最終更新日:

「フリーランスになりたいけど、どんな仕事があるのか分からない」

「育児や介護があるので、在宅でフリーランスとして仕事がしたい!」

このように思ったことはありませんか?

そこで本記事では、以下の内容を中心に解説します。

  • 在宅でフリーランスの仕事
  • 在宅でフリーランスとして独立する方法

在宅でフリーランスとして仕事ができれば、自分の好きな時間に、自分の都合に合わせて仕事ができます。

DAI
プライベートな事情で、仕事を早く切り上げたい人も、フリーランスなら誰にも気を遣う必要がありません。

ぜひ最後までご覧いただき、フリーランスとして仕事ができるようになりましょう!

DAI
在宅案件を獲得しやすいエージェントは下の2つです!
  • レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
    利用者の平均年収が862万と高く、利用者数・知名度・単価も業界最高水準!
    週4~5日でガッツリ稼げる案件が豊富で、とにかく案件数の多い、フリーランス独立するならまず登録すべきエージェント。
  • ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
    週2~3稼働OK、リモートOKの柔軟に働ける高単価案件を探すならここ!
    幅広い職種に対応し、スタートアップやベンチャーのトレンド技術を取り入れた案件が多い点も魅力です。

在宅フリーランスが増えている背景

(引用:新・フリーランス実態調査 2021-2022年版

在宅ワークをするフリーランスは増加しています。理由としては、主に以下が考えられます。

  • コロナウイルスの流行
  • 終身雇用の崩壊

それぞれ解説します。

コロナウイルスの流行

2020年から、新型コロナウイルス感染症が流行しました。

  • 本業がリモートワークになり、空いた時間で在宅ワークを始めた
  • 仕事が減って収入が減少した

以上の理由から、コロナウイルスの流行で、在宅で仕事をする人が増加したと考えられます。

終身雇用の崩壊

2019年に経団連やトヨタのトップが「終身雇用を続けるのは困難」と発言しました。

この発言は、終身雇用の崩壊を象徴しています。しかし、以前から終身雇用は終わりに向かっていました。

2004年、日産では「社員の公平な評価、業績向上への貢献のため、結果や実績を優遇する」と発表しました。

また、2018年にNECや富士通では、終身雇用の見直しとして早期退職を促しました。

DAI
このような終身雇用の撤廃の動きは、個人で稼ぐスキルの必要性を示しています。

フリーランスが在宅で働ける仕事11選

ここからは、フリーランスが在宅で働ける仕事を、以下11個ご紹介します。

  1. プログラミング
  2. デザイナー
  3. イラストレーター
  4. 動画編集
  5. Webライター
  6. メディア運営・アフィリエイト
  7. 広告運用
  8. YouTuber
  9. 翻訳・通訳
  10. 商品開発
  11. せどり

