最終更新日:
男性A
フリーランスのRubyエンジニアとして働いているけど、Ruby on Railsはオワコンって本当?不安だから真相を知りたい

今回はこのような悩みを持っている方に向けてお話していきます。

DAI
オワコン説もあるRuby on Railsですが、シェア率や求人数を見ても需要がなくなるとは言い切れません

この記事を読んでわかることは以下です。

  • Ruby on Railsがオワコンと言われる理由や将来性
  • Ruby on Railsの求人数や案件の単価相場
  • Ruby on Railsを学習するメリット
  • Rubyエンジニアとして活躍し続けるために必要なこと
  • スキルアップや転職に役立つプログラミングスクール
  • 未経験でRubyエンジニアを目指すために必要な知識

世界的に見てもRubyのシェアは上昇しており、案件によっては90万円以上のものもあります。

Ruby以外の言語やフレームワークを習得したり、クライアント目線の開発スキルを身につけることで、より重宝されるエンジニアになれる可能性が高いです。

DAI
Rubyエンジニアとして長く活躍し続けるために必要なこともわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

Ruby on Railsがオワコンと言われる3つの理由

シェアが継続的に伸びており、他言語と比較してもシェアや求人数が多いにもかかわらず、Ruby on Railsがオワコンと言われるのはなぜでしょうか。

DAI
それは以下3つの理由が挙げられます。
  • PHPと比較するとシェアが少ない
  • 保守管理がしづらい
  • 処理速度が遅い

1つずつ解説します。

PHPと比較するとシェアが少ないから

1つ目の理由はPHPと比較して、Rubyのシェアが少ないことです。

実際に下記の2021年サーバーサイド言語のシェアを見ると、Rubyは4.5%、PHPは79.2%と大きな差があります。

サーバーサイド言語のシェア率

引用:W3Techs「Historical trends in the usage statistics of server-side programming languages for websites」(2022年6月30日時点)

PHPに比べると、Rubyはまだまだシェアが圧倒的に低いといえます。

しかし、PHPと比べてシェアが低いのはどの言語も一緒で、そのなかでもじわじわとシェアを伸ばし続けているのがRubyです。

DAI
Rubyがオワコンなのであれば、大体のサーバーサイド言語はオワコンということになります。

保守管理がしにくいから

保守管理がしにくいことも、Ruby on Railsがオワコンと言われる理由の一つです。

Rubyは同じ処理を実現するにしても、さまざまな書き方ができます。

それが「柔軟に処理を記述できる」というRubyのメリットではあります。

しかし、人によって記述方法に差が出やすい分、他人の書いたコードを理解しにくいというデメリットもあるのです。

DAI
そのためRubyを記述する際には「保守性」や「品質」を確保するために、コーディング規約を明確に決めておく必要があります。

たしかに柔軟性の低いプログラミング言語を採用すると難易度が高い反面、エンジニアによる書き方の違いが少ないため、運用保守が容易です。

しかし、柔軟性が高いRubyに対し、そのフレームワークであるRuby on Railsは「設定より規約」という設計理念があるため、開発をする際にも明確なルールがあります。

そのルールに則って開発が進むため、プロジェクト全体で考えると、必ずしも「運用保守がしにくい」と言い切ることはできません

DAI
Rubyはさまざまな書き方がありますが、Ruby on Railsはルールが明確なため、むしろ運用保守しやすいといえます。

処理速度が遅いから

Rubyはインタプリタ型の言語であるため、処理速度が遅いというデメリットがあります。

DAI
インタプリタ型言語とは、記述されているコードを、コンピュータが理解できる機械語(マシン語)に翻訳しながら実行する言語のことです。

そのためRubyには、記述したコードをすぐに実行できるというメリットがあります

しかし、実行するたびに毎回コードを機械語に翻訳しなければならないため、プログラムの実行速度が遅くなるのです。

Rubyは規模が大きく、処理速度が求められるようなアプリ開発には適していません。

DAI
Ruby on Railsは開発スピード重視の案件に向いています。

【結論】Ruby on Railsには将来性がある!その理由を解説

結論から言うとRuby on Railsには将来性があります。

なぜならサーバーサイド言語のなかでも、Rubyのシェアがじわじわ伸び続けているためです。

W3Techsの調査によると、2021年のサーバーサイド言語シェアにおいて、Rubyのシェアは2021年1月時点で4.7%でした。

それが2022年6月時点では5.9%まで上昇しています。

引用:W3Techs「Historical trends in the usage statistics of server-side programming languages for websites」(2022年6月30日時点)

