最終更新日:

インフラエンジニアの副業の案件獲得におすすめのサイト
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ!業界最多水準の案件数を保有しています。
レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
直請け案件がほとんどで、業界最高水準の案件単価のフリーランス向けマッチングサイト。登録者多数で、利用者の平均年収は862万円。
ランサーズエージェント(公式:https://lancersagent.com/
すべてが直請+マージン公開!リモート案件も取り扱いあり。
クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!週1〜週5案件まで幅広く見つかるエージェント。

男性A
インフラエンジニアは副業できるの?
女性A
副業の案件を探すにはどうすればいい?

今回はこのような悩みを持っている人に向けて、お話していきます。

この記事を読んでわかる事

  • インフラエンジニアの需要
  • インフラエンジニアの副業案件の例
  • 案件を探す4つの方法
  • インフラエンジニアに向いている人の特徴
  • インフラエンジニアに必要なスキル・知識
  • 副業をする際の3つの注意点
DAI
それでは見ていきましょう!

インフラエンジニアの副業は可能

結論から言うと、インフラエンジニアが副業をすることは可能です。

また以下のような理由でインフラエンジニアの需要が高まっており、副業案件も増えています。

  • オンプレミスからクラウドへの移行
  • 慢性的な人材不足
  • 在宅・リモート可の副業案件数

順番に解説します。

オンプレミスからクラウドへの移行

近年はインフラを自社運用するオンプレミス型から、クラウド型へ移行する企業が増加しています。

今までオンプレミスでインフラを構築する場合は、以下のようなデメリットがありました。

  • サーバーを一から構築するため、すぐに導入しにくい
  • 初期費用が高額になりやすい
  • システム障害時の復旧に時間がかかる

しかし、クラウド環境へ移行すれば、障害や災害の発生時はベンダー側が対応します。

またアカウントを登録すればすぐに利用開始できるサービスも多く、初期費用を抑えられるのでコスト削減にもつながるのです。

DAI
このようなメリットがあるため、クラウドに環境を移行したい企業が増えています!

ここで重要なのが、クラウドは導入コストやランニングコスト、保守運用の負担を軽減できますが、インフラの設計そのものはなくならないという点です。

そのため、オンプレミスとクラウドのインフラ設計の経験と、知識をあわせ持ったインフラエンジニアの需要が高まっています

慢性的な人材不足

企業の副業解禁や新型コロナウイルスの影響により、プログラミング学習がブームになりました。

その結果、特に需要・将来性・働き方の自由度が高いWeb系エンジニアを目指す人が増えているのが現状です。

その一方で、インフラエンジニアは人材不足の傾向にあります。

インフラエンジニアは設計・構築・保守運用など、複数の領域で高度な専門性が求められる仕事です。

インフラに障害が発生するとサービスに多大な影響を及ぼす上、外部からの不正侵入のリスクもあるなど、責任が大きくなっています。

そのような立場が負担となり、人材不足の一因になっているのです。

逆にいえば、それだけインフラエンジニアの需要は高まっており、副業案件を獲得しやすい状況です

DAI
インフラエンジニアで副業を始めるなら、今がチャンスですよ!

在宅・リモート可の副業案件数

今回紹介した4つのエージェントについて、総求人数と在宅・リモートで働ける案件を表にまとめました。

総求人数 在宅・リモート可
ITプロパートナーズ 5,036件 2,908件
レバテックフリーランス 2,098件 1,608件
ランサーズエージェント 7,345件 4,182件
クラウドテック 884件 244件

※2022年4月時点。各エージェント公式サイトより引用・算出。

今回紹介したエージェントは在宅・リモートで働ける案件も多く保有しています。

DAI
気になるエージェントをチェックしてみましょう!

インフラエンジニア向け副業案件の単価相場

男性A
インフラエンジニアの副業でどれくらい稼げる?

