最終更新日:2021/08/17
DAI
本記事では、フロントエンドエンジニアになる方法について解説します。

この記事を読んでわかること

  • 未経験からでもフロントエンドエンジニアになれるのか
  • フロントエンドエンジニアはどんなキャリアパスからなるのか
  • フロントエンドエンジニアへ転職する際の対策

エンジニアは年々需要が増しており、年で換算すると、500万円以上を狙いやすい仕事です。(労働統計要覧

フロントエンドエンジニアは、開発には必須の存在なため今後ともニーズの高い職業となっています。

DAI
ですが、エンジニアの業界知識を知らずに、フロントエンドエンジニアを目指しても、未経験からエンジニアになるのは難しいです。

私自身、リクルートエージェントワークポートの転職エージェントを利用して、自分の実力で転職できる会社はどこなのかを相談していました。

その結果、キャリアの相談に乗ってもらうだけではなく、現状の転職市場の動向などもしることができました。

DAI
エンジニアとしてのキャリアパスなども相談することができたため、本記事の内容と合わせて利用することで効果的に転職活動を進めることが可能になります。

\ おすすめの転職エージェント /

  • リクルートエージェント
    求人数No1。未経験向け求人が圧倒的に多いので、IT業界の求人を確認するうえで最適です。
  • ワークポート
    IT転職に強い。IT未経験求人が多く、もともとIT系特化の転職エージェントなので、キャリアアドバイザーがIT業界にかなり詳しいです。
  • DODA
    キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。
  • リクナビネクスト
    IT転職に強く、4万件以上の求人から自分で求人を選べる。

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアは、Webサイトを制作する上で必要となる技術を習得したエンジニア、またはWebアプリ開発の分野で主にフロント(見た目の部分)のプログラミングをするエンジニアのことを指します。

フロントエンドとバックエンドの違いは?

フロントエンドとバックエンドの違いは、「見た目部分」を作るか、「ロジック部分」を作るかが大きな違いです。

DAI
業務的にフロントエンドと、バックエンドの業務が重複することもあり、両方の部分を担当するエンジニアもいます。

フロントエンドエンジニアに転職するために必要な言語やスキル、レベルは?

女性A
フロントエンドのエンジニアとして働くには、どのようなスキルが必要なの?
DAI
会社によってもちろん、必要な技術等は違いますが、大きく分けると以下のようなスキルが必要です。
  • HTML / CSS / JavaScript(jQuery) などフロントエンドの言語を扱う
  • アプリ開発では、JS系フレームワーク(React/Vue/AngularJS)の知識も必要
  • フロントエンジニアの中にはWeb制作系の仕事もある(WordPressも必須)
DAI
React.js や Vue.jsといったフレームワークを利用してアプリケーションの開発ができることを求められます。

フロントエンドエンジニアの年収は?

フロントエンドエンジニアの平均年収は500万円ほどと言われています。

20代 300〜500万円
30代 400〜700万円
40代 500〜800万円

フロントエンドエンジニアは入社して、仕事を通してスキルを覚えていく場合が多いです。

そのため最初の年収は低く、徐々に年収が上がっていきます。

DAI
企業によっては1000万円を超える年収を提示している企業もあるため、スキルアップすれば年収を上げることも可能です。

フロントエンドエンジニアのキャリアパスは?

次にフロントエンドエンジニアのキャリアパスについて紹介します。

フロントエンドエンジニアのキャリアパスには以下の4種類あります。

  • Webディレクター
  • Webプロデューサー
  • フリーランスとして独立
  • 大手・有名企業のフロントエンドエンジニアとして転職
DAI
以下から詳しく解説します。

Webディレクター

WEBディレクターとは

  • プロジェクトのスケジュール進行管理、
  • コンテンツの品質管理、
  • プロジェクトメンバーの選定

などプロジェクトの指揮、管理を指します。

平均年収は450〜650万円前後と言われています。

Webプロデューサー

WEBプロデューサーとは

  • プロジェクトの企画・制作
  • 顧客折衝
  • プロジェクトの予算管理・運営

といった総括を担う業務を行います。

平均年収は450〜700万円前後と言われいます。

DAI
任せられる責任がが増えるためスキルアップしやすいです。

フリーランスとして独立

スキルが身に付くとフリーランスとして案件を受注することも可能です。

年収は、400〜600万円で、スキルがあれば800〜1000万円も狙えます。

しかし未経験では厳しいため、経験を積む必要があります。

大手・有名企業のフロントエンドエンジニアとして転職

スキルがある程度身につくと、大手企業への転職も可能になります。

年収は550〜750万円で、安定して高い収入を得ることも可能です。

DAI
大手企業の場合福利厚生や社会的信用など良いところがたくさんあります。

フロントエンドエンジニア向いている人は?

