最終更新日:
データサイエンティストにおすすめのフリーランスエージェント
【第1位】ランサーズエージェント(公式:https://lancersagent.com/
すべてが直請+マージン公開!リモート案件も取り扱いあり。
【第2位】レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
業界最多水準の案件数と案件単価を実現したフリーランスエージェント。高額案件・高収入を目指すならここ!
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
平均81.2万の高単価!サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

男性A
フリーランスのデータサイエンティストが案件を探す方法は?
男性B
継続して案件を受注できる?

結論から言うと、「ランサーズエージェント」もしくは「レバテックフリーランス」を利用して案件を受注するのがおすすめです。

DAI
理由を説明していきます!

フリーランスエージェントを利用することで、営業・交渉を代行してもらい、手続きのサポートや継続的な案件受注が可能になります。

ランサーズエージェントは週3日から参画できる案件が多く、他のクライアントと並行して仕事を進めたい方におすすめです。

レバテックフリーランスは週5日案件が中心で、データサイエンティストの案件数を業界最多水準で取り扱っています。

両エージェントともに、なかなか見つからない下のような案件を多く取り揃えている点も魅力です。

  • リモート案件多数
  • 高単価
DAI
ランサーズエージェントレバテックフリーランスには、とりあえず登録しておくのがおすすめです!

以下、今回紹介するフリーランスのデータサイエンティストにおすすめのエージェントを比較したので参考にしてみてください。

公式サイト 週2~3案件 リモート案件 データサイエンティスト
案件数
ランサーズエージェント https://lancersagent.com/ 121件
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 284件
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ 169件
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com 62件
Midworks https://mid-works.com/ 30件

※2022年2月時点。公式サイトより引用・算出。

多くのエージェントでは、案件の8割近くが非公開案件ですので、無料登録し、多くの案件から自分に合った案件を探しましょう!

ランサーズエージェントだけでなく、複数のエージェントに無料登録しておくことで、さらに多くの案件から選ぶことができます。

他のエージェントと比較し、自分に合ったエージェントを探すこともできるため、複数登録がおすすめです。

DAI
実際にフリーランスでは、2~3社登録している場合が多いです!

他にもこの記事では以下の3項目について詳しく紹介していきます。

  • 案件を獲得する方法
  • データサイエンティスト向け案件の単価相場
  • 仕事内容や求められるスキル
DAI
フリーランスのデータサイエンティストとして活躍していきたい方はぜひ一読してみてください。

データサイエンティストがフリーランスになるには?案件を獲得する方法

  • フリーランスとして独立したいと考えているけど、案件受注できるか不安…
  • 既にフリーランスとして独立しているけど、理想の案件に出会えていない

そんな人のために、、データサイエンティストにおすすめの案件受注方法を3つ解説していきます。

  1. フリーランスエージェントを利用する
  2. クラウドソーシングサイトを利用する
  3. 友人・知人の紹介から受注する
DAI
それぞれの受注方法について詳しく解説していきますね。

