最終更新日:2020/10/22

《DAINOTE編集部が推薦!おすすめの転職サービス》
第1位リクルートエージェント:転職エージェントの最大手で、求人数もNo.1。
第2位ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないと思います。
第3位ゲキサポ!キャリア:転職活動を手厚くサポートしてほしい方向け。無料相談があるので、転職活動が不安な方はまずは無料相談してみてるのがおすすめです。
第4位リクナビネクスト:定番のリクナビ。手っ取り早く求人情報を見てみたい方向けです。


【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

【ゲキサポ!キャリア】
求人を紹介しない、転職コーチングサービス。自己分析から、企業分析まで、一人ではなかなか進められない方にマンツーマンでアドバイザーがはりつきでサポート。

【リクナビネクスト】4万件以上の求人から自分で求人を選びたいなら
まずは求人をまとめてチェックしたい方必見!地方在住者でもオンラインで4万件以上の求人が見れる転職サイト。

「大企業を辞めたいけど、辞める勇気が持てない・・・」

そのように悩んでいる方は少なくないと思います。

実際、僕は新卒で大企業に入社したのですが、こんなことに悩んでいました。

  • 入社したけど、本当にやりたい仕事ではない。やりたい仕事をやれるようになりたい。
  • だけど社内の異動などを提案しても、なかなか通らない
  • せっかく入った大企業を舐めてまで、転職活動をするべきかどうか

僕は従業員規模7000人近い企業に新卒で入り、転職して、従業員数10名規模のベンチャーに行きました。そして、そこでがっつり修行した上で、独立しました。

DAI
この記事では、あの時に大企業を辞めるか悩んでいた自分に対して、伝えたいことを書いていきたいと思います。

大企業を辞めたい理由が本当にあるか考える

まず、大企業を辞めたいなら、本当に辞める理由があるか明確にしましょう

これは大企業に限りませんが、まだ社内でチャンスを掴めるなら、最大限努力してみるべきです。

僕が大企業を辞めたいと思った理由

DAI
僕の場合、この会社にいても本当にやりたいことができないと思い、転職しようと決意しました

僕はコードを書くエンジニアをやりたかったけど、テスターに配属されました。

DAI
実は入社した後に知ったのですが、エンジニアは実務経験者か、中途でしかほとんど採用していませんでした。

だからエンジニアとしてのスキルセットをつけるのは、相当困難に等しかったです。

それでも、社内でできるだけのことを全部やりました。

  • 社内の業務自動化ツールを作成したいと上司にお願いする
  • 実際にプログラムを使って運用する

そしてそのうち、コーディングが絡む部分のテストに関しては任せられるようになりました。

それでも、やはり今の自分のキャリアを考えた時に、テスターをずっとやるつもりはありませんでした。

この会社にいても本当にやりたいことを経験できない。だから、社内でできることは全部やった上で、転職活動に力を入れ始めました。

DAI
やりたいことがもし社内でできるのであれば、まずは社内で動いてみるのがオススメです!

大企業を辞める勇気を持つ方法


男性A
大企業を辞めたい理由はあるけど、辞める勇気を持てない・・・
DAI
入社後のことをしっかり言語化すると、辞める勇気を持てると思います!

大企業を辞めるのって、めっちゃくちゃ、躊躇しません?僕の場合はすごく迷いました。

  • 頑張って得たものを手放す
  • 転職したとして幸せになるのか分からない

だから、後悔しないためにも、以下のことをしっかりと言語化していく必要があります。

  • 今の職場で辛いことはなにか
  • なぜ転職したいのか?
  • 入ってからどんな仕事をするのか
  • それは自分の成長に繋がるのか

DAI
難しかったら、似たような会社で働いている友人に手伝ってもらって、業務内容のイメージをしておきましょう。

そのような友人がいない場合は、転職のプロフェッショナルに相談できる「ゲキサポ!キャリア」のような相談サービスを利用してみるのもオススメです。

大企業を辞めてベンチャー企業に入ってみた感想

さて、いろいろ悩んだ結果、ベンチャーに転職しましたね。

DAI
そこの会社ではすごく多くのことを学べて、1年以内に独立して生きていける力がつきました。転職して本当によかったと思います!

その分、自主的に土日も働いていたので、大変ではありました。

また、ベンチャーに入ると、交友関係の輪がすごい広がります。

社外に出ることが増えると、いろいろな人と仲間として仕事ができるので、独立しやすくなります。

辞めるべきだと分かったら、あとは決断するだけです

DAI
大企業を辞める決断って、死ぬほど悩みますよね。でも、今の自分のやりたいことから逆算して、本当に今の仕事でそれが達成できるのか、しっかり調査してみましょう!

大企業を辞める前に、やるべきこと

では、大企業を辞める前に何をすればいいのでしょうか。

一般的な流れは、以下の手順で進めていきます。

  1. 自己分析
  2. 企業分析
  3. 履歴書/職務経歴書作成
  4. 実際に選考を受ける

自己分析

以下の質問の答えが、スラスラと出てくる状態になっているのがゴールです。

  • なぜ、今の会社を辞めたいのか
  • 自分の強みややりたいことは何か/逆に何が向いていないか
  • 5-10年のキャリアで、どのようになっていたいのか
DAI
ここが難しい場合は、ゲキサポ!キャリアなどを利用して転職活動を進めるのがおすすめです。