フロントエンドのエンジニア向いている人には、以下のような特徴があります。

  • 一緒に開発するメンバーとコミュニケーションがきちんととれる
  • 新しい技術への学習意欲がある
  • デザイン、UI・UXの部分に興味がある

一緒に開発するメンバーとコミュニケーションがきちんととれる

フロントエンドエンジニアは、他のデザイナーやバックエンドエンジニアと協同して仕事をする必要があります。

DAI
エンジニアというともくもくとコードを書いているようなイメージがありますが、実際の現場では関係者と調整を進めつつ業務を進める必要があります。

新しい技術への学習意欲がある

フロントエンドは、頻繁にフレームワークが更新されます。そのため、新しいフレームワークが出てきた際に技術をアップデートできるかどうかが重要です。

DAI
エンジニア全般に共通することですが、新しい技術を学習し続けることができるかどうかは、エンジニアに向いているのかどうかを見極めるポイントですね。

デザイン、UIの部分に興味がある

フロントエンドエンジニアは、デザイナーと協同して見た目の部分を作っていきます。

その際に、開発をするうえで考慮されるべきデザインの項目などが漏れてしまうことがあります。

DAI
なので、フロントエンドエンジニアがUIへのデザインやUIへの関心があることは、より品質を高める上でも大きなメリットになりますね。

フロントエンドエンジニアに就職、転職するには?

男性A
では、フロントエンドエンジニアとして仕事をするには何をする必要があるんですか?
DAI
やるべきことが、エンジニアとして業務経験があるかないかで大きく違うので、それぞれ解説していきますね。

エンジニアとしての職務経験がある場合

既にバックエンドエンジニアなどで、開発の経験がある人の場合は、以下のステップで準備をするのがおすすめです。

  1. フロントエンドの言語と、フレームワークを学習
  2. 技術面や過去の実績などを職務経歴書にまとめる
  3. ITに強い転職サイトやエージェントに登録して相談

それぞれ解説していきます。

フロントエンドの言語と、フロントエンドフレームワークを学習

具体的には、以下の様なフロントエンドフレームワークを利用できるようになることが必要です。

  • Googleが開発している「AngularJS」
  • Facebookが開発している「React」
  • Evan You氏(個人開発者)から広まった「Vue.js」

もちろん、会社によって利用している技術は異なりますが、Webアプリ開発はWeb制作などと比べても開発規模が大きくなることから効率化のためにJS系のフレームワークが利用されることが多いです。

DAI
上記のようなフロントエンドフレームワークを利用して、アプリケーションを作れるレベルは求められます。

技術面や過去の実績などを職務経歴書にまとめる

ある程度学習が進んできたら、自分の技術的なスキルセットと過去のプロジェクト例などを職務経歴書としてまとめていくことが重要です。

DAI
特に、応募したい会社や業界などが分かってきている場合は、ただ情報を羅列するのではなく行きたい会社にあわせてまとめるのが大事です。

IT系に強い転職エージェント、転職サイトを利用する

ポートフォリオができたら、複数のIT系の転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

というのも、複数のエージェントに登録しておくことで、以下のような転職で失敗しづらくなるメリットがあるからです。

  • 複数の担当者と話して、自分のスキルにあった求人を探すことができる
  • 面接対策や、給与交渉なども複数社で行うことができる
DAI
特に、エージェントの担当者は、正直言って当たり外れがあるため、複数社を利用して情報源を分散しておくことが重要です。