フリーランスエージェントを活用する

1つ目の方法は、フリーランスエージェントを活用する方法です。

特にフリーランス初心者の方にはこちら方法がおすすめです。

案件獲得のための営業や、必要な事務手続きなどが分からない場合でも、エージェントに登録すれば次のようなサポートが受けられます。

  • 希望条件に合った案件を紹介してくれる
  • 案件受注の営業を代わりに行ってくれる
  • 事務・税務手続きのサポート制度がある

これからフリーランスとして独立を考えている人、独立から日が浅い初心者フリーランスは、フリーランスエージェントの活用が最もおすすめです。

DAI
エージェントは企業側から報酬を貰うので、利用者はほとんどのサポートを無料で受けることができます。

特に「レバテックフリーランス」はデータサイエンティスト向けの案件が多いので、おすすめですね。

クラウドソーシングサイトを利用する

2つ目の方法は、クラウドソーシングサイトを利用する方法です。

クラウドソーシングサイトでは、難易度の低い案件から高い案件までさまざまな案件を受注することができます。

DAI
自分で営業する必要はありますが、自分に合った案件があるか確認してみるのもいいかもしれませんね。
ただし、報酬相場は低めなのでご注意を。

友人・知人の紹介から受注する

3つ目の方法は、友人・知人の紹介から受注する方法です。

こちらは、データサイエンティストとしてフリーランス経験がある程度ある方や、人脈を持っている方におすすめですね。

DAI
報酬面など、トラブルを防ぐためにしっかりと確認してから受注するようにしましょう。

データサイエンティストにおすすめのフリーランスエージェント5選

データサイエンティストのおすすめのフリーランスエージェントについて紹介します。

今回紹介するエージェントは、以下の5つです。

公式サイト 平均単価 案件数 地域 直請け 特徴
ランサーズエージェント https://lancersagent.com/ 全国 すべての案件が直接契約・マージン公開
案件数が多い
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 60〜100万円 首都圏・関西圏 案件数が多い
単価も高め
テクフリ https://freelance.techcareer.jp/ 81.2万円 首都圏・大阪 週2,3日稼働OK案件あり
常駐メイン
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com 全国 週1~2日稼働OK
リモートワークOKの案件が豊富
Midworks https://mid-works.com/ 60〜120万円 首都圏と大阪 福利厚生の支援が厚い
低マージン+単価公開で安心

※2022年2月現在の各社公開案件・公式サイト情報をもとに作成

フリーランスエージェントを選ぶ基準

フリーランスエージェントを選ぶときは、次の4つの基準でチェックするのがおすすめです。

  • 平均単価
  • 案件数
  • 地域
  • 直請け
DAI
それぞれの項目について詳しく説明しますね。

案件数

取り扱っている案件数が多い方が、より条件の良い仕事を受注しやすくなります。
レバテックフリーランス」と「テクフリ」では、データサイエンティスト向けの案件が多いです。

単価も他のエージェントより高めなので、まずはこの2つに登録しておきましょう。

DAI
1分ほどで登録できるので案件を見比べて、エージェントを決めていくのがおすすめですね。

地域

次に、案件を行う地域ですが、基本的には首都圏中心の案件が多いです。

しかし、以下のエージェントでは、関西圏やその他地方の案件も保有しています。

DAI
住む地域によってエージェントを使い分けるのもおすすめですね。

単価

次に単価についてですが、平均的に月収50〜80万円の案件が多くあります。

テクフリ」では100万円を超える案件もありました。

DAI
高単価の案件を受注したい方は、上記のようなエージェントから案件を獲得するのがおすすめですね。

直請け

どのフリーランスエージェントも直請け案件は一定数ありますが、特にランサーズエージェント」「レバテックフリーランス」「テクフリ」「Midworks」は、直請け案件が多いです。

DAI
直請けの案件になると高単価で好条件になりやすいので、エージェントを選ぶ際は、直請けが多いところもおすすめです。

フリーランスエージェントを活用するメリット

フリーランスエージェントに登録すると、次のようなメリットを得られます。

  • 営業・交渉を代行してくれる
  • 高単価な案件も受注しやすくなる
  • 自分のキャリアアップを考えて案件を提案してくれる
  • 福利厚生が整っているエージェントもある
DAI
それぞれの項目について詳しく解説します。

営業・交渉を代行してくれる

フリーランスの営業活動は、案件を獲得するためのトークスキルやセンス、実績などが必要になります。

実績が少なく、営業が不安という方でもエージェントを利用すれば案件が受注しやすくなります。

また、エージェントでは以下のサポートを行っている場合があります。

  • スキルシート作成支援
  • 職務経歴書の準備
  • 面接の日程調整

DAI
エージェントのサポートを受けることで、案件を受注する難易度が一気に下がりますね。

高単価な案件も受注しやすくなる

エージェントに依頼すれば、通常では獲得できない非公開の案件も受注できます。

また、個人事業主として直接契約が難しい大手企業の業務を請けることも可能です。

DAI
エージェント経由で案件を受注するだけで、20万~30万単価が上がった例もあります。登録は無料なので、活用して損はありません。

自分のキャリアアップを考えて案件を提案してくれる

エージェントに登録すると、業界の案件動向や単価相場が分かり、自身の市場価値を把握できます。

また、将来的に需要が伸びる分野や現在人気の高いスキルなども確認できます。

フリーランスとして独立したら、将来的なキャリアプランについても自分で考えなければなりません。

エージェントに登録しておけば、スキルアップの方向性を決める情報が得られ、キャリアプランを立てる助けになってくれるでしょう。

福利厚生が整っているエージェントもある

フリーランスは企業に属さないため、基本的に福利厚生は受けられません。

ですが、エージェントを通せば、正社員と遜色のないサービスを受けられる場合があります。

DAI
保険や会計の相談、家事代行など、受けられるサービスは会社によって異なります。
DAI
ここからは、厳選した5つのフリーランスエージェントについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

ランサーズエージェント

公式サイト:https://lancersagent.com/


DAI
『ランサーズエージェント』は単価の高い直接契約の案件が多く、効率よく稼ぎたい人におすすめです!