DAI
このシェア率はJavaやJavaScript、Pythonといった主流言語よりも高い数値です。

この状況を見ると「Ruby on Railsはオワコンである」と言い切ることはできません。

Ruby on Railsの求人動向

Ruby on Railsのフリーランス求人は、他の言語と比較しても数が多いです。

フリーランスエージェント「レバテックフリーランス」の下記調査によると、2018年Rubyの求人数は10以上あるプログラミング言語中5位でした。

Rubyの求人数

引用:レバテックフリーランス「【2020年7月発表】プログラミング言語別求人案件ランキング」(2022年6月30日時点)

DAI
上記のデータによると、Ruby on Railsの案件数はプログラミング言語全体で見ても上位に入ります。

またフリーランス案件の単価相場を見ても、Ruby on Railsは高水準です。

同じく「レバテックフリーランス」のデータによると、各プログラミング言語の案件の平均単価は下記の通りでした。

  • Ruby:80万円
  • Python:76万円
  • PHP:72万円
  • JavaScript:71万円
  • Java:68万円

引用:レバテックフリーランス「単価相場」(2022年6月30日時点)

DAI
上記の求人数や単価相場を見ても、安易に「Ruby on Railsはオワコン」と言い切ることはできません。

Ruby on Railsの強みや学習する3つのメリット

Ruby on Railsの強みや学習するメリットは、以下の通りです。

  • 開発スピードが速い
  • コードがシンプルで初心者でも学びやすい
  • コミュニティが活発

順番に見ていきましょう。

開発スピードが速い

1つ目のRuby on Railsのメリットは、開発スピードが速いことです。

Ruby on Railsは記述がシンプルで読みやすく、書きやすいフレームワークです。

またライブラリが豊富で、さまざまな機能を短時間で実装できるメリットもあります

さらに開発をする際のルールが明確であり、そのルールを理解すると生産性の向上が期待できます。

DAI
Webサービスを短期間で開発できるため、スピードが要求されるスタートアップの立ち上げ時に威力を発揮するでしょう。

コードがシンプルで初心者でも学びやすい

Rubyはコードがシンプルで、初心者でも学びやすい点もメリットです。

DAI
JavaやC#に比べると記述がシンプルで、「コードを書いていて非常に楽しい」といった声もあるほど。

またRubyは日本人であるまつもとゆきひろ氏が開発したため、日本語のドキュメントも充実しており、学習しやすいのも魅力といえます。

難解なプログラミング言語から学習を始めると挫折しがちな初心者も、Rubyであれば楽しく学習できる可能性が高いです。

DAI
Rubyは日本人にとって学びやすい言語といえます。

コミュニティが活発

RubyやRailsは開発者が多い分、RubyやRailsに関する日本のコミュニティが活発なことも嬉しいポイントです。

実際に北海道から沖縄まで勉強会や交流会を開催するコミュニティがあり、お互いの知見をシェアできる機会が豊富です

DAI
フリーランスとして活動している方はもちろん、初心者向けのサイトや勉強会も多く、学習環境が非常に充実しています。

特にフリーランスエンジニアの場合、会社員のように業務やキャリアの悩みを他人に相談できる機会が少ないので、孤独を感じやすくなります。

Rubyエンジニアなら積極的にコミュニティに参加することで、エンジニア仲間が見つかり、フリーランスとして活き活きと働ける可能性が高いです。

Rubyエンジニアとして活躍し続けるために必要な3つのこと

今後もRubyエンジニアとして活躍し続けるために必要なことは、主に以下の3つです。

  • 再利用しやすいコードを書けるようになる
  • 他の言語やフレームワークも習得する
  • クライアント目線で開発できるようになる

順番に見ていきましょう。

再利用しやすいコードを書けるようになる

1つ目は再利用しやすいコードを記述できるようになることです。

RubyはPythonのような他の言語と異なり、エンジニアによってコードの品質にばらつきが出やすいという懸念点があります。

DAI
同じ仕様を実装する場合でも、初心者と経験年数の多いエンジニアではまったく別のコードが仕上がるケースも多いです。

そのためRuby on Railsを利用してコードを記述する際に、再利用しやすいコードに仕上げることが重要です。

コードが再利用しやすくなれば、同じ機能を実装するときも時間を短縮でき、空いた時間で新しいコードを書くことができます

DAI
結果的にチーム全体の生産性が向上し、プロジェクトをスムーズに進めやすくなるのです。

他の言語やフレームワークも習得する

開発現場や求められているシステムによっても、使用する言語は変わってきます。