それぞれの仕事を解説していきます。

1. プログラミング

プログラミングは、システムのプログラムを書く仕事です。常に勉強やスキルアップが求められます。

しかし、スマートフォンやAIの普及、企業のDX推進などもあり、常に需要もある仕事です。

DAI
言語や技術によっては、高単価な案件を請け負うこともできます。

プログラミングの仕事を探すなら、ITプロパートナーズがおすすめです。ITプロパートナーズでは、週2日から働ける案件があります。

また、スタートアップやベンチャーからの案件も多いのが特長です。トレンドの技術に携わりたい人は、ぜひITプロパートナーズで案件を探してみましょう。

2. デザイナー

グラフィックデザイナーやWebデザイナーも在宅フリーランスの仕事の1つです。

グラフィックデザイナーは、本・広告・Webサイトなどのデザインを手がけます。

Webデザイナーは、Webサイトやバナーのデザイン、HTMLやCSSを使ったコーディングを行うこともあります。

デザイナーの仕事を探すなら、レバテッククリエイターで探すのがおすすめです。

レバテッククリエイターは、取引者数が5,000社以上あり、希望に沿った案件が見つかりやすいのが特徴です。

商談の調整や契約の手続きなど、雑務のサポートも充実しています。

ぜひ一度レバテッククリエイターをご覧ください。

3. イラストレーター

イラストレーターは、クライアントの要望に沿ったイラストを描く仕事です。

DAI
在宅でも、イラストを描くのに必要な道具があれば、仕事ができます。

具体的な仕事例としては、以下があります。

  • 広告やポスター
  • 本の挿絵
  • 商品のパッケージ用イラスト
  • ブログやYouTubeに使うキャラクターのイラスト

納品の方法は主に以下の方法があります。

  • デジタルで描いて納品
  • 手書きで描いて納品
  • 手書きで描いたイラストをデータ化して納品

クライアントや案件によって、納品方法は異なります。自分がデジタル派か手書き派かで案件を選ぶのも1つの方法です。

イラストレーターの仕事を探すなら、レバテッククリエイターで探してみましょう。

レバテッククリエイターなら、案件に携わっている最中でも、担当者がフォローにつきます。

契約の更新・次の案件の紹介も行ってくれるので、案件が途切れる心配もないためおすすめです。

4. 動画編集

動画編集は、動画データをクライアントの要望に沿って編集する仕事です。主に以下の作業があります。

  • テロップ入れ
  • 不要シーンのカット
  • BGM挿入
  • 装飾
DAI
プロモーションビデオ・YouTube・Instagram・TikTok等さまざまな動画を編集します。

「YouTuberやTikTokerと何が違うの?」と思うかもしれませんが、動画編集者の仕事は、あくまでも編集です。

YouTuberやTikTokerの中には、自身は動画の撮影のみを行い、編集は編集者に外注する方が多くいます。そのような方から依頼も受けるのが、動画編集者です。

動画編集者の中には、企画から携わる人もいます。

動画の編集には、メモリやCPUなどのスペックが高いパソコンが必要です。

DAI
動画編集にはAdobe社の「Premiere Pro(プレミアプロ)」がよく使われます。

5Gの普及で動画がより見やすくなると言われ、動画広告も勢いを増しています。

DAI
動画編集者も需要が拡大している仕事の1つです。

5. Webライター

Webライターは、Web上の文章を書きます。執筆内容としては、以下が挙げられます。

  • 企業のオウンドメディアの記事
  • アフィリエイターのブログ記事
  • SNSの運用代行
DAI
ライティングスキルが上がれば、ディレクターとして業務を行うこともあります。

仕事をはじめるハードルが金銭的にもスキル的にも高くないため、まずWebライターから始めてみるのもおすすめです。

6. メディア運営・アフィリエイト

メディア運営とは、ブログやSNSの運営を指します。アフィリエイトとは、成果報酬のインターネット広告のことです。

メディア運営やアフィリエイトでは、ブログやSNSなどの自分の運営するメディアに商品の広告を載せます。その広告から購入や申し込み、クリックがされると、報酬が入ってくる仕組みです。

DAI
ブロガーの中には、アフィリエイトで収入を得ている人もいます。

アフィリエイトには、以下のようなサービスがあります。

  • ASP
  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト

ASPは「アフィリエイトサービスプロバイダー」の略称です。広告は、ASPが紹介している広告の中から選びます。

アフィリエイトの他に、クリックされた回数によって報酬が変わる「Googleアドセンス」で収益を得ることも可能です。

7. 広告運用

広告運用では、主に以下を実施します。

  • 訴求する内容や予算などの決定
  • 広告の出稿
  • 運用結果の分析
  • 運用方法の改善

広告の中でも、特に注力されているのがWeb広告です。Web広告には、主に以下のような種類があります。

  • リスティング広告(検索連動型広告)
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告

広告と一口に言っても、さまざまな手法があります。

DAI
手法によって、分析や運用方法も異なります。

それぞれの手法に合わせた適切な運用が必要です。

8. YouTuber

その名の通り、YouTube上に動画を配信する仕事です。

収入の経路としては、以下が挙げられます。

  • 広告収益
  • 企業案件
  • アフィリエイトとの併用
  • メンバーシップ(有料会員)
  • スーパーチャット(投げ銭)