業務委託の単価相場について、『ITプロパートナーズ』『レバテックフリーランス』『ランサーズエージェント』の3つのエージェントの案件から、単価相場を算出しました。(※2022年4月時点)

  • 週3日:月50~80万円
  • 週4日:月60~90万円
DAI
仕事内容や経験年数によって異なります!

高単価案件の仕事内容は、高い順に以下の通りです。

  • コンサルティング
  • 設計・構築・保守運用まで行う案件
  • 構築のみの案件
  • 保守運用のみの案件

週3日の高単価案件は数が少ないのが現状ですが、以下のような案件が見つかることもあります。

ランサーズエージェントより引用。2022年4月時点の案件のため、現在は公開が終了している場合があります。

DAI
今回紹介するエージェントに複数登録し、案件を網羅的にチェックするのがおすすめです!

ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ!業界最多水準の案件数を保有しています。
レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
直請け案件がほとんどで、業界最高水準の案件単価のフリーランス向けマッチングサイト。登録者多数で、利用者の平均年収は862万円。
ランサーズエージェント(公式:https://lancersagent.com/
すべてが直請+マージン公開!リモート案件も取り扱いあり。
クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

インフラエンジニアの副業案件例

インフラエンジニアが副業する際は、次のような案件があります。

  • オンプレミスサーバーの構築
  • クラウドサーバーの構築
  • ネットワークの構築
  • 運用保守
  • 企画設計
  • コンサルティング【マネジメント経験者向け】

順番に見ていきましょう。

オンプレミスサーバーの構築

インフラを自社環境やデータセンターなどに構築し、運用する案件になります。

WindowsやLinuxなどのOSのサーバーや、ネットワーク機器の知識・経験が必要です。

オンプレミス型からクラウド型への移行のほか、オンプレミスとクラウドを組み合わせた「ハイブリッド型」の案件も増加しています。

オンプレミスとクラウド両方の知識やスキルを兼ね備えているインフラエンジニアは、案件が獲得しやすいです

PM(プロジェクトマネージャー)やPL(プロジェクトリーダー)のポジションで案件に関わる場合は、より高報酬になります。

クラウドサーバーの構築

AWS・GCP・Azureのようなクラウドサービス上で、インフラ設計・構築する案件がメインです。

これらのクラウドサービスでのインフラ構築経験があると採用されやすくなります。

またクラウドはインターネット経由のサービスのため、サイバーセキュリティ関連の知識も求められるでしょう。

クラウドサーバーの構築案件は、オンプレミスサーバーの案件より多いです。

たとえばITプロパートナーズでは、2022年2月時点で59件の案件があります。

  • AI関連事業の企業でのインフラ保守運用
  • オンプレからクラウド環境へ移行を促進

参考:ITプロパートナーズ

ネットワークの構築

ネットワーク構成や機器の機能、サーバーOS、ミドルウェアなどの知識が必要な案件です。

またネットワークのインフラは一年中稼働する機器が多いため、疎通状況や負荷を常時モニタリングしておく必要があります。

ネットワーク故障や、トラブル発生時に対応できるスキルも求められるでしょう。

レバテックフリーランスでは、下記のような案件が募集されていました。

  • 金融業向けのネットワークアカウント業務
  • 認証系サービス基盤設計/構築(Linux)

参考:レバテックフリーランス

DAI
月単価65万円前後の高単価案件も多いため、ぜひ挑戦してみてください!

運用保守

インフラ構築後のサーバーやネットワークの運用保守・メンテナンスの案件です。

運用保守はシステム監視や障害対応がメインのため、運用監視ツールのスキルは欠かせません。

また、何が原因で問題が発生しているのか特定するために、ハードウェア全般の知識が必要です。

DAI
端末、サーバー、ストレージ、ネットワークなどですね!