またRubyやRailsの需要は高いですが、将来的にRuby単体の案件は減少する可能性もあります

DAI
たとえば数年前まではiPhoneアプリの開発にObjective-Cを使うことが主流でしたが、Swiftに移行する案件が増加するようになりました。

より効率的に扱える言語が生まれることで、既存の言語が廃れたり、新言語へ移行したりといった流れは避けられません。

そのため「JavaScriptやReact+Ruby on Rails」のように組み合わせて使えるようになることが大切です。

多くの言語やフレームワークを習得することで、言語特有の概念や考え方をさまざまなシーンで活用できるようになります。

単一の言語しか知らないエンジニアに比べて、よりクライアントの要件に沿ったシステム開発が可能です。

DAI
システム設計をする際も視野を広く持って対応できるようになり、他のエンジニアと差をつけやすくなります。

クライアント目線で開発できるようになる

クライアント目線で開発できるようになることも欠かせません。

そもそもクライアントは、プログラミングなどの詳しい知識を持っていない場合も多いです。

そのため要望を丁寧にヒアリングしたうえで、視覚的にわかりやすく、優れたアプリケーションやサービスを生み出せるスキルが求められます

DAI
クライアントと柔軟にコミュニケーションをとり、必要なときは意見できる折衝力も必要です。

実際に高単価な案件ほど決められた作業を行うだけではなく、自ら提案や発信ができる人材を募集している傾向があります。

上記3つを意識して取り入れることで、Rubyエンジニアとしての市場価値が上がり、さまざまな案件で採用される可能性が高まります。

DAI
「Rubyエンジニアとして働いてはいるけど、もっと稼げるようになりたい」と感じている場合は、プログラミングスクールに通うことがおすすめです!

稼げるRubyエンジニアを目指すのに役立つプログラミングスクール

「他の言語も習得したい」「もっと稼げるRubyエンジニアになりたい」という場合は、プログラミングスクールがおすすめです。

基礎的な知識をあらためて身につけられることはもちろん、自分でサービスを開発して起業できるスキルも習得しやすくなります。

DAI
マンツーマンで講師が教えてくれるスクールも多いので、「今持っている案件に集中しつつ、スキルを高める」ことが可能です。

今回はRubyエンジニアにおすすめのプログラミングスクールを、下記の3つ紹介します。

  • Tech Academy
  • RUNTEQ
  • ポテパンキャンプ

1つずつ特徴を見ていきましょう。

Tech Academy

2022年2月 TechAcademy公式サイトより引用

【TechAcademy】価格重視でエンジニア転職を目指すなら
わずか¥174,900で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
学習言語 Ruby, Ruby on Railsなどのサーバーサイド言語, HTML5/CSS3, Bootstrap, Git/Github
受講場所 完全オンライン
期間 4週間〜
講師 現役エンジニア
主なサポート ・毎日の毎日15時〜23時のチャットサポート
・週2回のマンツーマンメンタリング(最初の週のみメンタリングは週1回)
・回数無制限の課題レビュー
料金 社会人:¥174,900 (税込)〜
学生:¥163,900(税込)〜
全額返金保証 なし
転職紹介 受講生限定のスカウトサイト
DAI
TechAcademyは、とにかく他のプログラミングスクールと比較して安い料金が魅力です。

TechAcademyは完全オンラインのプログラミングスクール。

特にお手頃な価格でWeb系プログラミングを学びたい人におすすめです!

TechAcademyで無料体験する
DAI
TechAcademyの主な特徴は、以下の2点です。
  • 講師が複数ではなく、完全マンツーマンなので、一人ひとりしっかりとフィードバックをもらえる
  • オリジナルアプリ作成までの、サポートが手厚い

①完全マンツーマンなので、受講者一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれる

Techacademyの場合は、講師が完全にマンツーマンです。

  • その人の理解度にそった学習方法の提案
  • その人の今後のキャリア設定にそったサポート

上記のような手厚いサポートを受けることができます!

たとえば「Webアプリ・フロントエンド・Webデザイン」の3つのコースを組み合わせることで、次のようなスキルを習得できます。

  • Ruby on Railsを使った開発スキル
  • jQueryやWebAPIを利用したサイト設計・実装スキル
  • Webサイトの目的を正確に伝えられるデザインスキル
DAI
近年需要が高まっているフルスタックエンジニアを目指すときにも役立つので、キャリア選択の幅が広がります!