基本的には「再生回数×広告単価」で決まり、広告単価はチャンネルごとに異なります。知名度が上がれば、企業から広告案件をもらうこともあります。

またYouTubeでは「6.メディア運営・アフィリエイト」でご紹介した、アフィリエイトと併用することができます。

たとえば、動画で商品を紹介し、概要欄にアフィリエイトリンクを貼っておきます。視聴者が商品を購入すれば、アフィリエイト報酬が入ってきます。

ただ、YouTuberは必ずしも稼げるようになるわけではありません。動画が見られるようになるまでに、時間がかかることもあります。また、見られ続けるための工夫も必要です。

9. 翻訳・通訳

翻訳・通訳の仕事もフリーランスとして在宅で行えます。

クラウドソーシングでは、未経験OKの案件を募集しています。まずは、クラウドソーシングから経験や実績を積んでいきましょう。

実績をある程度積んだら、翻訳会社と契約したり、直接クライアントから案件を受けたりするとスムーズです。

単純に外国語を日本語に直すだけではなく、各国の文化や慣習などの背景知識も必要になるケースもあります。翻訳とは別にリサーチ力も求められることも覚えておきましょう。

10. 商品開発

商品開発とは、新たな商品を生み出す仕事です。既存商品の改善を行うこともあります。

企画の段階で出されたアイデアやイメージをもとに商品化します。流行・業界の動き・これまでの売り上げなどのデータを分析し、商品の開発に反映させます。

既存商品の改善では、アンケートやレビュー・流行・売り上げをチェックして分析します。そして、商品がより魅力的になるように改良や見直しを実施します。

DAI
商品に関係する業界の知識や、市場を分析する力が求められる職業です。

11. せどり

せどりとは、商品を安く仕入れて高く売る仕事です。中古品やディスカウントストアの商品などを仕入れて販売します。販売する場所としては、Amazonやフリマサイトがメインです。

「高額転売」のイメージがあるかもしれませんが、そうしたモラルに反した方法は長続きしません。

たとえば、品薄の商品や数量限定の商品を買い占めて、異常に高値で売るのは、本当に欲しい人に商品が届かなくなります。

悪質な場合、以下のようなペナルティを受ける恐れがあります。

  • 売り上げ没収
  • 一時的な利用停止
  • アカウントの凍結
DAI
誰かの不利益・迷惑になるようなビジネスは避けましょう。

在宅フリーランスの仕事の選び方

ここまで、フリーランスの仕事について解説しました。ここからは、在宅フリーランスの仕事の選び方を以下の通りご紹介します。

  • まずは気になるものすべてを勉強してみる
  • 市場価値で選ぶ
  • 目標収入で選ぶ

それぞれ解説します。

まずは気になるものすべてを勉強してみる

最初は、気になるものをすべて勉強してみましょう。

何の仕事が合うのか・向いているのかは、やってみないと分からないからです。

たとえば漠然と「Webデザインをやってみたいな」と思っているのであれば、下記のように勉強してみましょう。

  • Webデザインスクールの無料体験講座に行く
  • Webデザインの本を読む
  • YouTubeでWebデザインの動画を見る
  • インターネットでWebデザインの仕事を探してみる

