最終更新日:2021/05/18

DAINOTE編集部 推薦!  大企業にオススメの転職エージェント一覧
・ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/)年収の高いIT業界に強い転職エージェント。年収アップに向けたIT業界の転職希望者だけでなく、エージェントの質が高いので、転職活動をこれから始める方にもおすすめです。
・リクルートエージェント(公式:https://www.r-agent.com/
みんなが登録している、求人数が日本で1番多い転職エージェント。大企業向けの求人を1番カバーしています。
・JACリクルートメント(公式:https://www.jac-recruitment.jp/ハイキャリア・高年収の方向けの大手転職エージェント。今より年収の高い大企業に転職をしたいと考えている人におすすめです。
・マイナビエージェント(公式:https://mynavi-agent.jp/
大企業の求人を幅広くカバーしておきたい人向け。他のエージェントが所有していない独占求人が数多いので、あなたの業界がニッチな分野である場合、大きな助けとなります。

大企業の会社員
  • 汗水たらして就職活動を頑張って大企業に就職できたけれど、なじめない…
  • 大企業を辞めて、もったいなくない?転職のリスクってなに?
  • そもそも転職活動って何からスタートすれば良いんだろう?

こういった疑問に答えます。

DAI
こんにちは、DAIです。僕も新卒で従業員規模7000人近い大企業に入り、そこで転職するかどうか悩んでいました。
DAI
そこで今回は、実際に大企業を辞めた経験から、「大企業ならではの転職の悩みとその解決方法」について解説していきたいと思います!

この記事を読んで分かること

  • 大企業を辞めることはもったいないことなのか?
  • 大企業を辞めてる際の不安とその解決方法
  • 「大企業を辞めたい」と思ったらやるべきこと
DAI
結論、不安の解消をするには「悩みを明確にするために情報を集めること」です。

というのも年齢が上がるにつれて、転職の難易度はじわじわ上ががります。大企業でも仕事の悩みを先延ばしにすることはリスクです。
下記のツイートの通りです。

DAI
つまり、「あなたが今、大企業でしている仕事に将来性があるか?」を知るために情報を集める必要があります。
大企業の会社員
では、どうやって情報を集めれば良いんでしょう…?
DAI
あなたの業界・職種や会社について詳しい転職エージェントに内部事情や今抱えている悩みを聞くのがおすすめです。どのサービスも無料ですので気軽に相談をして、情報という武器をサクッと手に入れ、前進しましょう

【ワークポート】大企業でIT業界での転職をする人向け
エンジニア、デザイナー、マーケター、インサイドセールスなど、IT転職特化型エージェント。

大企業を辞めるのは本当にもったいない?

DAI
結論、大企業を辞めることは「もったいなくない」です。大企業の安全神話が崩壊し始め、メリットが失われつつあるからです。

終身雇用によるメリットは、保証されにくくなっている

人生100年時代への突入で、20-40代が長く働いても、以前よりもメリットを受けにくい仕組みに変わっています。
例えば、退職年齢の延長により以下のような問題が発生します。

  • ポストが空きにくく、昇進が遅れることにより年収アップがしにくい
  • 古株の社員が多くて、若手が新しい挑戦をしづらい

あなたの勤めている大企業にも、昔からある悪しき文化・慣習ってありますよね。それに耐えきれず、辞める人も増えています

他にも最近、大企業の正社員であっても早期退職の募集をするニュースをよく見ませんか?
「勤続年数に伴って年収の増加が約束されている」ことが大企業で働くメリットでしたが、時代は変わりつつありますね。

さらに、優秀な人材を確保するため、実力主義にシフトを始めているニュースも増えています。

DAI
年功序列の代表格である銀行も動き出したことから、業界を問わずこの取組は広がっていくと思われます。

大企業を辞める際のよくある不安って?【体験談を暴露】

DAI
大企業を辞めるとどんなリスクがあるのか?
私の当時の悩みを紹介しますので、照らし合わしつつ、確認してみてください。

年収が大幅に下がるかもしれない

金銭面は1番気になりますよね。趣味に使えるお金や老後のための貯金、将来の養育費やローンの支払いにそのまま響くからです。

大企業を辞めても、今の会社と同じような悩みを抱えるかもしれない

DAI
私は当時、働きながらこの3つの不安に悩み続けました…
  • 次の会社のカルチャーは合うのか?なじめるのか?
  • 自分のやりたいことはできるのか?選べるのか?
  • そもそも転職するほどスキルがあるのか?

「~かもしれない」と思っていますが、実際はどうか分かりますか?

DAI
昔の自分は、これらの悩みを頭の中だけで膨らめ、首を締めていました。
では、どのように解決していったのか?次に解説します。

悩みの根拠を明確にしてみると、動き出せる

先ほど挙げた例に沿って解説します。

  • 年収が低くなるのでは?→転職市場でのあなたの年収は分かりますか?
  • カルチャーが合わないかも?→自社と他者のカルチャーの違いを客観的に説明できますか?
  • やりたいことができないかも?→他社の求人ポストで、やりたいことができるかもしれないですが、調べていますか?

悩んでいるのは答えを出す根拠がないから。自分の持っている情報だけで答えの出ない問いを解こうとしている自分がいました。

DAI
悩みを解決するためには、手を動かして情報を集めてみましょう!