また開発中にエラーが出て困っても、Slackというチャットツールで質問すればOK。

15時〜23時の間なら、数分でメンターがヒントをくれます!

DAI
TechAcademyなら週に2回もオンラインメンタリングができるので、つまづいて学習が止まってしまうことはほぼないでしょう。

カウンセリング後も、ちゃんと一人ひとりにコメントをくれます。

DAI
モチベーション管理や、学習の進捗の確認を行ってもらえるので、一人で挫折しやすいプログラミング学習も、オンラインでも挫折せず進められると評判ですね。

②オリジナルアプリ作成のサポートが手厚い

TechAcademyのカリキュラム、実はオリジナルアプリ作成のサポートまでやっています。

DAI
Lesson9にありますね!

ここで実際にオリジナルアプリを作っていきます。

ここで作ったアプリは、そのままポートフォリオとして営業活動に活かせます。

DAI
フリーランス向けのRuby案件に応募するときも、ポートフォリオがあれば採用される可能性が高まります!
ということで、Techacademyの総合評価はこちらです。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

公式サイト:https://techacademy.jp/

レビュー記事:【体験談】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

※更新情報 2022年6月30日時点、TechAcademyでは以下の特別割引プランがあります。

『複数コースセット割引』:Webアプリ+フロントエンド/Webデザインのセットで申し込むと、普通に学ぶ場合よりも最大151,800円もお得に!

無料体験に申し込むと、

  • HTML / CSSの学習コースを無料で体験できる
  • 1回分の現役エンジニアとのビデオチャットで相談できる
  • 無料体験からの本受講で最大1万円引き

という特典があるので、まずは公式サイトから無料体験を受講してみるのがおすすめです!

\ 無料体験で最大1万円引き!30秒で学習スタート!/

無料体験はこちら

RUNTEQ


公式サイト:https://runteq.jp/

【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

RUNTEQは、スタートアップ特化のWebエンジニア養成スクールです。

主な学習言語 HTML,CSS,JavaScript,Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 9ヶ月間(1,000時間)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・1ヶ月ごとにオンライン面談を実施
・オリジナルポートフォリオの作成支援
・選考サポート、提携企業の紹介あり
コース・料金 Webマスターコース ¥437,800(税込)※分割にて¥21,000(税込)〜

「スタートアップで仕事をしたい!or自分でスタートアップを立ち上げたい!」という目標が明確なRubyエンジニアにおすすめです!

  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • 最大9ヶ月、合計1,000時間の豊富な学習量
  • 困ったときに相談しやすいキャリアトレーナー体制を用意

他のプログラミングスクールと比較しても、スタートアップで必要となる人材育成に特化している点が特徴です。

DAI
運営元のスタートアップテクノロジーさん自体がシステム開発をなさっているので、現場に合わせたカリキュラムになっているのは魅力的ですね。

自走力を持って学習を進められるよう、すぐに答えを教えるのではなく課題の解き方、考え方を教える体制を心がけています。

またプログラミングの知識だけではなく、実際の開発現場におけるノウハウについても学習することができます。

DAI
他のエンジニアと柔軟なコミュニケーションが取れるようになるのはもちろんのこと、自分でサービスを作る経験ができるスクールはなかなかありません。

「そもそも企業にアピールできるサービスを開発するために、何から学習を始めれば良いか分からない……」というRubyエンジニアの方でも大丈夫です。

無料のキャリア相談会もあるので、間違った学習方法やスクール選びをする前に一度相談してみましょう。

【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。

ポテパンキャンプ

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。
主な学習言語 Ruby, Ruby on Rails
受講場所 完全オンライン
期間 2~5ヶ月間(8~20週)
講師 現役エンジニア
主なサポート ・チャットサポート
・スタートサポート
・オリジナルアプリの開発支援
自社開発企業への転職支援
コース・料金 Webアプリケーションコース ¥ 200,000
Railsキャリアコース ¥ 400,000
転職紹介 自社開発企業を紹介
DAI
ポテパンキャンプの課題は、現場レベル以上!実際に実務に近い環境で、現役エンジニアと学習します。

ポテパンキャンプの良いところは、上げるときりがないのですが、絞ると以下3点です!

  • ポテパン卒だとさまざまな案件で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質
  • エンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介
  • 圧倒的に良心的な価格!

