最終更新日:2020/10/03

「転職エージェント、全然使えないじゃん!」

転職エージェントを利用している方、あるいはこれから利用しようと考えている方で、転職エージェントに関して悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

DAI
この記事では、転職エージェントが使えないと言われる理由や、転職エージェントの上手な活用方法を解説します。
  • 「転職エージェントは使えない」という口コミが不安で、登録しようか迷っている
  • 転職エージェントに登録しても、なぜか「紹介できる求人がない」と言われる
  • 転職エージェントが自分の行きたい業界の求人を渡してくれない
  • 転職エージェントからの連絡が急に来なくなった

以上に当てはまる方にはぴったりの記事となっています。

転職エージェントが使えない4つの理由

転職活動をしていると、よくこんなツイートを見るんですよね。

転職エージェントを利用してみたときに、使えないと感じるタイミング、ありますよね。

転職エージェントが使えないと言われる理由は、主に以下の4つかなと思います。

  • 転職エージェントにそもそも登録できない可能性がある
  • 転職エージェントのキャリアコンサルサントが、自分自身のキャリアに向き合ってくれない可能性がある
  • 要望とは違う求人を出してくる場合がある
  • 連絡が途中で途絶える場合がある
DAI
順に解説していきますね!

使えない理由①:転職エージェントにそもそも登録できない可能性がある

会社にもよりますが、転職エージェントで紹介可能な求人は、求職者様のプロフィールをもとに渡されることが多いんです。

DAI
ですので、転職エージェントに登録できない場合は、そのエージェントが求職者さんのプロフィールでフィルタリングしている可能性が高いです
  • 学歴
  • 社歴
  • 転職回数
  • 職種
  • 年齢
  • ブランク期間

これらをもとに、紹介される求人が自動で変わってしまうことがあります。

特に大手転職エージェントの場合は、顧客と求人数が多く、一人ひとりの転職者さんに十分な時間をかけるのが難しいため、プロフィールでフィルタリングをかける場合があるんですね。

使えない理由②:転職エージェントのキャリアコンサルサントが、自分自身のキャリアに向き合ってくれない可能性がある

次に、せっかく転職エージェントに登録できたものの、キャリアコンサルタントが自分自身のキャリアに向き合ってくれない場合です。

DAI
そんなのひどい!と思うかもしれませんが、転職エージェントの仕組みを理解すれば、仕方ないのかなあとも思います。

転職エージェントは、企業に求職者を紹介して、就職したら年収の35%ほどを貰うことができるビジネスです。

ですので、「転職が決まるか決まらないか分からない人」よりも、「転職が決まる可能性が高い人」に時間を割いた方が特なんですよね。

本来転職エージェントは、求職者のためのサービスではなく、どちらかというと企業の採用代行なので、そういうもんなんです。

DAI
自分自身のキャリアにしっかり向き合ってもらうには、エージェント側に「この人は転職で成功してくれそう!」と思ってもらえるようにすることがポイントです。

使えない理由③:要望とは違う求人を出してくる場合がある

続いては、自分の要望とは全く違う求人を伝えてくる場合です。

実際の例です。

元ITコンサルタント。理由があって、事務職に就きたいので転職エージェントに登録した。要望は事務職だったのに、紹介されたのはコンサルタントの仕事ばかり…。

DAI
これは実際の知り合いの事例ですが、なんでこんなことするか分かりますか?

シンプルに、転職成功確度が高いからです。

だって、異職種に転職してもらうよりも、今の職種と近い職種に転職したほうが、転職って決まりやすいんです。

DAI
本人の意向以上に、本人が転職しやすい職種に紹介されやすいのが転職エージェントの特徴なんですね。

転職が決まりやすい職種で紹介した方が、より多くの方を就職させて、転職エージェントは多くの報酬を得られます。

ですので、例えば、未経験の分野になんとか企業にねじ込んで紹介したりすることは、基本的にやりたくないのが実情です。

使えない理由④:連絡が途中で途絶える場合がある

これも同様ですね。基本的に、転職エージェントにとってあまりおいしくないからです。

  • 求人を渡しにくい
  • 本人の意向と、求人の間で必須スキルのギャップがある
  • なのに本人のマインドが変わらず、無理な職種だけ希望してくる

こういった状態になってしまうと、「この人、どんなに支援しても転職に成功しないな….」と思われてしまうので、連絡は次第に途絶えます。

転職エージェントは使わないほうがいい?使うメリット・デメリットは?