運営会社 ランサーズエージェンシー株式会社
公開求人数 7,648件
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週3日〜稼働・リモートワークOKの案件も有

※2022年5月10日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://lancersagent.com/

ランサーズエージェントをおすすめする理由は、次の2つです。

  1. 直請け案件多数
  2. リモート可、週3日~稼働OKの案件もある
DAI
2022年5月時点の公式サイトによると、保有案件の90%以上がリモート可能です!

直請け案件多数

ランサーズエージェントの案件の多くは、発注元企業からの『直請案件』です。
そのため、単価も他のエージェントと比較して高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

DAI
『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの大切な目安の1つです。

契約の間に他の企業が入っていないため、余計な報酬の中抜きが発生しません。単価が気になる人にとってランサーズエージェントは魅力的と言えるでしょう。

リモート可、週3日~稼働OKの案件がある

ランサーズエージェントで募集している案件は週5・常駐が多めですが、週3・4日の案件も保有しています。稼働日数の条件を細かく指定できるため、自分に合った案件を探しやすいです。

DAI
週3日〜稼働OKなど、条件の良い案件は非公開のことも多いです。早めに登録してチェックしておきたいですね。

注意:ランサーズエージェントでは会社員向けの副業は紹介できません。

【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!リモート案件も多数保有。しっかり稼ぎたい人におすすめ

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 35,935件
最低稼働日数 週3日~
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

※2022年3月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

DAI
利用者の平均年収862万円と、非常に高くなっています。(※2022年3月時点)

また、公式HPでは職種ごとに案件の平均単価も見ることができます。

レバテックフリーランス_インフラエンジニア_平均単価

※2022年3月時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2022年3月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が比較的多めになっています。

エンジニア 10,763件
プログラマー 7,769件
インフラエンジニア 5,703件
プロジェクトマネージャー 2,032件
PMO 1,080件
ネットワークエンジニア 1,312件
フロントエンドエンジニア 1,133件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

テクフリ

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均81.2万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリは、エンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 8,743件
平均単価 81.2万円
マージン率 10%~
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年2月時点・公式サイトより引用/算出

テクフリの特徴は、案件の質の高さです。

  • 平均81.2万円の高単価案件
  • サイバーエージェントを始めとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業を行っていることから、高品質な案件が多いのが特徴です。

DAI
またテクフリは独自の案件マッチングシステムも持っているので、自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

公式:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均81.2万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,036件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年4月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズの公開求人数は、エンジニア・デザイナー・マーケターなど幅広い職種で業界最多水準です。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 案件数が少なかったり、利用可能地域が都市部だけに限定されている

一方のITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1~2日から仕事を始めてみたいというデザイナーや、マーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

Midworks

運営会社

株式会社Branding Engineer

公開求人数  3820件
平均単価(月) 70万円前後
マージン率 10〜20%
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉
職種 エンジニア・デザイナー・ディレクター・PM
公式サイト https://mid-works.com/

※公式サイト(https://mid-works.com/)より算出  ※2021年12月現在

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの特徴

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • 月額契約単価の80%を日割りで受け取れる
  • 賠償責任補償の付帯や健診、人間ドック、マッサージ、スパが安く利用できる
  • 保険代理店の紹介を受けられる
  • クラウド会計ソフトを無料で利用できる
  • 勉強会・書籍購入費や交通費の補助サポートがある

月額契約単価の80%を日割りで受け取れる

仕事が途切れてしまったときに、Midworksでは、月額契約単価の80%を日割りで受け取れます

受け取る際には審査があるため、利用したい方は担当の方などに言う必要があります。

DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

賠償責任補償の付帯や健診、人間ドック、マッサージ、スパが安く利用できる

フリーランス、個人事業主向けの福利厚生・保険・所得補償制度を提供しているフリーランス協会のベネフィットプランを無料で利用できます。

例えば、業務中の対物・対人事故などに備え、フリーランス賠償責任補償が付帯します。

そして福利厚生サービスの「WELBOX」というのも利用できます。

これは、2親等以内の家族が利用でき、健診、人間ドック、マッサージ、スパなどの施設を会員価格で安く利用できます。

DAI
このような制度があると安心できます。

保険代理店の紹介を受けられる

正社員時の社会保険・雇用保険・厚生年金の代わりとなる保険代理店の紹介を受けられます。

さらに案件をこなしている期間分の生命保険料の半額を負担してもらえます。

クラウド会計ソフトを無料で利用できる

Midworksでは、クラウド会計ソフト「freee」のスタンダードプラン(月額1650円)を無料で利用できます。

https://dividable.net/levtech-freelance-link

Midworksでは、勉強会・書籍購入費に月1万円まで使うことができ、交通費に月3万円まで補助してくれます。

特徴②:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%ですが、Midworksのマージン率は10~20%です