①ポテパン卒だと現場で「即戦力扱い」されるレベルの教育の質

まずポテパンキャンプは、プログラミングスクールの中で最高レベルの教育の質です。

DAI
ポテパンキャンプは実践さながらのコードレビューを、東証一部上場企業のエンジニアからフィードバックを受けることができます。

僕自身、すでに10社以上プログラミングスクールを取材していますが、正直どのスクールにいっても「即戦力」には程遠いんですよね。

DAI
ですが、ポテパンキャンプの教育の質は圧倒的に違います。

「入社した会社よりもポテパンキャンプの方が厳しかったので成長できた」と現役エンジニアに言わせるほどです。

受講生H・Dさん
すごく質が高いですね。ただ動くだけではなくて、Railsらしい書き方まで細かくレビューしてくれたと思います。現場でもレビューしてもらえますが、正直ポテパンのほうがしっかりとレビューしてくれていました。

僕が実際に卒業生にインタビューした方の中にはフリーランスエンジニアにすぐ独立して、すごい高給取りになっている人もいました。

②Rubyエンジニアとしてキャリアを伸ばすのには欠かせない「自社開発企業」のみを紹介

「Rubyエンジニアとして自社開発企業に就職したい」という方にも、ポテパンキャンプはおすすめです。

ほかのプログラミングスクールって、自社開発の企業をなかなか紹介してくれないんですよね。

就職ハードルが非常に高いからです。

DAI
だからほとんどのスクールが紹介してくれるのは、比較的入りやすいSES。でも、当たりはずれが大きいので、就職できてもあまり成長しにくい現場に配属される可能性もあります。

でもポテパンキャンプ「完全に自社開発企業しか紹介しない!」というスタンスでやっています。

DAI
実際、卒業生では1年で自社開発企業に転職、そこで修行して市場価値700万円ほどになり、常にスカウトがくるレベルにまでなられている方もいらっしゃいます。

圧倒的に良心的な価格!

エンジニア就職まで検討しているなら、圧倒的に費用対効果のよいスクールがポテパンキャンプです。

デメリットとしては、やる気がない人は面接で落ちるところです。

DAI
本気でちゃんとスキルアップできる求人を紹介するために、ポテパンキャンプは妥協しません。

だからやる気がなかったり、どうしても年齢が上すぎる人は紹介できないんですよ。だから普通に面接で落ちます。

逆に言うと、ちゃんとやり切れる人であれば、実務に近い環境でプログラミングスキルを身に付け、就職まで成功することができます。

「本気でRubyエンジニアとして就職したい!」という人には圧倒的におすすめなプログラミングスクールです。

ということで、ポテパンキャンプの評価です。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(4.2)
DAI
本当にやる気がある人ではないと入学すらできないので、やる気がある方におすすめします!

【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への就職・転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。

未経験からRubyエンジニアになるために必要な5つの知識

「RubyやRuby on Railsについて詳しくないけど、これから挑戦してみたい!」という場合は、次の知識を身につけることが大切です。

  • バージョン管理ツールの知識
  • 言語の知識
  • フレームワークの知識
  • インフラの知識
  • フロントエンドの知識

詳しく解説します。

バージョン管理ツールの知識

Rubyに限らず、アプリ開発の現場ではソースコードのバージョンを管理する必要があります。

バージョン管理ツールを使いこなすことで、下記のメリットがあるからです。

  • 機能が実装できなかったときに、いつでも元の状態に戻せる
  • 他のエンジニアが既存のコードを書いた意図を確認し、質問できる
  • ソースコードを変更した部分が一目でわかる

特にバージョン管理ツールを使うと、「ソースコードのどの部分をどのように変更したのか」が一目瞭然になります。

そのためバグが解消できなくて質問したいときや、自分が実装したコードの確認を上司に依頼したいときに便利です。

DAI
また複数人のエンジニアが同時に一つのサービス開発を行う際も、スムーズにソースコードを共有できます。

開発効率が上がるため、バージョン管理ツールの知識は欠かせません。

言語の知識

Rubyエンジニアは、Rubyを使用して開発を行います。

そのため次のような基礎知識は必要不可欠です。

  • 変数
  • 条件分岐や繰り返し処理
  • 四則演算
  • 各種オブジェクト(文字列、数値、配列、ハッシュ、正規表現など)

