとデメリット

どんな職種でも、フリーランスとして独立することにはメリットとデメリットがあります。

Webディレクターとしてフリーランスになるにあたり、覚えておきたい利点・難点を見ていきましょう。

Webディレクターがフリーランスになるメリット

Webディレクターとして独立することには、以下のようなメリットがあります。

  • 会社員としてWebディレクターをやるよりも年収が上がる傾向がある
  • 案件や働く時間・場所などを自分の裁量で決められる

記事冒頭でも取り上げたように、Webディレクターの需要は高まる一方。引く手数多というわけです。

一つの会社内で飼い殺されていては上がらない年収も、フリーランスとして独立して複数案件を受注できるようになった途端、大幅アップすることがあります。

会社内ではなかなか成果が評価されにくいWebディレクターは、フリーで案件を受注した方がお金になりやすいということ。

また、どの職種においてもそうですがフリーランスとして仕事をすると、働く時間や場所など、全て自由に選択できます。

フリーランスとしてクライアント先に常駐する場合もありますが、自宅勤務やリモート勤務の条件をつけたり、週●日と勤務日数を指定したり、仕事の仕方を自分でアレンジできるのはフリーランスの最大の魅力とも言えます。

Webディレクターがフリーランスになるデメリット

独立するデメリットは、Webディレクターという職種に関わらず、フリーランスには共通の内容です。

  • 時間も場所も自由である分、自己管理の徹底が必要
  • 自分で案件を探して受注できないと仕事・収入がゼロになる
  • 代役がいないので休みたい時に休みにくい

自由には義務がともなうもの。フリーランスの働き方は基本的に自由ですが、誰にも管理されずに自分を律してやるべき時までにやるべきことをやる、自己マネジメントが必要です。

自己マネジメントができない人にはフリーランスは向きません。会社の管理下で仕事をした方が楽かもしれないですね。

また、収入源となる案件(仕事)を取ってくるのも自分です。自分で自分の価値を売り込み、営業して、案件を受注する必要があります。これができないまま時間だけ過ぎていってしまうと、仕事もお金もなくなって詰みます。

フリーランスとしてWebディレクターをやっていると、代役がおらず仕事が属人化するため、急な体調不良の時なども休みにくいことがあります。他に仕事をふれる人がいないので、プロジェクトの進行遅延につながるためです。

Webディレクターにかかわらずフリーランスを決意するなら、後悔しないよう予め上記のデメリットを理解しておいてください!

Webディレクターがフリーランスになったら必要なこと(独立後)

晴れてフリーランスになった場合、Webディレクターはまず何をしなければならないことは以下です。

  • 営業活動(プロジェクトの受注)
  • 人集め(スタッフの招集)

独立後の動きが見えない人が多いと思うので、軽く触れておきましょう。

また、番外編として、フリーランスのWebディレクターとして実績を重ねた後のキャリアパスについても考えてみます。

独立後のTO DOその1:営業(プロジェクトの受注)

フリーランスで稼ぐにはとにかく自分で仕事を取ってこなければなりません。

よって、人脈や求人サイトを使って仕事を探し、雇ってもらえるように営業活動を行います。

Webディレクターとしての実績や経験があれば、求人サイトでの案件の受注も難しくないと思います。実績が伝わるよう職務経歴書やポートフォリオを準備して効果的にPRしましょう。

Webディレクターとしての実務未経験の場合は、知人のツテなどを使って仕事を探す方が現実的です。

未経験の場合、いきなりWebディレクターとして仕事を得るのは正直難しいかもしれません。その場合はWebディレクターの関連領域で仕事を得られるように努力すると良いでしょう。後ほど改めて説明します。

独立後のTO DOその2:人集め(スタッフの招集)

無事案件を受注し、プロジェクト管理をスタートできるようになったら、信用のおける制作スタッフのアサインが必要です。次にやるべきことは人集め

独立したての場合、協働するスタッフを集めるにも人脈を総動員しなければならないかもしれません。前職までの同僚や知人をあたって、デザイナーやエンジニア、プログラマーを集めましょう。