転職中のAさん
転職エージェントの裏側を知ってしまったな…。結局、転職エージェントは使わないほうがいい?
DAI
たしかに転職エージェントはデメリットもありますが、使い方さえ間違えなければ、転職活動で確実に役立つと思いますよ!

転職エージェントのデメリットは、先程紹介した4つ。

  • 転職エージェントにそもそも登録できない可能性がある
  • 転職エージェントのキャリアコンサルサントが、自分自身のキャリアに向き合ってくれない可能性がある
  • 要望とは違う求人を出してくる場合がある
  • 連絡が途中で途絶える場合がある

一方で、転職エージェントを使うメリットもたくさんあります。

  • 非公開の求人情報を入手できる
  • 転職やキャリアプランに関わることを気軽に相談できる
  • 履歴書添削や面接対策などをサポートしてくれる
  • 企業側との日程調整や交渉を代行してくれる
  • 上記が無料で利用できる

などなど。

こういったデメリット・メリットを考えてみても、やっぱり転職エージェントは使ったほうがいいのかなと思います

DAI
転職活動は慣れてないと1人で

転職エージェントを使うべき人の3つの特徴

DAI
基本的には、これから転職活動をする方には転職エージェントを使うことをおすすめしますが、使うべき人・使わないほうがいい人の特徴についても一応解説しますね!

転職エージェントを使うべき人

転職エージェントを使うべき人は、以下の通りです。

  • ある程度自己分析ができていて、行きたい業界もある程度決まっている
  • 行きたい業界・職種の会社の求人をたくさんもらいたい
  • 企業側の情報を詳しく知りたい
DAI
自分が目星をつけている企業と似ている企業の比較などをしたい場合にも、まずは登録してみてから相談するのがおすすめです。

転職エージェントを使わないほうがいい人

転職エージェントを使わないほうがいい人は、以下の通りです。

  • 自己分析ができていなくて、行きたい業界も決まってない
  • 転職活動に慣れていて、転職活動に何も困ってない

DAI
自己分析がまだできていない方は、大量の案件をもらう前に自分の軸をある程度定めることを優先させましょう。

転職エージェントは使えないと思う方へ:転職エージェントの上手な使い方

では、転職エージェントはどうしたら有効活用できるのか?という話です。

DAI
結論から言うと、転職エージェントは、使う前が重要だったりします!

自己分析を終え、分かりやすい履歴書や職務経歴書をある程度作ったうえで、転職エージェントを利用したほうがいいです。

というのも、何もしてない状態で転職エージェントを利用すると、エージェントに塩対応で適当に流されてしまう可能性があるからです。

DAI
そのため、転職エージェントを利用する前に、しっかり自己分析を進めておくのがよいですね。

自己分析の進め方

転職中のAさん
自己分析ってどうやってやればいいの?
DAI
解説します!

自己分析をして、最終的には以下のことをしっかり説明できるようになっておきましょう。

  • 過去に自分自身がやってきた仕事内容
  • そこで出した成果
  • なぜ、今の会社を辞めたいのか
  • 自分がこれからやりたいこと、やりたくないこと
DAI
自分一人での自己分析が難しい場合、ゲキサポ!キャリアのような転職コーチングサービスを利用してみるのもおすすめです。

さらに、自分自身ができることに加えて、それを欲している企業様にどのようなニーズがあるかを、ある程度リサーチする必要があります。

転職エージェントがメインで支援できるのは、主に以下の2つ。

  • 自己分析
  • 企業分析

忙しい転職エージェントの場合だと、企業分析(企業様のニーズや、選択肢を伝えること)がメインになります。

また、転職エージェントにもキャリアアドバイザーの質にばらつきがあるので、「A社では自己分析が全くできなかったけど、B社ならうまくいって内定できた!」といったケースもあります。

DAI
ですので、もし自己分析に不安がある場合は、複数のエージェントを併用してみて、一番相性のよい転職エージェントを利用してみるのがよいでしょう。

転職エージェントを使うとなった場合に、おすすめの使える転職エージェント

DAI
使えない転職エージェントを引かないために、「これならおすすめできる!」という転職エージェントを3つ紹介しますね!

迷ったら、求人数の多い「リクルートエージェント」と「DODA」がおすすめ

DAI
転職活動をする時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます!