ここでは、特にIT系に強い厳選のエージェントを3社だけ紹介しておきますね。

  • リクルートエージェント
  • ワークポート
  • DODA
  • レバテックキャリア

※エージェントは無料で利用することができるため、今すぐ転職をするつもりがなくても、自分の市場価値を図るために登録しておくこともお勧めです。

レバテックキャリア

公式URL(https://career.levtech.jp/

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。
求人数  9,901件
エンジニア 7,255件
マーケティング 561件
セールス 0件
デザイナー 1,290件
ライター 0件
Webディレクター 26件

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェントです。

もともと、システム開発の人材派遣を行っていた企業が人材紹介をはじめている背景があり、そのため特に、IT業界に詳しいアドバイザーが多いので、しっかりとした情報を得ることができます。

DAI
ただし、レバテックキャリアではIT業界未経験者へ紹介できる求人がほとんどないため、未経験でIT業界に転職したいという方であればワークポートのほうがおすすめです。

逆に、これまでIT業界での業務経験があり、さらなるキャリアアップを狙いたい方は、レバテックキャリアは最もおすすめできる転職エージェントです。

また、転職エージェントの中でも求職者の審査がされるので、しっかりと履歴書やポートフォリオを作り込んで提出すると、利用できます。

レバテックキャリア公式ページを見る

マイナビIT

公式URL(https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビIT】IT・Web業界志望の方におすすめ
キャリアアドバイザーによるサポートが充実!非公開求人も多数紹介。

求人数 18,313 件
エンジニア 10,520件
マーケティング 1,307件
セールス 491件
デザイナー 126件
ライター 148件
Webディレクター 108件

IT業界の様々な求人を扱っているため、エンジニアやデザイナーに限らず、求人を探すことができます。マイナビITは、もともとIT・Web分野の会社との繋がりが強いマイナビ転職が、IT業界向けの転職エージェントに特化して立ち上げられた転職エージェントです。

DAI
在籍するキャリアアドバイザーはIT系業界出身者も多く、Web業界への転職活動における正しい業界知識を教えてもらいながら、転職活動に専念できます。

マイナビITに無料登録してみる

Geekout

GeekOut』は、株式会社パソナが運営している、IT・webエンジニアに特化した転職サイトです。

知名度はまだあまり高くないですが、公開求人数は8000件以上あり、エンジニアに絞れば求人数は他の有名転職サイトと同等以上となります。

他の転職サイトと比べると、GeekOutはエンジニアに特化しているため、キャリアアドバイザーがエンジニア業界に精通している人が多いのが強みです。具体的な仕事内容や、入社時に求められるスキルなどの情報を聞き出すことができます。

IT・Web業界未経験者にとっては利用は難しいですが、エンジニアとしての業務経験がある方であれば、キャリアアップやキャリアチェンジを考えるうえで登録しておいて損のない転職サイトだと思います。

リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、求職者の8割が利用している、大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、はじめて転職エージェントに登録するならまずはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントに登録するメリットはなんといってもIT系の求人数が多いのがポイントです。

求人数 200,000件
エンジニア 25959件
マーケティング 5035件
セールス 5337件
デザイナー 256件
ライター 101件
Webディレクター 316件

IT系の求人数(2020年7月現在、各職種の該当検索数)

非公開案件も登録すると多くあるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。また、電話による面談なども可能になっています。

デメリットとしては、アドバイザーの質にばらつきがある点です。特に入社したばかりの新卒がアドバイアーにつくこともあります。

登録するとより詳細な求人が見れるので、

  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活対策をしてもらう

といった対策を取ることがよいでしょう。

3分ほどで無料登録することができるので、ぜひ一度相談してみるのがおすすめです!

リクルートエージェント公式: https://www.r-agent.com/

2021年3月追記:補足情報
リクルートエージェントでは、現在オンラインでの相談も受け付けています。

30代でも未経験でフロントエンドエンジニアになるには?

30代から未経験からフロントエンドエンジになることは、スキルがない状態だと難しい部分もあります。

しかし、スキルを身につけ転職活動をすれば転職できる可能性はあります。

そのため必要な技術を学ぶことが大切です。

DAI
スキルがあれば30代でも転職成功しやすいです。

エンジニア未経験でフロントエンドエンジニアに就職、転職をしたい場合

エンジニアとして業務経験が全くない方は、いきなりフロントエンドのエンジニアとしてIT系のエージェントに登録しても仕事を紹介してもらえません。

DAI
そのため、完全未経験からフロントエンドエンジニアになりたい!という方は、一度コーダーとして業務経験を積むことがお勧めです。

コーダーとは?