レバテックフリーランスでは、下記のような案件が募集されていました。

  • Linuxサーバーの構築から運用保守
  • ECサイト運用保守
  • AWS運用保守

参考:レバテックフリーランス

企画設計

企業のオフィス環境や提供サービスにあわせて、サーバーやネットワークを企画・要件定義・設計する案件です。

クライアントの要望をヒアリングし、実現するために必要な機材や設定などを要件定義します。

インフラに改善点があれば、機材の機能面からコスト面まで総合的に整理・提案できる能力も必要です。

例えばクラウドテックでは、以下のような案件があります。

  • 社内システムの基盤最適化に向けた企画・計画の立案~運用
  • AWSでサーバー構成の企画設計から運用、社内開発環境の整備など幅広く対応

参考:クラウドテック

コンサルティング【マネジメント経験者向け】

クライアントの課題を解決するために、ハードウェアなどのITインフラを活用した問題解決の提案を行います。

クライアントの要望通りのシステムを納品するというより、コンサルタントとして課題解決の方法を提案するため、幅広い知識や経験が必要な案件です。

例えばレバテックフリーランスでは、以下のような案件が募集されています。

  • DX戦略のコンサル支援
  • ハードウェア、OS周りの機器更改に伴うインフラ更改

参考:レバテックフリーランス

インフラエンジニアが副業案件を探す方法

インフラエンジニアが副業案件を探すには、次のような方法が効果的です。

  • エージェントで探す
  • Wantedlyで探す
  • 企業に直接営業する
  • SNSで営業する

一つずつ解説します。

エージェントで探す

エージェントとは、インフラエンジニアの案件探しや交渉を代行してくれるサービスのことです。

登録後に専属エージェントと面談があり、希望する報酬や働き方などを伝えることで、その条件にマッチした企業を探してもらえます

そのため、優良で働きやすい案件を見つけやすいのがメリットです。

またエージェントサービスによっては、福利厚生が充実しているところもあります。

例えばITプロパートナーズでは、下記のような便利なサービスを無料または特別価格で提供しています。

  • コワーキングスペースやシェアオフィス探し
  • ファイナンシャルプランナーによる保険のアドバイス

参考:ITプロパートナーズ

DAI
「すぐに副業案件を見つけたいけど、あまり時間や労力をかけたくない」という方におすすめです!

Wantedlyで探す

Wantedlyとは、働き手を求めている企業と働きたいユーザーとの繋がりを作る SNS です。

気になる企業があれば「話を聞きに行きたい」というボタンをクリックするだけで、応募が完了します。

その後、相手企業がユーザーのプロフィールを確認し、興味を持ってもらえればメッセージが届くという仕組みです。

働き方が柔軟なベンチャー企業や、リモートワーク可能な企業も多く、インフラエンジニアの副業案件も紹介してもらえる可能性が高いでしょう。

ただし、案件の報酬額は掲載されていないため、メッセージのやり取りの中で確認する必要があります。

DAI
納得の上で契約するようにしましょう!

企業に直接営業する

企業の問い合わせフォームから営業メールを送る、電話するなど、直接営業をかける方法です。

特に営業メールを送る場合は、対面以上に丁寧なコミュニケーションを心がける必要があります。

以下のような情報をメールに盛り込み、「自分を採用することで、企業にどんなメリットがあるか」まで書けるようにしましょう

  • 実績
  • 経歴
  • ポートフォリオのURL
  • 得意なこと・できること

また事前に自己分析して強みを理解しておくと、アピールポイントが明確になり、他のインフラエンジニアと差をつけやすくなります

SNSで営業する

TwitterやLinkedInなどのSNSで営業するのも一つの手です。

例えばTwitterの場合、「インフラエンジニア 募集」のようなキーワードで検索すると、インフラエンジニアを求めている企業やフリーランスが見つかります

また普段からインフラエンジニアの日常や経験をツイートしていると、仕事の依頼がくるケースもあります。

そのため、プロフィール欄に簡単に経歴を記載したり、ポートフォリオのURLを載せたりしておくと良いでしょう。

DAI
ポートフォリオは定期的に内容を更新してくださいね!