勉強してみると「想像と違う」「自分でもWebデザインができるかも」と感じるかもしれません。

何がいいか迷ってしまうときは、先に挙げた「フリーランスが在宅で働ける仕事11選」の中から選んでみてください。

DAI
勉強したり、実際に手を動かしたりする中で、自分に合っているか分かります。

市場価値で選ぶ

市場価値で選ぶのも1つの方法です。市場価値とは、個人のスキル・経験・実績の価値のことです。

DAI
スキルの需要と供給のバランスで決まり、絶対的な基準はありません。

たとえば「IT人材白書2020」によると、IT企業の9割は、IT人材が「大幅に不足している」「やや不足している」と回答しています。

「IT人材の市場価値が高いのなら、プログラミングスキルを磨く」といった選び方は、稼ぎたい人には特におすすめです。

目標収入で選ぶ

目標となる収入があれば、その金額が稼げる仕事を選ぶのもおすすめです。

ご紹介した職業の中でも、稼ぎやすい仕事とそうでない仕事があります。

たとえば「市場価値で選ぶ」でご紹介したように、IT人材が不足している中でプログラミングスキルを身につければ、高い収入を得やすくなります。

DAI
日本の大手企業でも「AIやビッグデータ解析などの能力がある人材には、年収3,000万円を支払う」という企業があります。

一方、せどりは量をこなさないと、ある程度の収入を得るのは厳しい仕事です。

少しでも安く仕入れられる場所・昨今の流行を把握しておくなど、地道な努力を重ねなければなりません。それでも、AIエンジニア並みの年収3,000万円を得るのは困難です。

目標となる収入を得やすいかどうかも一つの考え方です。

在宅フリーランスになるためのスキルの磨き方

在宅フリーランスになるスキルの磨き方は以下の方法があります。

  • 書籍や動画教材で学習する
  • スクールで学習する
  • 就職して2〜3年実務経験を積む

それぞれ解説します。

書籍や動画教材で学習する

書籍や動画の教材で学習してみましょう。

次にお伝えするスクールで学習するのもいいのですが、書籍や動画教材の方が安く学習できます。スクールで学習すると何十万円とまとまった費用がかかることもあります。

書籍や動画であれば、有料でも数千円の出費で済みます。

DAI
学習していくうちに「 やっぱり別のスキルを身につけたい」と思っても、方向転換がしやすいです。

まず最初は、書籍や動画で基礎を勉強してみましょう。

スクールで学習する

書籍や動画で勉強した後は、スクールで学習するのがおすすめです。

なぜなら、独学には限界があるからです。

たとえば、わからないことが出てきた際、人にすぐ聞けるのはスクールに通うメリットです。もちろん自分で調べることは可能ですが、時間がかかります。

DAI
初心者のうちはなおさらで、わからないことが次々出てきます。

人に聞いてしまった方が早く不明点が解決し、上達も早いです。

不明点を解決するのに、ベテランや経験者の立場であれば、すぐに解決できるケースもあります。

他にも以下のメリットが挙げられます。

  • 体系的に学習が進めやすい
  • 個別のフィードバックがもらえる
  • ライバルや仲間が目に見える
  • オフラインの場合、集中できる環境が整っている

本や動画で基本的な知識を得たら、さらに深いスキルを得るため、スクールに通うのがおすすめです。

就職して2〜3年実務経験を積む

スクールでスキルをつけたら、就職して2〜3年実際に働いてみましょう。

実際に就職して働くと、本やスクールでは遭遇しない事態に直面することがあります。特に、以下は本やスクールで、なかなか経験できません。

  • プロ意識
  • 納期厳守の緊張感
  • トラブル発生時の対応

たとえば、プログラミングであれば、システムに不具合が出た際、夜を徹してリカバリーすることがあります。

実際に就職して働いた経験は、フリーランスになった際に自分をアピールするポイントになります。

何よりいきなり自分一人で仕事を請け負うことはなく、上司・先輩・同僚と一緒に仕事を進めていけるので安心です。

在宅フリーランスのメリット・デメリット

DAI
在宅フリーランスのメリットとデメリットは、下記の通りです!
  • メリット①:好きな場所で働ける
  • メリット②:スキルがあれば高収入も目指せる
  • デメリット①:収入が安定するとは限らない
  • デメリット②:在宅案件は競合が多い

詳しくみていきましょう。

メリット①:好きな場所で働ける

在宅フリーランスの最大のメリットは、自分の都合に合わせて、好きな場所で働けることです。

在宅勤務により、毎日通勤時間に費やしていた無駄な時間を有効活用できるようになります。

また、オフィスに通っている時は同僚からの相談や、苦手な上司など人間関係のストレスを受けやすいです。

しかし、在宅勤務では煩わしい人間関係は大幅に減らすことができるため、ストレス削減など、精神的なメリットもあります。

DAI
時間や場所を自由に選択できます!

