最終更新日:2021/05/01

この記事を読んで分かること

  • PE-BANKとは
  • PE-BANKを使うメリット・デメリット
  • PE-BANKと他のフリーランスエージェントとの違い

PE-BANK』をはじめ、フリーランスエージェントはたくさん種類があり、結局どれを使えば良いのか分からないですよね。

PE-BANKの評判は良い?悪い?

PE-BANKがエンジニア案件に強いって本当なの?

このように悩んでいるかもしれません。

DAI
そこで本記事では、他のフリーランスエージェントと比較して分かった、PE-BANKの詳しい情報についてお伝えします!

PE-BANKは現在、2021年8月31日までに乗り換えるとマージン率が8%になるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンをきっかけに、PE-BANKを利用してみようか検討している方も多いと思います。

DAI
結論から言うと、PE-BANKは「マージン率が公開&低めなエージェントを使いたい」「地方在住で常駐案件に参画したい」というエンジニアの方なら一度は利用すべきエージェントです。

ただし、フリーランスエージェントを利用するうえで、「マージン率が低ければ良い」というわけでは必ずしもありません。

その理由についても、本記事でがっつりと解説していきますね。

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

PE-BANKの特徴

公式:https://pe-bank.jp/

DAI
PE-BANKは、全国で利用することができる30年以上の実績を持つ老舗のフリーランスエージェントです。
運営会社 株式会社Pe-BANK
公開求人数 1,466件
平均単価
マージン率 最初の2年:12%
2年以降:8%
対応地域 全国
働き方 週5からの常駐案件が多い

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

PE-BANKのデメリット・実際の口コミ、評判は?

まずはPE-BANKのデメリットについて確認していきましょう。

DAI
デメリットを知った上で利用すると、より上手にPE-BANKを利用できますよ。
  • エンジニア以外の案件がほとんどない
  • リモート案件がほとんどない

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

デメリット①:エンジニア以外の案件がほとんどない

PE-BANKの扱う求人は、ほとんどがエンジニア案件となっています。

以下は、2021年4月26日時点のPE-BANKの公開求人数です。

公開総求人 エンジニア デザイナー マーケター コンサル
PE-BANK 1,463 1,440 9 3 64

公開求人なので、実際はより多くの求人数がありますが、それを考慮してもエンジニア以外の求人数は多くないと思われます。

DAI
デザイナーやマーケターなど、エンジニア以外の案件をお探しの場合は、『PE-BANK』ではあまり案件は見つからないかもしれません。

その場合は、本記事の後半で詳しく解説しますが、『ITプロパートナーズ』『クラウドテック』『レバテックフリーランス』のような、エンジニア以外の職種も数多く保有しているエージェントを利用するのがおすすめです。

逆にエンジニアの方であれば、エンジニア案件に注力しているPE-BANKは魅力的です。

Pe-BANKのCMでも、エンジニアをターゲットにしたCMが印象的でした。まだ見たことのない人はぜひご覧ください。

案件を探す時の検索条件も、エンジニアの方向けに細かい設定ができます。

エンジニアやマーケター・デザイナーなど職種がたくさんあるデザイナーだと、細かく検索条件を設定して検索することができない場合があるんですよね。

その点、エンジニア案件に特化しているPE-BANKの場合は、エンジニアの方向けに特化しているので細かく条件を設定できて便利です。

なお、PE-BANKの案件の傾向としては、Javaのようなインフラ案件がメインとなっています。

PHPやRubyのようなWeb系の案件は数は少なめとなっているので、そういう場合は『レバテックフリーランス』の方が向いているかもしれません。

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

デメリット②:リモート案件がほとんどない

PE-BANK』が保有している案件は、週5の常駐案件が圧倒的に多いです。

リモートOKの案件を探している場合は、PE-BANKはあまり向いていないです。

PE-BANKで「リモート可」の案件を検索すると、291件ヒットしました(2021年4月26日時点)。

しかしこれは「フルリモートの案件数」ではありません。

フルリモートの場合は、さらに少なく36件しかヒットしませんでした。

PE-BANKは、エンジニアの方向けの常駐案件には強いのですが、リモート案件(特にフルリモート案件)には弱い特徴があります。

リモート案件をお探しの場合は、リモート案件に強い『ITプロパートナーズ』のようなエージェントを利用するのがおすすめです。

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

デメリット③:支払いサイトが遅い

他のフリーランスエージェントと比較すると、PE-BANKの報酬の振込は少し遅めです。

レバテックフリーランス 15日~
Midworks 20日~
ITプロパートナーズ 35日~
PE-BANK 40日~

DAI
ただし、追加の手数料を払えば、締め日から20日後の支払いに早めることができるようです。

PE-BANKのメリット・実際の口コミ、評判は?