なので、転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

以上に登録しておけば十分です。

リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富なことと、転職に強いアドバイザーが多いこと

DAI
どちらを使っても、結局いいキャリアアドバイザーに当たるかどうかが重要なので、両方登録しておいて、いいアドバイザーの方に相談して進めるのがよいと思います!
DODA
転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント

未経験のIT転職なら「ワークポート」がおすすめ

公式:
https://workport.co.jp/

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

ワークポートは、IT領域に強い総合型転職エージェントです。

比較的多めのIT系の求人を多く持っています。例えば、

  • デザイナー
  • マーケター
  • インサイドセールス
  • エンジニア

などなど。

実際に私も利用してみましたが、キャリアサポートをしてくださった方は、IT領域にはかなり詳しかったです。

さらに言えば、人当たりもよい方で、非常に安心できました(詳しくは評判記事もよんでみてください。)

未経験OKのIT系なら、ワークポートは比較的いい求人が多いです。

公式:https://workport.co.jp/
評判記事:【体験談】ワークポートの評判を確かめに、面談してきた感想

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスな方向け!IT転職特化型エージェント。

ポートフォリオがある方には「レバテックキャリア」がおすすめ

【公式サイト】https://career.levtech.jp/

IT業界の転職といったら、レバテック・キャリアです。

もともと、システム開発の人材派遣を行っていた企業が人材紹介をはじめている背景があり、そのため特に、IT業界に詳しいアドバイザーが多いので、しっかりとした情報を得たいのであれば、使ってもらうのがいいと思います。

デメリットとしては、未経験可能のエンジニア求人は少ないです(その分質も高いですが)

また、転職エージェントの中でも求職者の審査がされるので、しっかりと履歴書やポートフォリオを作り込んで提出すると、利用できます。レバテックキャリア経由で、未経験から自社開発のエンジニアとして転職された知り合いもいるので、おすすめですね。

登録はこちらから(無料)

転職エージェント以外を使いたいという人に、おすすめの転職サービス

男性A
転職エージェントにはもう懲り懲り…だけど転職相談はしたい…。何かおすすめありますか?
DAI
そういった場合は、一人で悩むよりも、キャリア支援サービスやカウンセリングなどを一度受けてみるのがおすすめです!

おすすめは「ゲキサポ!キャリア」

ゲキサポ!キャリアは転職支援サービスです。

男性A
転職活動が分からないことだらけ…いきなり大量の求人だけもらってもどうすればいいか分からない…
DAI
ゲキサポ!キャリアは2ヶ月つきっきりでキャリアアドバイスをしてくれるので、転職活動で心配なことがある方にはオススメですよ!

初めての転職活動だと、どうしても分からないこと、不安なことは多いと思います。

そんな時にゲキサポ!キャリアは、以下のようなサポートをしてくれます。

  • 利用者が将来どういうことをしたいのか、心を割って話し合う
  • その人の経歴やスキルから、多少難しくても行きたい業界に対してしっかりと棚崩ししてくれる
  • その業界に詳しいコンサルタントが、業界知識をしっかりと教えてくれ、さらに面接対策もがっつりしてくれる

DAI
無料カウンセリングもあり、1分ほどで申し込みできるので、転職活動で不安のある方は、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。
無料でゲキサポ!キャリアに相談してみる

転職エージェントを利用する際のFAQ:よくある質問

転職活動にかかる期間は大体どれくらい?

DAI
一般的に、転職活動開始から内定承諾までで、2ヶ月と言われています。

人によって転職活動がスムーズにいかず長引いてしまうこともありますが、おおよそ2ヶ月が一般的です。

在職のままでも転職エージェントは利用できる?

DAI
利用できますよ!
  • 在職のまま転職活動する方も、一度退職してから転職活動する方もいらっしゃいます。

どちらが自分に合うかは、現職の忙しさや金銭的余裕などによります。

最後に

今回の記事は、「転職エージェントは使えない」というテーマでした。

  • きちんと自己分析をした上で、転職エージェントを利用すること
  • 自分と相性が合うエージェントと一緒に転職活動をすること

結局のところ、この2つが重要だという内容でした。

DAI
この記事の読者の皆さんのより良いキャリアアップのためにも、ぜひ「自己分析」から始めてみてください。

転職エージェントも、商売なので、どうしても紹介できない人に時間を使いたくない….という気持ちが本心です。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーの腕も、かなり人に依るので、複数のエージェントを併用して、可能性を広げておくことがよいでしょう。

関連記事

20代・第二新卒向けの転職サイト、転職エージェントサイトまとめ
IT業界に強いおすすめの転職エージェント5選