情報を集めるためには、転職エージェントに内部事情を聞くのがおすすめ

こちらも実例とともに解説します。

  • 年収が低くなるのでは?→履歴書を書いて実際に紹介できる求人の年収を見せてもらう。

同じような業務をしているのに、実はもっと年収が高い会社やブランド力の強い会社が発見できるかもしれません。

  • カルチャーが合わないかも?→エージェントに受ける会社の内情について聴いてみる
DAI
エージェントは人事と密にやり取りをしているため、会社の雰囲気、業務内容、離職率、場合によっては面接で質問される内容も教えてくれることがあります。
  • やりたいことができないかも?→あなたに合った求人をエージェントが探してくれる

エージェントはあなたの業界や職種の事情を熟知しています。
自分が探さなくとも、一人ひとりのキャリアにあった可能性のある求人を教えてくれます。

大企業を辞める際のおすすめ転職エージェント4選

  • ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/
    年収の高いIT業界に強い転職エージェント。年収アップに向けたIT業界の転職希望者だけでなく、エージェントの質が高いので、転職活動をこれから始める方にもおすすめです。
  • リクルートエージェント(公式:https://www.r-agent.com/
    みんなが登録している、求人数が日本で1番多い転職エージェント。大企業向けの求人を1番カバーしています。
  • JACリクルートメント(公式:https://www.jac-recruitment.jp/ハイキャリア・高年収の方向けの大手転職エージェント。今より年収の高い大企業に転職をしたいと考えている人におすすめです。
  • マイナビエージェント(公式:https://mynavi-agent.jp/
    大企業の求人を幅広くカバーしておきたい人向け。他のエージェントが所有していない独占求人が数多いので、あなたの業界がニッチな分野である場合、大きな助けとなります。
DAI
全て登録する必要はないですが、まずは1番幅広く求人をカバーしているリクルートエージェントと、ハイキャリア・高年収向けのJACリクルートメントに登録して相談するのが良いかと思います

それぞれの特徴を解説しますね。

ワークポート:IT系の求人に強い転職エージェント

【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールス志望の方向け!IT転職特化型エージェント。

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、未経験でも応募できる求人が多い点と、キャリアアドバイザーがIT領域に詳しい点です。

実際に過去にワークポートを利用して、エンジニア転職の相談をした記事を書きましたが、キャリアアドバイザーの方がかなり領域に詳しい印象でした。

一般的な転職エージェントのIT系求人の多くは、経験者向けの求人が多く、未経験者でも応募できる求人はあまり多くありません。

そのため、ワークポートは未経験からIT業界へ転職を目指す方でも使い勝手の良い転職エージェントだと思います。

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

リクルートエージェント:求人数の多い転職エージェント

リクルートエージェントは、転職エージェント業界No.1で、求人の量と質も良いです。

業界No.1のリクルートという安心感と、圧倒的な求人数によって求職者の転職活動をしっかりサポートしてくれます。

リクルートエージェントであれば圧倒的な求人数があるので、求めている求人が見つかる可能性は非常に高いです。

利用者数もNo.1の転職エージェントで、他のエージェントと併用しながらでも、登録だけしておいて損はないです。

JACリクルートメント:高収入の求人が揃った転職エージェント

こんな人におすすめ 年収アップしたい人
おすすめポイント 年収アップが期待できる
デメリット 登録要件が満たされていないと、登録できない場合がある

JACリクルートメント』は、ハイキャリア・高年収の方向けの大手転職エージェントです。

JACリクルートメントの特徴は、扱う求人のほとんどが年収800万以上であること。

その分、求人要件は非常に高く採用難易度は高いですが、合格することが出来れば年収アップを図ることが出来ますし、裁量の多い仕事を経験することができます。

今すぐ無料で相談してみる

マイナビエージェント:他にはない独占求人が多い転職エージェント

マイナビエージェント』は、「20代に信頼されている転職エージェント」でNo.1のエージェント。

DAI
求人数はリクルートエージェントやdodaには劣りますが、リクルートエージェントで広告費が高すぎて出せないような中小企業やベンチャー企業など、マイナビエージェントにしかない独占求人を多く持っている印象です。

中小企業やベンチャーなどの中規模以下の会社に興味がある方なら、マイナビエージェントはおすすめです。

いま転職する気がなくても、相談することが将来への投資

「転職したいとき」に「今転職できない!」ということに気づくのが一番辛いです!知らないことが一番のリスクです。

悩んでいる人は、まずは以下の2つを比べてみてください。

  • 転職するメリット
  • 今の会社に居続けるメリット
DAI
「転職するメリット」が何か分からない方は、まずはエージェントを利用して、情報を収集することがおすすめです。

あなたのいまの市場価値を相対的に測り、現在地を確認しましょう。
仮に転職を考えていなくても転職活動をすることで、求められているスキルの把握や今いる会社のキャリアプランを考える材料
にもなります。

迷ったら、以下のサービスも利用してみてくださいね。

おすすめのサービス

  • ワークポート(公式:https://www.workport.co.jp/
    年収の高いIT業界に強い転職エージェント。年収アップに向けたIT業界の転職希望者だけでなく、エージェントの質が高いので、転職活動をこれから始める方にもおすすめです。
  • リクルートエージェント(公式:https://www.r-agent.com/
    みんなが登録している、求人数が日本で1番多い転職エージェント。大企業向けの求人を1番カバーしています。
  • JACリクルートメント(公式:https://www.jac-recruitment.jp/ハイキャリア・高年収の方向けの大手転職エージェント。今より年収の高い大企業に転職をしたいと考えている人におすすめです。
  • マイナビエージェント(公式:https://mynavi-agent.jp/
    大企業の求人を幅広くカバーしておきたい人向け。他のエージェントが所有していない独占求人が数多いので、あなたの業界がニッチな分野である場合、大きな助けとなります。

関連記事

【2021年最新】本当におすすめの転職エージェント10社を徹底比較