インフラエンジニアにおすすめの副業エージェント

インフラエンジニアが副業を探すなら、下記のようなエージェントを利用するのがおすすめです。

  • ITプロパートナーズ
  • レバテックフリーランス
  • ランサーズエージェント
  • クラウドテック

厳正な審査に通過した企業の案件を紹介してもらえるため、安心して副業を続けることができるでしょう。

DAI
順番にご紹介します!

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 4,675件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年1月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのエージェントがマージン率を公開していないため、ユーザーの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多くあるという点があります。

実際、他のエージェントの多くは、以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週1~2日から稼働OKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にインフラエンジニアのフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能です。

DAI
まずはリモートや週1~2日から仕事を始めてみたいというインフラエンジニアの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

案件数 35,935件
最低稼働日数 週3日~
主な求人職種 エンジニア
公式サイト https://freelance.levtech.jp/

※2022年3月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスエンジニア向けのエージェントです。

案件の数も豊富で、無料登録すると見られる非公開案件の中には魅力的な穴場案件が数多く眠っています。

レバテックフリーランスの大きな魅力は、以下の3つです。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. エンジニア業界に精通したエージェントが案件サポートをしてくれる
  3. 案件数が多い

①業界最高水準の案件単価

特に目を見張るのは、業界最高水準の案件単価です。

DAI
利用者の平均年収862万円と、非常に高くなっています。(※2022年3月時点)

また、公式HPでは職種ごとに案件の平均単価も見ることができます。

レバテックフリーランス_インフラエンジニア_平均単価

※2022年3月時点。公式サイトより引用:https://freelance.levtech.jp/

②キャリアコンサルタントの質が高い

引用:https://freelance.levtech.jp/

レバレジーズ株式会社のノウハウが共有されているので、エンジニア業界に精通したエージェントがサポートしてくれます。

また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談することができます。

③求人数が多い

2022年3月現在の求人数ですが、エンジニアの案件を多く保有しています。

DAI
自分の希望する条件に近い案件を見つけやすいです!
エンジニア 10,763件
インフラエンジニア 5,703件

引用:https://freelance.levtech.jp/

DAI
特にエンジニアで高単価案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ランサーズエージェント

公式サイト:https://lancersagent.com/

【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!リモート案件も多数保有で、しっかり稼ぎたい人におすすめ

DAI
『ランサーズエージェント』は単価の高い直接契約の案件が多く、効率よく稼ぎたい人におすすめです!
運営会社 ランサーズエージェンシー株式会社
公開求人数 6,491件
平均単価
マージン率 公開(案件により6万円〜12万円の定額制)
対応地域 全国
働き方 週3日〜稼働・リモートワークOKの案件も有

※2022年4月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://lancersagent.com/

ランサーズエージェントをおすすめする理由は、次の2つです。

  1. すべての案件が直接契約・マージン公開
  2. リモート可、週3日~稼働OKの案件もある
DAI
2022年4月時点の公式サイトによると、保有案件の90%以上がリモート可能です!

すべての案件が直接契約・マージン公開

ランサーズエージェントの案件は、ほぼ全てが発注元企業からの『直請案件』です。
そのため、単価も他のエージェントと比較して高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

DAI
『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの大切な目安の1つです。

契約の間に他の企業が入っていないため、余計な報酬の中抜きが発生しません。単価が気になる人にとってランサーズエージェントは魅力的と言えるでしょう。

また、マージン(案件紹介の手数料)を公開しているのもランサーズエージェントの大きな特徴です。マージンは割合ではなく定額制なので、高単価の案件ほど得になります。

リモート可、週3日~稼働OKの案件がある

ランサーズエージェントで募集している案件は週5・常駐が多めですが、週3・4日の案件も保有しています。稼働日数の条件を細かく指定できるため、自分に合った案件を探しやすいです。

DAI
週3日〜稼働OKなど、条件の良い案件は非公開のことも多いです。早めに登録してチェックしておきたいですね。

注意:ランサーズエージェントでは会社員向けの副業は紹介できません。

【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!リモート案件も多数保有。しっかり稼ぎたい人におすすめ