メリット②:スキルがあれば高収入も目指せる

フリーランスで働くメリットとして、スキルがあれば高収入も目指せる点が挙げられます。

DAI
案件やスキル次第で、年収1000万を目指すことも可能です!

正社員は、昇進や昇給に一定のルールがあるため、一気に年収アップしにくい特徴があります。

しかし、フリーランスは、実力と仕事量次第では正社員以上に稼ぐ事が可能です。

DAI
同じスキルでも、フリーランスになったことで収入が上がった、活躍している人は多いです!

デメリット①:収入が安定するとは限らない

会社員では、基本給が決まっており収入が安定しています。

しかし、フリーランスでは業務委託契約を交わしても、発注してもらえる仕事が無ければ働きたくても働けない状況になります。

そして、自分で営業・交渉し、案件を獲得する必要があるため、新規開拓しても、継続して仕事ができるとは限りません。

万が一給料が振り込まれないなどのトラブルが発生した場合も、基本的には全て自分で対処する必要があります。

DAI
スキルだけでなく、営業・交渉の能力や人脈なども必要なので、会社員時代より収入を安定させることは難しいです。

デメリット②:在宅案件は競合が多い

デメリットとして、在宅案件は競合が多く、案件の獲得が難しい点が挙げられます。

そもそも、在宅勤務可能なフリーランス向けの案件は少なく、人気が高いので応募が殺到しやすい傾向にあります。

人気の案件はすぐに募集が終了してしまうこともあるため、人脈やエージェントを使って案件を常にチェックしておくのがおすすめです。

DAI
下記のエージェントは在宅案件も多く保有しています!
  • レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
    利用者の平均年収が862万と高く、利用者数・知名度・単価も業界最高水準!
    週4~5日でガッツリ稼げる案件が豊富で、とにかく案件数の多い、フリーランス独立するならまず登録すべきエージェント。
  • ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
    週2~3稼働OK、リモートOKの柔軟に働ける高単価案件を探すならここ!
    幅広い職種に対応し、スタートアップやベンチャーのトレンド技術を取り入れた案件が多い点も魅力です。

在宅フリーランス向けの案件を探す方法4つ

フリーランスが在宅で働ける案件を探す方法は、下の4つです。

  • フリーランスエージェント
  • クラウドソーシング
  • 知人からの紹介
  • SNS
DAI
それぞれ詳しくみていきましょう!

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントとは、フリーランスとクライアントの案件の受発注を仲介するサービスです。

DAI
基本的に登録は無料です!

案件を紹介してもらうと、報酬から利用手数料が引かれますが、自分に合った案件を紹介してもらう事ができます。

エージェントを利用すると、下のようなメリットがあります。

  • 営業・交渉を代行してもらえる
  • 自分で交渉するより高単価の案件が多い
  • 自分に合った案件に参画できる
  • 事務手続きを代行してもらえる
  • 絶え間なく案件に参画でき、収入が安定する
  • 業界に精通した担当者に専門性の高い質問ができる

在宅でフリーランスとして働く場合、フリーランスエージェントの利用がおすすめです

駆け出しの間は案件を思うように取れなかったり、相場がわからず低単価で受注してしまう可能性もあります。

しかし、エージェントを使うと、継続的な案件獲得のサポートを受けられます。

DAI
単価交渉も代行してくれるので、一度無料登録してみるのをおすすめします!

