最終更新日:2021/10/02
会社員
データサイエンティストになれば稼げると聞いたけど、実際の年収はいくらなの?
データサイエンティスト
データサイエンティストとしてもっと年収アップしたい。どうすればいいんだろう?

この記事では、そんな悩みを持つ人に向けて、データサイエンティストの年収や、必要スキルなどをお伝えします。

DAI
結論、データサイエンティストの平均年収は約507万円です(2021年9月時点)。
ただし、個人のスキルや経歴、所属している業界などによって差があります。
データサイエンティストに転職するには、プログラミングや機械学習・統計分析などのスキルが必要です。

すでにデータサイエンティストとして働く人が年収アップするには、より待遇の良い会社への転職がおすすめです。

転職エージェント・転職サイトを使えば手軽に求人を見ることができ、求められている条件もわかります。

年収アップを重視する人は「ビズリーチ」、転職までのサポートを重視したい人には「レバテックキャリア」がおすすめです。

データサイエンティストの仕事に興味がある人や、データサイエンティストとして年収アップを目指す人はぜひ参考にしてください。

この記事を読んで分かること

  • データサイエンティストの年収
  • データサイエンティストの仕事内容・必要なスキル
  • データサイエンティストに転職する方法
  • データサイエンティストが年収アップする方法

データサイエンティストの年収は平均より高め

厚生労働省がまとめた「職業情報提供サイト(日本版O-NET)」によると、データサイエンティストの平均年収は約507万円でした(2021年9月調べ)。

2020年に国税庁が行った『民間給与実態統計調査(令和元年)』では、日本人の平均給与は436万円です。

このことから、データサイエンティストの年収は平均よりも高い水準にあると言えるでしょう。
民間の求人サイト等では平均年収が600万円台後半〜700万円台というデータもあります。

男性A
政府がまとめた資料と求人サイトのデータで違いがあるのはなぜ?
DAI
考えられる理由は、求人サイトが自社で掲載した求人情報をもとに平均データを算出していることです。

求人サイトには、「高い給与を払っても優秀な人に来てほしい」という企業からの求人が集まっています。
そのため、求人サイトには高収入の求人が集まり、結果的に全国的な平均年収を上回っていると考えられます。

データサイエンティストの年収はこれから上がる?


現状として、データサイエンティストを欲しがっている会社は多いです。

独立行政法人・情報処理推進機構がまとめた調査では、多くの企業が「データサイエンティストの量・質とも足りない」と回答しています。
(「デジタル時代のスキル変革等に関する調査 企業調査データ編」(令和3年5月21日発表))

今後も一定程度の求人があり、特に質の高いデータサイエンティストは多くの企業から必要とされるでしょう。

自社で優秀な人材を引き止めるため、給与などの待遇を改善する企業があることも予想されます。

DAI
実際、転職サイトを見てみると年収1,000万円台のデータサイエンティスト求人もあります。
データサイエンティスト
「機械学習技術が向上すればデータサイエンティストは必要なくなる」と聞いたけど…

確かに、データ集積や分析だけなら人間より機械学習の方が優れています。

しかし、どんなに優秀なシステムでも人間が勝てる余地はまだ残っています。
例えば、人間の方が優れていると言われているのは、次のような仕事です。

  • 分析結果を実際のビジネスに応用し、課題解決を提案する
  • 今までにない新理論や分析手法の考案
  • 既存技術を応用したシステム開発

将来性が気になる場合は、新しいスキルを身につけることが解決策になります。

ディープラーニング・機械学習に仕事を奪われたくないデータサイエンティストは、上記のようなスキルを積極的に身につけていきましょう。

データサイエンティストに必要なスキルと仕事内容【分類別】

データサイエンティストの仕事は、複雑で膨大なデータの統計を取り、今後の課題解決に役立てることです。

DAI
例えば、「自社の公式Twitterを有名にしたい」という目標がある場合、「どんなツイートが拡散されやすいか」がわかれば、より効率的に会社の知名度を上げられます。

データサイエンティストの具体的な仕事は、次のように進行します。

  1. データ分析で解決したい課題・明らかにしたい関係などを設定
  2. 対象となるデータを収集
  3. 集めたデータを処理・加工しながら、分析の枠組みを作る
  4. データ分析する
  5. 分析が適切かどうかを検証
  6. 分析から今後の課題解決に活かす対策を考える