続いて、PE-BANKのメリットについて確認していきましょう。

  • 全国10ヶ所の拠点で、どこに住んでいても利用可能
  • マージン率公開で安心して利用することができる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

メリット①:対応地域が広いので、地方の案件も豊富

ほとんどのフリーランスエージェントだと、紹介できる多くの案件が一都三県や大都市に集中しているパターンがほとんどで、地方だと仕事がない…というパターンが多いんですよね。

その点、PE-BANKは地方在住のフリーランスエンジニアにも案内できる仕事を多く保有しています。

2021年4月27日時点では、33都道府県に対応していました。

地方在住のフリーランスエンジニアにとっては魅力的なポイントですね。

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

メリット②:マージン率を公開している

通常、マージンは案件ごとに異なることも多いため、ほとんどのエージェントではマージン率が非公開になっています。

PE-BANKは、数あるフリーランスエージェントの中でもマージン率を公開している数少ないエージェントです。

PE-BANKでは、利用歴が長くなればなるほどマージン率が低くなるというシステムです。

1年目 マージン率12%
2年目 マージン率10%
3年目 マージン率8%

フリーランスエージェントのマージン率は20~30%が業界の相場なので、1年目の時点でもマージン率12%とかなり低めの設定となっています。

今ならマージン率8%のキャンペーン実施中

PE-BANKに乗り換えると、マージン率8%で契約することができるキャンペーンが2021年8月31日まで実施されています。

DAI
通常はマージン率12%からのスタートですが、キャンペーン中は8%となります。

PE-BANKを利用しようか迷っている方であれば、このキャンペーン期間中に登録をするのがお得ですね。

参考:マージン率固定はデメリットにもなりうる

ただし、マージン率が固定されていることは、人によってはデメリットにもなりえます。

DAI
というのも、マージン率が固定されていない場合は、交渉次第でマージン率を低くできる可能性があるからです。

そもそもなぜ多くのエージェントがマージン率を非公開にしているのかというと、マージン率は以下のような条件をもとに決定しているためです。

  • 初回の案件か継続の案件か
  • 案件の単価
  • 緊急性が高い案件かどうか

案件によって最適なマージン率を設定するために、全ての案件で一定ではない場合が多いわけですね。

スキルや経験が豊富な人の場合は、『レバテックフリーランス』のようなマージン率非公開なエージェントを使うことで、低マージンで案件を獲得するできるチャンスがあります。

DAI
マージン率が公開されているエージェント、マージン率が非公開のエージェント、それぞれメリット・デメリットがあるので、あなたが良いと思う方を使いましょう。

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

PE-BANKに向いている人

ここまでの内容を踏まえて、『PE-BANKが向いている人をまとめます。

  • インフラ案件をメインに獲得したい方
  • マージン率が公開&低めなエージェントを使いたい方
  • 地方在住の方
  • 常駐案件に参画したい方
  • エンジニアの方

上記に2つ以上当てはまる方は登録しておいて損はないです!

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

PE-BANKに向いている人におすすめの関連サービス

  • PE-BANK』と似たようなエージェントを見て、それぞれ比較検討したい

こういった方向けに、『PE-BANK』が向いている人ならセットで登録すべきエージェントをご紹介しますね。

\PE-BANKに関連するおすすめエージェント/

  • MidWorks(公式ページ:https://mid-works.com/
    Pe-BANKと同様、低マージン(10~15%)+単価公開でクリアな契約となっており、地方在住の人へ案内できる案件を数多く保有しています。また、MidWorksの福利厚生は「正社員並みの保証」が受けられることとして評判ですので、Pe-BANKとセットで利用するのがおすすめです。
DAI
MidWorks』はPE-BANK』と特徴は似ていますが、福利厚生に関してはMidWorksのほうが優れています。とはいえ、それぞれ強み・弱みがあるので、両方を試してみてあなたに合う方をメインに使うようにするのがおすすめです。