DAI
そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksのデメリット

次にMidworksのデメリットについて詳しく紹介します。

  • 勤務日数が2〜3日の案件が少ないため、副業がしにくい
  • 地方案件やリモート・在宅案件が少ない
DAI
以下にて詳しく解説します。

勤務日数が2〜3日の案件が少ないため、副業がしにくい

Midworksでは、基本的に週5日の常駐の案件が多いです。

勤務日数が2〜3日で、副業をしたい人には、あまり向いていません。

地方案件やリモート・在宅案件が少ない

Midworksのデメリットとして、地方案件やリモート・在宅案件が少ないのが特徴です。

基本的には、関東圏の案件が多く、リモート案件はあまりありません。

そのため、地方在住の方には、別のエージェントを利用するのがおすすめです。

Midworksの登録方法

Midworksの登録と相談は無料でできます。

フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。

DAI
とりあえず登録しておき、実際に案件紹介を受けながら検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単・30秒ほど)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了

1.「Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする

Midworks」の公式ページにアクセスすると上記のような表示が出ます。

そこから中央にある無料登録ボタンをクリックします。

2.登録情報を入力して完了

そしてクリックすると、会員登録フォームが出てきて、そこに記入すると終わります。

DAI
簡単に登録できるのは、とても楽です。ぜひ一度登録しましょう!

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

データサイエンスティストのフリーランスの年収相場

次にデータサイエンスティストのフリーランス案件の単価相場について紹介します。

フリーランススタートによれば、案件の平均月額単価は、86.6万円と言われています。

引用:https://freelance-start.com/jobs/※ 2022年3月 現在

さらに最高月額単価は、200万円にもなります。

DAI
案件の平均月額が90万円だとすると、年収相場は1000万円前後になりますね。

データサイエンティストのフリーランス案件例・仕事内容

次にデータサイエンティストのフリーランス案件例・仕事内容について紹介します。

フリーランス案件例は主に以下の3種類あります。

  • データ分析
  • データ収集・整理
  • 課題解決
DAI
それぞれの項目について詳しく解説します。

データ分析

データサイエンティストの案件例に、データ分析があります。

立案した仮説の立証に必要なデータを収集し、分析が可能なレベルに加工します。

また、分析のもとになるデータをさまざまなシステム(業務システムやSNSなど)から収集できるような環境作りも行います。

仕事例は以下の通りです。

  • 業務システムからAPIを通じて取得したデータを収集するプログラム(バッチ)作成
  • Hadoop・MySQL・NoSQLを用いたデータベース構築・運用
DAI
データ分析が正確にできると、より良い分析が可能ですね。

データ収集・整理

収集したデータをもとに、そのデータをビジネスに活かすためデータの整理を行います。

データ収集・整理にはさまざまな手法があり、どのようなアプローチをするかはその人次第です。

各々の得意分野や専門分野、経験を生かし作業を行います。

仕事例は以下の通りです。

  • Hadoop、MySQL、NoSQLなどのデータベース環境にデータ収集
DAI
大量のデータを整理し、ビジネスに活かせるように整理するのが重要です。また、需要も年々上がっているのでおすすめです。

課題解決

分析したデータをもとに、ビジネス上の課題を解決するための施策や戦略を考えていきます。

  • 処理をした情報をビジネスへどう活用すべきか?
  • 事業や企業が利益を生むにはどうすればよいのか?