業務は課題設定からデータの処理・加工、分析までさまざまな過程をふまなければなりません。
データベース構築などのエンジニア的なスキルのほか、数的処理や統計の知識も必要です。

そこでこの記事では、データサイエンティストの仕事内容と必要スキルを3種類の領域にわけて定義しました。
ここからは、それぞれに求められるスキルや仕事内容について解説していきます。

データサイエンティストのエンジニア的領域

データサイエンティストとして仕事をする上で必須となる分野です。
機械学習やプログラミングの知識を応用して、データを加工したり環境を構築したりしていきます。

具体的には、

  • Pythonを利用した機械学習
  • ディープラーニングなどを利用した予測アルゴリズムの実装
  • 指示書に従ったシステム構築・運用
  • 分析の内容に応じた初期データの投入、システム運用の要件定義
  • データを保護するための環境設計
  • 設計書をもとにしたデータ処理プログラミングの実装

などの工程がこの領域に該当します。
この領域で必要なスキルは以下の通りです。

【エンジニア的領域の必要スキル一覧】

  • プログラミング(よく使われる言語はPython、R)
  • SQLの構文知識
  • データの判別やデータベースに関する知識
  • データ加工技術(ソート、結合、フィルタリングなど)

データサイエンティストのアナリスト的領域

膨大なデータから意味のある傾向を探るために必要なのが、統計分析の知識です。

分析方法の設定・改善のほか、分析から得られたデータの解釈も含まれます。
ときには何度も分析方法を変えて分析を繰り返すこともあり、忍耐力が必要な領域です。

【アナリスト的領域の仕事内容】

  • PythonやRなどを利用し、統計ライブラリを用いたデータ解析をする
  • SQLを利用したデータ解析
  • 分析の結果を検証し、精度を評価する
  • 解析したデータをもとに傾向を分析・予測する
  • 基本統計量や分布をチェックする

【アナリスト的領域の必要スキル】

  • 分析ツールが使える
  • 必要なデータを見つけるための検証デザインおよび実装
  • 機械学習・深層学習の知識
  • 統計学の知識
  • 線形代数、微分積分などの数学知識

データサイエンティストのコンサル的領域

分析の結果として得られた知見を、ビジネスに応用するための領域です。

課題の特定から今後の施策提案まで、分析結果を実地で生かすための様々な工程がこの領域に含まれます。

【コンサル的領域の仕事内容】

  • 分析結果をレポート化し、今後の施策を提案
  • 施策の内容を整理し、KPIに落とし込む

【コンサル的領域の必要スキル】

  • 適切な課題設定ができる
  • データの扱いに関する法令知識・倫理観
  • プレゼン力
  • コミュニケーション能力
  • レポート作成能力
男性A
必要スキルがすごく多い…やる前から挫折しそう!
DAI
ぜんぶ完璧にできる人はかなり珍しいので安心してください。

まず最低限、プログラミング・機械学習・SQL・統計学を学ぶところから始めましょう。

データサイエンティストに転職する方法は?

男性A
異業種からデータサイエンティストに転職する人のキャリアを知りたいな。

異業種からデータサイエンティストに転職する人の多くは、エンジニアやアナリストなどの経歴を持っています。

それ以外だと、マーケターやコンサルなど、数字や分析を仕事にしている人も多いです。
どんな仕事から転職する場合でも、実務に必要なスキルを備えていることが絶対条件です。

【データサイエンティストに求められるスキル】(太字は特に重要)

  • プログラミング(Python、R)
  • 機械学習の知識
  • SQLの知識
  • クラウドの知識
  • 分析ツールが使える
  • 統計分析の知識
  • 数的思考力
  • 適切な課題設定ができる
  • プレゼン力
  • コミュニケーション能力

特にIT分野以外から転職する場合はかなり難易度が高いと言えます。
その場合、まずはプログラミングや機械学習、統計などの知識から地道に勉強していきましょう。

データサイエンティストへの転職におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

ここからは、データサイエンティストの人が転職するのにおすすめな転職サービスを5つ紹介します。

DAI
転職サービスは複数登録するのがおすすめです。

何社か登録してみて、より使いやすく、要望にあった求人を紹介してくれるサービスを吟味していきましょう。

公式サイト 求人数 年収レベル 特徴
ビズリーチ https://www.bizreach.jp ★★★★ ★★★★★ 高収入求人が多い
レバテックキャリア https://career.levtech.jp ★★★★ ★★★★ ITに特化
初回マッチング内定率90%
ワークポート https://www.workport.co.jp ★★★ ★★★★ ITに強い
丁寧なカウンセリング
リクルートエージェント https://www.r-agent.com ★★★★★ ★★★ 業界最大手
とにかく求人が多い
doda https://doda.jp ★★★★★ ★★★★ 求人数が多い
利用者の満足度が高い