MidWorksについて詳しく解説しますね。

公式サイト;https://mid-works.com/

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

Midworksは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

Midworksの大きな特徴は以下の3点です。

  • 豊富な案件数
  • フリーランスでも正社員並みの保証
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約

特徴①:豊富な案件数

2020年、9月現在の求人数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 215件
アナリスト 1件
企画・マーケティング 35件
Webディレクター 4件
Webデザイナー 19件

※公式ページ(https://mid-works.com/)より算出

特徴②:フリーランスでも正社員並みの保証

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してもらうだけではなく、以下のような保証もあります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。Midworksであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

特徴③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%。

DAI
一方、Midworksのマージン率は10~15%となります。

そのため、他のエージェントと比較すると案件単価が高いのが特徴です。

Midworksの登録方法

DAI
登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録は必須だと思います。とりあえず登録しておいて、実際に案件紹介とかを受けつつ検討してみましょう!

ミッドワークスに無料登録する手順(簡単です)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了(30秒ほど)

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

比較:PE-BANKに向いていない人向けの関連サービス

PE-BANK』が向いていない人は以下のとおりです。

  • デザイナー、マーケターなど、エンジニア以外の仕事を受けたい方
  • マージン率が固定ではないエージェントを使いたい方
  • 常駐案件ではなく、リモート案件に参画したい方
DAI
PE-BANKはエンジニア向けのエージェントで、マージン率は低いものの固定で、常駐案件がメインなので、上記に当てはまる方はあまり向いていないです。

そういう場合におすすめな他のエージェントを紹介します。

こちらが比較表です。

公式ページ 特徴
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/
  • 『直請案件』だからこその高単価
  • リモート、週2~3稼働OKの案件多数
  • エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数
クラウドテック https://crowdtech.jp/
  • リモート求人が多い
  • エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  • クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/
  • 業界最高水準の案件単価
  • 直請案件で、リモート案件も多数
  • キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  • エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い

それぞれのエージェントを解説します。

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!
運営会社 株式会社Hajimari
公開求人数 3,401件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 週2〜3日稼働OK、リモートワークOKな案件が豊富

※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

ITプロパートナーズの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週2~3稼働OKの案件多数
  3. エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズで取り扱っている案件の単価は、『直請案件』が多く他のエージェントと比較しても高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

DAI
その際に、『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないIT プロパートナーズは魅力的です。

リモート、週2~3稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週2~3からOKの案件が多くあるという点です。

実際、フリーランスエージェントの多くは以下の特徴があります。

  • 最低稼働日数は週3、4~からが主流
  • 常駐の案件が多く、副業的にフリーランスの仕事を始めづらい
  • 週1、2からでもできるエージェントは、案件数が少ない

その点、ITプロパートナーズは週2~3からOKの案件やリモートの案件が多いです。

そのため、「まずは副業的にフリーランスの仕事を始めてみたい」という方必見のエージェントとなっています。

DAI
直請け案件ならではの高単価も相まって、本業で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方も可能ですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの案件多数

また、ITプロパートナーズは公開求人数で比較すると、エンジニア、デザイナー、マーケター全ての職種で業界最多水準の案件数になっています。

他のエージェントの場合、以下のような特徴がありデザイナーやマーケターが仕事を取りにくい状況があります。

  • エンジニアだけに特化していて、そもそもデザインやマーケティング関連の仕事を扱っていない
  • 扱っていたとしても、案件数が少なかったりサービス利用可能地域が都市部だけに限定されている

ですが、ITプロパートナーズでは、エンジニア以外の職種でも案件数が豊富なため、より自分に合った案件を選べる可能性が高まります。

DAI
そのため、まずはリモートや週2、3から仕事を始めてみたいというデザイナーやマーケターの方も必見のエージェントです。

注意:ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません。

クラウドテック

DAI
クラウドテックは、クラウドソーシングで有名な株式会社が運営しているフリーランスエージェントです。『クラウド』の文字通り、リモートワークをしたいかた必見のエージェントです。
運営会社 株式会社クラウドワークス
公開求人数  15,931件
平均単価
マージン率 非公開
対応地域 全国
働き方 リモート案件多数

公式ページ:https://crowdtech.jp/
※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

クラウドテックの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. リモート求人が多い
  2. エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い
  3. クラウドワークス社が運営しているからこその保険制度