クラウドソーシング

クラウドソーシングでは、企業や個人事業主がインターネット上で不特定多数に業務を発注します。

そのため、経歴やスキルが無くても、交渉しだいで案件を受注できるなど、実務経験の少ない初心者でも利用しやすいという特徴があります。

デメリットとしては、報酬からクラウドソーシングのサービスを利用する手数料が引かれ、単価が低くなりやすい点が挙げられます。

また、自分で交渉できないと、相場より低い単価で案件を受注してしまうなどの問題もあります。

DAI
クラウドソーシングは、初心者の実績作りにおすすめの方法です!

知人からの紹介

案件を保有している知人がいる場合、紹介で案件を受注するのもおすすめです。

新らしい人間関係を築く手間を省き、提案が実際の仕事に繋がりやすいなど、さまざまなメリットがあります。

営業しなくても仕事を貰える可能性があるため、普段の会話の中で「〇〇のフリーランスをしている」などと言っておくと良いでしょう。

DAI
知人でも、契約がいい加減になったり、値引きされることが無いよう注意が必要です。

SNS

既にブログやSNSを使用して情報発信をしている場合、そこから仕事の依頼を受けることも可能です。

SNSでは、発信の仕方次第では仕事に繋がらない、発信し始めてから仕事を受注できるようになるまでに時間がかかるなどのデメリットもあります。

しかし、フリーランス同士の情報交換や、勉強会・交流会の情報など、SNSアカウントを作ることで働きやすくなります。

DAI
余裕があればアカウントを作ってみることをおすすめします!

在宅案件の多いフリーランスエージェント

在宅案件を探すのにおすすめのフリーランスエージェントは、以下の4つです。

【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
利用者の平均年収が862万と高く、利用者数・知名度・単価も業界最高水準!
週4~5日でガッツリ稼げる案件が豊富で、とにかく案件数の多い、フリーランス独立するならまず登録すべきエージェント。
【第2位】ITプロパートナーズ(公式:https://itpropartners.com/
週2~3稼働OK、リモートOKの柔軟に働ける高単価案件を探すならここ!
幅広い業種に対応し、スタートアップやベンチャーのトレンド技術を取り入れた案件が多い点も魅力です。
【第3位】ランサーズエージェント(公式:https://lancersagent.com/
すべてが直請+マージン公開!リモート案件も取り扱いあり。
【第4位】テクフリ(公式:https://freelance.techcareer.jp/
低いマージンで平均単価81.2万とかなり高く、福利厚生も充実しているエージェント。90%以上の人が希望単価を下げずに参画し、3人に1人が収入120%を実現しています。週1~2日OKやフルリモート案件も拡充中です。

それぞれのエージェントについて、案件数やリモート勤務・週2~3日勤務できる案件数をまとめました。

案件数 リモートOK 週2~3日OK
レバテックフリーランス 35,934件 9,734件 969件
ITプロパートナーズ 4,961 2,840 2,721
ランサーズエージェント 5,715 2,506 4,166
テクフリ 9,008 3,886件 199件

※2022年3月時点。公式サイトより引用・算出

人気の案件はすぐに募集が終わってしまうため、2~3つのエージェントに複数登録し、新着の求人情報を確認するのをおすすめします。

DAI
それぞれのエージェントについて、詳しく紹介していきます!

レバテックフリーランス

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 37,140件
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週2~3案件、リモート案件多数

※2022年5月時点・公式サイトより引用/算出 (公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。

レバテックフリーランス_Java案件単価

※2022年3月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※2021年12月時点 レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件をサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで37,139 件あります。

エンジニア 37,139 件
デザイナー 536 件
マーケター 55 件
コンサル 285 件

※2022年5月時点 レバテックフリーランス公式サイトより算出(公式:https://freelance.levtech.jp

他のフリーランスエージェントと比較しても、以下の職種の案件が最も多いです。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

またレバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」です。

非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。

そのため公に公開することはせずに、担当者が直接依頼する形をとるため、非公開の求人が多いです。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかがわかります。今すぐフリーランスになるかどうかわからなくても、気軽に相談してみるのがおすすめです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 5,036件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 関東・関西中心
働き方 週1~2日から稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2022年4月時点・公式ページより引用/算出(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直ほとんどのフリーランスエージェントが、マージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモートの案件も多いので、自身のスタイルに合わせて自由に案件を選べます。

DAI
つまり「副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方にも相性が良いエージェントです。
DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

ITプロパートナーズの公開求人数は、エンジニア・デザイナー・マーケターなど幅広い職種で業界最多水準です。

他のエージェントの場合、以下のような特徴があり、デザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 案件数が少なかったり、利用可能地域が都市部だけに限定されている

一方のITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高いです。

DAI
そのため、まずはリモートや週1~2日から仕事を始めてみたいというデザイナーや、マーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

ランサーズエージェント

公式サイト:https://lancersagent.com/


DAI
『ランサーズエージェント』は単価の高い直接契約の案件が多く、効率よく稼ぎたい人におすすめです!

運営会社 ランサーズエージェンシー株式会社
公開求人数 7,648件
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週3日〜稼働・リモートワークOKの案件も有

※2022年5月10日時点・公式ページより引用/算出(公式:https://lancersagent.com/

ランサーズエージェントをおすすめする理由は、次の2つです。

  1. 直請け案件多数
  2. リモート可、週3日~稼働OKの案件もある
DAI
2022年5月時点の公式サイトによると、保有案件の90%以上がリモート可能です!

直請け案件多数

ランサーズエージェントの案件の多くは、発注元企業からの『直請案件』です。
そのため、単価も他のエージェントと比較して高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

DAI
『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの大切な目安の1つです。

契約の間に他の企業が入っていないため、余計な報酬の中抜きが発生しません。単価が気になる人にとってランサーズエージェントは魅力的と言えるでしょう。

リモート可、週3日~稼働OKの案件がある

ランサーズエージェントで募集している案件は週5・常駐が多めですが、週3・4日の案件も保有しています。稼働日数の条件を細かく指定できるため、自分に合った案件を探しやすいです。

DAI
週3日〜稼働OKなど、条件の良い案件は非公開のことも多いです。早めに登録してチェックしておきたいですね。

注意:ランサーズエージェントでは会社員向けの副業は紹介できません。

【ランサーズエージェント】全案件が直請!高単価を目指す人におすすめ
直請案件のみ取扱+マージン公開で安心!リモート案件も多数保有。しっかり稼ぎたい人におすすめ

テクフリ

公式サイト:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均81.2万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

DAI
テクフリは、エンジニアに特化しており、中間マージン10%からの案件があるエージェントです。
運営会社 株式会社アイデンティティ
公開求人数 8,743件
平均単価 81.2万円
マージン率 10%~
対応地域 主に東京(一部、神奈川・大阪有)
働き方 週2,3日から稼働OK案件あり。常駐案件が多い。

公式ページ:https://freelance.techcareer.jp/
※2022年2月時点・公式サイトより引用/算出

テクフリの特徴は、案件の質の高さです。

  • 平均81.2万円の高単価案件
  • サイバーエージェントを始めとする多くの上場企業の案件取り扱いあり

運営元である株式会社アイデンティティは、複数のIT人材派遣事業を行っていることから、高品質な案件が多いのが特徴です。

DAI
またテクフリは独自の案件マッチングシステムも持っているので、自分に合った高単価案件を探したいというエンジニア必見のエージェントです。

公式:https://freelance.techcareer.jp/

【テクフリ】上場企業からの高単価案件多数!エンジニア必見の特化型エージェント
平均81.2万の高単価。サイバーエージェントやCygamesなど有名企業の案件も多数取り扱っているエージェント