ビズリーチ

【ビズリーチ】
高収入(年収600万円以上など)の方の転職に特化した転職サイト。

求人数 52,508件
エンジニア 12,574
マーケティング 2,883件
セールス 6,810件
デザイナー 2,242件
ライター 0件
ITコンサルタント 7,036件

IT系の求人数(2021年4月現在、各職種の該当検索数)

ビズリーチは、高年収層・ミドル層の転職に特化した転職エージェントです。

DAI
転職サイトのように、自分で求人案件を探して応募することもできます。

その最大の特徴は、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上であることです。

管理職や専門職、次世代リーダーなどのハイキャリアを主なターゲットに、年収の高い求人を紹介しています。

また、年収でのフィルタリングがJACリクルートメントより厳しくない分、求人数も多くなっています。

DAI
特にエンジニアやITコンサルタントの求人が多かったです。

IT系でキャリアアップするために転職したい、管理職などを経験してIT業界でさらにスキルを活かしたい、という方は無料登録してみてください。

ビズリーチに無料で相談してみる

レバテックキャリア

レバテックキャリア公式サイト:
https://career.levtech.jp/

拠点 ※現在は電話でのリモート対応可 (2021年9月現在)
渋谷 / 名古屋 / 大阪 / 福岡
求人数 12,418件(非公開求人は除く, 2021年9月現在)
強み エンジニア、ディレクター、PM、ITコンサル特化の転職エージェント。
それ以外の求人を扱っていない分、エンジニアの転職にとにかく強い
求人の平均年収が600万円以上と高いの現在は総合型エージェント
おすすめな人 ・現役エンジニアで、今より年収を上げたい人
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL レバテックキャリア公式サイト:
https://career.levtech.jp/

 

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのエンジニア特化の転職エージェントです。

ベンチャーからメガベンチャー、大企業など、モダンな技術セットを扱っている人気求人が多数存在します(リクルート, サイボーズ, ビズリーチ, DMMなど)

年収相場も平均600万円と高く、エンジニアとしてさらにキャリアアップを狙いたい方は、レバテックキャリアは最もおすすめできる転職エージェントです。

DAI
案件は、ユーザー登録すると閲覧することができます。まずは30秒で無料登録してみるとよいでしょう!

レバテックキャリア公式サイト:
https://career.levtech.jp/

ワークポート

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

拠点 ※現在はリモート対応化 (2021年9月現在)
東京  / 札幌 / 仙台 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 福岡
求人数 約2.8万件(2021年9月現在)
強み 元IT専門の転職エージェントのため、
IT業界のキャリアカウンセリングがかなり詳しく、
親身な対応をしてくれる点

・現在は総合型エージェントで、求人数も大手並に多い点
おすすめな人 ・IT業界に未経験から転職したい人
・IT業界の求人を幅広く得たい人
・IT業界全般に強いキャリアアドバイザーを求めている人
公式URL ワークポート公式)
https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、未経験でも応募できる求人が多い点と、キャリアアドバイザーがIT領域に詳しい点です。

実際に過去にワークポートを利用しましたが、キャリアアドバイザーの方がかなり領域に詳しい印象でした。

一般的な転職エージェントのIT系求人の多くは、経験者向けの求人が多く、未経験者でも応募できる求人はあまり多くありません。

そのため、ワークポートは未経験からIT業界へ転職を目指す方でも使い勝手の良い転職エージェントだと感じました。登録すると、詳しい求人が見れるので、ぜひ登録してみましょう。

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求職者の8割が利用している、大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、はじめて転職エージェントに登録するならまずはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントに登録するメリットはなんといってもIT系の求人数が多いのがポイントです。

求人数 200,000件
エンジニア 25959件
マーケティング 5035件
セールス 5337件
デザイナー 256件
ライター 101件
Webディレクター 316件

IT系の求人数(2020年7月現在、各職種の該当検索数)

非公開案件も登録すると多くあるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。また、電話による面談なども可能になっています。

デメリットとしては、アドバイザーの質にばらつきがある点です。特に入社したばかりの新卒がアドバイアーにつくこともあります。

登録するとより詳細な求人が見れるので、

  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活対策をしてもらう

といった対策を取ることがよいでしょう。

3分ほどで無料登録することができるので、ぜひ一度相談してみるのがおすすめです!

