全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。

今日は、とても個人的なことについて書いていきたいと思います。大企業を辞めるという意思決定についてです。

実際、僕は新卒で大企業に入社したのですが、こんなことに悩んでいました。

  • 入社したけど、本当にやりたい仕事ではない。やりたい仕事をやれるようになりたい。
  • だけど社内の異動などを提案しても、なかなか通らない
  • せっかく入った大企業を舐めてまで、転職活動をするべきかどうか

僕は従業員規模7000人近い企業に新卒で入り、転職して、従業員数10名規模のベンチャーに行きました。そして、そこでがっつり修行した上で、独立しました。

あの時に大企業を辞めるか悩んでいた自分に対して、伝えたいことを書いていきたいと思います。

本当に辞める必要があるか考える

まず、大企業を辞めたいなら、本当に辞める理由があるか明確にしましょう。これは大企業に限りませんが、まだ社内でチャンスを掴めるなら、最大限努力してみるべきです。

例えば、僕はコードを書くエンジニアをやりたかったけどテスターに配属されました。実は入社した後に知ったのですが、エンジニアは実務経験者か、中途でしかほとんど採用していませんでした。だからエンジニアとしてのスキルセットをつけるのは、相当困難に等しかったです。

それでも、社内の業務自動化ツールを作成したいと上司にお願いしてみたり、実際にプログラムを使って運用してみたりしました。そのうち、コーディングが絡む部部分のテストに関しては任せられるようになりました。

それでも、やはり今の自分のキャリアを考えた時に、テスターをずっとやるつもりはありませんでした。

この会社にいても本当にやりたいことを経験できない。だから、社内でできることは全部やった上で、転職活動に力を入れ始めました。

やりたいことの選択肢が社内でできるか確認するのがオススメです!

手を動かして情報を集めよう

そしてもう1つが、手を動かして情報を集めましょう。2年前、あなたはこれをやって、大きく人生変えてましたね笑

社内でも家族でもなく、転職エージェントでもない、利害関係が生まれない業界に詳しい人に転職相談をしましょう。ツイッター上でそういう人を探してましたね。その人のアドバイスで今あなたの人生は大きく変わってます。

利害関係がない!というのが大事です。エージェントにいっても、会社の論理で求人を渡されることもあります。ネットで調べてもアフィリエイトの力が強いので、本当に欲しい情報にたどり着くのは難しいです。

利害関係のない人から情報を得るコツについては、のちらの記事をみてください。

【体験談】第二新卒での転職で成功するための方法をまとめてみた

ベンチャーなら転職エージェントでなくても良い

大企業を辞めて転職する場合、ベンチャーも候補にあると思います。あの時は知らなかったけど、ベンチャーはWantedlyとかすごく良いので使ってみてください。他にも、ちゃんと技術系の情報ならTwitterとかもよいです。まさかエンジニア転職を考えて作っていたポートフォリオをキッカケに、5社からオファーが来るとは思わないでしょうが、それだけベンチャーならやる気を発信することは重要です。

入ってからやる仕事を明確にしよう

大企業を辞めるとして、大きな理由が成長感不足だと思うんですが、ベンチャーに転職したとして力がつくとは限りません。ポジションによっては、分業されて誰でもできるような、大企業と似たような仕事の可能性もあります。

入ってからどんな仕事をするのか、そしてそれは自分の成長に繋がるのか、しっかりと分析しておきましょう。難しかったら似たような会社で働いている友人を伝って、業務内容のイメージをしておきましょう。いない場合は、転職のプロフェッショナルに相談できる「そうだんドットミー」のような相談サービスを利用してみるのもオススメです。

【体験談】そうだんドットミーで、キャリア相談してみた!

ベンチャーに入ってその後

さて、いろいろ悩んだ結果ベンチャーに転職しましたね。実際そこの会社ではすごく多くのことを学べて、1年以内に独立して生きていける力がつきました。その分自主的に土日も働いていたので大変でしたが。ベンチャーに入ると、交友関係の輪がすごい広がりましたね。

社外に出ることが増えると、いろいろな人と仲間として仕事ができるので、独立しやすくなります。

最後に

大企業を辞める決断って、死ぬほど悩みますよね。でも、今の自分のやりたいことから逆算して、本当に今の仕事でそれが達成できるのか、しっかり調査してみましょう。辞めるべきだと分かったら、あとは決断するだけです。

大企業を辞める前にやったこと

では、大企業を辞める前に何をすればいいのでしょうか。

一般的な流れは、以下の手順で進めていきます。

  1. 自己分析
  2. 企業分析
  3. 履歴書/職務経歴書作成
  4. 転職活動

自己分析

自己分析を行います。

  • 今の会社で不満に思っていることは何か
  • 自分の強みややりたいことは何か/逆に何が向いていないかの洗い出し
  • 5-10年のキャリアで、どのようになっていたいのか

などが、自分の中でスラスラと出てくる状態になっているのがゴールです。

ここが難しい場合は、そうだんドットミーやゲキサポ!転職などを利用して転職活動を進めるのがおすすめです。

企業分析

次に、自己分析で出てきた悩み、やりたいことなどが全てみたせるような企業をリストアップして、それぞれの会社の業務を分析します。

企業分析などは、リクルートエージェントやDODAなどのキャリアアドバイザーと一緒に行うこともできます。

履歴書作成/職務経歴書作成

いきたい企業が見つかり、さらに自分という商品の強みがわかれば、今度は履歴書作成や職務経歴書を作成します。転職サイトではなく、リクルートエージェントやDODAなどの転職エージェントを利用すると、履歴書や職務経歴書の添削も対応してもらえます。

転職活動

あとは実際に転職活動を進めてみましょう。

転職のキャリア相談に使えるサービス

詳しくは関連記事にしっかり書いてあるのですが、キャリアを相談するためにオススメなサービスをご紹介します。

関連記事:第二新卒の転職サイト、転職エージェントオススメは?採用担当者に聞いてみた!