クラウドテック

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたい方必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  883件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2022年4月時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の2つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数です。

※フリーランスエージェントで得られる案件は、実は常駐の案件であることがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

またクラウドテックのサイト上で公開されている求人は883件ほどですが、これは数ある案件のほんの一部です。※8~9割の案件が非公開求人です

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!という方には特におすすめですね。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは、会員登録をすることで100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入することができます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので無料で加入できるのは安心ですね。

公式サイト:https://crowdtech.jp/

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

インフラエンジニアに向いている人

ここであらためて、どのような人がインフラエンジニアに向いているのか解説します。

  • 地道で目立たない作業に抵抗がない人
  • ガジェットやPC機器を触るのが好きな人

詳しく見ていきましょう。

地道で目立たない作業に抵抗がない人

インフラエンジニアは、ゲームプログラマーやWeb系エンジニアのように華やかな仕事ではありません。

サーバーの構築や保守運用など、ユーザーの目に触れない領域を担当しているからです。

DAI
その分、クライアント環境の基盤を支える重要な業務を行っているといえます!

そのため、目立たない作業に抵抗がない人が向いているでしょう。

また設計通りにインフラが動作しなかった場合に、地道に原因を追求・検証して正解にたどり着ける力も必要です。

ガジェットやPC機器を触るのが好きな人

インフラエンジニアの仕事では、サーバー機器・ネットワーク機器・配線などのハードウェアをメインに扱います。

そのため、趣味でパソコンを組み立てたり、PC 機器を触ったりするのが好きな人は向いているでしょう。

またインフラエンジニアは、新しい技術や仕組みを追求していく姿勢も重要です。

DAI
知的好奇心が旺盛な人は活躍しやすい仕事ですね!

インフラエンジニアに必要なスキル・知識

インフラエンジニアに必要なスキルや知識には、以下のようなものがあります。

  • サーバーの知識
  • ネットワークの知識
  • データベースの知識
  • コミュニケーション能力

詳しく解説します。

サーバーの知識

インフラエンジニアは、Windows・Linux・UNIXなどのサーバーの構築・保守運用を行う仕事です。

どのOSを求められるかは企業によって異なるため、全般の知識があると多様な案件に参画できます。

また近年はクラウドサーバーの構築案件も増加しているため、AzureやAWSなど主要なクラウドサーバーの知識もあると歓迎されやすいでしょう。

ネットワークの知識

ネットワークの知識も欠かせません。

インフラエンジニアの仕事では、企画・設計・構築・保守運用の各場面でネットワークの知識が求められます

例えばクライアントの要望通りのインフラを実現するには、どのようなネットワーク設計が必要かなどを検討する必要があるのです。

また「1台のサーバーに通信が集中してダウンした」のような事態に陥らないよう、適切に負荷分散するためのネットワークの知識も重要になります。

データベースの知識

インフラエンジニアには、データベースの知識も求められます。

要件定義フェーズでクライアントの要望をヒアリングしたあとは、基本設計書を作成します。

基本設計書とは、システム構築の手順を具体的に記載したドキュメントのことです。

「どのデータベースから、どんな状況でデータを抽出するか」なども検討するため、データベースの仕組みや特性を理解しておく必要があります。

DAI
OracleやMySQLなどのデータベースソフトについて学習しておくと良いですよ!

コミュニケーション能力

クライアントの要望をヒアリングする際、その要望を満たせるようなインフラを提案することもインフラエンジニアの仕事の内です。

そのため、ヒアリング力や提案力も含めたコミュニケーション能力は欠かせません

また基本的に、1つのプロジェクトに対し複数人のメンバーでサーバー構築や運用業務を進めていきます。

適切に情報共有して円滑に進めるためにも、コミュニケーション力がある人の方が活躍しやすいです。

未経験からインフラエンジニアの副業案件は取れる?