リモート求人が多い

クラウドテックのリモート案件数は、他の10以上のエージェントと比較してもトップクラスの案件数になっています。

※フリーランスエージェントで得られる案件のほとんどは、実はほとんどが常駐の案件なことがほとんどです。一部リモートなどの案件はありますが、フルリモートの案件の割合はかなり少ないため、リモート案件に強みのあるクラウドテックはかなり魅力的です。

また、クラウドテックのサイト上で公開されている求人は15,000件ほどですが、実際は8~9割がたの案件が非公開求人となっています。

DAI
クラウドテックは登録企業の数だけでも14万社以上あるため、より多くのリモートワーク案件を比較して自分にあう案件を決めたい!という方には特におすすめですね。

エンジニア、デザイナー、マーケターの求人数が多い

また、クラウドテックはのエンジニア、デザイナー、マーケターの案件数で比較しても全てにおいて業界最多水準になっています。

DAI
エージェントによっては、エンジニアだけに特化しているエージェントなどがありますが、クラウドテックは上記3つの職種全てで多くの案件を保有しています。

エンジニアであれば、IT プロパートナーズやフーチャリズムなどのエージェントを併用することもお勧めです。

ですが、デザイナーやマーケティングの仕事をしたいという方は、案件数的にもクラウドテックが一番お勧めです。

クラウドワークス社が運営しているからこその安心の福利厚生

クラウドテックは、会員登録をすることで100以上のサポートが無料になる「フリーランスライフサポート」にクラウドテック側の負担で加入することができます。

サポートの例としては、

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 健康診断をはじめとする各種健康サポートのサービス

など、会社員からフリーランスになるにあたって役立つサービスばかりです。

DAI
エージェントによっては、有料でサポートに加入する必要もあるので無料で加入できるのは安心ですね。

公式サイト:https://crowdtech.jp/

【クラウドテック】リモートワークで働きたい人におすすめ
業界トップクラスのリモートワーク案件数を誇るフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

公式サイト:https://levtech.jp/

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

DAI
レバテックフリーランスは、リモートで働きたい方や、案件の質がいい傾向にある直案件を受注したい方必見のエージェントです。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数  15,931件
平均単価 68.2万円
マージン率 非公開
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方 週3案件、リモート案件多数

公式ページ:https://freelance.levtech.jp/
※2021年3月時点・公式ページより引用/算出

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 求人数の多さ

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えており、利用者の平均年収は862万円という高水準です。

レバテックフリーランスは、案件のほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」になっています。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けることができます。

DAI
また、誰がどの案件のサポートしたかも一目瞭然なので、安心して相談できます。

求人数の多さ

レバテックフリーランスの求人の多さは、業界最多水準で、公開されている案件だけで1,500件以上に上ります。

エンジニア 10,664 件
デザイナー 261 件
マーケター 557 件
コンサル 558 件

※2021年4月現在。詳細は公式ページを参照。

他のフリーランスエージェントと比較しても、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • コンサル

全ての案件において最も多くなっています。

また、レバテックで保有する案件のほとんどは、エージェントから直接案内されなければ見ることができない、「非公開求人」になっています。

なぜ非公開求人が多いの?

※非公開求人の中には、機密性の高い大企業の案件や、条件が良く応募が殺到する可能性が高い案件などが多くあります。そのため、公に公開することはせず、担当者が直接依頼する形をとるために非公開の求人が多くなっています。

DAI
実際に担当者の方と話すことで、自分の職種の案件動向や、今の自分のスキルでどの程度のレベルの案件がこなせるのかなどが分かります。今すぐフリーランスになるかどうか分からなくても、気軽に相談してみるのがお勧めです。
レバテックフリーランス: 高単価案件が豊富!
【業界最大級の案件数!】独立してフリーランスで月90万円で働くために

まとめ

本記事では、PE-BANKについて詳しく解説してきました。

フリーランスって、案件が獲得できるどうかが不安になりますよね。

フリーランスエージェントだとマージンが取られてしまうので、将来的にはエージェントなしでもフリーランスとして働けるようになると強いと思います。

焦る必要はないので、まずはゆっくり確実に、フリーランスとしての実力をつけていきましょう!

【PE-BANK】創業30年の老舗エージェント!地方在住でもフリーランスになりたいなら
全国10ヶ所の拠点で、地方在住者でも安心!マージン率公開エージェントで安心して働きたい方必見。

関連記事

【2021年】フリーランスエージェントおすすめ14社徹底比較!評判の良いフリーランスエージェントを厳選