プロジェクトの進行遅延・成果物の品質低下はWebディレクターの責任に直結するので、成果物の納期や質について、信用のおけるメンバーを揃えるのが必要不可欠になってきます。フリーランスになるまでには、そういった人脈も十分に確保しておきたいところです。

Webディレクターとしてフリーランスになる場合、制作の仕事を頼める人脈を豊富に持っておくよう、独立前から留意しておくことをおすすめします!今の会社やこれまでの仕事関係者とも、良好な関係を保てるよう努力してみてください。

【番外編】実績を積み重ねた後のキャリアは…

フリーランスのWebディレクターとして多くの案件をこなし、実績を積んだ後、どんなキャリアを積むのが一般的なのでしょうか。以下に2パターン、イメージを挙げておきます。

  1. 複数人のデザイナー、エンジニアなどを雇って法人化する
  2. Web制作会社に戻って活躍する

野望があれば、Webディレクターやデザイナー、エンジニアを複数人集めて自分で束ね、法人化して社長になるという手があります。

組織ぐるみで多くの案件を受注できれば、社名でブランド力を獲得して信用も上がり、より高報酬でやりがいのある案件を受注できるようになるかもしれないですね。

フリーランスで十分な実績を積んだ後、華々しいポートフォリオを携えてWeb制作会社に戻って活躍するという手もあります。プロデューサーとして、より責任の大きな仕事をハンドリングできると思います。

Webディレクターの仕事は、経験(実績)=市場価値と言っても過言ではありません。まずは色々な案件をこなし、成果に貪欲に仕事をしていくことをモットーとしてみてはいかがでしょうか。

Webディレクター未経験で独立を目指す、その前に!

「実務未経験でWebディレクターとして独立するのって、実際のところ稼げる見込みあるの?」

心配な人は多いと思うので、正直なところどうなのかというと

  • 実務未経験だと実績がないので能力をPRできず、Webディレクターの仕事は得難い
  • Webディレクターを目指すには基本的には会社勤務を経験すべき
  • まずは副業で関連領域の仕事を受注して経験を積むとなおよい

以上のようなことが言えます。詳しく解説していきます!

【求人例あり】Webディレクター未経験者はまずマーケ職に転職を目指すべし

先述した通り、Webディレクターというのは「業務成果を正しく評価されにくい」仕事であり、「経験=市場価値と言っても過言ではない」職種。

つまり、Web制作関連の業務経験なしに、Webディレクターの案件を受注するのは至難の業です。「これを作りました」と実績を示せない以上、責任のある仕事を任せられることはほとんどないと思っておいたほうがいいでしょう。

よって、Webディレクターとして独立を目指すのであれば、一度はWeb関連・デジタルマーケター関連の職種についてみるのが先決。未経験の人は、Webディレクターへの転職・ジョブチェンジを目指して、まずはWeb系・マーケター系の職種で実績を積むことを先に考えたほうが苦労が少ないです。

おすすめの転職エージェントを紹介しておきます。まずは「どんなもんかな」程度に、マーケターの案件、Webディレクターの案件を見ておくとキャリアをイメージできますよ。いくつか求人の例を引用しておきます。

レバテックキャリアは、株式会社レバテックが運営している転職エージェントでIT業界での転職に強いのが特徴。

キャリアアドバイザーも、IT業界や専門領域に詳しい人材が揃っており、エンジニアやクリエイターの転職活動に有用なエージェントです。

求人:マーケティング

年収:400〜700万円

業務詳細:主に、Webマーケターとして柔軟な対応で事業成長を牽引していただきます。
広告運用に留まらずマーケティング活動における幅広い業務を行っていただくことが可能です。SEM/SEO/DSP/ソーシャルメディア/メルマガなどを総合的に用いて、問題改善と運用の効率化を図っていただきます。(以下省略)

必須要件:
<知識>
・HTML/CSS/JavaScript/PHPなどを使ったWebサイト制作の知識
<マインド>
・高い目標達成意欲
・ベンチャー企業としての環境を楽しめる
・企業と共に成長したいという高い意欲

歓迎要件:
<経験>
・SEO
・Webマーケティング
※未経験でも適性がある方は歓迎
(在籍マーケターの半数以上は未経験からの入社されています)