未経験からインフラエンジニアの副業案件を獲得するには、バックエンドエンジニアを目指すのがおすすめです。

バックエンドエンジニアとは、システム構築に関係するすべての領域を担当するエンジニアのことです。

以下のような仕事がメインです。

  • サーバー構築
  • データベース構築
  • システム構築

そのため、Webサーバーやネットワーク環境を始め、データベースソフト、プログラミング言語の知識まで幅広く習得することが可能です。

またバックエンドエンジニアの求人には、未経験OKのものもあります。

応募条件が「プログラミングが好きな人」のように、現時点でのポテンシャルを重視している企業も多いです。

まずはバックエンドエンジニアとして経験を積んでから、インフラエンジニアの副業に挑戦してみることをおすすめします。

インフラエンジニアが副業をする際の注意点

インフラエンジニアが副業を始めるときは、下記の3点に注意してください。

  • 副業が可能か会社に確認する
  • 本業の競合から案件を取らない
  • 本業とのバランスに注意する

詳しく見ていきましょう。

副業が可能か会社に確認する

働き方改革の推進により副業を認める企業が増加しましたが、自社もそうであるとは限りません。

企業によっては、上司に副業の許可を取ることが必要な場合もあるのです。

副業が禁止されているにもかかわらず行ってしまうと、最悪の場合は懲戒処分になるケースもあります。

まずは就業規則や労働契約などをチェックし、副業が問題ないか確認してから始めてください。

本業の競合から案件を取らない

競業避止義務があるため、競合の副業案件は応募しないように注意しましょう。

競業避止義務とは、従業員は同業の営業を行ってはいけないという義務のことです。

DAI
会社側の利益を不当な侵害から守ることを目的としています!

たとえ会社の就業規則にこの義務が定められていなかったとしても、従業員である限り遵守しなければなりません。

万が一違反した場合、副業の禁止だけではなく懲戒処分になる恐れもあります。

そのため、競合他社を避けて案件を探すようにしましょう。

本業とのバランスに注意する

「少しでも多く稼ぎたい」「副業の納期が迫っている」などの理由で、働きすぎてしまう方もいるかもしれません。

副業をするとそれだけ労働時間が長くなり、心身に大きな負荷をかけることになります。

負荷がかかりすぎると本業の業務が疎かになるなど、影響が出てしまう可能性もあります。

あらかじめ以下のように、ルールを決めておくことが大切です。

  • 副業は土日のみにする
  • 業務時間は〇時間以内に抑える
DAI
本業と副業はバランス良く配分しましょう!

まとめ

プログラミングブームでWeb系エンジニアが増えている一方、インフラエンジニアは人材不足の状況です。

現在はオンプレミスからクラウドへ環境を移行する企業が増加しているため、両方のインフラの知識がある人は市場価値が高いでしょう。

インフラエンジニアの副業案件を探すには、エージェントやSNS、企業への直接営業などがあります。

ある程度経験を積んでいる方は、高単価で優良案件が多いエージェントを利用することをおすすめします。

関連記事

【2022年】フリーランスエージェントおすすめ15社徹底比較!評判の良いフリーランスエージェントを厳選
インフラエンジニアがフリーランスになるには?案件獲得方法を解説
【実態】フリーランスのデータベースエンジニアになるには?将来性や案件獲得方法について解説
フリーランスのセキュリティエンジニアになるには?案件の取り方やタイミングを詳しく解説!

今回紹介したサイト

インフラエンジニアの副業の案件獲得におすすめのサイト
ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
リモートで、週2~3稼働OKの直請け案件を探すならここ!業界最多水準の案件数を保有しています。
レバテックフリーランス (公式:https://freelance.levtech.jp/
直請け案件がほとんどで、業界最高水準の案件単価のフリーランス向けマッチングサイト。登録者多数で、利用者の平均年収は862万円。
ランサーズエージェント(公式:https://lancersagent.com/
すべてが直請+マージン公開!リモート案件も取り扱いあり。
クラウドテック(公式:https://crowdtech.jp/
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ
【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!週1〜週5案件まで幅広く見つかるエージェント。