コーダーは、Web制作会社などで決められたデザインや修正指示を受けて、HTML / CSSを駆使してWebページの修正を行う仕事です。

DAI
少し難易度の高いコーダーの仕事だと、WordPressによるオリジナルテーマ開発を任される場合もあると思います。

フロントエンドエンジニア・コーダーになるためのおすすめの学習教材

次にフロントエンドエンジニア・コーダーになるためのおすすめの学習教材について紹介します。

コーダーになるためのおすすめの学習書籍

ここからは、実際にコーダーになるための学習をされる方に向けて、おすすめの学習教材をご紹介します。

DAI
本気でコーダーを目指す方におすすめする、最初の学習方法は書籍による学習です。
1冊数千円〜でとてもコスパよく学べると思います。

コーダーになるためのおすすめの学習書籍

無料でできるプログラミング学習サービスなどもありますが、穴埋め式やクイズ形式だけのプログラミング学習には注意が必要です。

DAI
実際の開発では、自分のパソコンに開発環境を構築して、そこから制作を進めていくことになるので、実践で使う環境構築から解説している書籍での学習をおすすめします。

● 参考書籍(HTML, CSS, JavaScirpt 編)
HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本
確かな力が身につくJavaScript「超」入門 第2版

● 参考書籍(Bootstrap 編)
Bootstrap 4 フロントエンド開発の教科書
Bootstrapチュートリアル:Youtubeで公開されている無料のBootstrapチュートリアル(英語解説)

● 参考書籍(PHP, WordPress 編)

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。
ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5対応版
一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本

番外編:コーダーに、30代からなれる?

30代からコーダーを目指す方もいると思いますが、正直なところ20代に比べると就職・転職活動は難しいと思います。

DAI
しかし、スキル次第ではコーダーやフロントエンドエンジニアを目指すこともできるので、正しい業界知識と必要スキルを習得していきましょう。

20代は比較的コーダーになりやすい

20代の場合は、コーダーとして必要なプログラミング能力を習得して、自分のポートフォリオを作成し、転職エージェントを活用して行動すれば問題ないと思います。

30代は派遣勤務からキャリアを築く or フリーランス

コーダーとしての就職・転職活動が難しいのは30代の方です。30代になると、ひとつの職業である程度のキャリアを築いていてもおかしくない年齢なので、純粋なプログラミングスキルだけではなく、これまでの経歴なども評価されるようになります。

DAI
30代、未経験からコーダーとして正社員は厳しいかもしれませんが、まずは派遣から実務経験を積んでキャリアパスを築いていくと、30代からでもフロントエンドエンジニアを目指すことができるのではないでしょうか。

私が知っている30代、未経験からコーダー・フロントエンドエンジニアへのキャリアチェンジを達成した方は、就職ではなくフリーランスとして活動されています。

DAI
元々は営業職でバリバリの営業マンだったこの方は、全くのプログラミング未経験から、6ヶ月くらいの学習プランでプログラミング習得までの期限を定め、学習開始4ヶ月目には、個人での案件獲得を達成されています。

まとめ

この記事では、フロントエンジニアになる方法について解説しました。

フロントエンドエンジニアになりたい方は、今回の記事を参考にし、転職エージェントなど利用してみてください。

\ おすすめの転職エージェント /

  • リクルートエージェント
    求人数No1。未経験向け求人が圧倒的に多いので、IT業界の求人を確認するうえで最適です。
  • ワークポート
    IT転職に強い。IT未経験求人が多く、もともとIT系特化の転職エージェントなので、キャリアアドバイザーがIT業界にかなり詳しいです。
  • DODA
    キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。
  • リクナビネクスト
    IT転職に強く、4万件以上の求人から自分で求人を選べる。

関連記事

【2021】評判のよいおすすめのプログラミングスクール11社徹底比較
エンジニアに未経験から転職するためにやるべき3ステップ【知らないと後悔します】