また現場に入った際はRubyと各種ライブラリの機能を組み合わせ、目的とする処理を実装する機会も非常に多くあります。

それに新機能の実装や既存機能の変更を行う際には、対象アプリやライブラリのソースコードを読み解く必要もあるでしょう。

Rubyに関する基礎知識がないと、コードを読み解くことができず、新機能の実装や既存機能の変更も困難になってしまいます。

DAI
どのプログラミング言語でも基礎は非常に大事です。

フレームワークの知識

Ruby on RailsはRubyのフレームワークであり、こちらを使用してアプリ開発を行います。

Ruby on Railsに関しては、まずCRUD処理を実装できるようになりましょう。

それに加えライブラリを利用した代表的な機能の実装は、一通りできるようになっておくと良いです。

DAI
ログイン、ページネーション、管理画面、定期タスク実行、CSVインポート・エクスポートなど、問題なく実装できると開発効率も上がるでしょう。

またエラーが発生したときにも対応できるよう、フレームワークの構造理解も必要です。

ルート・ビュー・コントローラ・モデルなど、それぞれの役割はまず先に把握しておきましょう。

構造理解があると、エラーが発生したときにも「どの部分でエラーが発生したのか?」をすぐ予測できるようになります。

DAI
またデバッグツールも使えるようになると、さらにエラー解決のスピードは上がります。

インフラの知識

エンジニアにはデータベース(以下、DB)の知識が必須です。

Railsなどのフレームワークは、DBに接続することで登録・編集・削除・一覧表示などのCRUD処理が実現できます。

本来であればDBを操作するためにはSQLが必要ですが、RailsはSQLを書かなくてもDBを操作することが可能です。

しかし、意図した処理にならないときは「DBに対してどのようなSQLが実行され、どのような操作を行っているのか」を把握する必要があります。

そのためSELECTやINSERT、UPDATE、DELETEなど、基本的なSQL文を理解しておくことが大切です。

DAI
現場でも「SQLは理解できて当然」という認識で会話が進むことが多いため、基礎力が不足していると業務についていくことができません。

他にもインフラに関しては、以下の知識も必要です。

  • クラウド(AWS、Azure、GCPなど)
  • サーバー構築
  • ネットワーク構築
  • セキュリティ対策

特にクラウドの知識を身につけておくと、請けられる案件の幅も広がります。

フロントエンドの知識

Webアプリを開発するエンジニアであれば、HTML・CSS・JavaScripeの知識は必要です。

特にHTML・CSSはWebサイトの画面を構成する基本的な言語であるため、決して避けては通れません。

またJavaScripeは汎用性の高い言語なので、継続して学習を重ねましょう。

DAI
将来的にフロントエンドエンジニアを目指すこともできます。

ただし、未経験者がいきなりフロントエンドエンジニアになろうとするとハードルが非常に高いです。

なぜならフロントエンドエンジニアになるには、フロントエンドフレームワークとサーバーサイドフレームワークの両方を、高度なレベルで使いこなせる必要があるためです。

DAI
まずはサーバーサイドエンジニアとして経験を積み、その後、実務経験を積んだ後にフロントエンドエンジニアを目指しましょう!

まとめ

本記事では「Ruby on Railsはオワコン」と言われる理由や将来性、長く活躍するために必要なことについて解説しました。

Rubyのシェアは伸び続けているうえ、言語全体のなかでもフリーランス案件が比較的多い傾向にあります。

今後もフリーランスエンジニアとして活動し続けるのであれば、Ruby以外の言語やフレームワークも習得することが大切です。

DAI
またコードの記述方法を改善したり、クライアント目線の開発スキルを身につけたりすることで、より市場価値を高め続けていきましょう!

「Rubyエンジニアとしてスキルアップしたい」「他の言語を効率良く学びたい」という方は、プログラミングスクールに通うことがおすすめです。

現役エンジニアのメンターから実務で役立つ知識を教えてもらえるうえ、わからないことがあればすぐに疑問を解消できる環境が整っています。

フロントエンドやWebデザインのスキルを身につけられるコースもあるため、将来的にフルスタックエンジニアやディレクターを目指したい人にも向いています。

DAI
今回紹介したプログラミングスクールは下記の3つです。無料でキャリア相談することも可能なので、ぜひ隙間時間にチェックしてみてください!
【TechAcademy】価格重視でスキルアップを目指すなら
わずか¥174,900で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。
【RUNTEQ】スタートアップ特化のプログラミングスクールといえば!
スタートアップに特化したカリキュラムで、自分でサービスを運営するために必要な知識をまとめて学習可能!現役のエンジニアと一緒に実務で使われる知識を手に入れよう。
【ポテパンキャンプ】超実践型スクールを求めるなら!
自社開発企業への転職成功例多数。卒業生エンジニアに「現場よりも難しい」と言わしめた、超実践型プログラミングスクールです。