(引用元:https://career.levtech.jp/engineer/offer/detail/5849/ )

 

求人:【Webディレクション】特集ページ制作(業務委託) の求人・案件

給与:〜550,000円/月収

勤務形態:業務委託

職務内容:企業とのタイアップ企画ページの進行管理、外注管理をお任せいたします。

募集職種:Webディレクター

言語 :CSS、HTML

最寄り駅:外苑前(東京都)

精算基準時間:140時間~180時間

必須スキル :進行管理ディレクションの実務経験1年以上/ライティング経験/HTML、CSSの知見

歓迎スキル:広告運用経験

(引用元:https://creator.levtech.jp/project/detail/34751/

レバテックキャリアに1分で無料登録する

リクルートエージェントは、人材大手リクルートが運営する転職エージェント。求人の数・質共に、さすがは大手といった充実っぷり。

とりあえずの気持ちで色々見てみるには、内容が豊富なので色々なバリエーションを見ることができるのでおすすめです。迷ったらリクルートエージェントの検索窓を叩いてみてください。

未経験案件ではありませんが、参考までにWebディレクターの求人例を貼っておきます。

求人:【ネット広告】[MTC-FM配属]Web広告ディレクター

想定年収:400万円〜600万円

雇用形態:正社員

募集職種:Webディレクター

必須スキル :◆Webディレクターのご経験(目安1年以上) ※アートディレクターやクリエイティブディレクターと呼ばれる方々も対象です。Webサイト制作のみのご経験でも歓迎です。
【過去の案件例】 ◇鉄道会社と協力した「経済圏」の形成 某鉄道会社が持つポイントカードの集客について依頼あり。Webマーケティングによる集客だけではなく、当グループが持つシステム知見を活かし た新たなアプリ開発、決済事業のノウハウを活かした当該カードを用いるコミュニティ形成など、顧客課題を全方向から解決に導きました。

(引用元:https://www.r-agent.com/kensaku/kyujin/20190727-007-01-051.html)

リクルートエージェントに1分で無料登録する

マーケターへの転職手法については、こちらの記事にまとめています。未経験から転職を考えているあなたは、一度見てみてください。

マーケターへの転職におすすめしたい転職エージェントは?マーケティング職の仕事の選び方をまとめてみた

 

Webディレクター関連領域で副業できると強い

Webディレクターとして早速転職することが難しい場合、Webディレクターの職種に関わる領域で副業ができるとかなりの強みになります。

Webディレクターの主な仕事はWebサイト構築などのプロジェクトを管理すること。

つまり、Webサイト構築に関わる領域についてスキルをつけて、Webディレクター以外の立場でプロジェクトに関わってみることがミソです。

  • Webデザインの知識をつけてデザイナー案件を受注する
  • プログラミングの知識をつけてコーディング案件を受注する
  • Webマーケティングの知識をつけてLP制作系の案件を受注する

具体的には、Webデザインやプログラミング、Webマーケティング系の知識・スキルをつけると話が早いと思います。未経験の人は、これらの領域で副業できるように考えてみることをおすすめします!

副業として案件を探すのにおすすめのサイトも紹介しておきます。

workshipは、色々なプロジェクトの中から、スキルと働き方ベースで副業案件を探せるスキルシェアサイト。

基本情報を入力してフリーランス登録を行い、プロフィールを充実させて案件を探していきます。マッチングすれば、先方の担当者とチャットをしてすぐにでもお仕事が可能。スキルや稼働時間に合わせて、自分にあった案件を見つけられること請け合いです。

まずはたった5項目の基本情報だけ登録をして、色々な案件を見てみましょう。副業を受注できるコンディションになるまでは寝かせておいてOKです。

workshipに1分で無料登録

Webディレクター経験者が案件を探すならコレ【2選】

Webディレクターとしてすでに実務経験・実績のある人であれば、いつでもフリーランスの案件を探してみてよいと思います。

フリーランス案件を探すのに最適なサイトを2つ紹介しましょう。

ミッドワークスは、フリーランスでありながら正社員並みの待遇を受けられるのが大きな特徴であるフリーランス求人サイト。

初めてのフリーランスは何かと要領がわからず戸惑うもの。ミッドワークスではそんな人たちを手厚くサポートしてくれます。

例えば、不慣れな確定申告について。ミッドワークスからの案件受注期間中は、クラウド会計ソフトのfreeeの個人事業主プランを無料で利用することができるため、簡単に済ませることができるとか。