リクルートエージェント公式: https://www.r-agent.com/

2021年3月追記:補足情報
リクルートエージェントでは、現在オンラインでの相談も受け付けています。

DODA

dodaは、パーソルキャリアが運営している、1989年創業の大手転職サービスです。

転職サイトと転職エージェントの両方を持っているので、求人検索から応募までが、一つのサービスで行うことが可能です。

最も大きな特徴が、業界No.1のリクルートの次に求人数が多いこと。

求人数が多ければ多いほど、自分にあった転職先の候補を増やすことができます。

利用者満足度に関してはリクルートエージェントを超えて業界No.1で、90%を超える利用者の方が満足したと回答しています。

【doda】転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

データサイエンティストが年収アップを目指すには?

データサイエンティスト
データサイエンティストが転職以外で年収アップする方法を知りたいな。
DAI
データサイエンティストが年収を上げるには、スキルアップして担当できる業務の幅を広げることが重要です。

特に、最終的な問題解決までを見据えた提案ができるようになれば、より上流の工程に携わることができ、年収アップに繋がります。

他に考えられるのは、プロジェクトマネージャーになるという方法です。
データサイエンティストのほぼ全ての業務工程に関わるため希少性が高く、年収も上がります。

しかし当然ながら、こうしたスキルを身につけるのはかなり難易度が高いです。
焦らず、まずは自分の苦手な分野・これまであまり関わりのなかった分野から学んでいきましょう。

DAI
転職エージェントでは、転職の話だけでなくキャリア相談のサービスもあります。
今は転職を考えてない人でも、登録して相談してみると良いでしょう。

DAINOTE編集部おすすめ転職サービス
1位:ビズリーチ(公式:https://www.bizreach.jp
年収1,000万円〜の求人が全体の1/3以上の転職サイト。高年収を目指す人におすすめ!
2位:レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
IT・Web系に特化した転職エージェント。業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれます。
3位:ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/
IT系の求人に詳しいアドバイザーが多数在籍。未経験向OK求人もあります。

未経験からデータサイエンティストになるのは可能?

結論として、未経験からデータサイエンティストを目指すのは、かなり難しいです。

データサイエンティストには幅広い領域の専門知識・スキルが求められます。
初心者がすぐ実務で通用するような仕事ではなく、就職できたとしても常に最新の技術を学び続ける向上心が必要です。

未経験からデータサイエンティストを目指す場合は、以下のステップを踏むのがおすすめです。
ただし、数ヶ月単位で目指せるものではなく、何年もかけて挑戦することを覚悟しておきましょう。

  1. 書籍や学習サイトを活用して必要スキルを身につける
  2. 身につけた知識を、簡単なものでいいので実装してみる
  3. 転職サイト・転職エージェントで求人を探す

DAI
未経験の場合も、最低限のプログラミングや統計などのスキルがあることは大前提です。

その上で「データサイエンスでどう課題を解決するか」をアピールできるかが鍵になるでしょう。

まとめ:データサイエンティストの年収はスキルに比例する

この記事では、データサイエンティストの年収情報や将来性、データサイエンティストを目指す方法について解説しました。

より詳しい転職事情を知りたい場合、転職サイト・転職エージェントに登録するのがおすすめです。
実際の求人を見れば企業が求めているスキルレベルもわかりやすくなり、転職のイメージを具体的に固めることができます。

転職の条件や希望する業界が決まっている人なら、さらに具体的な情報が入手できる可能性もあります。
求人の検索やコンサルタントへの相談を通して年収アップを目指しましょう。

DAINOTE編集部おすすめ転職サービス
1位:ビズリーチ(公式:https://www.bizreach.jp
年収1,000万円〜の求人が全体の1/3以上の転職サイト。高年収を目指す人におすすめ!
2位:レバテックキャリア(公式:https://career.levtech.jp/
IT・Web系に特化した転職エージェント。業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれます。
3位:ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/
IT系の求人に詳しいアドバイザーが多数在籍。未経験向OK求人もあります。