とにかく利害関係のない人から客観的なアドバイスを受けたい…:そうだんドットミー

求人を紹介しないキャリア相談サービス

そうだんドットミーは、求人を紹介しないのが特徴のキャリア相談サービス。「転職させてマージン取らないと!」というがめつさがないので、真剣で確実なキャリアアドバイスを受けることができます。

そもそも、「今の会社は本当にヤバイのか?」「他の同業会社はどうなんだろう?」と言った情報を整理していないと、フェアにメリット・デメリットを考えるのは難しいですよね。でも、そんなことを相談できる相手と言えば、業界事情に通じたプロしかいません。

そんなプロに相談しまくれるのが、そうだんドットミーです。

求人紹介で利益を得ている会社ではなく相談自体を売り物にしている会社なので、相談料がかかりますが、これをケチってもいいことはないと思います(笑)。プロに相談して確実な情報を得られるのであればお安いもの。プロのキャリアアドバイザーや人事担当者などになんでも相談することができます。

僕も実際に相談してみたことがあり、その時の体験を体験記事にしています。ご参考にどうぞ!

体験記事:【体験談】そうだんドットミーで、キャリア相談してみた!

求人を紹介しないキャリア相談サービス

選ぶべき求人サイトの条件は「求人数が多い」:リクルートエージェント & DODA

日本最大級”のエージェントサービス

今の会社を辞めることにしたとして、いざ転職活動。転職する時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます。

先ほども書きましたが、第二新卒はスキル採用ではなくポテンシャル採用となります。なので、スキル推しの転職サイトに登録してもあまり意味がありません。

さらに、求人数の少ない転職サイトだと、選択肢が少なすぎて自分にフィットする会社に出会う確率も低いです。

なので、転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

以上に登録しておけば十分です。

リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富な部分と、第二新卒の転職に強いアドバイザーが多いこと。「第二新卒求人特集」があったり、第二新卒の転職を力強くバックアップしています。

日本最大級”のエージェントサービス

転職活動の間にがっつり優秀なアドバイザーからサポートを受けたい:ゲキサポ!転職

求人を紹介しない転職コンサルティングサービス

転職を決めて転職サイトにも登録して、いざ転職活動を始めてみたものの、そもそも何がしたいのかわからない、いきたい会社の求人がもらえない、、と悩む方もいらっしゃると思います。そんな悩みを解決するのが、「ゲキサポ!転職」。

ゲキサポ!転職は、「転職のライザップ」だと思えば間違いありません。なんと、キャリアアドバイザーが2ヶ月つきっきりでキャリアアドバイスをしてくれるサービスです。2ヶ月つきっきりでダイエットのマネジメントをしてもらうのと、イメージ的には同じです。

初めての転職活動だと、どうしても上手くいかないこと、不安なことは多いですよね。そんな時にゲキサポ!転職は、

  • 自己分析
  • 業界研究
  • 面接対策

などなどについて、具体的なアドバイスをしてくれます

ゲキサポ!転職には、業界特化型のコンサルタントや、元リクルートエージェントの敏腕キャリアアドバイザーなど、実力派アドバイザーが集結しています。

転職エージェントのキャリアドバイザーには当たり外れがあるのが現実。ですが、そんな不安を払拭するなら「ゲキサポ!転職」です。

求人を紹介しない転職コンサルティングサービス

まとめ

今の仕事を辞めて転職に踏み切るか?それとも「石の上にも三年」ともう少し粘ってみるか?

悩んでいる人がまずすべきことは、デメリット・メリットを早い段階で認識しておくこと。

その後で、自分に背負えるリスクと、どうしても優先したいリターンを整理していくのがセオリーです。

まずはそれらを整理するために、色々な人と話してデメリット・メリットの材料を集めていきましょう。頼りになる第三者に相談を持ちかけ、焦らず考え続けてください。

迷ったら、

  1. そうだんドットミーで現状をがっつり相談する
  2. リクルートエージェント・DODAに登録して大量の求人の中から企業を探す
  3. ゲキサポ!転職でプロの後ろ盾の元転職活動を進める

などのサービスも利用してみてくださいね!

関連記事

【体験談】第二新卒での転職で成功するための方法をまとめてみた

関連記事

>第二新卒で転職活動をする際に心がけることを、キャリアカウンセラーにインタビューしてみた【PR】

>【体験談】第二新卒での転職で、未経験職でも成功するための3つの方法をまとめてみた