在宅フリーランスを目指すときの注意点5つ

在宅フリーランスを目指すにあたり、注意したい点が以下5つあるためご紹介します。

  1. 未経験からフリーランスになるのは厳しい
  2. 最初は稼げないと思っておく
  3. 自己投資を惜しまない
  4. 確定申告を忘れない
  5. 収入が不安定な状態で独立しない

それぞれ解説します。

1.未経験からフリーランスになるのは厳しい

未経験から、いきなりフリーランスになるのは厳しいと認識しておきましょう。

未経験でフリーランスになっても、仕事が取りにくいからです。

DAI
未経験ということは、実績もスキルもありません。

そのため、仕事をもらえる可能性は低くなってしまいます。

ある程度、実績や経験を積んでから、フリーランスとして独立するのがおすすめです。

2.最初は稼げないと思っておく

最初は稼げないことも覚えておきましょう。

未経験でフリーランスになる難しさは、前述した通りです。しかし、就職したり、独学で勉強したりしても、最初は自分の名前での実績はありません。

また、最初は仕事を得るために営業が必要です。しかし、営業してもその分報酬が増えるわけではありません。

DAI
最初は稼げると思わず、着実に実績を重ねていきましょう。

3.自己投資を惜しまない

フリーランスを目指す際の注意点3つ目は、自己投資を惜しまないことです。

たとえば、フリーランスの自己投資としては以下が挙げられます。

  • 新しい知識を身に着けるため読書をする
  • 仕事に必要な道具を最新スペックのものにする
  • 同じ職種の人が集まるオンラインサロンに入会する
  • 仕事に活かせるスキルを習得するためセミナーに参加する

仕事に必要な道具やスキルアップに対して、誰もお金を出してはくれません。

仕事の効率やクオリティを上げるため、積極的に自己投資をしましょう。 その結果、仕事の成果が上がって収入が増えれば、投資した以上の金額が回収できます。

4.確定申告を忘れない

雑務上の注意点ですが、確定申告を行うようにしましょう。

確定申告とは、所得税を計算して国に申告することです。フリーランスは自分で確定申告をする必要があります。

確定申告は、1月1日から12月31日分を、翌年の2月16日から3月15日までに行います。

DAI
申告しなかったり遅れたりすると、延滞税が課せられる恐れがあります。

収入や経費を把握し、スムーズに確定申告できるようにしましょう。

5.収入が不安定な状態で独立しない

最後の注意点は、収入が不安定なまま独立しないことです。

収入が不安定な状態で独立しても、質の高い仕事はできません。目先の利益ばかりを追い求めて、仕事のクオリティが下がってしまうからです。

雑に仕事をこなしていては、仕事を継続して依頼されません。

DAI
新たに営業する必要があり、営業に時間を取られるので、スキルアップしにくくなります。

半年〜1年分の貯金をして、案件もいくつか確保したうえで、フリーランスになりましょう。

まとめ

この記事では、在宅でフリーランスを目指せる仕事について、以下の通り解説しました。

  • まずは気になるスキルを勉強し、市場価値や収入で仕事を選ぶ
  • 本・動画・スクールで勉強した後に就職して実践を積む
  • 未経験からいきなりフリーランスは厳しく、最初は稼げない
  •  自己投資をする
  •  確定申告をする
  • 収入が不安定なままの独立は避ける

スキルを身に着けたら、ITプロパートナーズレバテッククリエイターで案件を探してみましょう。

どの仕事を選べばいいか迷っている方でも、実際の案件を見てみるのがおすすめです。仕事のイメージが湧きやすくなります。

関連記事

在宅プログラマーになるには?メリット、デメリットを解説します!
エンジニア向け在宅・リモート案件のあるフリーランスエージェント6選
Pythonの在宅案件が見つかるサイト3選!副業やフリーランス向けに解説してみた
【厳選!】フリーランス向けの仕事マッチングサイトおすすめ14選

【レバテッククリエイター】
Web・ゲーム業界のクリエイターに特化したエージェント。