他にも、

  • フリーランス協会によるベネフィットプランを無償提供
  • 保険代理店を紹介
  • ホテル・レジャー・スポーツなどの福利厚生保証
  • 仕事が見つからない場合の給与保証

以上のように、フリーランスとは思えない驚きのサポート体制が充実しています。フリーランスのリスクを少しでも抑えたい人はぜひ利用してみましょう!

求人:大手住宅サイトWEBディレクション業務

給与:550,000万円〜800,000万円/月

職務内容:要件定義書、WFの作成、検品管理、リリース管理等/進行管理や案件コントロールなど/必要に応じて工数管理も行います/担当領域として、賃貸や住宅売買を担当頂きます。

清算時間:140時間〜180時間

週出勤回数:5日

必須スキル
・WebディレクターとしてWeb媒体の制作経験3年以上
・オウンドメディアにおけるディレクション経験
・運用ディレクションではなく、1からサイト制作ディレクションを行った経験のある方
・チーム開発を行なう為、勤怠・労務などセルフマネージメントができる
・協調性のある方

歓迎スキル
・UXやUIの正しい理解があり、ユーザー視点を考慮した仕様定義経験
・エンジニア、デザイナーとしての制作経験
・顧客視点にたったUI改善、サービス企画経験
・HTML/CSS、JavaScriptなどのフロントエンド言語への理解

(引用元:https://mid-works.com/projects/437

ミッドワークスに1分無料登録する

レバテックフリーランスは、業界最高水準の報酬相場を誇るフリーランス求人サイト。案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

発注額がもともと高く、さらに交渉次第で単価を上げることもできます。高収入を目指したい貪欲な人はぜひレバテックフリーランスで求人を探してみましょう。

求人:【Webディレクター】大手予約サイト制作 のエンジニア求人・案件

給与:〜700,000円/月

勤務形態:業務委託(フリーランス)

業務内容:
整骨院などのクリニックを専門にしたWebサイトをお任せします。 具体的には下記作業を想定しています。 ・Web開発の要件定義、画面UI設計 ・デザイン、コーディングの仕様調整……

必須スキル:キャンペーンサイト等のWeb制作ディレクション経験(3年以上)

(引用元:https://freelance.levtech.jp/project/detail/29677/

レバテック・フリーランスに1分で無料登録する

【リスク回避するなら】突然フリーランスになる前に副業を経験しておくと安パイ!

Webディレクターの実務経験がある人は、すぐにでもフリーランスに食いつきたくなるかもしれませんが、一度副業でのディレクションを経験しておくことをお勧めします。

急に会社をやめて「いざフリーランスで生活する!」と決めても、全く案件を得られない、なんてことがあったら焦りますよね。

まずは手堅く、会社で仕事をする傍ら副業としてプロジェクトを達成する経験をすると、自分の市場価値や組織に所属しない仕事の要領を先に知っておくことができます。

最初からフリーランスに挑戦する前に、一度副業でやりきってみるととても安心ですよ!

ミッドワークスで副業案件をみてみる レバテック・フリーランスで副業案件をみてみる

Webディレクターとしてフリーランス独立するためには【まとめ】

Webディレクターとしてフリーランスで稼ぐために必要なことをまとめます。

Webディレクターという職種はどうしても成果を定量的に評価しにくく、経験=市場価値になりがちな職種。

フリーランスのWebディレクターとして成功するならば「早くフリーランスになりたい!」と早まらず、今出せる成果を確実に出すこと、経験を積むことが何よりも大切です。

最初のモチベーションとして、色々な求人サイトでWebディレクター系の案件をみて、必要な経験やスキルを確認してみてください。

今やるべきことが自ずとわかってくるはずです!