企業分析

次に、自己分析で出てきた悩み、やりたいことなどが全て満たせるような企業をリストアップして、それぞれの会社の業務を分析します

転職エージェントに登録して、いろいろな求人を見てみましょう。

DAI
なお、ベンチャー企業であれば、転職エージェントを使わなくても会社を見つけることができます。

大企業を辞めて転職する場合、ベンチャーも候補にあると思います。

僕が転職した時は知らなかったのですが、ベンチャーはWantedlyやTwitterなどから探すのがすごく良いので使ってみてください

職務履歴書作成、面接対策

気になる会社が見つかってきたら、職務履歴書作成・面接対策です。

DAI
面接対策は、転職エージェントの方が担当してくださる場合が多いので、履歴書を作ってアピールする点を明確にしたら、練習させてもらいましょう。

実際に選考を受ける

あとは実際に選考を受けましょう。

転職のキャリア相談に使えるサービス

男性A
転職する気が出てきました!とはいえ、まだちょっと悩みます…
DAI
焦る必要はないので、ゆっくり考えて大丈夫ですよ!あと、今すぐに転職する気がなくても、とりあえず転職サイト・転職エージェントは登録しておくといいですよ。

仕事でのストレスや疲労が限界に達してしまうと、転職サービスに登録する気力すらなくなってしまうんですよね。

気になる求人情報をストックしておくだけでも、転職という選択肢ができて、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

DAI
転職サービスは基本的に登録は無料で、あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届くので、今すぐに転職しなくても、登録しておいて損はないですよ!

優良な求人情報が集まる転職サービスのおすすめを紹介しますね。

以下の中から、気になったものをいくつか登録しておけば十分だと思います。

おすすめの転職サービス

  • ゲキサポ!キャリア:キャリア相談や自己分析など、親身に相談に乗ってくれます。無料相談があるので、転職活動が不安な方はまずは無料相談してみてるのがおすすめです。

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント:求人数が業界最多。迷ったらここに登録しておけば十分です。
  • DODA:リクルートエージェントに次ぐ求人数。リクルートエージェントだけでは不安という方は、併せて登録しておきましょう。
  • ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないと思います。

    それぞれの転職サービスの特徴を紹介しますね。

    ゲキサポ!キャリア:じっくり転職相談をしたい方向け

    ゲキサポ!キャリアは転職支援サービスです。

    男性A
    転職活動が分からないことだらけ…いきなり大量の求人だけもらってもどうすればいいか分からない…
    DAI
    ゲキサポ!キャリアは2ヶ月つきっきりでキャリアアドバイスをしてくれるので、転職活動で心配なことがある方にはオススメですよ!

    初めての転職活動だと、どうしても分からないこと、不安なことは多いと思います。

    そんな時にゲキサポ!キャリアは、以下のようなサポートをしてくれます。

    • 利用者が将来どういうことをしたいのか、心を割って話し合う
    • その人の経歴やスキルから、多少難しくても行きたい業界に対してしっかりと棚崩ししてくれる
    • その業界に詳しいコンサルタントが、業界知識をしっかりと教えてくれ、さらに面接対策もがっつりしてくれる

    DAI
    無料カウンセリングもあり、1分ほどで申し込みできるので、転職活動で不安のある方は、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。
    無料でゲキサポ!キャリアに相談してみる

    リクルートエージェント&DODA:求人数の多い転職エージェント

    DAI
    転職活動をする時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます!

    なので、転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

    以上に登録しておけば十分です。

    リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富なことと、転職に強いアドバイザーが多いこと

    DAI
    どちらを使っても、結局いいキャリアアドバイザーに当たるかどうかが重要なので、両方登録しておいて、いいアドバイザーの方に相談して進めるのがよいと思います!
    DODA
    転職満足度No1、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント

    ワークポート:IT系の求人に強い転職エージェントで、IT業界志望向け

    【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
    デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

    【公式サイト】https://www.workport.co.jp/

    第二新卒・IT系の未経験職種に特化した転職エージェントです。IT・Web業界の求人に強いです。

    メリットとしては、とにかくIT・Web業界の求人に強いので、未経験からIT業界を検討している人にはおすすめです。

    一方で、デメリットとしては、IT業界以外の求人が少ないので、エンジニアなどのIT職種以外を検討する場合はあまりおすすめできません。また、とにかく求人数を渡してくるので、一人一人に対するスキルの棚卸しはなどは弱いです。

    なので、「キャリアの棚卸しはリクルートで、求人はワークポートで」といったように、複数のエージェントを使い分けながら情報収集していくことがおすすめです。

    2020年3月追記:補足情報
    リクルートエージェントと同様に、ワークポートに登録すると、非公開求人をみれたり、転職エージェントとのカウンセリングを組むことができます。簡単に登録できるので、ぜひこの機会に登録して、リクルートの求人と比較しつつエンジニアの求人をみてみてください。

    【ワークポート】IT業界へ未経験に転職する人向け
    デザイナー、マーケター、エンジニア、インサイドセールスの方向け!IT転職特化型エージェント。

    まとめ

    今の仕事を辞めて転職に踏み切るか?それとも「石の上にも三年」ともう少し粘ってみるか?

    悩んでいる人は、まず以下の2つをしてみてください。

    • デメリット・メリットを早い段階で認識する
    • 自分に背負えるリスクと、どうしても優先したいリターンを整理する

    迷ったら、以下のサービスも利用してみてくださいね!

    おすすめのサービス

    • ゲキサポ!キャリア:転職活動を手厚くサポートしてほしい方向け。料金は高めですが、無料相談があるので、転職活動が不安な方はまずは無料相談してみてるのがおすすめです。
    • リクルートエージェント:求人数が業界最多。迷ったらここに登録しておけば十分です。
    • DODA:リクルートエージェントに次ぐ求人数。リクルートエージェントだけでは不安という方は、併せて登録しておきましょう。
    • ワークポート:IT系の求人を多く持つエージェント。IT業界志望なら登録しておいて損はないと思います。

    関連記事

    20代・第二新卒向けの転職サイト、転職エージェントサイトまとめ