最終更新日:2021/05/01

《DAINOTEおすすめのフリーランスエージェント2選》
Midworks(ミッドワークス):福利厚生を重視したい人向け
レバテックフリーランス:高収入・高額案件を重視したい人向け

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

フリーランス案件を探すうえで、Midworksの評判を知っておきたい!

DAI
こんにちは、DAIです。
DAI
本記事では、フリーランスエージェントの大手である「Midworks」の評判を紹介します。

この記事を読んでわかること

  • Midworksとは?
  • 他のフリーランスエージェントとは何が違うのか?
  • Midworksを使ってみた人の口コミはどうなのか?

Midworksは低マージンなことや、正社員並の保証があることで人気です。

その一方で、「そんな案件あるの?」「フリーランスとしてやっていけるの?」という不安もあるかと思います。

DAI
Midworksは、フリーランスを目指す方なら登録しておいて損はないと思います!

詳細は記事で深堀りしていきます。

3分ほどで読めるようにしておりますので、ぜひ最後までお付き合いください!

Midworks(ミッドワークス)とは?

Midworks(ミッドワークス)とは、IT系のフリーランス向けの案件紹介サービスです。

DAI
Midworksは、正社員並みの保証が受けられるなど福利厚生が充実しているという特徴があります!

Midworks(ミッドワークス)のメリットは?

MidWorksのメリットとして、以下の3点があります。

  • エンジニアの案件は多い
  • フリーランスでも正社員並みの保証がある
  • 低マージン+単価公開でクリアな契約
DAI
詳しく解説していきますね。

メリット①:エンジニアの案件は多い

2020年、9月現在の案件数ですが、エンジニアの案件が多めになっています。

エンジニア 215件
アナリスト 1件
企画・マーケティング 35件
Webディレクター 4件
Webデザイナー 19件
DAI
フリーランスエンジニアを目指している方なら、Midworksは登録しておいて損はないでしょう。

メリット②:フリーランスでも正社員並みの保証がある

Midworksは、自分に合ったスキルや要望に関連した仕事を紹介してくれるだけでなく、以下などの保証があります。

  • freeeの無料利用や弁護士の無料紹介などの「税務保障」
  • 「保険補助」
  • 交通費や書籍代を支援する「経費補助」
  • ご参画中に案件と案件の間でブランクがあっても給与を保障する「給与保障制度(審査あり)」
DAI
フリーランスになりたい人の一番の不安は「収入が途切れてしまうこと」だと思います。ミッドワークスであれば、仮に案件が途切れてしまっても、次の案件獲得までの間の収入を保証してくれます。

独立すると、年収の大部分が税金で持っていかれますし、営業して案件を獲得することも大変です。

DAI
独立した際の不安要素を解決してくれることに魅力を感じますよね。

メリット③:低マージン+単価公開でクリアな契約

一般的的なフリーランスエージェントの場合、エージェントのマージン率は25%~30%です。

一方、Midworksのマージン率は10~15%となります。

DAI
圧倒的にマージン率が低く、他のエージェントと比較すると、案件単価が高いのが特徴です。
DAI
これから独立を考えている方は、独立後具体的にどのくらいの単価で案件を受けられるのかヒアリングできるので、ぜひ面談してみてください!

Midworks(ミッドワークス)のデメリットは?

Midworksのデメリットとして、以下があげられます。

  • リモート案件が少ない
  • エンジニア未経験には厳しい
DAI
詳しく解説していきますね。

デメリット①:リモート案件が少ない

DAI
現状、リモートや在宅でできるような案件がほとんどありません。

とはいえ、最初はリモート不可だとしても、信頼が積み重なっていったらリモートOKになるようなケースもあります。

DAI
コロナウイルスの影響でこれからリモート案件も増えていくと思うので、リモートで働きたい方は定期的に案件をチェックするようにしましょう。

デメリット②:エンジニア未経験には厳しい

エンジニア未経験でいきなりフリーランスとして働くのは正直厳しいです。

DAI
少なくとも、実務経験1年以上は必要だと思います。

仮に「未経験でもOKだよ!」という案件があったとしても、ほとんどの場合はブラックです。

そのため、エンジニア未経験という方の場合は、プログラミングスクールに通ったり、エンジニアとして1年以上実務経験を積んだりしてからにしましょう。

エンジニアに未経験から転職するためにやるべき3ステップ【知らないと後悔します】
DAI
逆に、これまでエンジニア経験のある方にはMidworksは最適だと思います!フリーランスを経験することで、今のあなたのエンジニアの実力も上がると思います。

Midworks(ミッドワークス)の実際の評判・口コミは?

DAI
実際の評判・口コミを見てみましょう。

DAI
やはりフリーランスの方にとって、Midworksの福利厚生はかなり魅力的ですよね。

DAI
Midworksは案件を紹介するだけでなく、福利厚生や様々な支援があるという面でもおすすめです!

DAI
登録する前に案件を見ることが出来るので、とりあえずMidworks公式ページから案件をチェックしてみるのが良いと思います。

Midworks(ミッドワークス)の登録方法

ここまで紹介してきたら、実際にどんな案件があるのか自分で見てみたいと思っているはずです。

DAI
登録&相談は無料です。フリーランスを目指すのであれば登録しておいて損はないので、とりあえず登録しておいて、実際に案件紹介とかを受けつつ、検討してみましょう!

登録手順(簡単です)

  1. Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする
  2. 登録情報を入力して完了(30秒ほど)
【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

①「Midworks」の公式ページにアクセスして無料登録ボタンをクリックする

②会員登録情報を入力して送信する(30秒ほど)

これだけです!

登録が完了したら、実際に案件を見つつ、「どんな案件を獲得したいのか」「今の自分でも高額案件を獲得できそうか」を確認してみましょう。

リモート案件が気になる方は、こちらもチェックしておきましょう。

補足:レバテックフリーランスもおすすめです

DAI
補足として、「レバテックフリーランス」も併用するのがおすすめです!こちらも大手のフリーランスエージェントです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

レバテックフリーランスは案件単価が高いことや、案件数が多いことで人気です。

DAI
案件単価の高さは、フリーランスエージェントの中では最高水準だと言われています。

Midworks同様、エンジニアの案件数はとても多いので、フリーランスエンジニア志望の方ならレバテックフリーランスにも登録しておきましょう。

DAI
Midworksでは見つからないような案件もあると思うので、レバテックフリーランスも併用しておくのが良いかなと思います。

最後に

今回は、Midworksの評判について書いてみました。

DAI
フリーランスは案件が獲得できるどうか不安になりますよね。
  • 高単価の案件に出会いたいが、どこで出会えるか分からない
  • そもそも案件の獲得がなかなかできず、収入が安定しない

以上のような事態は避けたいと思っているはずです。

DAI
まずはフリーランスエージェントを使って、フリーランスという働き方に慣れましょう!

フリーランスエージェントだとマージンが取られてしまうので、将来的にはエージェントなしでもフリーランスとして働けるようになると強いと思います。

焦る必要はないので、まずはゆっくり確実に、フリーランスとしての実力をつけていきましょう!

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。
【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

関連記事

【2021年最新版】フリーランスエージェントおすすめ12社を徹底比較
ITで副業したい人必見!案件獲得するための方法とおすすめIT副業サイトを解説してみた【リモートワークあり】