ということを常に体系立てて考え、その企業に合ったビジネス戦略を導き出します。

仕事例は以下の通りです。

  • データストラクチャー設計とデータベースの課題解決
  • 事業内容・事業課題から必要な KPI を設定
DAI
よい施策を導き出すには、ビジネス分野やマーケティング分野への見解も必要になります。

データサイエンティストのフリーランス案件を獲得するために必要なスキル

次にデータサイエンティストのフリーランス案件を獲得するために必要なスキルについて紹介します。

必要なスキルは、主に以下の3つです。

  • ITスキル
  • 統計スキル
  • 問題解決能力
DAI
それぞれのスキルについて詳しく解説します。

ITスキル

ITスキルを用いて、顧客が抱えている問題やビジネス課題を解決します。

また、データの可視化や機械学習の実装するには、以下の知識があると役に立ちます。

  • SAS・R・Python等のプログラミング言語
  • AI・機械学習・ディープランニングの知識

統計スキル

データ分析には統計スキルが必要不可欠です。

以下の知識があると役に立ちます。

  • 確立や微積分などの数学全般の知識
  • 統計処理のテクニックやデータマイニング手法の知識
  • SPSSやExcelやRなどのデータ分析ソフトウェアのスキル

DAI
そのため、学術的な知識と同時に論理的思考力や戦略的思考力が求められます。

問題解決能力

ビッグデータなどから分析した結果をもとに、企業の課題解決を行います

その際に、問題解決能力があれば適切な判断をすることが可能です。

さらに、課題を正しく把握し、解決するためにも以下のスキルがあると役立ちます。

  • 企業経営についての知識
  • 戦略立案の知識などビジネススキル

データサイエンティストフリーランスの求人動向や将来性

フリーランスとして独立するにあたり、業界の将来性が気になる人も多いことでしょう。ここでは、フリーランスデータサイエンティスト向けの求人市場について紹介します。

結論として、次の2つの理由でデータサイエンス業界は将来性があると言えます。

  • データサイエンティストのフリーランス案件に対するニーズは高まっている
  • 未開拓な領域であるからこそチャンスも多い
DAI
以下にて詳しく解説します。

データサイエンティストのフリーランス案件に対するニーズは高まっている

データサイエンティストの需要は、より高まることが考えられています。

ビッグデータは今後も増加すると考えられており、その活用にはデータサイエンティストが必要となるからです。

膨大なデータを容易に収集できるようになっため、企業間競争に勝つためにはデータの分析力が必要になりました。

このような状況下で機械学習の技術や数学・ITの知識を有するデータサイエンティストが求められています。

DAI
データ分析を行うことで、確実性の高い戦略を立てられるので企業側もできる人材を欲しています。

未開拓な領域であるからこそチャンスも多い

データ分析に関する仕事が着目されるようになった背景として社会の情報化が進んだことがあります。

10年前に比べて、社会の情報活用が進んだため、データ分析に関する仕事や人材の需要が高まったと考えられます。

そのため将来性はあり、データ分析に関する職種はチャンスも多いとも考えられます。

フリーランスのデータサイエンティストに関するよくある質問

ここからは、フリーランスのデータサイエンティストに関するよくある質問にお答えしていきます。

Q1.データサイエンティスト向けのリモート案件はある?

DAI
データサイエンティスト向けのリモート案件もあります!

データサイエンティストのリモート案件はランサーズエージェントで118件、レバテックフリーランス」で151件ヒットしました。(2022年3月時点)

Q2.フリーランスに独立する前にやることってある?

DAI
フリーランスは、収入面が不安定ということから、審査が通りにくい傾向があるので、審査が必要なカード契約や不動産の賃貸契約は済ませておいた方がいいかもしれません。

まとめ

ここまで、データサイエンティストのおすすめのフリーランスエージェントや概要や仕事内容、需要や将来性などを解説しました。

ビッグデータの重要性が高まっている現在、データサイエンティストは高い需要がありますが、一方で高度なスキルや知識が求められます。

フリーランスエージェントを用いれば、案件を受注しやすいです。

ぜひ今回紹介したフリーランスエージェントを用いて案件を受注してはいかがでしょうか。

データサイエンティストにおすすめのフリーランスエージェント
【第1位】ランサーズエージェント(公式:https://lancersagent.com/
すべてが直請+マージン公開!リモート案件も取り扱いあり。
【第2位】レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
業界最多水準の案件数と案件単価を実現したフリーランスエージェント。高額案件・高収入を目指すならここ!
【第3位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
平均81.2万の高単価!サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント
【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!週1〜週5案件まで幅広く見つかるエージェント。
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均81.2万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェントなら
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

関連記事

【2021年版】データサイエンティストにおすすめな転職エージェント6選
【2022年最新版】データサイエンティストの年収と必要スキルを解説!